カテゴリ:ペリーニ アダージオ( 86 )

モーホーイタリアン❤︎(5月27のペリーニ アダージオ 通算10度目の訪問)

b0136045_22492839.jpg

あれは…何を頂いた時だったんだろう…。

『5月27日のペリーニ アダージオ』…職場の同僚グロちゃん(笑)との所謂『モーホーイタリアン❤︎』での話…。

上の写真みたく野郎同士なのに『スパークリングワインでかんぱぁ〜い』をして(笑)コース料理を頂く中で『その事件』は起こった!

何かの拍子に『花ズッキーニの話』になった。

前回の訪問(さっきまで書いていた『不毛地帯…』シリーズの時な)で『詰め物をした花ズッキーニのソテー』を頂いた記憶も新しかったので、漏れはグロちゃんに

「『花ズッキーニ』って…知っているかグロちゃん?」

「『花の付いたズッキーニ』の事なんだけど…この花の部分に詰め物をしてソテーした料理が最高なんだ!」

なんて事を吹聴した(笑)

そしたら目の前のオープンキッチンで調理をしていたイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)がふとこんな事を言ったんだ。

「『花ズッキーニ』なら…『来週』来れば現物が見れますよ」

と…。

その言葉を聞いた時漏れは

「キタ…」

と思った…。

「なるほど…そうくるか…さすがイケメン♪」

と唸った…。

まあこれじゃあ何の事か分からないだろうから『解説』するけど(笑)シェフがおっしゃった『来週』というのは『ペリーニ アダージオのバーベキューの事』だったのだ!『現物が見れますよ』というのは『バーベキューの会場である畑で花ズッキーニが見れますよ』という事だったのだ!!

『ペリーニ アダージオのバーベキュー』…それに参加したくはあったが逡巡し続けてきた歴史(恥)はぽまいらもよく知るところ…(拙ブログに一杯書いてきましたからね…)

シェフは少なくとも『3度』誘ってくれた…。

CBさん(女子♪)と2度目のコース料理を頂いた時

「この人『このお店のバーベキュー』に興味があるんです!」

と凸したCBさんの言葉(笑)に

「おお!是非!!」

と言ってくれたのが『最初』…。

その後の会話の中で

「でも…そのバーベキューは『古くからの常連さん』が多いんでしょう?」

と逃げを打つ漏れ(恥)に対して

「うちは開店してからまだ3年位なので『古くからの常連さん』なんていませんよ。気楽に参加して下さい」

と言ってくれたのが『2度目』…。

そして…『不毛地帯…』の中の何かのタイミングで(忘れた…_| ̄|〇)誘ってくれたのが『3度目』…となる。

『3度目』の時は漏れも前向きになっていて

「バーベキュー…是非行きたいと思っています!」

「他のイベントにも今年一年色々参加したいと思ってます!」

とかぶち上げちゃったんだけど(笑)店を出たら急に冷静になって

「無理…_| ̄|〇」

とかなった…(恥)

何で『無理…』かはもう一々書かないけど(分かっているよなぽまいら…)3度も声を掛けてもらったのに『まだ逡巡している自分』がいた…それを明敏なシェフは察知した筈…。

「小生さんは…普通の誘い方をしても来ないかもしれないな…」

と思ったシェフ(多分な←笑)は『搦め手から来た』のだ!

『バーベキューにいらっしゃい!』と正面からはおっしゃらず(それはもう3度も言ってくれたのだ…←恥)

「『花ズッキーニ』なら…『来週』来れば現物が見れますよ」

と間接的にさり気なく誘ってくれたのだ!まさに『搦め手』!!

「来週?『来週』って…何の来週ですか?」

などと漏れが思おう訳がない!

一発でピピーンって分かったよ!『来週=ペリーニ アダージオのバーベキュー』って(笑)

上に書いた『キタ…』という台詞は

『バーベキューの話題キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!』

という事(笑)

『なるほど…そうくるか…さすがイケメン♪』という台詞は

『搦め手からさり気なくバーベキューに誘ってくれてありがとうイケメンシェフ!』

という事(笑)

これ以上断る理由が見つからず(というより元々参加したくてしたくてしょうがなかったのだ←笑)『これでグズグズ言っていたら本当にAuto…』と思った漏れは

「あ、はい、『来週』ね…ハハ…」

とそれでも軽く逃げを打ち(笑)その返す刀で逡巡する自分を断ち切るように

「逝きます!」

と言ったのだ(笑)

かようにして遂に『ペリーニ アダージオのバーベキュー』に参加する事になったのだが(感激!)こういう『搦め手からの誘い』なんてのもできるシェフはやっぱ凄いと思った!

「この手の誘い方で…今までの人生の中で女の子とか一杯落としてきたんだろうなぁシェフは…」

なんて事も思った(笑)

『人たらし』なんて言葉を思い出した…。

『頑なな人は搦め手から』『積極的な人は正面から』と使い分けて、シェフは今までの人生の中で人と関わってきたに違いない…その一端をこの日シェフは漏れに見せてくれた…

その感動?を胸に漏れは明日『ペリーニ アダージオのバーベキュー』にいてくる…もう浮いたって構わない『ビステッカ・フィオレンティーナ』さえ食べられたら…(笑)

そんな会話の中

「小生さんは…実はもうメンバーに入れてあります(笑)」

とイケメンシェフが言う…何て嬉しい冗談…(感涙)

帰り際にイケメンウェイターさんも言う…。

「もうメンバーに入っています(笑)」

と…何て嬉しい冗談…(感涙)

『ペリーニ アダージオのバーベキュー』は『仕事』で『お金を払えば誰でも参加できるもの』ではあるけど、ここまでの逡巡の歴史(恥)がある漏れにとっては『プラチナイベント』!

『10種のアンティパスト』と『ビステッカ・フィオレンティーナ』を食い尽くしてやる!

『生ビール』も『ワイン』もザブザブ飲んでやる!

自分なりに楽しむゾー!

こりゃ〜『他のお客さんと交流する時間』とかないな☆

その手のイベントでは『それが一番大事』なのでは!?
何でそうも他者との交流を拒むんだよ!?

拒んでなどいない…。
『自信がないだけ』だ…_| ̄|〇
















続く…。
(この投稿書く為に狭山市駅の待合室で『残業』した…明日どうなるか不安で不安でしょうがないけど…自分でできる範囲で楽しんできますワン…←まだ『犬』になる気かよ!?←再締め呆れ)
by shousei0000 | 2017-06-03 22:48 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…最後!

b0136045_20515868.jpg

さあー!巻くでー!明日はもう『ペリーニ アダージオのバーベキュー』だからな!(汗)

上の写真はプリモピアットIIの『“タリアテッレ” 北海道産鴨肉のラグー モンタルチーノ風』である!

これ…ぽまいらにしてみたら『呪文』だろうな?

『タリアテッレ』だの『ラグー』だの『モンタルチーノ』だのさっぱりだろうな?(笑)

うし!漏れが解説してやろう!

『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の説明の録音(笑)』は半個室宴会チームの賑わい(笑)で相変わらず聞き取りにくかったんだけど(哀)それでも耳を澄ませて頑張って聞いて(笑)それでも聞き取れんかった部分は(あるのだよ…鮫島め…)ネットで検索して補完して何とか理解した(笑)

『タリアテッレ』というのは『リボン状の平打ちパスタ』!

『タリアテッレ』なんてぽまいら初めて聞いただろう?実は…漏れも初めてなんだ(笑)

『ラグー』というのは『煮込み』!

昔『ペリーニ アダージオのホームページ』に『ラグー』という言葉を見出した時

「『ラグー』というのは何じゃらほい?」

と呟いた漏れが『ラグーの説明』をする日がくるとは…何か感無量…。

しかし…まあ何つーか…『何じゃらほい』って『一体いつの時代の人間なんだよ!?』という話ですよね?(笑)

『モンタルチーノ風』の『モンタルチーノ』というのは『地名』!

イタリアはトスカーナ地方に『モンタルチーノ』という街があるそうな!モンタルチーノの料理を模したから『モンタルチーノ風』となるらしい!

『モンタルチーノ風』は別の言い方をすると『モンタルチーニ』になるらしい…これはこれで格好良いよな?(笑)

つまり!まとめて言うと

『モンタルチーノ風に煮込んだ鴨肉ソースで頂く平打ちパスタ』

となる!『完璧な説明』に涙が止まらねえ…。

つか…『これで合っている』のかしらん?

自信ないなら書くな!(汗)









































b0136045_20515918.jpg

『味の説明』も少しはしようかね…(恥)

一言で言うと『ビーフシチューで頂くパスタ』って感じ!『鴨肉』なのに『ビーフ』とはこれ如何に!?(笑)

まあ分かりやすく言うと『ビーフシチュー』って事(笑)『ブラウンソース』と言ってもいいのかな?(よく分かっていない←笑)

『肉の旨みが出た濃いめのソース』が『平打ちパスタ』によく絡んで旨い!お腹にたまる!!

『ペリーニ アダージオのコース料理』はいつも思うんだけど『お腹一杯になる』!

その昔『イタリアン』と聞くと

「つまり…アレだろ?『女を口説く為に食べに行く料理』だろ!?」

「ちまちま細かいもんを時間を置きながら提供して何かめんどくせえ…腹の足しにもなりゃしない…」

と憎悪の念に捉われながら思ったものだったが(『自分には関係ない世界』だから『憎悪の念』ね←笑)時間を遡る事ができるものなら、漏れは当時の自分にこう言ってやりたい…。

「イタリアンのコースは『十分にお腹一杯になる料理』だよ!」

「時間を置きながら順々に提供される料理も『綺麗で楽しくてワクワクするもの』だよ♪」

と…。

それを聞いた『当時の俺』はきっと驚くだろうな…。

未来の自分が『イタリアン大好き!』なんて言っているんだもん…。

「えっ?何?あんた『未来の俺』なの!?」

「そっか〜未来の俺は『イタリアン好き』かぁ〜なるほどなるほど…」

なんて嬉しそうに言って

「で…誰とイタリアン食いに行ってるんだ?」

「勿論…『女』だよな?」

と問うてくるだろう…。

その問いに対して漏れは下を向いて

「い、いや…『独り』で…」

と答える…ってダメだぁー!

何なんだそれは!?(また呆れ)







































b0136045_20515989.jpg

オーラス!

メインセコンドピアットの『カッチュコ』!

お兄ちゃん動画(笑)で観て以来いつかは食べてみたいと思っていた『カッチュコ』…それが遂に我が目の前に…(感涙)

『ブイヤベースっぽい料理』と聞いていたから『魚介の味が立ったもの』と思っていたけど、頂いてみたら『赤ワインの味が立った部分』を強く感じた!

『魚介の味』も当然濃厚にするんだけど、煮込む時に入れた赤ワインの味が強く主張する!一言で言うと『大人の味』!!

赤ワインって料理に入れると『強く主張する』よね?

漏れも先日ボロネーゼを作った時『酒』の代わりに『赤ワイン』を入れたらビックリする位『強く主張した』!赤ワインって凄い!!

『カッチュコ』は動画を観てからいつかは作りたいと思っていたけど(豪語!)でも作らなかったけど(魚介を色々するのがめんどくて…←恥)今回『現物』を頂いてみて思ったのは

「これは…『他者と食卓を囲む時に作る料理』だなぁ…」

という事…。

いろんな魚介が入っていて見た目にも味的にも楽しい料理なんだけど、そんなん『自分独りの為だけに作るの』って何か寂しいじゃん?『誰かと食べてこそのカッチュコ』だよ…。

てな訳で…我がアパートで『カッチュコ』を作るとしたら『女子が来る時』かなぁ?

でも…来ないんだよなぁ『女子』…(しつこい?←笑)














































b0136045_21323421.jpg

はい!『終わり』だよ(笑)

ペリーニ アダージオでの初独りディナー(恥)を終えて『公園んとこ』でタバコを一服!

この時時間は『22時10分』…店に入ったのは『19時44分』…。

つまりは『2時間半近く独りでペリーニ アダージオにいた』という事…『イケメンシェフもイケメンウェイターさんもウンザリ』ってとこだよな?(笑)

この2時間半の間常に思ったのは

「独りディナーは『不毛地帯』…」

という事…。

独りでも楽しいし美味しいし色々あってブログネタも沢山せしめたんだけど(笑)それでもやっぱ『不毛』なんだ!『期待や喜びや面白さを共有共感する相手のいないコース料理』は『不毛地帯』…。

4月26日の初独りディナー(恥)は『ふたつの不毛地帯』でした…。

鮫島が「ふぁっふぁっふぁ!」と笑う『不毛地帯』…(笑)

独りで黙々と食べ時折ニヤニヤする(笑)『不毛地帯』…。

まあ『鮫島の件』はどうでもいいんだけど(でもタイトルを付ける上ではありがたかった←笑)『独りで黙々と食べ時折ニヤニヤする件』については

「これは…やっぱ『連れ』が必要だよ…」

「毎回でなくてもいいけど『ペリーニ アダージオでコース料理を頂く時』は誰かと来たい…」

とつくづく思った…。

漏れは『独り飲み』とか当たり前の人間で(笑)世間の人が「えっ!?」と思うらしい『独り焼肉』だって余裕でできちゃう人間で(恥)『独りしゃぶしゃぶ』もやった事があれば(恥)『独りすき焼き』だっていつかはやりそうな人間だけど(恥)そんな自分が

「独りは寂しい…」

と思った事がちょっと意外で(笑)

「『人好きのイタリア人の料理』だからそういう気持ちになったのかなぁ…」

なんて事も考えた…まあイタリア人だからって全ての人が『人好き』って事もないだろうけど…(『暗くて陰気で孤独なイタリア人』だっているでしょうからね…)

とまあそんな想いから『職場の同僚のグロちゃん』を動員して(笑)『モーホーイタリアン』になり(笑)遂には『ペリーニ アダージオのバーベキュー』に参加する事にもなったんだけど(明日大丈夫かなぁ…不安だなぁ…)そんな過程の中でも色々思う事があったよ!明日以降色々書いていくね(笑)

とりあえず『不毛地帯…』シリーズはこれにて完結!

長々と付き合って頂き誠にありがとうございました♪(やた!オワタ!!←締め笑い)












おしまい♪
(あと一話…あと一話『別の話』を書いておきたい…狭山市駅に着くまでに書けるかなぁ…)
by shousei0000 | 2017-06-03 21:31 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その23。

b0136045_09175702.jpg

話の展開を急いではいるんだけど…(明日の今頃はもう『ペリーニ アダージオのバーベキューの集合場所』に向かっている…←汗)通勤往路のこの電車内だけで終わる筈ないから(恥)『余談』を幾つか!

上の画像は昨日の投稿に書いた『カッチョ・エ・ペペの秘法』!イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)がチーズ本体にフライパンから直接パスタを投入している!!

漏れにとっては『不思議で目を惹かれる光景』だったんだけど…『イタリアンの世界では常識』なのかな?『珍しくもない光景』なのかな?

まあ漏れはこれからもイタリアントーシロ(笑)丸出しに『分からない事』は何でもシェフに聞いていくよ♪















































b0136045_09175766.jpg

本シリーズ中何度も登場した『シャレオツ半個室』…『曇りガラスで仕切られているけど完全な個室ではない』というところがシャレオツだよな?(笑)

漏れもかつてここでCBさん(女子♪)と『ペリーニ アダージオでの初めてのコース料理』を頂いたものだった…(遠い目)

『シャレオツカウンターのすぐ後ろにシャレオツ半個室があるの』…分かります?

漏れはこのカウンター席で初独りディナー(恥)していたから『半個室宴会チームの歓談の声』がうるそうてうるそうて…(笑)『鮫島の笑い声』もダイレクトに来たでー(笑)

そんな位置関係をぽまいらに知ってもらいたく『この画像』を挙げました。

因みに…シャレオツ半個室(笑)の内装は今は写真のものとちょっと違います。


















































b0136045_09175844.jpg

シャレオツ半個室宴会チーム(笑)がこの日食べていた『ビステッカ・フィオレンティーナ』の写真!

じゃなくて…『よそから引いてきたビステッカ・フィオレンティーナの写真』(笑)

この日『シェフのビステッカ・フィオレンティーナの写真』を撮らなかったからよそのサイトで似たような写真を探したんだけど、『似たような写真』はどうにみも見つからなくて『上の写真』でお茶を濁した…。

肉の一片一片がもっと巨大だったんだよね…付け合わせもこの写真のとは違う…。

『食べやすさや見た目』を考えれば『この写真のビステッカ・フィオレンティーナの方がいい』とも言えるんだけど…漏れはあの日見た『山賊の宴会もかくや』と言わんばかりの『超〜豪快ビステッカ・フィオレンティーナ』が忘れられない…あん時写真撮っておけばよかった…。

まあ明日食えるんだけどね『シェフのビステッカ・フィオレンティーナ』…。

『野外でバーベキュー』だから『より山賊風にする』のか…それとも『野外でバーベキュー』だからこそ『逆に繊細に盛り付ける』のか…シェフの塩梅が今から楽しみ♪

楽しみなんだけど…明日漏れ『浮く』んだろうなぁ…『他のお客さんの存在に緊張してガチガチになる』んだろうなぁ…。

何かね…もういっそ人間扱いしないで『犬扱い』とかにして欲しいよ…。

『バーベキューに犬(ペット)連れてくる』とかあるじゃないですか?人間がバーベキューに興じている傍らで犬は大人しく座っていてハッハッハとか声出している光景…見るじゃないですか?

そんなバーベキューの合間に

「おっ!ペロ〜!(犬の名前。『ペロ君』とは関係ない←笑)おまえも食べたいか!?」

と飼い主が叫んで肉片を犬に投げ与える…犬はハッハッハッハと喜んでそれを齧る…そんな光景あるじゃないですか?

犬は犬だから『人間の会話』に入らなくても誰も気にしない…一方で犬も犬で『久々の野外の雰囲気や時々投げ与えられるバーベキュー料理』に満足している…そんな自然な関係性が何か羨ましい…。

明日のバーベキューで『最初の自己紹介』みたいのがあったら

「自分の事を『人間』と思わないで下さい!『ペットの犬扱い』でお願いします!」

と言ってみようかな?(笑)

でも…それ言ったら『それはそれでまた浮く』か?『周りのお客さんドン引き』か?

『犬扱い計画』ダメだぁ…_| ̄|〇














続く…。
by shousei0000 | 2017-06-03 09:16 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その22。

b0136045_19220296.jpg

暫く時間が空いた『4月26日のペリーニ アダージオでの初独りディナー』の話…『巻き』でいきます!

巻くぞ巻くぞォー!巻き巻きのマキちゃんだ(笑)

アラカルトで頼んだ『トスカーナ風牛内臓の煮込み』から話を再開する!

再開するけど…巻き巻きのマキちゃん(笑)だからざっくりといく!

一言で感想を言う…『旨かった』…。

『イタリアの煮込み』だから当然醤油は入ってなくて『我々が普段居酒屋で食べている煮込み』とはちょっと違うんだけど、『内臓から出た旨み』という点ではイタリアも日本もなかった!ムンムンしていて旨い(笑)

「これ…漏れも作ってみたいなぁ…」

と思ったけど『牛内臓』が中々手に入らない…漏れの住んでいる街の肉屋さんでも『牛モツ』は手に入るけど、所詮はボイルしたやつで『その部位』も定かではない…。

『ギアラ』やら『ハチノス』やらどこ行ったら手に入るんだろうねえ…ネットで見れば売っているのかねえ…。

『ハチノス』が手に入れば漏れは『トリッパ』(ハチノスのトマトソース煮込み イタリア料理)なんか作りたいんだけど、どこで売っているのかねえ『ハチノス』…分からないねえ…(狭山市の肉屋さんには売っていない…)

『トリッパ』なんか作ったら女子にモテ…でも漏れのアパートに女子なんか来な…てな話は…もう飽き飽きかなぽまいら?(笑)









































b0136045_20214257.jpg

うし!『プリモピアット』まで話が来た(笑)

プリモピアットIは安定の旨さの『“ピチ”カッチョ・エ・ペペ』!















b0136045_20214358.jpg

『説明の録音(笑)を文字に起こしたもの』はこれ!

文中にある通り『シグネイチャー』(シグネチャー)という言葉に感動した!パスタの味関係ねー(笑)

これまた文中にあるけど『シグネイチャーパスタ』で『うちの看板パスタ』になるらしい!

イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)はイタリアはトスカーナで修行されたから、『トスカーナの名物パスタである“ピチ”』が『シグネイチャーパスタ』になる寸法!

つまりは『大事にしている味』って事…何か格好良い…。

イケメンシェフは『顔』だけでなく『生き方』も格好良い…まあ『生き方』を語る程イケメンシェフの事知らないけど…。

とりあえず『顔』はどうしようもなく『生き方』も今更変えられない漏れ(恥)は、せめて『シグネイチャー』という言葉だけでもどこかで使ってみようと思っているよ(笑)















b0136045_20214391.jpg

シグネイチャーパスタ『“ピチ”カッチョ・エ・ペペ』(かっちょえー!)を作る中、イケメンシェフは『不思議な事』をされた。

これは半個室宴会チーム(笑)の『カッチョ・エ・ペペ』を作る作業の中で気付いた事なんだけど、シェフはフライパンの中で作ったパスタを上の写真の物体に一度入れて、それを再び取り出して皿に盛りチーズをシャッシャッシャッと格好良く振り掛けたのだ!

『カッチョ・エ・ペペ』は以前も食べた事があったけど『作り方』は見た事がなかったから

「これは…何だろう…」

と思って『その物体』を覗き込む…。

そしたら…














b0136045_20214308.jpg

『中』はこんな風になっていた!『チーズ』だよ!!

『フライパンでソースに絡めたパスタは熱を持っているから、それをチーズの塊ん中に入れるとチーズが溶けて味わいになる』という事ですね!

こんなんイタリアンの中では『常識』なのかもしれないけど、漏れは知らなかったから何か興奮したし嬉しかった!

「宴会チーム(笑)の皆さん…」

「皆さんの声は賑やか過ぎて『シェフの説明』も聞き取りにくかったけど…『カッチョ・エ・ペペの秘法』に気付かせてくれたから今はもう全てを許そう…『鮫島の笑い声』すらも…」

なんて事を思った…。

後でシェフに聞いたら、これやっぱ『チーズの塊』なんだって!

『丸のままのチーズの塊』を切って『中のチーズ』を調理に使う!

チーズの外周?は蝋で固めているから食えないけど、その代わり『器代わりになる』って事!何かかっちょえペペー!じゃなくてかっちょえー(笑)

イタリアントーシロな漏れ(笑)は何を見ても聞いても目新しい事ばかりで、こん時も

「『ブログネタ』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」

とウハウハだったんだけど(笑)『それをその場で誰かに伝えられない』『その楽しさを他者と共有できない』という事実に些かしょんぼりもして(恥)この段階までに少しずつ感じていた

「独りディナーは『不毛地帯』…」

「今度来る時は誰か誘わな…」

との想いを新たにしたのでした…。

その結果『グロちゃん』を誘い『5月27日のモーホーイタリアン(笑)』になったんだけど…それはまた『別の物語』になる…今はまだ語るまい『その思い出』を…。

いや…早く語りたいんですけど『モーホーイタリアン(笑)の話』…でも…『明後日のペリーニ アダージオのバーベキューまでにそれを始めるのは無理』だろうなぁ…(締め鬱)













続く…。
(『明後日のペリーニ アダージオのバーベキュー』までにせめて今書いている『不毛地帯…』シリーズだけでも終わらせたい…←祈り)
by shousei0000 | 2017-06-02 20:20 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その21。

b0136045_07081242.jpg

一昨日のモーホーイタリアン(笑)は凄く楽しかった!

でも…『その代償』はあった…昨日の休み走れなかった…_| ̄|〇

まあモーホーイタリアン(笑)と走れなかった事の間に直接の因果関係はないんだけど、とにかく何か気怠くて走れなかった…その結果今月の走行距離は『363km』に留まった…『450km』位にはするつもりだったのに…_| ̄|〇

走るつもりはあった…でも何となく気怠くてて走れなかった…。

『ペリーニ アダージオで飲んだ酒のせい』ではない…『帰宅後飲んだ安焼酎によるもの』の部分が大きい…『ペリーニ アダージオのバーベキューに行けるの』が嬉し過ぎてつい飲んでしまった…(恥)

それで『熊谷のCOCO’S往還100kmちょい』はご破算になったのだが(恥)それでも『一応走る気』はあったのよ『アクアで新宿に行こう』と思っていた…。

今日職場の仲間の集まりがあって『タコの溺れ煮』を作ろうと思っていたんだけど、それにはどうしても『塩漬けケッパー』がいる…でも我が街狭山市にはそれが売っていない…。

『所沢の西武百貨店』や『入間のまるひろ』にも電話して聞いてみたけど売ってないのよ『塩漬けケッパー』…『酢漬けのケッパー』なら売っているんだけど…。

それでまあ

「新宿の伊勢たん(伊勢丹←笑)行くしかないか…」

と思ってアクアで行こうと考えたんだけど、駐輪場が気になって検索したら何かヒットしないのよ『自転車の駐輪場』…『オートバイの駐輪場』はヒットしたんだけど…。

それでまあ

「やめるか…」

と思ったらもうグダグダで(恥)一応『新宿のワイズ』に駐輪場あるの思い出したからそこを使う事も考えたんだけど、グダグダになった身(恥)だからどうしても腰が上がらず、結局どこに行く事もなく一日が終わってしまった…『モスバーガーにモスチキン買いに行って6km』なんて走行はしたけど…_| ̄|〇

その結果『今日の集まりでタコの溺れ煮を作る事』もなくなった…『塩漬けケッパーないから作れない』って事…(恥)

集まりを主催する看護婦さんに

>すんません…『タコの溺れ煮』作れなくなりますた…。

>『ローストポーク』でも持ってきます…。

とメールしたら

>ローストポークならH看護婦(早口の看護婦さん←笑)が持ってくる予定ですが…。

とレスがあってぐぬぬ…。

「H看護婦…あの花見ん時の漏れのローストポーク食ってレシピ盗んだなぁー!」

とぐぬぬ…(笑)

それで仕方ないから『アラビアータ』でお茶を濁す事にした…。

それなりの人数が参加するみたいだから『1人軽く一口』としても『パスタ350g程度の量』を作らなくてはならない…いつも作っている量(パスタ130g)の倍以上だよ…普通のフライパンで作れる量なのだろうか…。

あ"〜『タコの溺れ煮』作って、あのイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の動画みたいに指をピストルみたくして

「今日は旨いの食わせてやるよ!」

って言ったり(イケメンシェフばりに←笑)食った奴らに作り方説明して「へ〜意外に簡単なんだ〜」という感想言わせて

「簡単なんです…(照れ)」

と照れ笑いしたり(イケメンシェフばりに←笑)誰か男にタコの溺れ煮スプーンですくわせて漏れに『あ〜ん』させたりするつもりだったのに(イケメンシェフばりに←笑)そういうの全部できなくなっちまった…『塩漬けケッパー』さえ手に入っていれば…。

てな事を書いていたら…職場駅に着いちまった…_| ̄|〇

話が全然進んでねえじゃねえか!!!(締め呆れ)













続く…。
(早く『モーホーイタリアンの話』にシフトしていきたいよう…『不毛地帯…』シリーズはこれから巻きでいきます…)
by shousei0000 | 2017-05-29 07:42 | ペリーニ アダージオ

モーホーイタリアン(笑)終了!

グロちゃんとのモーホーイタリアン(笑)無事終了!

かなり楽しかった!イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)とも一杯喋れた!!

「『野郎同士でイタリアン』…メッチャありやん!」

と思った!

ついでに『特報』を言うと…『バーベキューへの参加』を遂に表明した!やったぜ(笑)

夜勤明けで酒も飲んでいるから『本日の模様』を長々と綴るつもりはないが(眠いのだ…)帰りの電車の時間を利用して少しだけ綴らせて頂く…。







































b0136045_23441242.jpg

『スパークリングワインでかんぱぁ〜い!』の写真!

漏れとグロちゃんの手も写っていて『モーホー感満載』ってとこ…どや?(笑)














いずれまた折をみて続く…。
(今はもう眠くて眠くてしょうがない…←締め恥)
by shousei0000 | 2017-05-27 23:55 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その20。

寝坊した!

今日『グロちゃんとのモーホーイタリアン』なのに『寝坊』した!!

今急ぎ赤羽橋に向かっている…グロちゃん(同僚男)には『どこかで時間を潰してて!』とLINEした…参ったぜ全く…。

明後日職場の集まりで『タコの溺れ煮』を作るつもりだから、今日『ペリーニ アダージオ』に行く前に新宿の伊勢たん(伊勢丹←笑)にでも寄って『塩漬けケッパー』買うつもりでいたのにそれも没…ぐぬぬ…。

とりあえず行く…土産話を期待していてくれい…。













































b0136045_19031639.jpg

てな訳で…『この前の投稿からの続き』をいく…。

プリモピアットIIの『詰め物をした熊本産花ズッキーニのソテー』…これがメッチャ旨かった!

『ズッキーニ』ですら普段使いつけない食材なのに(BBで売っているのはよく見る)『花ズッキーニ』とは…そんなん初めて聞いた…。

「『柄付きの手榴弾』みたいな形してる…」

と思いながら頂く…『シャレオツイタリアンに来てまでミリヲタ』とかどうしようもねえなぁ俺…_| ̄|〇
















































b0136045_19031707.jpg

こちらがシェフ(東條吉輝シェフ)が作られた『詰め物をした熊本産花ズッキーニのソテー』…。

そして…















b0136045_19031752.jpg

これが『ドイツ産柄付き手榴弾』!

ねっ?クリソツでしょう?(笑)








































b0136045_19031894.jpg

手榴弾の話はうっちゃっといて(笑)『詰め物をした花ズッキーニのソテー』の話にいく!

本体んとこ?に詰め物をしてある…『三種のチーズと桜エビ』が詰めてあるらしい…『半個室のおぢさん達の宴会声』がうるさくてちゃんと聞き取れなかった…(笑)

それに『カッチョ・エ・ペペ』みたいにチーズが振りかけてあるから『四種のチーズ』なのかな?そのチーズ軍(笑)が野菜である花ズッキーニを『ピザのような味』に変幻させる!

一言で言えば『ピザのような味』!

『濃厚なチーズと花ズッキーニの野菜の旨み』が相まって実に旨い!!

手榴弾みたいな見た目(笑)と野菜感からは想像もできない味!

「こうくるかー!」

と唸った!

これ…まんまおんなじもんは作れないけど…『それっぽい再現』を我がアパートでしてみたいなぁ…。

















































b0136045_19031870.jpg

『西武新宿線の中井駅』で降りて大江戸線に乗り換えるつもりでいたのに『乗り越した』…新宿回りで大江戸線に乗る流れに変更…(恥)

で…今新宿から大江戸線に乗った…グロちゃん…あともう少しやで…。

上の写真はコース外で頼んだ『トスカーナ風牛内臓の煮込み』!所謂『アラカルト』ってやつ!!

アラカルトのメニューにこいつを見出した時から一度食べたいと思っていた…。

『普通の煮込み』だって好きな漏れが『イタリアの煮込み』が合わない筈がない…これぜってー旨いやつ…見た目だけで分かる…。

それでまあ

「『イタリアの煮込み』『トスカーナ風煮込み』とは…何ぞや?」

「さあ!シェフ!説明して下さい!!」

などと思いながらワクワクしつつシェフの説明を待ったんですが…














































b0136045_19315701.jpg

残念ながら…その説明はこの通り『一部聞き取れなかった』のでした…(鮫島め…←締め思い出し鬱)















続く…。
(赤羽橋駅に着いた!『モーホーイタリアン』楽しんでくるね♪←締め笑い)
by shousei0000 | 2017-05-27 19:30 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その19。

『不毛地帯…』というシリーズ物のタイトルが『鮫島風に笑う人がいた』だけでなく『 独りでコース料理を頂く事の寂しさ』に起因すると記してから早12時間以上が経つ…この間皆さんどうお過ごしか…。

今夜勤に向かっている…この夜勤が終わったら『グロちゃんとのモーホーイタリアン』…何か震える…(笑)

イケメシェフ(東條吉輝シェフ)とイケメンウェイターさんは漏れとグロちゃんがエントランスをくぐったら

「おい!『モーホーペア』が来たぞ!注意せよ!」(イケメンシェフ)

「ラジャー!」(イケメンウェイターさん)

と警戒を露わにし(笑)漏れとグロちゃんがイチャイチャしながらコースを頂いていたら(イチャイチャせんのだが…)

「おい…あそこのテーブル『男同士でイチャイチャしている』…殺虫剤噴霧スタンバイおk!?」(イケメンシェフ)

「ラジャー…殺虫剤噴霧スタンバイ!」(イケメンウェイターさん)

と警戒ラインを敷くんだろう…やりにくいなぁ全く…。

漏れとグロちゃんはモーホーに非ず…『ただの同僚』だ…『普通に同僚』だ…。

『モーホーな展開』とかマジであり得ない…『御託は述べる』けど…。

コースが始まったらグロちゃんに『御託』を述べる…。

「グロちゃん!『アミューズ』だよ!!」

「『前菜』ですらないお料理で、和食で言えば『先付け』に該当するお料理だよ!!」

「グロちゃん!『アンティパスト』だよ!これこそが『前菜』!!」

「『前菜』というと『盛り合わせ』になりがちだけど…『ペリーニ アダージオ』は『盛り合わせ』ではなく『単品で2皿』になるから『お得感』があるよね♪」

「グロちゃん!『プリモピアット』だよ!」

「イタリア語でいうと『最初の一皿』になるんだけど…分かりやすくいうと『最初のパスタ』だからね!間違うな(笑)」

「グロちゃん!『メインセコンドピアット』だよ!所謂『メイン』な!!」

「でも…『メイン』って言うより『セコンド』と言う方が格好良い…因みに…肉と魚が選べるから互いに肉と魚をオーダーしてシェアしよう!」

などと『御託』を盛大に述べてやる(笑)

そんな事を書いていたら『職場駅まであとひとつ』になってしまったのだが…(恥)














































b0136045_14513984.jpg

『これで終わり』というのも何だから…『プリモピアットIIの写真』だけは載せておこう!(汗)

『詰め物をした熊本県産ズッキーニのソテー』だ!これがメッチャ旨かった!!

説明(笑)の方も添えておくと…










































b0136045_14514079.jpg

『こう』なる…。

『宴会おぢさん達の賑わい声』と『鮫島の笑い声』が激しくて中々聞き取れませんでしたとさ…(締め思い出し鬱)













続く…。
(夜勤いてきま〜す…この夜勤が終わったら『ペリーニ アダージオでディナー』だ!まあ『モーホーディナー』だけど…_| ̄|〇)
by shousei0000 | 2017-05-26 14:50 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その18。

b0136045_00425268.jpg

どんどん話を進めよう!

『アミューズ』が漸く終わったから(恥)次は『アンティパスト』だ!!

アンティパストIは…『桜鱒の冷菜』!

今回は『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の説明』(を録音して文字に起こしたもの←笑)を先に載せたけど…『半個室のおぢさん達の宴会声がヒートアップしているの』が分かるだろうか…『鮫島の笑い声』もかなり聞こえたよ(笑)

おかげで聞き取れない部分もあったけど(哀)これは『素材が命の料理』だから(多分…)聞き取れない部分があっても何とかなったよ多分…『多分ばっか』だな…(笑)

因みに…上の画面キャプチャーでは料理の名前を『桜鱒の冷菜』と書いたけど…後からメニューの写真見たら正式には『桜鱒と春野菜のインサラータ』というそうな…『インサラータ』とは『サラダ』の事らしい…。

それでこれがどんな料理だったかというと…











































b0136045_00425214.jpg

『こんな料理』だった!

この魚一瞬見た時

「『鮭』かな?」

と思った。

その時はまだ提供される前でシェフが調理しているのを垣間見ただけで(『こっそり見ていた』って事←笑)『メニュー』もまだ見ていなかった。

メニューを見たのは『コースが全て終わってから』…先にメニュー見ちゃうと『どんなものが出てくるか何となく分かっちゃってつまらないから』ね…(笑)

そんな訳で何も分からないままこの魚見て

「『鮭』かな?」

と思ったけど『桜鱒』だった…。

「何にも分かってないじゃないかよ俺…『鮭』じゃなくて『桜鱒』じゃないかよ俺…」

「つか…シャレオツイタリアン店で『鮭は無い』か…」

としょんぼりしたけど(恥)『桜鱒』というのは『鮭の親戚みたいなもの』らしい…『当たらずしも遠からず』って感じだぞう俺ェ〜(笑)

ただ…さっきネットで見たら『桜鱒は高級魚』って事…やっぱ鮭とは違うじゃんかよ俺…(恥)

「『鱒』といったら…『川魚』か!?」

と思ったら『川魚』ではないらしい…海に出て成長した鱒を『桜鱒』と言うそうな…。

つまり…『何もかも全て間違っていた』って事…。

「こういうもん食う資格つくづくないな俺…_| ̄|〇」

と全俺が泣いた…(締め哀)













続く…。
(大して話が進まなかった…今日はもう自炊する気力がないから牛丼でも買って食って寝る…)
by shousei0000 | 2017-05-26 00:41 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その17。

『アミューズの話』を急ごう!

『4月26日の初独りディナーの話』自体を急ごう!

その一方で『別の話』も書く…実は直近に『ある予定』が迫っている…。

『職場駅そばのファミレス』なう…今日は給料日だったから軽く飲みにとか行きたかったんだけど(勿論独りで…←恥)そういうのやめにしてここで『残業』する…。

進めるだけ進めるて『別の話』『ある予定』についても書いて、それでまあ『22時位までに帰れたら御の字』ってとこかなぁ…。

ほんじゃあそろそろ始めようか…













































b0136045_20352919.jpg

てな訳で…『アミューズの話』を続ける…。

朝の投稿で書きかけた『10時の位置の生ハムの話』は後に回す…ある意味『このアミューズの白眉だから』だ…。

どんどんいくぞー!(笑)

11時位の位置にあるのは『テリーヌ』!『大山地鶏と何かのテリーヌ』!!

『何か』というのは何かというと…それは分からない…。

折角録音した(笑)イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の説明だけど『半個室のサラリーマンおぢさん達の宴会が賑やかすぎて』聞き取れず…(哀)

今改めて聞き返してみたけどやはり聞き取れず…録音状態だけが問題じゃなくて『今いるファミレスのお客さんの会話が賑やかすぎて』聞き取れず…(笑)

つまりは『テリーヌの解説』はできない…味の方も『旨かった』という記憶しかなくて解説不能…(恥)

真ん中に鎮座している箱型のものは『タリッタータ』…これは『イタリア風のオムレツ』との事…。

録音(笑)の中でシェフが言う『タリッタータ』という言葉が聞き取れなくて漏れが『えっ?』と聞き返している…『サラリーマンおぢさん達の宴会が早くもたけなわになってきた』って事、『鮫島の笑い声』もかなり目立ってきたゾ〜(笑)

『タリッタータ』は食べてみたら『まさにオムレツ』で

「わあ〜オムレツだ!可愛いオムレツだー!!」

「イタリアにもオムレツってあるんだ〜♪」

と思った。

でも…これっておかしいよね…『イタリアにもオムレツがある』も何も、オムレツって普通に考えたら『あちらのお料理』だよね?(笑)

オムレツが日本に入ってきたのは多分明治時代とかだよね?それなのに漏れは『イタリアにもオムレツが!?』とか思っておかしいよね?(笑)

漏れは何かオムレツについてはいつもそう思うんだよね…前に『スペイン風オムレツ』というのを何度か作った時も

「しっかし…スペインにもオムレツがあるんやなぁ〜」

と思った…。

そらあるだろうよ『スペインにオムレツ』…元々あちらの料理なんだから…『オムレツは日本の料理』みたいに何で思うのかねえ…(謎←笑)

とまあここまで来たところで、いよいよ『このアミューズの白眉たる生ハムの話』を行こう!













































b0136045_20550927.jpg

『生ハムの話』をいく…。

このお皿の10時位の位置にあるのが『それ』…。

一口食べて

「おっ!」

と思った!

二口目を食べて

「やった!」

と思った!

何が『おっ!』かというと『いつものと違う!』という事!

何が『やった!』かというと『遂に漏れも“違いが分かる男”に!』という事!

1月19日に『ペリーニ アダージオ』に初めて行った時、アンティパストとして『生ハムの盛り合わせ』が出た。

それは勿論美味しかったけど、普段生ハムを食べつけない漏れとしては『旨かった』『お洒落である』という感想しか抱けなかった…シェフが『鎌倉の…』という説明をされたように覚えているけど、『鎌倉の何なのか』という事も記憶になかった…。

つまりは『生ハムの違いが分からない男』であった訳だが(恥)それに発奮した漏れはその後『スーパーで売っている生ハム』を定期的に購入してサラダに入れるようになった。

『スーパーの生ハム』を定期的に食べて、次に『ペリーニ アダージオ』に行って生ハムを食べた時

「むう!これは違う!」

「『スーパーの生ハム』とは何か違う!」

と思う為に『スーパーの生ハムを定期購入した』と…まあそういう感じ…(笑)

『漏れ的生ハムの食べ方』を…ちょっと説明しようか…











































b0136045_22284816.jpg

ちょっと前の自炊の写真…こんな風に『スーパーで買った生ハム』をサラダに入れて楽しんでいる…。

『ペットボトルのゴミ袋』が床にほかっているのが写っていてちょっと恥ずかしいんだけど(笑)まあこんな風に生ハムを日々楽しんでいるんだね…そんな生活をするようになってから早3ヶ月が過ぎた…。

そして…









































b0136045_22284865.jpg

『その成果』が遂に出た!

「『スーパーの生ハム』とは明らかに違う!」

と思った!

そら『スーパーの生ハム』と『イケメンシェフが自ら手作りする生ハム』が違うのは当たり前なんだけど(笑)それでも『その違い』が瞬時に分かった事はメッチャ嬉しかった!

『スーパーの生ハム』より複雑な味がする!

『肉そのものが違う』って感じ!

そんな事に大興奮して(笑)

「遂に漏れも『生ハムの違いが分かる男』に…」

と涙した漏れ(笑)は、その後でイケメンシェフと話す機会があった時言ったんだね。

「こちらに初めて来てから、私も『生ハムを食べる習慣』がついたんです!」

「それは『スーパーで売っている生ハム』に過ぎないんですけど(ちょっと恥)とにかくここ3ヶ月位定期的に生ハムを食べてきたんです!」

「そしたら、さっきアミューズで生ハムを頂いた時『違い』が分かったんです!生ハム食べ続けてきた甲斐がありましたよ〜(欣喜雀躍)」

と…。

そしたらシェフはニッコリ笑って

「それは良かったですね」

「まあ…今日のアミューズの生ハムは『羊の生ハム』ですからね…」

とおっしゃった…。

えっ…『羊』?『羊』って…


















































b0136045_22284927.jpg

その時漏れは思い出したんだ…。

『アミューズを提供された時のシェフの説明』を…。

半個室のおぢさん達の宴会の声(笑)で確かに聞き取りにくかったけど(上の画面キャプチャー見て)『子羊の…』『ラムの…』と言われた事は確かに記憶にあった…。

つまりは『ラムの生ハム』だったのよ…『羊の生ハム』だったのよ…そして『スーパーの生ハム』はおそらくは『豚の生ハム』なのよ…そら味だって違うだろう…。

『肉そのものが違う!』って漏れは感じた訳だが…そら違うだろうよ『羊と豚』なんだから…違って当たり前…(恥)

3ヶ月スーパーの生ハムを食べ続けなくたって分かっただろうよ『その違い』…漏れの3ヶ月は一体何だったのか…(恥)

そんな想いで赤面して(恥)

「そうでしたね…『ラムの生ハム』でしたね…ハハ…(含羞)」

と呟いて俯いた…知ったような事言っちゃって赤っ恥かいたぜ全く…(恥)

ついでに言うと…さっきちらっと書いた『鎌倉の…』って話も『間違い』…。

これはこの日の話ではなくて『3月28日にCBさん(女子♪)と行った時の話』なんだけど、シェフとの会話の中で『鎌倉の…』の件を思い出した漏れはシェフに聞いてみたんだね。

そしたらシェフの答えは

「『鎌倉』…ですか?」

「それは…多分違うでしょうね…うちの生ハムと鎌倉は関係ないですね…」

というものだった…。

「何が『鎌倉の…』だよ1月19日の俺…」

「『鎌倉の…』なんてシェフ言ってねえじゃねえか1月19日の俺…_| ̄|〇」

と赤面した…『生ハムと俺』はどうも相性が悪いらしい…(恥)

『生ハムの話』とは関係ないけど…一昨日久々にCBさんからメールを貰った…。

CBさんとの人間関係は終了したと思っていたから、久々にメールを貰って嬉しかった…『人間関係が終了した事』は変わりはしないんだけど、メール貰って何かほっこりした…。

メールの内容は中々エキサイティングなものだったんだけど(笑)『CBさんが通っている面白そうな飲み屋さん』を紹介して頂いた!つまりは『お店紹介メール』だったってだけ(笑)

折角だからそのうち行ってみようかな?

『お笑い芸人さんがやっているお店』らしいんだけど、仕入れや料理へのこだわりはかなりなものみたいだから『行ってみる価値』はありそう♪

『漏れが行くタイプのお店』とはちょっと傾向が違いそうな気はするけど…たまにはそういうお店に行くのもいいかもね…。

料理の勉強になるだろうし(芸人さん自身が包丁を握るそうな)確かに飯も旨そう♪(鮮魚がウリなんだって)

『芸人さんのお店』なんて『ペリーニ アダージオ』とは違った意味で緊張するけど(どこに行っても緊張する奴…←恥)まあ…一度位いいだろう…何か漏れそこでも浮きそうだけど…(自嘲)

それはともかく…
















































b0136045_22284914.jpg

これで漸く『アミューズの話』終了(笑)

『まだアミューズ』だよ…いつになったら終わるんだよ『このシリーズもの』…(哀)

てな訳で…ちょっと巻く…。

本来だったら『もっと後に書くつもりだった話』を今書いて『別の話』にシフトしていく…。

『アミューズの段階』でもそうだったし『この日のコース料理を頂く中で通しで思った事』でもあるんだけど…『独りディナーはやっぱ間がもたない…』と思った…。

『間がもたない』と言っても別に『居心地が悪い』って事ではないよ!

ただ…『若干つまらない』んだ『料理への期待とか感想を話す相手』がいないから…。

さっき書いた『生ハムの話』だって、例えばCBさんと一緒だったら(メールを貰ったからといって『人間関係が復活した』という訳ではない…念の為…)

「うわぁー!俺やっちゃったよー!」

「『ラムの生ハム』だったよぉ…_| ̄|〇」

とか漏れが言えば

「えと…バカ?(笑)」

とCBさんが返す…そこに笑いが生まれて楽しくなる…。

でも…独りだと『それが無い』…。

美味しくて感動してもおかしな事があっても

「これは…ブログネタになるゾ〜♪」

とほくそ笑むだけで『会話』にはならない…。

イケメンシェフやイケメンウェイターさんはいらっしゃるけど、この日は結構忙しかったみたいで(『サラリーマンおぢさん達の宴会』があったし他にもお客さんが結構来てた)『CBさんのナイスアシストでシェフやウェイターさんとかなり話せた3月28日』のような訳にはいかなかった…。

言うなれば『不毛地帯』…。

料理は美味しいし雰囲気も良いし確かに楽しいんだけど、そこにいるのは『ただ漏れ独り』…周りのお客さんがみんな連れがいるのに肩身がせまいよう…(泣)

そんな想いから本シリーズのタイトルを『不毛地帯』にした…『鮫島の笑い声』が全てではないんです…。

そこで漏れは考えた…。

「これから『ペリーニ アダージオ』に定期的に通うなら…毎回でなくてもいいけど『連れ』はやはり必要…」

と…。

とはいっても『CBさん』は人間関係が終了しているし(メールを貰ったからといって『人間関係復活』ではない…←二度目www)『ペロ君』は朝の投稿に書いた理由で誘えないし(あいつと行ったら破産だよ←笑)他にも何人かあてはあるけど『応じてくれるか』は分からない…漏れにとってはそうでもないけど、普通に考えれば『ペリーニ アダージオ』は『決して安くはないお店』…。

3月に大学クラブ同期と同期会をやる予定があったんだけど(漏れは夜勤で結局不参加になった…)その時Facebookのグループメール?で『ペリーニ アダージオ』を推したら

>何故我々が『東麻布のお洒落イタリアン店』で飲まなくてはならないのだ?

という返事を同期男から頂いた…。

「まあ…普通そう思うわなぁ…」

と思った…その同期会に出るのは『基本男だけ』やし…。

因みに…その同期会は結局『ペリーニ アダージオではないとある居酒屋』で行われた…『孤独のグルメに出てきた居酒屋』で行われた…。

その頃は漏れ『テレビドラマの孤独のグルメ』は観ていなかったからその事自体は羨ましくは思わなかったんだけど、夜勤の合間を縫うように

>◯◯なう!

>これ美味しいー!

>鰻重最高♪

なんてFacebookのグループメール?が写真付きで送られてきて参った…。

仕事の合間をみて

>氏ね!

>氏ね!

と送り返してやったわ(笑)

長い説明になったけど(いつも←笑)『ペリーニ アダージオ』に『連れ』と行きたいけど『連れのあて』がすぐにはない…。

「漏れはこれからも『ペリーニ アダージオ』に独りで行って『不毛地帯…』をしなくてはならないのか…」

と諦めかけた時『一緒に行ってくれるかもしれない相手』が1人浮かび上がったんだ…。

それは…
















































b0136045_23352230.jpg

『グロちゃん』!

我が職場の同僚で気の良い男『グロ』ちゃん!

『グロちゃんの仔細』は上に挙げた画面キャプチャーを参照して欲しいんだけど、彼は漏れの周りの人間の中で唯一

>『ペリーニ アダージオ』に行ってみたいです!

と言ってくれた男!

『Facebookグループメール?であっさり断わった同期男』も見習えってーんだ!(笑)

そんなグロちゃん(『グロい男』ではない←笑)とは『最初はランチから』と思っていたんだけど、グロちゃん(むしろ可愛い男←笑)は拙ブログを通じて

「このイタリアンというのは…どういうものなんだろう…どんな味がするんだろう…」

と思ってくれたそうで(感激だなぁ…←しみじみ)

「であれば…『ランチ』より『コース』の方が『彼の興味』に応えられる!』

と踏んだ漏れは彼に相談したのよ!

「グロちゃん…キモい話するけど…漏れと『ペリーニ アダージオのディナーコース』に行かない?」

「三千円だけ払ってくれればあとは漏れがお代は持つから…行かない?」

と…。

『三千円だけ云々』と言ったのは『うちの職場の一軒の飲み代が大体そんなもん』だから…その位の出費ならグロちゃんも応じてくれるかも…。

そしたら…グロちゃんは快く応じてくれた!

「さっすがグロちゃん♪」

と快哉を挙げた!彼ってば本当に佳い男♪

その話をポールスミスさん(同僚)にしたら

「遂に『モーホーイタリアン』ですか…」

と呟き下を向かれた…。

『ポールスミスさん…違う…違うんだ…』

『私達そういうんじゃないの!』

『そ・う・い・う・ん・じゃ・ない・ん・だ・か・ら・ねっ☆』

と思った…って…『思いっきりモーホー』じゃん!?(笑)

モーホーイタリアン(笑)の日取りは『5月27日(土)19時から』に決まった!

その事をポールスミスさんに伝えたら

「土曜の夜に野郎2人でイタリアン…」

と絶句された…。

違うんだけどなぁ〜ポールスミスさん…。

そういうのじゃないのよ私達…誤解しないでちょうだい…って…これまた『思いっきりモーホー』だ(笑)

そんな訳でモーホーイタリアン(笑)の日取りが直近に迫っているので(明日夜勤で明後日の明けの夜に『モーホーイタリアン』ナリ…←笑)本シリーズ『不毛地帯…』がそれまでにどれ程進むかは甚だ自信が無い…なるべく進めるつもりだけど『まだアミューズが終わっただけ』だからなぁ…(哀)

モーホーイタリアン(笑)のひとつの狙いは『ペリーニ アダージオのバーベキュー』に水を向ける事!

『不毛地帯…』の最後にイケメンシェフが

「小生さん…バーベキュー是非いらして下さい」

と言ってくれて(この話も…もっとじっくり書きたかったんだけどなぁ…←哀)その時は漏れも

「ええ!行きたいと思っています!」

「この一年『ペリーニ アダージオの各種イベント』に全て参加して『自分に合っているものとそうでないもの』を見極めるつもりです!」

とかぶち上げちゃったんだけど(笑)帰りの電車ん中で

「何調子こいてんだよ俺…」

「『ペリーニ アダージオのバーベキュー』とか行けるようなキャラかよ俺…人見知りのくせに…」

と俯いてしまった…それ以来『ペリーニ アダージオ』に行ってないから『バーベキューの返事』はまだできていない…。

モーホーイタリアン(笑)の中でシェフにバーベキューの件を問われたら…その時は清水の舞台から飛び降りる覚悟で『逝きます…』と答えよう…(笑)

もしもシェフが何もおっしゃらなかったら…その時は『グロちゃんの出番』…。

モーホーイタリアン(笑)のメインセコンドピアット(最後の料理)になってもシェフが何もおっしゃらないようなら、グロちゃんに『あらかじめ決めておいたサイン』を出そう…。

そしたらグロちゃんは『予定の行動』に出る…。

『我がペリーニ アダージオ史の最良のパートナーであったCBさん』の口調を真似させ、CBさんの声色で可愛らしく

「あ、あのう…シェフ…」

「この人(漏れ)『こちらのバーベキュー』に参加したいんです…でも人見知りだから中々勇気が湧かないんです…」

「シェフ…背中を押してあげて下さい…」

と言わせよう…まさにモーホーイタリアン(笑)

まあ実際んとこ『漏れとグロちゃんがモーホーに見えるか?』というと…見えない事もないから困るんだな(笑)

グロちゃんはぽっちゃりしていて童顔で髪にウェーブとか掛かっているから(確かそうだったような…)『モーホーっぽく』見えない事もない…漏れもハゲでメガネでプニョッとしているから『モーホーっぽさ』がない事もない…。

そんな2人が土曜の夜に東麻布のシャレオツイタリアン店に来て、コース料理をイチャイチャしながら楽しそうに食べて(別にイチャイチャはしないのだが…まあ『そう見える可能性』はある…)挙げ句の果てに童顔の方が(グロちゃんが)女口調で喋るんだから(笑)それはもう『モーホーそのもの』にしか見えないかも?(笑)

それを聞いたイケメンシェフは嘆息してこう答えるだろう…。

「えと…『出禁』で…」

と…。

そそそそ、それだけは困りますよシェフ『出禁』だけは!!!

何なんだこの妄想は!?(締め呆れ)












続く…。
(只今23時31分…予定より1時間半も『残業』したのに大して話が進まなかった…因みに…『不毛地帯…』で『ペリーニ アダージオ』に行った時『男同士の二人客』もいる事はいた…おかしな行動しなければ漏れとグロちゃんでも『モーホー』とは思われないだろう…多分…←『多分』って…←再締め呆れ)
by shousei0000 | 2017-05-25 23:34 | ペリーニ アダージオ