餃子のヒダの数は作り手の愛! その16。

b0136045_20191309.jpg

『セブンスの対南ア戦』は『明日の6時』ではなく『今日の6時』だったのね…今日職場のテレビで結果を見た…。

南アに敗れてメダル逃したのは残念だったし点差もついちゃったみたいだけど、『ニュージーやフランスに勝っての4位』は十分に評価できると思う!

20年程前のラグビーファン時代の記憶…まあ『浦島太郎』だ…によると、セブンスで圧倒的に強かったのは今回ジャパンが敗れた『フィジー』だったと思う!

『ワイサレ・セレヴィ』っていう『セブンスの権現』みたいな選手がいてさ…こいつが何とも凄かったのよ…。

グランドを最初スローに進んでいって、『ここぞ』って場面になるとカクカクカクッとフェイント入れて?急にトップスピードになる…それが物凄く速くてねえ…誰も追いつけないんだ…。

セブンスはグランドに7人しか選手がいないから『個の力』が非常にものを言う…フィジーの選手は『それを分かっていたし』『それに対応できる選手を選んでいたし』『何よりその個の力が凄かった』…。

『変幻自在なフィジーのセブンス戦士』はセレヴィ以外も凄かった…クンッと加速した時の他チーム選手の置いてかれようと言ったら…『15人制では圧倒的な力を誇るボード国』でもメチャメチャ置いていかれたんだよ…。

「おまえはま〜た見てきたように語りやがって…」

と呆れる人もいると思うけど、どっこい『見てきた』のよ20年前位のセブンス!

当時『ジャパンセブンス』っていうセブンスの国際大会が日本であってさ…それを2年連続で秩父宮で見た…。

ジャパンはまあ弱かったんだけど(失礼!)『ラグビー先進国が一堂に会する国際大会』は見ていてとても楽しく興奮した!

15人制とは勢力図が違ったけど、それでもラグビー強国の選手が15人制と同じジャージでグランドを疾走する姿に痺れた!

オールブラックスは『ハカ』なんかやってさ…それにフィジーやらトンガやらの南太平洋の国?も『ハカみたいの』(別の名称がある筈だけど忘れた…)で返す…。

「こんなん千円とかで見れてヤベえ…」

とワクワクした…まあ『入場料が千円であったかは覚えてない』のだが…。

観客の中には外人も多く、その外人さんの中の女性が時にはオッパイなんか出しちゃって(笑)

「『外人のオッパイ見れて千円』とかマジヤベえ〜❤︎」

とホクホクした(笑)

当時『ラグビーマガジン』ではジャパンセブンス開催前になると特集記事を掲載して

>15人制の緊迫した雰囲気とはまた違うセブンスの陽気さ!

>模擬店で参加各国の料理を食べ各国の酒を飲み、人種様々なスタンドで互いに交歓するのも『セブンスの醍醐味』!

みたいな事を書いていたんだけど、その『オッパイ出しちゃった外人さん』を目の当たりにして

「スゲー!オッパイ出しとる!!」

「これがラグマガが言うところの『セブンスの醍醐味』だな♪」

などと漏れ達が快哉を挙げたのは言うまでもない(笑)

それはともかく…(だったら書くなよ長々と!←呆れ)














































b0136045_21171027.jpg

『餃子会での漏れのアーリオオーリオの評価』を続ける(笑)

看護師Bにかように言われて(上の画面キャプチャー参照)漏れが思ったのは

「仕事外で集まっているんだから『介護の事』は忘れようぜ!」

という事と

「誰がうまい事を言えと…(ry」

という事だった…。

『刻み』というのは『介護に於ける食事形態』の事…。

上から順に…と言うのも変なんだが…『常』『刻み』『極刻み』『ミキサーorソフト食』というのがあり、お年寄りの歯の状態や嚥下能力に従って『それぞれの形態の食事』を提供する。

『刻み』というのは文字通り『刻んだ食事』なんだけど、漏れが作ったアーリオオーリオがその『刻み』を想わせる形態…パスタがちょいちょい千切れていてまるで『刻み』…。

みんなに分かりやすく言うと『ビーフン』みたいな感じ…『フォークでクルクル巻く』というより『フォークの腹に乗せてすくって食べる』って感じ…。

それを見た看護師Bが

「これ『刻み』?(笑)」

と言ったから『介護に従事している我が同僚達』が爆笑した訳だけど、それを作った漏れとしては

「今は『介護の事』は忘れようよ!」

と恥じらい含みにそう思い、その一方で

「うまい事言うなぁ看護師B…」

「誰がうまい事を言えと…(ry」

とネットスラング混じりで慨嘆した…(笑)

それでは何故漏れのアーリオオーリオが『刻み』になったかというと…





































b0136045_21171190.jpg

『これ』だ…パスタが悪い…。

前に書いた通りこの日は『いつものバリラ』が手に入らず『早ゆで3分パスタ』を使ったんだけど、言い訳になっちゃうけど『早ゆでパスタ』は千切れやすい…茹でてソースに絡めてトングであれこれやってるうちにプツプツと千切れる…。

『バリラの9分茹で1.7㎜』を使い始めてから『それ』が分かった…『バリラ』は千切れずソースによく絡んで食感もモッチリしていて旨い…対する『早ゆでパスタ』は言うなれは『カップ焼きそばの麺』みたいでパサパサした感じがしてイマイチ…。

『バリラ』を使うようになってからその事は忘れていたんだけど、久し振りに『早ゆでパスタ』を使ってみて思い出した…。

「ああ…『早ゆでパスタ』ってこんな感じだったなぁ…」

と…。

それをズバリ指摘されちゃったから(恥)漏れが悔しかったり情けなかったりで青くなったり赤くなったりでそりゃもう大変だったんだから…。

『バリラ』とやらを買い忘れた自分の責任では!?(また呆れ)














































b0136045_21360568.jpg

こちらがその『早ゆでパスタ』で作ったアーリオオーリオ…。

プツプツと千切れていて『刻み感』が出ているのが分かるだろうか…(恥)

それに対して…













































b0136045_22044659.jpg

こちらが『バリラ』で作ったアーリオオーリオ!

パスタが千切れてなくて良い意味でのたくっていて実に旨そうだろう?

これ食わせてやれば

「『刻み』かな?(笑)」

なんて看護師Bに言われずに済んだのに…(哀)














































b0136045_22044621.jpg

もういっちょ『バリラのアーリオオーリオ画像』いこう!

漏れは『汁だくのアーリオオーリオ』より『ドライめのアーリオオーリオ』の方が好きだからこんな感じになるんだけど、それにしたって『さっきの早ゆでパスタのアーリオオーリオ』に比べるとしっとりした感じがして食欲をそそるだろう♪

パスタ食う上にバケットまで!?
あと…この『すき』とか書いてある変なマグカップは何!?

バケットが添えてあるのは…まあいいじゃん…『晩飯』なんだから…。
『すき』って書いてあるマグカップは…『5歳前後のお子さんを泣かせたウェディングパーティー(笑)の引き出物』だから仕方ないじゃん…。
このマグカップ最初は『すき』とか書いてあるから恥ずかしくて使わなかったんだけど、『鶏ガラスープの素にお湯注いでスープにする時』に丁度良いサイズだから今では愛用しているんだ…。
別に「『すき』…かぁ…」とか呟いてニヤニヤしている訳じゃないから別にいいだろ…。

いや!
「『すき』…かぁ…」とか呟いてニヤニヤしていると見た!!(締め呆れ)
















続く…。
(明日は墓参り…その前にせめてホンダでいいから『朝練』したい…できるかなぁ…)
by shousei0000 | 2016-08-12 22:03 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shousei.exblog.jp/tb/26102883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 餃子のヒダの数は作り手の愛! ... 餃子のヒダの数は作り手の愛! ... >>