2017年 03月 06日 ( 2 )

【悲報?】漏れ氏、かの店に振られ新宿の某店でマターリとする…。

今日は3月クライシス対策(恥)で新宿に出て『金策』へ…。

『売れるものを売る為に』都内に出た…(恥)

まあ『都内まで行く必要』は別になかったのだが(笑)『別件』を僅かな楽しみに遥かなる都内(そこまで遠くはない←笑)へ…。

そして金策(恥)を済ませた後『別件』に向かったところ…










































b0136045_16344828.jpg















b0136045_16344801.jpg

まさかの『休み』!

我が愛すべきイタリアン店『ペリーニ アダージオ』月曜なのに『まさかの休み』!!

一瞬呆然としたけど(笑)

「まあ…こういう事もあるよな…」

と素直に撤退…。

天気が良かったらその辺徘徊して(笑)『何らかのお店に入る』って選択肢もあったんだけど、小雨がパラついていて徘徊(笑)する余地もなかったから素直に撤退…そして新宿へ…。

イタリアン食う気満々でいたから諦めがつかず『新宿 イタリアン』で検索したけど『それっぽいお店』が中々ヒットしなくて草…。

新宿は基本『夜の街』なんですよね…。

『土日祝日』はともかく『平日』となると『昼時にやっているイタリアン店』が意外に無い…。

それで難儀した結果『とある百貨店上にあるそれっぽいイタリアン店』に行き当たり足を運んでみると、『前菜、パスタ、デザート、コーヒーのランチは三千円から』で『サービス料が10%つく』とかで草…これにグラスワイン何杯か飲んだら『昼間っから5千円』だよ…(哀)

だもんでそこは回避して(何の為に百貨店の上の方まで来たのか…←哀)結局『馴染みのあそこ』に行ってみる事にした…。

それがどこかというと…







































b0136045_17053298.jpg

『ここ』だ…『サイゼリヤ』だ…。

新宿の高層ビル?地下にあるサイゼリヤに足を運んだった…。

『繁華街のサイゼリヤ』だけに『おひとり様の席』は『自習室の独り用ブース』みたいでクソワロタ…。














b0136045_17151346.jpg

ゼリヤ(サイゼリヤ)のランチメニュー…。

ワンコイン(500円)でスープとサラダが付き9種のメインから選べるなんて中々やるなゼリヤ…。

だが…そんなランチメニューには目もくれず…














b0136045_17151352.jpg

『プロシュートと白ワインデキャンター』を注文!(笑)

プロシュート(まあ『生ハム』だ)をつまみに白ワインをちゃぷちゃぷ飲んでいると…(変な表現←笑)














b0136045_17151412.jpg

で、でたァー!『ピリ辛チキン』!!

これ旨かったけど『なくてもよかった』な…とりあえず『5ピースは多かった』印象…。

そして…次に現れたのは…














b0136045_17151451.jpg

アラビアータ!

「なっ、何ィー!?サイゼリヤのアラビアータが『ロングパスタ』だとォー!?(驚愕)」

「そんな筈はない…サイゼリヤのアラビアータは『ショートパスタ』(ペンネ)だった筈…(疑視)」

と首を捻る人もいるかもしれないけど、試しに駄ダメ元で

「ショートパスタでなくロングパスタでできませんアラビアータ?」

と聞いたら『出来る』って言うんだよ!

だから…お任せしてみた…案外旨かったゾおまいら♪

ただ…漏れが作った『あら?ビアータ?』のほうが旨い…(笑)













b0136045_17395124.jpg

最後にデザートの赤ワイン(笑)を注文して〆。

お会計『1596円』也…コスパ的にはマジで最強に近いなサイゼリヤ…。














b0136045_17395194.jpg

コスパ最強のサイゼリヤ?のご自慢メニュー群!

どれをとってもパネエ(半端ない)価格…マジで日本とは思えねえ…。

ただ…(ただ?)




































b0136045_17395264.jpg

「それでも漏れは『ペリーニ アダージオ』を推す…何だかんだでゼリヤでも1500円オーバー使っちゃった訳やし…」

「『ペリーニ アダージオ』だったら『食べでのあるサラダ』に『行く度にメニューが違う工夫されたパスタ』に『香り高いコーヒー』に『グラスワイン一杯』で『1350円』だもん…」

「『ゼリヤのコスパの良さ』を目の当たりにして、逆に『ペリーニ アダージオのランチのクオリティの高さ』と『質に相反するリーズナブルさ』に気付いてしまったよ…」

と曇り顔で解説する小生氏…。
(レッドアローで久々に帰宅←締め笑い)












おしまい…。
(今日のペリーニ アダージオ詣では『3月末に行くディナーの打ち合わせの為』でした…空振りに終わったのでまた今度行かねば…←溜息)
by shousei0000 | 2017-03-06 17:38 | 食事

戦場帰りの男…終わりそうで終わらスムニダ!(韓国語←笑)

『各地の方言シリーズ』のワールドユース篇(いつからそうなった?←呆れ)第三弾はお隣の国『韓国』!

色々と問題を抱える我が国と彼の国だが漏れは仲良くして欲しいと思う…キムチと焼肉が大好きだから…。

「何つー理由だ!」

と呆れる人もいると思うけど『食文化』ってやっぱ大事だよ!自炊を始めてからつくづくそう思った!!

例えばさ…漏れに『外国人の友達』なんてもんができたとする…。

まあ『まるっきりあり得ない話』なんだけどね!『日本人の友達』もようできんのに『外国人の友達』とかできる筈もない(恥)

でも…それ言っちゃうと話が進まないから無理矢理進めていくけど(笑)漏れに『外国人の友達』ができたとして(できないけど…←蒸し返すな!←また呆れ)その外友(と略す←笑)を『おもてなし』なんかする事になったとして(そんな機会ないけど…←だから!蒸し返すな!!←三度呆れ)その時『どこかの飯屋にエスコートする』のと『我がアパートでお食事会する』のとどっちがその外友(笑)にとって嬉しいと思う?

決まっている…『我がアパートでのお食事会』の方が嬉しい!

「ニッポンジンノカテイノナカニハイレルンデスネ♪」
(日本人の家庭の中に入れるんですね♪)

とか言って踊り上がって喜ぶゼ外友(笑)

で…そん時に漏れが『和食』なり『その外友(笑)の故国の料理』を振舞ったら…どうなるよ?

『和食』だったら

「オウ!ジャーパニーズトラディショナルソウルフード!」

と踊り上がるだろうし、『外友(笑)の故国の料理』だったら

「ワオ!ワタシノクニノリョウリ!」
(ワオ!私の国の料理!」

「サイキンホームシックギミダッタカラコレハウレシい♪」
(最近ホームシック気味だったからこれは嬉しい♪)

と踊り上がる…踊り上がってばっかだな外友(笑)

まあそんな感じで(どんな感じ?)『自分の国の料理』『相手の国の料理』なんかを交えると急速に仲が深まると思う…。

しまいにはポン酒なんか酌み交わして

「♪きっさまとおぉれ〜わぁ〜♪」

「♪ドウキノサークーラ〜♪」

なんて歌いあったりして…って『いつの時代の人』なんだよ!俺と外友?(笑)

まあそんな具合に(どんな具合に?)食文化は大事だから、『キムチと焼肉が好きだから韓国との関係の良化を望む』ってのは極めてまっとうな事なのだよぽまいら!(牽強付会←笑)

それはともかく…









































b0136045_12185371.jpg

『戦場帰りの話』をいこう…(恥)

戦場帰り(インフル菌飛び交う老人ホームでの夜勤帰り)に東麻布のシャレオツレストラン『ペリーニ アダージオ』に寄って疲れを癒したのは既に書いた通り…。

その後新宿の伊勢丹…じゃなくて…伊勢たん(笑)に寄って『塩漬けケッパー』を手に入れたのも既に書いた通り…。

そして…それを使って作りましたですよう『リベンジのタコの溺れ煮』!

以前『酢漬けのケッパー』を入れてくっそ酸っぱくなって最後には残りを捨ててしまった『タコの溺れ煮』…(恥)

今回は『塩漬けケッパー』ゲトしたから同じ轍は踏むまい…『リベンジ』…なるか!?















































b0136045_12185419.jpg

まあ『リベンジなるかならないか』と言えば『なりませんでした』ねこの『タコの溺れ煮』…。

細かい事は端折るけど、この段階で(タコを投入する段階で)『嗅ぎ慣れた酸っぱい匂い』が充満して

「は?『塩漬けケッパー』入れたのに何故!?」

と懊悩…。

オリーブ(黒・緑)なんかもしこたま入れるから、ケッパーが塩漬けであろうと酢漬けであろうと『ある程度酸っぱい匂いになる』のね『タコの溺れ煮』…これは作ってみないと分からない事…。

そして…











































b0136045_12185438.jpg

完成…。

「何だこの『煮しめたコゲコゲみたいの』は!?」

と思う人もいると思うけど、『これはこれで正解』なのよ『タコの溺れ煮』としては『この形もあり』…。

イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の動画を参考にそのレシピに従い作ったんだけど、シェフの動画には『煮込みの時間』は指定されていなかった…『タコが柔らかくなったらできあがり』としか書かれていなかった…。

そこでよそのサイトも覗いてみたら

>一時間程煮込む。

>最終的にはペースト状になる。

と書いてあって、それで『一時間程煮込んだ』のが上の写真のブツ…因みに焦げてはいない…。

ぜってー不味そうな外観(恥)に戦々恐々としながら盛り付ける…敢えて味見はしないで…。

それでできたのが…









































b0136045_12185475.jpg

こちらのディナー(笑)

見た目だけなら美味そうでしょ?

でも実際は…。

あ…このバゲットも『伊勢たん(笑)で買ったもの』ね♪












半端なとこだけど…野暮用にて一旦切る…(続く…)
by shousei0000 | 2017-03-06 12:17 | 食事