カテゴリ:ペリーニ アダージオ( 86 )

BF! その8。

b0136045_20493850.jpg

朝の投稿に挙げた上の写真を見た人の中にはこんな事を思った方もいるかもしれません…。

「あんた…独りでアンティパストを食べビールを飲んでいたのかよ…」

と…。

上の写真の向かいには『空のイス』が3つ…テーブルの上には『食べ終わった皿』がひとつに『山盛りアンティパストの皿』と『並々のビールのグラス』が並ぶ…。

見ようによっては『独り宴会』と取れる…『食べ終わった皿』を『漏れの最初の一皿』と考えればますます『独り宴会』に見える…。

でも…さすがにそんな事はないんだな(笑)

この写真ではたまたま誰もいないように見えるけど(本当に『たまたま』なんでっせ!信じて!!)ちゃーんとおりましたがな『他のお客さん』がこのテーブルに!!

向かいのイスと左手方向には『行きのワゴン車で一緒だった、畑でもちょっと交流した4名様のグループ』(男性1名、女性3名)が座られ、右手の空の皿があるところには『漏れ以外で唯一の単独参加者だった、これまた畑でもちょっと交流した男性』が座していた!

畑で交流したのをいい事に何となく混ぜてもらったのよこのテーブルに(笑)座るべき席が確定して漏れが安堵したの何の…(ちょい照れ)

以降漏れはこの『4名様と1名様』と行動を共にしたんだけど(ただ飲んで喋っただけ←笑)結果的にはこのテーブルに座れた事はラッキーでした!

いろんな話が聞けたよ!これから少しずつ書いていく♪

漏れはこのバーベキューに参加するにあたり『3つの“ない”』を己に課していた。

それを列記してみると

①無理に喋ら『ない』!

②喋り過ぎ『ない』!

③飲み過ぎ『ない』!

の3つになる…ねっ?『ない』が3つでしょう?(笑)

①は…『できもしないのに会話を仕切ろうとするなよ俺!』って事(笑)

別に漏れは仕切り屋ではないんだけど、グループワークの研修なんかでついやっちゃうんだよね『これ』…。

『最初の探り合う様子や沈黙の時間』が怖くて怖くて

「◯◯さんは…何々なんですか〜」

「××さんは…そんな風にお考えですか〜」

とか司会者みたいに仕切っちゃう(笑)

でも…程なく『コミュ障』とバレるのか(恥)漏れが快活に喋る時間と相手は段々減っていき(恥)昼の休憩の頃には『単独行動』『ぼっち飯』という流れになってしまう…ええ…何度もありましたよそういう事…(恥)

だからこの日のバーベキューでは基本『喋りかけられなければ喋らない』という巨大な原則を己に課し、それをより分かりやすくしたのが『無理に喋らない!』という約束事でして…(恥)

③は…まあ分かるわなぁ…。

『泥酔するまで意地汚く飲むな!』という想いを込めて『飲み過ぎない!』としたと…まあそういう次第でして…(恥)

因みに…この①と③はまあ守れたんだけど…②の『喋り過ぎない!』というのはまああんま守れなかったな(笑)アルコールの力を借りて(恥)かなり喋った(笑)

その辺の事をバーベキューの模様に絡めて綴っていきたいところではあるが…電車が狭山市駅に着いたので今日はこれまで…。












続く…。
by shousei0000 | 2017-07-21 21:22 | ペリーニ アダージオ

BF! その7。

b0136045_09160479.jpg

昨日からの続きです!

『イケメンが白ワイン掲げている写真』からの続きです(笑)

これはつまり『乾杯の画』!

バーベキューのスタンバイに追われていたイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)でしたが、先輩の方(『TJ呼びする方』な)から

「おおーい!TJ!乾杯するのかしないのか!?」

と声を掛けられ

「あ、いや、勿論やりますよ!やります!!」

と慌てたように言い、センターっぽい位置に移動してグラスを掲げたのが上の写真なのでした!

因みに…この日は結局分からず終いでしたが、後日知ったところによると、『この先輩の方』は何の先輩なのかというと『シェフがピザ屋さんでアルバイトをしていた時の先輩』との事でした。

シェフがピザ屋さんでアルバイトをしていたのは学生時代と聞いているので、今シェフがお幾つなのかは知りませんが、おそらくは10年以上はこの先輩の方と付き合っているものと思われます。

今更ですが、シェフはイケメンで、華麗で繊細なイタリアンを作る名手で、まだお若いであろうに一軒のお店を切り盛りする身で、そして弁舌も爽やかなナイスガイ!

そんなナイスガイなイケメン(ややこしい言い方←笑)なのに『先輩』にかかっては

「ヲイ…乾杯するのかしないのかはっきりせい!」

みたいなぞんざいな扱いを受けていてちょっとおかしくなった(笑)

勿論『仲が良いからこそできるぞんざいな扱い』であろうし『先輩は何年経っても幾つになっても先輩』って事でもあるんだろうけど、漏れは『お店での颯爽としたシェフの姿』しか知らなかったので『いじり愛され突っ込まれるシェフの姿』を初めて見て

「なるほど…シェフにはこんな一面もあったんだなぁ…」

としみじみ思いました。

そして

「このバーベキューに参加したのは正解だった…」

ともしみじみ思ったのでした…。

このくだりの漏れの気持ち…分かります?

『素のシェフの姿を垣間見れて漏れドッキンコ☆』

てな気持ちでしたヨ❤︎

氏ねモーホー!(呆れ)












































b0136045_09241397.jpg

さあ始まりましたよ『ペリーニ アダージオのバーベキュー』が!

あんま時間がないので今は写真だけ載せて終わりますが(次の駅がもう職場駅…)上の写真は我らがアンティパスト軍(笑)から抽出した『漏れセレクト アンティパスト盛り合わせ』である!














b0136045_09241383.jpg

『漏れセレクト アンティパスト盛り合わせ』…の…パート2(笑)
















b0136045_09241345.jpg

ビールは…パート4位…かな?(締め笑い)













続く…。
by shousei0000 | 2017-07-21 09:23 | ペリーニ アダージオ

BF! その6。

圧倒的な我がアンティパスト軍(笑)の写真を列掲する!

『おんなじような写真』もあるけど全部載せる(笑)

無駄な改行(笑)とかせず一気にいく!

『料理の説明』はあまりしない!

つか…『できない』んだわ『料理の説明』…_| ̄|〇

この日のアンティパスト軍(笑)は『ずらりと並んだ大皿料理』って感じで出てきたので『シェフからの説明』は一々されなかったのでね…。










































b0136045_21134487.jpg












b0136045_21134483.jpg












b0136045_21134574.jpg














b0136045_21134555.jpg












b0136045_21134543.jpg














b0136045_21134691.jpg














b0136045_21242228.jpg

『畑での収穫を用いたアンティパスト』の一例!

これはサラダ作り!

半割れの人参(じゃないかもだけど…)もちゃんと頂きましたよー!













b0136045_21242397.jpg

漏れの蕪(じゃないかもだけど…)はこんな風に頂いた!

「蕪って…火ィ〜通さなくても食えるんだー!」

と何か感激した(笑)














b0136045_21242300.jpg

イケメン(シェフ)が何か作ってます…














b0136045_21242491.jpg

イケメン(シェフ)が何か作ってます…













b0136045_21242443.jpg

はい、カプレーゼ!

こん時の『カプレーゼエピソード』前に書いたけど…覚えてる奴はさすがにもういないだろうなぁ…(哀)













b0136045_21314635.jpg

アンティパスト全景!

『カプレーゼ』もいるよ(笑)













b0136045_21314776.jpg

逆サイドよりアンティパスト全景!














b0136045_21314795.jpg

アンティパストじゃないけど…肉!

「これらを用いて『ビステッカ・フィオレンティーナ』が作られるのか…」

と思うと漏れ震えちゃって震えちゃって…(笑)














b0136045_21314870.jpg

肉!にく!ニク!Niku!にくうー!!!

漏れの影が落ちていて何の写真かよく分かりませんね〜(笑)















b0136045_21373382.jpg

アルコール供給コーナー!

ぱっと見普通っぽく見えるかもしれないけど、色々なワインがあって生ビールのサーバーもあって、漏れにとってはまさに『極楽浄土』でしたね(笑)

漏れはこの極楽浄土(笑)に足繁く通いました!

因みに…『生ビールサーバーの最後の一杯』を頂いたのは漏れ…やったネ❤︎(笑)















b0136045_21434547.jpg

記念すべき最初の一杯が『これ』!

知らない人達の前で『生ビール…頂きまぁす❤︎』という自撮り(笑)を撮るのはさすがに気が引け(恥)かといって知らない人達に『ビール持っている写真』を撮ってもらう事もできず(さすがにね…)『ビールを持った自分の手の写真』に留めたのは返す返すも残念な事でした…(哀)

でも…『その代わりに』といっては何なんだけど…











































b0136045_21471108.jpg

『イケメンが白ワイン掲げている写真』なら有りまぁす❤︎(締め笑い)















続く…。
(今日はここまで…帰って『豚バラ肉と高菜のパスタ』でも作って食って寝ます…)
by shousei0000 | 2017-07-20 21:45 | ペリーニ アダージオ

BF! その5。

一ヶ月以上空いてしまった!(汗)

『6月4日のペリーニ アダージオのバーベキューの話』を綴る『BF!』シリーズ、まさかまさかの一ヶ月以上の中断…(泣)

最後の投稿が6月15日の『その4』…変なシリーズ物書いていたらえらい事になってしまった…(呆然)

7月30日に大学クラブ同期6名での『ペリーニ アダージオのビステッカ・フィオレンティーナコースお食事会』が迫っている…それまでに何とかこの『BF!』シリーズに目処を付けたい…(『終わらせる』とは言っていない←笑)

とりあえず再開する…『6月4日の13時過ぎにバーベキュー会場である神奈川県伊勢原市の農園に着いたところ』からの再開となる…。

ほんじゃまあとにかくいってみよ〜(力無い声で)


















































b0136045_19071043.jpg

ほい、バーベキュー会場に着きました(笑)

『アグリパーク 伊勢原』というバーベキュー設備を備えた農園です!

タープってやつが幾つか建っているのが見えると思いますが、これ実はラッキーな事なんです!

我々の前の時間帯にバーベキューをやっていたグループがこのタープってのを建ててくれていたので、それをそっくりそのまま使わせてもらったんです!

「去年はこれ(タープ)を建てるところから始めなくてはならなかったからなぁ〜」

と言うイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の先輩(覚えてます?)の言葉に漏れは小さくガッツポーズした…『タープを何張も建てるのがめんどそうだったから』だ…(笑)

「去年は人数が多かったから観光バス借りて来たけどここまで入ってこれなくて、10分位歩いてここまで来たんでしたよね〜」

と言うイケメンウェイターさん(大堀さん)の言葉に漏れはまた小さくガッツポーズする…『10分かけてここまで歩いて来るのが嫌だったから』だ…(笑)

『タープの件』はともかく『10分の徒歩』はマジでなくてよかった!

『10分位の徒歩』は別に構わないんだけど、この時点の漏れは多少話はしたもののまだ他のお客さんと距離があったので(恥)仮に10分徒歩をするとなるとそれは『沈黙の行軍』になってしまう…周りがワイワイしているのに一人だけ『沈黙の行軍』とか嫌すぎ…(恥)

だからそれがなくてなまらホッとしたんだけど(笑)そしたらイケメンシェフが

「じゃあ…まずみんなで畑に行きましょう!」

と言い出して漏れ驚愕!

『畑に行く』って事は『移動』を要す…『畑でバーベキューに使う野菜を収穫する』って事は『みんなでワイワイ』という展開になる…。

『徒歩10分の沈黙の行軍』を折角回避できたのに『畑への移動』『収穫でワイワイ』なんてのがあるんじゃ元の木阿弥…。

「そのパート…漏れ回避できんかなぁ…」

と思ったが、漏れ以外のお客さんは嬉々として

「畑いこー!」

「何が獲れるかな〜♪」

などと嬌声を挙げてシェフに先導されて歩き出す…。

仕方なく漏れも歩き出す…その移動が『5分程度の沈黙の行軍』になったのは言うまでもない…(恥)













































b0136045_19161472.jpg

『シェフの畑』に着きました。

漏れはここで『20分程度の沈黙の収穫』を余儀なくされた…というのはさすがに嘘(笑)

『和気藹々の輪に入れた』とまではいきませんでしたが(恥)それなりに他のお客さんとも話せました!

『行きのワゴン車で一緒だった4名のグループの方々』や『漏れ以外に唯一単独参加されていた男性の方』とそれなりに喋れた!

一度なんか『上記メンバー以外の美人さん』に話し掛けられたりして

「っしゃー!」
(このバーベキュー…何とかなるかも!?)

と快哉を挙げたりした(笑)

正直『めんどい…』と思っていた『畑での収穫』だったけど結果的には楽しかったですね(笑)













































b0136045_19292578.jpg

畑での収穫その①…『花ズッキーニ』!

漏れがこの『花ズッキーニ』を起点にバーベキューに参加する覚悟を決めた事を覚えてる人…います?いませんよね…(大分前に書いた話ですからね…)

細かい事はともかく(笑)この『花ズッキーニ』を見てテンションが上がった!

「うわー!花ズッキーニ!!」

「これにチーズ入れてソテーにしたの美味しかったなぁ〜♪」

などと独りごちしていたら(『独り言を言うな!』って話ですよね…←恥)『前述の美人さん』が

「えー!何それ?美味しそう〜♪」

などと話し掛けてくれて更にテンションアップ(笑)

「この相槌みたいのにまともに答えたら『キモいおぢさん』になっちまうんだろうなぁ…」

と思って曖昧な笑顔で応じたら(笑)

「それ…どんなお料理なんですか?」

と更に聞かれたので

「答えて…いいのか?」

と不安に思いながらも結局答えちゃった(笑)

「『親切な美人』っているとこにはいるもんなんだなぁ〜」

とウキウキしましたね(笑)













































b0136045_19483059.jpg

人参を収穫!完璧ッ♪

と一見思うでしょうが…













































b0136045_19483187.jpg

裏返したら『これ』…完璧じゃねえ…_| ̄|〇

この日は『急に暑くなった何日目か』って事で収穫的にはイマイチだった…と…『シェフの畑パートナーさん』に聞いた(笑)

要するに『熟れすぎてしまった』って事…この人参に限らず多くの野菜達がピークを過ぎていて『収穫には不向きな状態』になってしまった…。

ゴボウなんかも伸び過ぎてしまって『巨大ゴボウ』になっていた…でもその『巨大ゴボウ』を抜く過程で『前述4人グループの方々』や『同単独参加の男性の方』と話せてよかった…。

「このゴボウ…ヤバいッスよね?」

「えー!抜けないー!抜けます?」

てな感じに話せた…『巨大ゴボウ様々』だ(笑)

『シェフの畑パートナーさん』という存在がいるのは以前から知っていたけど(『ペリーニ アダージオのFacebook』を盗み見していたのでね←笑)漏れはその『畑パートナーさん』という存在を『伊勢原在住の美人さん』だと思い込んでいた(笑)

『シェフはイケメンである』

『シェフはその畑を毎日見に行ける環境にはいない』

『故にそのサポートをするのは“伊勢原在住の美人さん”である』

との完璧な三段論法で(三段論法として成立していねー!←笑)『伊勢原在住の美人さん』と思い込んでいたのだが(笑)実際にその日姿を現したのは『畑に精通してそうなアウトドア系の男性』で、漏れはその事実にホッとしたようなガッカリしたような…(笑)

でも…この『畑パートナーの男性』は説明上手で楽しくお話しを伺えて凄くよかったです♪







































b0136045_20141955.jpg

漏れの収穫!

さあ…これは何でしょう…。

その答えは…









































b0136045_20142071.jpg

『蕪』でした〜♪

小さな蕪が一杯なっていて、それは食べられるって『畑パートナーの男性の方』に聞いたので一杯獲った!

その蕪を洗って調理できる状態にしていたら(上の写真の状態ね)『前述の美人さん』がまた

「わー!美味しそうな蕪〜♪」

と声を掛けてくれた!

「何度も話し掛けてくれてありがとう美人さん…」

と泣きそうになった(笑)

まあこんな風に書くと

「普通に美人客と話していて楽しそうじゃん!」

「仲良く…なったのか?」

なんて思う方もいるかもしれないけど(います?←笑)安心して下さい…その美人さんと話したのは『これが最後』ですから〜(笑)

この後も多少は喋ったかもしれないけど、漏れの記憶の中にある直接対決?は『これが最後』だった(笑)

でも…『それを残念に思う気持ち』は更々無い…『美人と話す為にバーベキューに行ったのではないから』だ…。

他のお客さんについても、思っていたよりは色々話はできたけど『メアドやLINE:IDを交換して友達になった』という事はない…でも『それを残念に思う気持ち』はやはり無い…『他のお客さんとの横の紐帯を結ぶ為にバーベキューに行ったのではないから』だ…。

極論をすれば『この日ペリーニ アダージオのバーベキューに参加した理由』はひとつしかない…『シェフのバーベキュー料理を賞味する事』だ…。

それを更に抽出すれば『ビステッカ・フィオレンティーナを喰らう事』…『他者との交流』なんてものは二の次三の次なのだよ諸君…(負け惜しみで言ってはいない!←強調)

そして…『その宴の場』が整いつつある…。















































b0136045_20300431.jpg

『畑での収穫』『蕪洗い』を終えて会場に戻ってみたらワイングラスがずらりと並んでいてメッチャ昂まった!

行きのワゴン車の中でシェフの先輩の方(シェフを『TJ』と呼ぶ方な←笑)が語っていた『野外でのバーベキューなのにワイングラス』!!

「俺らがバーベキューの準備をすると、周りのグループの人達が『わー!バーベキューなのにワイングラスー!』とか『凄い肉ー!』とかザワザワするけど…折角のワインなのに紙コップなんかで飲めるかよー(笑)」

と先輩の方は言っていた…『そのワイングラス』が遂に白日の元に!(大袈裟?←笑)

その話を車中で聞いた時は正直ピンとこなかったんだけど(漏れは飲めれば何でもいいもんでね…←恥)こうしてバーベキューテーブルにワイングラスが並ぶの見たらメッチャ昂まって

「そうさ!」

「折角のワインを紙コップなんかで飲めるかようー!」

という気持ちになったから不思議だわ(笑)

そして…




































b0136045_20300539.jpg

ズラリと並ぶ『アンティパスト群』!

いや…これはもう『アンティパスト軍』である!

「圧倒的じゃないか我が軍は!!!」

と漏れがギレン張りに叫んだのは言うまでもない!(心の中でね←締め笑い)













続く…。
(話が進んだような進まないような…とりあえず帰りの電車ん中でもう一話書く…)
by shousei0000 | 2017-07-20 20:28 | ペリーニ アダージオ

ちょ!◯すぎやおまへんか!? 最後!

またまた間が空きました…こちらのシリーズ物(になってしまった…)を締めさせてもらいます…。

7月6日に『ペリーニ アダージオ』に伺い、イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)と月末に予定している大学クラブ同期とのビステッカ・フィオレンティーナコースの打ち合わせ(と称する独り飲み←笑)をしようと訪問した訳なのですが…










































b0136045_05404313.jpg

これと…















b0136045_05404356.jpg

これと…
















b0136045_05404397.jpg

これと…
















b0136045_05404411.jpg

これを食い…
















b0136045_05404436.jpg

そして酒の方もビールとかワインとかワインとかワインとかワインとかグラッパダブルまで飲んで、それで締めてもらったお代が何と0.78K!(7800円)

そのお代を提示された時

「ちょ!安すぎやおまへんか!?」

と漏れは思った!(とタイトルに繋がる訳です←笑)

この日はレシートを貰わかなかったからお代の仔細は分からないが、今までの経験からすると明らかに安すぎる!

だって…酒だけでも『4200円』だよ!
(一杯600円として『600×7杯』としてカウント)

そして…最後に頂いた冷製パスタだけで『1600円』とかだよ!

その両者を併せた金額が『5800円』…総額からこれを引いた残りが『2000円』…。

たった0.2K(この表示に戻しますね←笑)で『あの華麗なる三皿のアンティパスト』が出せたというのか?以前訪れた時頂いた『アンティパストの盛り合わせ』(一皿に盛り合わせたもの)が0.12Kであったのを考えると『金額的な違和感』が…。

ワインを4杯飲んでない可能性があるので(よく覚えていない…←恥)それを3杯で計算すれば0.06K浮くが、冷製パスタが0.18Kだった可能性もあるので(よく覚えていない…←恥)浮く金額は0.04Kになり、それを合算すると『あの華麗なる三皿のアンティパスト』のお代は0.24Kになる…これならまだ見合うかも…。

でも…それでも『まだ安い』と思う…安すぎですようイケメンシェフ…。

これは…ひょっとしたら…あれかな…









































b0136045_05404443.jpg

「今度大学クラブ同期5人を連れて6人で宴会するから…それで今日の飲み代は少しおまけしてくれたのかなイケメンシェフ?」

と想像してみる小生氏。

因みに…上の写真…漏れの頭から東京タワーが生えるような感じになるよう調整して撮りました(笑)










































b0136045_05404577.jpg

「いや!『一時的なサービス』なんかじゃない!!」

「漏れももう『ペリーニ アダージオ』に結構通っているから『常連さん割引』って事で安くしてくれたんだよきっとー!!」

と思って笑顔を浮かべる小生氏。

因みに…この写真は『頭から太陽が昇るイメージ』で撮りました(笑)

つまらん事やってんな!!!(締め呆れ)
















おしまい♪
(大学クラブ同期とのペリーニ アダージオでの同期会は7月30日に決まりました!楽しみです♪)
by shousei0000 | 2017-07-16 05:39 | ペリーニ アダージオ

ちょ!◯すぎやおまへんか!? 最後?(笑)

できるだけ本投稿で終わりたいと思っているが…さぁて…どうなんだろう…。

7月6日の話です…。

7月末の大学クラブ同期とのビステッカ・フィオレンティーナコースの打ち合わせ(と称する独り飲み←笑)に『ペリーニ アダージオ』に行った際の話です…。

『8名の予約』が控えていたので『コース』は諦めて『アンティパストとパスタのみ』に留めたのだが、そのアンティパストが『複数の皿』で提供されて漏れゴキゲン(笑)

『アンティパストIII』(3皿目のアンティパスト)から話を再開する…。

アンティパストIIIは…














































b0136045_22101985.jpg

これ!

『鱧と牛蒡のロトリーノ 比内地鶏の卵とサマートリュフを添えて』というお料理…何てぇ〜長い名前だ(笑)

『ロトリーノ』というのは『巻く』という事だそうな。

『牛蒡を生ハムで巻いて更に鱧で巻いて、それを炭火で焼いて比内地鶏の温泉卵風?と野菜を添えたお料理』…アンティパストにしては手が込み過ぎじゃね?(笑)

添えられているお野菜はイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の畑で獲れた『万願寺唐辛子』と『ツルムラサキ』との事…『またツルムラサキ』だ(笑)

散らしてある茶色いのは『サマートリュフ』…これだけはもう覚えたぞい!説明の録音(今なお毎回録音してます←笑)の中でも漏れがそう言っている(笑)

これもまあ当然旨かったんだけど、何より感動したのは『鱧』だった事!

鱧は『和の食材』だと思うけど(でいいよね?)漏れは鱧なんて代物は自発的に注文した事はなく(恥)食べた事ももしかしたら初めてかもしれないので(恥)それをイタリアンのアンティパストとして口にした事に何か感動した!

「あ、味の逆輸入やー!」

と思った(笑)

何にでも感動できて漏れ幸せッス(笑)















































b0136045_22102041.jpg

そして…『締めのパスタ』として頂いた『冷製カッペリーニ” 渡り蟹とレモン、サフラン』という冷製パスタ!

『冷製パスタ』なんて代物も漏れは多分初めて食べたんだけど、細い麺(カッペリーニ)の冷たいのが喉越し良くひゃっこくて旨かった!何か素麺っぽい(笑)

漏れの食レポはすぐに身近な食べ物に例えてしまって恥ずかしいんだけど(恥)このカッペリーニは確かに『素麺っぽい食感』がした!但し『歯応えやツルツル感』は素麺とは違う!じゃあ素麺じゃねえじゃん?(笑)

冷たいソースなのに『渡り蟹の香り』が濃密にして旨い!

「こういうもんか冷製パスタ〜♪」

と感動した!

ツルツルおぢさん(恥)がカッペリーニをツルツル食っていたら(笑)

「小生さんは…『冷製パスタ』なんかもよく作るんですか?」

とイケメンシェフに問われた…。

モチのロンで

「いいえ…」

と答えた…『冷製パスタ』なんて『作るの』はおろか『口にしたの』も多分初めて…(恥)

それにしてもこの『冷製カッペリーニ』は旨かった…。

「熱いのだけがパスタじゃねえ…」

としみじみ思った…。

「『冷製パスタ』…作ってみたい…」

と思った漏れだったけど、その数日後に実際に作ったのは…


















































b0136045_22102046.jpg

『これ』だった…。

『冷たいネバネバ蕎麦』…パスタ関係ねー(笑)

『冷製パスタ』に刺激を受けたものの作った事がなかったから『冷たいネバネバ蕎麦』にした…よく分かんねえな俺(笑)

7月に入ってから暑くて食欲が多少落ちていたから(あくまでも『多少』な…)今まであまりやっていなかった『素麺』なんか茹でて食っていたんだけど、シェフが作ってくれた『冷製カッペリーニ』に刺激を受けて『冷たいネバネバ蕎麦』を作ってみた!だから関係ねーじゃん!?(笑)

近いうちに『冷製パスタ』も作ってみよう!そん時はソースはともかく麺は『カッペリーニ』にしてみよう!乃至は『スパゲッティーニ』にしよう!!

色々夢が広がるなぁ〜って程の話でもねえか?(笑)












































b0136045_22534876.jpg

『冷製カッペリーニ』を頂いたのに前後して『8名の予約のお客さん』が到来!

8名のお客さんの応対にシェフが忙しそうだったので程々のところで退散した…。

上の写真は『8名のお客さんのテーブル』を事前に撮ったもの…相変わらず何でも撮っているぞい(笑)

この8名様は『ワインを学んでいるグループの方々』だそうで、この日は『8名がそれぞれに推すワインを持ち込んでシェフのお料理で頂く集まり』との事。

「『ワイン持ち込み』とかカッケー!」

と思っていたら

「そういう形でイタリアンを楽しむお客様も結構いるんですよ」

「私もやった事あります『ワインの持ち込み』…」

とシェフがおっしゃる。

それがどんなもんか知りたくてシェフにもう少し聞いてみたら

「そうですね…」

「私の場合は『一緒に行った女性に縁のあるワイン』とかですかね…」

とシェフが照れたように言う…。

分かるよな…『一緒に行った女性が生まれた年のワイン』とかを持ち込まれた訳だ…それで2人で乾杯したりした訳だ…。

「この人(シェフ)は…やっぱり『イケメン』なんだなぁ…」

としみじみ思った…『貴女の生まれた年のワインでかんぱぁ〜い❤︎』なんて洒落た事漏れにはぜってーできねえ…。

まず『金銭的に』できねえ…『女性が生まれた年のワイン』なんてもんはお高いだろうから…。

まあ『5歳の幼児が相手』なら『5年物のワイン』だからお高くなくてできるかもしれないが…それやったら間違いなくタイーホだよ…(汗)

次に『感覚的に』というか『センス的に』できねえ…『ワインを店に持ち込む』というシャレオツ感が漏れには全くねえ…(恥)

これも『5歳の幼児が相手』ならできるかもしれないが…『幼児にワインを勧めるのはその時点で犯罪』だからこれまた間違いなくタイーホ…(汗)

そして何より『一緒に行く女性がいない』からできねえ…モチのロンで『5歳の幼児』でも一緒に行ってくれる相手のアテがねえ…(恥)

つまり『完全無欠にできねえ』…『5歳の幼児ネタ』しつこくて悪かったな許して欲しい…(陳謝)















































b0136045_23125196.jpg


ワイングラスがずらりと並ぶカウンター…これもまた事前に撮っていた写真…。

後刻『ワインを学んでいるグループの8名様』はこのカウンターに『それぞれが推すワイン』をここに置かれてテイスティング宜しくワインを楽しまれていた…。

「かっちょえー!」

と思ったけど『ぜってー真似できねえ』とも思った…『推すワイン』なんて代物はそもそも漏れにはねえ…(恥)

敢えて言えば『スーパーで売っているチリワインが安くてまあまあで好き』だけど…そんなん持って行ったら『みんなポカーン』だろう…(恥)

それでまあ

「潮時やな…」

と思ってシェフにお会計をお願いしたら…お代は何と『0.78K』!(7800円位)

『0.78K』は正確な数字ではないけど(この日はレシート貰い忘れたのだ…)『アンティパスト3皿』と『パスタ1人前一皿』と『ビールとワインとワインとワインとワインとグラッパダブル?』でたった『0.78K』!

「ちょ!◯すぎやおまへんか!?」

「いっくら何でも安すぎやおまへんかイケメンシェフ!?」

という漏れの絶叫が店内にこだました!(締め笑い)













あとちょっと続く…(恥)
by shousei0000 | 2017-07-11 23:11 | ペリーニ アダージオ

ちょ!◯すぎやおまへんか!? 続き。

b0136045_09062918.jpg

『昨日ペリーニ アダージオで頂いたお料理達の感想』を書く…まあ基本『昨日書いたものの焼き直し』に過ぎないのだが…(恥)

一皿目のアンティパストは『神奈川県伊勢原市にあるシェフの畑で獲れたお野菜を使ったお料理』!

全部の感想を書いているとシリーズ物になってしまうので軽めの紹介でいくが(笑)グラスに入っている『人参の冷製スープ』がメッチャ旨かった!

加糖はしていないのに甘みがあってすこぶる旨い!所謂『素材そのものがもつ甘み』ってやつで和む♪

その左やや下にある緑のは『ツルムラサキ』!ワイらの家庭でもよく食卓に登るツルムラサキ!!

ツルムラサキのくせに?トマトと絡めると『立派なイタリアン』!立派なイタリアンなんだけど、もぐもぐしていると例の土臭い感じの味がして

「ああ…ツルムラサキやなぁ〜♪」

としみじみ思う、我々日本人には嬉しい?一品!

グラス下の茶色いのは『茄子のマルメターラ』!『甘くない茄子のジャム』との事!!

「パンにつけても美味しいですよ」

とイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に言われてそうしてみたら…旨い!

『ニンニクとオリーブオイル香る茄子の味』がパンに合って旨い!どこかで食べたような気がしたけど『どこで食べたか』が思い出せない(笑)

…って…やべえ…こんなペースで一々紹介していたらシリーズ物になる…(汗)



















b0136045_09222804.jpg

二皿目のアンティパスト!

昨日の投稿にも書いた通り、漏れはシェフに

「『盛り合わせ1200円』に捉われずアンティパストじゃんじゃん出して下さい!」

と言ったんだけど、そしたらシェフは

「じゃあ…幾つかのお皿に分けてお出しましょうね」

とおっしゃられて漏れニッコリ!

「それって…『準コース』じゃん♪」

とニンマリ(笑)

二皿目のアンティパストは内容を一言で表わすタイトルはつけにくいんだけど、向かって左に盛られている『水茄子と桃、プロシュート ゴルゴンゾーラのアクセント』という料理にビックリ!

「生ハム(プロシュート)とチーズ(ゴルゴンゾーラ)は合うだろう…それは普通にイタリアンのつまみとしてあるものやし…」

「でも…それらと『桃』ってどうなん?『水茄子』は?『甘い桃』と『甘くない水茄子』の相性ってどうなんだろう…」

と不安に思いつつもおそるおそる口に運んでみると…『杞憂』!

ホント『全くの杞憂』だった!『水気のある水茄子』と『ジューシーな桃』がまるで姉妹みたい(笑)それらとプロシュートとゴルゴンゾーラの相性もいい!従姉妹みたい(笑)

要するに『従姉妹会』って感じの味で漏れほのぼのしちゃった☆(要してねえッ!!!←締め呆れ)
















続く…。
(うし…今日は帰りに『いつものファミレスで残業』だ…_| ̄|〇)
by shousei0000 | 2017-07-07 09:21 | ペリーニ アダージオ

ちょ!◯すぎやおまへんか!?(7月6日のペリーニ アダージオ 通算16度目の訪問)

b0136045_20190504.jpg

さっきまで『ペリーニ アダージオ』にいた…。

入り口に『7月からのランチ営業内容の変更についてのご案内』が貼ってあってやや寂寥…やっぱあの千円ランチは『暫くはお休み』なのか…(哀)

でも…よくよく『ご案内』を読んでみたら『手打ちパスタ』と書いてあって『喜』!

手打ちパスタ絡みで『前菜、ドルチェが付いて2500円』とか『前菜、肉料理、ドルチェが付いて3500円』とか余裕で食いた過ぎて草!いつかは行ってみたいゼこのランチ♪

ただ…『予約営業』なんだよなぁ…この内容で何の不満もないけど『予約無しで行けたら更に最高』なんだけどなぁ…。

イケメンウェイターさん(大堀さん)の後釜…早よう入れ…(祈り)



















































b0136045_20502517.jpg

店内に入ったら『カウンター一杯にワイングラスが並んでいて』驚!

「ウェイターさんがいなくなったから『こうしたスタンバイ体制』取らなきゃならないのか!?」

と何となく寂しく思っていたら『予約があるから』との事!

入店は18時ちょいだったんだけど(開店ほぼ同時に駆け込みましたゼ←笑)『19時から8名様の予約がある』との事で、それで

「ワイングラス!総員スタンバっておけ!!」

「左舷!弾幕薄いよ!何やってんの!?」

となったらしい…『左舷』とか『弾幕薄いよ!』とかは関係ねえ!(ガノタネタでつ←笑)

今月は漏れにとっては珍しく飲み会の類いが多くて「ぐぬぬ…」と思っていたんだけど(飲み代に困って…←恥)その飲み会のひとつが中止になったので

「今日は…コースでいこうかしらん♪」

とニヤニヤしていたら、イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)が

「おっ、おおん…」

とおっしゃって没…『8名の予約で一杯になりそうでコースを出すのが微妙そう…』との事…。

それでまあそれ(コース…)は諦めて『アンティパスト盛り合わせ+手打ちパスタ一品』にしようと思ったんだけど

「今日はお野菜のいいのが入っています…うちの畑からね(笑)」

なんてシェフジョーク?を聞いたら堪らなくなってきて

「シェフ!『アンティパストの盛り合わせ』は値段に糸目は付けないのでガツガツ出して下さい!」

なんて事を漏れは言った!

前回の訪問時注文した…つかお任せした…『アンティパストの盛り合わせ』は確か1200円だった…。

それで十分満足したんだけど『うちの畑の野菜』と聞いたら黙っちゃいられねえ…こちらとら『その畑に行った事があるおあにいさん』だ…。

要は『アンティパスト盛り合わせ1200円に縛られずガンガン出して下さい!』って事!『コース5500円』がダメになった以上せめてアンティパスト位好き放題食べてえ…。

そんな漏れの言を聞いたシェフは小さく頷きカウンターの中に入る…そしてアンティパスト提供の準備に入る…。

19時といったらあと一時間もない…。

19時に店を出なくてはならない訳ではないけど、『8名の予約のお客さん』がいる以上どうしてもそちらにかかり切りになろう…つまりは実質この一時間足らずの時間が勝負…。

『シェフと漏れとのアンティパスト勝負』…そんな感じの展開が遂に始まったのだ…まあ『勝負』といっても『漏れは飲みながら待っているだけ』なのだが…(笑)

そして…やがて到着したのが…







































b0136045_22081874.jpg

一番勝負…アンティパストI…『伊勢原の畑の恵み達』!
















b0136045_22081921.jpg

二番勝負…アンティパストII…『み、水茄子と桃と生ハムとチーズが合うとか…嘘やろう!?&サザエはイタリアンにしても旨い』!



















b0136045_22081957.jpg

三番勝負…アンティパストIII…『鱧とか…もしかして初めて食ったかも…和の食材をイタリアンで初体験するとか何たる逆輸入』!!!



















b0136045_22081920.jpg

プリモピアット…つか…締めのパスタ…『冷製パスタとか昔の漏れなら「けっ!」で済ませていたけど、今日改めて頂いたらメッチャ美味くて自分でも作りたくなった渡り蟹とサフラン、レモンのカッペリーニ』!!!


















b0136045_22082000.jpg

あとまあ、ビールとかワインとかワインとかワインとかワインとかグラッパとかグラッパとか…(締め笑い)













続く…。
(単話で終わりにしたかったけど終わらんかった…もう1話お付き合い下さい…)
by shousei0000 | 2017-07-06 22:07 | ペリーニ アダージオ

またまたイチャイチャしたゼ!(6月29日のペリーニ アダージオ 通算15度目の訪問)

b0136045_22454573.jpg

昨日もまたまた『ペリーニ アダージオ』でイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)とイケメンウェイターさん(大堀さん)とイチャイチャしたゼ(笑)

漏れが入店した時『男性2名のお客さん』がいたが(モーホーかな?←笑)漏れに気を使ってか程なく退散されたので、その後はま〜たシェフとウェイターさんと漏れでイチャイチャしたゼ(笑)

上の写真はその最後に飲んだ『グラッパ』という蒸留酒…『イタリアの焼酎とも言うべき酒』だそうな…。

「イタリア人も焼酎好きなんだなぁ〜♪」

と思った…(違う?←笑)

今日は『コースで頼むには時間がキツかった…』のと『コースで頼むには財布がキツかった…』という事情もあって(恥)訪問するようになって初めて『アラカルト』で注文した!

『頼んだアラカルト』は何かというと…


















































b0136045_22454571.jpg

ピコピコピコーン!

『“スパゲッティーニ” 北海道産雲丹のマッキャード』!!

前回の訪問時コースの中で頂いた『スパゲッティーニの何ちゃら』(細かい事は忘れた…←恥)というのがあまりに旨かったので、今回は『スパゲッティーニの別バージョン』として単品で注文した!

前回の訪問時初めて知ったんだけど、『ランチのパスタは乾麺』で『ディナーのパスタは手打ち』だそうな!

その『手打ちのスパゲッティーニ』がモソモソして凄く旨い!

『モソモソした麺』なんて褒め言葉には思えないと思うけど…メッチャ褒め言葉なのよ!『モソモソした麺がソースによく絡んで』とにかく旨い!!

例えて言うなら『お蕎麦で作ったパスタ料理』って感じ!

これまた褒め言葉とはとても思えないと思うけど(恥)『お蕎麦っぽい色とモソモソ感と縮れた感じの麺』とソースの相性が実に絶妙!

「生パスタ(手打ちパスタ)って…こんなに旨いのか…」

と震えた…(久し振りの『震えた』ナリ←笑)

『雲丹のソース』も旨い!

『雲丹の絡んだオイルソース』だったら少ししつこい感じになったと思うけど、そこにトマトをマッキャード(『少し入れる』の意)しているので『しつこくない雲丹のソース』になってなまら旨い!自宅で食っていたら『皿まで舐める勢い』だったぞい(笑)

決して安くはないけど(一皿1800円也)『質量共に満足する一品』だった…『生パスタ』に癒された…。

これの前に『アンティパスト盛り合わせ』というのも頂いたんだけど…





































b0136045_17350812.jpg

写真撮り忘れた…『説明の録音』しかねえ…(哀)

でも…昨日は行ってよかったよ!

7月末に予定している大学クラブ同期との飲み会(もっち『ビステッカ・フィオレンティーナコース』な!)の打ち合わせの為に訪問したんだけど、心配してた飲みの問題は『プラ2000円で飲み放題』と聞いてなまらホッとした!

大学クラブ同期は全員男で(哀)みんなそれなりに飲むから

「あのペースで『ペリーニ アダージオ』で飲まれたら…どうなるんだろう…」

「金の問題もさる事ながら…『ビールひっきりなしに注文』とかなって『シェフ大わらわ』かも…」

と心配していたので『飲み放題の存在』に凄く安心した!これなら奴等(同期)との飲みでも無問題(笑)

「野郎6人…もしかしたらもう一人女が来るかもしれないんですけど…そんなむさ苦しい面々でワイワイやらせてもらいます(笑)」

とシェフに言ったら

「小生さん…『ドルチェ』…どうします?」

「『ビステッカ・フィオレンティーナコース』にはドルチェが付くんですけど、食べ盛りの男性?中心ならドルチェはいらないですかね?その分アンティパストに振ります?」

と言われて快哉を挙げた!

イタリアンのシェフなのに何なんだけど(とシェフは前置きされた)シェフはドルチェにはあまり重きを置いてないらしい…作るには作るけど『それよりはお料理を充実させたい』と思うそうな…。

『ペリーニ アダージオの基本コースである5500円のコース』にはドルチェは付いてないんだけど、これは『金額面で折り合わない』というのではなく『ドルチェより料理を楽しんで欲しい』というシェフの想いからそうしているそうな…実に素敵な考え方だ!

モチのロンで

「あ…ドルチェいらないッス!」

と答えた(笑)

「それで浮いた分は『サルシッチャ』をオナシャス♪」

と頼んだ(笑)

勝手にサルシッチャに振って同期達には申し訳ない気がしたからグループメール?に

>サルシッチャじゃない方がいいなら希望言ってクレメンス!

と書いたけど(笑)どうなるのかなぁ…『アンティパストに全振りしる!』とか言われるのかなぁ…。

そんなところも含めて『ペリーニ アダージオに於ける7月末の同期会』凄く楽しみデス♪














おしまい。
(今日はこれから知人の紹介で『お笑い芸人さんがやっているコミュニケーション系の居酒屋さん』にいてくる!その芸人さんがとても良い人で料理もかなりこだわっているらしくそこは楽しみなんだけど…『お客同士でワイワイするタイプのお店』ってとこが気になる…漏れそういうの苦手だから…常連さん達が来る前にサクッと飲み食いして帰る予定…←恥)
by shousei0000 | 2017-06-30 17:53 | ペリーニ アダージオ

ワヤクチャお食事(笑) その5。

b0136045_21252074.jpg

どんどんいくゾー!

『ペリーニ アダージオのバーベキューの話』に早く戻りたいからな(笑)

6月18日のワヤクチャお食事(笑)のセコンドは『ビステッカ・フィオレンティーナ』!

じゃなくて…『ビステッカ・フィオレンティーナ風』な(笑)『風』が付く(笑)

『Tボーンステーキ肉』を求めて多少悪あがきしてみたんだけど、我が生活圏である狭山市と実家のある入間市ではどうにもならなかった…『それっぽい肉屋』も回ってみたけど『無し』…。

結局スーパーで売っていた『厚さ3cmのアメリカ産肩ロース肉』と『和牛のヒレの安くなっていたの』でお茶を濁した…それをツベやネットで見た焼き方で焼いてみた…。

事前に試作を2度やった時は

『強火でガーッと1.5分、返して1.5分で、焼き終えたら暫く肉を寝かせてから提供』

というものだったが、当日の朝ツベやネットで見た

『弱火でじっくり5分…返して5分…フライパンから肉を上げて暫く寝かして、最後に強火で両面を1分ずつ』

という焼き方の方が何かそれっぽい感じがして(笑)その焼き方で焼いた…『試作した意味ねーじゃん!?』って話ですよね?(笑)

『その焼き方が功を奏したか』はここではあまり詳しく述べない…『ヒレは焼きすぎた』という事だけ書いておこう…(恥)

まあそれなりに旨かったよ『ビステッカ・フィオレンティーナ風』(笑)

ニンニクとローズマリーを刻んだものをオリーブオイルに入れて香りを移して、それを前述の肉に塗って(というか浸して)焼いたものが『ビステッカ・フィオレンティーナ風』(笑)この手法自体は『本家ビステッカ・フィオレンティーナと同じ』…だと思う(笑)

『下味の塩胡椒』も効いていて旨かった!『ソース』とかイラネ!!

『分厚い肉を食っている』という満足感には十二分に浸る事ができた!『ヒレは焼きすぎた』けど…(哀)

ステーキなんて今まであまり焼いた事がなく(漏れは元々ステーキがそんなに好きではなかったのだ…)焼いても『何となくな焼き方』だったんだけど…今回は勉強になったし色々楽しかったです♪











































b0136045_21465330.jpg

『付け合わせのフライドポテト』見て!

これも『トスカーナ料理』なんだよ!『トスカーナ風フライドポテト』と言う!

ジャガイモを皮付きのまま切って強力粉をまぶして一部払って、それを熱する前のオリーブオイルに入れてローズマリーと皮付きニンニクを投入して15分程揚げたのがこれ!

簡単料理なんだけど旨かったよ!

「嗚呼…トスカーナの味…」

と思った…まあ『トスカーナ地方』どころか『イタリア行った事ない』んだけどね(締め笑い)















続く…。
by shousei0000 | 2017-06-24 21:45 | ペリーニ アダージオ