忍法偽走行 冬の陣 その6。

さてさて昨日の投稿からの続き…ではありません…。

昨日の投稿は『スタッドレスタイヤがどうの』とか『家電リサイクル法がどうの』とかな内容だけで終わってしまいましたからね…『偽走行』に何ひとつ絡む事なくきてしまいました…。

『偽走行』に話を戻しましょう…。

この前の投稿では『足を停めて撮った軍畑の鉄橋の写真が中々グ〜♪』みたいな話を書きました…折角ですのであと何枚か『足を停めて撮った写真』を披露致しましょう。

それでは早速スタート!




































b0136045_823286.jpg

分かってる…分かってるぞ…。

「この写真が…何?」

とおまいらが首を捻っているであろう事、おぢさんすっごく分かっているぞ…。

確かに『特にどうという事もない何でもない写真』なんだけど、漏れは今までこの『軍畑大橋を見降ろす場所』で足を停めようと考えた事があまりなかった…。

『あまりなかった』から殆ど足を停める事はなかったし、停めたとしてもこの視界からやや左手に見える『多摩川の渓流を想わせる光景』の方に目を奪われがちだった…。

そっちの方が『画として派手だから』ね…。

でも…この日はその『多摩川の渓流を想わせる光景が見える位置』をやや過ぎた辺りで停まった…停まったから軍畑大橋を含むこの光景が見えた…それを見て

「橋が入った方が背後の山の画が映える!」

と思った…。

そして…撮った…。

くどい様だけど『ながら撮りをしている頃』だったらこの光景には気付かなかったと思う…。

足を停めたからこそこの光景に気付いたのだ…。

ビジネスを舞台にするドラマなんかで

「いつも走ってばかりいると周りがよく見えないぞ!」

「たまには足を停めて周りをよく見てみろ…大切な何か…おまえを囲んでくれている仲間達の姿が見えるかもしれないから…」

てな台詞を吐く上司が出てくる事がありますが、この日の漏れはまさに『そんな上司に諭される部下』といった感じでした…。

足を停めたからこそ見える何か…確かにあるよね…。

走る事は常に正義ではない…一番早いランナー勝つとは限らないよ…。

『足を留める気持ちの余裕』…『降車する勇気』…そのどちらも大切な事だよなぁ…。






























b0136045_823352.jpg

まあとは言っても、だからってこの写真が『その証』って言うのには『無理がある』わなぁ…。

『画像としての価値』なんか全然無い写真だからなぁ…。

自転車雑誌の『僕の私のサイクル写真コーナー』とかに投稿したとしても、この写真が掲載される可能性は万に一つもないだろうからなぁ…。

まあ自転車雑誌に『僕の私のサイクル写真コーナー』なんてものがあるかどうか漏れ知らないけど…。

おまえも自転車乗りなら自転車雑誌位買えよ!(呆れ)

















































b0136045_823465.jpg

いやいやいやいや!

『自転車雑誌』なら買っているぞー!

とあるところで頂いたこの図書カード(上の写真参照)で買っているぞー!

『自分でも自転車の知識を深めたい』と思って、でも『ネットじゃ漫然としすぎている…』と思って、だから『時期時期のトレンドをまとめて紹介してくれるメディア』として自転車雑誌を暫く前超〜に々に買ったぞー!

この図書カードの残額があるうちは多分買い続けるぞー(笑)

多分あと三ヶ月は買えるぞ〜♪

三ヶ月経ったら買わなくなるんかい!(また呆れ)






































b0136045_823426.jpg

『足を停めて撮った写真』をもう一枚…。

御岳で多摩川渡って吉野街道に出て軍畑辺りまで来たところで撮った写真なんだけど、この辺りはそこそこ交通量があるし足を停める様な場所じゃないから今まで写真とか撮らなかったんだな…。

でも今は『降車する勇気ある漏れ』になったからこうして写真が撮れたんだな…。

成木界隈の山々と多摩川に挟まれた裾野に広がる軍畑の集落…中々綺麗な写真だと自分では思うんだけど、これも写真雑誌とかに投稿しても絶対掲載されないんだな…。

ぼ、僕はおにぎりが好きなんだな…。

何故ここで『裸の大将』が出てくる!(三度呆れ)






































b0136045_823545.jpg

あと一枚だけ『足を停めて撮った写真』を紹介させて頂く…。

場面は戻って『成木支所から松ノ木トンネルに向かう登り』の位置…。

木々に囲まれてちょっと薄暗くなっているこの場所に珍しく街灯が灯っているのを見て

「めずらしー!」

と思って写真を撮りました。

ここなんか絶対『足を停める場所』じゃないよ!

こんなとこで足を停めたら

「何でこんな坂で降りちゃうかな俺…_| ̄|〇」

と自己嫌悪に陥るとこ…。

でも今は『降車する勇気』があるからどこでも降りれちゃう(笑)

まあそれはそれで『問題である』と思いますが…。

えっ?何ですか?

「どこに街灯が灯っているかよく分かんねえ!」

ですって?

それじゃお教えしましょう…。





































b0136045_823642.jpg

ほれ…あそこに灯っとる…。

『降車する勇気』がなければぜってー撮れない写真♪

こんな写真降車してまで撮る必要ないから!!!(締め呆れ)














続く…。
(次で終わります…でも…多分今日は書かない…今夜はちょっと予定があるんですよね…うひょ〜クリスマスイブに『予定がある』とか漏れリア充みたい〜♪まあ『野郎との二人飲み』ですが…←締め鬱)
by shousei0000 | 2014-12-24 08:02 | アヴァン 走行


<< 新装備紹介!(12月25日の朝練) 忍法偽走行 冬の陣 その5。 >>