初ディナー! その12。

b0136045_18573653.jpg

『アミューズの説明を文章に起こしたもの』を再掲させて頂く…。

『寸評』というのは『iPhoneのICレコーダーで録音した説明を聞いた漏れの感想』なんだけど(笑)

>CBさんが「へえ〜」と感心している声が可愛い♪

などと腑抜けた事を書いている…お恥ずかしい…(汗顔)

これを書いた頃は『CBさんとの次の会食のプラン』をイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に打診した直後で、リアルから始まったものではないにしても漏れはCBさんと『友達みたいなもの』になれたように思っていた…『CBさんの為にオリジナルコースをシェフに相談した俺カッケー!』という想いもあった…。

だから『腑抜けた事』を書いている訳…お粗末な話だ嗤ってくれい…(含羞)

それはともかく…









































b0136045_18573642.jpg

『アミューズの話』をいこう…『地蛤と春野菜のジュレ寄せ』というお料理…。

『ジュレ寄せ』というものを漏れは多分初めて食べたと思うんだけど、蛤の風味が効いていて冷たくて爽やかで中々旨かったぞぽまいら!

『春野菜の彩り』も良い!『わさび菜の辛味』も確かにアクセントになっている!!

そして何より『ホタルイカ』が滅法旨かった!

濃密なイカの味わい…でもそれは『他の食材の味を打ち消す程の強い主張』はしない…バランスが取れている…。

見目麗しく、いろんな味がして、ジュレの食感と冷たさが心地良いまさに『アミューズ』(最初のお楽しみ)って感じの料理!『この先のコース料理への期待』がますます膨らむ!!

前に『5500円のコース』を頂いた時のアミューズは『新玉葱のブリュレ』だった。

あれはあれで旨かったし

「うん!『アミューズ』(最初のお楽しみ)って感じ♪」

てな具合に今回と同じ感想を抱いたのだが(笑)『8500円のコース』(今回のコース)と『5500円のコース』では同じアミューズでも『使う食材の種類や手のかけ方が違う』と感じた!

このホタルイカなんかは…『シェフが直々に築地で仕入れたもの』なんじゃないかな?(シェフは魚介類の仕入れを築地で自ら行うそうな)

瑞々しい緑の春野菜は…『シェフが自家畑で栽培したものか信頼できる農家から仕入れたもの』なんじゃないかな?

ジュレも含めて生っぽい味わいの食材だから『その鮮度や味わい』が際立つ!『お金をかけたからこその味わいなのかな?』なんて事を思う!

『8500円のコース』なんて漏れにとっては『高い部類』なんだけど、このアミューズを食べてみて『高くはないな!』と思った!

この先の料理が楽しみだ〜♪











































b0136045_19023157.jpg

『アンティパスト』に移行!

これは『アンティパストI』…『最初の前菜』…。















b0136045_19023164.jpg

『説明』はこちら(笑)

いや〜『寸評』に書いた通り『録音に入っている自分の声』がウザくてウザくて…(締め笑い)















続く…。
by shousei0000 | 2017-04-20 19:01 | ペリーニ アダージオ


<< 初ディナー! その13。 初ディナー! その11。 >>