ロード トゥ ロードバイク! その6

前回お約束した我がクロスバイクの画像をアップします!といっても購入当初の画像が残ってないので、この画像はネットから引っ張ってきた物でありますが(笑)



b0136045_164419100.jpg



如何でしょう?小生が「トリノ・・・トリノ・・・」と思わず呟いてしまった、ヨーロピアーンな雰囲気がお分かり頂けますでしょうか(笑)あとハンドルが完全なライザーバーである事もお分かり頂けますしょうか?(何故これをフラットバーと取り違えてしまったのやら・・・←無知が故だろ!)
続けてもう一枚!真横からのフォルムをご紹介します。これまたネットから引っ張ってきたものでありまして、カラーリングは小生の愛車とは異なります(最初の一枚は完全に小生の愛車と同じものです)











b0136045_1654589.jpg




どうです?中々いかしてるでしょう?『クリーンスピード ウインナ』良いクロスバイクなんだけどなあ・・・。もっと売れてもよさそうなもんだけどなあ・・・。
画像中に見られる泥除けもサイドスタンドも標準装備なんですよ!クロモリ車で(パイプはあの『レイノルズ』でっせ!)フロントサス&リアソフトテールで、ディスクブレーキ装備までも装備してて、お値段破格?の約6万円!それを小生四万五千円也で購入しました♪(展示車だったので五万円になっていて、それを更に五千円まけてもらった←笑)
ほんま良いクロスバイクでっせ~♪重量は14Kg程ございますが・・・(色々装備してますからね←笑)

拙ブログをご覧の皆さん!もし今クロスバイク購入を考えているなら『日直商会 クリーンスピード ウインナ』も検討してみて下さい!装備万全でリーズナブルで、とにかく絶対お勧めですよ!希少価値だって抜群!自分の愛車以外にこいつが街中を走ってる姿を、小生未だかつて一度も見た事がありません!(それは『希少価値』ではなく『ド マイナー』と言うのでは?)

ただそのう・・・こいつは今でも生産されてるんでしょうか・・・?昨年の今時分発行の自転車雑誌に物凄~く小さく広告が載っていたのを見たのを最後に、後はついぞどこでも見かけないのですが・・・。それからネットで色々検索してみても、かなり古い情報でしかヒットしないんですが・・・。全く『日直商会』の奴(因みに『にっちょくしょうかい』ではなく『にちなおしょうかい』と読みます)自分とこで作ってる自転車位、ホームページに載せとけっつーの(怒)←だからもう生産中止になってるのでは?

あと『ウインナ』って名前も良くないよなぁ・・・。『クリーンスピード』の名前はコーヒーをモチーフにしていて、この『ウインナ』っていうのも『ウインナーコーヒー』、つまりハプスブルグ オーストリアの古都ウイーンから採ってるんだけど、何か『ウインナ』っていうとソーセージみたいだもんなあ・・・。ちょっと格好悪いよなあ・・・。
でっ、でも、本当お勧めですよ(焦り)←焦るな! みんなで『ウインナ』仲間の輪を広げていきましょう!!(やなこった!ソーセージ仲間になんかなりたくねーや←嘲笑)

とまあそんな具合にソーセージ号(開き直り←笑)の画像を紹介してきた訳ですが、画像の方はここいらまでとして(ええ~ッ!たった2枚だけ~!しかもオリジナル画像なしかよ!←怒)ここからはいつも通りの、怒涛の文章攻勢ブログに戻らせてもらいます(笑)←笑えません! 前回くどくど記した通り、小生はソーセージ号(本当は『古都』って名前なんですが・・・でももういいや!拙ブログ中では本クロスバイクを『ソーセージ号』で通させてもらいますね←泣)購入から一月(ひとつき)余りで、バーエンドバーとトウクリップとストラップを追加装備し、サドルを革サドルに交換した(因みにペダルは購入時に金属製のペダルに換えていた だって純正の樹脂ペダル、めっちゃ格好悪かったんだも~ん←笑)本当はステム(可変式のやつ)も換えたかったのだが、この件でまたまた件のS氏に相談したところ

「ステムは素材、サイズ共、殆ど無数と言っていい程沢山の種類がありますよ」

「小生さん、何ミリのステムが欲しいとか分かってますか?」

「それがしっかり分かる様になるのはこの自転車のポジショニングが決まってから・・・つまりはもっと乗り込んでからの事ですよ」

「ポジショニングが決まってない今の時点でステムを換えても、多分すぐに気に入らなくなって、結果いくつもステムを買い換える事になっちゃいますよ」

とビシーッと指摘されてしまった・・・。全くS氏はいつもいつも正論なお方である(怒)←何故怒る!めっちゃ正しい指摘やん!
因みにずっと後の事になるが、小生はソーセージ号のステムを交換した。この時はS氏のとこでなく別のショップでステムを買い自分で交換したのだが、サイズを測ったりせずあてずっぽう(「大体この位だろう」って感じで)に買ったら短かすぎて、翌日もういっこ買いなおす羽目になってしまった・・・。脳裏にS氏が「だから言ったじゃないですか!」とおっしゃる情景が浮かび、独り赤面したものだった・・・(バカじゃん!)

またまた余談が過ぎたがそんな訳で、小生のソーセージ号は一月(ひとつき)余りで小さな変化を遂げ、小生はそれに満足した。特にサドルをブルックスに交換したのはルックス的にも大成功で、ヨーロピアーンな雰囲気と高級感が増大した!どの位高級感が増大したかというと、いきつけの肉屋のオヤジに

「おっ!格好良い自転車ですね!」

「特に椅子が良いですね~革ですか?」

と褒めやそめやされた程、高級感が増したのである!しっかし肉屋のオヤジに褒められたからって、高級感が増したと考えるのは無理があるかなあ・・・(その通りですね!←嘲笑)

それはともかく、購入したのが平成18年の10月位で、上記改造を行ったのが同11月中旬。そして同12月には職場の元同僚と、初めてのロングライドツーリングを慣行した!目的地は奥多摩は桧原村。互いの中間地点である西東京市で合流し桧原村までえっちらこっちら漕いで、また西東京市まで折り返してきて、ほんでもって何故か三鷹まで移動して祝杯を挙げた(飲酒運転しない為に自転車買ったんじゃなかったんかい!)そして最終的に地元に辿り着いた時には、サイコンの距離計の数字は130Kmを示していた・・・。一日に130Kmを走破したのは四半世紀前のサイクリスト時代にも殆どなかった事で、小生はその数字に大いに満足した。
もっとも帰宅した時には深夜2時とかになってましたけどね(笑)←なんじゃそりゃ~ッ!!

年は変わって平成19年1月には、初めての峠越えも経験した。自宅を出て青梅市は成木まで行き、そこから小沢峠を越えて名栗湖近くの『さわらびの湯』で温泉して帰宅するという行程だったが、この小沢峠が結構参った!標高にして300m足らずのささやかな峠で、四半世紀前のサイクリスト時代に走った様な記憶もあったので油断していたのだが、途中はともかく頂上トンネル付近の200m位が中々な勾配であり(ネットにそう書いてあったから間違いない←笑)フロントシングル42T、リア ロー28T(だったかな?)のソーセージ号のギア比と小生の非力な脚力ではかなり難儀なポイントであった。、何とか足は着かなかったものの小生は息も絶え絶えになり、頂上に着いた時には半死半生状態になっていた(笑)しかもそこまでな想いをして漸く『さわらびの湯』に辿り着いてみると『改装工事の為1月一杯休業さて頂きます』の看板が!
全く何の為に行ったのやら・・・(泣)

この時の経験から、小生はソーセージ号のフロントシングルに不安を感じ、ダブルなりトリプルなりへの換装を決意した。それは中々に難儀な作業になりそうであり、自分でやるのには些か不安があった(『四半世紀前のサイクリスト』じゃなかったんかい!)そこでまたまた件のS氏のショップに持ち込み、この改造を依頼した。ひょっとしたらS氏から

「街乗り中心に使うクロスバイクにフロント複数ギアはいらないのでは?」

「重量が増すだけで不要な改造になると思いますけどねぇ・・・」

とか言われるんじゃないかと戦々恐々としていたが(笑)特にS氏は何も言わず、この改造を受け入れてくれた(ホッ)←何故自転車屋さんにそこまで気を遣う?
そして10日後、フロント三段(48 34 28 だったかな?)となった
ニューソーセージ号がデビューした。シフトスタイルもグリップシフトからラピッドファイヤー(でしたっけ?)となり、ニューソーセージ号は増々精悍さを増した!(『ハンドル廻りがゴチャついた』ともいう←笑)新たな姿と性能を手に入れたニューソーセージ号を駆り、小生は自宅近辺をクルクルクルクル走り回ったのでありました(何故自宅近辺?折角改造したんだから遠くに行け~ッ!!!)




この頃の画像が残っていたので添付します。












b0136045_19595089.jpg

この暫く後に撤去されるトウクリップとストラップと可変ステムが、懐かしくも眩しいですね(笑)














続く(画像添付と色文字拡大文字での強調表現って楽しいですね~やみつきになりそう♪←くだらん事で喜ぶなッ!四十路だろッ!!)
by shousei0000 | 2008-04-18 20:30 | アクア購入の軌跡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shousei.exblog.jp/tb/8422448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ロード トゥ ロードバイク! その7 ロード トゥ ロードバイク! その5 >>