何と…書く事がなくなった!

最近サイクリングしていないし、自炊や飲みや身近な生活の話も書き尽くしたし、ラグビーもまだ観に行ってないし(20日に行く)先日降って湧いた『終わらないクリスマス公演』の件も昨日しこたま書いたしで、ふと気付いたら『ブログに書く事』がなくなった(笑)

これは『極めて珍しい事』…『書く事がない』なんて滅多にないのに…まあ『そんなに面白おかしい生活をしている』という訳でもないのだが…。

とりあえず…『小ネタ』を幾つか拾って更新してみようか…。


















































b0136045_07260509.jpg

『終わらないクリスマス公演』について『余談』…。

『社交ダンスのポージング集』てなサイトから上の画面キャプチャーを引いてきた。

画面キャプチャーにある『ヒンジライン』乃至は『コントラチェック』のポーズで『男がキスを求め女が拒む』『今度は逆に女がキスをせがむが所詮はオカマなので男が全力拒否(笑)』という演出をするのだが、この場面は本来であれば『連続してやる』のが望ましい…『男が所望…女が拒否…』『女が所望…男が全力拒否(オカマだから←笑)』と連続する事で『対比の面白さ』が望めるから…。

ただ…ストーリーのラスト以前で『オカマネタ』を盛り込んでしまうのはどうなのか…それやった時点で『単なる滑稽芸』になってしまうのではないか…。

『終わらないクリスマス公演』の真髄は『真剣さ』にある…。

『タキシードの男性と女装したおっさん(笑)』が舞台に出てくる…。

男同士なのに『愛のダンス』を舞う…明らかにおかしい…変だ…。

変だけど2人共真剣に舞っている…女装したおっさん(笑)の方は『幼稚園のお遊戯会レベル』だけど(笑)それでも照れ笑いを浮かべたりせず役に入り込んで真面目に踊っている…。

そこに『面白さ』を感じて欲しい訳…『真剣にやるからこそ冗談が際立つ』ってのもあるだろうよ…。

なのに…そこでストーリー半ばで『オカマネタ』を入れてしまったらその時点で『全てはジョーク』になってしまう…その一方で『男→キス→女』『女→キス→男=オカマだから全力拒否(笑)』という連続展開はどうにも入れてみたい…。

相手は認知症もあるお年寄り…時間が空いたら忘れてしまう可能性もある…。

『男→キス→女』のシーンをやって、時間を空けて最後に『女→キス→男=オカマだから全力拒否(笑)』を持ってきたとしても

「ああ…さっきあった『男→キス→女』のシーンと対比になっているのね!」

と気付いてもらえないかも…まあ滑稽は滑稽だから笑ってもらえるとは思うけど…。

てな訳で…

















続く…。
(書く事できました←締め笑い)
by shousei0000 | 2016-11-14 07:48 | お気楽狭山市ライフ(笑)


<< 何と…書く事がなくなった! 続き。 衝撃!(11月13日の後悔…) >>