間道をゆく…その3。

b0136045_1451986.jpg

さてさて前回からの続きですが、前回の投稿で滔々と述べた『思い出数多ある倉掛峠』を下って、こんな場所に辿り着きました。

この写真…ちょっとややこしいんですけど、左手が倉掛峠で漏れはそちらから下ってきて、これから写真撮っているこちら側(手前側)に新進路をとろうとしているところなんです…。

普通だったらこんな変な撮り方しませんよね?

サイクリングの写真って普通『自分がいる位置』から撮って『次にこっちに向かいました』てな感じになりますよね?

上の写真でいえば普通

『倉掛から下ってきてここを左に曲がりました』

てな感じに撮るであろうに、漏れはわざわざアヴァンをガードレールんとこに立て掛け(ちびっと写っている…見えます?)そこからテクテクと歩いてこんな写真を撮った…。

『そうしなくてはならない理由』があったんです…だからわざわざアヴァンから降りたり移動したりした…。

じゃあ『その理由』ってのは一体何なのかというと…

































b0136045_14511038.jpg

『これ』だ…。

『子ノ権現 5Km→』という案内板があったからだ…。

子ノ権現には行きません!(力強い声で)

少なくとも今はまだ行きません!!
(『この決意を変えるのは容易ではないよ』という口調で)

朝一体重が70Kg割ったらそのお祝いに行く…まあそんなとこでいいだろ?(適当)

いずれは雌雄を決しなくてはならない相手なのかもしれないけど、少なくとも今はまだその時じゃない…。

だから…行かない…。

子ノ権現には行きませんッ!
(悲鳴のような叫び声で)








































b0136045_14511031.jpg

そんな漏れの逡巡をよそに2人のローディーさんが何の気なしに子ノ権現を指して行かれました…。

漏れにとっては『朝一体重70Kg割り記念』という勢い(笑)がないと行く気になれない子ノ権現…でもこのお二人は特段何の躊躇いも決意もなく、漏れの前で右折して極々自然な様子で子ノ権現方面に向かわれた…。

「ローディーさんはさすがだ…」

って思いました…。

いつの日にか自分もこんな風な『極々自然に子ノ権現を指せる自転車乗り』になりたいです…。

いや!何か『将来の夢』みたいに言っているけど、子ノ権現なんて普通に行けば行けるじゃん?
足着きするかもしれないし悪くすれば押す羽目になるかもしれないけど、行く事自体は別に難しい事じゃないし簡単に行けんじゃん?
『いずれは…』とか勿体付けてないでとりあえず行くだけ行ってみればいいのでは!?

いや…『まだ』だ…。
『もうちょっと力をつけてから』だ…。

そういう事を言っている人は結局『一生行かない』のでは!?(呆れ)








































b0136045_14511194.jpg

『東峠の登り口』に着いたよー!

でも…これから夜勤だから『今日はこれで終わり』だよォ…(締め鬱)














続く…。
(夜勤いてきま〜す…)
by shousei0000 | 2015-07-08 14:51 | アヴァン 走行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shousei.exblog.jp/tb/24668663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 間道をゆく…その4。 間道をゆく…その2。 >>