餃子のヒダの数は作り手の愛! その9。

b0136045_17555020.jpg

え〜朝からの続きです…。

自作の焦げ餃子(笑)を食ってみて上の画面キャプチャーのような感想を抱いたところからの続きです…。

『餡が少ねえ…』『フニャッとした物足りない感がする…』と感じた理由は簡単…ズバリ『餃子1個に入れた餡が少なかった』から…。

餃子の皮のヒダをよるのがうまくできず(恥)上辺をまずくっつけてそれからヒダをよるズル(また恥)をした時『餡が溢れた』…どうにもこうにも『餡が溢れた』…。

だから餃子1個に入れる餡の量を少なめにして(三度恥)何となくそれっぽくした…その結果『餡が少ない』という事象が発生した…(四度恥)

店の餃子を食った時に感じる『具たっぷりの餃子を噛み締める多幸感』がない…『まず皮の食感が先にきて、それをモグモグしているうちにようやく餡に達する』というお粗末さ…(五度恥)

要は『餃子1個に入れる餡の量が少な過ぎた』のである…。

ジブリアニメの『風の谷のナウシカ』風に説明すると、巨神兵を前線に投入したまではよかったものの、育成途中に無理矢理投入したので体が固まり切らず腐っていて

「腐ってやがる!早過ぎたんだ…」

と参謀クロトワが嘆いたのと似た状況…。

「餡の食感に乏しい!少な過ぎたんだ…」

とクロトワ張りに嘆いた…ぽまいら漏れが何書いてんだか分かる?

全く分かんねえ!(呆れ)













































b0136045_18284423.jpg

巨神兵やらクロトワの話は置いといて(だったら書くな!←また呆れ)『餡の味が濃い』『タレをつけなくてもいける』の話をいく…。

理由は簡単『具に対して調味料が多過ぎた』のだ…。

ぽまいら変に思うだろう…『上に挙げたレシピ通りに作った』のに…。

でも…漏れにはすぐ分かった…。

要は『投入した野菜類がレシピより少なかった』のだ…。

野菜が少ないのに調味料はレシピ通り投入したから『餡の味が濃くなった』…そら『タレをつけなくてもいける』わな…。

じゃあ何で『野菜類が少なくなった』かというと…














































b0136045_18284410.jpg

『こちらの記述』にその答えがある…。

ニラの量に悩んで『市販されているニラの束の中の小分けにされている4束を投入』と書いてあるけど、これ実際には『市販されているニラの束全部を投入すべき』だったのだ!『ニラ1束』とは『市販されている1束の事』だったのだ!!

焦げ餃子(笑)を作った暫く後の『餃子会』の時その事が分かった…。

『餃子会』を主催した看護婦さんに

「『ニラ1束』ってのがよく分からなくて…」

と問うたら

「『普通に市販されているニラ全部』ですよ」

と返されて『小分けの4束投入した漏れ』涙目…(恥)

『キャベツ3枚』もねえ…。

漏れは確かに『キャベツ3枚』を投入したんだけど、てかそれでは少ない感じがして実際には『4枚』投入したんだけど、それは『半身のキャベツの4枚』だったのだ!それに対してレシピの指定は、ここにはそこまで明記されていないけど恐らくは『丸一個のキャベツの3枚』の筈!!

毒男(独身男)の漏れに『キャベツ丸一個』は多過ぎる…『使い切らずにダメにする可能性』がある上に『小振りな冷蔵庫には収納が困難』…。

だから漏れはいつも『半身のキャベツ』を買っているんだけど、だからその感覚で

「『キャベツ3枚』だな?」

と思って剝ぎ取ったキャベツの量は当然『半身のキャベツの3枚』で、まあ実際には『半身のキャベツの4枚』だったんだけど(笑)どちらにしたってレシピの指定である『丸一個のキャベツの3枚』には遠く及ばない訳で、それ故前述ニラも含めて『野菜の量が少なくなり』その結果『調味料が多くて餡の味が濃くなった』のだ…。

これが判明したのも『餃子会』の後…。

この件は前述看護婦さんに聞いた訳ではないけど『ニラの件』からそう悟った…。

それまでは『ニラの件』も含めてイマイチ分からず

「なんでだろ〜なんでだろ〜」

「『レシピ通りに作ったのに餡の味が濃いの』なんでだろー!?」

と『テツandトモ』みたいに手ぇ〜グルッグル回しながら悩んだものだった…。

『巨神兵やクロトワの件』といいこの『テツandトモの件』といい、拙ブログの説明は実に分かりやすくてすんばらしいと漏れは思うナ♪

いや!実に分かりにくい!!(三度呆れ)













































b0136045_19225640.jpg

『後日の事』になるけど…漏れは『冷凍しておいた自作餃子』と『市販のシソ餃子』を一緒に焼いた…。

上の写真がその時のもので、手前が『冷凍しておいた自作餃子』で奥のそれが『市販のシソ餃子』になる。

ぱっと見『自作餃子』の方が具に満ちているように感じるかもしれないけどそれはあくまでも『写真が見せる欺瞞』…。

『市販のシソ餃子』の方が『ヒダが上手によってあり』『具をうまく皮の中に満ちさせてある』…それに対して『漏れの自作餃子』は『ヒダの寄せ方が雑で』『具と皮の間に隙間がある』…。

漏れの自作餃子が『一見むっちりとしているように見える』のは『その隙間が見せる欺瞞』なのだ…(恥)

因みに…




















































b0136045_19225652.jpg

この両餃子を焼いた頃…それは『7月の中旬』なのだが…漏れは『昔愛読したSF小説のアニメ版のつべでの視聴』にハマっており、それ故この両餃子を使って『戦闘の再現』をした!

手前の『自作餃子』は3倍の勢力で『シソ餃子』を包囲しており(『12個対4個』って事ね)数の上からは『自作餃子軍の圧勝』になるように見える。

ところが…この後『シソ餃子軍』は『数が少ないが密集しているところ』を長所として『中央突破』を図るのだ!

『中央突破』をして『自作餃子軍』の背後に出た『シソ餃子軍』は『背面展開』に移り『自作餃子軍』をグイグイと押しまくる!

結果『数の上では3倍を数えた自作餃子軍』は『1/3のシソ餃子軍』に完敗する!

こういう艦隊戦あったじゃん?ほら…『あのアニメ』でサ♪

何のアニメか分からねえ!
あと…『食いもんで遊ぶな』!!!(四度呆れ)
















































b0136045_19561798.jpg

場面は変わって…今度は『円形陣』で『シソ餃子軍』を包囲する『自作餃子軍』!

真ん中の4個が『シソ餃子軍』でグルッと周りを囲むのが『自作餃子軍』!

この態勢では『シソ餃子軍』は劣勢を挽回できまい…たとえ『あの魔術師』が指揮をとっていたとしてもね…。

何書いているんだか全然分かんねえ!
『今日の例え話全部酷すぎて草』だ!!!(締め呆れ)
















続く…。
by shousei0000 | 2016-08-05 19:55 | お気楽狭山市ライフ(笑)


<< 餃子のヒダの数は作り手の愛! ... 餃子のヒダの数は作り手の愛! ... >>