餃子のヒダの数は作り手の愛! その19。

b0136045_07140852.jpg

昨日『職場の人絡みの集まりみたいなもの』に参加した後、当初の予定通り(笑)『二郎 歌舞伎町店』に行って参りました!

久し振りの二郎…確か3ヶ月振りとか…の味はやっぱ旨かった…。

…と言いたいところだが実は『そうでもなかった』…。

『二郎の中でも評価が微妙な歌舞伎町店だから』といった事ではない…『暑かったから』である…。

歌舞伎町店は開放型の店舗だから『元々暑い』…それに加えて麺を茹でる大鍋のそばに座っちゃったもんだから『更に暑い』…。

座った瞬間思ったもん…。

「うわぁ…ここヤベえ…」

と…。

しかも

>冷水機故障につきぬるめのお冷しか提供できません。

とか張り紙がしてあって草…まあ二郎のお冷はどちらにしても何故か歌舞伎町に限らず『ぬるめがデフォルト』なのだが…。

『麺固』でオーダーの後、漏れデフォルトのトッピング『野菜マシマシ、脂マシ、ニンニク少し』でスタート…。

『麺硬』は歌舞伎町店でのみするオーダー…あそこ麺柔いんだもん…。

『ニンニク少し』は…翌日が仕事だったからした『職場のご利用者さん&職員に対する配慮』…(笑)

食い始めてから2秒で滝汗…あとはもうラーメン食ってんだか汗拭いてんだか分からん『己との格闘』…(恥)

さすがの暑さにめげたのか、或いは二郎初心者だったからなのか、隣りに座った野郎が麺半ばにして席を立つ…。

それを横目に見て

「覚悟が足りないな…」

と思う…二郎に足を踏み入れるなら『それなりな覚悟』をしてからでなくてはならない…。

そんな余計な事考えていたから意地でも残せなくなって(笑)それでまあ『麺完食』まではいったもののそこで『瀕死』になった…とてもじゃないが『汁』までは手が出ねえ…。

だから『旨かったんだか旨くなかったんだかよう分からん』という次第…嗚呼…昨日は『二郎』に寄る必要はなかった…_| ̄|〇











































b0136045_07512880.jpg

これだけだと『漏れの二郎来店記』になっちゃうから(笑)『餃子会』の話を少しだけ書こう…。

『素麺』も出たよ!この会の主旨が『餃子&素麺パーティー』だから当然だね!

『普通のつけダレ』と『ゴマだれ絡みのタレ』があってそれぞれ美味しかったんだけど、実は漏れ最近『その2者ではない別のタレ』で素麺食いたいんだ!

見た目は『ゴマだれ絡み』っぽいんだけど食ってみると『普通の鰹出汁風味が主軸』なあのタレ…無論『それだけではない』という別の味もする…。

例えるならば行田のさきたま古墳群のそばにあるうどん屋さん『古墳亭』で供される『あのタレ』…あの味で素麺が食いてえ…。

誰かあのタレのレシピ知らんかな…。

ほら…行田の『古墳亭』のあの味だよ…誰か知らん?

知らん!つか『行田の古墳亭』とやらがまず分からん!!

そう?じゃあ…秩父札所16番のそばにある何とかって蕎麦屋の『くるみ蕎麦』のタレのレシピでもいいんだけど…。

もっと分からん!
せめて店名くらい出せ!!(締め呆れ)
















続く…。
by shousei0000 | 2016-08-20 07:50 | お気楽狭山市ライフ(笑)


<< 餃子のヒダの数は作り手の愛! ... 八月の『は』は…(略←笑) 続き。 >>