不毛地帯…その3。

今日は『風邪明けの体調不良やや残り』って事で直帰してもう狭山市にいるんだけど…ちょっとだけブログを書く事にする…『狭山市駅下のドトール』なう(笑)

そんなに長居はしない…『せいぜい30分』ってところ…帰って卵粥作りたいからね…。

『卵粥』とか不調アピールしているみたいでちょっと恥ずかしいけど(笑)ここ2日『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦(出典は『カリ城』←笑)に従って『わりと重い飯』を食っていたから今日は軽めで行きたい…。

『卵粥』位がちょうどよい…『卵粥』とかちゃんとレシピ見て作るの初めて…。

程々でここ『ドトール』を上げよう…『卵粥』作らなきゃならないしね…明日の夜勤に備えて早めに休みたいしね…。

それに…
















































b0136045_18293919.jpg

『鰹のたたき』も買っちまったからね(笑)

『生もの持っているのにドトールに数時間滞在』とかあり得ないからね(笑)

『鰹のたたき』って『風邪不調明け体調不良残りの身』にどうなんだろう…でも…『今日食べたい副食』はこれしか浮ばんかった…。

早めに帰るよ…『鰹のたたきの鮮度が落ちないうちに』ね(笑)















































b0136045_19003945.jpg

鰹のたたきの為に(笑)先を急ぎます…。

4月26日19時44分、漏れは『この席の人』になりました…。

『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の目の前の席』…。

本来であれば『ワクワクドキドキシート』であったのだが(笑)『CBさん(女子♪)の同行がなくなった今』となってはむしろ『プレッシャーシート』…この席で独りで漏れは2時間とかもつのだろうか…。

暫く前に書いた『ドナドナ…』シリーズを思い出して欲しい…。

漏れはCBさんとの人間関係が終了し(哀)それに伴いドナドナキャンセル(恥)する事になった仔細をシェフに語れなかった…シェフもそれを聞かなかった…。

だからこの日のコースの会食中その話(ドナドナキャンセル…)をちょっとはしなくてはならないかと思っていたんですが…さすがはイケメンシェフ…あちらから『その話』については触れてきませんでした…。

「『ご一緒する予定だったあの女性』は…今日来れなくて残念でしたね…」

「また別の機会に…」

とおっしゃるに留まった…。

『全く触れないのも何だ』ってとこだろうけど、『触れ過ぎては不味いかも』というところで『上記のようなコメント』に留めたんでしょうね…。

「『シャレオツレストランのイケメンシェフ』ともなると『ドナドナキャンセル』とか珍しくもないから『配慮はバッチリ』ってとこなんだろうな…」

と感謝した…結局漏れは曖昧な笑いを浮かべただけで『ドナドナキャンセルの仔細』については何も述べなかった…。

「これでいい…これでよかったんだ…」

「『ドナドナキャンセルの仔細』は述べられず、『CBさんとのペリーニ アダージオ史』は終焉となり、『漏れ単独でのディナーの日々』が始まる…それでいい…」

なんて思いながら『コースの開始』を待ちました…。

いつものようにイケメンウェイターさんが飲み物のオーダーに来てくれたんですが、いつもなら『スパークリングワインでかんぱぁ〜い♪』といくところだったんですが

「独りで『スパークリングワイン』ってのも…」

と思って『ビール』に留めた…『ペリーニ アダージオ』でビール飲むの初めてだったよ(笑)

そして…背後にあるシャレオツ半個室(笑)から『スーツ着たサラリーマンのおぢさん達が普通に宴会している声』が賑やかに聞こえてきてクスクス独りで笑ったのでした…。

その中に『鮫島の笑い声な人』がいて(笑)その『ふぁっふぁっふぁ!』という奇異な笑い声に後々悩まされる事になるのは、この時点の漏れにはまだ分からなかったのでした…(締め笑い)














続く…。
(帰る!『鰹のたたきが悪くなっちゃうから』ね←再締め笑い)
by shousei0000 | 2017-05-10 19:03 | ペリーニ アダージオ


<< 不毛地帯…その4。 不毛地帯…その2。 >>