ネタ走行!(4月3日の走行)

b0136045_18481790.jpg

4月3日の公休はご覧の通りの『淀んだ天気』でした…。

朝から霧雨混じりで走る気が起きず、昼位にその霧雨がやんだので

「じゃあ…ちょっとだけ走る?」

と思ったのは『当日の投稿』にも挙げた通り…。

あの日のTwitterみたいなブログ(笑)読んだ方は覚えていると思うけど『ネタ走行』をやる事にした…。

「『中途半端な時間に出発するサイクリング』だから『いつもはやらないネタな走行』を…」

と思った…。

その『ネタな走行』とは…

















































b0136045_19295673.jpg

『これ』や!

『東都飯能カントリー倶楽部を巡る坂』を登る事!!

『東都飯能カントリー倶楽部』というのはまあ『ゴルフ場』なんですが

『ゴルフ場周囲の坂は意外にキツい』

というのは『埼玉県西を走る自転車乗り』にとっては言わば『常識』!

過去に拙ブログで何度か取り上げた『バーディー坂』なんかも意外にキツい!

漏れなんかは都幾川の方にある『エーデルワイスCCんとこの坂』ですら十分にキツい(笑)

そうした『ゴルフ場周りの坂』の中でもこの『東都飯能カントリー倶楽部周りの坂』は『別格』だそうな。

よそ様のブログなんか見てると『苦労坂』と称されているらしい。

『本格的な山でもないのに意外に苦労する』から『苦労坂』なのかな?

漏れがお世話になっている入間市のサイクルショップ『Bpsさん』の走行会でも時々絡めるルートで、Bpsさんのブログでは『東都坂』と称しているようだ。

つまりは『この界隈を走る自転車乗りの練習路』なのだが、漏れも『この界隈を走る自転車乗り』ではあるのだが、この『東都坂』だか『苦労坂』だかを登る事はこれまで一度もなかった。

何故か…『激坂だそうだから』である…。

自転車乗りの皆さんはホントもう『おかしな人』ばかりで(失礼!)『激坂』というのが『大好きだし』『大好物だし』『フェイバリット』なのだそうな。

『どこそこに激坂がある』

と聞くと皆

「じゃあ…行ってみる?」

「己を試しちゃう?」

と思うらしい…。

「『本格的な山』だったり『眺望が素晴らしい山』だったりするなら『そこに至るのに激坂を登らなくてはならない』というのも理解できるが、『住宅地の中の名もない坂』だったり『ゴルフ場周りの坂』が『激坂』である事に何の意味があるのか…」

「俺ぁ〜行かねえぞ…誰が『面白くもない場所の激坂』なんか…」

という屁理屈で(笑)漏れは『その手の激坂』を回避し続けてきた…。

件の『東都坂』だか『苦労坂』だかなんかは『定期的に通る山王峠の至近』で『いつでも気楽に行ける場所』にあるのだが、そこへの分岐を横目で見ながら

「僕は行きましぇん!」

と呟き回避し続けてきた…『百一回目のプロポーズ』か!?(笑)

でも…3月29日にめでたく?『Sリーグ』が開幕したし(笑)この話の舞台となる4月3日は『中途半端な時間に出発するサイクリング』だったので

「じゃあ…その『苦労坂』だか『東都坂』だか行ってみる?」

と思ったのでした…。

この界隈を走るようになってから約8年目にして、漏れは遂に『苦労坂』だか『東都坂』だかを登る事になったのでした…。

何で8年もの間行かなかったんだよ!?

だからぁ…『激坂に興味なかったから』って言ったでしょ!?(逆ギレ)












































b0136045_19450367.jpg

『いつものコース』から『東都坂』方面へ…。

いつまでも『苦労坂だか東都坂だか』と書くのは煩わしいので(笑)ここからはBpsさんの表記に従い『東都坂』と称す…。

ここは『山王峠への分岐』でもあり、漏れはここを通る度に

「『東都飯能カントリー倶楽部 600m右折』じゃねぇ…『行かねえ』し…」

と呟いてきたんだけど(笑)この日は行く気になっちまったもんだから

「はいはい行きますよ…『600m先を右折』ね…知ってるぅ…いつも『通るだけは通ってる』しぃ…」

「つか…誰なんだよ?『東都坂行こう!』とか言い出した奴は!?」

と呟き、返す刀で

「おまえだよ!」

と力なくノリツッコミしたのでした…。

この変な経緯…書く必要あるの?

あるんだよ…。
(『有無を言わせない口調』で…)













































b0136045_19531437.jpg

「『ここ』でしょ?『ここを右折する』んでしょ?」

「知ってるぅ…『山王行く時』いつも通っているから…」

と力なく呟きながら右斜め方向に…。

この変な経緯…書く必要a…(あるんだよ!←有無を言わせない口調!)













































b0136045_19531440.jpg

遂に『東都坂への本分岐』へ!

漏れの動揺する気持ちを現すかのように、写真左隅に『指の残影』が入っとる(笑)







































b0136045_20055123.jpg

ほんじゃまあ…登りますかね…(力無い口調…)

さっきの写真にもあったように『東都坂』のこちら側は『分岐から3Km程度の行程』でした。

うろ覚えなので間違っていたら申し訳ありませんが、その3Kmのうち『前半の1Km程度』は『緩い登り』で『後半の1Km程度』は『和やかなエピローグ』で『中盤の1Km程度』だけが『キツかった』…。

ガーミン(『サイコン』ね)が示したその『キツかった区間』の斜度は『15%位』…。

『1Kmはなかった』かもしれないけどその『15%区間』は今の漏れにはやはりキツく

「誰なんだ『ここに来よう』って言った奴は?『おまえ』だよ…誰なんだ『ここに来よう』って言った奴は?『おまえ』だよ…誰なんだ『ここに来よう』って言った奴は?『おまえ』だよ…誰なんだ『ここに来よう』って言った奴は?『おまえ』だよ…誰なんだ『ここに来よう』って言った奴は?『おまえ』だよ…」

と激しく自問自答しながら(笑)登った…。

でも…『楽しい事』もあった…












































b0136045_20123827.jpg

<楽しかった事 その①…つくしんぼうが一杯!>

漏れ『つくしんぼう』見ると興奮するんです!

「春や〜♪」

って気分になって!

今年はまだCRなんかでも『つくしんぼう』に会っていなかったので、ひょんな事から『つくしんぼうが一杯』な光景を見て興奮したぁー!

















































b0136045_20123801.jpg

『つくしんぼう』が一杯!
















b0136045_20123999.jpg

『つくしんぼう』が一杯!!














b0136045_20123943.jpg

『つくしんぼう』が一杯!!!

『おんなじような写真ばっか』で気が狂うッ!(呆れ)















































b0136045_20274404.jpg

<楽しかった事 その②…>

突如『ズサッ!』という音と共に前方に『灰色の物体』が!

以前『間野黒指』(まのくろざす)行った時同じような事があってそん時は『イノシシ』だった…。

まあそん時は『イノシシはフェンスの内側だった』ので

「お"〜『イノシシ』か!?」

「やっぱいるんやなぁ〜♪」

と余裕かましていたけど、今回はフェンス越えてまともに道路に出現したから思わずギョッとした!

「『あのイノシシ』が凸(突撃)してきたらどうするよ!?」

「漏れ『ケコーンもまだ』なのに『イノシシに凸されて他界』かよ!?」

と焦ったんですが…




































b0136045_20274424.jpg

『シカ』でしたぁ〜(笑)

『出現した灰色の物体』は『シカ』でしたぁ〜(笑)

ホント『水曜どうでしょう』の『シカでしたぁ〜』みたいな展開で笑ったよ(笑)

「な〜んだ!『シカなら余裕』だ♪」

と思って前進したんだけど、そしたらこのシカ案外逃げなくて

「ちょ!逃げんのかい!?」

「ほら!あっち行け!あっち行けってぇー!!」

とシッシッとやって追いやったのは懐かしい思い出です…。

『シカでもビビった』んじゃねえか!(また呆れ)














































b0136045_20324179.jpg

てな訳で…ゴォォォォォーーール!

『東都飯能カントリー倶楽部』に着きました!

『足着きは無し』です!ちゃんと登り切りました!!

『つくしんぼうんとこ』と『シカでしたぁ〜んとこ』は『斜度が緩い区間』だったから『ノーカン』ね(笑)

だが…実はこれで『東都坂を制覇した!』とはならない…。

何故なら…


















































b0136045_20360031.jpg

ここは『逆サイドの方がキツい』んだ…。

『今登ってきた南高麗側』ではなく『原市場側からの登り』こそが『真打』…。

Bpsさんも言ってたもん…。

「『東都坂』は『原市場側からがキツい』んです…」

「まああれは言わば『ネタの坂』ですけどね…」

と…。

「今登ってきた『15%の坂』よりもキツい『ネタの坂』って一体どんなん…」

「『ネタ』って言う位だから『思わず笑っちゃう位の激坂』なのか?嫌だなぁ…」

と思って、そのまま南高麗側に下って『いつものコース』に戻って『松ノ木トンネル→榎→御嶽→吉野街道』と回って帰りたくなっちゃいましたよ全く…(締め思い出し鬱)













続く…。
by shousei0000 | 2016-04-08 20:44 | アヴァン 走行


<< ネタ走行! 続き。 Sリーグ開幕! 最後。 >>