遂にやって来た、かわいいあんちくしょう! 最後。

b0136045_2195130.jpg

はい、え~朝からの続きですが、遂にやって来ました!『革良いあんちくしょう』が!(2回も言うな!)

つまり…革サドルです♪

まあ前回の末尾でこの写真を見た方の中には

「あ~あ…こいつま~た革サドルやっちゃったよ…」

「まあでもあれだろ?貧乏なてめえの事だから、ソーセージ号(笑)の時にも使用した『ブルックスB17 スタンダード』辺りだろ?」

と思った方もおいでかもしれません。

しかし…だ…



b0136045_2195236.jpg

B17じゃないぞー!

サイドを抉ってシャープに作られた『ブルックスB15 スワロー』だぞー!

フフフ、フラッグシップモデルだぞーッ!!!



b0136045_219547.jpg

以下挙げる画像は全てブルックス社のホームページから採った物だが、iPhone画面のキャプチャーだから、ちと見ずらいかもしれないね…。

そこはまあ我慢してもらうとして話を進めていくが(我慢させるなら一々断るな!)こちらの画像が『B17 スタンダード』です。

ブルックスのサドルとしては一番オーソドックスな物で、発売100年を経た今になっても、ランドナーやスポルティーフの方々に愛されています。

因みに定価は9555円だそうです。



b0136045_2195450.jpg

こちらが今回購入した『B15 スワロー』です。

B17に比べるとサイドの革が抉れていて、スリムなボディーになっているのが分かるでしょうか?

「フェルーカは『ミニベロスポルティーフ』を目指している…しかも全体に可愛くて華奢な造りだ…だからぼってりとしたB17じゃなくてB15だな…」

と思って、このサドルをセレクトしました♪

因みにお値段…



b0136045_2195535.jpg

25725円!!!

なななな、何て高いんだ!

しかも使っている革の量はB17よりB15の方が少ないというのに…。

「『革の量が少ないのに高い』って事は…B15はきっと良い革を使っているのだろう…」

と思いこのタイトル(『遂にやって来た、革良いあんちくしょう!』の事ね)を思い付いたんですが、果たして本当のところはどうなんでしょう?

まあそんな訳で、B15スワローはブルックスの中で一番高いフラッグシップモデルなんですが、上には上がございまして…



b0136045_2195645.jpg

こんなんもあるぞー!

『B15 スワロー チタニウム』だ!

『チタニウム』ってのは『レールがチタン』って意味でそれだけ軽量化されてはいるんだけど、お値段53655円ってのは一体何なんだろうね?

さすがにおいらにゃ~無理ですわ(笑)



b0136045_2195730.jpg

余談をひとつ…。

この画像のサドルに打ってある金属の鋲なんだけど、今まで挙げてきた物に比べて大きい事が分かるだろうか?

ブルックスマニアの間ではこの大きな鋲の方が『職人がひとつひとつ手で打ち込んだ』『ハンマーの打ち方次第で微妙に形が違う』とされていて高評価なのだが、小生はこの鋲はあまり好きでないので(何で?理由は?←でかいから…←意味分かんねー!)機械打ちしかないB15にしたって経緯もある。

ブルックスをつかう奴って、ホント色々とうるさいですよね~!(おまえもな!!)



b0136045_2195840.jpg

B15を装備したフェルーカの雄姿!

茶色でスリムなB15は、細身でちょっとチャラチャラしたフェルーカに良く似合う♪(異論は受付けません!←断言)

カラーの方も敢えて『ハニー』ではなく『ブラウン』をチョイスしたのがあたったね~♪(異論は受付けません!←断固断言)



b0136045_2195919.jpg

ただ…このサドルにこのサドルバックは無理な様だ…(似合わない様だ…)

予想はしていたけど、やっぱブルックス純正の革サドルバックを買わなきゃならないのかなぁ…?

でも…あれがまた高いんだなこれが…(鬱)



b0136045_2110025.jpg

以上で本稿は終わりです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました!

本当はこのサドル購入の経緯とかもっと詳しく語りたいんだけど、それやってたら他の話が全然書けないので、また別の機会に譲りたいと思います。

じゃ、みんな、バッハハ~イ♪
(21時05分地元駅にて…因みに『残業』小一時間…←鬱哀)



おしまい。
(この日の走行距離…70.9Km 月間走行距離…221.9Km)
by shousei0000 | 2011-06-25 21:09 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shousei.exblog.jp/tb/15829971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< あき様にお会いした時の事…その3。 遂にやって来た、かわいいあんち... >>