始皇帝と大兵馬俑(1月20日のアカデミック?)

b0136045_02180564.jpg

おまいら…モツ…モツ…。

『豚の白モツ』が何だってーんだ!?

いや…『おまいら乙』(皆さんお疲れ)ってネットスラングに掛けたジョークでして…。





































b0136045_02331300.jpg

という訳で…一昨日1月20日のお休みに上野にある東京国立博物館で開催中の『始皇帝と大兵馬俑』という展示会?にいてきました!

こういう『博物館や美術館巡りを趣味とする職場の後輩』がいるもんで、その彼と連れ立っていてきました!

『彼』じゃなくて『彼女』だったらもっとよかったんだけどな…(『どうせ行くなら女連れの方がいい』って意味ね…←含羞)

漏れは『博物館や美術館巡り』なんてのには全く興味が無い野蛮人なオサーンなんだけど(恥)大学時代文学部史学地理学科東洋史専攻だったもんで『兵馬俑』には興味があった…。

「秦の始皇帝の陵墓に埋められていた『数千体にも及ぶという等身大の軍人の俑』…即ち…『兵馬俑』…」

「始皇帝さんもとんでもない事をやらせたもんだ…機会があったら一度見てみたい…」

と思っていた…。

だから今回の『始皇帝と大兵馬俑』の展示会?の開催を知って

「いくー!」

と思い、独りで行くのも何だから『博物館や美術館巡りを趣味とする職場の後輩』を誘ったと…まあそういう次第でして…。

その『職場の後輩君』ってのは…『始皇帝と大兵馬俑』に興味あったのか?

ん〜何かそうでもなかったみたい…。
彼の好きなジャンルは『日本史』『西洋美術』『科学全般』で『中国史』にはそれ程興味なかったっぽい…。
今回漏れが誘わなかったら多分『始皇帝と大兵馬俑』にはいかなかったんじゃないかな?

無理矢理拉致ったんかい!(呆れ)






































b0136045_03022532.jpg

始めたばかりで申し訳ないんだけど…『モツの煮込み』ができたっぽいから今日はこれで失礼する…。

『しょしょしょしょしょしょしょしょしょうせいしょうせい…』とじっくり煮込んだんだよこの『モツの煮込み』…『前後1時間15分位』煮込んだ…。

出来上がりが楽しみだ♪

『煮込みの表現』として『しょしょしょしょしょしょしょしょしょうせいしょうせい…』ってのはおかしいのでは!?
『ことことことこと…』とか書くのが普通では!?

漏れが昔お世話になった宮古島のダイビングショップのスタッフさんがFacebookに『煮込みの表現』として、ご自身の名前をもじった『もとことことことこと…』てな書き方をするんだよ!
前からそれが「いいなぁ〜」と思っていて、機会があったら真似しようと思っていて今回そうしてみた訳!
でも…漏れのハンドルネームをもじってみても『しょしょしょしょしょしょしょしょしょうせいしょうせい…』ってなって『煮込みの表現』とは全く関係なかった…失敗だった…かな…。
でもまあいいや『リスペクト』なり『オマージュ』ってやつだから!
イェーイ!もとちゃん見ている?真似したヨ☆

何書いてんだかよう分からんけど…『始皇帝と大兵馬俑』って催しに行った記録に何で『豚の白モツ』やら『モツの煮込み』が出てくるんだ!?
『始皇帝と大兵馬俑』と全然関係ねーじゃん!?

それがあるんだなぁ…『関係めっちゃある』…。
その仔細は…また明日(もう今日ですが…)書く…。












続く…。
by shousei0000 | 2016-01-22 03:01 | 雑記 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://shousei.exblog.jp/tb/25288756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2016-02-19 15:05
タイトル : ボッティチェリの初期から晩年までの画風の変遷と魅力
ウフィツィ美術館展Uffizi Gallery & Sandro Botticelli  東京都美術館で、初めてのウフィツィ美術館展が開かれました。フィツィ美術館に所蔵されている作品に加え、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、捨て子養育院美術館などフィレンツェを代表する美術館からの作品が展示されていました。その中でボッティチェリの作品を追って、彼の作品の変遷と魅力をレポートしてみました。... more


<< 始皇帝と大兵馬俑 続き。 偵察…(1月21日の走行) >>