この日の一番の調味料だったのは漏れの愛!? その6(訂正篇)

昨日の夜の投稿『その5』を読み返してみたら『色々と微妙な表現&書き方』があって参った…。

「これ…違うんじゃあ…」

という部分や

「これじゃあ潜友が『鼻持ちならない奴』みたいに見えるんじゃないか?」

という部分があって参った…。

一瞬

「全面リテイクするか?」

とも思ったんだけど、それすると訳分かんなくなりそうだったので(恥)本投稿に『訂正の文言』を挙げて対応する事にした…ご理解頂きたい…。

それでは早速参る…。















































b0136045_15330815.jpg

まずは…この部分…。

『賛否両論』についての

>『賛否両論』知らん?『料理に興味ある人』なら知っていると思ったけど…。

という潜友の台詞…。

潜友は一言一句この通りではないけどこんな感じの台詞を口にしたんだけど、これ文字だけで見ると

「『賛否両論』も知らないのォー!?『料理に興味がある』とか言っといてぇ〜www」

みたいに取れて汗…。

無論そんなニュアンスで語られた台詞じゃない…『知らん?』という関西弁っぽい語り?で分かる通りの『軽い問い掛け』に過ぎない…。

次に…『賛否両論の赤ワインの評価』についてのくだり…。

潜友が口にした

>『JALの国際線エコノミーで無料で提供されるワインのクラス』といったところかなぁ…。

との評価は『値段』じゃなくて『味』乃至は『風味』だから!

潜友は『持参した酒の値段を口にするような人』ではない…そもそも『値段で飲む酒を選ぶような人』でもない…。

要は

「この『賛否両論』の赤ワイン、JALのエコノミーで無料で提供されるやつと似た感じだよね?」

というニュアンスで言ったのだ…だけど漏れの記載読むと『値段について語っている』ようにも取れる…。

因みに…昨日送信してから

「『JALの国際線エコノミーで無料で提供されるワインのクラス』って何か変な言い方だな?」

「『JALの国際線エコノミーで無料で提供されるクラスのワイン』の方が言い方としてそぐうよな?」

と思ったけど…直さなかった…まあこれは『どうでもいい事』ではあるが…(恥)

とにかく潜友は『クラス』とは言ってなかったように思う…これはおそらくは『漏れの誤記』…適当に書いちゃって申し訳ない…。










































b0136045_16023303.jpg

あと2つ『訂正』に付き合って頂く…。

このくだりだけでなく漏れは本シリーズで『グルマンな潜友』『グルマンな潜友』と書いてきたんだけど、昨日ちょっと気になってググッてみたら『グルマン』ってのは『大食漢の意』と書いてあって仰天!

『グルマン』って『グルメの格好良い言い方』だとずっと思っていた…『大食漢を示す言葉』とは全く知らなかった…。

『ちゃんと調べてから書けよ!』って話ですよね…お恥ずかしい…(恥)

みんなはもう忘れちゃったと思うけど、潜友はこのお食事会に先立ち

>『炊き込み御飯』に加えて『締めのアーリオオーリオ』まで出されちゃうと糖質過多になるのでちょっと…。

といったメールをくれた方…『大食漢』だなんてとんでもない…。

『大食漢』を名乗るべきなのは

「『炊き込み御飯』に加えて『締めのアーリオオーリオ』もやろう!」

と思った漏れこそが相応しい…。

今後は

「ども!グルマン小生です♪」

とか自己紹介すっか?おお!何かちょっと格好良いな(笑)

笑ってる場合じゃないので(恥)『最後の訂正』をいく…。

>『グルマンな潜友』(註:間違い…)は1片を口にして箸を置き2度と再び口にしなかった…(恥)

の部分…。

これは『間違い』とか『取り違え』とかではなく『盛大に盛ってしまった』…。

電車が狭山市駅に近付き

「何か…格好良く締めたいな…」

と思った漏れが書いてしまった『偽りの記述』…。

このくだりの対象飯『真鱈の煮付け』が『不評』であった事は昨日書いた…。

実はこの『不評』というのもやや盛ったもので(恥)実際のところは『しょっぱくてあんまり美味しくなかった』という事だったんだけど、その『しょっぱくてあんまり美味しくなかった理由』を潜友が非常に分かりやすい言葉で語ってくれたので(註:これについては次の投稿で後述する)

『潜友は件の煮付けを1片口にして後は手を付けなかった』

『そして徐ろに“その煮付けが美味しくなかった理由”を語り始めたのだ!』

なんて展開にしようとしたらつい盛っちゃった(笑)

『笑ってる場合じゃない』のについ『(笑)』を使ってしまう…ダメだなぁ漏れ…(恥)

とにかく、昨日の投稿は終い焦ってしまって『間違いを書いたり』『盛ってしまったりして』色々とスマンかった…。

ここまでに書いた『訂正』が『真相』…宜しくご理解頂きたい…。

最後に…何でそんなにも『終い焦ってしまったのか』というと…




















































b0136045_16360988.jpg

『早く帰って飯にしたかったから』終い焦ってしまった…。

『早く帰って新サンマ焼いて飯にしたかったから』終い焦ってしまったんだよ許してくれい…。

変なオチ付けてちゃって…。
大して反省している訳でもなさそうだな…(締め呆れ)
















続く…。
(次回は『真鱈の煮付けが美味しくなかった理由』から再開します…)
by shousei0000 | 2016-09-05 16:24 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shousei.exblog.jp/tb/26168509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< この日の一番の調味料だったのは... この日の一番の調味料だったのは... >>