5年前の借りを返しに行く走行…その7。

え〜7月29日の投稿『その6』の続きです…。

漏れが花立松ノ峠で

『予定の休憩をしているだけでグリーンライン縦走中に力尽きて休憩している訳ではない!』

というセルフ写真を撮った云々…というところからの続きです(笑)

この後は特段な事はありません…予定通り黒山三滝方面に下ります…。






































b0136045_2232372.jpg

『林道 猿岩線』という道を下ります。

『猿岩線』…面白い名称…名前の由来は何なんでしょうか?

『ルート上に猿に似た形の岩があるから猿岩線』

なのか?

それとも

『岩場に猿が頻繁に出没するから猿岩線』

なのか?

どっちだろう…まあどっちでもいいけど…。

どっちでもいいなら書くな!(呆れ)








































b0136045_22323824.jpg

花立松ノ峠は眺望が全くありませんでしたが、そこから猿岩線を下って1分もしないうちにドーンと眺望が開けました!

思わず写真を撮りました!










































b0136045_22323914.jpg

こちらはその眺望ドーンポイント(笑)で見掛けた光景をズームして撮った写真…。

『山と山の間を送電線が渡っている』…そんなところに興味を惹かれてわざわざズームして撮りました…。

この時漏れが思った事をちょっと書かせて頂く…。












































b0136045_22324012.jpg

「山と山との間に送電線を渡す…『大それた所業』だ…『思い上がった人間の業』だ…」

「『自然を支配するようなあり方』ではなく『自然と共生していく方法・手段』を我々人間は希求していく必要があるだろうな…」

といった事を思いながら『山と山との間を送電線が渡る光景』を眺めやる小生氏…。

一々セルフ写真出さないと説明できんのか!?

『セルフ写真出さなくても説明できる』けど…『セルフ写真出した方が何かと分かりやすい』でしょう?

んな事ぁ〜ねえよ!
却ってすっげー分かりにきい!!(また呆れ)










































b0136045_2232402.jpg

『林道 猿岩線』の下り道は『荒れていた』…。

この写真じゃよく分からないかもしれないし、荒れているように見えたのは『光の関係が故』であるのかもしれませんが、漏れ的には

「荒れている…怖い…」

と感じられたのです…。

だからトラブルのないよう、ゆっくりゆっくりとその坂を下ったんです…。

そしたら…








































b0136045_22324187.jpg

水場ハケーン!あ、いや、『到着』…。

『ハケーン』ではありません…『5年前にも来ている』んですから…。

5年前は

『白石→グリーンライン縦走→花立松ノ峠で力尽きて下る…』

というグダグダな流れの後だったので、この水場の水が『何よりのご馳走』でした…。

「うめぇー!うめぇー!」

と咽び泣きながらガブガブ飲んだような記憶がある…。

今回はそこまで一杯一杯ではなかったんですが、それでもこの水場のお水をとっても美味しく頂きました。

『日照水』っていうんですね?『結構な名水』なのかしらん?

『ファンの人も多いみたい』ですよ!

前回(5年前)も今回も『ガロンタンクで持ち帰る人』を見掛けました。










































b0136045_22324279.jpg

今回見掛けた『ガロンタンクで持ち帰る人』…。

わざわざベンツで来る位だから、この『日照水』のお水はきっと貴重なんでしょうね…。














続く…。
by shousei0000 | 2015-08-02 22:33 | アヴァン 走行


<< 5年前の借りを返す走行…その8。 引越し! 2日目 その2(Re... >>