【不定期連載】カンパの事なら漏れに訊け! ホイール篇。

古のこの地に『完破繞路 存堕』(かんぱにょうろ ぞんだ)なる魔神在りけり…。

存堕剽悍にして八百万の神々を斬り従え、彼(か)の征くところ加護を求める詠唱の音(ね)満ち、鬼神すらオオオと咽び哭く…。

その音声(おんじょう)を耳にしたる神ならぬ身の人の子ら、何事が起こりたるか知る術を持たず

「すわ!天変地異の魁!?」

と恐れおののき、身を寄せあって厄災の刻が過ぎるのをただひたすらに待つしかなかったんじゃて…。
(埼玉県昔話 入間市篇 『存堕の章』より一部抜粋)

何なんだこの『日本昔ばなし』みたいのは!?

まあ…色々言わず最後まで付き合えやおまいら…。







































b0136045_21250189.jpg

それは5月26日の事でした…。

夜勤明けの眠い目を擦りながら(それでも『全力洗車』はやった←笑)『大換装』をしてもらうべくアクアをBPSさんとこに持ち込んだ漏れは、そこで我が愛車の次期ホイール『カンパニョーロ ゾンダ』についての『衝撃の事実』を告げられる事となる…。

それは『ギィィィィィーってゆわない(笑)』事…今のゾンダは『ギィィィィィー』なんて破壊的なラチェット音はしない…。

箱の中からゾンダのリアホイールを出したBPSさんはそれをからりと軽く回し

「ねっ?静かでしょう?」

「今のゾンダはこんなに静かに回るんです!よかったですね♪」

とおっしゃる…。

「いや!よかねえよ!!」

「漏れは『ギィィィィィーってゆうから(笑)』ゾンダに決めたんだぞ?それなのに『ギィィィィィーってゆわない(笑)』なんて…責任者出せ!!」

って詰め寄りたくなったね!

まあ…『嘘』だ(笑)

そんなにまでは思いはせんかった(笑)

ラチェット音がキツいと周りの人を驚かす事になっちゃうからね…だから『ギィィィィィーってゆわない(笑)』なら『それはそれでよし!』って思い直したのさ…。

でも…なんとな〜く『釈然としない気持ち』は残った…。

「ゾンダ『ギィィィィィーってゆわない』のか…ゾンダ『ギィィィィィーってゆわない』のか…ゾンダ『ギィィィィィーってゆわない』のか…ゾンダ『ギィィィィィーってゆわない』のか…ゾンダ『ギィィィィィーってゆわない』のか…ゾンダ『ギィィィィィーってゆわない』のか…ゾンダ『ギィィィィーってゆわない』のか…」

とちょっとだけ残念に思ったんだ…。

『ちょっと』じゃねえじゃん!
『メチャメチャ未練タラタラ』じゃん!(呆れ)









































b0136045_21484549.jpg

そして…5月30日の朝…。

『シェイクダウン!って程のもんじゃないけど…』な夜勤入り前の朝練(笑)に乗り出さんと、漏れは新装成った『2期のアクア』を路上に引き出した。

『ギィィィィィーってゆわない(笑)』と分かってはいても『CAMPAGNOLO ZONDA』とロゴが輝く真新しいホイールはやはり嬉しく、漏れはnynywktkしながら(笑)ウットリとそれを眺めたのだった。

そして…実走…向かいたるは『ブログ公園』…(笑)

その道中ゾンダはあくまでも軽くクルクルと回り

「これが『程々の価格だけどそれなりに良く回るゾンダ』の味…」

「『音』なんか正直もうどうでもいー!」

と漏れを大満足させたのだった(笑)

しかし…後刻…それは『高速域に入った時の事』だったんだけど(『高速域』ったっててんで大した事ないですよ…何しろ『糞アベレージな漏れ』ですから←笑)漏れはゾンダから『ある音色』が奏でられている事に気付いたのだった。

『その音声』は…『ギィィィィィー』…ではない(笑)

今のゾンダが『ギィィィィィィーってゆわない(笑)』のいい加減分かれよおまいら!!

だから『ギィィィィィー』とはゆわなかった(笑)んだけど…『その代わりに』…ってのも何なんだけど『オオオオオー』って音がした…。

『オオオオオー』ってゆうの(笑)『オオオオオー』って…。

『低い唸り声みたいな音』で『オオオオオー』ってゆう…(笑)

その音を聴いていたら、何か漏れ

「この音は…『遊牧民が朝な夕なに神に捧げる詠唱のよう』な…」

「或いは…『鬼の哭く声』…『青鬼の配慮で人間の友を得た赤鬼が、後にその事実を知って咽び泣いた声』が多分こんなであるような…」

って思ったんだ…。

朝もやのCRを駆ける『2期のアクア』…その足元から唸る様に響く『遊牧民の詠唱』『鬼の哭く声』即ち『オオオオオー』…。

それ耳にしていたら…何か嬉しくなっちゃった…。

「漏れのゾンダは『ギィィィィィー』とはゆわない(笑)けど『オオオオオー』ってゆう(笑)…これはこれで『ひとつの収穫』…何かかっちょえー♪」

ってね(笑)

それと共に…こんな事も思った…。

「これからこの界隈走るローディーさん方大変だぞ…漏れのゾンダが奏でる『オオオオオー』に悩まされる事になる…」

と…。

低く唸る『オオオオオー』は『高速巡航の証し』…『難敵が迫る接近音』…。

それを耳にしたローディーさん方は最初訝しがるだろう…。

「『遊牧民の詠唱』!?日本なのに?」

「『鬼の哭く声』!?鬼なんて本当にいるの?」

と…。

でも…次の瞬間彼等は悟るのさ…。

「違う!これは…ゾンダだ…つまり…『アクアライフの小生さん』!?」

「『小生さんが来た』って!?そりゃマズい!我々如きじゃ束になっても勝ち目はねえ!!」

と…。

そして悲鳴を挙げて逃げ惑う…。

「全員散開!小生さんが巻き起こすソニックウェーブから身を守れェー!!」

などと喚きつつ…。

フッ…罪な男だ漏れも…。

『速すぎる自転車乗り』ってのはそれ自体が『罪』…。

でも…『熊よけの鈴で接近を知らせる自転車乗り』と同じく『ゾンダのオオオオオーで危機を知らせている』んだから、そこいら辺は勘弁してやって欲しいもんだな我が界隈のローディーさん方☆

何調子こいてんの!?
てか…何妄想ぶっこいてんの!?(また呆れ)













































b0136045_22551953.jpg

『ブログ公園』で暫しの休息をとる我が新たなる翼『カンパニョーロ ゾンダ』…。

彼があの『オオオオオー』を奏でた時悲劇は起こる…。

漏れとゾンダの組み合わせはまさに『魔神級』…『完破繞路 存堕』の伝説今まさに始まらんとす…。

乞う…我が界隈のローディー達…。

ゾンダが奏でる『オオオオオー』の音(ね)を耳にしたら、その時何をしていたにしても一旦走行をやめ身体と自転車を倒し衝撃に備えて欲しい…。

俺達のソニックウェーブにやられてもしらないゾ〜♪

だから!『何調子こいてんの!』って言ってんだろ!!!(締め呆れ)










































b0136045_23175763.jpg

<おまけ…>

先日の『ベンチでゴロ寝ラン(笑)』の時の『公開処刑』をもう一度貼る…。

色々事情はあるけど『アベレージ 21.89km/h』は『動かしようのない事実』…。

『ゾンダを履いたアクアで走った』って〜のに…どうしようもねえ…。

これじゃあ『ソニックウェーブ』が巻き起こせねえ…まあ『惜しい』っちゃ〜惜しいのだが…。

もうちょっとだけ頑張って『あと1200km/h程度早く走れば』ソニックウェーブだったのに…。

それのどこが『惜しい』んだ!?(再締め呆れ)

















この稿おわり!シリーズとしては続く…。
(『物凄く酷いゾンダのインプレ』を書いてしまった…漏れが日参するブログのブロガーさんも『ギィィィィィーってゆうからゾンダ買ったったw』みたいな事書いていたけど、そのくだりにくる前に『ちゃんとしたレビュー』書いていたからなぁ…私信…tori_julyさん…コメントありがとう…今日は時間が遅くなったからレスは明日以降にまた書く…いつもTwitterとブログ読んでます…刺激貰ってます…私信…BPSさん…『鋸山林道の路面の酷さ』は知っています…DT50で昔行きましたからね…昨日書いた『鋸山林道も行かなきゃ!』みたいのは『ノリでつい書いた次第』でして…嗚呼…ま〜た話を盛ってしまった…←締め含羞)
by shousei0000 | 2015-06-03 23:44 | アクア あれこれ


<< 眞相はかうだ!(6月4日の朝練) 【不定期連載】カンパの事なら漏... >>