餃子のヒダの数は作り手の愛!(7月7日に実施した人生初の餃子作りの記録)

『餃子のヒダの数は作り手の愛』…本来であれば『餃子の皮のヒダの数は作り手の愛』である…。

だが…『餃子の皮のヒダの数は作り手の愛』だと間延びがして語呂が悪い感じがするので『餃子のヒダの数は作り手の愛』と圧縮させてもらった…まずはこの点お含みおき頂きたい…。

昨年8月に自炊を始めてわりと早い時期から

「餃子を作りたい!」

と思っていた…。

漏れが日参する自転車乗りの方のTwitterに時折『餃子作りの呟き』が挙がり、写真付きで

>まずはこう!

>次にこう!

と『餃子作りの過程』が進んでいくさまは見ていてとても楽しく

「漏れもやってみよっかな〜?」

と思ったけど中々やらんかった(笑)

『中々やらんかった理由』はふたつある…。

ひとつは…『具を刻むのがめんどい』というもの…(恥)

今はそうでもないけど、自炊を始めた当初は『何かを切る、刻む』という事はあまりなかった…。

「そんなんで自炊できんのかよ!?」

と思う人もいるかもしれないけど『案外できちゃう』んですよこれが…。

『焼き魚』をするのに『包丁』はいらんでしょう?

『肉を焼く』のだって後でフォークとナイフで切れば『包丁』はいらんでしょう?

『サラダを作る』…ピーラーとスライサーがあればこれまた『包丁』はいらない…。

とまあそんな訳で『包丁いらずな自炊』を華麗に繰り広げてきた漏れでしたが(笑)いつの頃からかさすがに『包丁』を使うようになってきた…今はもうピーラーやスライサーは『たまに』しか使わない…。

「キャベツの千切り包丁使ってやんのヤダ!」

と思って『キャベツの千切り用ピーラー』『半身のキャベツをそのままかけられる大型スライサー』なんて物を買ってニヤニヤしたのも今は昔…。

だから『具を刻むのがめんどい』というのは今はもう『餃子作りを忌避する理由』にはならないんだけど、もうひとつ理由として『家庭の餃子は所詮は店のやつに勝てん!』というのがあって、それ故漏れは積極的に餃子作りをしようとは思わんかった…。

漏れのママン(笑)は『料理上手』…ママン(笑)の料理を食べた人は皆「旨い!」と口を揃えて言う…。

まあ『皆』とか『口を揃えて』とか大袈裟だけど(笑)とりあえず旨いんだ『ママンの飯』!別にマザコンとかじゃなくて「うめぇ」って思う♪

ただ…『餃子は別』…あんま旨くない…。

これはママン(笑)も認めていて

「餃子とラーメンは外で食べるに限るわ…」

といつも苦笑しながら言っていた…そんな環境で育ったから漏れは『家庭の餃子』というものにあまり重きを置かない…。

そんな漏れが今回何故餃子を作ろうと思ったかというと…










































b0136045_15195564.jpg

すまんけど…電車が職場駅に着いちゃった…。

続きはまた『明日以降』で…。

















続く…(夜勤いてきま〜す…)
by shousei0000 | 2016-07-17 15:18 | お気楽狭山市ライフ(笑)


<< 餃子のヒダの数は作り手の愛! ... デス・ライド…うし!終わらすぞ... >>