この道の彼方に…(3月20日の走行 続き)

b0136045_23504359.jpg

『幸せの黄色い道』という言葉がある…。

おまいら…知っているかこの言葉?

知る筈ないよな…漏れがそう呼んでいるだけなのだから(笑)

今時分入間川CRや荒川CRは菜の花が盛りで、その中でも入間大橋〜上江橋間の3Kmばかりは特に見事で(上の写真参照)その黄色く覆われた状態を指して、漏れはこの時期限定でこの界隈の事を『幸せの黄色い道』と呼んでいる…。

ここ3年程の間、漏れはこの『幸せの黄色い道』を見る事ができませんでした…。

『色々せわしくて自転車に乗れずにいた時期』だったからね…あと…『荒川CR下流線はあんま好きじゃないから来なかった』という事情もあったからね…(笑)

それだけに今日久々にこの『幸せの黄色い道』状態を見れてとても嬉しかったです…。



























b0136045_23504334.jpg

菜の花をアップにするとこんな感じ…ホント綺麗…。

えっ?何です?

「『幸せの黄色い道』ってのは…あれか?」

「去年逝去された大俳優、高倉健さんの代表作『幸せの黄色いハンカチ』と掛けたものなのか?」

ですって?

うん…まあそれもあるんだけど、実は『もうちょっと私的な理由』もあるから、今日はその辺の事を少しばかり語らせてもらおうか…。

今を去る事13年程前…介護職に転職したばかりの漏れは若い娘達(先輩介護士)に毎日怒られていた…。

物覚えが悪い上に失敗した時それを一々『これこれこうの事情がありまして…』と説明しようとするから、それが若い娘達の癇に障って、ますます怒られるという悪循環…。

「言い訳はいいです!」

とか言われてさ…ホント情けなかったよ毎日…。

そんな『周りは全て敵』みたいな状況の中、1人だけ漏れに優しくしてくれる娘がいた…。

当時彼女は22歳…因みに漏れは確か33歳とか…。

十(とう)も歳の離れたダメオサーン(笑)の漏れに彼女だけが優しくしてくれた…。

「小生さん…私でよければ何でも教えるのでいつでも遠慮なく聞いて下さいね」

新しい環境に中々馴染めず苦戦していた漏れに、彼女はそっとそう言ってくれたものだった…。

嬉しかったよホント…さりげない気遣いにマジで涙が出る位嬉しかった…。

その娘は小柄で童顔でさ…だから漏れは彼女を密かに『エンジェル様』と呼んで慕っていた…。

ところでだ…この『エンジェル様』は小柄で童顔なのに『オパーイが大きい』というけしからん身体をしていて(笑)それが『とあるTシャツ』を着ていると更に際立ってねえ…。

胸元が空き加減のTシャツだったんだ…だからそれ着て仕事していると『胸の谷間』ってやつがこうチラリと…。

「見ちゃいけない…『エンジェル様』なんだから…『エンジェル様のそういうとこ』見ちゃいけない…」

って漏れは思ったんだけど、そこはほら…漏れも『男』じゃないですか…。

だから『いけない!』『いけない!』と思いつつもどうしてもその白く柔らかそうな谷間に目が…(恥)

その『とあるTシャツ』というのが『黄色』だったもんで、いつしか漏れはそれを『幸せの黄色いTシャツ』と呼ぶ様になり、彼女がそれを着て仕事するのを心待ちにする様になったんだ(笑)

後に漏れは仕事を覚えて『怒られまくっていた若い娘達』とも仲良くなったんだけど、そんな若い娘達とのある飲み会の席で、漏れは件の『幸せの黄色いTシャツ』の話を皆にしたんだ…。

「あのTシャツ着てると嬉しくてさ…夜勤中に着てられたりするとソワソワしちゃって仕事が手に付かないレベルww」

てな感じに…。

その席には『エンジェル様』もいてさすがに苦笑されていたんだけど、周りの女子連がその話聞いて怒っちゃってさ…(註:勿論冗談でね)

「小生さん?可愛いUちゃん(エンジェル様の事)相手に何やってんの!そういう目で見ないでくれる?」

「大体『エンジェル様』って何?『エンジェル』に『様』まで付くとか、小生さんUちゃんの事どんだけ好きなの!?」

「ど〜せ私らは『がさつで強気な女達』ですよ!Uちゃんみたいに可愛くないし胸も大きくないしね!」

「てか…Uちゃん!あの黄色いTシャツもう着ちゃダメ!少なくとも小生さんの前でだけは着ちゃダメ!!」

「ていうか…副主任〜!小生さんとUちゃんが一緒の夜勤にならない様に勤務調整してくれます?小生さんUちゃんと一緒だと胸が気になって仕事手につかないらしいから!!」

とけんもほろろで…。

もう一度断っておくけど…若い娘達のこの怒りは無論『ジョーク』ね!

当時漏れには『彼女』なんてもんがいた上に『エロキャラ』で通っていたので、この程度のシモネタではみんなビクともしなかったのさ!

「ま〜た小生さんがシモネタ始めた…」

程度にしか思われなかったのさ♪

それはあんたがそう思っていただけなのでは?
本当は『セクハラジジイ』として密かに嫌われていたのでは!?(大呆れ)












続く…。
(日付を跨ぎそうなのでここで一旦切る…このまますぐに続きを書く…)
by shousei0000 | 2015-03-20 23:50 | アヴァン 走行


<< この道の彼方に…続き。 ただ**走る為だけに**走る走... >>