<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

やさぐれ・・・その6

★小見出し その5  河畔にて・・・。





ええっとぉ・・・・・・

































はしょらせてもらいます…。
(いやさ、荒川を見下ろす位置にある=だから『河畔にて』ね=札所20番岩ノ上堂を回っただけの話だから、別に無理して書く必要はないと思うんだ・・・因みに、三日物語さんときたら折角小生が『サイクリング途中で札所に立ち寄り、静謐と思索の刻を持つ』という愉しみ方を教えてやろうと思ったのに、山門をくぐる前も戻って来た後も『自分の自転車は輪行バックに入れにくい』という事を滔々と述べられ、寺にはあまり興味を示されず・・・やいこら三日物語!もっと喜べ!「こういう愉しみ方もあったんですね♪」とか言え!!←『はしょります』と言ったのに、結局色々書いてるじゃん・・・・←呆れ)





























続く・・・(もう1章書くつもりだったんだけど時間が空いちゃったもんで稿を改めます・・・)
by shousei0000 | 2010-11-30 22:37 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(2)

やさぐれ・・・その5

★小見出し・・・その4 そんなバナナ!(バナナ関係なし←笑)



さてさて前回からの続きですが、山伏で折り返すNさんとそこで別れ先に進んだ小生と三日物語さんは、やがて本日の目的地(でもないか?)である秩父市内に到達します。山伏~秩父間は下り基調の快適な道ですが、そうなれば当然三日物語さんは猛然と加速する訳で、小生が付いていけよう筈もありません。そこで「『坂氷』という交差点で待ってて下さい」と伝えて彼を送り出したところ、あっという間に、彼は小生の視界から消えました・・・。



この日は小生にとって『アクア史上初の他者との初ロングライド』になる予定でした・・・。といっても、SM君とは何度か一緒に走ってるし三日物語さんとも2度目の同行ですから『他者と共に走る』という経験がなかった訳ではないのですが、SM君は元々からの知り合いでしたし、三日物語さんとの前走がCRを行って帰って54Km程度という淡々としたものであった事を考えると、今回の様な『濃淡ある山間部を全くの他者と共に走る』という事は初体験になるんです。故に凄~く楽しみにしていたんですが、蓋を開いてみれば三日物語さんと小生の実力差が歴然としており、本当の意味で『一緒に走った』といえるのは、成木支所から小沢峠までの僅か6Km程度という体たらく・・・。



『彼はさっさと行ってしまい、私一人取り残された・・・』まあこの日の走行の前半戦を振り返るとそんな感じになるんですが、こういう経験って・・・皆さんも・・・した事ありません?特に・・・拙ブログ読者の大多数を占めるであろう素敵女子の皆さん!そういう経験した事・・・ありません?そう・・・・・



































憧れの男性とやっとの思いで懇ろになり、ドキドキしながら『最初の夜』を迎えてみたら・・・・・『彼はさっさとイッてしまい、私一人が取り残された』な~んて経験・・・した事ありません?(シモネタかよ!!!!)



































てな事を言ってる間に・・・もうお昼の頃合いで~す♪(何なんだこの展開は!)まあ時間的にはまだ11時台で「ちょっと早いかな?」という気もしたんですが、今日は目当てのお店があり今を逃すとそのお店から離れてしまうので、寄ってみる事にした次第です。小生アクアに乗り始めた頃は他の自転車乗りの方々のブログの影響を受け、「グルメランもするぞー!」「ローカル行ったらその地のうどんや蕎麦の類いも食べるぞー!」と思ってました。で、天ぷら蕎麦食ったり天ぷら蕎麦食ったり天ぷら蕎麦食ったり天ぷら蕎麦食ったり天ぷら蕎麦食ったり・・・って・・・
あはは!俺どこ行っても天ぷら蕎麦ばっかだな(笑)



しかし2009年1月から走行距離の月間目標を設定しいつものコース入間川CR荒川CRをベースに活動する様になると、我がアクアライフはグルメランとは程遠い存在となりました。『いつものコース』はそれに榎峠を絡めて古里まで行ったとしても60Km少々に過ぎない・・・飯を食う必要なんかないんです。あ・・・・でも・・・・つけ麺食った事もあったっけ(笑)
一方CR方面はというと、何しろ一般道に降りない限りは飯屋はおろかコンビニにすら寄れないので、仮にロングライドしたとしても、食事は自然行動食が主体となってしまう・・・・あんぱんとか羊羹とかね(また笑い)そんな走行に終始していると「もう飯なんかどうでもいいや・・・」という気持ちになってしまい、たま~によその地域をロングライドしても、食事はその辺で見掛けたラーメン屋とか、良くてB級グルメのフライどまりとなる・・・(フライの時は一応その地の名物うどんも食ったんですが…)
嗚呼・・・何て貧しい、何て寂しいサイクルライフ・・・・。



しかしこの日は違います!因みに、6月24日の話を書いてるんだけど、皆さんその事覚えてます?(忘れてたよ・・・クソ長いから・・・←呆れ)で、じゃあみんなこの事も忘れちゃってそうだからもう一度強調しとくけど、この日の走行の目的は『三日物語さんにファンライドを堪能してもらう事』にあり、小生はそのエスコート役なのだ!だから食事だって疎かにできない!



三日物語さんはブルべを中心に自転車活動をしている方なんだけど、そのブルべ中の食事が酷くてねぇ・・・(三日物語さん・・・『酷い』なんて書いてすまん・・・)何か超大盛りカップ焼きそばとか(これは出発前に食べる物ね)あんぱんとかどら焼きとかコンビニのそうめんとか巻き寿司とか・・・。まあ競技中の食事だから『行動食』な訳でこうなるのも「宜なるかな・・・」というところではあるが、折角遠方の地に赴くというのに(日本海とかまで行くんですよ!)この食事はあまりにも哀し過ぎる・・・。
だから今日俺が何とかしてやる!秩父名物のお蕎麦を美味しいお店で食わせて、「走行の途中で土地の名物を食する・・・こういう愉しみ方もあったんですね♪」と言わせちゃる!エスコートするゼ三日物語さん♪



































b0136045_874453.jpg

ところが・・・選んだお店が定休日・・・そっ・・・そっ・・・
そんなバナナーッ!!!



































b0136045_8151015.jpg

このお蕎麦屋さんは『秩父三十四ヶ所 第六夜』で西光寺に行った際、ちょっと気になったお店でした・・・。『くるみ汁で食べるお蕎麦が美味しい』と評判の、町外れにあるにも関わらず行列ができるわへいそばです。ただこの時点=6月24日=では小生そこまで承知しておらず、というのは、その辺の詳細を知ったのはこちらの話を書いた8月7日以降だったもんで、この時点では「確かあの辺に美味しそうなお蕎麦屋さんがあったなぁ~♪」程度にしか思っておらずお店のHPも未見・・・よって定休日も当然知らず・・・。まあお店に向かう道中、「これで行ってみたら休みだったりしてぇ~♪」とか自分の中でふざけてみたりはしてたんですが・・・・・・
まさかそれが・・・本当の事になってしまうなんて・・・。
(『エスコート』する気だったら下調べ位しろ!←呆れ)




















b0136045_8522194.jpg

結局食事はこちらの『さくらい』というお蕎麦屋さんで頂きました。今ちょっと調べてみたらHPはない様ですが、長瀞の人気店(でいいのかな?)さくらいの秩父市内支店とかで、古民家を改装した趣きある内装が良い感じ♪お蕎麦の方も勿論美味しく、更に価格の方もこの手のお蕎麦屋さんとしてはリーズナブルで、その点についても大変満足♪ここでもちょっとした小話とかがあったんですが・・・
ごめん・・・時間ねえ・・・はしょらせてもらいます・・・。
(何やってんだてめえ!)






























続く・・・。
by shousei0000 | 2010-11-26 22:33 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(4)

やさぐれ・・・その4

★ 閑 話 休 題

(おい!こんな小見出し予告になかったぞ!何なんだこれは!?←しゃ~ないでしょ!前回の話で『Nさん篇』が終わらなかったんだから・・・俺だって本当はもうとっくに終わらせたいんだ・・・←鬱々)



































b0136045_3315241.jpg

さてと・・・え~・・・『Nさんの愛車紹介』がまだでしたね(笑)

これはもう本当はやめにしようと思っていたんだけど、お洒落&個性的な生き方をしている身でありながら、ダメおやじである小生が書く我が糞ブログにもコメント下さるという、信じられない驚異の若者yasiyasi5884さん(笑)が折角「アンカー、カッコイイすねぇ」とコメント欄でつぶやいてくれたので、
「じゃ、やるか♪」と思った次第です( ´∀`)b←何これ!?




















b0136045_42626.jpg

で、この自転車ですが、アンカーRFX8というロードバイクです。小生でもその名を知る、ローディーさん方に人気のモデルです(ローディーさん方のブログでよく出てきます)Nさんの愛車は105仕様ですが、それでもフルカーボンのバイクですから、小生のアクアより10万強は高いでしょう・・・。それで「いいなぁ・・・このバイク・・・」と思って写真を撮りまくった次第でして・・・(笑)じゃ、時間の方もあまりないので(この後仕事なもんで・・・)ポイントを絞って紹介させてもらいましょう!しかし・・・
『RFX8』から『F』をとって『7』を加えると『RX78』になってガンダムなんだけどなぁ・・・何でアンカーの人・・・そういう型番にしなかったんだろう?小生『RFX8』という表記を見るたび、いっつもそう思うんだよね・・・・。
(何なんだそれは!!!)



































じゃ、紹介いきまぁーす♪
(ガンダム風に『いきまぁーす』で決めてみた←笑)



































b0136045_4451576.jpg

 カ  ー  ボ  ン  !




















b0136045_4474176.jpg

 カ  ー  ボ  ン  !




















b0136045_449090.jpg

 カ  ー  ボ  ン  !




















b0136045_4503691.jpg

シマノ105ニューモデル!




















b0136045_4532423.jpg

シマノ105ニューモデル!



















b0136045_4571081.jpg

シマノ105ニューモデル!




















b0136045_4274919.jpg

何かこのバイク・・・妬ましいなぁ・・・ぶっ壊すかこれ?(これが『ポイントを絞った紹介』かぁぁぁーーーッ!)




















b0136045_4444915.jpg

以上でNさんの愛車RFX8の紹介を終了しまぁ~す♪
(こんなんで『終わり』かよ!つーか・・・このモザイク・・・何ッ!?←あまりに見苦しいもんでつい・・・)























b0136045_4423730.jpg

かような愛車を以って、今般『ロードバイクわずか歴3ヶ月』なNさんは『同2年』の小生に激しく肉薄・・・つーか・・・事実上の勝利をされたんですが、それではその事象をかの青き巨星ランバ・ラル氏の台詞を借りて「Nよ・・・(呼び捨て御免!)自分の力で勝ったのではないぞ!そのバイクの性能のお陰だという事を忘れるなーッ!」と言い得る事ができるでしょうか?(この引用・・・jljlmatuさんにコメント欄で先に書かれちゃった←笑)残念ながら、小生はそれはあたらないと思います・・・。では何が故の差かというと、それは多分・・・『経験の差』かと・・・。「はあ?何言ってんのあんた?」「あんたの方がロードバイク歴上なんだろ?なのに何で『経験の差』が出てくるんだよ?」とおっしゃる方もおいでかと存じますが、そこにはやはりそれがあったと思われる・・・。



































b0136045_624523.jpgこちらの画像を見て下さい・・・。
これは以前ちよっと触れたiPhoneアプリ『Bicycle Stats』で作成した6月の走行一覧なんですが、『さぼり』の数が…多過ぎだヨ・・・・。

一方同期間Nさんがどうだったかというと、これは推測にしか過ぎませんが、多分新しく手に入れた玩具(RFX8の事ね)が嬉しくて嬉しくて、乗り回していたと思われます。

事実、「山伏を定期練習コースにしています♪」とか言ってましたからね・・・。よってこの推測は『中らずと雖も遠からず 』かと・・・・・。その辺の『経験の差』(自転車への親しみ度の差)が出たのかなぁと思う次第です・・・。しかし・・・



































Nさんとですらそうなんだから、同期間1000Km以上走っていて、今日既に平地でも付いていけないと判明した三日物語さんとの差は如何ばかりなものか・・・。そんな化け物みたいな人とこの先まだ80Km近く走って、峠ふたつ越えなきゃならないとは・・・。俺・・・この先一体どうなっちゃうんだろう・・・(憂鬱)






























続く・・・。
(Nさんが読んでるとは思えませんが・・・一応念の為・・・。Nさん、今回は色々ネタにしちゃってすみません・・・。この走行時は良い経験をさせてもらいました。Nさんは今はもうM氏店走行会を通して、バリバリなローディーさんになっているんでしょうね?増々のご活躍を陰ながらお祈りしています)
by shousei0000 | 2010-11-24 03:20 | 長編サイクリング日記 | Trackback | Comments(9)

やさぐれ・・・その3

★小見出し その3・・・時ならぬトレイン編成♪



b0136045_6301425.jpg

はい、え~という訳で前回からの続きですが、三日物語さんに置いていかれてトボトボ名栗路を独り辿った後、こちらの水場で彼と合流致しました。えっ?何ですか?「一生懸命走って遅れを取り戻して追いついたって訳か・・・あんたにしては中々やるじゃん」ですって?いやまあそうじゃなくって・・・
最初っからそうお願いしてたんです・・・「間が空いたら水場で待ってて・・・」って・・・(何やってんだてめえ!)




















b0136045_650128.jpg

あ・・・『水場』ってのは以前コレやっちゃった水場ね♪
(こんなの再掲するな!)




















b0136045_7048100.jpg

で、やっとの思いで水場に着いたら、三日物語さんは見知らぬローディーさんと歓談の真っ最中…。
これには小生カチーンときた!だってそうでしょう?三日物語さんと小生はこの日2度目のライドだった・・・つまり『2度一緒に走った仲』です。で、世の中のイケてるギャルなんかは「1度寝たくらいで彼氏ヅラしないで!」とおっしゃるそうだが、小生と三日物語さんは1度ならず2度までも寝た(走った)のだから、彼氏ヅラしたっていいでしょう?なのにあろう事かその彼氏(小生)をうっちゃっといてほかの男(ローディーさん)とまぐわう(歓談する)なんて、『ふしだら』と云うにも余りある!戦前だったら姦通罪もんだぞ!おのれぇー!成敗だ!!
「おい!ちょっと待てヨ!」とキムタク風に独語しながら、小生二人に詰め寄ります!名栗の水場に・・・名栗の水場に・・・血の噴水、盛大に吹き上げちゃる!



































と・こ・ろ・が・・・「以前走行会でご一緒したNです!覚えてます?」と挨拶されてビックリ仰天!よくよく見てみれば、確かにM氏店走行会で「私も今日初参加なんですよ」と挨拶してくれたNさんその人だった・・・。ハハハ・・・『見知らぬローディさん』じゃなかった・・・『知ってる人』だった・・・。
キムタクびっくりしちゃった(笑)←誰がキムタクだ!そして・・・この一連のネタは何なんだぁぁぁーーッ!




































b0136045_8303075.jpg

水場での写真ではありませんが・・・左が三日物語さんで右がNさんです。Nさんには拙ブログの存在を告げ、「ブログに載せますよ」とお断りしておいたんですが、Nさんとは個人的に連絡をとったり確認できたりする関係ではないので、一応大き目のモザイクで処理させてもらいました。で、Nさんはこの時点でロードバイク歴3ヶ月とかで(確かそう言っていた)未だノンビンディングでノンアイウェアでウエストポーチなども巻かれていました。その全てが自分の通って来た過去を想わせ、とても懐かしい気持ちになりました。そこで『一応はロードバイクの先輩』って事で、「ウエストポーチはストレスになりますよ。バックポケットだけにした方がいいです」とか「ビンディングペダルはやっぱあった方がいいです」とか、「アイウェアもつけた方が楽に走れるし安全です」等々、ちょっとしたアドバイスをさせてもらいました・・・『上から目線』で(笑)←嫌な奴だな全く!




















b0136045_024521.jpg

水場休憩の後、山伏経由で秩父に向かいます。Nさんも山伏に行くという事で御一緒する事に・・・。
とっ、時ならぬトレイン編成~♪(と繋がる訳です←笑)

因みに・・・三日物語さんとのここまでの走行だって『隊列を作って一緒に走る』という意味では(一緒に走れなかったんですが・・・ついていけなくて・・・←自嘲)『トレイン』なんですが、小生の中では『3台以上の自転車が一緒に走る状態』こそが『トレイン』なんです!まあこんな風に書いてしまうと
「2台じゃダメなんですか?」蓮舫風の詰問をされちゃうかもしれませんが(笑)ダメなんです!あくまでも『3台以上の自転車一緒に走る状態』が『トレイン』です!




















b0136045_0575099.jpg

世の中で一般的に『3人以上の男女が入り混じりあってナニする事』を3Pとか4Pとか言うじゃないですか?でも『2人でする普通の営み』を2Pとは言わないでしょう?それと同じ事♪(いやらしい例え方すなーッ!)




















b0136045_121944.jpg

あと・・・このくだりを鉄道好きの方が読んだら、憤られるかもしれませんね。「2両編成だって立派な『列車』だ!」「ローカル行けば1両だけの『列車』だってあるぞ!そういうのをバカにするんかい!」ってね・・・。そういう難詰をされる方々に対しては、小生以下の様な言葉を以って応じます・・・・。




































「黙れ鉄道オタク!ウゼえんだよ!氏ねッ!」と・・・。
(小生もその昔『鉄道オタク』でした←笑 上野で撮影した事もありますし、ブルートレイン乗った事もありますよん♪←何に対しても『オタク』なのね・・・←呆れ)




































b0136045_158215.jpg

で、こんな風にトレイン組みながら山伏を登り始めたんですが、Nさんは恐縮した様にこうおっしゃいます。「そんな・・・真ん中なんて・・・」「私絶対ついていけないし迷惑かけちゃうから先行って下さい・・・」と・・・。成程・・・それはそうかもしれません。Nさんは三日物語さんとはM氏店走行会で何度かご一緒してるとの事で、その実力差は既にご存じの筈・・・。そして小生も『ローバイク歴2年』と名乗りましたから、Nさんにしてみれば『脅威』なのかもしれません。そんな先達2名に挟まれて峠を登るのはちと辛いかも・・・。そこで小生Nさんに「大丈夫!『時ならぬトレイン編成♪』って写真を撮りたかっただけですから」「ここから先はお互い自分のペースで行きましょう♪」と優しく声を掛けました。
『上から目線』で・・・・(笑)



















b0136045_7272141.jpg

山伏峠はこんな風に淡々と登り始めます。道中一ヶ所だけきついところがございますが、全体的な印象としては『程々の峠』に過ぎません。しかも・・・小生にはここを『きつくない』とする絶対的な自信というか根拠というか・・・まあそういうものを有していた。フフフ・・・俺ここ・・・自信・・・あるよ・・・・
だってほら!俺ここ4月下旬にアウター縛りしてるんだよ!だから今回も楽勝っしょ!スイスイいくゼ~♪




















b0136045_6527100.jpg

ところが・・・中々脚が回りません・・・。「おかしい・・・前回はアウター縛りだったのに・・・」と独りごちると、前を行く三日物語さんが「えっ?アウター?私なんかとっくにインナーですよ」とおっしゃるので「じゃ、俺もインナーで♪」とあっけなくギアを落とす始末(笑)で、『私なんかとっくにインナー』と言った割りにはスイスイ登っていく三日物語さんが小生の視界から消え、また『まだロード歴3ヶ月』のNさんが後落してこれまた見えなると、自然独り旅となりました。『時ならぬトレイン』・・・5分で解消…。
「三日物語の奴(呼び捨て)・・・本当にインナーなのか・・・」と疑ったり、「Nさん・・・大丈夫かなぁ・・・」と、一見『ロードの先輩たる優しい気遣い』その実『上から目線な独語(笑)』したりしつつ、独り峠路を登ります。




















b0136045_80401.jpg

そして・・・この『一ヶ所だけきついところ』に来た時にはもうヨレヨレで・・・。N氏に教わった激坂の登り方…果てはダンシングなんかも繰り出してしのいでいたんですが、その間(かん)何と、後落していた筈のNさんがリカバリー!1度は完全に姿を消していたのに・・・今や普通に姿が見える位置を登っている・・・。「ダメだ・・・『ロード歴3ヶ月でノンビンディングの奴』に負ける訳にはいかない・・・・」と小生猛烈に焦りました…。
最早『同格目線』ね(笑)




















b0136045_9555257.jpg

その後は後ろを振り返る事もできず(Nさんの位置取りを見るのが怖くて←笑)前だけを見て必死に漕ぎました。そして漸くピークに着きクリ―トを外して、「で、Nさんの位置は!?」と振り返ったら・・・真後ろに・・・いたよ・・・「お疲れ様でした♪」だとさ・・・。




















b0136045_10142867.jpg

山伏峠ピークでの写真・・・(既に載せましたね←笑)で、Nさんはこうおっしゃいます・・・。「いや、私も一度は『離されたなぁ』と思ったんです」「でも何か途中から小生さんが失速してきて・・・」つまり、Nさんがリカバリーしたのではなく、小生のペースが明らかに落ちたのだ・・・そしてその理由も何となくではあるが分かっている・・・。と、そこまで考えた時、小生はある事に気付いて慄然としました。
Nさんは本当は小生に先着できたのではないか?ゴール時真後ろにいたのだから、その気になれば途中抜く事はできた筈・・・。敢えてそれをしなかったのは、おそらくはN氏の優しさが故・・・。名栗の水場で『ロードバイクの先輩ヅラ』して能書き垂れた小生に恥をかかせまいとする思いやり・・・。
「Nさん・・・ありがとうございます・・・お気遣い感謝します・・・」と、小生心の中でそっと礼を述べました・・・・。
遂に『下から目線』だ・・・。



































続く・・・(嗚呼・・・小生暦がまた5ヶ月越えちゃう・・・←鬱)
by shousei0000 | 2010-11-18 06:42 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(4)

やさぐれ・・・その3

★小見出し その2・・・三日物語さんに*******・・・。



え~皆さん、この小見出しの伏字部分『*******』が気になるところでしょうが・・・



































『三日物語さんにフォール・イン・ラヴ』じゃありませんからねぇ~(笑)
そんなの分かってるから!大体文字数からして違うし・・・。『長編にしたくない』『無用に脱線しない』とか書いといて、何でこんな糞ネタ振るんだよッ!
←いやその・・・ちょっと思い付いちゃったもんで・・・。




































という訳で、前回からの続きですが(何が『という訳』だッ!←怒)前回の話は小沢峠までで終わっていたんですが、その先の下りについては、小生すっかり諦めてました…。何故って、三日物語さんは自称だか他称だったかは忘れましたが『下り番長』という異名が冠せられる方であり、下りを得手とする自転車乗りなのである。そんな人に付いていける訳・・・・ない・・・(哀)そんな下り得手なご自身について、三日物語さんは謙遜混じりにこうおっしゃいます。


「いや、別に『下りのテクニックに秀でてる』って訳じゃないんです」

「ただこの自転車・・・重いじゃないですか?今日の装備でも20Kg近くあるんですよ」

「重ければ当然加速が付き速くなる・・・ボブスレーなんかと同じですよ」


ボブスレーと重量の相関関係は小生寡聞にして存じないが、氷でできた路をシューッと滑るそり(でいいのかな?)は重量がある程スピードが出そうな事は何となく分かった。そして20Kg近くあるという三日物語さんのアンカーCX900(メーカのHPはリンク切れ・・・もう生産してないのかな?)と備品を入れても10Kg少々の我がオルベア・アクアとでは、下りでどちらが加速が付きそうかもおぼろげではあるが何となく分かった。だから前述通りすっかり諦め、「とても付いていけなそうだから先行って下さい・・・」「小沢を下り切った先の信号で待ってて下さい」と伝えて彼を送り出した。しかし・・・
三日物語さん・・・『重い方が下りは有利』て事の説明・・・第二次世界大戦の日本軍とアメリカ軍の戦闘機で例えてくれればもっと分かりやすかったのに・・・。「アメリカ海軍戦闘機F6ヘルキャットはごつくて頑丈だから急降下ができ、それを利用した『一撃離脱戦法』で、華奢で小回りの効く日本の零戦に対抗したんですよ」って言ってくれれば、小生ピピーンと理解したんだけどなぁ~(笑)←軍事オタク・・・超~嫌な感じ!



で、『小沢の下り』なんですが、三日物語さんはおっしゃる通りの『下り番長』振りを見せ、あっという間に小生の視界から消えた・・・。小生も一応M氏店走行会で伝授を受けた下ハン下りを以って対抗したのだが、その実力差はいかんともしがたかった・・・。「まあ、あれだ・・・あっちはF6ヘルキャットだからな・・・そしてこっちは零戦・・・」「零戦は華奢な造りだから、無理な急降下すると機体がバラバラになっちゃうからな・・・」軍事オタク臭溢れる独語(笑)を口にしながら下っていくと、下り切った先の信号で三日物語さんが待ってくれているのが目に入る。



その『最後の下り』は見通しの効く直線路・・・トップスピードで下っていける・・・。それに対して停止している三日物語さんは、0Kmから再加速しなければならない・・・。信号は今まさに赤から青に変わったばかり・・・この速度(時速30Km台)で突っ込んでいけば余裕で交差点を通過できよう・・・。そして重量車の三日物語さんは再加速に時間がかかる筈・・・つまり・・・追い付ける!そう睨んだ小生は大音声で呼ばわった。「三日物語さ~ん!左に曲がって行っちゃって下さ~い!」と。フッ・・・・・フフフ・・・・・フフフフフ・・・・・零戦チャャャャャーーーンス!



































b0136045_1444499.jpg

と・こ・ろ・が・・・追い付けなかった・・・それどころか、平坦やや登り加減の名栗路に入っても離される一方で・・・。「ヘルキャットは二千馬力エンジンであるのに対し零戦は千馬力エンジン・・・直進性も上昇力もヘルキャットの方が優れてるんだった・・・」などと再び軍事オタク臭溢れる独語を口にしたりもしたのだが、その間にも三日物語さんの背中が遠くなる・・・嗚呼・・・



































b0136045_1574236.jpg

三 日 物 語 さ ん に 付 い て い け な い
(赤字の部分が『小見出し伏字部分の答え』ね←笑)



































b0136045_2202845.jpg

こんな風に平坦路で離されたのは生まれて初めての経験でした・・・。SM君にやられた幾つかの走行でも、まあもう面倒くさいので一々引用はしませんが、平坦路&やや登り程度では何とか付いていけたんです・・・。しかしこの日は全然ダメでした・・・自転車の重量は10Kg近く違う筈なのに・・・。この差が何に起因するか・・・皆さんもうお分かりですよね・・・。それは走行距離の違いであり、自転車に取り組む姿勢の差でもある・・・。5月中旬からこの日までにブルべだけで1000Km・・・練習を含めれば更に尚走っていた三日物語さんと、正味300Kmちょいしか走っていない小生・・・その馬力の差が如実に現れたという事なんです・・・。エンジンパワーに差のあるヘルキャットvs零戦という構図は、まさにはからずしも的を射たものであったのです・・・。しかし・・・



































b0136045_247644.jpg

やっかみ半分で言わせてもらうけど・・・背中からコーラやアンパン覗かせて走る奴に負けたくなかった…。
(小生の美観ではこれは『なし!』←笑 バックポケットから物が覗かない様、日々必死こいてます←また笑い でも・・・そんな事ばっか気にしてる時点でダメなんでしょうね・・・この日以降注意して見ていたら、ローディーさん方もボトルやらタイヤやらポンプやらと、いろんな物を覗かせて走ってるのに気付きました・・・三日物語さん・・・このスタイル・・・やっぱ・・・『あり!』だわ←締めの笑い)



































続く・・・。
(やっぱ『1章1話ペース』・・・これじゃ長編は必至・・・←大丈夫ッ!←自分に言い聞かせている)
by shousei0000 | 2010-11-15 23:49 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(5)

やさぐれ・・・その2

★小見出し その①・・・小沢峠までは小生が引いた!


はいはい皆さん、6月24日の走行の話が始まりましたよ~♪小生暦の五ヶ月越え阻止、頑張りまっす(笑)


で、小見出しの通り、待ち合わせ場所の成木支所から小沢峠までのゆる登り(最後の300mを除く)は小生が先に立ちました。当然ですよね・・・『エスコート』なんですから♪
まあ『エスコート』も何もこの間(かん)は一本道だし、上にも書いた様に『ゆる登り』だし、距離も6Km程度なのでどっちが先を行っても構わないっちゃ~構わないんですが、そこはやっぱり小生譲れませんでしたね~。だって・・・『エスコート』だも~ん♪(しつけえ!)


小沢峠までは無事小生が引けました。この間(かん)ちょっと心配していたのが、「三日物語さん・・・ひょっとして・・・あの時みたいに『先、行きますね~♪』とか言って前に出るんじゃないか・・・」という事である・・・。あの時というのはこの時の事なのだが、当該走行会での登り練習時、三日物語さんは何度か小生の前に出られた事があった。その前走であるこちらのライドで(同じ日なんですけどね←笑)ケイデンス90台、心拍数160台、速度30Km台で引いた小生に対しやや疲れの色を見せた(かに見えた)三日物語さんに対し、小生は「この人は・・・まあ、俺と同等位なのだろう・・・」との感慨を抱いたものだった。それだけに走行会に場を移してからの健脚振りにはビックリ仰天!思わず
「こいつ・・・まさか速いんじゃあ・・・さっきまでのあれは擬態かよ・・・」との殺意を抱いたのでありました…。
(殺意を抱くな!!!!)



で、5月の時点でもそんな感じだったんですが、それからこの6月24日までの間に、三日物語さんはブルべふたつで計1000Kmを走られていた。小生のその間(かん)の累計走行距離は300Kmちょいというところである・・・。しかも三日物語さんのブルべはこの日の走行に程近い6月上旬~中旬のものであるのに対し、小生が同時期まともに走ったのは6月3日の白石行ただ一度である・・・。その蓄積の差がどう出るか・・・普通に考えれば・・・分かるでしょう・・・?だから小沢までの間前に立っていても気が気じゃなくて・・・。でも三日物語さんはそんな大人げない事(『さっさと先に行ってしまう』って事ね)はせず、黙って小生の後ろに付いてくれた。おそらくは『エスコートしようとする小生の気持ち』を汲んでくれたのでしょう。それはそれで嬉しかったんですが・・・・



































そうなりゃそうなったで不安でねぇ・・・「三日物語さん・・・本当はもっと速く登りたいんじゃないか?」とか「脚が余って苦しんでるんじゃないか?」とか色々考えてしまってねぇ・・・。「だったらもっとペースを上げて引いてあげれば?」
と皆は思うだろうけど・・・
できないんだ・・・・・この一ヶ月の間で300Kmちょいしか走ってないから・・・・。




































道中点描・・・・・・。

(小沢を下った先まで当日の写真がありません・・・だからこの先2枚は以前撮った写真を使わせてもらいます・・・何で当日の写真がないかというと・・・多分『一時間超遅刻』した事に気がねして撮れなかったからと思われます・・・三日物語さん・・・その節は大変申し訳ありませんでした・・・←陳謝)
































b0136045_8384632.jpg

以前載せた『東京ヒルクライム成木ステージ』の予告看板です。この日も当然ありました♪この看板を目にした小生は後続する三日物語さんに『停止』のサインを出し「このレース・・・ブログにも書いた通り観に行きます♪」と喜々として説明。しかし三日物語さんは「はぁ・・・」と呟き気乗り薄な様子…。
やいやい!三日物語!(呼び捨て)何で気乗り薄なんだよ!もっと喜べ!「よかったですね」とか言え!!
(『参加する』ならともかく『観に行くだけ』なんだろ?
それで『喜べ』も『よかったですね』もあるかい←呆れ)





















b0136045_984647.jpg

これまた以前載せた小沢峠と東京ヒルクライムコースとの分岐点です。今年の東京ヒルクライムでは(もう終わったんですが・・・)成木支所からここまでを20分以内で走らねば足切りになります。で、この日もタイムを採ってみたら・・・16分位でした。まあどうしようもないタイムではあるんですが、一応足切りクリアーって事でホッ一息。そこで三日物語さんに『停止』のサインを出し「足切り…大丈夫そうです♪」と喜々として説明。しかし三日物語さんは「はぁ・・・」と呟き気乗り薄な様子・・・。
やいやい!三日物語!(呼び捨て)何で気乗り薄なんだよ!もっと喜べ!「よかったですね」とか言え!!
(『観に行くだけ』なのに足切りも糞もあるかい!!!つーか・・・そんな事で一々停めるなよ!←大呆れ)






























続く・・・。
(『小見出し1章で1話』・・・長編必至じゃん!?←大丈夫!次からは簡単にいきます!←豪語)
by shousei0000 | 2010-11-13 06:54 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

アプリをテスト!

iPhone用のエキサイトブログアプリが出たので、お試しの投稿です(笑)

iPhoneのSafariってブラウザー(でいいのかな?よく分からん…)でもエキサイトブログに投稿するには投稿できたんだけど、これがうまく説明できないんだけどやりにくくてねぇ…。

だから滅多にiPhoneからは投稿しなかったんだけど、昨日付けでこのアプリが登場したので使ってみた次第。

写真と文章だけのシンプルアプリで、小生得意の色文字拡大文字(笑)が使えないのが玉に瑕だけど、携帯メール感覚で拙ブログに投稿できるのは中々ありがたい♪

ブログ始めた頃は通勤電車内で文章だけ打って、それを一旦送信して帰宅してから写真や色文字拡大文字をパソコンでつけ直すって事してたんだけど、iPhoneに機種変してからはそれができなくなっていた…。

それが本アプリの登場で出来る事に!
あ~色文字拡大文字で強調してぇ~(また笑い)

これからは携帯(iPhone)からも投稿するかもしれないから宜しく!

その時は

*iPhoneから投稿。単なる下書きで写真も色文字拡大文字もまだだから、この注意書きが消えてから見る事をお勧めします。

って但し書き付けるから宜しく頼む!

しかし…

これでま~た通勤車内までブログ漬けか…それもある意味鬱やなぁ…。


おしまい♪(仕事ですので…)


追伸!

このiPhoneアプリ…何文字まで打てるのかな(締めの笑い)
by shousei0000 | 2010-11-12 09:32 | iPhone | Trackback | Comments(2)

やさぐれ・・・(秩父三十四ヶ所!外伝=6月24日の走行)

本稿をどう書こうか悩んでいる・・・。本稿はサブタイトルにもある通り平成22年6月24日に行われたサイクリングの記録であり、それは三日物語さんとの二度目のライドでもあった。他者と走ったのだから当然ネタは尽きず、その気になって書けば軽~く10話は越えそうな勢いである。しかし・・・



































長編にしたくねえ・・・・・。小生暦が5ヶ月を行ったり来たりしている今の状況を本当に何とかしてぇ・・・・。この苦しみ・・・お前らには分からないだろうなぁ・・・。マジでゴーストライターでも雇って、代わりに書いてもらいたい位なんだ・・・。交渉・・・してみようか・・・水嶋ヒロさん辺りに・・・。
(何で水嶋ヒロが出てくるんだよ!←いや・・・一応時事ネタって事で←笑)



































本稿は本来『秩父三十四ヶ所!第七夜』として綴られる予定でした。以前書いたこちらの話


>『三日物語さんが本当は速いのか否か?』という事については、実はもう結論が出ています。


>後日記されるであろう『*******! ***』を待て!


てなくだりがあるんですが、この『*******! ***』には『秩父三十四ヶ所! 第七夜』が入る筈だったんです。しかしこの日の走行中、我々は秩父の札所をひとつしか回っておりません。たったひとつ札所に寄ったくらいで、『秩父三十四ヶ所シリーズ』に区分けしていいものでしょうか?いや、それはやはり無理がある・・・。そう考え今回は『名は体を表す』このタイトルにしたのだが・・・
この話なんか札所ひとつも回ってないのに『秩父三十四ヶ所シリーズ』を名乗ってるよ!アッハハハァ~♪
(『長編にしたくない』んじゃなかったんかい!!!)



つまり・・・この日の目的は『札所巡り』ではなかったんです。では何が目的だったかというと・・・『三日物語さんを秩父の山路にエスコート♪』って事ですわ(笑)三日物語さんはブルべやら(その練習も含む)M氏店の走行会等で力走されている方である。しかし一方で『ファンライド的な走行』はあまりされていないという。三日物語さんが自転車に乗り始めた当初の目的が『オープンストリートマップのデーター取り』にあり、その後縁あってブルべに挑戦され今ではそれに熱中されているのだから『練習的な走行』に終始されていても不思議はないのだが、折角山間の埼玉県西に住まいそこを走れる自転車を持っているのだから、『それを楽しむ走り=ファンライド』しないのは勿体ない!そこで二度目の同行が決まった時、小生は思ったんです。



「よし!今度の同行は秩父山間のファンライドにしよう!」


「三日物語さんが『あれは速い人が中心みたいなんですよね~』とちょっと躊躇されている、M氏店走行会のあのコースを辿ってみよう」


「山伏・・・秩父・・・定峰・・・松郷・・・かぁ・・・」


「このルートなら小生通しで一度走っているし、それ以外にもこれとかあれとかそれとかで結構うろちょろしてるから、少なくとも道に迷う心配はない・・・・即ち・・・・エスコートできる!


「でさでさ、松郷やめて白石下りの都幾川経由な~んてルートにしてみたらどうよ?」


「聖地白石峠を下りながら体感・・・ときがわホースケアガーデンで癒しの一時・・・小物屋さんで水出し珈琲と都幾川談義・・・・・・ちょっとした旅行気分やないの~♪


「それに秩父札所をひとつでも絡めてみたら・・・・『往古の秩父を札所に偲ぶ』って感じでぇ・・・・・うひょひょひょ~!ますますの旅行気分満喫ぅ~♪



「よっしゃ!このプランだ!このプランで三日物語さん唸らせちゃる!『こういうサイクリングの楽しみ方もあったんですね・・・』と言わせちゃる!以前受けた恩をまとめて返すぜ三日物語さぁ~ん♪」



































ところが・・・遅刻してしまった・・・しかも・・・1時間以上も・・・。待ち合わせを『成木支所に7時』にしたのに、ハッと目が覚めたらはや6時過ぎ!慌てて電話入れたけど連絡つかず遅参メールにもすぐには返信来ず・・・。そこからバタバタ準備して(前日準備してなかったんです・・・「俺寝起き良いから当日準備でも大丈夫♪」と思って…)自分なりに大急ぎで向かったんだけど、成木支所に着いたのは8時過ぎ・・・。そこに三日物語さんの姿はなく「怒って帰っちゃったのかなぁ・・・」と呆然としていたら「おはようございま~す♪」と三日物語さんが現れ、「えっ!三日物語さんも遅刻!?」って一瞬希望の光が灯ったんだけど、そんな事ある訳ないよね…三日物語さんは片道3Kmはあるコンビニまで戻って時間潰ししてくれていたんだ・・・そらな~んもない成木支所回りじゃそうするしかないよね・・・。嗚呼・・・『以前受けた恩をまとめて返す』どころか大迷惑をかけてしまった・・・・(極鬱)



































という訳で以下本編になるのですが、ここで皆さんに一言お断りしておく事があります。それは何かと申しますと・・・本稿冒頭でも既にそう書いたんですが、小生この記録を長編にはしたくないのです・・・(なってるじゃん!既に!)
だもんで、今回はちょっと工夫させてもらいます。『小見出しを付けてそれについて触れ、そしてまた次の小見出しに移る』というスタイルで綴っていこうと思います。この方法で書く意味は何かというと
「無用に脱線しないんだい!」との想いが故・・・(笑)
今日は予定の小見出しを列記し、終わりにさせてもらいます(一部伏字にさせてもらいますね←笑)






























『小沢峠までは小生が引いた!』


『三日物語さんに*******・・・』


『時ならぬトレイン編成♪』


『そんなバナナ!(バナナ関係ありません←笑)』


『河畔にて・・・』


『か〇また〇ほ君の様に・・・』


『やさぐれ・・・』


『エピローグ・・・』



































続く・・・。
(小見出し8章もあるの?じゃあ長編は必至・・・←そうは致しませんとも絶対に!←大強調!)
by shousei0000 | 2010-11-10 03:24 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(2)

集中できなかったこの日の走行・・・(6月15日の走行)

b0136045_831238.jpg

この日はとても良い天気♪時計の針は既に11時を回っていますが、まだまだ何処にだって行けちゃう時間です♪よっしゃ!行くでー!!走るでぇぇぇ~~~♪



































でも・・・・・・集中できませんでした・・・・・・



































b0136045_813034.jpg

好天の日差しを浴び気持ち良さそうなアクア♪前走の白石行から二週間近く・・・公休2回分アクアには乗ってあげられませんでした・・・。悪かったな・・・アクア・・・お前を独りぼっちにしてしまって・・・
今日こそは陽光の元でお前と一緒に走って過ごそう♪



































でも・・・・・・集中できませんでした・・・・・・



































b0136045_8304196.jpg

入間川CRにエントリ―!最低でもホンダエアポート、できれば往環100Kmは走って、ここまで潰してしまった公休3回分を取り返しておきたいところやね~♪



































でも・・・・・・集中できませんでした・・・・・・



































b0136045_8394030.jpg

入間川CRでも屈指の走りやすさを誇る?喜びの白い道♪今日はウイークデイなので誰もいません。いつもは散歩の人やジョガー等で賑わっているのに・・・。ま、それじゃ、やらせてもらいますか・・・
ケイデンス90オーバー、心拍数160オーバー、速度30Kmオーバーで飛ばさせてもらいますかねぇ~♪



































でも・・・・・・集中できませんでした・・・・・・



































だって・・・・・・



































この日(6月15日)は夏のボーナス支給日だったんだよ!そんな日に自転車とか乗ってらんないじゃん?いやぁ~久し振りに美味しいもの(ケンタッキー♪って・・・いつもと変わんねえや←笑)と旨酒(たまには値の張る泡盛なぞ♪←また笑い)で一杯やりたいよぉ~♪それに・・・この前日・・・つーか深夜なんだけど、サッカーW杯日本代表の対カメルーン快勝劇に痺れてねぇ~♪(それで夜更かしして出発が遅くなった訳です←三度笑い)
それで久し振りにサッカー熱にほだされちゃって
(小生『俄かサッカーファン』じゃありませんよ!93年Jリーグ開幕以来の生粋のファンです!←典型的な『俄か』じゃねえか!)色々ネットで検索してたら・・・おお!小生が昔熱中したサッカーゲームのDS版の新作が出とるー!こっ、これも買わなくちゃ~♪あ”~もう走ってなんからんね!帰るぅぅぅぅぅ!!!

(マジ氏ねよてめえ!!)



































b0136045_930027.jpg

で、この場所まで来た時には・・・(初雁橋です・・・)




















b0136045_9321525.jpg

「人間無理しちゃいけないな・・・スパッとやめる勇気も必要なんだ・・・大体こんな集中欠く状態で走ってたら危ないじゃん?怪我でもしたら元も子もないし・・・」という気持ちになりまして…(で・・・どうしたんだよ?)



































b0136045_9471771.jpg

帰っちゃいましたぁ~(笑)片道14.2Kmのポタリングだよ~ん♪←氏ねぇぇぇぇぇッ!



































オチ・・・その①・・・(まだ何か・・・あるんかい・・・)



































b0136045_9511841.jpg

この日の走行データー(Bicycle Statsより)・・・走行距離も酷いけど・・・・他のデーターも酷いもんだ・・・・浮ついた気持ちで走っていたのがモロ分かり~(笑)



































オチ・・・その②・・・(まだ何かあるのかーッ!!)



































b0136045_1062378.jpg

このゲーム・・・買うには買ったんだけど、何だかちっとも進まなくてねぇ・・・J2から一度も上がれないうちにやめちゃったよ・・・・・実質やったのは3日位で・・・・。そろそろ売って生活費の足しにでもするか・・・(哀鬱)



































リ・ザ・ル・ト♪(6月15日の走行)
              

★地域             入間川CRで初雁橋(明神淵公園)まで往環

★走行距離            28.7Km              
                  
★6月走行距離        117.3Km                 

★年間総合距離       2009.5Km






























おしまい♪
by shousei0000 | 2010-11-04 08:11 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)

はじめての〇〇〇〇♪ 最後・・・にしました無理矢理(笑)

b0136045_22182988.jpg

鼻の下にまで大汗かきながらも、何とか白石初制覇した小生氏・・・。して、その感想や・・・如何に・・・!?



































b0136045_22224725.jpg

「まあ何だ・・・・・・白石って噂に聞く程じゃねえな!
俺ぁ~まだまだ余力あったゼ♪」と豪語する小生氏。

(調子こくなよてめえ!53分5秒5のくせに!!!)




















b0136045_2245176.jpg

ローディーさん方のブログでお馴染みの東屋で休憩♪
(バテバテじゃねえか!)




















b0136045_233119.jpg


「まあほら、俺・・・・道中写真一杯撮ってたじゃん・・・・58枚とか(笑)だからその分の時間は割引くべきだと思うんだよね・・・・・・5分とか(また笑い)それとさぁ~水場にも3分程寄っていたから、その両者を勘案してみると・・・実タイムはまあ大体45分位って事になるんじゃないかい?」と自己の走行を振り返る小生氏。

(それでも遅い!つーか・・・一々顔写真使うなッ!)




















b0136045_272669.jpg

はい、という訳で・・・与太話はこの位にして(笑)客観的なデーターを以て小生氏の白石行を紐解いて参りましょう!

この画像はとあるサイトから引っ張ってきたもの。小生の画面キャプチャーの取り方がうまくないせいか全体的に何かボヤ~っとしていますが(何でこうなるんだろう・・・うまくいかないんだ・・・それで嫌になって更新中断したら2日強経ってしまった・・・)これが白石峠TTのランキング表で、左から順に順位・・・タイム・・・名前(ハンドルネーム)・・・と続いているのは分かりますよね?見てお分りでしょうがこれはその最上位の方々を羅列したもので、トップの方のタイムは、驚くなかれの20分8秒!




















b0136045_2254737.jpg

で、こちらが小生の持ちタイム45分(色々引いた奴・・・)辺りを含むエリアです。ご覧の通り『45分ジャストの人』は3名いらっしゃるんですが、ここでは名前の面白さを採って『まさおさん』に注目して頂きましょう(笑)で、彼の順位は・・・・如何に・・・・・?



































b0136045_35819.jpg

470位だよ…まさおさん…
(ひでえ順位だな・・・で、何人中の470位なんだ?)



































b0136045_313285.jpg

参加総数515人中で470位だよ・・・まさおさん・・・・。
(殆どビリじゃねえか!!)



































b0136045_3481773.jpg

という訳で・・・小生の初白石トライは、悲惨な結果に終わりました・・・。515人中470位って・・・・何だよ・・・・(鬱)




















b0136045_43330.jpg

しかもね・・・『参加者515人』ってのもちょっと微妙なんだ・・・。というのも、505位で77分10秒の『まっきさん』という方まではまあ間を置きながら連綿とタイムが刻まれているけど、その先になるといきなり18分空きの95分とかになり、更には100分、200分と流れていく・・・。『100分』ですら既にあり得ない数字だけど、『200分』って・・・何?『60分×3=180分』でもまだ足りない・・・。
『3時間越え』って・・・いくら白石が『自転車乗り達の克己の場』とはいっても、たかが7Km位の峠で、そんなタイム出る訳ねえじゃん?これじゃ歩くより遅ぇ…。




















b0136045_442256.jpg

つまり・・・分かるでしょ?この『506位 95分』の方より下の順位ってのは無いに等しいんだ・・・。おそらくは何らかの機材か体のトラブルに見舞われた結果か、或いはもうすっかり諦め、押し歩いた状況での記録と思われます。その証拠に511位の人は『消して下さい』514位の人は『削除お願いします』と書いています。これは面白がって洒落で投稿したけど、後で自分で見て恥ずかしくなったり嫌になって削除依頼したものなのでしょう・・・だから本当の意味での参加者は505人・・・・。
505人470位・・・・ますます・・・・ビリ同然だ・・・・。



































b0136045_5213341.jpg

「でも俺はめげないよ!3月にはアクア史上最低の
月間走行距離146.8Kmなんてのをやっちゃったけど、4月には東京ヒルクライム成木ステージの道を走ったり『秩父三十四ヶ所!』を復活したし、5月には初めてブログ経由で他者と走ったり走行会に参加したもりした。そして今日遅いなりに白石を制した・・・。つまり、俺は俺なりに回復してきているし、士気も上がっている♪」と笑顔で白石の道標を指差す小生氏。




































が、しかし・・・・・・



































『好事魔多し』と言うべきか・・・『陥穽』と言うべきか・・・。この時期前述通り「自分はサイクリストとして復活してきている!」「昇り調子である♪」と思い込んでいた小生は、この後自分でも予期せぬ流れに翻弄される事になります・・・そしてある重大な決断を迫られる事に・・・。小生氏の身に一体何が起こったのか・・・そしてある重大な決断とは何なのか・・・・?それはこれから先拙ブログの中で明らかになる…。




































諸君!今後の拙ブログの展開から目を離すな!!




































リ・ザ・ル・ト♪(6月3日の走行)
              

★地域             白石の後グリーンラインで花立松ノ峠まで行き、そこから下って越生
                 の景勝地、黒山三滝を観て帰りました。その道中の話もしこたま書く
                 つもりだったんですが・・・時間が・・・ねぇ・・・(哀)

★走行距離            88.6Km              
                  
★6月走行距離         88.6Km                 

★年間総合距離       1892.2Km



































おしまい♪
(文中に挙げた白石のタイム表は『峠TTの記録』というページの『白石峠』から転載したものです。閲覧者が自分のタイムをネット経由で投稿して、それをまとめた物の様です。『峠TT』は白石だけでなく、奥武蔵の様々な峠でのTTを見る事ができます。まだ御存じでない方は是非一度ご参照を!)
by shousei0000 | 2010-11-01 22:42 | 走行距離と短編日記 | Trackback | Comments(0)