2017年 05月 22日 ( 1 )

不毛地帯…その15。

『アミューズの話』を…再開しようか…













































b0136045_14415967.jpg

『聞き取りにくかった説明』も再度挙げておくね。

みんなにとっては『聞き取りにくかった説明』ってより『読みにくい説明』かな?(笑)















b0136045_14415945.jpg

ご覧の通り宴会おぢさん達(笑)の賑やかな会話や笑い声で一部聞き取れておりません。

でも…まだこの時点では一応は『文章』になっています。

よくよく読んで頂けば『生ハムとタリッタータの部分以外は一応は説明が聞き取れている事』が分かります。

でも…この後徐々に…(含み笑い)














b0136045_14415936.jpg

はい、『アミューズ盛り合わせ』です。

説明(の録音←笑)が一部聞き取れていないので、以降続くコース料理をちゃんと解説できるか不安なんですが…まあ…できるだけやっていきましょうかね(笑)

イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)がそうしてくれたように順を追って解説します。

上の写真の一番上やや右に『赤いのと白いの』が写っているでしょう?

赤いのが『フルーツトマト』で白いのが『燻製のモッツァレラチーズ』…おお…もうすぐ漏れが作って人気者になる予定の『燻製』だ(笑)

この取り合わせを『カプレーゼ』と言うそうです。

『サラダ』なんだって!漏れが連想するサラダと違いすぎて何かビックリ!!

『燻製のモッツァレラチーズ』がスモーキーで美味しかったです♪『当たり前すぎる感想』だな?(笑)

この時はまさか自分が後日燻製を作るようになるとは思ってもみなかった…人の世の転変の何と面白い事よ…。

まあ…まだ燻製鍋も買っていないんだけどね(笑)

その右下が『ペコロス』…『ペコロス』というのは『小さな玉ねぎ』の事…。

そんなもん生まれて初めて知った!ぽまいらだって『ペコロス』なんてもん知らんだろう?

味は『普通に玉ねぎ』でしたね。『バルサミコ酢の甘めのソース』と相まって中々旨い♪

その左下…時計で言うと6時の位置にあるのが『芽キャベツとそら豆のグラタン仕立て 生ハム巻き』…でいいのかなぁ?

シェフの説明は分かりやすくていつも最高なんだけど、『料理の名称、乃至は調理法』をいつも言うとは限らないからブログに書く時にちょっと困る事がある…この『芽キャベツとそら豆のグラタン仕立て 生ハム巻き』だって『イタリア語での名称』があるだろうに…。

次に行った時は…説明を受けて『それではお召し上がり下さい』ってなった時

「ちょっと待って下さいシェフ!」

「これは…何て名前のお料理なんですか?」

と聞くのを忘れないようにしなくてはな。

しっかし…『ペリーニ アダージオ』でコースを頂くと『料理の説明をiPhoneで録音したり』『料理の名称を伺ったり』『その後料理の写真を撮ったり』と何かメッチャ忙しいな(笑)

食べる前にあれこれしなくちゃならなくてちょっとめんどいけど…仕方ない…これも『ブログに書く為』だ(締め笑い)













続く…(夜勤いてきま〜す…)
by shousei0000 | 2017-05-22 14:40 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)