カテゴリ:ペリーニ アダージオ( 120 )

ちょ!◯すぎやおまへんか!? 続き。

b0136045_09062918.jpg

『昨日ペリーニ アダージオで頂いたお料理達の感想』を書く…まあ基本『昨日書いたものの焼き直し』に過ぎないのだが…(恥)

一皿目のアンティパストは『神奈川県伊勢原市にあるシェフの畑で獲れたお野菜を使ったお料理』!

全部の感想を書いているとシリーズ物になってしまうので軽めの紹介でいくが(笑)グラスに入っている『人参の冷製スープ』がメッチャ旨かった!

加糖はしていないのに甘みがあってすこぶる旨い!所謂『素材そのものがもつ甘み』ってやつで和む♪

その左やや下にある緑のは『ツルムラサキ』!ワイらの家庭でもよく食卓に登るツルムラサキ!!

ツルムラサキのくせに?トマトと絡めると『立派なイタリアン』!立派なイタリアンなんだけど、もぐもぐしていると例の土臭い感じの味がして

「ああ…ツルムラサキやなぁ〜♪」

としみじみ思う、我々日本人には嬉しい?一品!

グラス下の茶色いのは『茄子のマルメターラ』!『甘くない茄子のジャム』との事!!

「パンにつけても美味しいですよ」

とイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に言われてそうしてみたら…旨い!

『ニンニクとオリーブオイル香る茄子の味』がパンに合って旨い!どこかで食べたような気がしたけど『どこで食べたか』が思い出せない(笑)

…って…やべえ…こんなペースで一々紹介していたらシリーズ物になる…(汗)



















b0136045_09222804.jpg

二皿目のアンティパスト!

昨日の投稿にも書いた通り、漏れはシェフに

「『盛り合わせ1200円』に捉われずアンティパストじゃんじゃん出して下さい!」

と言ったんだけど、そしたらシェフは

「じゃあ…幾つかのお皿に分けてお出しましょうね」

とおっしゃられて漏れニッコリ!

「それって…『準コース』じゃん♪」

とニンマリ(笑)

二皿目のアンティパストは内容を一言で表わすタイトルはつけにくいんだけど、向かって左に盛られている『水茄子と桃、プロシュート ゴルゴンゾーラのアクセント』という料理にビックリ!

「生ハム(プロシュート)とチーズ(ゴルゴンゾーラ)は合うだろう…それは普通にイタリアンのつまみとしてあるものやし…」

「でも…それらと『桃』ってどうなん?『水茄子』は?『甘い桃』と『甘くない水茄子』の相性ってどうなんだろう…」

と不安に思いつつもおそるおそる口に運んでみると…『杞憂』!

ホント『全くの杞憂』だった!『水気のある水茄子』と『ジューシーな桃』がまるで姉妹みたい(笑)それらとプロシュートとゴルゴンゾーラの相性もいい!従姉妹みたい(笑)

要するに『従姉妹会』って感じの味で漏れほのぼのしちゃった☆(要してねえッ!!!←締め呆れ)
















続く…。
(うし…今日は帰りに『いつものファミレスで残業』だ…_| ̄|〇)
by shousei0000 | 2017-07-07 09:21 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

ちょ!◯すぎやおまへんか!?(7月6日のペリーニ アダージオ 通算16度目の訪問)

b0136045_20190504.jpg

さっきまで『ペリーニ アダージオ』にいた…。

入り口に『7月からのランチ営業内容の変更についてのご案内』が貼ってあってやや寂寥…やっぱあの千円ランチは『暫くはお休み』なのか…(哀)

でも…よくよく『ご案内』を読んでみたら『手打ちパスタ』と書いてあって『喜』!

手打ちパスタ絡みで『前菜、ドルチェが付いて2500円』とか『前菜、肉料理、ドルチェが付いて3500円』とか余裕で食いた過ぎて草!いつかは行ってみたいゼこのランチ♪

ただ…『予約営業』なんだよなぁ…この内容で何の不満もないけど『予約無しで行けたら更に最高』なんだけどなぁ…。

イケメンウェイターさん(大堀さん)の後釜…早よう入れ…(祈り)



















































b0136045_20502517.jpg

店内に入ったら『カウンター一杯にワイングラスが並んでいて』驚!

「ウェイターさんがいなくなったから『こうしたスタンバイ体制』取らなきゃならないのか!?」

と何となく寂しく思っていたら『予約があるから』との事!

入店は18時ちょいだったんだけど(開店ほぼ同時に駆け込みましたゼ←笑)『19時から8名様の予約がある』との事で、それで

「ワイングラス!総員スタンバっておけ!!」

「左舷!弾幕薄いよ!何やってんの!?」

となったらしい…『左舷』とか『弾幕薄いよ!』とかは関係ねえ!(ガノタネタでつ←笑)

今月は漏れにとっては珍しく飲み会の類いが多くて「ぐぬぬ…」と思っていたんだけど(飲み代に困って…←恥)その飲み会のひとつが中止になったので

「今日は…コースでいこうかしらん♪」

とニヤニヤしていたら、イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)が

「おっ、おおん…」

とおっしゃって没…『8名の予約で一杯になりそうでコースを出すのが微妙そう…』との事…。

それでまあそれ(コース…)は諦めて『アンティパスト盛り合わせ+手打ちパスタ一品』にしようと思ったんだけど

「今日はお野菜のいいのが入っています…うちの畑からね(笑)」

なんてシェフジョーク?を聞いたら堪らなくなってきて

「シェフ!『アンティパストの盛り合わせ』は値段に糸目は付けないのでガツガツ出して下さい!」

なんて事を漏れは言った!

前回の訪問時注文した…つかお任せした…『アンティパストの盛り合わせ』は確か1200円だった…。

それで十分満足したんだけど『うちの畑の野菜』と聞いたら黙っちゃいられねえ…こちらとら『その畑に行った事があるおあにいさん』だ…。

要は『アンティパスト盛り合わせ1200円に縛られずガンガン出して下さい!』って事!『コース5500円』がダメになった以上せめてアンティパスト位好き放題食べてえ…。

そんな漏れの言を聞いたシェフは小さく頷きカウンターの中に入る…そしてアンティパスト提供の準備に入る…。

19時といったらあと一時間もない…。

19時に店を出なくてはならない訳ではないけど、『8名の予約のお客さん』がいる以上どうしてもそちらにかかり切りになろう…つまりは実質この一時間足らずの時間が勝負…。

『シェフと漏れとのアンティパスト勝負』…そんな感じの展開が遂に始まったのだ…まあ『勝負』といっても『漏れは飲みながら待っているだけ』なのだが…(笑)

そして…やがて到着したのが…







































b0136045_22081874.jpg

一番勝負…アンティパストI…『伊勢原の畑の恵み達』!
















b0136045_22081921.jpg

二番勝負…アンティパストII…『み、水茄子と桃と生ハムとチーズが合うとか…嘘やろう!?&サザエはイタリアンにしても旨い』!



















b0136045_22081957.jpg

三番勝負…アンティパストIII…『鱧とか…もしかして初めて食ったかも…和の食材をイタリアンで初体験するとか何たる逆輸入』!!!



















b0136045_22081920.jpg

プリモピアット…つか…締めのパスタ…『冷製パスタとか昔の漏れなら「けっ!」で済ませていたけど、今日改めて頂いたらメッチャ美味くて自分でも作りたくなった渡り蟹とサフラン、レモンのカッペリーニ』!!!


















b0136045_22082000.jpg

あとまあ、ビールとかワインとかワインとかワインとかワインとかグラッパとかグラッパとか…(締め笑い)













続く…。
(単話で終わりにしたかったけど終わらんかった…もう1話お付き合い下さい…)
by shousei0000 | 2017-07-06 22:07 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

またまたイチャイチャしたゼ!(6月29日のペリーニ アダージオ 通算15度目の訪問)

b0136045_22454573.jpg

昨日もまたまた『ペリーニ アダージオ』でイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)とイケメンウェイターさん(大堀さん)とイチャイチャしたゼ(笑)

漏れが入店した時『男性2名のお客さん』がいたが(モーホーかな?←笑)漏れに気を使ってか程なく退散されたので、その後はま〜たシェフとウェイターさんと漏れでイチャイチャしたゼ(笑)

上の写真はその最後に飲んだ『グラッパ』という蒸留酒…『イタリアの焼酎とも言うべき酒』だそうな…。

「イタリア人も焼酎好きなんだなぁ〜♪」

と思った…(違う?←笑)

今日は『コースで頼むには時間がキツかった…』のと『コースで頼むには財布がキツかった…』という事情もあって(恥)訪問するようになって初めて『アラカルト』で注文した!

『頼んだアラカルト』は何かというと…


















































b0136045_22454571.jpg

ピコピコピコーン!

『“スパゲッティーニ” 北海道産雲丹のマッキャード』!!

前回の訪問時コースの中で頂いた『スパゲッティーニの何ちゃら』(細かい事は忘れた…←恥)というのがあまりに旨かったので、今回は『スパゲッティーニの別バージョン』として単品で注文した!

前回の訪問時初めて知ったんだけど、『ランチのパスタは乾麺』で『ディナーのパスタは手打ち』だそうな!

その『手打ちのスパゲッティーニ』がモソモソして凄く旨い!

『モソモソした麺』なんて褒め言葉には思えないと思うけど…メッチャ褒め言葉なのよ!『モソモソした麺がソースによく絡んで』とにかく旨い!!

例えて言うなら『お蕎麦で作ったパスタ料理』って感じ!

これまた褒め言葉とはとても思えないと思うけど(恥)『お蕎麦っぽい色とモソモソ感と縮れた感じの麺』とソースの相性が実に絶妙!

「生パスタ(手打ちパスタ)って…こんなに旨いのか…」

と震えた…(久し振りの『震えた』ナリ←笑)

『雲丹のソース』も旨い!

『雲丹の絡んだオイルソース』だったら少ししつこい感じになったと思うけど、そこにトマトをマッキャード(『少し入れる』の意)しているので『しつこくない雲丹のソース』になってなまら旨い!自宅で食っていたら『皿まで舐める勢い』だったぞい(笑)

決して安くはないけど(一皿1800円也)『質量共に満足する一品』だった…『生パスタ』に癒された…。

これの前に『アンティパスト盛り合わせ』というのも頂いたんだけど…





































b0136045_17350812.jpg

写真撮り忘れた…『説明の録音』しかねえ…(哀)

でも…昨日は行ってよかったよ!

7月末に予定している大学クラブ同期との飲み会(もっち『ビステッカ・フィオレンティーナコース』な!)の打ち合わせの為に訪問したんだけど、心配してた飲みの問題は『プラ2000円で飲み放題』と聞いてなまらホッとした!

大学クラブ同期は全員男で(哀)みんなそれなりに飲むから

「あのペースで『ペリーニ アダージオ』で飲まれたら…どうなるんだろう…」

「金の問題もさる事ながら…『ビールひっきりなしに注文』とかなって『シェフ大わらわ』かも…」

と心配していたので『飲み放題の存在』に凄く安心した!これなら奴等(同期)との飲みでも無問題(笑)

「野郎6人…もしかしたらもう一人女が来るかもしれないんですけど…そんなむさ苦しい面々でワイワイやらせてもらいます(笑)」

とシェフに言ったら

「小生さん…『ドルチェ』…どうします?」

「『ビステッカ・フィオレンティーナコース』にはドルチェが付くんですけど、食べ盛りの男性?中心ならドルチェはいらないですかね?その分アンティパストに振ります?」

と言われて快哉を挙げた!

イタリアンのシェフなのに何なんだけど(とシェフは前置きされた)シェフはドルチェにはあまり重きを置いてないらしい…作るには作るけど『それよりはお料理を充実させたい』と思うそうな…。

『ペリーニ アダージオの基本コースである5500円のコース』にはドルチェは付いてないんだけど、これは『金額面で折り合わない』というのではなく『ドルチェより料理を楽しんで欲しい』というシェフの想いからそうしているそうな…実に素敵な考え方だ!

モチのロンで

「あ…ドルチェいらないッス!」

と答えた(笑)

「それで浮いた分は『サルシッチャ』をオナシャス♪」

と頼んだ(笑)

勝手にサルシッチャに振って同期達には申し訳ない気がしたからグループメール?に

>サルシッチャじゃない方がいいなら希望言ってクレメンス!

と書いたけど(笑)どうなるのかなぁ…『アンティパストに全振りしる!』とか言われるのかなぁ…。

そんなところも含めて『ペリーニ アダージオに於ける7月末の同期会』凄く楽しみデス♪














おしまい。
(今日はこれから知人の紹介で『お笑い芸人さんがやっているコミュニケーション系の居酒屋さん』にいてくる!その芸人さんがとても良い人で料理もかなりこだわっているらしくそこは楽しみなんだけど…『お客同士でワイワイするタイプのお店』ってとこが気になる…漏れそういうの苦手だから…常連さん達が来る前にサクッと飲み食いして帰る予定…←恥)
by shousei0000 | 2017-06-30 17:53 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

ワヤクチャお食事(笑) その5。

b0136045_21252074.jpg

どんどんいくゾー!

『ペリーニ アダージオのバーベキューの話』に早く戻りたいからな(笑)

6月18日のワヤクチャお食事(笑)のセコンドは『ビステッカ・フィオレンティーナ』!

じゃなくて…『ビステッカ・フィオレンティーナ風』な(笑)『風』が付く(笑)

『Tボーンステーキ肉』を求めて多少悪あがきしてみたんだけど、我が生活圏である狭山市と実家のある入間市ではどうにもならなかった…『それっぽい肉屋』も回ってみたけど『無し』…。

結局スーパーで売っていた『厚さ3cmのアメリカ産肩ロース肉』と『和牛のヒレの安くなっていたの』でお茶を濁した…それをツベやネットで見た焼き方で焼いてみた…。

事前に試作を2度やった時は

『強火でガーッと1.5分、返して1.5分で、焼き終えたら暫く肉を寝かせてから提供』

というものだったが、当日の朝ツベやネットで見た

『弱火でじっくり5分…返して5分…フライパンから肉を上げて暫く寝かして、最後に強火で両面を1分ずつ』

という焼き方の方が何かそれっぽい感じがして(笑)その焼き方で焼いた…『試作した意味ねーじゃん!?』って話ですよね?(笑)

『その焼き方が功を奏したか』はここではあまり詳しく述べない…『ヒレは焼きすぎた』という事だけ書いておこう…(恥)

まあそれなりに旨かったよ『ビステッカ・フィオレンティーナ風』(笑)

ニンニクとローズマリーを刻んだものをオリーブオイルに入れて香りを移して、それを前述の肉に塗って(というか浸して)焼いたものが『ビステッカ・フィオレンティーナ風』(笑)この手法自体は『本家ビステッカ・フィオレンティーナと同じ』…だと思う(笑)

『下味の塩胡椒』も効いていて旨かった!『ソース』とかイラネ!!

『分厚い肉を食っている』という満足感には十二分に浸る事ができた!『ヒレは焼きすぎた』けど…(哀)

ステーキなんて今まであまり焼いた事がなく(漏れは元々ステーキがそんなに好きではなかったのだ…)焼いても『何となくな焼き方』だったんだけど…今回は勉強になったし色々楽しかったです♪











































b0136045_21465330.jpg

『付け合わせのフライドポテト』見て!

これも『トスカーナ料理』なんだよ!『トスカーナ風フライドポテト』と言う!

ジャガイモを皮付きのまま切って強力粉をまぶして一部払って、それを熱する前のオリーブオイルに入れてローズマリーと皮付きニンニクを投入して15分程揚げたのがこれ!

簡単料理なんだけど旨かったよ!

「嗚呼…トスカーナの味…」

と思った…まあ『トスカーナ地方』どころか『イタリア行った事ない』んだけどね(締め笑い)















続く…。
by shousei0000 | 2017-06-24 21:45 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

イチャイチャしたゼ!(6月23日のペリーニ アダージオ 通算14度目の訪問)

b0136045_07315514.jpg

昨日はここで盛大にイチャイチャしたゼ(笑)

金曜だったけど口開けの時間帯だったからか他のお客さんはほぼいなくて、イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)とイケメンウェイターさん(大堀さん)を独占して盛大にイチャイチャしてきたゼ(笑)

『バーベキューに行った効果』は確かにあった!

『お仕事中の姿とは違うお二人のご様子』をバーベキューで見ていたからか(『バーベキューも仕事』ではあるんですが…)前に独りでディナーした時に比べて漏れの口から軽口が出るわ出るわで自分でも驚いたゼ(笑)

『シェフのお任せ』で料理を頂き酒もザブザブ飲んだから(昨日は仕事帰りだったからね)お会計は結構いった…『1.4K』位…。

因みに…『1K』とは普通は『千円』を意味する言葉だが、ここでは『1K』を『一万』と取って欲しい…『風俗体験投稿サイト』では『1K=一万』だから…。

「何で『風俗体験投稿サイト』を基準にするんだよ!?」

って話ですよね?(笑)

『2時間少々の飲みで1.4K』と書くと随分高く感じる方もいると思うが…高くはないんじゃないかな?『イケメン2人が付きっ切りでおもてなししてくれる』んだから(笑)

「ここは…『ホストクラブ』かな?」

と何度も思ったぜ昨日も(笑)

イケメンウェイターさんとも一杯喋れたし別れを惜しむ事もできた!

『次の勤務先』も聞けた!

『スペインバルの店長』になるそうな!

モチのロンでそのうち押しかける(笑)

この投稿は引っ張るつもりはないので(これ以上シリーズ物を増やしたくない…)『料理他の写真』を説明無しで載せて終わりにするゼ!

後日改めて説明するかもな(笑)





































b0136045_07535816.jpg








b0136045_07535972.jpg








b0136045_07535990.jpg









b0136045_07540020.jpg








b0136045_07540048.jpg








b0136045_07540071.jpg








b0136045_07540117.jpg







b0136045_07540164.jpg









b0136045_07540148.jpg

とりあえず以上!

これから仕事なのでバイナラ(締め笑い)















おしまい♪
by shousei0000 | 2017-06-24 07:52 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

暗転…後半(笑)

b0136045_17412479.jpg

上のくだりから話を再開する…。

『ビステッカ・フィオレンティーナコース4名日曜開催』はダメだった…日程が合わなかった…_| ̄|〇

これはこれで残念な事で、漏れはそれを『暗転』と捉えたんだけど、その後に続くイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の言葉こそが『本当の暗転』だった…「えっ!マジ!?」と思った…。

シェフはこんな風におっしゃった…。

「小生さん…実はあいつ(イケメンウェイターさん)が今月一杯で辞めるんです…」

「それに伴い、後釜が決まるまで暫くランチをお休みしようと思って…」

と…。

二重の意味で仰天した…。

「そっ、そんなぁ…」

と嘆いた…。

まず…単純に『イケメンウェイターさんがいなくなるのが哀しい』…。

漏れはシェフの動画に惹かれて『ペリーニ アダージオ』に通うようになった『シェフのファン』ではあるが、『イケメンウェイターさんのファン』でもあったのよ!イケメンは何人いたっていい(笑)

イケメンウェイターさんとシェフは『とても良い組み合わせ』だと思っていた…。

漏れはその両者をそんなに詳しく知ってはいないのだが、勝手なイメージで語らせてもらえば『静のイケメンウェイターさん』『動のシェフ』なんて具合に捉えていた…。

イケメンウェイターさんは本当は賑やかな人で常連さんとはワイワイやっているのかもしれないけど、漏れはそこまで親しくはなかったので(恥)『静かに淡々と給仕する』という印象を持っていた…でもそれが『執事』っぽくて何か好きだった…。

「何でここに『執事』が出てくるんだよ!?」

って話ですよね?(笑)

でも『執事っぽい』と思っていた…何の影響でそう思ったのかは自分でもよう分からん…(笑)

シェフは『この店の顔』だから、どのお客さんにも等しく笑顔を向け親切で優しく何より『イケメン』…(笑)

イケメンウェイターさんも勿論親切だしイケメンだけど(そこは大事←笑)シェフと比較すると『ややクールな印象』がある…でもそこが『執事』っぽくていい…(笑)

タイプが違うから楽しかった…。

『爽やかなイケメン』(シェフ)と『ややクールっぽいイケメン』(ウェイターさん)が交互に出てきて漏れに親切にしてくれる…(料理を給仕してくれる←笑)

「ここは…『ホストクラブ』かな?」

と何度思った事か…(笑)

そんな『静と動』の『静』が欠けてしまう事を堪らなく残念に思ったが、イケメンウェイターさんとシェフは別に『喧嘩別れする』とかではなく、イケメンウェイターさんからは

「10月のバーベキューの時は手伝いに来ますよ!」

との言葉もあったので何かホッとした…『何の心配をしてるんだよ!?』って話ですよね?(笑)

だからまあイケメンウェイターさんが退職される事は残念だけど

「仕方ないのかなぁ…」

と思ったんだけど、それにも増して仰天したのが『ランチ休止の話』!

『ペリーニ アダージオの千円ランチ』を漏れがどれだけ好きであるかは…このブログにしこたま書いてきたからぽまいらもよく分かっているであろう…。

『食べでのあるボリューミーなサラダ』

『来る度にいつも内容の違うしっかりお腹一杯になるパスタ』

『そして締めに香り高いペリーニのコーヒー』

で締めて千円ぽっきりで毎回大感動!

まあ漏れの場合は『ワイン×2』が入るから『千七百円ぽっきり』であったが…(笑)

「『都心のシャレオツイタリアン店のランチ』なんて『高くて少なくて無駄にシャレオツで』漏れが食うもんじゃねえ…」

と僻み混じりに思い込んでいた漏れの蒙を啓いてくれた『ペリーニ アダージオの千円ランチ』…それが『一時的とはいえ休止してしまう』とか耐えられない…漏れはこれから夜勤明けの後何を食べればいいのか…(哀)















































b0136045_18152948.jpg

『この日のペリーニ アダージオのランチの看板』を再掲する…。

来る時は何も考えず

「おっ!『ボロネーゼ』あるぅ〜♪」

などとホクホクしながら見ていただけだったけど、『それが暫くの間とはいえ休止する』と知った帰りは何となく寂しくなってガン見してしまった…次にこの看板を目にできるのはいつなんだろう…。

名残は尽きないし想いも尽きない…でも…『このお話』はそろそろやめなくてはならない…。

「イケメンウェイターさんともっとフランクに語れるようになりたかった…」

「『ランチやめちゃう』とか漏れ寂しくて氏んじゃう…」

等々の愛惜の念は尽きないが、そういうのはそろそろおしまいにしなくてはならない…。

だって…『着いちゃった』から…(どこに?)














































b0136045_18235788.jpg

『どこに?』って…『ここ』だよ!

『ペリーニ アダージオ』の最寄駅である『赤羽橋』に着きますた(笑)

『イケメンウェイターさんとこのままさよなら…』というのが何となくもったいない気がして(笑)『イケメンウェイターさんの最後の給仕』を受けに『ペリーニ アダージオのディナー』にいてきます(笑)

急な事なので『連れ』は無し!

急に思い付いた事なので『予約の電話』もせず(笑)

『昨日ランチ行ったのに今日もディナー』とか…イケメンシェフもイケメンウェイターさんもビックリするかな?喜んでくれるかな?

まあ『ビックリはしてくれる』だろうけど…『喜んではくれない』かもな…『キモがるだけ』かもな…。

でも…とりあえずいてきます!(締め笑い)














おしまい♪
(今日は初めて『シェフのお任せ』で楽しんできます♪)
by shousei0000 | 2017-06-23 18:22 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

暗転…(6月22日のペリーニ アダージオ 通算13度目の訪問)

『BF!』『ワヤクチャお食事会(笑)』と色々なシリーズ物が同時並行になっていてそれこそ『ワヤクチャ』なのだが…『昨日の話』を書かせて頂く。

昨日の投稿でも触れた通り、漏れは昨日『ペリーニ アダージオ』に行った。

それは『先日電話でしたあるお願い』を正式に依頼しに行ったものだった。

6月18日のお食事会…『ワヤクチャお食事会(笑)』ね…の中でビステッカ・フィオレンティーナ風(笑)を食べた後、ダチと潜友と

「今度『ペリーニ アダージオ』行こうぜ!」

「ビステッカ・フィオレンティーナ風(笑)じゃなくて『本物のビステッカ・フィオレンティーナ』食わな!」

なんて話をした。

というか…漏れ主導でそういう話をした(笑)

『ペリーニ アダージオのビステッカ・フィオレンティーナコース』は『4名様から』なので、漏れとダチと潜友の3名では1人足りない…。

「それを何とかしてよ!」
(もう1人誰か声掛けろ!)

と言われて知人にメールしたら

>オッケーだけど日曜がいい。

との返事を貰った。

『ペリーニ アダージオ』は日曜定休…ダメじゃん…_| ̄|〇

そこで漏れはイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に電話をして

「『ビステッカ・フィオレンティーナコース4名で日曜に店開けてもらう』とか…無理ですよねえ…」

とダメ元で言ってみたら…『いい』って言うんだよ!

「小生さんにはお世話になってますからね!定休日でもやりますよ!!」

って言うんだよ!

「さっすがイケメン!」

と快哉を挙げた漏れは(イケメンは関係ないか?←笑)ダチと潜友ともう1人のメンバーに連絡をとり『7月のとある日曜日』を開催の日に定めた。

そしてそのお願いをしに行ったのが『昨日のペリーニ アダージオの訪問』と…まあそういう事なのでありました。











































b0136045_06012648.jpg

13時27分訪店…。

ランチタイムの遅めの時間に行ったのは『狙い』…シェフとお話しをする為にね(笑)

ランチ看板の(a)に『ボロネーゼ』を見出して感激…シェフのボロネーゼ前から食べてみたかったから『ヤタ!』とか思った(笑)

店内に入ってみたら『超満員』で汗…。

「も、漏れの入る余地ないじゃん!」

と絶望したらイケメンウェイターさんが手招きしてくれた…『カウンターの一番奥の席』が空いていたよ(笑)

それでまあ座って『ボロネーゼ』を注文して、超満員だったから『お願いの儀』は後回しにして、サラダをつまみに赤ワインを飲んでいたところ…







































b0136045_06012753.jpg

『シェフのボロネーゼ』到着!

これもまたいつも通り旨かった!『ラグー』っぽい感じで深みのあるボロネーゼだった!

漏れもボロネーゼは時々作るんだけど、時短レシピだからタマネギも人参も入れずケチャップも使うから『ベタな味』になるんだよね…まあそれでも十分旨いんだけど…。

『シェフのボロネーゼ』は当然の事ながらケチャップは使ってなく(多分な)トマトソースで挽肉と人参とタマネギをじっくり煮込んだものだから(多分な)深みがあって美味しかった!『赤ワインの風味』もした!

とにかく美味しくてニヤニヤしながら食べていたんだけど(あぶねえな…←恥)そしたら店が空いてきてイケメンシェフもキッチンから出てこられたから『お願いの儀』をした。

そしたら…『ダメ』だった…。

『漏れが希望した日』はシェフの都合がつかず、『シェフがオッケーな日』は友人達の誰かが都合がつかない日で『ダメ』…ざ、残念…。

これが『最初の暗転』だったのだが、実はその後に『更なる暗転』が…。

『後半』に続く…って…『ちびまる子ちゃん』かよう(締め笑い)














続く…。
by shousei0000 | 2017-06-23 06:00 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

BF! その4。

b0136045_14300697.jpg

『TJ』の正体は『イケメンシェフ』だった!

『Tojo』だから『TJ』…気が利いてるよな♪(←ペヤングwww)

イケメンシェフを『TJ』と呼んでいた賑やかな運転手さんは『シェフの先輩にあたる方』だった!

直接お話しする事はあまりなかったけど、イケメンウェイターさん辺りからそう伺った!

直接お話しする事はあまりなかったので『何の先輩であるか』はよく分からないけど…多分『飲食関係店での先輩』じゃないかな?バーベキューの時は肉ガンガン焼いていたし!

この日のバーベキューは『ペリーニ アダージオのバーベキュー』で主催者は当然『イケメンシェフとイケメンウェイターさん』なんだけど、『二十数人のバーベキューにスタッフが2人』では当然手が足りない訳で、それで応援を頼んだのが『シェフをTJと呼ぶ賑やかな運転手さん』って訳!

いわばその運転手さんは『シェフの身内』…どうりで賑やかな訳だ(笑)

この日シェフが応援を頼んだと思われる人物は他にもいた。

『ヨーグル豚』(『ヨーグルトン』と読む)というブランドの豚肉をシェフのお店に卸していると思われる業者の方…シェフと共同で畑をやっておられる地元の男性と思しき方…他にも2人位焼き手をやっている人がいたような…。

面白かったのが『更に2名焼き手をしている男性がいた事』で、この2名の方は完全にお客さんなんだけど

「我々も飲食の仕事をしているのでこういうの見るとつい…」

とおっしゃり、序盤こそ席に就いて飲み食いされいたけど、バーベキューが本格的に始まったら焼き場に行かれて、あとはずっとそこで色々な物を焼いておられた!

『参加費九千円也を払って焼き手』とか…何か面白いね!『楽しみ方はそれぞれなバーベキュー』って事かな?

この『九千円払って参加したのに焼き手に専念されたお二人』(超敬意!)と『ヨーグル豚のおぢさん』おかげで、漏れは後に『ささやかな幸せ』を味わう事になる…早く書きたいその話…。

でもまあ『ものには順序』ってもんもあるので、まずは『バーベキュー会場到着の話』辺りから物語を再開しようかな?(笑)













































b0136045_14510591.jpg

バーベキュー会場到着!

そこは『アグリパーク伊勢原』という場時だった!

ロッジ風の建物が『管理施設兼バーベキュー資材置き場&炊事場』になっていて、その周囲に『貸し出しをしている畑』があって、『そこで獲れた野菜を中心にバーベキューをお楽しみ下さい』というコンセプトの施設のようだった。

そこがどんな場所であったかというと…








































b0136045_14510696.jpg

こんな場所!

空は高く雲は白く緑濃く山々が迫る景観が美しい…。

車から降りた皆さんは

「うわー!きれい〜♪」

「空気が美味しい〜♪」

「『自然』って感じだよね♪」

などと口々におっしゃっていて、漏れも何となく伸びをして

「うん、良い所だ!」

などと呟いたんだけど、他の皆さんは『都心に住んでいるか都心で仕事をしている方』なのだろうから『こういう光景』は非日常的で感動するのは当然だけど、漏れが住んでいる埼玉県狭山市は田舎だから『これに近い光景』が見れなくもないし、サイクリングで行っている飯能や青梅ともなると『バッチこの光景』なのもしょっちゅうなので

「何か…漏れがこの光景に感動するのはおかしいかなぁ…似たような光景割と見ているし…」

などとややこしく考えてしまったのでありました…(締め…何だろう…分かんね☆←何なんだそれは!?←締め呆れ)












続く…。
by shousei0000 | 2017-06-15 14:49 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

BF! その3。

b0136045_06465010.jpg

昨日からの続き…なのだが…ここから先暫く写真がないので、『昨夜漏れが二度目の試作をしたビステッカ・フィオレンティーナ風ステーキの画像』でも載せるとしよう!『ミディアムレア』ってこんなんでいいのかしらん?(笑)

それはともかく(笑)『BF!』の続きです…『6月4日のペリーニ アダージオのバーベキューの話』を再開する…。

『集合から出発までの間漏れが浮いた…』というところからの再開となる…(恥)

出発は予定時間の11時半をやや過ぎたと思う…時計を見ていなかったから定かではないが、多分11時40分だか45分位にはなっていたのではないかと思う。

だが…『10分や15分の違い』が何で何であろう…『誰からも話し掛けられず誰にも話し掛けられない無間地獄にいた漏れ』にとってそんな時間の差など意味を持たない…『凍りついた時間』が10分か15分増えただけ…(恥)

出発に際して『乗車割りの発表』があった。

イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)とイケメンウェイターさんを含む二十数名が移動するのに3台のワンボックスカーが用意されており、『その3台のそれぞれに誰と誰が乗る』といった事が発表されたのだ。

これにはちょっとホッとした…。

「どの車でもいいのでご自由にお乗り下さい」

なんて言われたら『孤立する中で乗る車を選ぶ更なる無間地獄』に陥るところだったのだから…(恥)

「そういうところまで配慮してくれるんだな…さすがイケメンがシェフとウェイターさんをやっているお店♪」

と感謝したのだが(笑)その僅か数分後、漏れは再び宙を仰いで嘆息する事になる…。

漏れが指定されたワンボックスカーに乗ってみると、その乗車割りは『賑やかな運転手さん』『その運転手さんと面識があるっぽい助手席の男女2名』『男性1名、女性3名のグループ』『イケメンウェイターさん』『そして漏れ』という編成…これ…どう考えてもメッチャ浮きますやん…(哀)

そしてその結果どうなったのかというと…













































b0136045_18432378.jpg

『こう』なった…。

『会話の輪から断裂された漏れの惨状』を見よ…(極恥)

『運転席と助手席の3名』はそれぞれに会話している…。

『2列目右端の女性と3列目の3名』はグループだから当然会話している…。

『2列目左端のイケメンウェイターさん』はこの日は『ホスト』とも言うべき役割だから当然全周囲と会話している…上の図では『3列目方々とは会話していないように見える』けど勿論会話していた…。

その中で唯一漏れだけが『誰からも会話の線を伸ばされず誰にも会話の線を伸ばしていない』…まさに『惨状』…(また極恥)

漏れ越しにイケメンウェイターさんと右端の女性が会話し始めた時は本当に絶望に駆られ

「これ…『1時間保たない』かも…」

と震えた…『1時間』というのは『ペリーニ アダージオからバーベキューの会場までの所要時間』を指す…。

ただ…これはさすがに『盛り過ぎ』(笑)

漏れがその1時間ずっと孤立していたのかというと…さすがにそんな事はなかった(笑)

イケメンウェイターさんが一杯話し掛けてくれた!

そらそうよ…イケメンウェイターさんは『この日のホスト』だもん(笑)

つか…言うまでもないけど…『それあるを期しての乗車割りだった』って訳(笑)

『9名の中で漏れだけが単独参加で他のお客さんとの面識もないから、ホスト役のイケメンウェイターさんが隣りに座ってくれた』って訳(笑)

「イケメンウェイターさんを独占してはまずい…」

と思ったけど…結局色々と話しちゃった(笑)

『イケメンウェイターさんの名前』を初めて聞いた!『大堀さん』というそうな!!

これ聞いた時ちょっと口ごもられたから

「これは…『複雑な家庭の方で名乗るのに問題がある』って事か!?余計な事聞いちゃったのか!?」

と震えたが(よく震えますね←笑)そういう事ではなくて『お店界隈ではニックネームで呼ばれる事が多いから名を名乗るのは面映ゆい』って事だったみたい…変な気の回し方しちゃった(笑)

『大堀さんことイケメンウェイターさん』はいろんな話をしてくれた!

『イケメンシェフとの関係性』について初めて聞けた!

『イケメンウェイターさんが六本木だか赤坂だかのイタリアンレストランに新卒社員として入社した時、ピザ担当の部署にイケメンシェフがいた』というところから始まった関係だそうな!

『その縁でイケメンシェフがペリーニ アダージオを開店するにあたってウェイターとして請われた』のだそうな!

「『イケメン同士がとある会社で面識を得て友誼を結び、その縁で後年一緒にお店をやるようになった』とか…格好良すぎ…」

と震えた…これで震えたの何回目かね?(笑)

イケメンウェイターさんは『ウェイター専任』だそうな!『ウェイター一筋10年』だそうな!!

「『ウェイター一筋10年』って…何か格好良い…」

と震え…って…『震える話』はもういいか?(笑)

イケメンシェフは『元々はシェフでなかった』そうな!『建築学科の学生だった』そうな!!

『普通に学生』だったのだが、ある日母親にバイトを勧められピザ屋に入ったら(ピザーラとかではない←笑)『天賦の才』があったらしくメキメキと成長され『ピザの世界大会で3位になった』のだそうな!『それでその道に進んだ』のだそうな!!『建築』はどうした!?(笑)

『その世界大会3位の表彰状』が『ペリーニ アダージオ』に掲げてあるのだそうな!『入口んとこに飾ってある』そうな!!

漏れもそれを見た覚えはあるんだけど、外国語で書いてあって何が書いてあるかさっぱり分からないから

「これは…『本番仕込みのトスカーナ料理を出すお店のお墨付き』みたいなものかな?」

とか思っとったわ(笑)無知って怖いね…(恥)

そんな話をイケメンウェイターさんに伺っていたら『グループで来ていた4名の中の隣りの席女性』とも少しだけ会話する事ができ

「一時間…何とかなるかも…」

と思ったりした…『単純バカ』って事だね(笑)

そんな感じである程度会話できたから

「ここからはもう『置物』でいいや♪」

と思って(笑)暫く黙ったら『周りの会話』がちょっと気になった。

『運転をしてくれている賑やかな男性』がさいぜんから口にされている『TJ』という単語が気になった。

その男性は繰り返し

「『TJ』がさぁ〜」

「『TJ』がよう〜」

と口にされていた…『TJ』って…何を意味する言葉なんだろう…。

そんな疑問を何となく抱きながらぼんやりしていたら、我々が乗っている車が東名高速を降りて料金所に至った。

賑やかな運転手さんは首を振りながら

「参ったなぁ〜『TJ』に金貰ってないよ〜」

「とりあえず俺が払っておくけど…後で『TJ』に3倍にして請求だな(笑)」

などと言う。

イケメンウェイターさんもまぜっ返すように

「そうですね…『TJ』にガッツリ請求しましょう(笑)」

などと言う。

その会話を聞いた時

「まさか…」

「でも…そうかも…」

と漏れは思った!

それは『何となく思っていた事が確信に変わった瞬間』であった!

この会話の暫く前…東名に入る時だか入った後だったかに

「『TJ』飛ばしてんなー!どんどん先行って張り切ってんなー!!」

「でも『TJ』の奴、結局バーベキュー場で張り切りすぎて酒も進んじゃって最後はグダグダになるんだよな(笑)」

という運転手さんの言葉があった…。

「そうですね…」

「去年も『TJ』、バーベキュー場の段差でこけたり端っこでゴロ寝したりでグダグダでしたからね(笑)」

とイケメンウェイターさんが返していた…。

『先行する車の運転手』『バーベキューで張り切る人』といったキーワード…それは『ある人物』を想像させる…。

そして更に出た『高速代を請求すべき相手』…それらは全て等しく『TJ』と呼ばれている…。

『先行する車の運転手』『バーベキューで張り切る人』までは『他の人物である可能性』もあったが、『高速代を請求する相手』となればそれは『一人』しかいない…。

『イケメンウェイターさん』ではない…。

イケメンウェイターさんなら同じ車に乗っているんだから

「おい!高速代寄こせ!!」

で済むのだから…。

『他の車に乗る人物』で『この日のお会計をするべき立場の人物』で、しかも『TJ』となれば『一人』しかいない…。

そう…






































b0136045_18524137.jpg

『TJ』と呼ばれていた人物の正体は『イケメンシェフ』だったのだ!

『Tojo』(東條)だから『TJ』と略して呼ばれていたのだ!!

遅まきながらそれに気付いた時(『ホント遅えよ!』って話ですよね?←笑)漏れはある種の感動に震えた…(久々に出ましたよ『震えた』が←笑)

「『TJ』かぁ…『TK』みたいで格好良いなぁ…」

「さすがにイケメン界隈は『アダ名の付け方』まで洒落てるなぁ〜♪」

と…(締め笑い)













続く…。
by shousei0000 | 2017-06-14 18:51 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

BF! その2。

b0136045_21403875.jpg

2017年6月4日の11時台…漏れは『ペリーニ アダージオ』の店内で絶望に打ちひしがれていた…。

当日の投稿にも書いたけど、草場の影から『ペリーニ アダージオ』の様子を伺って(上の写真の場面な)時間調整までして臨んだのに『店内は無人』…早過ぎた…_| ̄|〇

それでまあカウンターの一番奥に座って他のお客さんの到着を待つ…一番奥に座ったのは邪魔にならない為…(恥)

時間の経過と共に他のお客さん達が到着し始めたんだけど…『独りで参加の人』なんていやしない!『一人だけ単独参加の男性』がいるにはいたけど、『漏れの位置からは死角になるテーブル席』に座ってしまった!万事休す!!

あとはまあ『友人同士の参加』だか『お店で知り合った仲間』だか知らないけど『面識のある者同士』って感じ…。

「こんにちはー!」

「あっ、久し振り〜♪」

「どうも〜♪」

などと軽やかに会話を交わす流れに氏にたくなった…。

「シェフ…『独りで参加の人もいますよ』っておっしゃっていたけど『殆どいない』じゃないですか…」

「だから嫌だったんだ…だから…」

とほぞを噛みながらただただひたすらに出発時間を待つ…。

正直に書く…その出発時間が来るまで漏れは他のお客さんと『一言も会話を交わせなかった』…。

『ただの一言も』だ…この時間の何と長かった事よ…(思い出し鬱)

『顔を上げる事』すらできなかった…下手に顔を上げたら『賑やかに笑いさざめく他のお客さん達』と目が合ってしまう…。

じっと手を見るかぼんやりと中空に目をやって『難儀な時間』をやり過ごす…そんなんだから『どんな人々が何人くらい来ているか』も分からなかった…。

ただ…背中から放射した『対人レーダー波』によって(そういうの放射できるのよ俺♪←んな訳ねーだろ!←呆れ)『その人数が20人近くて女性も多い』という事が何となく分かった…。

「は、話が違う!」

と思った…。

『話が違う』とはどういう事かというと、漏れが呆然としながら過ごす中(恥)カウンターの上に置かれていて垣間見た『本日のバーベキューの手書きメモ』みたいな紙に『12個の席』みたいなのが書かれていので

「じゅ、12人!?」

「12人なら…いける!」
(12人ならあんま浮かずに済む♪」

と思っていたのに『それを大幅に越えた人数』が集まってきたので(対人レーダー波にて確認←笑)『話が違う!』と思ったのだ…。

後で分かった事だけど、その『12個の席みたいの』は『席』ではなくて『アンティパストの並びの図』だった…。

ちょっと考えれば分かる事…『席』だったら『隙間なく密集して並んでいる』なんて画になる筈がない…(そんな図だったんです…)

そんな画を見ながら

「12人なら…いける!」

と思い、実際に集まってきた人々を対人レーダー波(笑)で察知して

「は、話が違う!」

と焦る漏れは『明らかに浮いている人』だった…(恥)

『待ちに待ったペリーニ アダージオのバーベキュー』に笑いさざめくお客さん達の中で、ただ一人漏れだけが

「お願いだ…助けてくれ…」

「この地獄から俺を解放してくれ…」

と声に出せぬ絶望の声を心の中で呟いていたのでありました…(締め恥)













続く…。
by shousei0000 | 2017-06-13 21:39 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)