間道をゆく…その9。

b0136045_22163754.jpg

<前回からのあらすじ>

一度は勘違いしてスルーした阿寺地区の分岐(笑)を折れ、再び『この日の本線』に戻った小生氏…。

やがて彼は待望の一本杉峠(上の画像の場所)に着き更に進んでいくのだが、その間の『しつこ過ぎる登り返し』にジリジリとし次第に我慢できなくなり、そして遂に…








































b0136045_22163864.jpg

『プンスカ大爆発』した(笑)

以上、あらすじ、終わりっ☆

こんな『あらすじ』があるかァァァァァーーーッ!
つか、何山ん中で超〜ウザいセルフ写真撮ってんの!?
『中指立ててファーック!』って…あんたガキかよ!?歳幾つ?(『47歳』です…←含羞)









































b0136045_22163955.jpg

与太話は置いておきまして…(恥)

とにかく『阿寺の分岐』以降は『登り返しが多くて参った』…。

漏れん中では

『阿寺分岐→一本杉峠=ラリホーと下り(笑)』

『一本杉峠→清流線=パピポーと下り(笑)』

『清流線→清流線出口=ファフィホーと下り(笑)』

と『ご機嫌下りルート(笑)』と思われていた行程が始終登り返す!

『登って下って…また登って下って…更にまたまた登って下って…』

という繰り返しに

「登るなら登る!下るなら下る!ちゃんとせい!!」

という叱責の言葉が漏れ、遂には『中指立てファーック!』とかやってしまった(笑)

でもまあ今更引き返す訳にもいかず

『登って下って…ファーック!また登って下って…更にファーック!』

とかやっていた漏れ(笑)の前に『ちょっと面白いもの』が出現した!









































b0136045_22163939.jpg

この界隈を走る自転車乗りなら誰でもその存在を知っている『天文岩』!

勿論漏れも知っていた…ただ…『その謂れ』は知らんかった…。

この日初めて『その謂れ』を知ったんだけど…ちょっと感動しちゃったよ!『登り返しの頻発程度でキレている自分』が恥ずかしくなった…。

それでそれ以降漏れは登り返しがあってもキレなくなった…と言いたいんだけど…さっきの『ファーック!』って写真…実は『天文岩以降に撮ったもの』なんだよね…。

全然変わってねー!(締め呆れ)













続く…。
(明日も一軒アパート実見しにいてきます…まあ多分『本命を脅かす存在にはならない』と思いますが…)
by shousei0000 | 2015-07-13 22:17 | アヴァン 走行


<< 間道をゆく…その10。 間道をゆく…その8。 >>