<   2009年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

10月11日以降の走行のまとめ(まとまるかなぁ・・・←笑)

※10月11日の走行

★地域            いつものコース+α(後述)

★走行距離            45.0Km

★10月走行距離       162.0Km

★年間総合距離       3667.3Km



10月については再三触れてきた様に某国家試験があるもんで、前回書いた風張峠行を最後に、一日掛かりのロングライドは暫し封印するつもりでいました(一応勉強しなきゃならなかったもんで・・・しなかったけど・・・←なんじゃそりゃ~ッ!)でも逆に言えば一公休に2~3時間、距離にして50Km程度の走行はするつもりでいました。その程度はいいでしょう?『気分転換』って事で・・・。
どうせ勉強なんか、しやしないんだし・・・(だな・・・)



で、この日の走行ですが、上記条件に合致する『いつものコース』を選びました。まあ何を言うにもシンプルでベーシックな『いつものコース』なもんで(『榎峠を廻らない』って意味ね)本来特記する様な事はありません。でもこの日については二つばかり記したい事があります。まず最初の一ネタ・・・
『いつものコース』を逆打ちしてみたんだなこれが~♪
(だから・・・何?わざわざ特記する様な事かぁ~?)




















b0136045_4493227.jpg

いやさ、まあそのう・・・こちらの地図を見て下さい。地図の下部中央やや左に『黒沢2』って信号があるでしょう?そこから北小曾木川沿いに進む道が登りなんだけど、この区間の『佐藤塚』手前までがダンプが多くてねぇ・・・だからこの廻り方はあんまりしたくないんだ・・・。登りってだけでも憂鬱なのに、ましてやそれをダンプと併走するなんて・・・。でもこの日は日曜日だったもんで、ダンプの連中もお休みなのよ!だからこの界隈を走る様になって初めて、この『逆打ち』を敢行したって訳さ♪
(それとこの女の子の写真と、何の関係があるんだぁぁぁ~ッ!!←別に関係ないけど…いいじゃん?可愛いから・・・姪っ子の写真です♪大きくなったネ~★)




















b0136045_514387.jpg

『黒沢2』を右折してちょい行った所の写真。ここから佐藤塚を経て松ノ木トンネルまでの約5Kmの区間は、途中にある新吹上トンネル600mを除いて登りになります。いつも下ってる感じから「ここを登るのは・・・結構大変なんじゃないか?」と思っていたんですが、案外そうでもありませんでした
『案ずるより産むが安田成美』とは、本当によく言ったものですね♪(なんじゃそりゃ~ッ!←大学時代の友人のジョーク♪初めて聞いた時のは大爆笑したヨ★)




















b0136045_5344323.jpg

松ノ木トンネル、キター―――(゚∀゚)――――!!




















b0136045_5351433.jpg

「逆打ち達成!任務完了♪」と、自慢気な小生氏(笑)



















b0136045_5355140.jpg

この日からサイコンを付ける位置を変えました。前はローディーさん方を真似てステムに付けていたんですが、それだとどうにも見にくい気が致しまして、ご覧の通りハンドル右手に変えた訳です。
所詮ロードメンであるに過ぎない小生が如き者には、ローディの真似はできないという事か・・・(だな・・・)




















b0136045_6343178.jpg

でも見て!この後小沢峠をアウターで登ったんよ!先日の榎峠アウター制覇といいこの日といい・・・
小生確実にローディーさん方に近づいてるネ~♪




















b0136045_6455627.jpg

小沢峠をアウターで力走する小生氏!この証拠写真はティアグラじゃないと撮れないヨ★(ティアグラ以上のSTIには、インジゲーターが付いてないですからネ~♪←『子供用』って事だろそれ!自慢すなーーッ!)




















※10月16日の走行

★地域            入間川CR⇔荒川CR 某地点往環(後述)

★走行距離            87.2Km

★10月走行距離       249.2Km

★年間総合距離       3754.5Km



ここまで述べた10月11日の走行での小沢峠初アウター制覇、前回述べた1000m超級峠である風張峠制覇、そして前々回述べた榎峠初アウター制覇を受け、小生は今が『アクアライフ』開始以来自転車乗りとして最上の状態にあると確信した!(それでも『人並み以下』なんですけどね・・・)
しかし誠に残念な事ではあるが、この後某国家試験までは『乗れない日々』が続くであろうから
(ちょっとは乗るけどね←笑)今の状態は『砂上の楼閣』の様に脆くも崩れていってしまうだろう・・・。


「だったら、であればこそ、今の状態を思い出に残す様な走行をしたい・・・」


そんな風に思い立った。
まあ女性の芸能人なんかが「今の一番美しい体を記録に残しておきたい・・・」とか思って、ヌード写真集を出すのと同じ心境だネ~♪(『同じ』じゃねえだろ!!)



しかし前述した通り、この時期は既に『ロングライド封印期』に突入してしまっている・・・。つーか、
この『今の一番いい状態を思い出に残す走行』ってのは、実は既に10月1日の風張峠行で完結済み!(そういう意図を秘めた走行でした・・・だから10月に入ってたのにロングライドを行った)しかし『やりたい!』と思う気持ちはやはりほだし難く、それでこの時期の条件内で許される範囲での挑戦を考えてみた。それはどういうものかというと・・・ハーフセンチュリーライド!



まあ『ハーフセンチュリーライド』な~んて言うとちょっと大袈裟なんだけど、要は『80Kmを一生懸命走ってみよう!』と思い立った訳です。これを平坦で信号のないCRでやれば大した時間はかからないだろうから、丸一日自転車に費やす事許されない今の条件のも合致するし、『センチュリーライドで8時間は切りたい・・・』と思ってる自分への何らかの指標にもなろう・・・。そこで


①豊水橋(入間川CR起点)から荒川CR上流線を経て40Km地点までの往環を、休憩一回でケイデンス90、心拍数150を目安に程度一生懸命走ってみる。


②4時間を切る事を最低目標とする。


という条件で走ってみる事にした。
まあこんな事考えたりやる時間がある位なら、もっと勉強すべきだったんだけどね(笑)←笑えません・・・。






























夜勤入りなので・・・続く・・・(まとまらなかった・・・←泣)
by shousei0000 | 2009-10-31 03:41 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

涙を呑んで10月24日までの走行をまとめます・・・。

※10月1日の走行

★地域            奥多摩側から周遊道路に入って風張峠→五日市側に下って青梅・入間

★走行距離           117.0Km

★10月走行距離       117.0Km

★年間総合距離       3622.3Km



































この走行だけはまとめたくなかった・・・四半世紀振りの標高1000m越えだったのに…『飛翔!~高度
1000mへの挑戦~』という感動的なタイトルも決まっていたのに…嗚呼・・・。

(もたもたしてるからそういう事になるんだ!自業自得だ!諦めな!←嘲笑)



































b0136045_0162380.jpg

という訳でこの日の走行を手短にまとめますが(手短になるかな・・・?ちょっと不安・・・←笑)
9月16日に下見に行った際、この表示に圧倒されました。「『都民の森まで16Km』って・・・そんなに登らなならんのかい!」ってね・・・。でも後から気が付いたんですが、『都民の森』ってのはピークの向こう側にあるみたいだし(他ブログ等による知識=四半世紀前には『都民の森』ってのはなかったもんでね・・・←笑)湖周辺の数Kmも平坦らしいので、実際のピークまでの登攀距離は13Km位で済みそうな感じです。「それなら…いけるんじゃね?」と思いました(笑)




















b0136045_0404564.jpg

この写真は小河内ダム傍らにあった案内図です。小生はこれから写真内の『月夜見山』
(実際には風張峠で標高1146m)に向かう訳です。『標高1146mに向かって距離13Kmを登る』というと大変な事の様に感じますが、実はここ奥多摩湖の時点で標高は500mあるんです。という事は、あと稼がなきゃならない標高は646m位です。つまり実際には『標高646mの山を13Kmかけて登る』という事に過ぎないんです。小生のこれまでの最高到達標高は昨年10月に行った堂平山890mなんですが、この時は秩父側から定峰峠→白石峠→堂平山と締めて大体13Kmかけて登りました。で、秩父の標高が200m位と考えると(そんなにあるのかな?或いはもっとあったりして・・・←あやふやなら書くな!)この峠行は『標高690mの山を13Kmかけて登った』という事に!
だったら経験済みじゃん?ハッハッハ!楽勝やね~♪




















b0136045_1145846.jpg

でも実際に画(え)として見てしまうと・・・うわぁ・・・。
あんなとこ(雲に隠れているけど赤丸の辺り)まで行くのかよ・・・やっぱ1000mは1000m・・・高いわぁ・・・





















b0136045_1221784.jpg

気を取り直して先へ・・・(笑)三頭橋を渡ってから暫くの間は、事前情報通り平坦な道が続きます。




















b0136045_1231368.jpg

走行する事3km程の地点で、漸く登りが始まります。これも想定内の話で一安心♪




















b0136045_1364118.jpg

奥多摩周遊道路には1Km毎に粁ポストがあります(これは嬉しい!「おっ!1km登ったかぁ~♪」
と励みになる)
100m毎の表示もあります(これは要らない・・・「まだ100m・・・」と鬱になる・・・)
ここは8Kmの粁ポスト。平坦区間が3Kmあった訳ですから、登り始めて5Km来た事になります。




















b0136045_1372535.jpg

8Km粁ポストを過ぎた辺りの眺め。大分高い所まで登ってきました。それなりに壮観です♪




















b0136045_221977.jpg

『9%』の勾配表示。区間中2箇所で見られました。これ以上の勾配表示はありませんでしたから、多分区間内の最大勾配なんでしょう。9%はきついっちゃ~きついですが、しのぎ切れない程のきつさではありません。つまり『奥多摩周遊道路はそんなにきつくはない』んです!まあ一応初見の峠だったので(四半世紀前には登ってますが)インナーに落としてえっちらほっちらゆっくり登りました。




















b0136045_225747.jpg

9%なんぞ敵ではないッ!(インナーだけどね←笑)




















b0136045_23308.jpg

右手に尾根が見えてきました!「すわ!ゴールは近いッ!」と気合が入りました。




















b0136045_2204285.jpg

まだゴールではありませんよ(笑)9Km粁ポストを
過ぎた辺りにあった『月夜見第一駐車場』で~す。





















b0136045_2211747.jpg






b0136045_2215626.jpg

『月夜見第一駐車場』の写真を二枚並べてみました。柵の向こうに皆が眺めているのは奥多摩湖です。ここは奥多摩湖が見下ろせる絶景スポットなんですね~。小生もちょっと見たく思ったんですが、今回の目的は『風張峠を足着きなしで制覇する!』だったもんで、「風張峠でだって奥多摩湖は見える筈!我慢我慢!!」と自らを鼓舞して、ここには寄らずに先を急ぎました。が・・・しかし・・・・・
ここ過ぎると尾根の向こうに出ちゃうもんで、奥多摩湖なんて全然見えないのよ・・・後からそれを知って愕然とする羽目に・・・(今回下調べ不足でした・・・)




















b0136045_2503871.jpg

月夜見第二駐車場です。ここからは行政区分的には桧原村になります(東京だけど『村』ね←笑)




















b0136045_252232.jpg

どうでもいい事だけど…フォークとブレーキの間に枯葉が挟まってるの分かります?これがタイヤに擦れてシューシューいってウザいの何の…。よっぽど降りて取ろうとしたんだけど、それをしたら『足着き無しで風張峠制覇』がなくなってしまうので我慢しました…。




















b0136045_2533767.jpg

風張峠に着きました!勿論当然足着きなしで~♪

で、着いたのはいいんだけど、四半世紀前の記憶にもある『風張峠 標高1146m』の表示や、他ブログで見た『東京の道路最高標高地点』の碑文が見つからないのよ・・・。それで「あれ~?ここがピークじゃないのか~?」と悩み先に進んだところ下り始めちゃいまして・・・気付いた時には・・・




















b0136045_3141739.jpg

こ~んなところに着いちゃいまして・・・・・・




















b0136045_3145161.jpg

こ~んな位置関係でして・・・・・・




















b0136045_3152117.jpg

ひょ、標高1109m!?俺の1146mを返えせ~ッ!
(37m下っちゃった訳ですね・・・嗚呼・・・神よ・・・・・)

で、まあ仕方ないから写真を撮り、「せめて景色でも見るか・・・」と身を乗り出してみたんですが・・・




















b0136045_3311434.jpg






b0136045_3315576.jpg

うわぁ・・・な~んも見えない・・・(ガスってまして・・・)




















b0136045_3401469.jpg

ここで読者諸氏に於かれましては、最初の方に
挙げた奥多摩湖からの写真を奇想して頂きたい・・・。


月夜見山(風張峠)の方に雲がかかっているのは最初ににも言った通り。こちらから向こうが見えない以上、向こうからこちらが見えないのは自明の理・・・致し方なき事・・・。それにしてもしかし・・・




















b0136045_3475417.jpg

「奥多摩湖の絶景スポットはスルーしちゃうわ・・・
風張峠の表示は見落とすわ・・・ピークからの眺望は見れないわ・・・。俺・・・何の為に1000m越えたんだ・・・」と眉を潜めて、釈然としない様子の小生氏・・・





















b0136045_3542121.jpg

「でも…ま、いっか?羊羹旨いし★」と、ポジティブなところを見せる小生氏(帰路の補食時撮った写真←笑)






























『10月11日以降のまとめ』に続く・・・(風張峠までの距離は結局、11Kmちょい位でした♪)
by shousei0000 | 2009-10-29 23:57 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

ローディーに最も近づいた日・・・続き。

さてさて前回からの続きですが、この日(9月26日)の走行は『いつものコース+榎峠→御嶽・吉野周回』を採りました。前日の9月25日に平坦路とはいえ一応100Km超走っていたので(県北ランでね)この日は軽めに流そうと思ったんです。このコースを走るのはマドンに機種変更してその力を発揮し始めたSM君に完敗した9月3日の走行、そしてそれに刺激を受け「もっと真面目に走らなきゃ!」と思って強度を上げた9月8日の走行以来ですから、半月以上振りの『いつものコース』という事になります。「今月は・・・いろんな所に行ったよなぁ・・・」そんな事を考えながら走りました。




















b0136045_3122148.jpg

成木街道の道すがらにある田んぼ区間…ここの風景
ちょっと鄙びた感じがして、結構好きなんですよね~♪


小生がこの界隈を『練習コース』に定めて定期的に走る様になってから、早1年の時が流れました(当時の決意の想いはこちらをどうぞ)それは小生にとって『第三の覚醒』でした・・・。ソーセージ号購入によるサイクリストへの目覚めが『第一の覚醒』・・・アクア入手による本格的なサイクリスト?への昇華が『第二の覚醒』・・・そして上記『第三の覚醒』を経て、今般SM君に完敗して
「もっと強度を上げて走らなきゃ!」と痛感して『第四の覚醒』に至る・・・。僅か3年程の間に4回もの覚醒を繰り返してきた小生・・・。今後小生は、一体どんな方向に向かっていくのでしょうか・・・?




















b0136045_3134473.jpg

榎峠に着きました。ここは今までも何度も言ってきた通り切り通しな峠なもんで、折角こうして写真を撮っても、特段面白い事も何もありません。まあ『来た証拠』として撮っただけの存在でして・・・。




















b0136045_4233818.jpg

同ポイントでアクアを横から撮った写真。やっぱ・・・面白くも何ともないですねぇ・・・。な~んて、そうでもないんだなぁ~♪えっ?「これのどこが『そうでもない』んだ?全然分かんねえよ!」ですって?
う~ん…ちょ~っと観察力鈍いですねぇ…あんた介護士にはなれないなぁ・・・(『あんた』言うな!それに…別に安月給の介護士なんかなりかねえよ!←嘲笑)



































b0136045_4563583.jpg

ほら見てよ!アウターで登ったの!アウターで!!観察力の鈍いあんたの為にアップにしといたヨ★
(だから!『あんた』言うな!『あんた』って!!)



































b0136045_2002850.jpg

という訳で・・・榎峠を初めてアウターで制覇致しましたぁ~♪

まあね・・・榎『峠』と言っても標高は恐らく300m少々ってとこだし、『佐藤塚』を右折してからピークまで1Kmしかないからてんで大した事はないんだけど、今までその勾配にやられて「ここは・・・俺にはインナーでしか登れない・・・」と思い込んでいただけに、この日アウターで登れた事はやっぱちょっと嬉しかったデス♪(『デス♪』とか『ヨ★』とか…やめとけよ!)




















b0136045_20222218.jpg

いつもここいら辺りで「やべっ!」とか言って、インナーに落としていたんだよなぁ・・・(情けないッス・・・)

でもね、この日は何か確信みたいなものがあったんだ・・・「今月は俺もローディーさん方並みに500Km以上走った!だから・・・いけるんじゃないか?」ってね。それでアウターで侵入してみたところ…おおっ!いける!!いけるぞぉぉぉぉぉーーッ!!!




















b0136045_2044587.jpg

この辺りでは・・・ダンシングとかしちゃったんだったっけかな・・・?(正面の電柱の先が榎峠ピークです…)

まあ色々大袈裟に書いていますが、ここはこの界隈を走るローディーさん方にしてみれば決して難所ではない筈です。以前Bpsさんにここの事を聞いたら、「う~ん・・・まあ、あそこは基本アウターですねぇ・・・」と事もなげに言われてしまったし、9月3日にSM君と走った時も、「俺・・・アウターでいけましたよ♪」と誇示されてしまった・・・。それで何か悔しくて「俺だって・・・本気出せば・・・ちょっと苦しいのを我慢すれば・・・ここをアウターで登れる筈なんだッ!」と勢い込んで、9月8日の走行で試してみたんだけど・・・無理・・・だったんだなぁ・・・これが・・・・。




















b0136045_21201592.jpg

しかしこの日はそれ(アウター制覇)ができた!これまで何度も挫折し続けた事がこの日はできた!ではこの日・・・つまり9月26日と9月8日とでは、一体何がそんなに違ったんだろう?(随分・・・引っ張るね・・・)






























そろそろまとめに入らなきゃなりません・・・。

この日と9月8日の差は『質のある練習とそれによって稼いだ走行距離』だと思います。さすがに長くなったのでもう引用はしませんが、9月8日からこの9月26日までの間に、小生は4走行436.8Km走っています。その内容は・・・まあもうみんな知ってるでしょ(笑)



ブログ的にはふざけて書いたのもありましたが、基本的にはケイデンスと心拍数を意識して、真面目にせっせと走りました。その努力の対価として、自転車の神様は今般小生をして、榎峠をアウターで登らしめたのではないかと思っています。練習は嘘をつかない・・・流した汗は裏切らない・・・。
かつて日本代表がそうした様に、小生もこの日『世界との差』をグッと手元に手繰り寄せたのです!嗚呼…決して忘れ得ぬ『ローディーに最も近づいた日』・・・。
(大袈裟だろ!それに・・・『世界』とか関係ねーッ!)




















リ・ザ・ル・ト♪(9月26日の走行)

★地域            これから榎峠はいつもアウターだネ~★←調子こくな!

★走行距離           53.8Km(昨日データー消えちゃった…でも確かこの位な筈・・・)

★年間総合距離      3505.3Km(元旦に立てた年間目標に早くも到達致しましたぁ~♪)

★9月走行距離        600.4Km!



































うわぁぁぁぁぁーッ!600Kmだよ!600Km!ローディーさん方の基準月間目標500Kmを100Kmも凌駕しちゃったよ!!最後の公休9月30日が雨だったからこれに留まったけど、本当はあと100Km走って、700Kmに届かせるつもりだったんだから!
これからはもう誰にも俺の事を
ロードメンなんて呼ばせないぞ!俺はこの日間違いなくローディーになったんだ!『ローディに近づいた』んじゃないぞ!ローディーそのものになったんだぁぁぁぁぁーーーッ!!
(反撃を開始します・・・
まず…500Kmを『ローディーさん方の基準月間目標』とか言ってるけど・・・

それは最低限の数字でしょ?だからそれをクリアしても100Km上回っても大した事ないの!次に・・・「もうロードメンとは呼ばせない!」みたいな事言ってるけど・・・誰も呼んでないから!自分で勝手にロードメンとか名乗ってるんじゃん?それを『呼ばせない』とか言われても・・・。
最後に・・・『ローディーそのものになった』んだったら、何でタイトルが『ローディーに最も近づいた日』なんだ?毎度毎度・・・意味分かんねえんだよ!てめえのやる事はよッ!←怒)




































ええっと・・・今回のタイトルが『ローディーに最も近づいた日』であるのには理由がありまして・・・。
というのは、この日小生は確かに『ローディーそのものになった』んですが(なってねえだろ!)
それを維持し続けるのが難しい・・・つまり、10月も同様の走行をするのはできないと判断致しまして・・・。何でかって言うとね、まあブログ本文でも小出しにアピールし続けてきたけど、10月末には最早〇度目の受験となる某国家試験がありましてね・・・それに今回こそは力点を注がなきゃならない為、10月の走行はちょっとは手控える必要があると思ったんだ・・・。だから9月26日時点での力量が小生の当面の最大値という事になり、故にそれを以て『ローディーに最も近づいた日』と書かせてもらったんだけど・・・



































その試験も今日終わりました・・・今年も惨敗でした・・・。やっぱアレは、ちょっとは真面目にやらないと受かんないね・・・。これについてはちょっと想うところがあるので、後日ここで色々書かせてもらいます・・・。本当は今日書くつもりだったんだけど、この投稿書いてたら一日終わってしまいました・・・。他にも書かなきゃならない話が、しこたまミッチリ溜まっているんだけどなぁ・・・・・・。
(小さい字はやめろッ!)






























おしまい・・・(10月の走行記録・・・どうしよう・・・気が遠くなるよ・・・←だったらまとめろッ!)
by shousei0000 | 2009-10-24 02:14 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(6)

ローディーに最も近づいた日・・・(9月26日の走行)

『世界に最も近づいた日』というタイトルのビデオがある。ちょっと調べてみたが些か古いビデオなもんで、検索かけてもオークション絡みの情報しか出ない・・・。よって上記引用はオークションの画面である事を最初にお断りしておきます。引用部分をクリックしてもらえば分かる通り、サッカー日本代表が初めてのW杯行きを賭けて臨んで後一歩のところでそれを逃した、所謂『ドーハーの悲劇』を納めたビデオである。



1993年10月28日対イラク戦のロスタイム(懐かしいなぁ・・・もう16年も前の出来事なんだなぁ・・・)、日本代表は悲願のW杯初出場まで後一歩のところまできていた・・・。この試合に勝てば文句なし!引き分けでも同時開催の他2会場での結果次第という優勢な状況の元、試合は2対1で日本代表のリード!そして僅か1分と表示されたロスタイムに突入した(『1分』でよかったよね?←あやふやなら書くな!)この日の視聴率はほぼ50%近い・・・つまり国民の2人に1人がこの中継を固唾を飲んで見ていた事になる。その誰もがほぼ、この時出場権獲得を確信したに違いない。



































小生も確信したヨ!
この年のJリーグ開幕を受け「サッカーでも観るか・・・サッカー語れると
女の子にモテそうだし♪」と思い起って所謂『にわかJリーグファン』になり(笑)半年間の速成教育(試合中継も見たけど雑誌によるところが多い 因みに小生、何かに興味を持つといつもこの手で己を速成教育します←笑←昔はネットがなかったからね・・・)でそれっぽい事を語れる様になっていた小生は「俺達は・・・何年この日が来るのを待ちわびていた事だろう・・・」と呟き、早くも目頭を熱~くして、試合の推移を見守っていたのだった・・・。
(『何年待ちわびた事だろう』って…あんたの場合は半年だろ!にわかファンなんだから…。いるんだよなぁ~こういう実際には見てもいない、その当時は興味すら感じてなかったのに、後付けの雑誌とかの知識だけで、昔の名勝負をまるで見てきたかの様に語る奴がさぁ・・・←呆れ)



































で、その後の事は皆様もご存じの通り・・・(ご存じですよね?)ロスタイムに入って早々に訪れた敵コーナーキックのピンチをしのぎ切れなかった日本代表は2対2の引き分けに持ち込まれ、他会場のサウジと韓国が共に勝った為、悲願のW杯初出場を逃す事となった・・・。勝利の必要があったのにロスタイムでボールキープをできなかった勝負弱さ、ゴールを決められた後倒れ込みうずくまってしまって最後の最後まで可能性を信じて早々にプレーを再開しなかったメンテナリティーの脆弱さ等を指摘する人もいたが、世論の概ねの風潮は日本代表の健闘を称えるものが多く、やがてそれは『ドーハーの悲劇』という言葉に集約されていく事となった・・・。



この事変は今では上記の通り『ドーハーの悲劇』と通称されているのだが、日本代表のオフィシャルビデオのタイトルは前述の『世界に最も近づいた日』であり、後に再販された?DVDでは『17秒の伝説』となる(代表がリードを保っていたのがロスタイム17秒目までだった事に起因したタイトル)
これらの言い回しのうちで小生が一番贔屓にしているのが『世界に最も近づいた日』である。
『確かに後一歩及ばなかった・・・僅かな時間をしのげず結果を出せなかった・・・それでも今まで遠すぎた世界との距離を”後一歩” ”僅か”なところまで縮めたのだ!』という感じが堪らなくいい!



皆さんもそんな思い出があるんじゃないですか?『結果は出せなかったけど後一歩まではいった』という武勇伝が・・・。例えば・・・学生時代の部活動での奮闘の記憶・・・例えば・・・『高根の花』と半ば諦めていた女の子へのダメ元承知の挑戦・・・例えば・・・達成はできなかったけど一生懸命取り組んだ仕事の日々・・・。きっと皆さん、そういうものを一つや二つは抱えていると思うんです・・・。
小生は・・・ないけどね・・・そういう思い出とか・・・(哀)



勇気ないからあんまり冒険しないし、仮にちょっと冒険したとしてもすぐ失速しちゃって、んでもって自分で勝手に幕を引いちゃう惰弱者だからね・・・。だからそんな『大いなるものに近づいた思い出』なんてある筈がない・・・。そう・・・なかった・・・確かに・・・なかった・・・昨日までは・・・。



































b0136045_7191019.jpg

わりいけど時間切れだ(笑)今日は所要があって早めに夜勤入りするつもりなもんで・・・。こんな自転車と関係ない淡々とした文章だけってのも何だから、この日の走行で見掛けた電動アシスト付きクロスバイクの写真を添付しときま~す♪(何じゃそりゃーーーッ!)




















b0136045_7275683.jpg

電動アシストクロスバイクって雑誌とかでは見た事あるけど、実車を見るのは初めてでした。この写真はそれのハンドル廻り。赤丸内のがアシスト機能の調整器なのかな?中々格好良いですね~♪
因みにフレームには『YAMAHA』のロゴが!う~ん・・・そっか・・・まあ・・・確かに・・・ねぇ・・・
電動アシスト車って半ば原付みたいなものだからヤマハが作ってても不思議はないけど・・・ちょっと驚いちゃったな・・・(ひと様の自転車を盗み撮りすなー!)






























続く・・・(この話は次回ですぐに終わります!←大力説!←どうだか・・・←呆れ)
by shousei0000 | 2009-10-22 05:00 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

県北ラン! 最後の最後の最後(やけくそ←笑←笑えません…)

b0136045_221221.jpg

さてさて前回からの続きですが・・・本当この写真にはビックリしました!だって小生は『フライ』を買ったんですよ!それでそれを食べようと手提げビニール袋から取り出したんですよ!なのに出てきたのは、このちょっとエッチっぽい女性の写真・・・。驚かない方がどうかしてますって!でしょう?
「何だこりゃビニ本か!?俺はフライじゃなくてビニ本を買ったのか?」と思いましたよマジで…ハハハ・・・。




















b0136045_3113094.jpg

今の若い人は知らないかなぁ・・・?その昔、陰部の修正の薄いエロ本の事を『ビニ本』と呼んだ時代があったんです♪(何で末尾が♪マーク?嬉しいんかい!)




















b0136045_3154282.jpg

勿論ビニ本なんかじゃなくてぇ…フライを包んでた新聞紙です。『エロ可愛い』で有名な倖田來未嬢です♪
(女の名前に『嬢』を付けるな!風俗誌っぽいぞ!)




















b0136045_3161024.jpg

まあこんな風に包まれていたんですが・・・・・・

しかし皆さん、ちょっと不思議に思いません?上の写真を見て下さい。この新聞紙にはご覧の通り、仮面ライダーの紙面や(パチンコの広告ですね)今をときめく高校生プロゴルファーである石川遼クンの紙面もあるんです(『君』を『クン』って書くのもやめろ!気持ち悪いんだよそれ!)別にいいじゃないですか?遼クンを表にして包んだって・・・・(『クン』はやめろぉぉぉー!)
仮面ライダーの面を表にしたっていい訳です・・・要はフライに塗ってあるソースが外に浸み出さない様、新聞紙で包んでるだけの話に過ぎないんですから・・・。なのに何で敢えて倖田來未の面を表にしたんでしょう?しかも妙~に艶っぽいやつを?まさか・・・まさかと思うけど寺田屋のおばちゃん・・・


































b0136045_316346.jpg

小生が『41歳独身』で『彼女いない歴6年』であると見抜いて、こんな写真を表にもってきたのか!?
『可哀相なおじさん・・・倖田來未ちゃんでいい夢みなさい♪』とか思って・・・・よっ、余計なお世話だーッ!!

(こんな写真一枚でいつまで引っ張るつもりだよッ!)




































b0136045_4341273.jpg

引っ張り過ぎちゃって申し訳ありません…(平身低頭)

で、ここからはフライの紹介・・・いきます!(今更かよ!)『フライパンで焼いたから”フライ”』という割には、ご覧の通りまん丸ではありません。「持ち運びしやすい様に折りたたんでくれたのかな?」と思っていたんですが、後から調べたら店で食べてもたたんである様です。フライは水で溶いた小麦粉を薄くフライパンにひき、その上にネギと豚肉を散らして卵で締める料理だそうです。つまりかなり薄っぺらいものなんです。だからたたんで食べる訳ですね。クレープなんかと同じ発想です。




















b0136045_4344823.jpg

忍城とフライ♪行田の二大名物、ここに堂々の集結!
(フライにピント合ってねえッ!真面目に撮れ~ッ!)


















b0136045_4352918.jpg

フライと小生♪(だから・・・何ッ?←苛々)




















b0136045_436821.jpg

で、食べてみた感想なんですが・・・
(食い散らかした写真載せるなよ!汚ねえよッ!)

生地に卵も山芋も入っていないもんで、お好み焼きとは大分違います。もっちりとしたネチっこい食感・・・まあチヂミの方に近いです。でもチヂミより具がかなり少ないもんで、非常にシンプルな味わいです。豚肉や卵を乗っているのに、何故かネギの味を特に強く感じます。まあ所謂『ネギ焼き』ってジャンルなんでしょうね。『すっごく美味♪』というのとはちょっと違いますが、素朴で好感の持てる味でした。その昔、お腹を減らした女工さん達に愛されたというのも頷けます。まあ何はともあれ・・・
これにて…満腹…いや、お腹がどうのこうのじゃなく文章的に『満腹』でして・・・(こんなに長くなるとは…)




















b0136045_626206.jpg

フライを包んでたゴミはちゃんと持ち帰りました(笑)




















b0136045_631930.jpg

忍城とアクア・・・行田見物の合間の情景・・・。




















b0136045_6315153.jpg

お濠とアクア・・・静かな時間が流れていく・・・。

って、そんないいもんじゃなかったのよ!お濠って流れのない淀んだ水辺だから蚊が多くてさぁ・・・フライ食ってる間も群がって来て大変だったんだから・・・。




















b0136045_6523831.jpg

フライ実食&忍城見物の後は帰路になります。またまた北上して熊谷市内に入りました。折角埼玉の北限近くまで来たのでここもちょっと見物したかったんですが、さすがに時間もいい刻限になっていたもんで(15時くらい)この交差点を左折して、一路入間への帰路に就きました。




















b0136045_6531574.jpg

荒川と5時間振りの再会!ひっさし振りやねぇ~♪
(たった5時間で『久し振り』もクソもあるかい!!)




















b0136045_6535165.jpg

熊谷からも、荒川沿いにCRが伸びている・・・。

ここから吉見に向かうCRは正確には『荒川CR』と呼ぶべき存在ではない!・・・と思う・・・。拙ブログではこれまで何度も取り上げてきた通り、荒川CRの正式名称は『一般県道さいたま武蔵丘陵森林公園自転車道線』であり、そのルートは羽根倉橋から森林公園を結ぶものなのだから・・・。
しかし『荒川沿いに走る自転車道』という意味では、ここも紛れもない『荒川CR』であり、未踏破の区間であるから走ってみたくなる。しかもここを走りさえすれば、小生『荒川沿いの自転車道』を全線制覇する事になるのだ!走りたい…走ってみたい…走らなきゃ!




































でも走らなかったヨ★
だって荒川沿いに帰ったら大迂回だもん・・・時間も
15時過ぎてたし・・・すっきりさっぱり入間に直行する、国道407号線で帰りましたぁ~(笑)
←だったらクドクド書くんじゃね~ッ!




































b0136045_748284.jpg

R407を南下中、水分補給の為コンビニに寄りました。最近の小生のお気に入りはこの手の紙パック飲料。これなら1リットル入っているのでその場で飲んでもまだ余り、それをボトルに詰め替えて走行中に飲む事もできてお得です♪この方法はSM君に教わりました。彼は毎月毎月ある程度の距離をコンスタントに走ってるだけに、そうした『走行の知恵』みたいのはお手の物♪しかし・・・
SM君・・・9月の走行距離1000Kmってのは何なの?頼むからやめてよ・・・そういうのはマジでさ・・・。




















b0136045_749235.jpg

麦茶を入れていたボトルをゆすぎもせず、『レモンウォーター』を投入するという暴挙に出た小生氏!!!




















b0136045_7493756.jpg

「何で?いいじゃん?ちょっとくらい味が混ざったって・・・小さな事は気にしない気にしない♪」と大らかなところをみせ、ニッコリと皆に微笑みかける小生氏★
(『大らか』じゃなくて『大雑把』だろ?ないしは・・・
『味音痴』だ!ちったぁ~気にしろよそういうの!)





















b0136045_829259.jpg

帰路もこんな具合に独り頑張りましたぁ~♪

この日の走行はローディーな方々にとっては、何ら意味のないものに過ぎないかもしれません・・・。淡々とした平坦路をぐるっと一周廻っただけだし(R407は多少の起伏はあったけど)寄った所も鴻巣に行田とマイナー揃い・・・。でも・・・小生的には楽しかった!久し振りに『走行を離れたところでの楽しみ』ってやつを堪能できたし、それでいて走行中はケイデンスや心拍数を意識して、それなりに頑張れた(平坦路だから←笑)やっぱ小生には、こういうサイクリングが合ってる様な気がします。






























雨ニモマケズ・・・





風ニモマケズ・・・





坂ニモマケズ・・・





山ニモマケズ・・・





常ニケイデンスト心拍数ヲイシキシテ・・・





シカシ遊ビゴコロモ忘レルコトハナク・・・





サウイフモノニ、ワタシハナリタイ・・・

(小生さんにしては綺麗に決めたな・・・宮沢賢治の『雨ニモマケズ』か・・・。ま、これからも頑張る事だ…)




































b0136045_9155782.jpg

はい!本日の平均速度♪
(平坦路でアベレージ23.5Kmって・・・遅いじゃん!全然頑張ってね~ッ!賢治に謝れぇぇぇーーーッ!)




































リ・ザ・ル・ト♪(9月25日の走行)

★地域            県北は中々面白かった・・・また行こう♪ 

★走行距離          107.2Km

★9月走行距離        546.6Km!(遂に・・・アクア初の月間500Km越え・・・←感涙)

★年間総合距離      3451.5Km






























おしまい(今度は県東にも行ってみよう♪←埼玉では『県北』とか『県東』とか言わねえよ!)
by shousei0000 | 2009-10-19 02:23 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

県北ラン! 最後の最後(こんなんばっか・・・←笑)

前回は石田三成を成と書いちゃってすみませんでしたねぇ・・・。何度も何度も成、成って書いちゃって、本当にすみませんでしたねぇ・・・。パソコンでね・・・『いしだみつなり』って打ったら『石田成』って変換された訳・・・それで成で打ち続けていたんだけど、自分でも何か違和感は感じてたのよ・・・「何か・・・『明智光秀』とかぶるなぁ・・・」「俺・・・間違えて『光秀』って打ってないか?」ってね・・・。でも・・・気にするところはそこじゃなかったんだよね・・・『三成』の『三』を『光』と誤字してたとこなんだよね・・・。あの投稿を書き終えてちょっと仮眠した後の夜勤出勤電車内で気付いたんだけど、時既に遅し・・・(iPhoneでは拙ブログの編集=修正=ができんのだ・・・)みんな・・・気付いていたんでしょ・・・んでもって嗤っていたんでしょ・・・「バッカだなぁ・・・歴史とか全然知らないくせに無理にそういうの書こうとするから、こういうイージーなミスするんだよ!」「しかも、もっとマイナーな武将だったらまだ間違うのも分かるけど『石田三成』だよ!小学校の教科書にも出てくる人物だよ!それを『成』と誤記しちゃうなんて・・・」って・・・。だったらさぁ~コメント欄とかで教えてくれればいいじゃん?「小生さん!『三成』を『成』って誤記してるよ!」って・・・。小生今もそうしてる様に少量ずつに分けて小出しに送信してるんだから、早い段階で誰かがそう教えてくれてれば、修正はいかようにも効いた筈なのに・・・。あ~もう頭きた!俺・・・直さないからね!このままで通すからね!拙ブログ中では今後も未来永劫、『石田三成』は『石田成』だぁぁぁぁぁーーーッ!!!
(いつまでつまらん誤記話で引っ張るつもりだッ!)



































という訳で前回からの続きですが、『かの石田成(笑)が攻めあぐねた城』として名だたる、行田の忍城に行ってみたのですが、その途上、小生にはもうひとつ寄ってみたい場所があった。いや、『場所』というより『店』なんですが、とにかくそこで購入したいものがあった。それは何かと申しますと・・・行田が誇る?B級グルメである、テレビにも登場した『フライ』というのを食ってみたかったのだ!



フライ・・・まあ細かい事は後で記すからここではさわりだけ紹介しますが、フライというのは行田を中心に県北数市町村で食べられている軽食の事で、外観はお好み焼きやチヂミに似るという。つまり『揚げ物』ではないのであるが、しかし名前は『フライ』である。この時点で既に聞く者に混乱と懊悩を引き起こす存在であるのだが、上にはまだ上がいる!更に凄まじき存在がある!それは即ち・・・




































ゼリーフライ!ゼリーフライってのがあるんだよ!『揚げ物じゃない』って頭では理解してても、この音(おん)を聞いてしまうと、どうしても『ゼリーを揚げたもの』を想像してしまう…。これは・・・衝撃だ!その昔『アイスクリームの天ぷら』ってのを目の当たりにして以来の衝撃だ!ゼリーフライ・・・嫌だ・・・見たくない・・・そんなゼリーをフライにしたものなんて・・・。(違うんだけどね←笑)



































とまあそんな事を『古墳亭』でガイドブック見ながら考えていたんですが、気持ち悪そうだからこそ(繰り返しになりますが、『ゼリーフライ』は『ゼリーのフライ』じゃないんだけどね←笑)『見てみたい!食べてみたい!』と思うのも人間の心理。因みにゼリーフライは『おからの入ったコロッケの様なもの(但し衣はないらしい)』との事。まあそんな行田最凶のおやつ(笑)
行田最強の城で食べてみたいと、まあそんな風に思った次第でございまして・・・。




















b0136045_2474520.jpg

そこで忍城に向かう道すがら、『フライ』と書かれたお店に寄ってみました。この写真はそのお店に貼ってあった新聞記事。『寺田屋』という名前のお店でした。何しろお城を見ながら食べたかったもんで「テイクアウトは可能ですか?」と聞くと大丈夫だと言う。因みにゼリーフライは扱ってないと聞き、
ちょっと残念な様なホッとした様な複雑な気持ちに・・・
『フライ小 250円』というのを買いました。人の良さそうなおばちゃんが一人で切り盛りしてるお店だったんですが、10分程で焼きあげ、手提げビニール袋に入れて持たせてくれました。




















まあそんなこんなして、漸く忍城に着きました。思ってたより小さなお城で、その周りには期待していた公園の様なものがありません・・・。てっきり公園みたいのがあると思ってて、そこでフライを食べようと考えていた小生はちょっと焦ったんですが、お堀の傍に小さな東屋(あずまや)があるのを見つけてホッと一息♪そこにアクアを停めグローブを取り汗を拭いて、いよいよ件(くだん)のフライ摂取に取り掛かります。因みに『フライ』の名前の由来は『富が来て欲しいとの願い(富来=フライ=駄洒落だ←笑)』或いは、『フライパンで焼くから』という事だそうです。で、件のフライを、ビニール袋をガザガサガサガサいわせながら開いて取り出してみたんですが・・・・・・






































b0136045_3141235.jpg

なっ、何じゃこの妙~に艶っぽい女の写真はーッ!
(話の展開と時間の都合上、ここで一旦切らせてもらいます…もう1話だけ付き合ってやって下さいませ…)
by shousei0000 | 2009-10-17 00:32 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

県北ラン! 最後。

b0136045_492616.jpg

さてさて前回からの続きです。『古墳亭』でうどんを待っている間に行田の観光案内パンフレットを読んでいたんですが(因みにこの写真は別アングルからの『古墳亭』ね)そしたら幾つか心惹かれるものが出てきてしまい「寄ってみるか?」と思う様になった。どちらにしてもこの後熊谷廻りで帰路に就こうとしていたので『ついでに寄れる所』ではあったのである。で、行く事にしたんですが、しかし・・・
前回までの長々とした話に『行田』の『行』の字も出てこなかったなぁ・・・。皆さん!『さきたま古墳群』は『行田』にあるんですよ!で、『行田』は『ぎょうだ』と読むんですよ!『いくた』でも『こうた』でもありませんよ!
(『行』と『田』で『ぎょうだ』なんて普通じゃん!一々注釈せんでも読めるわい!←ならいいんですが・・・・・)




















b0136045_5455895.jpg

『行田ファンなら寄らずにおれないスポット その1』市民が憩う水辺公園である『水城公園』でーーす♪
(『行田ファン』なんてマイナーな奴、いるんかい!)



















b0136045_5471337.jpg

池沿いに人々が連なっているのが分かります?これ・・・み~んな釣りしてるんですよ。最近はこの手の公園では『釣り禁止!』なんてとこが多いですよね?小生宅のそばの『彩の森公園』なんかもその類いなんですが(一々マイナーな地名出すな!)ちょっと釣らせてやれば市民も喜ぶんだから、釣りくらい好きにやらせてあげればいいんじゃないかなぁ・・・?(マナーを守る前提でね)しかし・・・
『行田ファンなら寄らずにおれないスポット』おそらくナンバーワンの『古代蓮の里』には行かなかったなぁ…まあ、あそこは逆方向だったから仕方ないわな・・・。(あんた・・・全然『行田ファン』じゃねーーーッ!!!)




















b0136045_6222927.jpg

水城公園を後にして、次なる最大の目的地に向かいます・・・。そして・・・走る事約5分・・・
『行田ファンなら寄らずにおれないスポット その2』が見えて参りましたよ~♪(どこだか分かんねーッ!)




















b0136045_6304455.jpg

得意の赤丸打ちました(笑)これで・・・分かるでしょ?

行田には江戸時代『忍藩』(おしはん)と呼ばれる行政区分があったそうです。その政庁があったのが赤丸内の『忍城』という訳です。まあこのお城はご多分に洩れず昭和になってから再建されたものだし、江戸時代の事に興味がある訳でもないのですが、古墳で見た説明書きから、このお城に興味を持ちました。それはどういう事かと申しますと…このお城は秀吉の小田原攻めの際、北条方に味方したらしいんですね。それで後に『関ヶ原の戦い』で覇を競う事となる、あの石田光成がこのお城の攻略を命じられたんです。で、彼は秀吉の部下らしく『水攻め』を展開したんですが遂にこの城は落ちる事はなく、『水に囲まれても落ちない城』という事で『浮き城』と呼ばれる伝説となった・・・。
石田光成が攻めあぐねた城・・・見てみてぇーーッ!




















b0136045_7415590.jpg

突如古墳の写真に戻ってしまって申し訳ないのですが・・・この古墳は『丸墓山古墳』といいます。
こんもり盛り上がっているでしょう?見晴らし良さそうでしょう?(高さは約19mあるそうです)で…




















b0136045_745185.jpg

忍城水攻めの際、ここに光成の陣が張られたそうです(一番下にそう書いてあります)しかし・・・
一応ここお墓だよ?メチャクチャやるなぁ光成はん…




















b0136045_7424438.jpg

丸墓山古墳=光成本陣=から行田市内を俯瞰した図。写真左手奥が市内で、そこに忍城もある訳です。写真手前中央から右手に向かって伸びるちょっと盛り上がってるライン(草がはえている部分)・・・それが説明書きに記されている『石田堤』みたいです。つまりそこから左側に向かって満々と水が張られた訳です。この写真ではちょっと分かりにくいと思うので、補足したものを添付します。



































b0136045_836541.jpg

え、えげつねえぜ・・・光成はんのやる事はマジで・・・






























終わんなかったわ・・・もう1話いってみよ~♪(死んでしまえッ!)
by shousei0000 | 2009-10-14 04:09 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

県北ラン! 続き。

b0136045_141236.jpg

さてさて前回からの続きですが、鴻巣の免許センターを辞した後、この日二つ目の目的地目指して北上を開始致しました。まあ『北上』と言っても、iPhoneで調べたら僅か10Km程度に過ぎなかったんですが・・・。iPhoneが指定した道は国道17号線だったんですが、17号って何だかいつも混んでる印象があったもんで、それを避けて裏道?を行く事に致しました。こんな具合に空いてました~♪




















b0136045_1394141.jpg

で、ま~た頑張っちゃったんだなこれが・・・・・(笑)

まあこの写真はケイデンスの割に心拍数が低いから恐らく微妙に下っていた区間だったんと思うのですが、とにかくその僅か10Kmの『北上』の間も、上掲写真の様なペースで漕ぎ続けました。前回記したおじいちゃんとのエピソードの後だったし、今後この地域を再訪したとしてもこの道を走る可能性は低い・・・つまり『二度とは走らない道』なのだからもっとのんびり走ればよさそうなものですが、やっぱ一度ついてしまった癖(ケイデンスと心拍数を意識して走る)ってのはねぇ・・・。ハハハ・・・。






























b0136045_2174922.jpg

目的地に着きましたぁ~♪(どこじゃこりゃ~ッ!)






























b0136045_2304612.jpg

この日二つ目の目的地はここ『さきたま古墳群』でした!小生がアイウェアを購入したショップである川越のカニヤさんの三代目店主のブログでここを取り上げられたのを見て(その日の記録はこちら)何だか久し振りに行きたくなったんです。まあ『久し振りに行きたくなった』なんて書くと皆さん、
「おいおい!『久し振り』も何も、多分『子供の頃一度行った』程度なんだろ?それで『久し振り』もクソもあるかい!」と思われるかもしれませんが、いやいや、さにあらずさにあらず…ウフフフフフ・・・・
子供の頃の社会科見学で初見参して以来、四半世紀前に自転車(ロードマン)で一回、大学時代にバイク(原付)で一回、社会人になってからマイカー(10万円マーチ・・・)で一回と、都合四回も訪問してるんだな~これが♪(どんだけ古墳好きなんだぁぁぁ~ッ!)




















b0136045_31537.jpg

この日最初に見た二子山古墳・・・なだらかなラインが美しいねぇ~♪手前の自動車・・・・ちょっと邪魔・・・・。

いやね、別に『古墳マニア』って訳ではありませんよ!『日本史好き』ですらありません・・・(漢字の人名覚えるの苦手なもんで・・・中国人なら覚えられるんですが・・・←意味分かんね~ッ!)ただね、『人の手で造られた事が明らかな造営物』である古墳が幾歳月を経て緑に覆われ、今や周囲の景色に溶け込んでいる・・・それでいて『基本平坦なこの辺りの地形の中では異彩を放っている』という、マッチしてる様なしてない様な微妙な景観が堪らなくてねぇ・・・(古墳マニアじゃねえか!)そんな訳で、なんとな~く10年に一度位のペースで通っています(笑)今回も小一時間程かけて散策しました♪それではその模様を以下、メドレーでお届します!(『古墳メドレー』…超~嫌な感じ!)





















b0136045_3324363.jpg






b0136045_3332872.jpg






b0136045_334963.jpg






b0136045_3361113.jpg






b0136045_337867.jpg






b0136045_3385238.jpg






b0136045_3404519.jpg






b0136045_3414182.jpg






b0136045_3561360.jpg






b0136045_3564268.jpg






b0136045_357418.jpg






b0136045_3481162.jpg






b0136045_3484386.jpg

いつまで古墳の写真を見せ続ける気なんだッ!!
(何で?いいじゃん?こんなに美しいのに・・・・・・)




















b0136045_472579.jpg

そうだ!目指せ!さきたま古墳群世界遺産化!小生も最大限に応援するぞッ!お金は無いけどネ~(笑)




















b0136045_416852.jpg

お昼はこちらで頂きました。三代目店主のブログにも出てきたうどん屋さん『古墳亭』です。




















b0136045_416418.jpg

この辺りのうどんというとすぐに『武蔵野うどん』を連想しますが、ここのはちょっと違った感じ。武蔵野うどんの『小麦粉をどうぞッ!』って感じの極太さはなく、『歯応え』より『喉越し』を楽しむタイプのツルツルしたうどんでした。小生的には好きな味♪つけ汁は二種類で、鰹出汁と胡麻だれに薬味を入れた物・・・と思っていたんですが、今飛んでみた古墳亭紹介のブログによると、胡麻だれと思ってた物はもうひと工夫ふた工夫された物らしい・・・。小生味覚ゼロですな…。
天ぷらもカラリと軽~く揚がってて良い感じ!敢えて野菜のみで来たのも好評価♪ロケーション&店の造りも含めて良いお店でした♪皆さんも古墳見物の折には、立ち寄ってみては如何でしょうか?
(自転車乗りは普通古墳見物なんかしねえんだよ!)




















b0136045_438371.jpg

<おまけ>  『古墳亭』のそばで見掛けた標語?『古墳を大切に』・・・かぁ・・・。

『緑を大切に』なら分かるし、よそでもよく見掛けるけど『古墳を大切に』って・・・何か変な感じだネ~(笑)






























あと一話・・・続きます・・・。
by shousei0000 | 2009-10-13 01:41 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

県北ラン!(9月25日の走行)

所用があって鴻巣に行く事になった。我が家がある入間から鴻巣は遠い・・・。電車で行こうとするとねぇ・・・何かもうあっちゃこっちゃで乗り換えたりしなくちゃならなくて大変なのよ・・・(今はそうでもないのかな?)過去に何度か行った事あるんだけど、その度「旅行かよ!」と憤った覚えあり・・・。
だからアクアで行く事にした♪(強調する様な事か!)



ところでここでちょっと気になったのだが、今これをお読みの皆々さん方は、埼玉県の市区町村の配置って奴をそれなりにご存じなんだろうか?もしも知らないとしたら大変な事になる!何故って・・・
『県北』という事を実感できないではないか・・・。
(これも・・・拡大文字で強調する程の事じゃね~ッ!)
そんな埼玉県の地勢にちょっと疎い貴方の為に、埼玉の市区町村配置が一目瞭然なサイトを添付しておきます。こちらをどうぞ。いつでも参照できる様に、別タグか別ブラウザーに出しておいてね。



































くそう!先日からマウスの調子が悪い・・・。なんにもしていないのに、突然画面が下の方にグリッと移動する・・・。教えて!gooとかで調べてみたけど「マウスパッドとの相性が悪いのでは?」てな回答ばかり…。んな訳ねえじゃん!今まで一年以上問題なく使えてたんだから!でしょう?まあ実害はないっちゃ~ないんだけど、やっぱ突然画面が動くとドキッとするよ。「また…消えたのか!?」ってね・・・。この『消えるの怖い』という事情が故に、小生小出しに送信してまたそれを編集するという異例のブログスタイルを採っているというのに、その『消える』を連想させる動きがしょっちゅう起こっちゃなぁ・・・全然集中できないよ・・・。新しいマウスを買うべきなのかしらん?でも・・・今月はあんまりお金ないし・・・それにこのマウス、結構高かったしなぁ・・・。まあ『高い』って言っても、ヤ〇ダ電機のポイントで買ったんだけどね。パソコン購入時に付いたポイントで買いましたぁ~♪
(本文と全く関係ない話を、いつまでグダグダやってるんだぁぁぁぁぁーッ!)



































b0136045_5583846.jpg

という訳で・・・平成21年9月25日午前9時頃、まずはこの場所に来てみました。ローディーさん御用達の休憩ポイント『ホンダエアポート』です。鴻巣に行くのには一般道の方が距離的には近そうだったんですが、時間的にはこっちの方が早いだろうと考え、荒川CRで来た次第です。この日はやや逆風気味で思ってたより速度が伸びなかったんですが、それでもケイデンス80台強、心拍数140台強で漕いで、結果ここまでのアベレージは時速24.6Kmになりました。前走の同区間平均25.0Kmにはやや及びませんが、それでもまあこれはこれで、それなりに納得のいく記録といえます。
ケイデンスにして60台、心拍数にして130台、アベレージにして22.0Km程度のチンタラ走行でここまで2時間位かけて来てた頃に比べれば大分ましやね~♪
(全然まだまだだ!平地なら平均27Km位で走れ!)



















b0136045_5591145.jpg

この景色が見えるベンチで休憩してたんですが、そしたらジャイアント エスケープR3に乗る年配男性に声を掛けられました。その方は川越にお住まいで、これから森林公園辺りまで行こうと思ってるとの事。「緑や植木が好きでして・・・しょっちゅう止まってはそんなものを眺めて、のんびりポタリングしています」とおっしゃり、ポケットからどんぐりを取り出して、はにかんだ笑顔を浮かべられました。
そのどんぐりの意味を咄嗟には測りかねて、小生は「ん?」と呟き小首を傾げました。すると年配男性は更にはにかみを増した表情を浮かべて、「孫に・・・あげようと思って・・・」とおっしゃいました。
いい・・・・おじいちゃんなんだろうなぁ~きっと・・・・・。




















b0136045_717271.jpg

上の写真は道中入間川CRでの力走中のもの。こんな風にケイデンスや心拍数を上げ
SM君に追いつき追い越せ!」と息を弾ませ夢中になって漕ぐ小生と、草木を愛で孫にあげるどんぐりを拾って、のんびりとポタリングする前述のおじいちゃん・・・。どちらもそれぞれの目的に沿って自転車に乗っており、故にどちらかが正しくてどちらかが間違ってるという事はない筈です。
でも・・・何でだろう・・・おじいちゃんの言葉が・・・すっごく・・・気になる・・・間違った事なんかしてない筈なのに・・・。俺・・・『自転車を楽しんでる』よなぁ・・・?




















b0136045_835437.jpg

SM君の新車購入それを駆っての力走振りを目の当たりにして、小生のサイクルライフは些か変化を遂げました。その変化の産物として、上掲写真の様な以前に比べて増した平均速度を得るに至ったんですが(大した数字じゃないんですが・・・)失ったものもある様な気がします。それは何かというと・・・『止まる事、確かめる事、笑う事』ではないかと思います。以前はチンタラ走っていたので、走行中ちょっとでも気になる存在に行き合った時には、『止まり、確かめ(写真を撮り)、笑った』ものだった。しかし今は(主観的には)力走しているもんで、気になるものがあってもあっという間に通り過ぎてしまい、「あーっ!・・・まあいいか・・・今度で・・・」という事になってしまう・・・。
実は結構、いろんな物を撮リ損ねているんデス・・・。




















b0136045_8483630.jpg

前述おじいちゃん(『おじいちゃん』『おじいちゃん』って失礼かな?←笑)との会話の中で、そんな事に想いをきたしました。最近の小生のサイクリングは『点と線』です。『点』(休憩地)を『線』(力走←主観的にね←笑)で結んで『大点』(目的地)に至った事に満足する・・・そんな走行に終始してしまっています・・・。それが『悪い』という訳ではないのですが、やはり以前の様な『面』(サイクリング中のバカ話)も大切にしたいし、失いたくない・・・。そんな事を考えながら走行を再開したんですが・・・
つい・・・・こんな風に『力走』しちゃうんだよなぁ・・・・。
(ケイデンスと心拍数の割にスピード遅すぎ!何やってんだてめえ!←逆風だったから仕方ないでしょ!)




















b0136045_9103100.jpg

まあそんな事をつらつら考えながらも行程は進み、やがて本日の目的地に到着しました。即ち、
鴻巣にある埼玉県免許センターに着いたんです!ここで一時間程かけて所用を済ませまして
(免停講習じゃないよ!←力説)アクアの元に戻ったんですが、時間はまだ12時にもなりません。「このまま折り返して帰るのもなぁ・・・」という気持ちと、よそのブログで見たこの近隣の情景への想いほだし難く、小生はアクアを駆って更に北を目指したのでした・・・。
本当の意味での『県北ラン』は…ここから…始まる!
(うお~い!ここまでのクソ長いのは前フリかよ!)






























続く・・・(免許センターでアクアを停めてる間中ヒヤヒヤしてました・・・「免許の学科試験に落ちた若者とかが、腹立ちまぎれにアクアに悪戯するんじゃないか・・・」ってね・・・←笑←勝手に疑うな!)
by shousei0000 | 2009-10-12 03:38 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

山伏峠って・・・どんなん? 続き

b0136045_44817100.jpg

さてさて前回からの続きですが、前回の末尾に出てきた水場でちょっと休憩した後、改めて山伏峠に向かいました。因みにここまでは微妙に登ってはいたものの、まだ『本格的な登り』という程のものではありません。「いつ・・・『本格的な登り』が始まるんだろう・・・」と戦々恐々としてたのを覚えています(笑)この写真は水場を出る時、山伏峠方面を撮ったもの。写真ではよく分からないかもしれませんが、どんよりと雲がかかっていて、気持ち『涼しいかな?』程度の気候でした。




















b0136045_4582066.jpg

『本格的な登り』…開始!




















b0136045_4591084.jpg

それは自宅から33.8Km地点より始まった・・・。

前回の話でサイコンの距離表示とiPhoneの検索データーから山伏峠着時の予想距離数を36.9Kmと書きましたが、何故か小生はこの時、山伏峠着時距離を38.0Kmと考えていました。走行中の計算だったので、多分頭の中が大雑把だったんでしょうね(笑)←大雑把なのはいつもだよ!
そこで、「大体あと4Km位か・・・よ~し!頑張んべぇ~!」と気合を入れて登り始めました。




















b0136045_5241566.jpg

この切り返し部分と、その手前の開けた場所の登りがややきつかったかなぁ…?確かそんな記憶が…。

今回は一応『初見の峠』って事で、のっけから既にインナーに落としていました。だからそれ程苦を感じる事もなくスイスイと(いや、『ヨタヨタと』かな?←笑)登っていたんですが、上記の通りちょっとだけきつく感じる区間もありました。それが大体1Km位続いた・・・続いた・・・続いたのかなぁ・・・?
もうさすがに忘れちゃったよ・・・結構前の事やし~♪
(半月以上も引っ張るからだぁぁぁぁーッ!!!←怒)



















b0136045_52564.jpg

全体にこんな感じの勾配の峠でした。前述の一部分を除いて、小生でも余力を残しながら登れる峠でした。イメージとしては・・・う~ん・・・。小生の乏しい峠歴ではうまく同じ程度の峠を例えに出せないんですが・・・『正丸峠や定峰峠よりちょっときつい』って感じですかね?まあ・・・とは言っても・・・




































それなりに汗はかきましたけどね・・・何かの拍子でジャージの胸やら腹やらに手が触れると、汗の感触が『グジャッ』する位に…。小生本当汗っかきなんです・・・。『全日本汗っかき選手権』とかがあったら、関東大会位までは楽勝で進出できる勢いデス・・・。
(キモい表現すなーッ!)



































b0136045_6381978.jpg

山伏峠の…ゴォォォォォーーール!なんですけど・・・
特段表示とか無いからねぇ…あんまり感動しないねぇ…因みに標高は606m・・・半端な数字だねぇ・・・。(標高数がキリの悪い数字なんて珍しくもない事!)



















b0136045_6385531.jpg

キリ通しだねぇ・・・眺望ゼロだねぇ・・・つまんないねぇ・・・誰だ?『山伏峠に行こう!』とか言った奴は?
(お・ま・え・だ・よッ!!)




















b0136045_781128.jpg

山伏峠到着時の走行距離数…iPhoneで検索した
予想の36.9Kmと大分違うねぇ…おかしいねぇ・・・。

(てめえがサイコンの設定ミスってるか走行距離数
サバ読んでるか・・・どっちかだろ~ッ!
←そういう事はしてませんよ!まあ地図からの情報と実際走ってのデーターが違うなんて、よくある事で・・・・・←笑)






























この後山伏峠をちびっとだけ下って(500m位?)んでもって正丸峠をこれまたちびっとだけ登って(1Km位?)更に正丸峠をまるっと下って(4Km位?)R299に出て帰りました。本当はこの辺のくだりもねちっこく書きたかったんだけど・・・時間が・・・ないのデス・・・(哀)



とにかく所期の目的は達成できた!山伏峠の登りは実質4Km位で、ちょっとだけきつい部分もなくはないが、これなら小生でも十分に秩父への往来に使える峠であると体感できた♪これでトンネルをくぐる日々ともさよならだねぇ~(笑)じゃあ、某国家試験が明けたら久々に秩父でも行ってみるか!



































ローディーさん方のブログで時々見掛ける『小鹿野(だったかな?)まで往復して走行距離150Kmのわらじカツ丼ツアー』でもやってみようかしらぁ~ん♪
(『秩父三十四ヶ所巡り』はどうしたんだ!わらじカツ丼なんかよりそっちが先だろ!それとも・・・もうやらねえつもりなんか?とんだ竜頭蛇尾だな!てめえって奴はいつもいつも・・・)



































リ・ザ・ル・ト♪(9月21日の走行)

★地域            R299でのキチガ〇走行の話とかも書きたかった・・・(哀) 

★走行距離           83.6Km

★9月走行距離        439.4Km(9月は・・・伸びるぞぉぉぉーッ!←もう10月上旬だよ!)

★年間総合距離      3344.3Km






























おしまい♪(10月末の試験まではあんまり乗れません・・・ちょっとは乗るけどネ★←笑)
by shousei0000 | 2009-10-09 04:48 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)