あき様にお会いした時の事…その18。

b0136045_1428213.jpg

とまあそんな訳で、小生このあき様のKona2号に乗せてもらったのでした。

といっても、所詮はクリートも嵌めずに(あき様の愛車のペダルがSPDでないのは当然の事)数百mを行ったり来たりしただけですから、その性能やらポテンシャルやらを感知できよう筈もありません。

それでもふたつの面白い発見があったので、それについて書かせてもらいます。


★あき様の愛車の魅力 その① ブレーキが…イイ!

数百mを行ったり来たりした中、まず感じたのがこれでした。

あき様の愛車には105のブレーキが付いていたのですが、これの効きがやんわりとマイルドでよかったのよ!

小生はこの日フェルーカでサイクリングをしていた…フェルーカのブレーキはティアグラで(但し、ロゴは『SHIMANO』とあるのみ←笑)ブレーキパッドのみ105という編成になっている。

ブレーキパッドが同じなだけに、ブレーキ本体の違いが鮮明になるところ…。

で、その違いはというと…



b0136045_1428339.jpg

くそう…ま~たいいとこで職場駅だ…。

また明日帰りに書くよ…今から夜勤入りなもんで…。

しかし…今日はやらなきゃならない事が一杯ある…。

明日何時に帰れるんだよ漏れ…(鬱)



続く…。
by shousei0000 | 2011-07-15 14:25 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://shousei.exblog.jp/tb/15946762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 三日坊主 at 2011-07-15 14:34 x
ブレーキなんぞ、ガツーンと効いたほうがいいのかと思ってましたよ、とカンチブレーキなチャリのモンが書いても説得力ないですねぇ。

オートバイでは一般にステンメッシュホースを使うことで力が逃げずにリニアな効き具合を実現するらしいですが、自転車ではコレに相当するのがケーブルのワイヤとその鞘?だと思います。
ところがあんまりコレについて検討されてなかったり、比較も見当たらないんですね。
こういうのって剛性とか、パッドの特性とか影響すると思うんですが、何を根拠にソレにするのかとっても興味のあるところです。
フランス語ですが、そういう比較しているところを参考に挙げておきます。
ttp://www.rouesartisanales.com/article-53429199.html

とカンチブレーキなチャリのモンが書いても説得力ないですが…


<< あき様にお会いした時の事…その19。 あき様にお会いした時の事…その17。 >>