2017年 06月 03日 ( 3 )

モーホーイタリアン❤︎(5月27のペリーニ アダージオ 通算10度目の訪問)

b0136045_22492839.jpg

あれは…何を頂いた時だったんだろう…。

『5月27日のペリーニ アダージオ』…職場の同僚グロちゃん(笑)との所謂『モーホーイタリアン❤︎』での話…。

上の写真みたく野郎同士なのに『スパークリングワインでかんぱぁ〜い』をして(笑)コース料理を頂く中で『その事件』は起こった!

何かの拍子に『花ズッキーニの話』になった。

前回の訪問(さっきまで書いていた『不毛地帯…』シリーズの時な)で『詰め物をした花ズッキーニのソテー』を頂いた記憶も新しかったので、漏れはグロちゃんに

「『花ズッキーニ』って…知っているかグロちゃん?」

「『花の付いたズッキーニ』の事なんだけど…この花の部分に詰め物をしてソテーした料理が最高なんだ!」

なんて事を吹聴した(笑)

そしたら目の前のオープンキッチンで調理をしていたイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)がふとこんな事を言ったんだ。

「『花ズッキーニ』なら…『来週』来れば現物が見れますよ」

と…。

その言葉を聞いた時漏れは

「キタ…」

と思った…。

「なるほど…そうくるか…さすがイケメン♪」

と唸った…。

まあこれじゃあ何の事か分からないだろうから『解説』するけど(笑)シェフがおっしゃった『来週』というのは『ペリーニ アダージオのバーベキューの事』だったのだ!『現物が見れますよ』というのは『バーベキューの会場である畑で花ズッキーニが見れますよ』という事だったのだ!!

『ペリーニ アダージオのバーベキュー』…それに参加したくはあったが逡巡し続けてきた歴史(恥)はぽまいらもよく知るところ…(拙ブログに一杯書いてきましたからね…)

シェフは少なくとも『3度』誘ってくれた…。

CBさん(女子♪)と2度目のコース料理を頂いた時

「この人『このお店のバーベキュー』に興味があるんです!」

と凸したCBさんの言葉(笑)に

「おお!是非!!」

と言ってくれたのが『最初』…。

その後の会話の中で

「でも…そのバーベキューは『古くからの常連さん』が多いんでしょう?」

と逃げを打つ漏れ(恥)に対して

「うちは開店してからまだ3年位なので『古くからの常連さん』なんていませんよ。気楽に参加して下さい」

と言ってくれたのが『2度目』…。

そして…『不毛地帯…』の中の何かのタイミングで(忘れた…_| ̄|〇)誘ってくれたのが『3度目』…となる。

『3度目』の時は漏れも前向きになっていて

「バーベキュー…是非行きたいと思っています!」

「他のイベントにも今年一年色々参加したいと思ってます!」

とかぶち上げちゃったんだけど(笑)店を出たら急に冷静になって

「無理…_| ̄|〇」

とかなった…(恥)

何で『無理…』かはもう一々書かないけど(分かっているよなぽまいら…)3度も声を掛けてもらったのに『まだ逡巡している自分』がいた…それを明敏なシェフは察知した筈…。

「小生さんは…普通の誘い方をしても来ないかもしれないな…」

と思ったシェフ(多分な←笑)は『搦め手から来た』のだ!

『バーベキューにいらっしゃい!』と正面からはおっしゃらず(それはもう3度も言ってくれたのだ…←恥)

「『花ズッキーニ』なら…『来週』来れば現物が見れますよ」

と間接的にさり気なく誘ってくれたのだ!まさに『搦め手』!!

「来週?『来週』って…何の来週ですか?」

などと漏れが思おう訳がない!

一発でピピーンって分かったよ!『来週=ペリーニ アダージオのバーベキュー』って(笑)

上に書いた『キタ…』という台詞は

『バーベキューの話題キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!』

という事(笑)

『なるほど…そうくるか…さすがイケメン♪』という台詞は

『搦め手からさり気なくバーベキューに誘ってくれてありがとうイケメンシェフ!』

という事(笑)

これ以上断る理由が見つからず(というより元々参加したくてしたくてしょうがなかったのだ←笑)『これでグズグズ言っていたら本当にAuto…』と思った漏れは

「あ、はい、『来週』ね…ハハ…」

とそれでも軽く逃げを打ち(笑)その返す刀で逡巡する自分を断ち切るように

「逝きます!」

と言ったのだ(笑)

かようにして遂に『ペリーニ アダージオのバーベキュー』に参加する事になったのだが(感激!)こういう『搦め手からの誘い』なんてのもできるシェフはやっぱ凄いと思った!

「この手の誘い方で…今までの人生の中で女の子とか一杯落としてきたんだろうなぁシェフは…」

なんて事も思った(笑)

『人たらし』なんて言葉を思い出した…。

『頑なな人は搦め手から』『積極的な人は正面から』と使い分けて、シェフは今までの人生の中で人と関わってきたに違いない…その一端をこの日シェフは漏れに見せてくれた…

その感動?を胸に漏れは明日『ペリーニ アダージオのバーベキュー』にいてくる…もう浮いたって構わない『ビステッカ・フィオレンティーナ』さえ食べられたら…(笑)

そんな会話の中

「小生さんは…実はもうメンバーに入れてあります(笑)」

とイケメンシェフが言う…何て嬉しい冗談…(感涙)

帰り際にイケメンウェイターさんも言う…。

「もうメンバーに入っています(笑)」

と…何て嬉しい冗談…(感涙)

『ペリーニ アダージオのバーベキュー』は『仕事』で『お金を払えば誰でも参加できるもの』ではあるけど、ここまでの逡巡の歴史(恥)がある漏れにとっては『プラチナイベント』!

『10種のアンティパスト』と『ビステッカ・フィオレンティーナ』を食い尽くしてやる!

『生ビール』も『ワイン』もザブザブ飲んでやる!

自分なりに楽しむゾー!

こりゃ〜『他のお客さんと交流する時間』とかないな☆

その手のイベントでは『それが一番大事』なのでは!?
何でそうも他者との交流を拒むんだよ!?

拒んでなどいない…。
『自信がないだけ』だ…_| ̄|〇
















続く…。
(この投稿書く為に狭山市駅の待合室で『残業』した…明日どうなるか不安で不安でしょうがないけど…自分でできる範囲で楽しんできますワン…←まだ『犬』になる気かよ!?←再締め呆れ)
by shousei0000 | 2017-06-03 22:48 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

不毛地帯…最後!

b0136045_20515868.jpg

さあー!巻くでー!明日はもう『ペリーニ アダージオのバーベキュー』だからな!(汗)

上の写真はプリモピアットIIの『“タリアテッレ” 北海道産鴨肉のラグー モンタルチーノ風』である!

これ…ぽまいらにしてみたら『呪文』だろうな?

『タリアテッレ』だの『ラグー』だの『モンタルチーノ』だのさっぱりだろうな?(笑)

うし!漏れが解説してやろう!

『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の説明の録音(笑)』は半個室宴会チームの賑わい(笑)で相変わらず聞き取りにくかったんだけど(哀)それでも耳を澄ませて頑張って聞いて(笑)それでも聞き取れんかった部分は(あるのだよ…鮫島め…)ネットで検索して補完して何とか理解した(笑)

『タリアテッレ』というのは『リボン状の平打ちパスタ』!

『タリアテッレ』なんてぽまいら初めて聞いただろう?実は…漏れも初めてなんだ(笑)

『ラグー』というのは『煮込み』!

昔『ペリーニ アダージオのホームページ』に『ラグー』という言葉を見出した時

「『ラグー』というのは何じゃらほい?」

と呟いた漏れが『ラグーの説明』をする日がくるとは…何か感無量…。

しかし…まあ何つーか…『何じゃらほい』って『一体いつの時代の人間なんだよ!?』という話ですよね?(笑)

『モンタルチーノ風』の『モンタルチーノ』というのは『地名』!

イタリアはトスカーナ地方に『モンタルチーノ』という街があるそうな!モンタルチーノの料理を模したから『モンタルチーノ風』となるらしい!

『モンタルチーノ風』は別の言い方をすると『モンタルチーニ』になるらしい…これはこれで格好良いよな?(笑)

つまり!まとめて言うと

『モンタルチーノ風に煮込んだ鴨肉ソースで頂く平打ちパスタ』

となる!『完璧な説明』に涙が止まらねえ…。

つか…『これで合っている』のかしらん?

自信ないなら書くな!(汗)









































b0136045_20515918.jpg

『味の説明』も少しはしようかね…(恥)

一言で言うと『ビーフシチューで頂くパスタ』って感じ!『鴨肉』なのに『ビーフ』とはこれ如何に!?(笑)

まあ分かりやすく言うと『ビーフシチュー』って事(笑)『ブラウンソース』と言ってもいいのかな?(よく分かっていない←笑)

『肉の旨みが出た濃いめのソース』が『平打ちパスタ』によく絡んで旨い!お腹にたまる!!

『ペリーニ アダージオのコース料理』はいつも思うんだけど『お腹一杯になる』!

その昔『イタリアン』と聞くと

「つまり…アレだろ?『女を口説く為に食べに行く料理』だろ!?」

「ちまちま細かいもんを時間を置きながら提供して何かめんどくせえ…腹の足しにもなりゃしない…」

と憎悪の念に捉われながら思ったものだったが(『自分には関係ない世界』だから『憎悪の念』ね←笑)時間を遡る事ができるものなら、漏れは当時の自分にこう言ってやりたい…。

「イタリアンのコースは『十分にお腹一杯になる料理』だよ!」

「時間を置きながら順々に提供される料理も『綺麗で楽しくてワクワクするもの』だよ♪」

と…。

それを聞いた『当時の俺』はきっと驚くだろうな…。

未来の自分が『イタリアン大好き!』なんて言っているんだもん…。

「えっ?何?あんた『未来の俺』なの!?」

「そっか〜未来の俺は『イタリアン好き』かぁ〜なるほどなるほど…」

なんて嬉しそうに言って

「で…誰とイタリアン食いに行ってるんだ?」

「勿論…『女』だよな?」

と問うてくるだろう…。

その問いに対して漏れは下を向いて

「い、いや…『独り』で…」

と答える…ってダメだぁー!

何なんだそれは!?(また呆れ)







































b0136045_20515989.jpg

オーラス!

メインセコンドピアットの『カッチュコ』!

お兄ちゃん動画(笑)で観て以来いつかは食べてみたいと思っていた『カッチュコ』…それが遂に我が目の前に…(感涙)

『ブイヤベースっぽい料理』と聞いていたから『魚介の味が立ったもの』と思っていたけど、頂いてみたら『赤ワインの味が立った部分』を強く感じた!

『魚介の味』も当然濃厚にするんだけど、煮込む時に入れた赤ワインの味が強く主張する!一言で言うと『大人の味』!!

赤ワインって料理に入れると『強く主張する』よね?

漏れも先日ボロネーゼを作った時『酒』の代わりに『赤ワイン』を入れたらビックリする位『強く主張した』!赤ワインって凄い!!

『カッチュコ』は動画を観てからいつかは作りたいと思っていたけど(豪語!)でも作らなかったけど(魚介を色々するのがめんどくて…←恥)今回『現物』を頂いてみて思ったのは

「これは…『他者と食卓を囲む時に作る料理』だなぁ…」

という事…。

いろんな魚介が入っていて見た目にも味的にも楽しい料理なんだけど、そんなん『自分独りの為だけに作るの』って何か寂しいじゃん?『誰かと食べてこそのカッチュコ』だよ…。

てな訳で…我がアパートで『カッチュコ』を作るとしたら『女子が来る時』かなぁ?

でも…来ないんだよなぁ『女子』…(しつこい?←笑)














































b0136045_21323421.jpg

はい!『終わり』だよ(笑)

ペリーニ アダージオでの初独りディナー(恥)を終えて『公園んとこ』でタバコを一服!

この時時間は『22時10分』…店に入ったのは『19時44分』…。

つまりは『2時間半近く独りでペリーニ アダージオにいた』という事…『イケメンシェフもイケメンウェイターさんもウンザリ』ってとこだよな?(笑)

この2時間半の間常に思ったのは

「独りディナーは『不毛地帯』…」

という事…。

独りでも楽しいし美味しいし色々あってブログネタも沢山せしめたんだけど(笑)それでもやっぱ『不毛』なんだ!『期待や喜びや面白さを共有共感する相手のいないコース料理』は『不毛地帯』…。

4月26日の初独りディナー(恥)は『ふたつの不毛地帯』でした…。

鮫島が「ふぁっふぁっふぁ!」と笑う『不毛地帯』…(笑)

独りで黙々と食べ時折ニヤニヤする(笑)『不毛地帯』…。

まあ『鮫島の件』はどうでもいいんだけど(でもタイトルを付ける上ではありがたかった←笑)『独りで黙々と食べ時折ニヤニヤする件』については

「これは…やっぱ『連れ』が必要だよ…」

「毎回でなくてもいいけど『ペリーニ アダージオでコース料理を頂く時』は誰かと来たい…」

とつくづく思った…。

漏れは『独り飲み』とか当たり前の人間で(笑)世間の人が「えっ!?」と思うらしい『独り焼肉』だって余裕でできちゃう人間で(恥)『独りしゃぶしゃぶ』もやった事があれば(恥)『独りすき焼き』だっていつかはやりそうな人間だけど(恥)そんな自分が

「独りは寂しい…」

と思った事がちょっと意外で(笑)

「『人好きのイタリア人の料理』だからそういう気持ちになったのかなぁ…」

なんて事も考えた…まあイタリア人だからって全ての人が『人好き』って事もないだろうけど…(『暗くて陰気で孤独なイタリア人』だっているでしょうからね…)

とまあそんな想いから『職場の同僚のグロちゃん』を動員して(笑)『モーホーイタリアン』になり(笑)遂には『ペリーニ アダージオのバーベキュー』に参加する事にもなったんだけど(明日大丈夫かなぁ…不安だなぁ…)そんな過程の中でも色々思う事があったよ!明日以降色々書いていくね(笑)

とりあえず『不毛地帯…』シリーズはこれにて完結!

長々と付き合って頂き誠にありがとうございました♪(やた!オワタ!!←締め笑い)












おしまい♪
(あと一話…あと一話『別の話』を書いておきたい…狭山市駅に着くまでに書けるかなぁ…)
by shousei0000 | 2017-06-03 21:31 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

不毛地帯…その23。

b0136045_09175702.jpg

話の展開を急いではいるんだけど…(明日の今頃はもう『ペリーニ アダージオのバーベキューの集合場所』に向かっている…←汗)通勤往路のこの電車内だけで終わる筈ないから(恥)『余談』を幾つか!

上の画像は昨日の投稿に書いた『カッチョ・エ・ペペの秘法』!イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)がチーズ本体にフライパンから直接パスタを投入している!!

漏れにとっては『不思議で目を惹かれる光景』だったんだけど…『イタリアンの世界では常識』なのかな?『珍しくもない光景』なのかな?

まあ漏れはこれからもイタリアントーシロ(笑)丸出しに『分からない事』は何でもシェフに聞いていくよ♪















































b0136045_09175766.jpg

本シリーズ中何度も登場した『シャレオツ半個室』…『曇りガラスで仕切られているけど完全な個室ではない』というところがシャレオツだよな?(笑)

漏れもかつてここでCBさん(女子♪)と『ペリーニ アダージオでの初めてのコース料理』を頂いたものだった…(遠い目)

『シャレオツカウンターのすぐ後ろにシャレオツ半個室があるの』…分かります?

漏れはこのカウンター席で初独りディナー(恥)していたから『半個室宴会チームの歓談の声』がうるそうてうるそうて…(笑)『鮫島の笑い声』もダイレクトに来たでー(笑)

そんな位置関係をぽまいらに知ってもらいたく『この画像』を挙げました。

因みに…シャレオツ半個室(笑)の内装は今は写真のものとちょっと違います。


















































b0136045_09175844.jpg

シャレオツ半個室宴会チーム(笑)がこの日食べていた『ビステッカ・フィオレンティーナ』の写真!

じゃなくて…『よそから引いてきたビステッカ・フィオレンティーナの写真』(笑)

この日『シェフのビステッカ・フィオレンティーナの写真』を撮らなかったからよそのサイトで似たような写真を探したんだけど、『似たような写真』はどうにみも見つからなくて『上の写真』でお茶を濁した…。

肉の一片一片がもっと巨大だったんだよね…付け合わせもこの写真のとは違う…。

『食べやすさや見た目』を考えれば『この写真のビステッカ・フィオレンティーナの方がいい』とも言えるんだけど…漏れはあの日見た『山賊の宴会もかくや』と言わんばかりの『超〜豪快ビステッカ・フィオレンティーナ』が忘れられない…あん時写真撮っておけばよかった…。

まあ明日食えるんだけどね『シェフのビステッカ・フィオレンティーナ』…。

『野外でバーベキュー』だから『より山賊風にする』のか…それとも『野外でバーベキュー』だからこそ『逆に繊細に盛り付ける』のか…シェフの塩梅が今から楽しみ♪

楽しみなんだけど…明日漏れ『浮く』んだろうなぁ…『他のお客さんの存在に緊張してガチガチになる』んだろうなぁ…。

何かね…もういっそ人間扱いしないで『犬扱い』とかにして欲しいよ…。

『バーベキューに犬(ペット)連れてくる』とかあるじゃないですか?人間がバーベキューに興じている傍らで犬は大人しく座っていてハッハッハとか声出している光景…見るじゃないですか?

そんなバーベキューの合間に

「おっ!ペロ〜!(犬の名前。『ペロ君』とは関係ない←笑)おまえも食べたいか!?」

と飼い主が叫んで肉片を犬に投げ与える…犬はハッハッハッハと喜んでそれを齧る…そんな光景あるじゃないですか?

犬は犬だから『人間の会話』に入らなくても誰も気にしない…一方で犬も犬で『久々の野外の雰囲気や時々投げ与えられるバーベキュー料理』に満足している…そんな自然な関係性が何か羨ましい…。

明日のバーベキューで『最初の自己紹介』みたいのがあったら

「自分の事を『人間』と思わないで下さい!『ペットの犬扱い』でお願いします!」

と言ってみようかな?(笑)

でも…それ言ったら『それはそれでまた浮く』か?『周りのお客さんドン引き』か?

『犬扱い計画』ダメだぁ…_| ̄|〇














続く…。
by shousei0000 | 2017-06-03 09:16 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)