忍法偽走行 冬の陣 その3(笑)

b0136045_810954.jpg

さてさて前回からの投稿からの続きですが、前回の投稿の中でしこたま触れた通り(笑)昨日の『偽走行』は『フル厳冬期装備』を以って行われました。

そしたら早速

「『フル厳冬期装備』にしててよかった…」

と思う状況が現れました。

上の写真を見て下さい…。

これは自宅を出て確か4〜5Km位の場所なんですが、ご覧の通りの『日陰』なんです…自宅からここまでずーっと『日陰』なんです…。

この『日陰地帯』は阿須運動公園辺りまで続きました…なまら寒かった…。

最近『いつものコース』なんて全然走ってなかったし(『いつもは行かないいつものコース』ですから…←自嘲)サイクリングはしてたとはいえ自宅を出るのが『10時過ぎ』とかになりがちだった漏れは

『朝早い時間は場所によっては日陰が連続する』

という事をすっかり忘れていたのです…。

もし『フル厳冬期装備』で来ていなかったら…漏れは『日陰』からくるあまりの寒さに早々と根をあげてしまい、仏子駅の踏切を越えた先の信号を左折して『音大坂』を登ってさっさと帰宅していかもしれませんね…(ダメ過ぎだろうがその走行!←呆れ)







































b0136045_810949.jpg

道中点描…。

この写真はあの『白井クン』で名高い青梅第七中を過ぎた辺りで撮ったものなんですが(『白井クン』を知らない人は『白井クン 青梅第七中 アクアライフ』で検索してみて←笑)いつもの写真と何だか違う感じが致しませんか?

『違和感』っつーか『不思議な感じ』っつーか…そういう気分に襲われませんか?

実はこれ『振りかえって撮った写真』なんです!

久々の『いつものコース』だったもんで(『いつもは来ないいつものコース』ですから…←また自嘲)やや浮かれた漏れはあちこち気になるところでアヴァンを停めて(これ大事!←強調)写真を撮りまくっていたんですが(笑)この場所で振り返ってみたところ

『小山の狭間に寄り集まる成木の集落…』

みたいな画(え)が見えて

「こりゃいいや♪」

と思って写真を撮ったんです。

アヴァンを停めなければ振り返らなかった…振り返らなければこの画も見なかった…当然この写真も撮れなかった…。

まあこの写真が『そんなにまでして言う程のものか?』という議論はやめてもらうとして(笑)進むのを一旦やめた事で今まで気付かなかったこうした光景に出会う事ができたのですから(註:漏れは『いつものコース』を逆走する事は滅多にない…だからこの光景も『殆ど初めて見た』と言っていい…)暫く前の投稿に書いた事じゃないけど、やっぱ写真を撮る際の『降車する勇気』というのは必要だなぁと思いました。

以前と同じ『走りながら撮り』をしてたらこの光景には一生気付かなかったかもしれませんからね…。

何事も『一期一会』ってやつです…『フォレストガンプ』ですよ…。

まあこの写真が『そんなにまでして言う程のものか?』という議論は絶対的にやめにしてもらいたいと強く願いますが…。

光景はともかく写真の出来については『大した事ない』と分かっているのね…(締め呆れ)













続く…。
by shousei0000 | 2014-12-19 08:09 | アヴァン 走行


<< 忍法偽走行 冬の陣 その4。 忍法偽走行 冬の陣 続き。 >>