初ディナー! その18(再開!←笑)

b0136045_19224432.jpg

いきなり再開する(笑)

『3月28日のペリーニ アダージオでの初ディナー』のアンティパストの最後は待ちに待った『タコの溺れ煮』!

上の説明書き(笑)にある通り『タコの溺れ煮』の解説をしたイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)が

「え〜この位でいいですかね?」
(小生さん、ご自分でも作られたみたいだから細かい解説はいらないですよね?)

とおっしゃり照れたように笑ったのが激カワすぎて震えた(笑)

そのさまを見た漏れとCBさん(女子♪)が笑いさざめいたのも震えた…『リア充っぺー!』って思って…(笑)

傍らには照れ笑いするイケメンシェフ…向かいには笑いさざめく女子(CBさん)…やや距離を置いたカウンターの中には静かに仕事をこなすイケメンウェイターさん…何たる目の保養(笑)

『どこを見てもイケメン、リア充揃いな光景』にマジで震えた(笑)

『自分もその中の一員』という錯覚(笑)に満腔の意を抑えきれない(笑)

まあでも『錯覚』だったんだけどね…『幻が見せた一時の夢』だったんだけどね…。

『自分がリア充の一員』なんてとんでもない妄想よくもまあできたもんだあん時は…(恥)

浮かれていた…調子こいていたよなぁ〜あの頃は…(遠い目)













































b0136045_19585410.jpg

『この日のタコの溺れ煮の写真がない事』は既に述べた通りだが(シェフの説明を録音する事に夢中になっていて写真撮りそこねた…←恥)だからって『漏れの作ったタコの溺れ煮の写真』を何度も載せるのはさすがに恥ずかしいので(笑)『この日頂いたペリーニ アダージオのタコの溺れ煮に近い写真』をよそのサイトか何かからパクったった(笑)

こんな感じでしたよ『ペリーニ アダージオのタコの溺れ煮』!

『汁はサラサラで』『汁の量はそんなでもなく』『浅めの丸皿にサラッと盛られていた』って感じでしたよ『イケメンシェフのタコの溺れ煮』!

食べてみた感想は…『漏れが作ったのもあながち間違いではなかった!』というもの。

初回は『酢漬けのケッパー』入れたから酸っぱくなり過ぎて(恥)2度目は『煮込み過ぎて』しょっぱくなったけど(恥)基本の味は『イケメンシェフのタコの溺れ煮』も似た感じがした!

「なるほど…こういう味でよかったのか…」

と震えた…(震え過ぎ←笑)

『タコの溺れ煮は酸味のある料理』という事が分かった!

「うし!今度また作ってみよ♪」

と思った!

会話の合間にCBさんがイケメンシェフに

「この人(漏れ)イタリアン作り頑張っているんです!」

「写真見せてもらったんですけど中々本格的で…」

などと言い、それに応えてイケメンシェフが

「ほう!それはそれは…」

なんて返してくれて非常に恐縮する…。

「CBさん…プロのイタリアンシェフの前で漏れの料理なんぞを『本格的』とか…」

と思い赤面する…(笑)

で…まあ…









































b0136045_19585504.jpg

これが後日漏れが作った『三度目の正直のタコの溺れ煮』なんだけど…ドヤ?『本格的』か!?(笑)












































b0136045_19585594.jpg

そして…これがその翌日だかに作った『タコの溺れ煮のパスタ』なんだけど…ドヤ?『本格的』か!?(笑)

ま…『それなりに本格的』だよね『白ワイン』が(笑)

安心安定安価な『いつものチリワイン』(笑)












































b0136045_20013563.jpg

どんどん行こう(笑)

プリモピアットIは『“ピチ” カッチョ・エ・ペペ』!













b0136045_20013542.jpg

『説明』はこちら(笑)

この説明を受けた時、イケメンウェイターさんは『カッチョ・エ・ペペ』という名前を出さなかったのでそれを引き出そうと

「え〜っと…この料理は何て言いましたっけ?」

って尋ねたんだけど、そしたらイケメンウェイターさんは『麺の名前を問われた』と思ったようで

「ピチ」

と短く答えられた。

その『ピチ』という言い方が何とも可愛らしくて萌えた(笑)

「なるほど…イケメンが言うと『ピチ』という舌ったらずな感じの単語も可愛らしく聞こえるもんだなぁ…」

と思った…イケメンって得だよなぁ…(羨望の眼差し)

『カッチョ・エ・ペペ』という名前を引き出したかったのは『以前CBさんとのメールの中で出た事がある名前』であったから。

漏れが

「『アーリオオーリオ』ガー!『アーリオオーリオ』ガー!」

と言っていた時分(笑)そのアーリオオーリオ狂い(笑)が頭に残ってしまったCBさん(笑)がスーパーで見かけたレトルトのパスタソースの裏面に『アーリオオーリオ』の名を見出し

>『カッチョ・エ・ペペ』食べた。

>そのレトルトの裏面に『アーリオオーリオ』って書いてあった。

なんてメールをくれた事があった。

その話に持っていこうと思いイケメンウェイターさんに料理の名前を問うたら…『ピチ』の方を言ってくれて可愛いやら萌えるやらで『一粒で二度美味しい』って感じ(笑)

>『カッチョ・エ・ペペ』がレトルトであるんですか!?

とイケメンウェイターさんが言ったのは『そういう製品の存在を知らなかった』という事で

「『イケメンウェイターさんが知らない事を漏れが知っている』とか『何か勝った感じ』やなぁ〜♪」

って思った…何が『勝った感じ』だ!?(笑)















b0136045_20572415.jpg

もう一度『“ピチ” カッチョ・エ・ペペの写真』を載せる…。

チーズと胡椒で仕立てた非常にシンプルなパスタ…『ペコリーノ』という羊の乳で作ったチーズも使用しているそうな…。

この『“ピチ”カッチョ・エ・ペペ』はイケメンシェフが修行したトスカーナ地方のシエナという街でポピュラーに食べられているパスタで、それ故イケメンシェフはこのパスタを非常に大切にしている…先日の初独りディナー(恥)の時もこの『“ピチ”カッチョ・エ・ペペ』が出た。

シンプルだけどチーズが濃厚で旨い!

その一方で

「これを『一皿100g』とか食べるのはキツそう…」

と思う…(濃厚なもんで…)

『ピチ』はイケメンウェイターさんがおっしゃる通り『うどんを想わせる食感』で唸った!

後日CBさんもメールで

>『うどんみたいなパスタ』ビックリしたね〜♪

と言っていた。

『たわいもないやり取り』が幸せだったよなぁ〜あの頃…。

何でもないような事が〜幸せだったと思う〜。

って…『ロード』か!?(笑)『THE 虎舞竜』か!?(笑)『高橋ジョージ』か!?(笑)

『ピチ』は『ご家庭でも手打ちで作れる』そうな!クックパッドか何かにそう書いてあった(笑)

勿論『本番で修行をしたイケメンシェフのピチ』とは同じにはならないだろうけど…『我流のピチ』…作ってみる価値はありそう♪

『我流のピチ』打って『カッチョ・エ・ペペ』に仕立てて我がアパートで振るまったら『女子にモテる』かも?(笑)

「イタリアはトスカーナ地方でポピュラーに食べられている『ピチ』ってパスタなんだけど…手打ちで作ってみたから食べてみて!『うどん』っぽくて面白いよ♪」

とか言って提供したらぜってーモテるわ『女子』に!!

ただ…誠に残念ではあるが…『我がアパートに女子が来る事』は決して無いのだよ…(久々にこのネタ使いますた←締め笑い)














続く…。
(あと少しで終わる…のかなぁ?)
# by shousei0000 | 2017-04-29 20:56 | ペリーニ アダージオ

ドナドナ…最後?(笑)

b0136045_18455948.jpg

『張飛(笑)の話』は一旦置いておいて『ドナドナな話』を続ける…『4月14日のペリーニ アダージオに於けるお粗末キャンセル』の話…(恥)

13時26分…『いつものランチサラダ』が提供される…。

このサラダをCBさん(女子♪)と一緒に食べる筈だった…。

「えっ?このサラダが『ランチの中に含まれるもの』なの?」

「そうさぁー!『しっかりしたボリュームある食べでのあるサラダ』だろう?これにパスタ、コーヒーがついて『千円』なんだからぁ〜♪」

なんて会話を交わすつもりだった…。

虚しい…CBさんとの人間関係が終了した今(4月14日)となっては何もかも虚しい…『CBさんとこのサラダを食べる事』は最早永遠にない…(哀)

『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)かイケメンウェイターさんにキャンセルを切り出すタイミング』を伺いながらこのサラダをモシャモシャと食べました…いつもより気持ちしょっぱいような…。

ううん…『ドレッシングのせい』なんかじゃない…。

いつもより気持ちしょっぱく感じるのは…『頬を伝い流れ落ちた漏れの涙』がそう味付けしたから…。

何か鬱陶しいなぁ〜おい!(呆れ)











































b0136045_18455927.jpg

ランチパスタ到着…『リガトーニ ポルペッティのトマト煮込み』…。

『リガトーニ』というのは『ショートパスタ』で、『ポルペッティ』というのは『イタリア風の肉団子』…。

漏れはショートパスタはあまり好きではないのだが、前々からショートパスタに挑戦したいと思っていたので(『フジッリ』とかね)この日は『リガトーニ』に挑戦してみた…。

因みに…『リガトーニ』も『ポルペッティ』も何の事か分からず『お店に入る前にiPhoneで検索した』のでした…(恥)

イケメンシェフのお料理だから勿論美味しかったんだけど、食べてみての感想はやはり『んんん?』って感じ…漏れはショートパスタとはあまり相性がよくないみたい…。

これを食べながら『キャンセルを切り出すタイミング』をまた伺ったんですが、この日の『ペリーニ アダージオ』は激混みで話をするタイミングが中々来なかった…イケメンウェイターさんは給仕に飛び回り、イケメンシェフに至ってはキッチンから姿すら現さず…困った…。

隣りに座った『50代位の上司の男性と20代と思しき新人か異動してきたOLさん』という組み合わせの会話が中々に面白く盗み聞きする…(笑)

『どこどこのラーメン屋さんが美味しい』

『そこのマスターやおかみさんが良い人』

『群馬は日本のパスタの発祥の地』

『このサラダ…ボリュームありますね!』

『パスタも美味しい!これで千円なんですよね!?』

等々一杯盗み聞きする…(笑)

『群馬が日本のパスタの発祥の地』とか初めて知った!

今ググってみたら『日本のパスタの発祥の地』という確証は得られなかったけど『パスタ文化が盛んな地』という情報は得られた!特に『高崎市』がそうなんだと!!

『このサラダ…ボリュームありますね!』

『パスタも美味しい!これで千円なんですよね!?』

のくだりでは漏れもドヤ顔して

「そうだよ!これで千円ピッタシ♪」

と小さく呟き、心の中で会話に参加してやったわ(笑)

そんなこんなしつつ『キャンセルを切り出すタイミング』を伺ったんだけど…そのタイミングが一向に来ない…どうすりゃいいんだこれ…(汗)










































b0136045_18460016.jpg

そして…食後のコーヒー…。

「て事は…キャンセル切り出せんかったんかい!?」

と呆れられちゃうかもしれないけど…慌てなさんな!ちゃんとキャンセル切り出しましたわい(笑)

パスタを食べ終えた後イケメンウェイターさんが漏れに何か声を掛けてきて、それを『ワインのお代わりしますか?』と取った漏れが

「う〜ん…次で3杯目だしどうしようかぁ…」

と頭を掻いたところで『違う』と気付いた…。

イケメンウェイターさんは『食後のお飲み物はコーヒーにしますか?それとも紅茶?』と聞いたのだ…それなのに漏れときたら『ワインのお代わり』と取るとかどんだけ呑んべいなんだよ俺…(笑)

それで苦笑いしてコーヒーを注文したんだけど、その時漏れの中で稲妻が走った!

「今だ!時は今!!」

と…。

『キャンセルを切り出すタイミング』は今を置いて他にない…。

コーヒーの到着を待ちながら武者震いする…ドナドナキャンセル(恥)する時が遂に来たのだ…。

イケメンシェフはもうキッチンから出てきそうになかったから、コーヒーを持って来たイケメンウェイターさんにターゲットを絞って話をする…。

「あのう…シェフにお伝え願いたいんですが…」

「4月26日に『ランチをベースにした四千円のコース』『メインはカッチュコ』なんてものを予約したんですが…ちょっと都合が悪くなってキャンセルしたいんです…いや、私は来るし『カッチュコ』も食べたいんですが『ランチをベースにした四千円のコース』は無しにしたいんです…」

「『5500円のコースを独りで』『メインはカッチュコで』に変更して頂きたいんですが…」

と…遂に言ってしまった…(恥)

イケメンウェイターさんには『CBさんとのお惚気話みたいなもの』を言っていなかったのである意味気が楽だった(笑)このまま『普通のキャンセル』っぽいままでさっさと帰っちゃれ〜(笑)

ところが…この後イケメンシェフが出て来たのだ!

イケメンシェフがわざわざ出て来てくれてカウンター越しに漏れの前に立ち

「今ちょっと伺ったんですけど…キャンセルとか…」

とおっしゃりじっと漏れを見つめる…。

漏れは何か気恥ずかしくて顔を上げられなかった…でも…『イケメンシェフの視線』は感じた…。

『小生さん…あの女性と何かあったんですか?』

『この前一緒にいらした時はあんなに楽しそうだったし、予約にいらした時のお話を聞いても素敵な関係に見えたのに…』

そんな言葉が聞こえたような気がして顔を上げられなかった…。

この場面を想定して

『はっはっは!ちょ〜っとやらかしちゃいまして〜(笑)』

なんて台詞を用意していたのに言葉に詰まった…。

「いや、まあ、そのう…ハハハ…(乾いた笑い)」

「あ!でも…自分独りで来ます!『カッチュコ』楽しみなもんで!!」

と早口でまくしたてるのが精一杯…(恥)

結局この日は何も言えなかった…『キャンセルの旨伝える』に留まった…。

折角意を決してドナドナキャンセル(恥)しに行ったのに『ドナドナな部分』は何一つ言えなかった…でも…イケメンシェフは空気で何かを感じ取った筈…。

それを思うと気恥ずかしさのあまり帰りの電車の中で独り震えた…26日の本番?では『ドナドナな部分』も言わねばなるまい…。

ただ…その一方で

「『ドナドナな部分』とか…別に言わなくてもいいんじゃね?」

とも思った(笑)

イケメンシェフだってそんな話別に聞きたくないだろうし(笑)『シャレオツイタリアン店』だけに『ドナドナキャンセル』とか別に珍しくもないように思う。

『意中の女性とのデートで張り切って予約したら、訪問する前に振られてしまってキャンセルするに至った』

なんて話いかにもありそうじゃん?『ドナドナ野郎』は漏れだけじゃねー(笑)

まあ漏れの場合『意中の女性』ではなく『デート』でもなく『振られた』というのともちょっと違うのだが、『張り切って予約した』のは間違いないので(笑)ちょっと気恥ずかしい…でも…『シャレオツイタリアン店ではままある事』なのかも…。

「26日は…『出たとこ勝負』だ…」

「イケメンシェフに『CBさんとの話』を聞かれたら『ちょっとやらかしまして…フヒッ☆』とおどけよう…何も聞かれなかったら…普通にコースを楽しもう…」

と思ったところで『4月14日のキャンセル劇』は終了となった…。

タイトルに『ドナドナ』を冠しはしたけど…『ドナドナな部分』は結局後日に持ち越しになったのでした…(締め恥)













おしまい…。
(今後の展開を少し…この後『3月28日の初ディナーの話の続き』を書く…それが終わったら『4月26日の初独りディナーの話』を書く…まだまだ当分の間『ペリーニ アダージオでの話』が続く訳ですハイ…)
# by shousei0000 | 2017-04-29 18:44 | ペリーニ アダージオ

ドナドナ…その3(笑)

b0136045_06173139.jpg

昨日はこういう状況になり(上の写真見て←笑)ブログを書く事ができませんでした…。

だから『その3』とナンバーリングした…『ドナドナ…』シリーズはもうちょっと続く事になりそう…まあ今日の帰りにまとめるつもりではいるのだが…。

昨日飲んだ相手は『職場の同僚のS君』なのだが、余談になるがこの『S君』という言い方がポールスミスさん(同僚)やポールスミスさんのうぉくさん(同僚の奥さん)はあまり好きじゃないらしい…『ひねりが無い』という事だそうな…。

ブログ上の呼び名に『ひねり』も何もないような気がするが、考えてみれば漏れはブログ上に友人知人を登場させる場合『ストレートなイニシャルネーム』は基本使わないし(一応『プライバシーへの配慮』をしているつもりなのだ)先だっては『グロちゃん』という快作を飛ばしたばかりなのに(これはポールスミスさんもうぉくさんもお気に入り←笑)『S君』というのは当たり前過ぎて確かにつまらないような気がする…。

S君は漏れと容姿が似ているらしい…。

「一緒にいると見分けがつかない(笑)」

「まるで兄弟(笑)」

などとよく言われる…我が施設のお年寄りまでがそう言う…(笑)

だから

「じゃあ…S君の拙ブログ上での呼び名は『義弟』って事でいっか?」

と思ったんだけど(笑)漏れには『本物の義弟』がいる…『妹の旦那』だ…まさに『義弟』…。

まあ『義弟』と言っても歳はあちらが上だからちょっとややこしいんだけど(笑)『妹の旦那→義理の弟→義弟』となるのは世の中の通例…なのにブログ上とはいえ『義弟』という言葉を使ってしまうとややこしくなる…。

だもんで…以降S君の事は『義弟』というニュアンスを活かしつつもその言葉を使わなくて済むように(『妹の旦那』とかぶっちゃいますからね←笑)『別の呼び方』をしようと思う…。

その『別の呼び方』とは…










































b0136045_06173291.jpg

『張飛』(笑)

今日からS君の拙ブログ上での呼び名は『張飛』だ(笑)

『張飛』は一般的に『有名な義弟』として通っているから、その名を聞いただけで皆にも『義弟』として理解して頂ける!(よね?)

『関羽』でもいいんだけど…S君は『関羽』って感じではないからなぁ…(笑)

アフォみたいなパカパカと酒を飲み毎度毎度会計を吊り上げるS君は『大酒飲みな張飛』がピッタリ!

昨日だってスーパー居酒屋(食材をスーパーで仕入れているっぽい居酒屋←笑)なのに一人頭の会計が『6500円』とかになって参ったよ(笑)

てな訳で…以後この写真の人物を『張飛』と呼ぶ(笑)

実際に使う時は『張飛(笑)』なんて形で登場させるんじゃないかな?(笑)

しっかし…スーパー居酒屋(笑)で6500円も使うんだったら『ペリーニ アダージオ』で飯食いたかった…『5500円のコース』が食えた…。

何かもったいなかったなぁ昨日の飲み…くそっ…張飛(笑)の奴…(てな感じに使います←締め笑い)













続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-29 06:21 | ペリーニ アダージオ

ドナドナ…続き。

b0136045_05532774.jpg

『ドナドナの替え歌』から話を再開する…初見の方は上のフレーズを楽曲『ドナドナ』の節で口ずさんでみて頂きたい…。

今回もまた替え歌のクオリティの高さに涙が止まりません…(恥)

前回の投稿やそれに向かう一連の投稿を読んで

「何つーかこう…よう分からんなぁ…」

「要は『26日の予約をキャンセルするだけの話』だろう?そんなん電話でいいじゃん?わざわざお店まで行く必要ある?」

「よしんば行く必要があるとしても…『ドナドナな気分』にまでなるもんかねぇ…」

などと感じた人もいると思うけど、一昨日の一連の投稿ではあまり時間がなくて

>3月31日に『ペリーニ アダージオ』を訪れた漏れは『これまでのあらまし』をイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に述べ、その上でCBさん(女子♪)との4月26日の『ランチをベースにした四千円のコース』を依頼した。

みたいに簡単に書いたんだけど、実はその『これまでのあらまし』という部分は結構濃密に伝えていたのだ…(恥)

思いっきりデフォルメして書くと

「シェフ!この前一緒に来た女性と4月26日にまた来る話になったんですけど、そしたらあちらが何か『今度は私が払う!』って言ってきかないんですよぉ…僕は何度も固辞したんですけどぉ…」

「『じゃあランチで』って言ったんですけど『コースがいい!シェフのお見送りも楽しいから♪』って言うんですよぉ…コースだとそれなりにお金がかかるから『ゴチされる』ってのも気がひけるんですが…」

「それで考えたのが『ランチをベースにした四千円のコース』というもの!これなら多少は出費が抑えられる上に『ランチの魅力』も体感できますからね!僕ぁ〜あの人に『このお店のランチの魅力』を知って欲しいんですよぉ〜♪」

なんて感じになる…『ちょっとやんちゃな女の子に振り回されて困惑する男の子』って雰囲気が堪らなく鼻につくだろう?(笑)

もっちこの通りに言った訳じゃないけど(上のくだりは『デフォルメバージョン』な…)大意としてはこんな感じの説明をした…それを受けてイケメンシェフは

「素敵ですね♪」

などという過分な感想を述べてくれた…。

「素敵なご関係ですね♪」

「うちのお店を通じてそんな関係が育まれたんだったら嬉しいなぁ〜♪」

といった事をおっしゃったんだと思う…。

そこまで言わせておきながら『電話一本でキャンセル』だの『理由は何も言わずにキャンセル』だのとてもではないが漏れにはできねえ…。

そこで『お店で直接顔を合わせて』『それなりに理由を言ってキャンセルする』という気持ちになり、それ故に『4月14日のドナドナ』になったのでした…(恥)





































b0136045_06012701.jpg

ドナドナ@ペリーニ アダージオ at 13:19…。

これから店内でドナドナキャンセル(恥)しなくてはならないかと思うと足が竦む…。

その気持ちを振り払うように

「きょ、今日は何のランチ食べよっかな〜?」

「うし!今日はショートパスタいってみっか?『牛』だけに(笑)」

などと無駄に明るく振る舞う!

分かるよな…『ドナドナ(子牛)だけに「うし!」って言う駄洒落』だ(笑)

でも…漏れ『子牛』じゃなくて『子豚』なんだよなぁ…。

『売られていくかわいそうな子牛』じゃなくて『調子こいた結果恥をかく事になった子豚』なんだよなぁ…_| ̄|〇













続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-28 06:04 | ペリーニ アダージオ

潜入!(リアルタイム更新?)

b0136045_19510223.jpg

『ペリーニ アダージオ』に潜入!

シェフの真ん前のカウンター席!焦る…。

背後の半個室ではサラリーマンのおぢさん達が普通に宴会してて爆笑しててクソワロタ(締め笑い)










おしまい。
(さぁて…どんなディナーになるものか…)
# by shousei0000 | 2017-04-26 19:49 | ペリーニ アダージオ

ドナドナ…(4月14日のペリーニ アダージオ 8度目の訪問)

『ドナドナ』って…知っているよなぽまいら…。

そう…あの哀しい歌だ…『子牛が市場に売られていく』てなやつ…。

ちょっと歌詞を引用するから見てやってくれよなぽまいら…。

その下に『漏れ的な替え歌』も書いておくから併せて参照してやってくれよなぽまいら…。









































b0136045_19234437.jpg

(楽曲 ドナドナより)

↓以下漏れ的替え歌…。

ある晴れた 夜勤明け
『ペリーニ アダージオ』に 続く道
大江戸線が ゴトゴト
子豚(漏れ…)を 乗せて行く

調子こいた子豚 天罰受けたよ
哀しい瞳で キャンセルに行くよ

ドナ ドナ ドナ ドナ
子豚を 乗せて
ドナ ドナ ドナ ドナ
大江戸線が ゆれる…











































b0136045_19375792.jpg

替え歌の出来栄えのあまりの良さに涙が止まらねえ…。

こんな気持ちで4月14日に『ペリーニ アダージオ』に『26日の予約のキャンセル』に行った…。

まさに気分は『屠殺を待つ子牛』…じゃなくて…『屠殺を待つ子豚』…(笑)

「調子こいてイケメンシェフに色々喋らなければよかった…余計な事言わなければ『単なるキャンセル』で済んだのに…」

「あれだけ色々言ったんだから何も言わん訳にはいくまい…『あの女性とは人間関係が終了したので26日の予約はキャンセルで…フヒッ☆』とか言わなきゃならんのか…」

そんな事を思う漏れを乗せつつ、大江戸線はドナドナと赤羽橋に向かって進んで行ったのでありました…(締め思い出し鬱)













続く…。
(今度こそ『ペリーニ アダージオ』いてきます!大遅刻だ!!!←締め汗)
# by shousei0000 | 2017-04-26 19:36 | ペリーニ アダージオ

漏れは浮かれていた…最後。

b0136045_15110979.jpg

光の速さでまとめる!(滝汗)

3月31日の13時半頃『ランチタイムのペリーニ アダージオ』に到着!

『b』の『しらすと春キャベツとからすみのアーリオオーリオ』のランチを注文して『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に相談できるタイミング』を伺う…。

幸いシェフとはわりと早いタイミングで挨拶を交わす事ができ

「シェフ…後ほどちょ〜っとご相談が…」

と言う事ができた…。

これでホッと一安心して白ワインを飲む(笑)









































b0136045_15355926.jpg

ランチサラダと…白ワイン(笑)

相変わらず食べでのあるボリュームなサラダ…これをCBさんに食べさせてあげたい…。

『コース料理』になったのだから本来『ランチサラダ』を食べる事はできない…。

だが…まだ『秘策』はある!



































b0136045_15355952.jpg

『しらすと春キャベツとからすみのアーリオオーリオ』到着!

大の男でもしっかりお腹一杯になるボリューム…具材だって『ちょっと気の利いたもの』が入っている…。

このパスタを…このパスタを『4月26日のコース料理』に持ち込めないものか…。









































b0136045_15360057.jpg

締めのコーヒー!

イタリアの有名コーヒーブランド『ペリーニ』のコーヒー…旨くなかろう筈がない…。

以上の『サラダ』『パスタ』『コーヒー』で締めて千円!消費税も内税で千円ぴったし!!

何たる充実…何たるコスパの良さ…。

「この雰囲気をCBさんにも味わってもらいたかった…」

と震える…最近『震える』って表現大好きだ(笑)

と…そこにイケメンシェフ登場!

『東條さんが登場』とか…面白い?(笑)

「どうしました?」

と声を掛けてくれたシェフに『ここまでのあらまし』を告げ、その上で以下のようなリクエストをする。

①CBさんに『ランチの雰囲気』を味わって欲しいので『ランチをベースにしたコース料理』を出して欲しい。

②ゴチになる都合上、一人頭のコース料金を『四千円』にして欲しい。

③コースの最初はサラダにして欲しい。『いつものランチサラダ』を希望。

④アンティパストやセコンドはお任せするが、そのどちらかで『シェフをお兄ちゃん呼ばわりする女性が印象的な動画』の『カッチュコ』を入れて欲しい。

⑤プリモピアットは『ランチで出すパスタ』をまんま出して欲しい。それだと量が多すぎてお腹一杯になってしまうようだったら、量は調整してもらって構わない。

⑥最後に…『シェフが店頭に立ってゲストの姿が見えなくなるまでのお見送り』をして欲しい(CBさんが喜ぶから←笑)

とまあそんなお願いをシェフにしたら、シェフは最後まで辛抱強く話を聞いてくれた上で

「素敵ですね♪」

とおっしゃった!

『素敵ですね』というのは…『漏れとCBさんの関係が素敵』って事…だよな?

これには焦った!

そんな関係では全然ないのに(結局『人間関係終了』になった訳ですから…←恥)『素敵ですね』なんて言われて赤面した(笑)

「とととととととと!」
(とんでもありません!)

「そそそそそそそそ!」
(そんなんじゃないんです!)

と超〜吃りながら必死に打ち消したけど(恥)人生の酸いも甘いも噛み分け恋も幾つもしてきたであろうイケメン(シェフ)に『素敵ですね♪』と言われた事は何となく誇らしくて(笑)帰りの電車の中や狭山市のアパートに着いてからも何度もシェフの言葉を反芻して

『『素敵ですね♪』…かぁ…フヒッ☆」

などとニヤニヤしたのだった(笑)

この時期の漏れは浮かれていたと思う…超〜調子こいていたと思う…。

そしてやがて『天罰』が…。

CBさんとの人間関係が終了し(哀)26日の予約をキャンセルしなくてはならなくなった時、漏れが咄嗟に思ったのは

「言えねえ…こんなみっともない事シェフに言えねえ…」

「折角『素敵(な関係)ですね♪』って言ってもらったのに『あの関係はなくなりました…ヒヒヒ…(自嘲)』なんてみっともなさ過ぎてシェフに言えねえ…」

と頭を抱えたのでした…(締め思い出し鬱)












おしまい…。
(完全には終わらんかった…『ペリーニ アダージオ』いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-26 18:51 | ペリーニ アダージオ

漏れは浮かれていた…続き。

昨日の投稿の末尾に漏れが勿体つけて書いた『CBさんからの思わぬ提案』とは

『今回は私が奢るよ!』

というものと

『どうせだったらコースにしようよ!』

というものでした。

『前2回のCBさんとの会食のお代』は漏れが持っていた。

お代を漏れ持ちにしたのは『女子の前でいい格好したい』という気持ちもなくはなかったが(笑)それより大事だったのは『どうせだったら自由に飲み食いしたい』という気持ち!

CBさんもお代を出してくれようとはしたのだ…でもそれやっちゃうと『自由な飲み食い』がしにくくなる…。

初回の会食の時は『初ペリーニ アダージオ』って事で自由に飲み食いしたかったし、2度目の会食の時は『ワンランク上のコース』にしたかったからそれなりの金額になる事が予想できて、その金額を『イタリアンが凄く好きな訳でもないCBさん』に折半させるのは気がひけた…。

まあそんな事情から、前2回の会食の会計は『漏れのゴチ』となったのだが(笑)その返礼として今回は『CBさんがゴチをする』と言う…しかも…『どうせだったらコースで』とも言う…。

嬉しい提案だったけど『自由度』を考えると二の足を踏む…。

『折半』ですら『自由度』が幾らかは減ってしまうのに(結構な金額を出してもらう事になるので…)『ゴチ』となれば尚更…しかも『コース』とは…。

そんな想いから漏れはこの提案を固辞し

>ランチで十分楽しいからランチにしようよ。

>ランチならありがたくゴチになるよ。

なんて内容のメールをCBさんにしたのだが、CBさんは『コースで且つ自分が奢りたい』という線を崩さない…。

>小生さん…3月誕生日だったじゃん?『そのお祝い』って事でどう?

>2月生まれの私に3月にご馳走してくれたんだから、今回私が出す事で『おあいこ』って事になるじゃん?

なんてメールをくれて漏れに決断を迫る…どうしたものか…。

そんなやり取りが3回程続いた後

「これ以上固辞するのは『却って失礼』かも…」

と漏れは思うようになり

>分かった…じゃあ…ありがたくゴチになるよ。

とのレスをCBさんに送って

「孔明か!?」

と独りごちしてフッと微笑んだ…。

分かるよな…『三顧の礼』だ(笑)

一々めんどくさいねあんた!!(呆れ)















































b0136045_12565130.jpg

これで『4月26日のゴチコース』は決まったのだが…漏れには幾つか『心残りな事』や『気掛かりな事』があった。

『心残りな事』は…『ランチでなくなった事』…。

漏れはCBさんに『ペリーニ アダージオのランチの魅力』を知って欲しかった…。

『しっかりとした食べでのあるボリューミーなサラダ』に『訪れる度に内容の異なるお洒落なパスタ』に『香り高いコーヒー』まで付いてお値段税込千円…何たるコスパの良さ!

そんなところをCBさんに知って欲しかった…『お洒落な高級食材だけの店でない事』をCBさんに見て欲しかった…。

CBさんの希望でコースになった事で『ランチの魅力の体感』ができなくなった…何たる残念な事…。

『気掛かりな事』は…『金額』…。

『ペリーニ アダージオ』ではこちらから指定しなければコース料理は『5500円の』か『8500円の』になる…『5500円の』でも2人分で酒も飲めば『2万』とかになろう…。

そこまでCBさんに負担させていいのか…『ランチの魅力の体感』もせずに…。

「『ランチの魅力の体感』ができて且つ『リーズナブルに済むコース』なんて代物は…ないわなぁ…」

と漏れは独りごちしたが、次の瞬間漏れの中にビビッと電気のようなものが走った!

「ある…あるよ『ランチの魅力の体感ができて且つ
リーズナブルに済むコース』…」

「しかし…それをする為には『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の協力』が必要…」

と思い付いて興奮した…。

そしてその結果…









































b0136045_13304256.jpg

3月31日の13時半頃、漏れはまたまた夜勤明けの身をおして『ランチタイムのペリーニ アダージオ』に訪れたのだった…。












続く…。
(ぜ、全然終わんねー!!!←悲鳴)
# by shousei0000 | 2017-04-26 13:29 | ペリーニ アダージオ

漏れは浮かれていた…(3月31日のペリーニ アダージオ 7回目の訪問)

『初ディナー!』シリーズは中断する…。

『明日に迫ったペリーニ アダージオでの3度目のコース、2度目のディナーに向けた話』をする…。

『3月28日のCBさん(女子♪)との初ディナーの話』はとてもではないが今日明日中には終われそうにない…『プリモピアットI以降の料理の説明の録音を文字に起こす作業』はしたのだが…。

夜勤に向かっているこの電車内で『3月31日の7度目の訪問の話』…明日の夜勤明け帰りの電車内と夕方からの『ペリーニ アダージオ』への移動電車内で『4月14日の8度目の訪問の話』をいく…まあ『結局終わらんかった…』という具合になりそうではあるが…。

『明日の9度目の訪問に向けた展開』をぽまいらにも知っておいて欲しいのだ…。

『かなり情けない話』にはなるけど…笑える事は保証する(笑)











































b0136045_14324886.jpg

3月28日21時半過ぎ…『CBさんとのペリーニ アダージオでの初ディナー』は終了した。

実に3時間強にも及ぶ『ワンランク上のコース』…どうしようもない位楽しかった…。

『店頭に立ちゲストの姿が見えなくなるまで続くイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)のお見送り』を受け、それが大好きなCBさんはご機嫌(笑)

駅に向かう道すがらCBさんは振り返り振り返りしながら

「ねえ…シェフ…まだいるよ!」

「まだいるよ!!」

と何度も繰り返し言い(笑)さすがに申し訳なく思った漏れが

「もういいでーす!」
(お見送りはもう十分なのでお店に戻って下さい)

と手を振りながらシェフに叫んだところで(笑)『上の写真の公園』に着いた。

『埼玉ではまだだった桜』が結構咲いている…建物の向こうには『ライトアップされた東京タワー』…そういえばこのエリアに夜来るのは初めてだったっけ…。

お腹は一杯だわ、酒は入っているわ、憧れのイケメンシェフやイケメンウェイターさんとも結構話せたわ、傍らには話し上手で聞き上手のCBさんがいるわ、そして桜が綺麗で東京タワーがシャレオツだわで(笑)漏れは例えようもない位ご機嫌だった…『ペリーニ アダージオでは吸えなかったタバコ』を取り出し一気に2本燻らせる…(笑)

「いや〜楽しかったし美味しかったねえ〜!」

と漏れが言い

「ホントそう!」

「えと…ボコボコに…しないんだ(笑)」

とCBさんが言う…まさに至福の時間…。

前にも書いたけど、この後『次はランチいこ♪』てな話になった…それを主導したのはCBさんだった…。

そう何度もCBさんに付き合ってもらうのは悪いと思ったし、調子こいてるといずれ大変な事になりそうだから(笑)漏れは曖昧な返事を繰り返したんだけど、その会話の中でCBさんが本気で『ペリーニ アダージオのランチに行きたい』と思っている事が伝わってきたので

「じゃあ…後で勤務表メールする」

「都合良い日を返信して」

と言ってCBさんと別れた。

そして狭山市に向かう電車の中で勤務表をメールしたら…すぐに返事が来た(笑)

「CBさん…本当にランチに行きたいんだなぁ…」

と嬉しく思った…。

ランチの日取りは4月26日に決まった!

「その日は夜勤明けだけど…給料日直後だし翌日も休みだから楽しくなりそう♪」

と思った…。

>ランチで小一時間…その後軽くお茶でもして『2時間程度の拘束』で解放してあげますよ(笑)

なんてメールをCBさんに送った(笑)

ところが…その後CBさんから『思わぬ提案』を受け、その為に漏れは3月31日の夜勤明けで『ペリーニ アダージオへの7度目の訪問』をする事になったのだった…。













続く…。
(いやぁ…全然話が進まんかった…とりあえず夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-25 14:31 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その17。

b0136045_21155666.jpg

エゾバフンウニのオーブン焼き?蒸し?を食した後、満を持してオーダーしたのがこちらの焼酎!

『甚松』という銘柄…『ちょっと良い焼酎』な♪

以前ランチで訪れた時この『甚松』が酒棚にあるのを見て

「むう!シャレオツイタリアン店なのに『焼酎』とか!?」

と思い(笑)それ以来いつかは飲んでみたいと思っていた焼酎…でも…中々飲めなかった…。

『ランチタイムに焼酎』とかさすがにヤバいからね(笑)

それで『ディナータイム』って事で遂に頼みましたよ『甚松』!

『アンティパストII』まできてちょっと時間が空いたんだったか手持ちの酒が尽きたんだったかで(笑)それで頼んでみましたよ『甚松』!!

何焼酎だったかは忘れたんだけど…(恥)『オーク樽か何かで寝かせた焼酎』って事で『洋酒っぽい味』がしたよ!『ウイスキーっぽい香り』がした!!

給仕してくれたイケメンウェイターさんに

「似た感じのお酒を飲んだ事があります…『オーク樽か何かで寝かせたお酒』で『暖流』っていったかな?まああれは『泡盛』でしたが…」

などと言う…。

分かるよな…『漏れだってお酒についてはある程度の知識がある事をイケメンウェイターさんにアピールする作戦』だ(笑)

よう分からん作戦(笑)を展開しながら『甚松』をクピクピいく(笑)CBさん(女子♪)も一口飲んだんだったかな?

上の写真にCBさんが写っている…。

これが最後のCBさんの写真…人間関係が終わる前に掲載許可を取っておいてよかった…。

CBさんにはつくづく感謝の気持ちしかない…その節は色々と楽しませてくれてありがとうCBさん…(深々とお辞儀をしつつ)

それはともかく(涙を拭きながら)…焼酎なのにワイングラスか何かで提供されてびっくらこいたわ(上の写真見てね←笑)

















































b0136045_21440916.jpg

アンティパストIII…『タコの溺れ煮』!

「な、何か、急に『貧乏くさい皿』になりやがったな?」

と思ったそこの貴方…ご名答!

これは『後日漏れが狭山市のアパートで作ったタコの溺れ煮』の写真(笑)お皿は…『百均のやつ』…な(笑)

前にも書いたけど、この日は『iPhoneのICレコーダーで料理の説明を録音していた』ので(笑)『写真を撮り忘れた料理』が2皿あった…『タコの溺れ煮』と『ドルチェ』の2皿…。

食べた後になって写真を撮り忘れた事に気付いてピギャッってなったんだけど(笑)そしたらCBさんが

「何かそうなるって思っていたよ(笑)」

「ここから先は私も注意するね♪」

って言ってくれて、その後は料理が提供されて説明を録音する(笑)度に

「写真!」

「写真撮った?」

と注意喚起してくれるようになった(笑)

それなのに『ドルチェの写真を撮り損ねた』のは…『ドルチェの時はCBさんがイケメンシェフに凸してて注意喚起してくれなかったから』な(笑)

あん時はドルチェの説明が終わった途端にCBさんがイケメンシェフに

「あのう…この人(漏れな)『このお店のバーベキュー』に興味があるんです(笑)」

「な、何か『シェフを独占したい』みたいで…(笑)」

とか言ってくれたんだった…。

おかげで超〜楽しかったよCBさん…貴女の尽力?を無駄にしない為に、26日に『ペリーニ アダージオ』に行ったら漏れ『バーベキューの申し込み』をする…のかなぁ?(笑)

できるのか『バーベキューの申し込み』とか俺…人見知りでぜってー浮くの分かっているのに『単独でバーベキューの参加希望』とか本当にできんのか俺…。

自信なさ過ぎて震える…ホント今回は『震えてばっか』…だな(笑)













































b0136045_21441064.jpg

アンティパストIII『タコの溺れ煮』の説明の録音(笑)の模様をお届けする!

『文字に起こしたもの』はこれで最後…『プリモピアット以降』はどうやって綴っていこうかな…。

新たに文字に起こしてもいいんだけど…『そんな事をしている時間は無い』ような…(締め鬱)













続く…。
(今日はこれでおしまい…久し振りに一杯書いた…飯食って寝ますね…)
# by shousei0000 | 2017-04-24 21:43 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その16。

b0136045_19404857.jpg

エゾバフンウニ(の何かは聞き忘れた…_| ̄|〇)は『グラタン』だった!

本当にグラタンなのかは分からないが(聞き忘れたもんで…_| ̄|〇)『グラタンっぽい味』がした!!

しっかし…折角シャレオツイタリアン店に行ったのに『ユッケ』だの『グラタン』だので表現するとか…漏れってつくづく『貧乏くさい男』やなぁ…(恥)

この料理は『オーブン焼き』乃至は『オーブン蒸し』ってものなんだろうね。

メインの食材が『エゾバフンウニ』ってところに震える…『エゾバフンウニが高級食材である事』はさすがに漏れでも知っている…。

ちょっといやらしい言い方になるかもしれないけど

「やっぱ『ワンランク上のコース』なんやなぁ〜♪」

って思った!

『築地で仕入れたホタルイカ』
(本当にそうかは知らんが…)

『生食できるフレッシュな赤牛の肉』
(大分の畜産家さんありがとう!)

ときて

『ザ・高級食材エゾバフンウニ』

と流れたから

「さっすが『ワンランク上のコース』!」

と漏れが快哉を挙げたのも分かるでしょう?

つか…『エゾバフンウニ』って多分初めて食べたわ(笑)

旨いもん食いたければやっぱ多少はお金を使わないとね!

『いついかなる時も高級食材を食いたい』とは思わないけど…たまにはこういう贅沢もしなくてはね!!

『旨い料理=高級食材』では決してない。

漏れが時々行く『職場駅そばの安い居酒屋さん』はスーパーで仕入れしてるっぽいんだけど(前に書きましたよね←笑)そこのスーパー店長(スーパーで仕入れるから『スーパー店長』←笑)が作る料理だって漏れには十分に旨い…。

でも…スーパー店長(笑)の料理は極端な事を言えば『漏れでもそれに近いものを作れる領域』…それに対してイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の料理は『漏れには作れない領域』だからついつい足を運んでしまう…ましてや『漏れでは仕入れルートが分からない高級食材』となれば尚更…。

今漏れは

「今後月一位のペースで『ペリーニ アダージオのディナー』に行けたらなぁ…」

と思っている…。

薄給の介護士(恥)だってその位の金はある…『介護士職員処遇改善金』とやらも上がるそうだし…(6月からだそうですが…)

CBさんとの人間関係が終了した今(惜しい事をした…本当に…←遠い目)『一緒に行く相手のあて』が全くないのだが(恥)先日の投稿に職場の同僚の『グロちゃん』という人物が

>今度その『ペリーニ アダージオ』に一緒に行きましょう!

とFacebook経由でコメントをしてくれた!

『グロちゃん』というのは『グロい奴』という意味ではなく『職場での愛称に近い』という点から『グロちゃん』と書いただけなんだけど(笑)そのグロちゃん(笑)が『ペリーニ アダージオに一緒に行ってくれる』と言う!

まあとりあえず『ランチから』なんだけど(笑)それでも『ペリーニ アダージオに一緒に行ってくれる相手』ができたのは何気にデカい…ランチ奢ってやって色々吹聴して(笑)いずれはグロちゃん(笑)を『ペリーニ アダージオのディナーコース』に引き込んでやる…(笑)

グロちゃん(笑)はとっても良い人物だから『一緒に飯食う相手』としては申し分ない!

夜勤明けでいつも一緒に飯を食う(つか飲む←笑)S君なんか、漏れがわざわざ

「明日の明けの飯(飲み←笑)は都心に出ない?」

「『お勧めのイタリアン店』があるんだけど…」

って誘ってやったのに(上から目線で←笑)

「明けで疲れているのに『自宅とは真逆の都心に行く』とか何の拷問ですか…」

ときたもんだ…。

そんなんだからケコーンできねえんだよS君!まあ漏れもできんけど…(恥)

とまあそんな訳でS君は見限って(あいつとは『職場そばのラーメン屋さん』や『職場駅そばのお蕎麦屋さん』でいいや←笑)近い将来漏れはグロちゃん(笑)と『ペリーニ アダージオのランチ』に行ってみようと思う…そしていずれは『ディナーコース』にも拉致っちゃる…(笑)

でも…いかにグロちゃん(笑)が良い人物であっても『CBさんみたいな事』はできんだろう…『イケメンシェフやイケメンウェイターさんに凸して漏れとの仲を取り持ってくれる事』は多分無理…。

だってグロちゃん(笑)『男』だもん…『30ちょい位の好人物』ではあるけど『男』だもん…。

『男であるグロちゃん』がキャアキャア言いながら

「あのう…シェフ…そしてウェイターさん…」

「このおぢさん(漏れな)シェフやウェイターさんの事が大好きみたいなんですぅ〜!ウェイターさんがバーベキューの時にやった『ほっぺプク〜』みたいな写真見て萌えたみたいなんですぅ〜(笑)」

みたいな事言ってもキモいだけだろう…まさに『グロちゃん』…。

グロちゃん(笑)だってさすがにそんな事はようできまい…『一緒に飯食って歓談するまで』が関の山…。

そう思うと『CBさんとの人間関係が終了した事』がつくづく悔やまれる…まあどっちにしても『長続きするのは無理な関係だった』とは思うのだが…。

あ"〜やっぱ『女子』とペリーニ アダージオに行きたい…『お金』は漏れが出すし『年齢』だって問わない…。

何歳だっていい…この際そこは問わない…。

ホント幾つでもいい…何なら『5歳』とかでもいい『女子』ならば…(あぶねえな!←呆れ)










































b0136045_20133502.jpg

話がスーパー逸れた(笑)

『あぶねえ事』も書いちまった…(5歳…←恥)

アンティパストIIのエゾバフンウニのオーブン焼き?蒸し?の仔細を上の画面キャプチャーに沿って書きたいところなんだけど…やめた(笑)もうめんどい(笑)

とにかく『濃密で素晴らしい料理』だったよ!『超高級グラタン』って感じ(笑)

グロちゃん(笑)が『ペリーニ アダージオに行ってみたい』と思ったのは、拙ブログに挙げた写真や文章を見て

「これ…どんな味がするんだろう…」

と思ったからなんだって!

最初にグロちゃん(笑)のコメント読んだ時

「グロちゃん…さては『漏れがCBさんに振られた』と思って同情してくれて『ペリーニ アダージオ行きましょう』とか言ってくれているのか…」

「そんなんじゃないんだグロちゃん…『振るとか振られるとかの関係』ではなかったんだよCBさんと漏れは…だから同情なんていらない…」

「同情するなら金をくれ…いや…『金』じゃなくて『女子』をくれ…」

とか思ったんだけど(またまたあぶねえな!←また呆れ)後日職場で話したら『味や雰囲気に興味がある』って事だった!『同情』じゃない(笑)

こんな糞ブログ(と職場の一部の同僚が呼んでいる←笑)でも『料理への興味喚起になった』のなら嬉しいな!

これでグロちゃんが『女子』だったらもっとよかったのだが…(哀)

『画面キャプチャーの話』をいこう…(涙を拭きながら←笑)

『寸評』に書いた

>「うわ!あっち!皿があちい!」

>「あ、そっか、皿温めているのね(照れ)」

というのは『写真を格好良く撮ろうとして皿の向きを変えた時に起こった事件』ね(笑)

この録音の漏れの声がまたウザくてウザくて狭山市のアパートで独り震えた…今回の投稿では『震えてばっか』だな…(笑)

そんな熱い思いしてまで皿の向き変えたのに…


































b0136045_20133618.jpg

『写真の出来栄えはこんなん』だもんなぁ…。

漏れもう『料理の写真』についてはどうでもいいや…(締め恥)














続く…。
(『26日までに本シリーズを終えるの』もうぜってー無理…_| ̄|〇)
# by shousei0000 | 2017-04-24 20:12 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その15。

b0136045_17352159.jpg

『ペリーニ アダージオの赤牛のタルタル』の写真だと『タルタルステーキの何たるか』が分かりにくかったので、よそのサイトから引っ張ってきた『シンプルなタルタルの写真』を引用した。

これなんかモロ『ユッケ』だよね(笑)

ケッパー(写真に写っている緑の粒)が乗っている以外はモロにユッケ(笑)

『洋の東西を問わず牛肉を生食する文化が存在する事』に何か震える(笑)

因みに…『生肉』『生食』などと書いてきたけど、『ペリーニ アダージオのタルタルが生肉、生食であるかどうか』は実は分からない…そこまで聞かんかった…。

例の焼肉屋事件以降ユッケの提供は禁じられている筈だから、『ペリーニ アダージオの赤牛のタルタル』も生肉、生食ではないのかも…何らかの形で火を通しているのかも…今度行った時イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に聞いてみる…。

でも…生肉、生食でなくても『タルタルステーキ』というものは『ユッケ』に近い…味わいは違うけれどユッケを想わせる…。

例の焼肉屋事件の後(あのチェーン店は何て名前だったっけ…)『ユッケが食べられなくなって嘆く人が多い』と聞く…これは『レバ刺し』についても同様…。

まあ『レバ刺し』はぶっちゃけ出す店は出しているんだけど(『極上レバー!』『軽く火を通して胡麻油のソースでお召し上がり下さい』なんて感じに擬態して←笑)『ユッケ』についてはそうした擬態(笑)が出来ないのか出しているお店はないように思う…馬肉をユッケ風にした『桜ユッケ』なんてのがある位で…。

「ユッケが食べたい…でも食べれない…」

「もう一度ユッケが食べたいよう…(泣き)」

なんて思っている人が結構いるそうな…まあ漏れはそのクチじゃないけど…(漏れはユッケにそんなに執着していないのでね)

そんな『ユッケファンな人達』に対して漏れはこう言ってあげたい…












































b0136045_18180793.jpg

「あら…『ユッケ』が食べられないなら…『タルタル』を食べればいいんじゃなくて?」

と…。

って…『マリーアントワネット』か!?(笑)

元ネタ…分かります?

フランス革命前、貧しくてその日のパンにもありつけない民衆が多くいると聞いたマリーアントワネットが

「あら…『パン』が食べられないなら…『ケーキ』を食べればいいんじゃなくて?」

と言い放ったというエピソードから取った冗談な(笑)

まあこのエピソードは本当は嘘だと言う人もいるみたいだけど、世間知らずで貧乏知らずなマリーアントワネットなら『いかにも言いそうな台詞』だよな?(笑)

そんな伝聞が広まりに広まって怨嗟の対象になって最終的にはマリーアントワネットは断頭台の露に消えるんだけど、彼女が極端な浪費家で『無邪気に豪遊していた事』は事実なので、まあしゃ〜ないっちゃ〜しゃ〜ないわな。

口は災いの元…漏れも戒めねば…。

ただ…それでも漏れはやはりこれだけは言っておきたい…















































b0136045_18180894.jpg

「お貧乏な皆さん…そんなに『ユッケ』とやらが食べたいのなら…ちょっと良いイタリアン店に行って『タルタル』を食べればいいんじゃなくて?」

と…。

漏れもいずれ断頭台行きだな(笑)

ちょい補足…。

『ユッケ』って『今では食べられる』のね…さっき検索していて知った(笑)

そういや〜暫く前にニュースでそんな事言ってたわ…(恥)

あと…これも今検索していて知ったんだけど…『ユッケとタルタルは基本おんなじもの』なんだって!

切ったり叩いたりの具合には違いがあるし味付けも異なるけど、『赤身の牛肉を生で食べる』って意味では同じものなんだって!

まさに『洋の東西を問わず』って感じ…食文化ってホント面白い…。

まあこれで『このくだりは終わり』なんだけど…











































b0136045_18180844.jpg

折角だからもう一度『ペリーニ アダージオの赤牛のタルタルの写真』をいこう(笑)

綺麗なお料理…もっち旨かった…まあ『サマートリュフの香り』はよく分からんかったが…(漏れはトリュフなるものをあまり食べた事がないもんでね…←恥)

アミューズの『地蛤と春野菜のジュレ寄せ』もアンティパストIの『大分県産赤牛のタルタル』も『冷たくてさっぱりした料理』だった…。

「良いイントロだ!」

って思った…。

「こうやってイケメンシェフは少しずつゲストを『食の縦深陣』に引き込んでいくんやなぁ…」

なんて事も思った…。

「何が『食の縦深陣』だ!?」

って思う人もいるかもしれないけど(笑)『冷たいものから温かいもの』『淡白なものから濃厚なもの』って流れは別にイタリアンじゃなくても普通にある事だよね?

そんなシェフの組み立てに埋没していく?のが堪らなく楽しかった!

「次は『温かくて濃厚なもの』かな?」

とか思って(笑)

「ククク…孔明め…中々楽しませてくれる…」

「次はどんな陣立てでくるのやら…」

などと曹操張りに含み笑いしながら『赤牛のタルタル』を食べ終わった…。

しっかし…イタリアンの話しているのに『マリーアントワネット』だの『孔明』だの『曹操』だの出しちゃって…漏れも何か一々面倒くさい男だよな?(笑)

本当にな!!(呆れ)










































b0136045_18301315.jpg

『アンティパストII』!

予想通り『温かくて濃厚なお料理』!

「孔明よ…ぬしの策見破ったわ!」

と漏れが曹操張りに快哉を挙げたのは言うまでもない(笑)














b0136045_18301309.jpg

『料理の説明』はこちら!

『料理の名前』(調理法)聞き忘れた…_| ̄|〇

あと…今回の説明の録音でも『漏れの声がウザいの』は『寸評』に書いた通り…(締め笑い…つか恥…)











続く…。
(『CBさんの話』から逸れても『ペリーニ アダージオの話』は書いていて面白い!何か筆?がどんどん進む!いくらでも書けそうな感じ♪でも…26日に『CBさんと行く筈だったけど人間関係終了で独りで行く事になった2度目のディナー』が迫っているからそろそろまとめなくてはなぁ…でも…とてもじゃないけどそうおいそれとはまとまりそうにない…_| ̄|〇)
# by shousei0000 | 2017-04-24 18:29 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その14。

b0136045_05345347.jpg

3月28日に『ペリーニ アダージオ』で頂いたアンティパストの『大分県産赤牛のタルタル』の解説をいく…『録音に入っている漏れの声がどうの』てな話は前回までで終わり…。

と言いたいところなんだけど…実はまだ続くんだけどね『漏れの声がどうの』って話(笑)

まあそれは次のアンティパストのところで語るとして(笑)『大分県産赤牛のタルタルの話』をいく!

最初に『タルタル』という言葉を耳にした時、咄嗟に漏れが思ったのは『タルタルソース』だった(笑)

「何らかの牛の料理に『タルタルソース』がかかっているのかな?」

と思った(笑)

でも…提供された料理のどこにも『タルタルソース』なんぞかかっていないので

「『タルタル』っていうけど…『タルタルソース』全然かかってねえじゃん!?」

と訝しく思った…バカだよなぁ俺って…(笑)

『タルタル』というのはここでは『タルタルソース』ではなくて『タルタルステーキ』を指し示す言葉!

具体的に言うと『細かくした牛の生肉に玉葱のみじん切りを加えて頂く料理』の事!

我々がすぐに連想できるイメージで説明すると『ユッケ』に近い…或いは…『焼く前のハンバーグのタネ』…かな?

これ…漏れが勝手にそう言っているんじゃないよ!

パリでタルタルステーキ食べた人のブログに

>まるで…『ユッケ』のような…。

>或いは…『焼く前のハンバーグのタネ』か…。

てな事が書いてあったから間違いない(笑)

『タルタルソース』をイメージしながら(笑)最初の一口をいってみたら『牛の生肉の食感』が口の中に広がってビックリ!

「えっ?ユッケ!?」

って思ったけど『ユッケ』とはまた食感が違う。

『ユッケ』はかなり細かくしたか叩いたかした牛の生肉に胡麻油を絡めてあるから(でいいんだよな?)『ペースト状に近くてねっとりと重い食感』だけど、タルタルは勿論胡麻油は絡めてないし(笑)包丁の入れ具合?も粗めでツルツルした食感…『牛の生肉の粒が口の中で踊る』ってイメージ。

それに『ホワイトアスパラのタルタル』や『謎のサマートリュフ』(笑)や『皿の淵に回しがけしている?ソース』が相まってさっぱりした印象…『ユッケ』とは違う(笑)

電車が職場駅に着いたので(笑)次の投稿で『赤牛のタルタルの感想』をあと少しだけ書いて『次のアンティパストの話』にいくね!















続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-24 05:33 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その13。

b0136045_14160076.jpg

『昨日の続き』からいく…。

『アンティパストIの説明を文字に起こしたもの』を再掲して話を再開する…。

料理そのものの話は後に回すとして…録音の中に入っている漏れの声が何しろウザかった(笑)

料理の説明をするイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に相槌を打つ形で漏れが

「ほ〜ん」

「へえぇ〜」

とか言っているんだけど、その声がキモくてウザくて、初めて録音を聞いた時漏れ『ピギャッ!』って叫んじゃった(笑)

『サマートリュフの説明のくだり』でそれがどれか分からない漏れが

「その『サマートリュフ』というのは…どれなんですかね?」

とシェフに尋ね

「上に散らしてあるのがそうです」

とのシェフの答えを聞き

「これでいいんですね?これでいいんですね?ありがとうございます!」

と返したところで録音が終わるんだけど、その声もまあ〜ウザくてキモくて漏れまた『ピギャッ!』って叫んじゃった(笑)

リアルで漏れに接した事がある人なら分かると思うけど…漏れの声って『高い』じゃないですか?『ちょっと幼稚な感じがする』じゃないですか?

そんな声の漏れが初ディナーに浮かれてウキウキした調子で『ほ〜ん』だの『へえぇ〜』だの『これでいいんですね?』だの『ありがとうございます!』だの言っているのを自分で聞くのは中々な拷問で、上の画面キャプチャー起こす為に繰り返し聞く度『ピギャッ!』『ピギャッ!』って叫ぶ事になり大変だったよ(笑)

アミューズの説明の録音でCBさん(女子♪)が

「へえ〜」

と呟いているのを聞くのは全然平気だったしむしろ可愛らしく思ったんだけど(恥)漏れが

「へえぇ〜」

と呟くのを聞くのは何とも堪らんかった…。

「黙れよおめえ!」

って思った…まあ『おめえ』ってったって『俺』なのだが…(笑)

『自分の声の録音を自分で聞く』というのは中々に苦行な事らしいね。

別に漏れだけでなく、誰でも自分の声を録音で聞くと違和感を覚えるらしいね。

だからまあこれはしょうがない事ではあるんだけど…やっぱ聞いてて辛い…今度から『ペリーニ アダージオ』で料理の説明の録音(笑)する時は漏れ喋らんようにすっかな?(笑)

料理の説明の最後にいつもいつも

「ありがとうございます!」

と言っているのも何か鼻につく(笑)

『美味しそうなお料理をありがとうございます!』

『説明して下さってありがとうございます!』

という意味で『ありがとうございます!』と言っているんだから別に間違った事を言っている訳ではないんだけど、何かこまっしゃくれた感じがして聞いてて鼻につくんだよね…『いただきます!』と言う方がいいような…。

まあ…これ『どうでもいい話』なんだけどね(笑)









































b0136045_14371195.jpg

『料理の説明の録音の話』をしていたら…もう職場駅が近づいちゃった(笑)

最初のアンティパストである『大分県産赤牛のタルタル』の仔細は…また今度語らせてもらいますね(締め笑い)















続く…(夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-21 14:35 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その12。

b0136045_18573653.jpg

『アミューズの説明を文章に起こしたもの』を再掲させて頂く…。

『寸評』というのは『iPhoneのICレコーダーで録音した説明を聞いた漏れの感想』なんだけど(笑)

>CBさんが「へえ〜」と感心している声が可愛い♪

などと腑抜けた事を書いている…お恥ずかしい…(汗顔)

これを書いた頃は『CBさんとの次の会食のプラン』をイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に打診した直後で、リアルから始まったものではないにしても漏れはCBさんと『友達みたいなもの』になれたように思っていた…『CBさんの為にオリジナルコースをシェフに相談した俺カッケー!』という想いもあった…。

だから『腑抜けた事』を書いている訳…お粗末な話だ嗤ってくれい…(含羞)

それはともかく…









































b0136045_18573642.jpg

『アミューズの話』をいこう…『地蛤と春野菜のジュレ寄せ』というお料理…。

『ジュレ寄せ』というものを漏れは多分初めて食べたと思うんだけど、蛤の風味が効いていて冷たくて爽やかで中々旨かったぞぽまいら!

『春野菜の彩り』も良い!『わさび菜の辛味』も確かにアクセントになっている!!

そして何より『ホタルイカ』が滅法旨かった!

濃密なイカの味わい…でもそれは『他の食材の味を打ち消す程の強い主張』はしない…バランスが取れている…。

見目麗しく、いろんな味がして、ジュレの食感と冷たさが心地良いまさに『アミューズ』(最初のお楽しみ)って感じの料理!『この先のコース料理への期待』がますます膨らむ!!

前に『5500円のコース』を頂いた時のアミューズは『新玉葱のブリュレ』だった。

あれはあれで旨かったし

「うん!『アミューズ』(最初のお楽しみ)って感じ♪」

てな具合に今回と同じ感想を抱いたのだが(笑)『8500円のコース』(今回のコース)と『5500円のコース』では同じアミューズでも『使う食材の種類や手のかけ方が違う』と感じた!

このホタルイカなんかは…『シェフが直々に築地で仕入れたもの』なんじゃないかな?(シェフは魚介類の仕入れを築地で自ら行うそうな)

瑞々しい緑の春野菜は…『シェフが自家畑で栽培したものか信頼できる農家から仕入れたもの』なんじゃないかな?

ジュレも含めて生っぽい味わいの食材だから『その鮮度や味わい』が際立つ!『お金をかけたからこその味わいなのかな?』なんて事を思う!

『8500円のコース』なんて漏れにとっては『高い部類』なんだけど、このアミューズを食べてみて『高くはないな!』と思った!

この先の料理が楽しみだ〜♪











































b0136045_19023157.jpg

『アンティパスト』に移行!

これは『アンティパストI』…『最初の前菜』…。















b0136045_19023164.jpg

『説明』はこちら(笑)

いや〜『寸評』に書いた通り『録音に入っている自分の声』がウザくてウザくて…(締め笑い)















続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-20 19:01 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その11。

昨日の投稿で『CBさんとの人間関係が終了した事』をあらかた書き尽くしたので、ここからは『料理の話』を書かせて頂く…『3月28日にペリーニ アダージオで頂いたワンランク上のコースの仔細』をいく…。

実は『iPhoneのICレコーダーで録音した料理の説明の解析』がまだ済んでいない…(恥)『アンティパストIII』までは済んでいるのだが…。

とりあえず『料理の写真』→『料理の説明をメモに書き起こしたものの画面キャプチャー』→『再度料理の写真を挙げ補足をする』という流れでいく…あれから結構日にちが経ったので『適当な部分がある』のはご容赦願いたい…(恥)

ここ数日でその話を終えて、次いで『CBさんと行く筈だったランチをベースにした四千円のコースの予約の話』『そしてそれをキャンセルした話』と流れていく予定…人間関係は終了したけど『もう暫くCBさんが出てくる』のであ〜る(笑)

それではそろそろ始めようか…。














































b0136045_06174061.jpg

まずはスパークリングワインで乾杯!

CBさんは痩せて見えるように身体を捻っているんだけど…分かります?(笑)

この写真の場面の前にCBさんはイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に『開戦劈頭のサプライズ凸』をし(『漏れが動画を観まくっている事』『タコの溺れ煮動画のシェフのあ〜んに萌えた事』『カッチュコ動画のシェフをお兄ちゃん呼ばわりする女性演者に嫉妬した事』などを述べた←笑)漏れは冷や汗をかきながら『コース料理の開始』を待ったのでした…(恥)

恥ずかしかったけどそれで緊張がほぐれた…。

「この先CBさんはどんな凸をシェフに仕掛けていくんだろう…」

と思いちょっとドキドキした…。

有能な人…有能な人だったよなぁCBさんは…(遠い目)

まあ今更それを言っても仕方ないので(涙を拭きながら…←笑)『料理の話』を行こう!(カラ元気←笑)











































b0136045_06174034.jpg

アミューズ…『地蛤と春野菜のジュレ寄せ』!












b0136045_06174113.jpg

説明はこちら!
(iPhoneのICレコーダーで録音したものを文字に起こしたもの←締め笑い)













続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-20 06:16 | ペリーニ アダージオ

還るべき場所…(4月19日の想い)

先日の投稿『初ディナー! その10』の末尾で触れた通り『CBさんとの人間関係が終了』した…(恥)

それについて事細かに書くつもりはないんだけど、これはある程度『仕方なかった事』だとおもう…『リアルから始まった人間関係ではなかった』から…。

漏れは『リアルから始まった人間関係でないものでうまくいった経験』があまりない…。

『リアルから始まった人間関係』ですらあまりうまく運べないのに(人見知りなもんで…←恥)『リアルから始まった人間関係でないもの』をうまく運べよう筈がない…ましてや相手が女性であれば尚更…(恥)

CBさんは漏れにとてもよくしてくれた…漏れはそれを活かせなかった…。

ただそれだけ…それだけだ…『恋愛系の話でない事』は言うまでもない…(恥)

でも…ちょっと惜しいよね『CBさんとの人間関係が終了した』の…何しろ『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)との関係を取り持ってくれる非常に優秀な人』だったから…。

人見知りな漏れ(恥)が『イケメンシェフが経営する都心のシャレオツイタリアン店』なんぞにズカズカ出入りできるようになったのは(笑)全て『CBさんのおかげ』…。

CBさんの尽力(凸な←笑)がなければ漏れが『ペリーニ アダージオに繰り返しリピートする事』はなかった…というか…そもそも行く事すらなかった…。

『アーリオオーリオの動画』を観て以来行きたい行きたいと思っていたけど

「『都心のシャレオツイタリアン店にアラフィフおやぢが独りで』って事もないだろう…」

「『野郎の友達を誘って行くの』も敷居が高い…」

と二の足踏み続けて遂に行かず終いだったのだから…。

『CBさんの同行』があったから

「とりあえず…行ってみる?」

と思えたし、『CBさんの2度目の同行』があったから

「ディ、ディナータイムに進出する?(笑)」

と思い切る事?もできた…『ランチタイムに独りでリピート』ができたのも間接的にではあるが『CBさんのおかげ』…。

そう思うと『有能なアシスタント』を失ったのは痛い…CBさんには感謝の想いしかない…これから『ペリーニ アダージオ』とどう付き合っていけばいいのか…。

まあこれからも行くには行くんだけど(CBさんと行く予定だった4月下旬の予約はキャンセルしたけど代わりに独りで行く事にした←笑)コース料理って独りで食べると間が持たないような気がする…期待や感想を言い合う相手がいないと『楽しさも半減』かも…。

セコンド(メイン料理)だって2人だったら『肉と魚を両方オーダーしてシェア』とかできたのに、独りだと『肉か魚のどちらかしか選べない』…何たる損失…『失ったものの大きさ』がしみじみと堪える…。

それでも生きていく…生きていくしかない…。

『女子とシャレオツ店でイタリアン』なんて生活していて正直浮かれていた面があったけど(笑)それがなくなっても(哀)漏れは生きていくしかない…なぁに…『元に戻るだけ』に過ぎない…。

幸いな事に…と言っては何だが…漏れには『還るべき場所』がある…『ペリーニ アダージオ』もそのうちのひとつ…。

折角CBさんが取り持ってくれた縁?だから漏れはこれからも『ペリーニ アダージオ』に行く…前に書いた『二の足踏んでいたペリーニ アダージオのバーベキュー』にも参加したいと思っている…。

行ったらぜってー浮くと思うけど(恥)『興味があるのに行かないのは勿体無い』と思えてきた…これは『CBさんの生き方に影響を受けている部分』が多分にある…あの人は『本音で生きる人』だった…。

まあだから『ペリーニ アダージオのバーベキュー』に行ってみようと思う…。

どんだけ浮いたかはここに事細かに書くつもりだから楽しみにしていてくれよなぽまいら…(笑)

『還るべき場所がある』ってやっぱいい…こんな漏れでも独りじゃないって気がして…。

『ペリーニ アダージオ』だけじゃない…。

こんな漏れにも『久々に行ったのに優しく迎えてくれた場所』がある…何か嬉しかったなぁ…。

まだ漏れには『還るべき場所』があったんだ…。






































b0136045_13310939.jpg

還るべき場所その①…行きつけの接骨院(笑)

先日の夜勤中腰が痛くて一昨日久々に行ったら、多分半年は時間が空いていたのに受付のおばちゃん(失礼!)ってば

「あら小生さん!お久し振り♪」

って優しく迎えてくれた!診察券を出す前から名前で呼んでくれた!!

『還るべき場所がある』ってやっぱいい!

ララァとはまたいつでも遊べるから♪

これ…どういう意味!?

『ガンダム 最終回 ラストシーン』でggrks…。











































b0136045_14020234.jpg

還るべき場所その②…吉見管理棟(笑)

今いるよ(笑)

本当は『熊谷のCOCO’S』に行って

「僕にはまだ『還れる場所』があったんだ…こんなに嬉しい事はない…」

「分かってくれるよね…ララァとはまたいつでも遊べるから…」

とガンダムごっこしようと思っていたんだけど(笑)出発するのが遅くて吉見止まり…ハハ…(含羞)

気候も良くなってきたしCBさんとの人間関係も終了したから(哀)『またサイクリングでもすっか』って感じ…サイクリングの神様からしてみたら『ざけんなゴラァ!』ってとこかな?(笑)

したら今すげー風吹いてて帰り道難儀しそう…サイクリングの神様ってばやっぱ怒ってるみたい…うわーここ(吉見)から出たくねえ…(極鬱)

でも…やっぱ頑張るよサイクリング…。

早く体重を70Kgに落として『二郎』とか『家系』とか食べたいからね(笑)

向かい風が何だ!ガッツでいこう!!

昨日だか一昨日だかに深夜テレビつけていたら『弱虫ペダル』って自転車競技のアニメやってて、それの次週予告だかで『ハイケイデンスでGo!』みたいなフレーズを言っていた!

「な、何かかっちょえー!」

って思った!

よーし!漏れもやるゾー!!






































b0136045_13520049.jpg

帰り道も…ハイケイデンスでGo!(70位で❤︎)

70のどこが『ハイケイデンス』だ!?

だって風すげーんだもん…(締め鬱)














おしまい♪
(帰りに『行きつけの接骨院』に寄ります←締め笑い)
# by shousei0000 | 2017-04-19 13:50 | アヴァン 走行

初ディナー! その10。

b0136045_14345894.jpg

『ドルチェ事件とその後の話』を続ける…。

場面を変えるうまい写真がないので『ドルチェ事件の後で飲んだ締めの食後酒の写真』で代用させて頂く…。

「だったら『ドルチェの写真』を使えばいいじゃねえか!?」

と思う人もいると思うけど、無いんだよ『ドルチェの写真』…撮り忘れた…_| ̄|〇

この日(3月28日)は『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)やイケメンウェイターさんによる料理の説明をiPhoneのICレコーダーで録音する』という今まではしなかった行程(笑)が加わった為『その後の料理の写真を撮り忘れる』という事案が発生した…。

2皿撮り忘れた…そのうちの1皿が『ドルチェ』…。

だから『ドルチェの後に飲んだ食後酒の写真』で代用したのだが(笑)この時の漏れは『この人このお店のバーベキューに興味があるんです!』『シェフを独占したいと思っているんです!』というCBさん(女子♪)の口撃(笑)にフラフラになっていたので(笑)恥ずかしさに火照る頬を手でパタパタと仰ぎながら

「な、何かキツいアルコール飲みてえー!」

と呟いたんだね(笑)

そしたらシェフが

「でしたら『食後酒』とかどうです?」

「アルコール度キツめですよ(笑)」

と勧めてくれて、それで食後酒なるものをオーダーする事になったんだね。

ストレートで頼んでチェイサー(氷水)を添えてもらってグビッといく…薬草か何か入っているとかで変わった風味…。

「コースの最後に何でこんな強めのお酒を『食後酒』として飲むんですか?」

とシェフに尋ねたところ

「ドルチェの甘みを消して口内をさっぱりする為…ですかね」

とのお答えが…。

イタリアに限らず外国のお菓子とかケーキは『甘みと香りが強いもの』が多い…その味を打ち消して口内をさっぱりして食事を終える為に『食後酒なるもの』があるらしい…。

だから『アルコール度が強い』…だから『薬草が効いている』…なるほどと思った…。

そのアルコール度数…












































b0136045_14163920.jpg

42.3度(笑)

こんなキツい食後酒を飲みCBさんやイケメンシェフやイケメンウェイターさんと笑いさざめきながら『この日のコース料理』は終わりになりました。

『バーベキューに興味あり』だの『シェフを独占したい』だのを暴露されて気恥ずかしくなった漏れ(笑)はこの辺りでトイレに立ったんだけど、そのトイレの中まで『CBさんとイケメンシェフが爆笑する声』が漏れ聞こえる…。

「あの2人…何を話してやがるんだ…」

とトイレで震えた…(笑)

トイレから戻ったらCBさんがシェフに

「わ、私、この後上に行ったら(会計を終えてお店から出たら)この人にボコボコにされるんですよきっと!」

と言って笑う…。

「『ボコボコにされるような事』をシェフに言ったんだねCBさん…」

と呟きテーブルの下で握り拳する…(笑)

以上で『3月28日の初ディナーに於けるCBさんの活躍篇』を終える…実に有能な人だった…(漏れとイケメンシェフの仲を取り持つ意味で←笑)

『ペリーニ アダージオ』を出てから『シェフのいつまでもお店の前にいるお見送り』を受け(CBさんはこれが大好きなのだ)その後駅に行く途中にある公園の傍らでタバコを吸う…まさに至福のひと時…。

CBさんと代々木まで一緒に帰りながら『次の訪問の話』をする…。

断っておくが『漏れからしつこくそういう話をした』のではない…『CBさんから「今度はランチにいこ♪」という提案をされた』のだ…。

その後この件(ランチいこ♪)が盛り上がって、後日漏れは『ペリーニ アダージオ』を訪れて『ランチをベースにしたおひとり様4000円のコース』をオーダーする事になるのだが、恥ずかしながら『その話』はなくなった…『CBさんとの人間関係』自体が終了した…。

その辺の話を軽く書きつつ『3月28日のコース料理の本篇』(料理自体の話)にいく…。

一応言っておくけど…『漏れがCBさんに言い寄っていって拒絶されて人間関係が終わった』とかじゃないよ…『生き方や物の考え方が違った』というだけで…本当だよ!(力説)

とりあえず今から夜勤だから続きはまた後日ね!バイナラ(締め笑い)












続く…。
(夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-15 14:15 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その9。

b0136045_12380262.jpg

『このくだり』から話を再開する…。

『3月28日のペリーニ アダージオでの初ディナー』のラストで、CBさん(女子♪)がイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に凸した所謂『ドルチェ事件』…(笑)

『ペリーニ アダージオのバーベキュー』についてはCBさんに常々繰り返し語っていた…。

「お洒落なあのお店のバーベキューだよ?ぜってー旨いに決まっているし行きたいなぁ〜♪」

「でも…行けない…何故なら漏れは極度の人見知り…」

なんて具合に…(恥)

なのに…行けないのに…CBさんはイケメンシェフに『この人バーベキューに興味あり!』と言ってしまった…。

それ言ったらイケメンシェフとしてはこんな漏れでも『お客さん』なんだから『でしたら来て下さい』って言うしかないと思っていたら

「おお!それは是非!」

なんて言ってくれた…まさに思っていた通り…。

それで『あっはっは〜♪』とバカ笑いして誤魔化そうとしたら『この人シェフを独占したいみたいなんです』というCBさんの追撃(笑)が…。

万事休す…誤魔化せねえ…(汗)

そこで漏れは説明した…。

「いやですね、シェフですね、確かに自分は『このお店のバーベキュー』に興味があるんですけど…このお店のお客さんって多分『お洒落な人』じゃないですか?それに『古い馴染みのお客さん』とかもいるじゃないですか?そんな中に独りで入っていく自信がないから、バーベキューには興味あるんですけど自分なんかとてもとても…『重度の人見知り』でもあるもんで…」

「あ…そうそう!『白トリュフスペシャルディナーコース』辺りに参加しますよ!あれなら店内で独りで黙々と食べていても違和感がないでしょうから自分でも参加できる!!」

と…。

分かるよな…『白トリュフスペシャルディナーコースの話をしてバーベキューから話を逸らす作戦』だ(笑)

瞬時にその作戦を立てて実行した自分を漏れは褒めてあげたくなったが(笑)折角の名作戦(笑)だったのにシェフがバーベキューから話を逸らしてくれる事はなく

「『白トリュフディナー』は秋ですから…『バーベキュー』は近々に告知を出そうと思っています…小生さんも宜しかったら是非…」

とおっしゃり、更に

「『古い馴染みのお客さん』っておっしゃいましたけど…うちの店はオープンしてからまだ3年ちょっとなんで『古い馴染みの』という程のお客様はいらっしゃいません…気になさる事はないと思いますよ」

と続ける…どう返せばいいんだこれ…(滝汗)

そこで漏れはまた名作戦?を思い付いた…。

題して『“シェフを独占したい”の本意を説明してバーベキューから話を逸らす作戦』…さっきとやっている事一緒だよ(笑)

漏れは再び名作戦(笑)を決行した。

「ところでシェフ…」
(話を逸らす為に『ところで』を使ったりとこの男必死である←笑)

「さっきこちらの女性(CBさん)が言った『シェフを独占したい』って言葉なんですけど…それは『バーベキューでシェフを独占したい』って意味ではないんです…『もっと別な話』で…」

と語り始める…バーベキューから話逸れとらんぞ(笑)

『シェフを独占』の本意は『シェフと歓談コース 1時間◯万円』ってな話…。

漏れはイタリアンを愛する者として(おもにパスタやけど←笑)シェフに色々聞きたい事があるんだけど、『ランチタイム』は忙しそうだしそんなに長くいる訳じゃないから『色々聞きたい事』なんか聞いてられないし、かといって『コースでお邪魔した時』は2度共CBさんと一緒だったからCBさんとの会話が楽しくて『色々聞きたい事』を聞いている暇がなかったし、そもそもその『色々聞きたい事』というのは一々メモしている訳じゃないから、いざとなったら結構忘れちゃうんだよね〜(笑)

そこで漏れが思い付いたのが前述の『シェフと歓談コース 1時間◯万円』てなやつ!

このコースではシェフはあまり料理を作らない。

じゃあ何をするかというと…『ゲストとお話しする』んだよ!『歓談コース』って書いたじゃん(笑)

『そんなに時間がかからない料理』をシェフが作って、その間もゲストと会話する。

料理ができたらシェフはゲストの前に座ってワインなんか飲みながらゲストと歓談する。

それで1時間で◯万円…『◯の中にどんな数字が入るか』までは考えんかったわ(笑)

漏れがゲストだったら料理は『いつものランチ』位でいい。

シェフが料理する姿を見てその手法を学ぶ…料理ができてシェフが座ったら

「あのう…アーリオオーリオ動画で『パスタを茹でる塩加減は3%』って言ってましたけど…あれ具が入ったら違うパーセンテージになりますよね?」

とか

「煮込み料理を作る時…お鍋に蓋ってした方がいいんですか?それともしなくてもいいんですか?」

とか質問する…何たる至福の時間(笑)

そんな妄想(笑)をコース料理食べながらCBさんに話したんだ…そしたらCBさんってばその辺の話を全部端折って『バーベキューでシェフを独占!』みたいにシェフに伝えた…それじゃあ『ストーカー』乃至は『モーホー』だよ(笑)

とまあそんな説明をシェフにしたところ…シェフは笑いながら

「新しいなぁー!」

と言ってくれた!

『シェフと歓談コース 1時間◯万円』というアイデアを『新しい』と言って笑ってくれた!

つまりは『イケメンシェフにウケた!』

漏れのギャグも捨てたもんじゃない♪

いや!『ギャグ』じゃなくて『本気』だろ!?
『シェフと歓談コース』ってガチ本気だろ!?
ホントあぶねえなこいつ…『ストーカー』乃至は『モーホー』だ!!!(締め呆れ)













続く…。
(訳あってまたまた『ペリーニ アダージオ』にいてきます!これで『7回目の訪問』…だったかな?ラッキーセブンだから何かサービスしてもらおう♪←何でだよ!?←再締め呆れ)
# by shousei0000 | 2017-04-14 13:04 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その8。

前回の投稿を読んだポールスミスさんのうぉくさん(同僚の奥さん)から

>こんな禿げしいブログ(笑)を書く人が『コミュ障』とか意外www

といったコメントを間接的に頂いた…。

『禿げしい』の是非はともかく(笑)『コミュ障』だ…『初対面の人と話す事』は苦手…。

漏れは小4辺りまでは所謂『リア充な人』で(小4でリア充とは←笑)アダ名は『アナウンサー』で(よく喋るから←笑)女子ともワイワイして(転校する時泣かれますた…←マジで!)『クラスの主軸にいた人』だったんだけど( ホンマやで!)小5で引っ越した先の小学校でそのスタンスでやっていたら

「おまえ生意気!」

「先生に贔屓されている!」

「そうじゃないというなら…次のテストで一緒に0点とろうぜ!」

とか言われてイジメられて(恥)そこから色々あって『自我を出す事』を恐れるようになったんだった…(恥)

その後遺症は意外に効いていて(恥)この歳になるまで

「『初対面の人』に受け入れられるだろうか…」

「また誤解されて『変な奴』『生意気』とかとられないだろうか…」

と慄き(恥)『初対面の人の前で話す機会』には足が震え言葉もつれ身体ガクブルするようになったんだ…(遠い目)

ブログでは陽気に振る舞っているけど?実は『妖気』…いろんな意味で『普通』ではない…(恥)

だから3月28日の『ペリーニ アダージオの初ディナー』の最後にCBさん(女子♪)が『バーベキューの話』をした時『心中ピギャッと叫んで悶絶した』んだ…_| ̄|〇

















































b0136045_15074881.jpg

『ドルチェ事件』の概要をもう一度振りかえろう(笑)

3月28日のコース会食のラストに『ドルチェ』が提供されてイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)が口上?を述べて立ち去ろうとした時、CBさんが

「あ、あのう…」

と言ってシェフの足を止めて何か語ろうとして、そのさまを見て漏れは『何か変な予感がした』んだ…。

「CBさんってば『最初のシェフの挨拶』以来『変な凸』とかしなかったけど(笑)『最後』って事で何か凸(笑)する気なんじゃあ…」

と…。

「『怒らないで怒らないで怒らないで!』と前置きする位だから『漏れにとって何か恥ずかしい事』を言う気なんじゃあ…」

と…。

そしたら…












































b0136045_15074890.jpg

『これ』言う訳よ!

致命的な理由(コミュ障…)があって行きたくても行けないバーベキュー(大恥)の話をサラッと言っちゃう訳よCBさん!

しかも…この件とは直接関係ない『シェフを独占したい話』まで混ぜ込んで…(汗)

そら『心中ピギャッと叫ぶ』でしょう…そら『バカ笑いしてごまかす』でしょう…。

そして次に漏れがとった行動は…








































b0136045_15102899.jpg

と…それを説明したいところだけど『職場駅』に着いてしまった…。

また後日続きを書く…夜勤いてきま〜す…。















続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-12 15:09 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その7。

b0136045_14520938.jpg

『ペリーニ アダージオの今年のバーベキューの告知』が始まった!

『6月4日』だそうな!『秋にもある』との事!!

『神奈川県相模原市にある自家畑が会場』らしい…『そこでお客自ら収穫した野菜を賞味するという趣旨』との事…。

『アンティパスト10種に各種選りすぐりの肉によるバーベキュー』だそうな…参加したすぎて魂が震える…。

でも…漏れには『このイベントに参加できない致命的な理由』がある…。

『巨人の星』の主人公星飛雄馬は『恵まれない体格からくる球質の軽さ』から『そのままではプロでは通用しない』という事になった…これなん『飛雄馬が大リーグボールを編み出さざるを得なかった致命的な理由』…。

それと同じで、漏れも『今のままではペリーニ アダージオのバーベキューに参加できない致命的な理由』がある…『大リーグボールを編み出す位の劇的な変化』がなくては『ペリーニ アダージオのバーベキュー』には参加できない…。

『巨人の星』を引き合いに出す事の是非はともかく(笑)『そんな事情がある』のは事実…その事情とは即ち『コミュニケーション障害』略して『コミュ障』…。

漏れは『初対面の人と話すのが苦手』…初対面の人と話さなくてはならない場に行く事を考えるとガクブルする…。

『話せない』という訳ではない…むしろくっ喋る…。

初対面の人の前では機関銃のようにダダダダダーンと喋りまくる…『沈黙の時間が怖い』から…。

でもそれは『本当の意味でのコミュニケーション』ではない…それを察するのか『初対面の人との会話』は漏れの努力?を裏切って?大して盛り上がらず『瞬時に仲良くなって新しい友誼を結ぶ』という事に中々ならない…。

要は『その場限り』『その瞬間だけの関係で終わる』って事…『沈黙が怖くて一方的に喋りまくるおぢさん』なんて存在はそうおいそれとは他者には受け入れられんのだ…(恥)

そんなんだから漏れは『ペリーニ アダージオのバーベキュー』には行けない…『初対面の人尽くしのバーベキュー』なんてとてもではないが行けない…。

行く前から分かるもん…。

『初対面のペリーニ アダージオのお客さん達』を前に漏れが緊張して(沈黙が怖くて)必死に喋りかけるけど大して盛り上がらず(恥)段々話題も尽きて(恥)最後には『端っこの方でひっそりと微笑みながら独りでバーベキューの料理を黙々と食べる姿』がありありと見える…(恥)

ましてや相手は『シャレオツレストランであるペリーニ アダージオのお客さん達』…。

『ハイソな面々』かもしれないし『シャレオツな人々』であるのは間違あるまい…そんな集団に『ここ1年位の間に自炊を通じてイタリアンに興味を抱いた俺』が参加してもぜってーフレンドリーにはなれない…賭けてもいいくらい…。

だから…『ペリーニ アダージオのバーベキューには興味ありまくり』なんだけど『行けない』んだ…_| ̄|〇





































b0136045_14521082.jpg

前置きが長くなった…(恥)

まあそんな事情で漏れは『ペリーニ アダージオのバーベキュー』に参加したくても参加できないんだけど(恥)『その憧れの気持ち』みたいなものをCBさん(女子♪)に常々話していたんだね…さっき書いた『参加できない致命的な理由』も含めて…(恥)

そしたらCBさんってば『漏れがペリーニ アダージオのバーベキューに興味がある事』を直球でイケメンシェフ(東條吉輝し)に投げつけたのさ!『シェフを独占したい』というジャイロまでかけて!!

その台詞がCBさんの口から出た時(今更だけど『上の画面キャプチャーのやつ』ね)漏れは心中ピギャッと叫んで卒倒しそうになったんだけど(恥)そうもいかないから(笑)バカみたいに笑って必死にその場をとりなしたのでした…(締め思い出し汗)














続く…(夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-09 14:50 | ペリーニ アダージオ

Ole You Know! 再び(笑)

♪Ole You Know♪

♪マジで有能♪

このネタはもう結構!
本当は『無能』のくせに!!(呆れ)











































b0136045_07120423.jpg

いや…今度は本当に『有能』なんだ!

今日『職場のメンバーによる小規模お花見』がある!数日前に誘われた♪

それを聞いた漏れは一昨日のサイクリング帰りに『豚肩ロース肉』を買い、昨日の早朝にそれをイタリアンハーブソルト漬けにし、仕事に行っている日中一杯冷蔵庫で寝かせておいた。

仕事から帰って冷蔵庫から出して常温に戻し、フライパンで表面だけ焼いてからジップロックに入れて熱湯を満たした炊飯器にポイー(笑)

分かるよな…『ローストポーク』だ!

保温モードで50分かけて、出来上がったものを粗熱を解いてから冷蔵庫に入れて今朝カットしたのが上の写真のやつ!

赤み残りな気はするけど…多分大丈夫…。

昨日の夜味見したけど『今朝になってもお腹痛くならないから』な(笑)

要は『お花見に持参する手作りおつまみ』って事!

やるよなぁ〜俺!またモテちまう(笑)

いや…嘘だ…職場のメンバーにモテた事なんかねえ…(哀)














































b0136045_07120545.jpg

『ローストポークだけでは画的にアレ』って事で…こんなんも用意した!

『ローストポークを見た目最強にするベビーリーフ』に『シャレオツ感満載のクラシックバゲット』!

『ローストポーク単体でも十分旨いけど…よかったらベビーリーフも入れてバゲットサンドにしてどうぞ!』てな狙い…仕事終わりで腹減らしてる奴にはこっちの方がいいだろう…。

ククク…何て優しいんだ俺…。

またモテちまう…いやまあモテないのだが…(また哀)









































b0136045_07120566.jpg

『モテモテおつまみ』を輸送!

いやまあモテないのだが…(しつこい?←笑)

昨日百均で買った保冷バッグの底に保冷剤を敷き、水気が出ないようにビニール袋に入れた上でタオルで巻く。

保冷剤をタオルで巻く…分かるよな…『クーリングの要領』だ(笑)

まあクーリング云々は『内輪ネタ』だから置いておくとして(ちな介護ネタ←笑)その上に『ローストポーク』『ベビーリーフ』を乗せ最後に『マヨネーズ』!

『サンドにする時ローストポークだけだと味気ない』って奴もいるだろうからな…念の為マヨネーズも買っておいた…。

ホント優しいよな俺…またモテ…いやもうやめておこうこのネタは…(恥)









































b0136045_07120541.jpg

パッキング終了!

さあお花見に…じゃなくて…とりあえずまず仕事に行こう(笑)

『シャレオツおつまみを詰めた保冷バッグ』を持って仕事に行く…何たるお洒落さ…マジでOle You Know!(笑)

『バスケットにランチを詰めてピクニックに行く赤毛のアンの気持ち』が分かった!

まあ『朝っぱらから赤毛のアンも何もない』って話だけどな、こちらとら49歳な訳やし…(恥)

とにかく…お花見楽しんできますよ『薄毛のアン』はね(笑)

ただ…
































b0136045_07120631.jpg

今日天気どうなんだろう…。

アパート出がけに道が濡れていた…まあ今は雨降ってないけど…。

夜雨だったら『折角のシャレオツおつまみ』がパァ…まあそん時は職場の冷蔵庫に入れて『よかったら皆さんで召し上がって下さい』って貼り紙しとくか…。

でも…できればお花見で食べたいなぁ『ローストポークサンド』…。

そして…できればモテたいなぁ…まあモテないんだけど…。

モテネタ本当にしつこ過ぎ!!!(締め呆れ)














おしまい(笑)
# by shousei0000 | 2017-04-07 07:12 | お気楽狭山市ライフ(笑)

初ディナー! その6。

b0136045_17291405.jpg

まあ…『上に挙げた画面キャプチャーみたいな展開』があったんだね…。

コース料理が始まる前のCBさん(女子♪)のサプライズアターック(笑)

『のっけからいきなりくる』とは思ってもみなかったのでビックリしたし恥じらいもした(笑)

イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)は…笑っていた…いや…『苦笑い』か…(恥)

『あ〜んがしたい』もかなり恥ずかしかったけど『シェフをお兄ちゃん呼びする女性に嫉妬』『シェフをお兄ちゃん呼びできるのは俺だけだ』みたいな話はもっと恥ずかしかった…まあ『それに類する話をCBさんにしたのは事実』だけど…。

このCBさんの口撃(笑)にシェフがどう答えたかはあまり覚えていない…恥ずかしすぎて忘れてしまった…。

ただ…この口撃(笑)のおかげで『動画の裏話』『動画にまつわるエピソード』なんてもんが聞けた!

『あ〜んのシーン』は撮影の最後だか途中だかにディレクターがふと思い付いて入れたのだそうな。

『何か面白いシーン』を入れようとして『あ〜んのシーン』を入れたそうな…そのディレクターめっちゃ有能だよ!『あ〜んのシーン』最高だもんな(笑)

『ビデリシャス シェフズ ホリディ』シリーズの動画を観て『ペリーニ アダージオ』を訪れる方の9割は『男性』だそうな!

あのシリーズ動画は『料理のイメージ動画』だから必ずしもレシピが明示されていない…『食材の分量』や『火を入れる時間』が分からないものもある…。

女性はそういうところにこだわる気質があるので『あのシリーズ動画』に必ずしも惹かれないらしい…それに惹かれて『こんな風に料理してみたい』と思いシェフに憧れ果ては『ペリーニ アダージオ』に行ってしまうのは『男性が大半』となるそうな…『なるほど』と思った…。

そんな話を伺いつつも漏れは気がそぞろで

「CBさん…シェフはこれから僕達の『アミューズ』にかからなくてはならないし、他のお客さんも来るかもしれないから一旦戻って頂こうよ」

と言ってその場の流れを切る…。

『シェフがこれ以上傍らにいるとCBさんが何を言い出すか分からなかったから』だ…(笑)

そして漸く『ペリーニ アダージオでの初ディナー』が始まる…。

『6話も書いてやっと端緒』だよ(笑)







































b0136045_18004643.jpg

まずはスパークリングワインで乾杯!

この写真もCBさんの掲載許可を得ています♪

で、ここから漸く『ペリーニ アダージオでの初ディナー』が始まるのだが…実は『コース料理の説明をiPhoneで録音したデータの解析』がまだ終わっていない…『アンティパストIII』までは終わったんだけど『プリモピアットI II』『セコンドI II』がまだ終わっていない…。

だから『料理の写真とその感想の話』がまだ書けない…その代わりにといっては何だが…『CBさんの活躍パート2』を書く…(笑)

これについてはCBさんに送ったメールがあるので、それを一部改変したものをここに掲載させて頂く。

今日はそれで終わりにする…題して『ドルチェ事件』という…。




































b0136045_18143550.jpg













b0136045_18143546.jpg

以上『ドルチェ事件』でした(笑)

詳しい解説はまた明日にでもするね♪














続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-06 18:13 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その5。

b0136045_05375925.jpg

『昨夜酔っ払っていてうっかり契約してしまった新聞』が今朝届いた…。

これから3ヶ月の付き合い…いや『サービス期間の今月』も入れると『4ヶ月の付き合い』…新聞なんかいらないんだけどなぁ…(iPhoneで読めちゃうもんで…)

まあでも『ものはとりよう』…この新聞を有効に活用すればいい…。

入間の実家にいた時はハエとか家ん中に入ってきたら新聞を丸めて棒状にして撃墜していた…撃墜した後の新聞はハエの体液とか付着していてキモいからそのままゴミとして捨てていた…。

狭山市でアパート暮らしするようになってからはハエとか入ってきても苦戦していた…『撃墜するのに使う新聞』が無かったから…。

でも…これからはだいじゃぶ(大丈夫)…。

だって…










































b0136045_06220737.jpg

『新聞』があるから!

これからはハエとか入ってきても常にこの新聞があるからだいじゃぶ!

ハエとか一杯撃墜するぞー!ゴキ(ゴキブリ)も叩き潰してやる!!

そう思えば新聞をとるのも悪くない♪

いや!まず読めよ!!(呆れ)





































b0136045_06220799.jpg

余談はさておき…『ペリーニ アダージオでの初ディナーの話』を続けようかな?(笑)

上の写真はこの前書いた通り『登場人物の位置関係』を示すもの。

手前のスーパーニッ◯が『漏れ』で(笑)コレールの白い丸皿が『テーブル』で、その向こうにある国産鷹の爪の小瓶が『CBさん』になる。

キッチンの流しを『シャレオツカウンター』に見立てて(笑)そこにオリーブオイルの『イケメンシェフ』(東條吉輝シェフ)とイタリアンハーブソルトの『イケメンウェイターさん』がいる…位置関係何となく分かってくれたかな?(笑)

本当はイケメンシェフはこんな正面にはいなかったし(『カウンターの右端がシェフの位置』だった)イケメンウェイターさんも一箇所に留まっていた訳ではないけど(イケメンウェイターさんは常にあちこち移動されていた)

『漏れの視界内にイケメンシェフやイケメンウェイターさんがいて、CBさんからは背後になるからその両者の動きが見えない』

という事だけはこの写真から見て取れると思う…見て取れる…よな?(笑)

この位置関係だから『先手を取るのは常に漏れ』となる…CBさんからは背後になっているから『イケメンシェフやイケメンウェイターさんの動きはそばに来るまでは把握できない』のだから…。

そう思って安心していた…その為にこの布陣(笑)を敷いた…。

なのに…やってくれましたよCBさんってば!

万全の布陣(笑)を敷いて安心しきっていたところにイケメンシェフが来た。

『最初の挨拶』ってやつをしに…『こんばんは』『ご来店誠にありがとうございます』って事を言いに…。

それに対して漏れは

「ああ、どうも」

「今日凄く楽しみにしていたので宜しくお願いします!」

てな感じに無難に応えを返したんだけど(笑)CBさんは違った!

挨拶もそこそこにいきなり火蓋を切る!

「シェフ…この人(漏れの事 以下全て同じ)…シェフの事が大好きなんです!動画も一杯観ています!!」

「それで…タコの溺れ煮の動画に『シェフがあ〜んってするシーン』があるじゃないですか?何かこの人それがやりたいみたいで…(クスクス)」

と…。

CBさんがコース会食のどこかでイケメンシェフにグイグイ切り込んでいくだろうとは思っていたけど、そしてそれをちょっと楽しみにしていた部分も確かにあったけど(笑)まさか『のっけからいきなり』だとは思っていなかったからビックリした!

CBさんの口撃(笑)は更に続き

「あのう…カッチュコの動画で『シェフをお兄ちゃんって呼ぶ女性』が出てくるじゃないですか?」

「この人それを観て妬いているんです!『シェフをお兄ちゃんとか許せねえ!』『シェフをお兄ちゃんと呼べるのは俺だけだ!』とか言って…(クスクス)」

なんて事もおっしゃる!(驚愕)

CBさん…それ『言っちゃいけない』やつ…_| ̄|〇













続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-06 06:20 | ペリーニ アダージオ

Ole You Know!(4月5日の走行)

b0136045_02430724.jpg

風に誘われて…というか…『もういい加減サイクリングしないと色々とヤバい…』って事で(汗)3月17日以来となるサイクリング(恥)に行って参りましたよ昨日!

上の写真は昭代橋からCRを俯瞰したもの。

入間川沿いの桜が中々良い感じみたいですぞぉ〜♪





































b0136045_02430751.jpg

近寄ってみての写真…。

うん、中々に綺麗です♪
































b0136045_02430816.jpg

一昨々日だかに東京では満開宣言が出されたみたいですが…狭山市ではまだみたい…満開まではいかない感じ…。

でも…十分に綺麗でしたよ♪



































b0136045_02430820.jpg

寄って撮ったらこんな感じでした♪




































b0136045_02430981.jpg

豊水橋手前の桜はこんな感じ。

今週末位が満開ですかね?




























b0136045_02431027.jpg

昨日のサイクリングは『いつものコース』でした。

桜並木は見たかったものの、さすがに川っぷち(CR)は飽き飽きしていたので(笑)山…というか丘(恥)を走りたくて『いつものコース』にした次第。

途中幾つかの所用を果たしました。

『ただ遊んでいただけ』ではないんです!

































b0136045_02431054.jpg

まず…狭山市駅向こう側の歯医者さんに予約を入れに寄り…




































b0136045_02431018.jpg

次に…豊水橋から一般道に出てちょっと行った辺りにあるドラッグストアで『今度自分がやる行事に使う可能性のある品』を軽く物色し…
































b0136045_03290498.jpg

更に『畑不動尊手前のいつも楽しみにしているしだれ桜』をチェック!

うん…まだ全然でしたね…





























b0136045_03290433.jpg

『桜のチェック』といったらこちらも欠かせませんね。

『榎峠手前の5本桜』もチェーック(笑)

こちらも『まだ全然』でしたね…


































b0136045_03290470.jpg

帰路に入間のジャス◯に寄って散髪。

この後本当は『入間のソフトバンク』『狭山市の百均』と回りたかったんですが、ガーミン(サイクルコンピュータ)の電池があと7%しかなかったもんで、多少遠回りはしたものの直帰しました。

そして…


































b0136045_03290524.jpg

帰ったら帰ったでパスタ作り!

一昨日3度目のチャレンジをした『タコの溺れ煮』の残りをパスタに和えただけなんだけど…中々旨かったぞい♪

『果たせなかった用事』もあったけど『この日果たしたかった用事』は大体済ませました!

色々と満足なサイクリングでした♪
































b0136045_03290532.jpg

サイクリングしながら色々やれちゃうOle You Know!

じゃなくて…俺有能♪

『Ole You Know』って何かと思っていたら…『俺有能』に掛かるダジャレかよ!?(呆れ)

































b0136045_03290547.jpg

…ってゴメン…。

本当は俺無能なんだ…。

どっちだよ!?(また呆れ)
































b0136045_03290629.jpg

いや…ホント無能なんだ…。

さっき書いた『行事の品の下見をしたドラッグストア』でRuntastic Road Bike(iPhoneのサイクルコンピュータね)を一旦止めたんだけど…それの再開を忘れた…忘れてしまった…。

そこからかなり行って

「そういえば…今日『Runtastic Road Bike』おとなしいな…」

と思って(Runtastic Road Bikeは30分毎と10km毎に喋るのだ)その瞬間ピギャッと叫んで、超〜慌てて停車してiPhoneを取り出しておそるおそるRuntastic Road Bikeを見てみたら…

































b0136045_03290627.jpg

やっぱりだ…。

『停止』のままになっている…(哀)

この時点でのガーミンの走行距離が20km位だったので『ロスした走行距離』は15km位という事に…。

『15kmもロス』とか…嫌すぎ…氏にたい…_| ̄|〇































b0136045_03290642.jpg

『氏にたい…』の時の漏れの顔ね…。

こん時はホントもう絶望で氏にたくなりました…。

更に…その夜…



































b0136045_03290714.jpg

『新聞を契約してしまう』というチョンボまでやってしまった…何たる無能っ振り…(哀)

『タコの溺れ煮パスタ』つつきながら白ワイン(いつものチリワイン←笑)やらハイボール(もっちブラックニッ◯の←笑)やら飲んで『逃げ恥』観ていたら(3周目←笑)かなり酔っ払って(笑)それでグダッと寝てたらチャイムが鳴って、そんな状態だったから反射的に玄関に出たら新聞屋さんがいて…。

拡張員だったら一瞬で断わっていたとこなんだけど(漏れは新聞拡張員が嫌いなのだ)正規の配達員だったので話を聞いてしまった…漏れも昔新聞奨学生やっていたからつい…。

『お米6Kgと洗剤沢山貰って3ヶ月の契約』だから『実質1ヶ月ちょい分はタダ』って事になるんだけど…『2ヶ月分の六千円程度』は払う事になる…新聞なんかいらないのに…(哀)

酔っ払っていたとはいえ契約は契約だからおとなしく3ヶ月はとるけど…『ちょっとやられた』って感じ…。

何故って…






























b0136045_03365580.jpg

このお米…『普通のお米』なんだもん…。

せめて『無洗米』ちょうだいよ読◯新聞さん…。

後悔しているのが『そこ』とは!?(締め呆れ)













おしまい…。
(昨日は新聞屋さんに「券とかいらないですよ!貴方の人柄を見込んで新聞とる事にしたんですから(笑)」とか偉そうに言ったけど…やっぱ何か券貰うか…美術展とかの…それ観に行ってついでに『ペリーニ アダージオ』にも寄れば『良い休日』って事になって『新聞2ヶ月分約六千円』もそんなに痛くはなくなる…のかなぁ…?)
# by shousei0000 | 2017-04-06 03:35 | アヴァン 走行

初ディナー! その4。

今更だが…『今作の登場人物』をちょっと紹介しよう…。

写真付きでいくでー!

『写真付き』って事は…『CBさんとやらの生写真が公開される』って事か!?










































b0136045_13593470.jpg

いや!そうはいかねえ!『イメージ写真』だ(笑)

左から順に

漏れ(スーパーニッ◯www)

CBさん(国産鷹の爪)

イケメンシェフ(オリーブオイル)

イケメンウェイターさん(イタリアンハーブソルト)

となる(笑)

漏れをスーパーニ◯カに見立てた理由は…分かるな…『スーパー◯ッカは漏れの全てだから』だ(笑)

CBさんを鷹の爪に見立てたのは…『小粒だけどピリリと辛いから』…。

あの人時々毒吐くからな…『ピリリと辛い』じゃなくて『ビリビリと辛い』って時もあるからな…(色々と思い出し汗)

イケメンシェフをオリーブオイルに見立てたのは…『まんま』な(笑)

『BOSCOの安エクストラバージンオリーブオイル』が今ではすっかり我がアパートの定番…『ちょっと良いエクストラバージンオリーブオイルを指向した時期』もあったけどそういうのは高くて高くて…(恥)

イタリアンハーブソルトをイケメンウェイターさんに見立てたのは…『苦肉の策』(笑)

『イタリアンっぽい調味料』がパッと思い付かなくて『イタリアンハーブソルト』で済ませてしまった…今から思えば『バルサミコ酢』って手もあったんだな…。

それでは改めて『今作の登場人物の紹介』をいく…。















































b0136045_14302127.jpg

<今作の登場人物の紹介>

☆小生(左端 スー◯ーニッカwww)
『47歳の2月頃』に突如イタリアンに目覚め(主にパスタやけど←笑)『48歳のほぼ全期間』を狭山市の安アパートでイタリアン作りに費やし(主にパスタやけど←笑)『48歳の1月』に念願の『ペリーニ アダージオ初訪問』を果たし(CBさんのおかげ←笑)『49歳の3月』に遂に初ディナーに乗り出した『変なイタリアン好きおぢさん』である(笑)

☆CBさん(左から2番目 鷹の爪)
『小粒だけどピリリと辛い』…というより『小柄で可愛らしい人だけど怒らせるとかなり怖い人』である…(色々と思い出し汗)
『1月のペリーニ アダージオ初訪問』の時は尻込みする漏れ(恥)を尻目にイケメンシェフにグイグイと切り込み(笑)結果『イケメンシェフとの良好なコミュニケーション』を図らせてくれた…感謝している…。
そして今回も…(含み笑い)

☆イケメンシェフ(左から3番目 オリーブオイル)
文字通り『イケメンシェフ』(笑)
漏れの憧れの人物…(照れ)
イケメン振り、立ち振る舞い、雰囲気、声の調子、笑い方、料理の腕、社会性等々、まさに理想の人物…漏れもこんな風に生きてみたかった…(さめざめ)

☆イケメンウェイターさん(右端 イタリアンハーブソルト)
『ペリーニ アダージオのウェイターさん』なんだけど…『ちょっと謎な人物』…。
『ただのウェイターさん』ではない…単なる給仕係にしては『酒や料理への造詣』が深過ぎる…。
『いずれば自分も独立するつもりでイケメンシェフの元で修行をしている人』なのか…分からない…。
ちょっとクールな感じの方なので『ヘラヘラと無駄口叩いてアプローチしていく雰囲気』になりにくい…でも…『聞かれた事には的確に明確に答えてくれるポテンシャル』は存分にある…。
実は…『次のターゲット』が『この人』なんだよね俺(笑)
イケメンシェフとはCBさんのおかげで結構仲良くなれたから?次はこのイケメンウェイターさんともうちょっと距離を縮めたいんだよね俺…(照れ)
CBさんにそういう想いを小出しに伝えるとグイグイ突破口を開いてくれるもんで(笑)実はおいらCBさんに『イケメンウェイターさんラヴな情報』を少しずつリークしています(笑)















































b0136045_14302234.jpg

『登場人物の紹介』は終わった…。

そして…これが『各登場人物の当日の位置関係』だ!

何この訳分からない写真!?(締め呆れ)
















続く…(夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-03 14:29 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その3。

b0136045_21514275.jpg

『こういう絵』をまた書こうと思っていた…。

3月28日に『ペリーニ アダージオ』で初ディナーした際の見取り図?を書いて『今朝の投稿に挙げた写真の意図』を説明したいと思っていた…。

でも…書けんかった…今日は時間がなくて…(哀)

しゃ〜ないから『今朝挙げた2枚の写真』で説明させて頂く…。

『絵』については…いずれまた書くかも(笑)










































b0136045_22370579.jpg

要はね…こういう事なんですよ…。

この写真に写っている女性はCBさん…白いヒールがお洒落ですね(笑)

それはともかく(笑)CBさんは『手前側』に座っている…『奥の壁際の席』に漏れが座った…。

これは『何となくそうした』のではないのだよ…テーブルに座る事を決めた瞬間ピピンと閃いてこの位置取りにした…。

イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の面前のカウンターではなく敢えてテーブル席にしたのは一応『配慮』…。

同行者(CBさん)がいるのに自分がシェフの料理姿見たいからって(笑)カウンターに座るなんて『自分本位な感じ』じゃないですか?

それにいきなりシェフの面前に座る程『ペリーニ アダージオ』にまだ通えてないようにも思う…。

要は『CBさんとイケメンシェフへの配慮からカウンターを回避した』って事…漏れは自分本位になると結構やりたいようにやってしまう悪い癖がある…諸君らに於かれては『1月19日のコース会食後の都心2時間彷徨事件』を思い起こされたい…(恥)

だから今回はテーブル席にしたのだが(長い説明でスマソ←笑)それでも『イケメンシェフの料理姿を見たい』という気持ちが無いといえば嘘になる…距離があっても離れていても『イケメンシェフがフライパン振ってる姿』とかちょっとでいいから垣間見たい…。

それでまあ…『この位置取り』にしたんだよなぁ…。







































b0136045_22370610.jpg

説明が長くなったから(笑)もう一度同じ写真を載せる!

漏れの席(この写真では空席)の背後には何もない…ただシャレオツ壁(笑)があるだけ…。

その一方で…CBさん(白いヒールがお洒落←笑)の背後には『あれ』がある…。

『あれ』とは即ち…









































b0136045_22370673.jpg

シャレオツカウンター(笑)

つまり…『CBさんの位置からはシャレオツカウンターが背後になっているが、漏れの位置からはシャレオツカウンターが見渡せる』という事!

距離があるから『イケメンシェフの料理姿』を詳しく見る事はできないが、『カウンター内でイケメンシェフが何かをやっている姿』位は見て取れる!

『イケメンシェフなりイケメンウェイターさんが料理を持ってくる姿』も把握できる!

1月19日の初コースの時は『イケメンシェフの給仕進路が漏れの背後からになっていた』ので『CBさんに先手を取られっぱなし』だった(笑)

この件は以前『ラーメン! つけ麺! 僕イケメン♪』シリーズに書いたからもう詳しくは書かないけど(笑)

>気付いた時にはイケメンシェフが背後にいて、それに先に気付いたCBさんがやいのやいの言って漏れ赤面…。

という場面が何度かあった…。

今度は『その逆』になる…。

給仕進路は『漏れの正面から』で『CBさんにとっては背後から』になる…何たる万全の布陣(笑)

「これなら『CBさんに先手を取られる事』も『CBさんやいのやいの言われ事』もあるまい♪」

とほくそ笑みながらドッカリとその席に座ったのだが(笑)そんな『不利な状況』であるにも関わらず、CBさんはその後の展開の中で『先手を取り続け』『やいやいの言い続けた』のであったのであ〜る(締め笑い)














続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-02 22:35 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その2。

ちょっと間が空いてしまったが…『ペリーニ アダージオ』での初ディナーの模様を綴る本シリーズの『その2』をお届けする。

実は一昨日の夜勤明け(3月31日)にまたまた『ペリーニ アダージオ』に行ってしまった(笑)

『7度目の訪問』という事になる…伺った時間帯はランチタイム…その目的とするところは『打ち合わせ』…。

4月下旬にCBさん(女子♪)とまた『ペリーニ アダージオ』に行く事になった…その際の『プチコース』についてイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)と打ち合わせをさせて頂いた…。

今回の打ち合わせでは訳あって『こちらからのリクエスト』をかなり入れさせてもらった。

『プロのイタリアンシェフを前にイタリア語を駆使してリクエストする自分』に酔いしれた♪

あ、いや、嘘だ『イタリア語』なんて一言も言っちゃいねえ…『イタリア料理の名前を幾つか言っただけ』で…(恥)

『ちょっと面白いコース』になりそう…いずれ時が来たらまた告知する…。

それはともかく…











































b0136045_09011609.jpg

『先日の初ディナーの話』をしよう!(汗)

3月28日18時6分、漏れとCBさんはここ『ペリーニ アダージオ』に到着した。

18時で予約して17時45分に赤羽橋駅地上口に集合のつもりだったのに『漏れが遅刻した』…(恥)

先に着いたCBさんから

「何か…前に待ち合わせた地上口と風景が違うんだけど…」

と電話が入ったけど地下鉄車内だったから騒音が結構あってうまく指示できなかったり(結局事なきを得た…逆の出口に出てしまっていたもの)赤羽橋駅に着いたところで『ペリーニ アダージオ』に『ちょっと遅れますコール』をしたら、電話に出たイケメンウェイターさんに

「わざわざご丁寧にありがとうございます」

と言われて照れたりと(笑)まあ色々とあった。

CBさんと合流して

「遅れてスマソ!」

と平身低頭し(笑)急ぎ足で『ペリーニ アダージオ』に向かってとりあえず撮ったのが上の写真!

遅刻しても急いでいても写真は撮るのであ〜る(笑)













































b0136045_09011787.jpg

間接照明?に浮かび上がる花を見やりつつ店内へ…。

「何か…いつもと雰囲気が違う…」

と感じたんですが、そら違いますよね『昼と夜』なんですから。

漏れがここまで訪れた5回のペリーニ アダージオ行はいずれも『昼』…今回は『夜』…そら雰囲気も違いますわな(笑)

当たり前の事なのにそこに考えが至ってなくてビックリしちゃった(笑)









































b0136045_09160378.jpg

そして店内へ…うん…やっぱ雰囲気が違う…。

昼間は地下なのに燦々と陽が入っていて明るい店内が今日はほの暗い…照明が悉くお洒落…。

何よりの違いは『イケメンシェフがカウンターにいる事』…やはりディナータイムはイケメンシェフが客の面前で料理を作るのだ…。

えっ?何ですか?

「て事は…あれか…」

「あんたいけ図々しく『シェフの面前のカウンター』に座ったんだろう?『シェフを独占♪』『阻止!』とか、アイドルヲタクやってた時代に覚えた変なギャグとかやったりしたんだろう?」

ですって?

それは…それについては『そうではないと証明する明確な写真』があるからそれを今載せておく…説明は時間がないから『また夜にでも』な…。

それでは…『証明写真』をいく…








































b0136045_09160397.jpg

こちらがその『証明写真』…ご覧の通り漏れとCBさんは『テーブル席』に座った…。

実はこの位置取りにしたのには深い理由があるんだけど…何しろ電車が職場駅に着いてしまったので(笑)今はこれで一旦切ります…。













続く…。
(『ペリーニ アダージオの店内写真の撮影許可』と『CBさんの写真の掲載許可』はちゃんと受けています…念の為…)
# by shousei0000 | 2017-04-02 09:14 | ペリーニ アダージオ

初ディナー!(3月28日の『ペリーニ アダージオ』初ディナー!通算6回目の訪問)

b0136045_08532182.jpg

てな訳で…行って参りましたよ!『ペリーニ アダージオ』の初ディナーへ!!

例によって『ペリーニ アダージオ』のホームページから画面キャプチャーを挙げさせてもらった。

コース料理は『5500円の』と『8500円の』があるんだけど、今回は初ディナーという事で『8500円の』を奢らせてもらった…ドヤ!?(笑)

中間に『7000円の』もあるんだけど…これは『4名様から』なんだよね…『Tボーンステーキをセコンド(メイン)にするコース』だそうな…。

3人の同行者を募ればこの『7000円のコース』を堪能できるんだけど、友達の少ない漏れ(恥)は『同時に3人誘える友達』なんていない…拙ブログに何度か登場させている『ダチ』と『潜友』を同時に動員できたとしても『あと1人足りない』からなぁ…。

『友達が少ない件』は一旦置いておいて(恥)『昨日の初ディナーの件』に移行させて頂く…。

と…その前に…












































b0136045_08532264.jpg

拙ブログのカテゴリーに『ペリーニ アダージオ』を追加させてもらった(笑)

これまでは『食事』というカテゴリーで綴ってきたんだけど、これだけドハマりしているんだから(笑)単独のカテゴリーがあってもいいと思い昨日設定致しました(笑)

これからは『訪問回数のナンバーリング』なんかもしていく…この投稿のタイトルのカッコ内に挙げたのがそう…。

このナンバーリング何回まで伸びていくんだろう…。

『20回目の訪問』になった時は…それをイケメンシェフ(東條吉輝ジェフ)に伝えて記念に何かサービスしてもらおっかな♪(何でだよ!←呆れ)










































b0136045_09035592.jpg

昨日の投稿にも書いたけど…今回はメニューの説明を聞き漏らすまいと『iPhoneのICレコーダー』で録音したので(笑)その分変な話だけど『料理の記憶』が薄くなった…レコーダー内の音声を聞き取りしてデータベース(安手帳←笑)に文字として起こさないと『料理の仔細』を書けそうもない…(恥)

だから…とりあえず『イケメンシェフとの濃密なやり取り』から書かせて頂く…同行してくれたCBさん(女子♪)が今回も大活躍してくれた(笑)

例によって話があちこち飛ぶと思うけど(恥)今回も宜しくお付き合い下さいませ♪











続く…。
# by shousei0000 | 2017-03-29 09:02 | ペリーニ アダージオ

ラーメン! つけ麺! 僕イケメン♪ 後記 続き。

b0136045_23042552.jpg

『ペリーニ アダージオに於ける2度目のコース料理会食』無事終了!

今回も楽しかった…CBさん(女子♪)の好アシストでイケメンシェフと濃厚に絡めた(笑)

今回は各料理の説明を聞き漏らすまいと『iPhoneのICレコーダー』を使ってみた(笑)

でも…これやると甘えが出て『自分の頭で記憶する』というのが疎かになる…ICレコーダーの音声聞き直さないと『今日食べたコース料理の記憶の再現』が全くできそうもない…(恥)

まあそれはともかく…
















































b0136045_23313713.jpg

『1月19日の話』をもうちょっと続けます…(恥)

2時間に渡る都心彷徨(恥)を経て『赤坂迎賓館』の外観だけ見て(恥)『次なる目的地』に移動致しました。

因みに…この『2時間に渡る都心彷徨』については、後日CBさんから控えめにではありますが苦言を頂戴致しました…(大恥)

で…『次なる目的地』とはどこかというと…














































b0136045_23313874.jpg

ここだ…。

TBSテレビ本社の『赤坂サカス』とかいうところ…。

来た理由は簡単で『逃げ恥のご飯茶わん』が欲しかったから…。

前にそんな事書いたじゃん?

>『リラックマのご飯茶わんとローテーションで使い分けるもうひとつの茶わん』として『逃げ恥に出てきたっぽい茶わん』が欲しい。

てな事を…まあぽまいらはもうそんな事は覚えていまいが…(恥)

『逃げ恥』の放映局であるTBSに行けば『逃げ恥グッズコーナー』みたいのがあって『逃げ恥茶わん』があるかもと思い足を運んだ…2時間に渡る都心彷徨(恥)の後だったからさすがにタクシーを使った…。

しかし…『逃げ恥』の放映は既に終わっていたので(1月19日ですから…)『逃げ恥グッズコーナー』なんてものはなく、『逃げ恥』に関する幾つかのグッズはあったものの『ご飯茶わん』はなかった…何の為に来たのか…_| ̄|〇

この後CBさんと軽く飲んでバイバイしたのだが、2時間に渡る都心彷徨(恥)の疲れやそれを申し訳なく思う気持ちもあり『飲みの席の雰囲気』はぎこちないものになった…あん時はいたたまれなかったぜ全く…(恥)

そんなんがあったのに今日また『ペリーニ アダージオ』に付き合ってくれたCBさんにはホント感謝の言葉しかない…。














































b0136045_23395791.jpg

CBさんと別れた後通り掛かった『乃木坂』の駅…。

電車の発車案内のチャイム?が乃木坂46の『君の名は希望』でメッチャ昂まった(笑)

メッチャ昂まったのだが…その前の『2時間に渡る都心彷徨』や『ぎこちなく終始した最後の飲み』の記憶が生々しく(恥)あまり昂まらなかった…。

昂まったのか昂まらなかったか…どっちだ!?(呆れ)












































b0136045_00163604.jpg

『後日談』をちょっとだけさせて頂く。

上の画像は『逃げ恥に出てきた茶わん』だそうな。

これを手に入れたかったけど手に入れられなかったのはさっきも書いた通りなのだが…

















































b0136045_23444966.jpg

その数日後御徒町のシャレオツショッピングモール『2k540』で『逃げ恥の茶わんに似た茶わん』をハケーン(笑)

もっち即ゲト(笑)

『本物の逃げ恥の茶わん』である必要はない…『逃げ恥の茶わんに似た茶わん』で十分…その当時はまだ漏れは『逃げ恥』を観た事がなかったのだから…。

「柄と雰囲気だけ似てればいいじゃん♪」

と気楽な気持ちでゲトしました(笑)






































b0136045_00163634.jpg

『逃げ恥の茶わんに似た茶わん』と『リラックマの茶わん』のツーショット(笑)

「これで『リラックマ ダイエット』(米飯を軽めにするダイエット)は完璧だ♪」

とほくそ笑んだんですが…3月の上旬だかに割ってしまいましたよ『逃げ恥の茶わんに似た茶わん』…。

洗って水切りに伏せておいた『逃げ恥の茶わんに似た茶わん』をテーブルに置いて干す為に(漏れはいつもそうしている)水気を切ろうと振ったところ(漏れはいつもそうしている)手が滑って床に投げる形になった…。

砕け散った『逃げ恥の茶わんに似た茶わん』を前にマジで氏にたくなった…だから『割れた茶わんの写真』は無い…いつもならそういうの撮っておくんだけど(笑)その時はそんな気力が湧かなかった…。

かようにして短命に終わった『逃げ恥の茶わんに似た茶わん』であったが…今の漏れには『それを痛切に悲しむ気持ち』は最早無い…『逃げ恥の茶わんに似た茶わん』は失ったものの『逃げ恥そのもの』をゲトしたのだから…。

そう…






































b0136045_00525921.jpg

TBSのオンデマに加入する事で今の漏れは『逃げ恥』見放題(笑)

既に全話観て『今2周目』だよ(笑)

『茶わん』なんかなくても『キャワワなみくりさん(ガッキー)が見放題』だから問題無し(笑)








































b0136045_00525925.jpg

『逃げ恥』第7話でハグをするみくりさんと眼鏡野郎(笑)

アイスワイン(糖度の高い甘いワイン)を飲んで昂まった上での行為に漏れドキドキ(笑)

因みに…このシーンから敷衍して、今日(もう昨日だが)『ペリーニ アダージオ』でデザートワイン頼みますた(笑)

この後…大変な事が…




























b0136045_00525936.jpg

みくりさんが眼鏡野郎(笑)に

「私…いいですよ…」

「貴方となら『そういう事』しても…」

とドッキンな事を言う波乱の展開!

それを観た漏れは…






























b0136045_00530059.jpg

「ちょ!みくりさん!」

「『そういう事』って…どういう事ォー!?」

「みくりさん、眼鏡野郎と何する気なのォー!?」

と口を尖らせて大抗議(締め笑い)











おしまい。
(明日から『昨日の2度目のコース料理会食記』を書く…まだまだ当分の間拙ブログは『ペリーニ アダージオ』から離れられそうもありません←再締め笑い)
# by shousei0000 | 2017-03-29 00:51 | 食事