私は弾劾する…(5月14日の不毛地帯)

b0136045_22481651.jpg

何でですか…何で鮫島『ふわっ、ふわっ、ふわっ』って笑わさんかったとですかフ◯テレビの方々…。

『ふわっ、ふわっ、ふわっ』って笑わんかったら鮫島とちゃうやないですか◯ジテレビの方々…何でそこ改変したとですかフジ◯レビの方々…(無限の哀しみを湛えつつ…)









































b0136045_22481668.jpg

いやな…『他が全然あかんかった』ならこんな事よう言わんのよワシも…『他がようできている』だけに『何でここだけ…』と思わざるを得んのよワシも…。

2010年だかに2クールで放映されたという『テレビドラマ 不毛地帯』…今回つべでしこたま観たけど中々ようできてるやないの…。

俳優名は一々挙げんけど、『壱岐』はちょい若すぎる感じはするけど熱演だったし『大門社長』だってあれで十分ええ…。

『敵役 里井副社長』もあれがダンディーかは気持ち微妙だけど『頑迷な固執っ振り』が観てて中々泣けるし、『兵頭君』だって

「ワシのイメージでは『もっと四角い男』なんだけどなぁ…」

と思ったけど『石油篇』で髭を蓄えた顔見たら

「ビンゴやないかい!」

って感嘆した!

『壱岐妻』はマジビンゴやし(笑)『壱岐娘』も

「ちょ!多部ちゃんってばナイス過ぎー!」

と興奮したし(笑)『壱岐息子』もガキの時は若干首を捻ったけど『成人篇』になったら

「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」

って感じで

「お父さん!僕はもう何も飲みたくない!!」

と叫んだシーンでは

「だよなぁ…」

って共感した…。

『千里』はエロいし(笑)漏れ的一推しキャラの『塙クン』も

「おっ!おおん!!」

「この塙メッチャおおん!!」

と快哉を挙げたしとにかく全般的にようできているのに、何故鮫島を『ふわっ、ふわっ、ふわっ』と笑わせないという暴挙に出たのか…それだけが哀しくて哀しくてしょうがない…。








































b0136045_22481787.jpg

鮫島をな…ちょ〜っとだけ『ふわっ、ふわっ、ふわっ』って笑わせれば『それで済んだ話』なんだ…。

確かに『ふわっ、ふわっ、ふわっ』なんて笑う人間は普通に考えればいない…フジテ◯ビの方々が躊躇する気持ちも分からんでもない…。

だから全篇に渡って『ふわっ、ふわっ、ふわっ』って笑わせなくてもいい…ただ『ワンカットだけそう笑わせる場面』を何故入れられなかったんだ…。

そのシーンさえあれば『原作ファン』や『山本薩夫監督版映画ファン』だって溜飲が下がっただろうに…それさえしておけば『打ち切り』にだってならなかったかもしれないのに…。

とにかく全般的にはよくできているだけに残念で残念でしょうがないよワシは…。










































b0136045_22481752.jpg

悔しくてしょうがないから…ワシ…呑む…(スーパーニッ◯グビー!)

こんなとこでグダグダ書いてないでフジテレ◯に投書でもすればいいじゃねえか!
つか…何書いてんだか全然分かんねえ!

でしょうね…(締め笑い)














おしまい。
(ドラマ『不毛地帯』にはあるキャストに『驚きの人物』が!明日以降のどこかでまた書きます♪←再締め笑い)
# by shousei0000 | 2017-05-14 22:47 | お気楽狭山市ライフ(笑)

マゾの宅急便…2017バージョン!(5月14日の走行)

b0136045_21020415.jpg

去年の母の日である5月8日…の一日前の5月7日、漏れはフェルーカを駆って入間市実家に『宅急便』をした!

我がママン(笑)に母の日の花束をサプライズで届ける『宅急便』!マゾ(漏れ←笑)が届けるだけに題するならば『マゾの宅急便』というところ(笑)

ママン(笑)はとても喜んでくれて『よかった♪』と素直に思った!

だから…今年も今日再びやりましたよ『マゾの宅急便』を❤︎












































b0136045_21020455.jpg

まずは…『いつものコース』からスタート!

マゾ宅(と略す←笑)をするにしても『まずは走らねば!』と思い、入間実家とも花屋とも真逆な『いつものコース』に向かう(笑)

『澱んだ天気』に『軽く風』とイマイチなコンディションでしたが…結果的には行ってよかったですね♪











































b0136045_21020441.jpg

奥多摩大橋まで行って…








































b0136045_21020531.jpg

折り返して『吉野街道の吉野辺りのセブン』で一息!

お店に入るとセブンのオーナーさんとおぼしき人物に

「今日はどの位走られたのですか?」

と声を掛けられる。

ここまでの走行距離が40km程度だったのでその旨答えると

「そうですか…」

「うちに立ち寄る自転車の方々は『片道90km』とか平気で走られますが…」

と怪訝な表情をされる…。

「そ、そうでしょうね…そうでしょうとも…」

「僕なんか『トータル80kmいくかどうかのバガヤロ』で…」

と恥じらいを含みながら答える…まさに『マゾの宅急便』…(恥)









































b0136045_21220059.jpg

恥じ入りながらも『入間の花屋』へ…ここまでで漸く60km位…(恥)

花屋の人に『母の日の花束を!』『対象者は70代』『カーネーションはまあ適当に』『予算は三千円』と指定して花束を組んで頂く。

花束待ちの間店内を見て回っていたところ…






































b0136045_21220187.jpg

『ネオンカラーのかすみ草』などというド派手な花を見掛けてビックリ!

何でも『こういう色の水か何かを吸わせてこうした色を出す』のだそうな!同じ手法で『ド派手4色のカーネーション』なんて代物もあってたまげたぞぽまいら!!

今年は『普通の花々』で固めたけど…来年は『ド派手ネオンカラーかすみ草&4色カーネーションで固めたエキサイティング花束』でママン(笑)を祝う気満々だぞぽまいら(笑)






































b0136045_21220144.jpg

ま、こんな花束だったぞぽまいら!

そこそこ綺麗だったけど

「『ネオンカラーかすみ草&ド派手4色カーネーション』が入っていたらもっと凄かったのに…」

と些か残念に思ったぞぽまいら(笑)

で…これを…







































b0136045_21220153.jpg

テーブルにポイー(笑)

ママン(笑)おらんかったら今年も『テーブルにポイー』してきたぞぽまいら(笑)

テーブルの上にあった『筍ご飯』は当然ちょろっとつまんだったでぽまいら(笑)

でまあ…そんなところで…






































b0136045_21220211.jpg

今年も任務達成…。

マゾの…小生でした♪(ポーズ決め〜♪←笑)









































b0136045_21220285.jpg

『ポーズ決め〜♪』の写真アップにしたら『左の腹に肉がポヨンとしていて草』ですた…(哀)





































b0136045_21523817.jpg

マゾ宅(笑)の帰りにローソン寄ったら『キャンペーンスタンプが満了した』とかで『リラックマの器セット』と引き換えた!

現在米飯を食うのに使っている『リラックマのごはん茶碗』が中々オツな出来栄えなので今回も期待していたんですが…

































b0136045_21523959.jpg

あ、あれ…何か今回は微妙…(汗)





































b0136045_21523995.jpg

『ガラス小鉢とグラスセット』らしいけど…今回は正直微妙…。

これ…漏れ使うのかしらん…(疑視)



































b0136045_21524010.jpg

その後…ハコアちゃん(iPhoneの木製ケース)ご帰還!

『修理に出していたハコアちゃん×2』無事ご帰還!!

明日から5連勤だから今日受け取れてよかった…。

『宅急便』ならぬ『ゆうパック』も受け取れて『良い休日』になった…。

そんなこんなな『満足いく2017バージョン マゾ宅』でしたっ♪








































いや…嘘だ…漏れ嘘ついちまった…










































b0136045_21524003.jpg

ちっとも満足できんかったのよ『今日のマゾ宅』!

だって『不毛地帯』の『1巻』と『3巻』しか回収できんかったのよ!満足できる訳ないじゃん!?

今日の『マゾ宅』のメインは『こっち』だったのよ…『母の日の花束の配達』は『ついで』であくまでもメインは『小説 不毛地帯の集荷』…。

『“鮫島”の初登場巻である2巻』と『“鮫島”のラストシーンがある4巻』がどうしても見つけられなくてメッチャ消化不良になりましたよ『今年のマゾ宅』はね…(哀)






































b0136045_21524020.jpg

「何しにわざわざ入間実家まで行ったんだよう…」

「1巻と3巻じゃ『一番読み返したかったシーン』が見れないよう…」

と涙に咽ぶ小生氏…(涙)





































b0136045_21524163.jpg

やっとの思いで『ふわっ、ふわっ、ふわっ』のシーンをハケーンしたけど…漏れが見たかったシーンは『コレジャナイ』…_| ̄|〇














おしまい…。
(2巻と4巻は多分『捨ててしまった』のだと思われる…『酒とか飯汁とかこぼしてビタビタのバリバリになってやむなく捨てる』って事が漏れの場合ままあるのよ…まあ狭山市に引っ越してからは無いけど…近いうちに2巻と4巻買い直して再読する…因みに…数日前からおいら『ドラマ 不毛地帯』をつべで観ていて大変な事になっています…全19話中17話まで一気に観てしまった…予想外によくできていて今更ながら震えた…ただ…ドラマでは鮫島が『ふわっ、ふわっ、ふわっ』とは一切笑わないのが玉に瑕…何故この部分を改変してしまったのか…それだけは今更ながらフ◯テレビの人々に渾渾と説教してやりたい気持ちで一杯でつ…)
# by shousei0000 | 2017-05-14 21:51 | アクア 走行

不毛地帯…その4。

昨日は…色々とヤバかったゼぽまいら…。

何がそんなにヤバかったんだ?
『狭山市駅下のドトールとやらでマターリとし過ぎて鰹のたたきが腐った』…とでもいうのか?















































b0136045_15221014.jpg

いや…んな事ぁ〜ねえ…。

『鰹のたたき』は腐ってなどなくて(見栄えは悪いけど『ブツ切り盛り沢山』てな皿でむしろ嬉しかった♪)『卵粥』もやや色薄な出来栄えではあったがうまく出来たんだけど…鼻が潰れていたから(詰まってたから)香りがしなくて何だか味がしなかったわ…。

うん…何も味がしなかった…。

卵粥は『カサ増しした超〜柔らかいご飯』って感じで何の味もしなかったし(卵の存在は全く感知せず…←哀)鰹のたたきも『生魚の切り身を何となくプラ皿に並べたもの』って感じで何の味もしなかった…『醤油に落としたチューブ生姜の風味』も全く感じ取れない始末…。

それでも『買ってよかった!』『作ってよかった♪』とは思った…その前の二日間の『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦(笑)のムチャ喰いが些か堪えていたから

「味はしないけど…何か優しい感じ♪」

と思ってほっこりとして和んだ…。

因みに…今更だけど…『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦(笑)についてご存知ない方がいるかもしれないからちょっと解説すると…














































b0136045_15221052.jpg

かの御大(宮崎駿氏)の快作『ルパン三世 カリオストロの城』の中盤で瀕死の重傷を負ったルパンが

「食いもんだ…食いもんを持ってこい…」

「何でもいい…ジャンッジャン持ってこい…」

と相棒の次元にせがむ…。

半日後(12時間後)に迫った『偽りのクラリスの挙式』までに食うだけ食ってひたすら寝て身体を直すって想い…普通に考えれば無謀…。

それでまあ『次元他一名が用意してくれた心尽くしの食事』を…















































b0136045_15221161.jpg

喰う(笑)














b0136045_15221175.jpg

ひたすらに喰う(笑)

















b0136045_15221119.jpg

吞み下す(笑)

「そんなにガッツクな!胃が保たないぞ!!」

と注意する次元に対しては

「るへいー!ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!!」

と一喝!

これなん『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦の語源である(笑)















b0136045_15221295.jpg

『ジェット機』ならぬ『生身の人間のルパン』にそんな無理が効く筈もなく当然こうなり…(笑)














b0136045_15221218.jpg

やっとの思いで吞み下したら

「喰うだけ喰ったからあとは寝る…」

だと(笑)

これホント『素晴らしい作戦』だよねー!

医療栄養の見地からは間違っていると思うけど、アニメの画的には『短期間に身体を直す為の最高の作戦』であると思うんだ!!

初見の時からもう30年以上の時間が流れたけど…風邪とかで体調不良になった時は漏れ必ず『この作戦』をとるよ!

『滅多にないものが食えない時』以外は必ずこの『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦(笑)を敢行する!!

まあさすがに『顔色が変わるまで詰め込む』って事はないけど…(笑)

まだまだ書きたい事はあるんだけど…電車が職場駅に着いちゃったから『また後日』ね…(夜勤であります…)














続く…(夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-05-11 15:21 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その3。

今日は『風邪明けの体調不良やや残り』って事で直帰してもう狭山市にいるんだけど…ちょっとだけブログを書く事にする…『狭山市駅下のドトール』なう(笑)

そんなに長居はしない…『せいぜい30分』ってところ…帰って卵粥作りたいからね…。

『卵粥』とか不調アピールしているみたいでちょっと恥ずかしいけど(笑)ここ2日『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦(出典は『カリ城』←笑)に従って『わりと重い飯』を食っていたから今日は軽めで行きたい…。

『卵粥』位がちょうどよい…『卵粥』とかちゃんとレシピ見て作るの初めて…。

程々でここ『ドトール』を上げよう…『卵粥』作らなきゃならないしね…明日の夜勤に備えて早めに休みたいしね…。

それに…
















































b0136045_18293919.jpg

『鰹のたたき』も買っちまったからね(笑)

『生もの持っているのにドトールに数時間滞在』とかあり得ないからね(笑)

『鰹のたたき』って『風邪不調明け体調不良残りの身』にどうなんだろう…でも…『今日食べたい副食』はこれしか浮ばんかった…。

早めに帰るよ…『鰹のたたきの鮮度が落ちないうちに』ね(笑)















































b0136045_19003945.jpg

鰹のたたきの為に(笑)先を急ぎます…。

4月26日19時44分、漏れは『この席の人』になりました…。

『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の目の前の席』…。

本来であれば『ワクワクドキドキシート』であったのだが(笑)『CBさん(女子♪)の同行がなくなった今』となってはむしろ『プレッシャーシート』…この席で独りで漏れは2時間とかもつのだろうか…。

暫く前に書いた『ドナドナ…』シリーズを思い出して欲しい…。

漏れはCBさんとの人間関係が終了し(哀)それに伴いドナドナキャンセル(恥)する事になった仔細をシェフに語れなかった…シェフもそれを聞かなかった…。

だからこの日のコースの会食中その話(ドナドナキャンセル…)をちょっとはしなくてはならないかと思っていたんですが…さすがはイケメンシェフ…あちらから『その話』については触れてきませんでした…。

「『ご一緒する予定だったあの女性』は…今日来れなくて残念でしたね…」

「また別の機会に…」

とおっしゃるに留まった…。

『全く触れないのも何だ』ってとこだろうけど、『触れ過ぎては不味いかも』というところで『上記のようなコメント』に留めたんでしょうね…。

「『シャレオツレストランのイケメンシェフ』ともなると『ドナドナキャンセル』とか珍しくもないから『配慮はバッチリ』ってとこなんだろうな…」

と感謝した…結局漏れは曖昧な笑いを浮かべただけで『ドナドナキャンセルの仔細』については何も述べなかった…。

「これでいい…これでよかったんだ…」

「『ドナドナキャンセルの仔細』は述べられず、『CBさんとのペリーニ アダージオ史』は終焉となり、『漏れ単独でのディナーの日々』が始まる…それでいい…」

なんて思いながら『コースの開始』を待ちました…。

いつものようにイケメンウェイターさんが飲み物のオーダーに来てくれたんですが、いつもなら『スパークリングワインでかんぱぁ〜い♪』といくところだったんですが

「独りで『スパークリングワイン』ってのも…」

と思って『ビール』に留めた…『ペリーニ アダージオ』でビール飲むの初めてだったよ(笑)

そして…背後にあるシャレオツ半個室(笑)から『スーツ着たサラリーマンのおぢさん達が普通に宴会している声』が賑やかに聞こえてきてクスクス独りで笑ったのでした…。

その中に『鮫島の笑い声な人』がいて(笑)その『ふぁっふぁっふぁ!』という奇異な笑い声に後々悩まされる事になるのは、この時点の漏れにはまだ分からなかったのでした…(締め笑い)














続く…。
(帰る!『鰹のたたきが悪くなっちゃうから』ね←再締め笑い)
# by shousei0000 | 2017-05-10 19:03 | ペリーニ アダージオ

不毛地帯…その2。

b0136045_17250509.jpg

『不毛地帯…』シリーズを再開する…『小説 不毛地帯の話』をもうちょっといく…。

『ふぁっふぁっふぁ!』と奇異な声で笑う『鮫島』という人物について触れる…。

本物語の主人公『壱岐』とそのライバル『鮫島』とのファーストコンタクトは『航空自衛隊次期主力戦闘機納入争い』に端を発す…。

近畿商事東京支社に舞台を移して戦闘機納入の仕事に取り組み始めた壱岐は、ある日それに絡む政治家のパーティーか何かで「ふぁっふぁっふぁ!」と笑う奇妙な人物を見掛ける事になる…。

傍らにいた近畿商事東京支社の本部長だったか副社長だったかに

「壱岐君!あれが『東京商事の鮫島』だ!『臍の緒を切った時からの生粋の商社マン』と言われる鋭利な男だ!彼には気をつけ給え!」

などと言われるのだった…。

その後幾年月が流れ様々な闘いを経た後、壱岐は近畿商事を去りシベリアに向かう…シベリアで眠る抑留者の遺骨回収の仕事に手をつける為に…。

羽田空港で鮫島と会う…。

『相変わらず精力的に仕事をこなす鮫島』と『近畿商事を退任して遺骨回収の仕事に就いた壱岐』…2人の境遇は大きく変わり最早『同じ土俵の人』ではない…。

そんな2人が羽田で再開して二言三言会話を交わすのだが、そこでスクリーンに現れた『緊急速報』の文字に鮫島の顔色が変わる…。

>日米自動車会社合弁事業端緒へ。近畿商事が仲介。

との速報…それは『鮫島が画策していた別の合弁事業』を打ち砕くものであった…。

鮫島は顔色を変え壱岐に詰め寄る!

「まさか!まさか!」
(ワナワナと震えながら)

「これ(日米自動車会社合弁事業)もあんたが画策したものなんだろう!?こんな大きな仕事をしておきながら、何故このタイミングで『退任』なんだ!?(絶句)」

なんて具合に…既に商社を去った壱岐はもちろんまともには取り合わない…。

そんな壱岐に鮫島は以下のような台詞を投げかける…ここからは『よそのサイトで見掛けた台詞の引用』をコピペさせて頂く…。

>いつか壹岐正の心臓を食い千切るのを楽しみにしていたのに、FX戦といい、石油といい、自動車といい、この鮫島もついに歯が立ちませんでしたな…(遺憾ながら負けを認める口調で)

>だが…アエロフロートの機内ではどういうわけか、曰くある人物が心臓麻痺で死亡する奇怪な事件が起るって聞いているから、せいぜい注意することですな(負け惜しみ全開←笑)

>ふわっ、ふわっ、ふわっ(鮫島最後の笑い)

こんな台詞を口にした後、鮫島は壱岐を残して公衆電話に駆けていく…東京商事本社に電話して『日米自動車会社合弁事業の詳細』を探り、あわよくば『それをひっくり返すチャンス』を伺う為に…彼はまさに『臍の緒を切った時からの生粋の商社マン』であった…。

てな訳で…これで『鮫島の紹介は終わり』なんだけど…鮫島の笑い方って『ふぁっふぁっふぁ!』じゃなくて『ふわっ、ふわっ、ふわっ』だったのね…僕ちん間違えちゃった…(照れ)

何じゃそりゃーッ!!!(呆れ)










































b0136045_17510655.jpg

てな訳で…間違えちゃってたんだけど…この小説『不毛地帯』には『ふわっ、ふわっ、ふわっ』と奇怪な声で笑う人物『鮫島』が出てきて、その存在が何というか実に印象的なんだ!

だから4月26日に『ペリーニ アダージオ』に行ってシャレオツ半個室(笑)から『ふぁっふぁっふぁ!』という笑い声が繰り返し聞こえてきた時

「ちょ…ま…」

「この笑い声…どこかで聞いたような…」

と思ったんだ…。

そして後日その録音を文字に起こす為に(笑)聴き返した時

「あ…『鮫島』!?」

となり(笑)それ故既に決めていた『初独りディナー…(恥)』というタイトルを取り止め『不毛地帯…』にしたと…まあそういう訳で…。

ただ…まさか『ふぁっふぁっふぁ!』じゃなくて『ふわっ、ふわっ、ふわっ』だったとは…。

昨日一昨日の連休にサイクリングがてら実家に帰って『不毛地帯』全4巻を持って帰ってきて参照するつもりだったのに『風邪不調』でそれができず、今日改めて検索したら『ふわっ、ふわっ、ふわっ』であったと知って漏れ今ちょっと落ち込んでいます…_| ̄|〇

大した違いじゃねえし過度に落ち込む事でもねえ!(また呆れ)













































b0136045_17510688.jpg

『おんなじ引用』が続いてごめんね…。

このくだりで用いた『ふぁっふぁっふぁ!』という笑い声…どうしよう…。

より鮫島っぽくするなら『ふぁっふぁっふぁ!』じゃなくて『ふわっ、ふわっ、ふわっ』だし、そこまでしないにしても『ふわっふわっふわっ!』位にはしなくてはならない気もするんだけど、『料理の説明の録音』の過半を既に文字に起こし済みで(笑)その中でかの笑い声を『ふぁっふぁっふぁ!』と記載してしまった漏れとしては、今更それらを直すのは果てしなくめんどい…『こだわるところはそこじゃない…』って気もする…。

だから…まあ…このまま『ふぁっふぁっふぁ!』で通させてもらうね(締め笑い)














続く…。
(次回からは本当に『4月26日のペリーニ アダージオの話』しますね!←締め汗)
# by shousei0000 | 2017-05-10 17:49 | ペリーニ アダージオ

風邪をひいてますた…。

ここ数日風邪で伏せっていて参ったぞぽまいら…。

苦しくて苦しくて堪らんかったぞぽまいら…。

5月6日の夜勤入りから風邪気味な実感があったんだけど、時間の経過と共にそれが増大し、零時を越えた頃には

「はははは、早く帰らせて…」

と涙目になる始末…それでも一応自分の仕事はこなした…。

明けで帰ったら『歯医者』…。

熱発、咳込み、痰と風邪の症状が出揃っていたから歯医者に寄るの躊躇したんだけど、その日は差し歯を入れる日だったので疲労困憊した身で歯医者に寄った…そしたら差し歯入れてもらってちょっと嬉しくなった…。

「これでまた左の歯でもバリバリ咀嚼できる!」

と嬉しくなった…そう…差し歯を入れたのは左の歯だったのだ…。

それでまあ体調不良時にいつも漏れがやる『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦(笑)に従って飯をモリモリ食う…左下中盤位に入った差し歯がメッチャ役に立ったぞぽまいら…(笑)

飯をモリモリ食って風邪薬を飲んでベットに潜り込む…。

風邪薬の作用で著しく発汗するからタイミングを見て着替えと布団、シーツ、毛布等の交換をして、そこでまた飯をモリモリ食って風邪薬を飲んでベットに潜り込む…これなん『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦…作戦名の由来は…『カリ城』な(笑)

ところが…今回は一部うまく回せなかったよ『ジェット機だって12時間もあれば直らぁー!』作戦…。

飯は例によってモリモリ食えたし(漏れは体調が悪くても飯が食えない事は滅多にない)薬も飲んでベットにも潜り込めたんだけど、『発汗した後の寝具の交換』がうまくいかなかった…『ベットパット、厚手のシーツ、掛け布団が1組ずつしかなかった』から…。

汗かいたからってそれらを洗いに出して干してしまうと『次の瞬間寝る場所がなくなる』って始末…寝る場所自体は『ベット』『カウチソファー』とあるけれど『寝具無し』になってしまうから何とも落ち着かない…まあ『毛布』は2枚あるのだが…。

それでまあ『寝具交換のタイミング』を図りかねて、結局交換できたのは『昨日の昼頃』…それまでは汗ばんだ寝具で寝ていてキモかったぜぽまいら…。

「これは…『思わぬ問題』だったな…」

「『寝具ツーセット配備計画』を進めていかなくてはな…何で今まで問題にならなかったんだろう…」

と独りごちしたんだけど(ベットパットやシーツを洗いながら←笑)すぐに気付いたんだ…。

「あ…そうか…」

「『狭山市に越してからそこまでな体調不良になった事がなかったから』ね…」

と…。

漏れが狭山市のアパートで独居を始めてからもうすぐ二年になるけど、その間『ビシャビシャに汗をかいて寝具を定期交換しなくてはならない体調不良』なんてもんになった事は一度もなかった…。

『体調不良を自覚して寝込んで発汗して寝具交換』という事はあったけど、その頃にはもう体調が落ち着いていたから『寝具無しのベットやソファーで毛布だけ被って寝る』という事が可能だった…言ってしまえば『その程度の体調不良だった』という事…。

でも…今回は違った…ガッツリ3日間寝込んだ…『寝具の定期交換』も必要となった…。

これは『偶然』ではないと思う…『必然』であるように思う…。

今年に入ってからサイクリングが全然できておらず不摂生がちだったから『著しい風邪症状が出た』のではないかと思う…実際『サイクリングを再開して定期的に走れていた時期』には『ここまでな体調不良には襲われていなかった』ように思う…。

まだまだ咳と痰が軽くあるし本調子ではないんだけど…とりあえず『早番』だから仕事にいてくるぜぽまいら…。

「やっぱりサイクリングをしないと『色々とヤバい』んだな…」

と痛感した『昨日一昨日の連休』ですた…(締め反省)













おしまい…(早番だるいッス…)


# by shousei0000 | 2017-05-10 05:49 | お気楽狭山市ライフ(笑)

不毛地帯…(4月26日のペリーニ アダージオ 通算9度目の訪問)

b0136045_13522082.jpg

昨日の投稿では本稿のタイトルを『初独りディナー…(恥)』と予告したが、色々訳あって『不毛地帯…』というタイトルに変更させてもらった…上の画像が『タイトルの起因となった小説』…。

故山崎豊子氏の力作である小説『不毛地帯』…何年か前にはテレビドラマ化もされた…。

ざっくりと解説をさせてもらおうかな…。

第二次世界大戦の終戦を満州の地で迎えた大本営陸軍高級参謀である壱岐正…終戦に伴い彼はシベリアに抑留される…。

そこで11年に渡るシベリア抑留を経て壱岐は帰国するのだが

『第二の人生は過ちたくない…』

と考えた彼は、軍人出身という事でわりと平易に入れた筈の自衛隊の入隊を固辞して『商社』に入る。

作中『近畿商事』と呼ばれる総合商社…繊維業を発祥とする商社の為『糸へん』と揶揄され、同業の大手(旧財閥系)からは中々『総合商社』とは認知されない存在…。

そんな立場を改善する起爆剤として、近畿商事の社長大門は壱岐をスカウトする…。

『かつて膨大な国費を費やして育成したエリート(大本営高級参謀)の頭脳は何事にも代え難い!…』

と思って…。

「君の軍人としての来歴をどうこうしようとは思わんよ!」

と言って大門は笑った…しかしそれはやはり『嘘』だった…。

壱岐は入社してから程なく『航空自衛隊次期主力戦闘機納入争い』に投入される…。

『君の軍人としての来歴をどうこうしようとは思わない』と言った大門の言葉は必ずしも嘘ではなかったが、結果として『元大本営高級参謀で自衛隊の高官や政府閣僚にも顔の効く壱岐の存在』は近畿商事に利用される…その結果『糸へん商社』に過ぎなかった近畿商事は見事『次期主力戦闘機納入争い』に勝利する…。

しかしそこには『血』が流れた…。

実際に流れた血は『壱岐の旧友で航空自衛隊の高官であったある人物』1人のものであったが、『心の血』は夥しく流れた…何より『壱岐自身の心の血』が流れてしまった…。

『第二の人生は過ちたくない…』と思って自衛隊ではなく民間企業に入ったのに、結果として『軍人時代と変わらぬ権謀術数』に加担してしまった…壱岐の苦悩は深い…。

そんな苦悩から

「次こそは『国益を担う仕事』を…」

「『後ろめたい事のない胸を張って誇れる仕事』を…」

と願った壱岐であったが、結局その後の商社生活の中でも壱岐の人生は必ずしも『公明正大なもの』にはならなかった…公私に渡って『後ろめたいもの』を抱えて苦悩し続ける…。

そんな生活の中で常に壱岐の頭にあったのは『シベリア抑留の時代』…。

そこは文字通り『不毛地帯』であったが、一方で『抑留された者同士が絆を結び互いに助け合う人間の場』でもあった…帰国後の多忙な生活の中でも
シベリア時代の人々と接点を保ったのは『壱岐の良心』でもあった…。

で…小説の紹介が中々終わらないからそろそろ切るけど(笑)この小説の中で『壱岐のライバルである他商社のエリート社員』という存在に『鮫島』という人物がいて、この人物が作中で『ふぁっふぁっふぁ!』と笑うのだ!

初めてこの小説を読んだ時唖然としたよ!

「『ふぁっふぁっふぁ!』なんて笑い方する人間…普通いねえだろう!?」

ってね(笑)

それ以来30年以上の月日が流れたけど、漏れの前に『“ふぁっふぁっふぁ!”と笑う人物』は遂に現れなかった…。

「山崎豊子女史も『盛り過ぎ』だよ(笑)」

と思って生きてきた…。

ところが…ところがだ…













































b0136045_14424552.jpg

『4月26日のペリーニ アダージオ』に『鮫島』がいたのだ!

『“ふぁっふぁっふぁ!”と笑う男』が遂に我が元に出現したのだ!

この為急遽シリーズ物のタイトルを『不毛地帯』にした…『鮫島』がどんな形でこの物語に絡んでくるかを楽しみにしていて欲しい…。

で…電車が職場駅に着いたので今日はこれで失礼します…(夜勤ナリ…)














続く…(夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-05-06 14:41 | ペリーニ アダージオ

グランドフィナーレ…さらばCBさん!(『初ディナー』シリーズの締め←笑)

最初に断っておくが…この投稿は『CBさんへの想いを連綿と綴る…』てな話ではない…。

ここで書きたいのは『別の話』…でも…『CBさんへの最後の感謝の気持ち』は書いておきたい…。

だから…ちょっとだけ書く…(結局書くのであ〜る←笑)









































b0136045_20173697.jpg

さらばCBさん!

貴女は『ペリーニ アダージオに於ける最高のパートナー』だったよ!

貴女がいてくれたから『ペリーニ アダージオに行く事』ができたし、貴女がいてくれたから『ペリーニ アダージオにリピート』もできた!

リアルで会ったのは短い間だったけど…『ペリーニ アダージオでの楽しい思い出』を沢山ありがとう!

貴女のこれからの未来に幸あれ…さらば…さらばだCBさん!!!(劇終)


















































b0136045_20173611.jpg














b0136045_20173648.jpg















b0136045_20173718.jpg















b0136045_20173798.jpg

で…ここからが『本題』なんだけど(笑)コースを全て頂いて会計の段になって『メニューの存在』に気付いたんだ(笑)

『カウンターの上に置かれたそれ』を見て仰け反った…。

『これ先に見せてよぉ…』

てな具合に…(笑)

メニューには色々書いてあって(各自上の4枚の写真をご参照あれ←笑)だけど漏れ達が頂いたコースである『スペシャーレ』は仔細が書いてないんだけど(『それ書いてよぉ…』と思った…←笑)後日改めてこのメニューの写真を見て思ったのは

『なるほど…』

という事。

メニューの何箇所かに『漏れ達が頂いたコースに使っていた食材の名前』が出てくる…でも…『調理法』は必ずしも同じではない…。

例えば…『ウニ』は漏れ達のコースでは『オーブン焼き、乃至は蒸し』の類いだったけど、アラカルト(単品)の中では『パスタ』に用いられている。

『大分産あかうし』は漏れ達のコースでは『タルタル』だったけど、アラカルトの中では『タリアータ』として供されている。

つまり…その日入手できた食材を色々な形で調理している…その中でも『特に良い部位なり食材なりをシェフのセンスで繊細に仕立てている』のが『8500円のコース』であると思うのだ…。

だから『シェフのお任せコース』なのだ…だから『スペシャーレの名が冠されている』と思うのだ…『スペシャーレ』…何か良い響きの言葉…。

因みに…『“ピチ”カッチョ・エ・ペペ』(パスタな)の説明の冒頭で、イケメンウェイターさんは

「こちら『スペシャリティー』になります」

という言葉を使った…『スペシャリティー』…これもまた響きの良い言葉…。

ところで…今日の我が施設の昼食は『端午の節句の行事食』だった…。

『筍ご飯』と『春野菜を含む天ぷら』を中心にした行事食…。

言ってしまえば『スペシャリティー』…まあ言葉の意味としてこれで合っているかは分からんのだが…。

だから…行事担当としてお年寄りにメニュー発表する時、漏れはイケメンシェフやイケメンウェイターさん張りに

「え〜本日の昼食は『スペシャリティー』になります…」

とシャレオツに言ったった(笑)

職場で『イケメンシェフ・イケメンウェイターさんごっこ』とかすな!(呆れ)











































b0136045_21464691.jpg

もうひとつ『余談』…というか『この日気付いた事』を書く…。

この日の会食中『独りのお客さん』がいた!

上の写真のカウンターのイケメンシェフの真ん前にスッと座り、料理やワインを楽しまれている『おひとり様の女性のお客さん』がいた!

「かっちょえぺぺー!」

と思った!

あ、いや、間違い!

「かっちゅこー!」

と思った!

いやいや…これまた間違い!

「かっちょえー!」

と思った(笑)

しっかし…『かっちょえー!』を『かっちょえぺぺー!』とか『かっちゅこー!』とかと間違うとか…漏れのイタリアン好きも中々堂にいってきたな♪(今思い付いて書きますた←笑)

『独りでイケメンシェフの前に座って料理やワインを楽しむ』とかマジでかっちょえぺぺ…じゃなくて…かっちょえー!(しつこい?←笑)

『これ(シェフの前に独りで座る)…漏れにはできねえわ…』

と思い『その独りのお客さんの勇気』に感服した!

そんな話をシェフにしたら

「じゃあ…今度は小生さんも是非カウンターに…(笑)」

と言われて焦った(笑)

そして…後日『CBさんとのランチをベースにした四千円のコース』の予約をしに行った時は

「私の前のカウンター席を押さえておきますね(笑)」

と言われてまた焦った(笑)

そん時はまあ

「CBさんと一緒だからそれもいっか♪」

と思ったんだけど…その後『CBさんとの人間関係が終了』して(哀)『独りで行く事になった』でしょう?

だから超〜焦ったよー!

4月26日に行ったら『独りになった』のに『シェフの前の席』が押さられていて震えた…(笑)

その話はまた別のシリーズ物(笑)で書くからここでは触れないけど…『シェフの前の席』は『料理しているところが見れて参考になる事が一杯あった』けど…『プレッシャー』がハンパない(笑)

「今度独りで行く時は…『シェフの左斜めで席数にして4つ目位』…だな…」

と思った(笑)

何にしてもこの日(3月28日)『ディナータイムに独りで来ているお客さん』を見たから『後日漏れも独りで行けた訳』で、これについても『この日一緒に行って見聞を広げてくれたCBさん』にはホント感謝の言葉しかない…。














































b0136045_21464650.jpg

てなとこで…これで『本当の終わり』だ(笑)

上の写真はリアルタイムで投稿したけど『4月28日に座ったシェフの真ん前の席』のもの…こん時はマジでガクブルだったゼぽまいら…。

『初ディナー!』シリーズはこれでオーラス…長い事付き合ってくれて本当にサンキューなぽまいら❤︎(笑)

明日から『4月28日のディナーの話』を始める!

タイトルは既に決まっている…『初独りディナー…(恥)』だ…_| ̄|〇

色々あったけど(CBさんよさらば…)それでも漏れはこれからも『ペリーニ アダージオ』に行く…これからの漏れの『へんてこペリーニ アダージオ訪問日記』にご期待あれ…(笑)

まずは『4月26日の話』…だな…。

明日から書く…『明日から書くつもり』なのだが…













































b0136045_21464764.jpg

それにはまず『4月28日に録音したイケメンシェフの説明の数々』を文字に起こさなくてはならない…ひいふうみいと『7つ』もある…。

この作業(録音を文字に起こす事)が意外に大変…『ICレコーダーで録音した言葉をそのまま文字に起こしてくれるアプリ』とかあればいいのに…。

明日から…本当に書けるのかなぁ…(締め鬱)












『初ディナー!』シリーズ…完!
(あとはまあ…『ペリーニ アダージオのバーベキューどうするか』だなぁ…一応その日に希望公休入れたけど『まだ足が震える』んだよなぁ…どうしようかなぁ…)
# by shousei0000 | 2017-05-05 21:45 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その21。

b0136045_18574339.jpg

いよいよ『残り3皿』だぞぽまいら!

『メインセコンドピアット』と呼ばれる料理…所謂『メイン』…。

だけど…それを『メイン』と略するのは粋じゃない…イタリアンを愛する人々はこれを『セコンド』と呼ぶ…。

だからぽまいらもイタリアン店に行ったら

「今日のメインは何ですか?」

とか言うなよ!

それ聞くなら

「今日のセコンドは何ですか?」

と聞け!

その方が…格好良いからな(笑)

この日のセコンド(かっちょえ〜♪←笑)は三種の中から選べるもので、漏れとCBさん(女子♪)はそれぞれ肉と魚を一種ずつ選んでシェアする形をとった。

上の写真はそのうちの魚で『石鯛』になる。

『石鯛の何か』というと…














































b0136045_18574393.jpg

それは…分からない…。

ま〜た料理の名前(調理法)聞き忘れちゃったよ(笑)

例によっての『説明』を添えておくよ(笑)

書いてある通りなんだけど、『大皿に乗ってきた料理を小皿に2人で分ける』というスタイルのつもりでいたら、イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)が一皿ずつに分けて提供してくれて恐縮した。

その恐縮振りが録音に残っているんだけど…料理の説明をしようとするシェフを遮るような感じで

「えっ?わざわざ分けてくれたんですか?」

「いや〜何かすみませぇ〜ん」

と言う漏れの声がウザい…カン高い声だから尚の事ウザい…。

説明が済んだ後もまだそれについて言及していて、CBさんに向かって

「いや〜わざわざ分けてくれたよー!」

「何か申し訳ないなぁ〜♪」

と言うのが更にウザい…。

CBさんが『同感』という感じで

「そうそうそうそう」

と言うのに対して

「どどどどど…」

と言っているのは…これはもう意味分かんねえな…。

『どどどどど…』って何だよ3月28日の俺…言った自分でも今となっては何の発言だか分かんねえよ3月28日の俺…。

『どうぞ』(食べてね)というのが吃って『どどどどど…』になったんだろうか…。

まあ何つーか…『気持ち悪い男』だな俺…(本当にな!←呆れ)















































b0136045_18574300.jpg

てな訳で…改めて『石鯛の何か』だ(笑)

シェフの説明通り『パリッと焼き上げてあって』旨かったゾぽまいら!

『石鯛の頭と骨を使ってピスタチオを効かせたソース』というのも石鯛の身に合ってメチャメチャ旨かったゾぽまいら!

漏れこういう『洋風の魚料理』とか作りたいんだけど『作り方』がイマイチ分からない…『ムニエル』を作る位が関の山…。

シェフの動画にも『魚料理』はなかった気がしてその旨シェフに伝えたら

「『アクアパッツァ』がありますよ」

と言われた…確かにあったわ『アクアパッツァの動画』…。

『シェフの動画ガン見おぢさん』みたいに言っていて『全てを網羅している』みたいにも言っていたのに『アクアパッツァの動画』を忘れていた…まだまだだな漏れも…。

しっかし…今更だけど…『シェフの動画ガン見おぢさんである漏れ』をシェフはどう思われているんだろう…。

『動画を沢山観てくれて幾つかは作ってもみてくれているようで嬉しいなぁ〜♪』

と思ってくれているんだろうか…。

それとも…

『ちょっと気持ち悪いな…』

と思われているんだろうか…。

ぽまいらは…どっちだと思う?

『嬉しい』か…『ちょっと気持ち悪い』か…どっちだと思う?

どっちでもないな…。
『凄く気持ち悪い…』と思っているに決まってる!(また呆れ)














































b0136045_19215466.jpg

『セコンドの2皿目』はこちら!

これは聞かなくても分かったゾ!『タリアータ』だ!!

肉を塊で焼いて中をレア加減に残して薄切りにするのが『タリアータ』…でも…『ペリーニ アダージオのタリアータ』は薄くもないゾ!

『結構厚みのある肉』でボリュームたっぷり!

イケメンだけあって中々太っ腹だぞシェフはぽまいら!まあ『イケメンは関係ない』って気もするが…(笑)

これは『馬肉のタリアータ』でCBさんのセレクト!

『豚肉の何か』(忘れた…)と『馬肉のタリアータ』が選べて、魚をチョイスするのは決まっていたから

「肉は…どっちにする?」

とCBさんに聞いたら

「『馬肉』がいい!」

「私馬肉って食べた事ないよ」

と言うから『馬肉のタリアータ』にした。

CBさんに『初めての経験』をさせてあげられてよかった…この時はまさか『これが最後の食事』になるとは思っていなかったけど、『全てが終わった今』となってはこの日CBさんに『初馬肉』を経験させてあげられてよかった…。

馬肉だから脂っこさは全くなくて、それでいてソースの味でそれなりにジューシーになっていて旨かったゾぽまいら…『赤身肉の旨さ』を堪能したゾぽまいら…。

しっかし…漏れちょ〜っと思うんだけど…。

漏れこれから『馬肉の料理を見る度にCBさんを思い出す』なんて事にはならないよな?

居酒屋で『馬刺し』を見て

「CBさん…」

「あの頃はよかった…」

と寂しく思うとか…ないよな?

そんなのダメだぞう俺!

男らしくないし女々しいし、そんなんぜってーダメだぞ俺!!

しゃきっとせえ俺!元気出せ俺!!

元気出していけよぉ〜俺ェ…。

ちょっと!鬱陶しいんだけど!!(三度呆れ)











































b0136045_19215457.jpg

『説明』な(笑)

『馬肉のタリアータに添えてある野菜達』に漏れ興味津々!

『寸評』にある『うるいがどうの』というのは何かというと…






































b0136045_19341594.jpg

『馬肉のタリアータの写真』を再掲する…。

右上の方に写っているネギっぽい野菜が『うるい』…。

その形が何か面白くて

「これは…何ですか?」

とシェフに尋ねたら

「それは…『うるい』ですね」

と答えてくれたんだけど…











































b0136045_19341645.jpg

『うるい』は実は『既に経験済み』だったのよ!

プリモピアットIIの『スパゲッティーニ』に『うるい』がしっかり入っていたのよ!!

そこでシェフがしっかり『うるい』と説明してくれていたのに『馬肉のタリアータ』の場面で

「これは…何ですか?」

と問うとか何やってんだよ俺…『既に説明済み』だろうが俺…_| ̄|〇

とまあ…『そんな恥エピソード』でした(笑)











































b0136045_19412540.jpg

オーラス!『ドルチェ』な♪

ただ…この写真は『3月28日のドルチェ』ではない…『この日は写真撮り忘れた』から…(恥)

この写真は『1月19日の初コースの時のドルチェ』…内容は異なるけど、こんな風に綺麗にお皿に盛られていた…。












































b0136045_19412642.jpg

『説明』な(笑)

特に追加して書く事はない…美味しく頂いた…。

ただ…『このドルチェの記憶』は希薄…あんま覚えていない…。

何故なら…『寸評』にある通り、この後『CBさんによるイケメンシェフへの凸』である『ドルチェ事件』が勃発したから(笑)その後の気恥ずかしさのあまり『ドルチェの味』とかあんま覚えていないんだ俺…(恥)











































b0136045_19552016.jpg














b0136045_19552035.jpg

『ドルチェ事件の模様』を再掲する(笑)

こん時は気恥ずかしくはあったけど(思い出し照れ)楽しかったし嬉しかったしデレデレだったなぁ…(遠い目)

以上で『3月28日のペリーニ アダージオに於ける初ディナーの話』は終了!

やた!完結した(笑)

だからまあ『これで終わり』なんだけど…『あとちょっとだけ書きたい話』があるから『もうちょっとだけ続く』んじゃぞい☆(←ドラゴボwww)












『グランドフィナーレ…さらばCBさん!』に続く(締め笑い)
# by shousei0000 | 2017-05-05 19:54 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その20。

実は昨日まで『三連休』でした。

『ゴールデンウィークっぽい事』は何ひとつできませんでしたが(哀)ハコアちゃんは修理に出せたし(早く戻ってきてくれハコアちゃん…)『蒙古タンメン中本』は食べられたし(辛かった…)アクアの洗車はできたし(タイヤそろそろ替え頃っぽい…)サイクリングも2度できたしで(『鳥羽井沼往還』と『いつものコース』ですが…)『まあまあな三連休』でした。

Huluに加入して『孤独のグルメ』が見放題になったのも嬉しかったですね!

漏れは原作(漫画)から入ったクチで、テレビでの放映が始まった頃も観ていて(AKBの番組の合間に←笑)

「へ〜この飯屋旨そう…」

「今度行ってみっか♪」

なんて思ったけど実は一度も行ってないんだけど(笑)今は『ドラマの中に出てきた飯を自分でそれっぽく作る』という楽しみが加わったから、昔観ていた時よりも楽しいし嬉しい!

昨日は買い物するのがめんどくて『餃子の満州の冷凍餃子』を焼いて済ませちゃったけど(笑)今日の晩飯には『孤独のグルメっぽい飯』を作ってみようと思う!

因みに…『孤独のグルメ』のメインテーマである

♪五郎ォ〜五郎ォ〜五郎ォ〜♪
♪いっのっがし〜ら〜(fu〜)♪

という曲を口ずさんでいると、その後にドラマ『結婚できない男』のメインテーマ?である

♪デーン・テッテーン・テテッテーテテテテテーン♪(チャンラチャラララ)

というフレーズが続いちゃうのは漏れだけかな?(笑)

曲調が似ているからつい続いちゃうんだよね(笑)どっちも『毒男(独身男)の話』だから色々共感する♪

まあ『♪』じゃねえよな…『同じ毒男だから共感♪』とかどうしようもねえな俺…_| ̄|〇

それはともかく…










































b0136045_07532754.jpg

『初ディナーの話』を続ける(汗)

プリモピアットIIの『子持ちヤリイカ・うるい・カラスミのスパゲッティーニ』(と暫定で名付けた←笑)の感想をいく!

『普通に旨かった』です!

カラスミが入っている為か濃厚な味がして美味しかったです♪

『濃厚』と言っても前皿の『カッチョ・エ・ペペ』とは違う…。

あちらは『チーズの濃厚さ』だったから

「これを『一人前100g食え』と言われたら…ちょっとキツそう…」

と思ったけど、『カラスミのスパゲッティーニ』(略した←笑)は濃厚は濃厚でも『一杯食えそうな濃厚さ』…『一人前100g』とか余裕でいけそう…何なら『130g』でもいけそう(笑)

『2皿のプリモピアット』は『濃厚さの対比』ができて中々楽しかったです♪













続く…。
# by shousei0000 | 2017-05-05 07:52 | ペリーニ アダージオ

アクアの洗車(5月4日の走行)

b0136045_15555596.jpg

色々ボケようかと思っていたんだけど…めんどいからやめた(笑)

今朝久々にアクアを洗車致しました。

昨年の12月にアヴァンがオーバーホールから帰ってきてからほかりまくっていたアクア…(許せ…アクア…)

久々に乗りたいと思いながらも

『こんだけほかっていたんだから洗車してからじゃないと乗れん…』

『洗車って…寒いじゃん!』

『ま…そのうちな…』

という展開になり(恥)『冬の間ずっとほかってしまったアクア』を漸く洗車致しました!

ほんでまあ

『赤い悪魔の復活!』

『赤い悪魔って…ケンタッキーフライドチキンか!?』

『いや…そらケンタッキーの看板確かに赤いけど…』

『じゃあ…シャアか!?』

『いや…だから“赤”だけに注目されても…』

『赤い悪魔=浦和レッズ!これで合ってるだろう?』

『いや!サッカーとか漏れもう何年も観てないし!“赤”で“悪魔”で“漏れに関係あるもの”とかひとつしかないやろうが!?』

『あ…“あっくま”って事で…“熊”とか!?』

『熊赤くねえし!漏れの生活にも全然関係ねえし!!』

なんてボケをするブログを書こうかと思っていたんですが…めんどいからやめました☆

いや!書いてるし!!(呆れ)















































b0136045_15555658.jpg

はい『赤い悪魔』復活(笑)

それなりに綺麗にしましたよん♪

これでまた『アクアとアヴァンの2台体制』に戻れますね❤︎

と思っていたんですが…







































b0136045_15555609.jpg

アヴァンまさかのパンク…今朝気付いた…。

これ直すまでま〜た『アクアの1台体制』…。

次の公休にでも直すつもりですが…その為にはBPSさんとこ行って『あるもの』を調達する必要がある…まあ『BPSさんとこに行くきっかけ』になるからいいっちゃ〜いいんだが…。












































b0136045_15555651.jpg

『折角洗車したんだから…』って事でアクアで激久々のサイクリング!

『いつものコース』から入って『松ノ木トンネル』→『榎峠』と経て…












































b0136045_15555763.jpg

『御岳のセブン』なう。

さすがにゴールデンウィークだけあって『御岳のセブン』激混みで、こんな変な場所でしか写真撮れませんでした…まあ『セブンの前で撮る』ってのも大して面白い写真にならないから『どっちもどっち』なんですが…。




































b0136045_15555768.jpg

『御岳のセブン界隈』激混みなう!

陽落ちたら寒くなるのでもう帰るわ…。

帰ったら…『孤独のグルメっぽい飯』作って一杯やります♪(昨日『Hulu』に無事加入致しました←締め笑い)















おしまい(笑)
# by shousei0000 | 2017-05-04 15:54 | アクア 走行

時代…(5月3日の独白)

b0136045_13035139.jpg

中島みゆきの『時代』って…良い歌だよなおまいら…。

>まわるまわるよ 時代はまわる
>喜び悲しみくり返し

>めぐるめぐるよ 時代はめぐる
>別れと出会いくり返し

辺りが…特に良いよなおまいら…。

最近の投稿で繰り返し書いている通り、『ペリーニ アダージオに一緒に行ってくれていたCBさん』(女子♪)との人間関係が終了した…正式にその人間関係が終了したのは『4月13日』の事だった…。

いや…正直哀しかったよ…。

「リアルから始まったものではなかったけど…『お友達みたいなもの』にはなれるかと思ったんだけどなぁ…」

と残念に思った…。

漏れには今『女子のお友達』なんてもんはいない…一人もいない…。

だから『CBさんとのかりそめの関係』なんてもんに依存してしまった部分があった…それについてはCBさんに負担をかけてしまったし申し訳なくも思う…。

何にしても漏れはまた『女子無しの生活』に戻った…味気ない日々を寂しく思う…。

中島みゆきの『時代』を思い返し

「『あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ』なんて日が…いつか本当に来るんだろうか…」

「『別れと出会いくり返し』って言うけど…漏れにはもう『出会い』なんてもんがあるとは思えねえ…」

と呟いたりした…『恥ずかしい話』だ…。

ところがだ…あったんだよ『出会い』!

そん時はマジで我が目を疑った!!

「嘘だろう!?」

「こんな事って…あるの!?」

と…。

そして涙したよ…。

「嗚呼…『時代はまわる』んだなぁ…」

「人って『別れと出会いをくり返していくもの』なんだなぁ…」

と…。

実は今日その『出会いの場所』に行く…そして…『会ってくる』…。

『CBさん』は我が元を去ったけど『新たなる人』が現れてくれて漏れの心の隙間を埋めてくれる…こんなに嬉しい事はない…。

待ちきれない…早く会いたい…。

今駆けていくよ…














































b0136045_13301963.jpg

『ケンタッキーフライドチキン』に!

そして会ってくるよ…

















b0136045_13302031.jpg

『カーネルおぢさん』に!

いや〜『CBさんとの人間関係終了』を受けて4月17日にこの辺りを哀しい気持ちでフェルーカで流していたら、元々『産直販売の店舗』だったココに『ケンタッキーフライドチキン 4月27日(木)グランドオープン!』とあってビックリ!

拙ブログを古くから読んでいてくれる人なら知っていると思うけど、漏れは『ケンタッキーフライドチキン』が好き!今はそこまでではないけど、かつては『世界で一番旨いもの』と思っていた時期もあった!!

それが我がアパートからこんなに近いところに『グランドオープン』する…こんなに嬉しい事はない…。

「『CBさん』は我が元を去った…でも…『ケンタッキーフライドチキン』が新たに我が街にできた…」

「神は奪い給いまた与え給う…ありがとう…ありがとう…」

と思ったよマジで…。

あれから掛け違って中々行けずにいたけど…今日こそは行く…。

今ここから行く…








































b0136045_13302005.jpg

『鳥羽沼自然公園』から(笑)

これからハイケイデンスで『狭山市に新たにできたケンタッキーフライドチキン』にいてきまぁす❤︎

えっと…『新たに女と出会った』って事じゃ…ないんだ…。

ええ…違います…。
『女と出会い』なんて漏れの生活ではそう滅多にあらしまへん(笑)

じゃあ…『CBさんがどうの』とか全然関係ねえじゃねえか!?(大呆れ)














































b0136045_13302046.jpg

鳥羽沼から狭山市のケンタッキーフライドチキンに…ハイケイデンスでGo!(70位で❤︎)

今日もまた『70』かよ!?
『ハイケイデンス』を謳うならせめて『90』で漕げよ!!

無理ですよん(締め笑い)













おしまい。
(よく分からない話になったけど…『CBさんとの人間関係終了』→『狭山市に新たなケンタッキーフライドチキンが!』という流れに感動したのは本当!狭山市にはR16のジャス◯にケンタッキーフライドチキンがあるんだけど、あそこで買っても我がアパートに帰る頃は結構冷めちゃうんだよね…特にポテトが酷い…ヘニャヘニャになる…だから我がアパートに比較的近いところに『新たなケンタッキーフライドチキン』ができて嬉しい!『CBさんとの人間関係が終了した哀しみ』マジで忘れられそう♪←『そんな程度で忘れられる哀しみ』かよ!?←締め呆れ)
# by shousei0000 | 2017-05-03 13:29 | アヴァン 走行

昨日は危なかった…(5月2日の行動)

b0136045_05322746.jpg

昨日(5月2日)は色々と危なかった…。

昨日の投稿で予告した通り、御徒町のシャレオツショッピングモール『2k540』に行って『Hacoaダイレクトショップ』でハコアちゃん(iPhoneの木製ケース)の修理をしたんだけど、そこに着く少し前に職場の同僚から

>『菖蒲湯に使う菖蒲』がまだ届かないんですけど…。

みたいな泣きのLINEが入って焦った…。

「ちょ!ま!!」

「漏れ…日にち間違えて注文したのか!?」

と震えた…。

その数分後に

>菖蒲届きましたー!

とLINEが入ってホッとしたんだけど…あん時は一瞬マジで焦った…危なかったゼ全く…。

で…『2k540』に着いた…上の写真がそこ…。

毎度毎度の事だが『2k540』はシャレオツ過ぎて震えた…『ギリシャ・ローマ建築を想わせる白い円柱』が堪らなくシャレオツ…。

こんなシャレオツスポット(笑)本来漏れが来るところではないのだが…『Hacoaダイレクトショップ』があるから定期的に来ざるを得ない…まあ『それだけハコアちゃんを落として割っている』って事だ…(恥)

ここは『モノづくりニッポンの魅力を世界に再発信する』というコンセプトで構成されているショッピングモールで、『個人や小企業による手作りの品々を扱う小さなお店』が沢山集まっている…『Hacoaダイレクトショップ』もそのうちのひとつ…。

他にも『竹細工のお店』や『ちょっと良い食器を扱うお店』があって素敵なんだ!漏れここに行くと一時間とか平気で散策&物色しちゃう!!

まあ…『竹細工のお店』は『竹の箸買ったら何故か失くしちゃって新たに買い直した』なんて思い出があったり(謎)『ちょっと良い食器を扱うお店』は『ドラマ“逃げ恥”に出てくるっぽいご飯茶わん買ったら2ヶ月位で割っちゃって鬱…』となったりと『変な思い出が一杯』なんだけどな…(恥)

因みに…『逃げ恥っぽい茶わん』は昨日もあったけど買わんかった…また割っちゃうだろうからね…(恥)

というのは冗談で(笑)『逃げ恥』は今でも時々観ているんだけど(TBSのオンデマで←笑)『漏れの中での逃げ恥ブーム』は既に一旦終了しているんだ!だから『逃げ恥っぽい茶わん』は最早必要ない!よって『買い直し』は無し!!

今の漏れの中でのブームは『孤独のグルメ』!一昨日位から急に来た!!

一昨日激久々にBlu-rayレコーダーの電源入れて録画データ見てみたら(あんま使ってないんですよねBlu-rayレコーダー…)2011年位から2013年位にかけてのAKBの番組の膨大なデータ(恥)と共に『孤独のグルメ シーズン2』が散見されて

「あ…懐かしい…」

と思ってちょっと観たら止まらなくなっちゃって(笑)一気に来ましたよ『孤独のグルメブーム』(笑)

昨日の夜までに手元にあるデータは観尽くしてちょっと寂しい感じ…『飯食いながら観る孤独のグルメ』はマヂ最高だったから…。

動画サイト『Hulu』に加入すれば月額千円程度で『孤独のグルメ見放題』になるんだけど…『TBSのオンデマ』に『バンダイチャンネル』と2つの有料サイトに登録している身としては『3つめの有料サイトに加入する事』にやや躊躇いがある…『塵も積もれば山となる』と思えて…。

『バンダイチャンネル』は実はもう全然観ていない…なのに4月末に解約するのを忘れてしまった…。

5月末には必ず解約しなくてはな…まあ『レイズナー』『ボトムズ』『ガリアン』そして『アルスラーン戦記』とそれぞれ全話楽しませてもらったから(笑)いいっちゃ〜いいんだが…因みに…『ダグラム』は挫折した…(画が汚いんだもん…)

『TBSのオンデマ』は…時々観ている…『逃げ恥』だけをな(笑)

これももう解約してもいいんだけど、たま〜に『逃げ恥』観たくなる時があるから(笑)中々解約できない…。

「『逃げ恥Blu-rayボックス』買うより『TBSのオンデマ』キープして時々観る方が安上がりだ!」

とか思って…困ったもんだな(笑)

因みに…































b0136045_05322797.jpg

『逃げ恥』は暫く前に漫画も全巻揃えちゃったよ(笑)

「ドラマに比べてどんななのかなぁ…」

と思いながら買ったんだけど…漫画の方も超〜面白い!『みくりのドヤ顔のシーン』なんか咳き込む程笑ったわ(笑)

『漫画のみくり』はドラマのそれよりもっと明け透けで

>男の人って…乳首も感じるの?

なんてシーンもあって焦ったわ!

「ガッキーにこの台詞言わせろや!」

と思ったけど…まあ…そういう訳にもいかんわな?(笑)

因みに…漏れは乳首超〜感じるよん♪

えっ?『そんな情報イラネ!』ですって?それは困った(笑)

こんな事書いてると夜が明けちゃうので(只今午前4時…)『昨日の危なかった話』を大急ぎでいくね!(滝汗)









































b0136045_05322701.jpg

昨日危なかった話その①…『HacoaのフリップタイプのiPhoneケース』を買いかけた(笑)

いや〜これ危なかったわ(笑)

『フリップタイプのケース』なんて全く興味なかったし、むしろ『蓋開けたり閉めたりするのめんどい…』と思っていたクチなのに、現物見たら中々良く出来ていて買う寸前までいっちゃった(笑)

フリップタイプのケースって『蓋を開けた時蓋がプランプランして邪魔になる』って思っていたんだけど…Hacoaのそれは『マグネットで止まるようになっていて』邪魔にならない!プランプランしない(笑)

それで一気に欲しくなっちゃったんだけど(笑)『破損したハコアちゃん2個』を修理に出したところで冷静になった(笑)

「ここでフリップタイプのケース買ったら…『修理してもらうハコアちゃん達』が不要になる…」

と思って…いや〜危なかったわ(笑)

フリップタイプのケースは『開閉する部分が経年劣化しそう』だからね…それも購入を思いとどまった理由のひとつ…。

Hacoaのスタッフの人の話だと『一年位で買い直すケースもある』そうな…『一年で八千円』とかさすがにキツい…。

帰りの電車ん中でフリップタイプのケース持っている女子の人の手元見ていたら『開閉部分の劣化』が確かに見られた…。

「フリップタイプのケースの購入は危険…」

と改めて思った…。

まあ危険なのは『フリップタイプの購入』よりむしろ『漏れの存在』だけどな…。

帰りの電車ん中で『フリップタイプのケース持っている女子』を見掛ける度に『手元ガン見していたから』な…『かなり危険な行為だった』と今にして思う…。

タイーホ(逮捕)とかされなくてよかったわ…(冷や汗)

そんなこんなあったから得意のヤ◯ダ電機(笑)も寄らんかったわ…『ハコアちゃんに代わる新たなケース』は見る事もしなかったわ…。

『iPhone8の発売』までケースはこのままでいく…ハコアちゃんが修理されて戻ってくるまでは『手元にある何の変哲もないプラスチックケース』で通す…。

実は得意の◯マダ電機(笑)に寄らなくてよかったのよ…得意のヤマ◯電機(笑)に寄っていたら、それが池袋であれ新宿であれ『二郎』に寄っていただろうから…(笑)

昨日は『二郎』に行く気満々だった…。

体重が70Kgに戻っていないから(恥)まだ『二郎』には行ってはいけないんだけど…『そんなの関係ねー!』って思っていた昨日は…。

だって…『ゴールデンウィーク』だよ?『ゴールデンウィークに都心に出た』んだよ?

それなのに『Hacoa店行くだけで直帰』なんて勿体無いじゃん?寂しいじゃん?

ラグビーイベントは無いし(4日なら秩父宮で『慶同戦』があったんだけど…まあ…それはいいわな←笑)『ペリーニ アダージオ』は休みで他に行きたいところもない…『風俗』も…軍資金が足りん…(笑)

「漏れってつくづく『つまらん人間』だなぁ…」

と思った…。

『ラグビー観戦』『ペリーニ アダージオ』『風俗』以外で行きたいところが全く思い付かないとか『つまらん人間』じゃん?だから…。

『サイクルショップ』とか『食器・調理道具を扱うお店』とかにもちょっと寄りたかったんだけど…これもまた『軍資金が足りない』からねえ…ああいうとこ行っちゃうと結構散財しちゃうからねえ…。

「『つまらん人間』な上に『金もない』とかホント情けない…」

「漏れなんか片田舎狭山市で『孤独のグルメ』でも観ていればいいんだ…」

と自嘲気味に思った…。

それだけに

「せめて『二郎』だけでも寄らいでか!?」

と思った…『ダイエットの神様との誓い』なぞ糞食らえ…。

でも…得意のヤマダ電機(あ!名前出しちゃった!←笑)寄らんかったから『二郎』も無し(笑)

ダイエットの神様ぁー!

貴方の信徒(漏れ)は今回も誘惑に負けずに誓いを守りましたよ〜♪

いや!『殆ど誓い破っている』から!
『二郎』に寄らなかったのは『あくまでも結果』であって『寄ったに近い』から!!
『身体の浮気はしていないけど心の浮気はした』ってもんだろう?
だって『気持ちの上では二郎行く気満々だった』んだから!!(呆れ)


































b0136045_05322801.jpg

ぽまいら失礼な事言うな!

『二郎』を回避して『蒙古タンメン中本』に留めた漏れに死角はねえ!!(豪語)

いや!『死角ありあり』だから!『真っ黒』だから!!
『身体の浮気もして心の浮気もした』ってもんだろう?『ラーメン屋に寄った』んだから!!

『二郎』には行っていねえ!!!(大豪語)































b0136045_05322860.jpg

てな訳で…え〜…『蒙古タンメン中本 御徒町店』に寄りました(笑)

でも…これ『ギリギリセーフ』だよな…『二郎には行っていない』んだから…なあ…そうだよな?

ゴールデンウィークにどこにも行かない自分(恥)があまりにも可哀想で(哀)それで『蒙古タンメン中本 御徒町店』に寄った…憐れんでやって欲しいゾぽまいら…。

一応『ダイエットの神様』に聞いたのよ…。

「『二郎』ではなく『家系』でもなく『中本』なら…いいッスか?」

と…。

そしたらダイエットの神様は

「『中本』なら…いいじゃろう…」

「ゴールデンウィークじゃし仕方あるまい…」

と言ってくれた…理解ある神様でホント助かった…。

天よご照覧あれ…漏れは今回も誓いを守った…。

でも…『二郎に行く寸前』まではいったから『昨日危なかった事 その②』としてここに挙げさせてもらいました…『ギリギリセーフ』でした☆

いや!『アウト』だから!!(また呆れ)






























b0136045_05322812.jpg

<蒙古タンメン中本でのエピソード その①>

『中本』をあまり知らない漏れが『蒙古タンメン定食』というのの食券を何となく買ったら『それなりの量の米飯』と『麻婆豆腐みたいのの小鉢』が付いてきて結構焦った(笑)

<蒙古タンメン中本でのエピソード その②>

『米飯と麻婆豆腐みたいの』をどう食べたらいいのか分からなくて横にいた『中本2段』って感じのお客さん(『中本に詳しい人』って事な)の所作を盗み見(笑)したら『麻婆豆腐みたいのを米飯にぶっかけ』していたので漏れも真似てそうした(笑)
そしたらその『中本2段』の人(笑)『麺2割と煮卵半分と麻婆豆腐ご飯みたいの3割位残して』退席した…。
『中本2段』じゃなくて『中本7級』の人ですた…(笑)

<蒙古タンメン中本でのエピソード その③>

待っている間に女子の人が『酢を回し掛けして食べていた』ので「なるほど…あれが『中本での所作』か…」「さすがは『中本女子』…」と思って漏れも途中からそうしてみたんだけど…酢を回し掛けすると『辛さが中和される感じ』になって漏れ的にはイマイチ…。
『中本女子の所作が間違っていた』のか…それとも…『漏れがバカ舌』なのか…識者の見解を知りたいところである…。

<蒙古タンメン中本でのエピソード その④>

さすがに『中本』は人気で『8人位の列』に並び待つ事になった…でも…漏れが退店する頃にはその行列は『30人位』にまで膨れ上がっていた…。
店外にまで広がる行列を見て「ざまあ!勝った♪」と思いますた(笑)






























b0136045_05322964.jpg

<中本でのエピソード…最後>

や、やっぱそれなりに辛いのね『蒙古タンメン中本』…吹き出す汗を拭いながら食べた…(笑)
昔宿直やってた時、夜食として『セブンイレブンの蒙古タンメン中本カップラーメン』を汗かきながらよく食べていたので、その思い出を反芻しつつヒーヒー言いながら食べましたとさ(締め笑い)













おしまい(笑)
# by shousei0000 | 2017-05-03 05:31 | 雑記

初ディナー! その19。

『ハコアちゃん』を落としてしまった!

『ハコアちゃん』とは『iPhoneの木のケース』の事…。

『ハコアちゃん』は見た目、持った時の感触共最高の木製ケースで、漏れはもう多分8年位『Hacoa』(ハコアちゃん)ブランドのケースを代を変えながら使っているんだけど、ちょっと落としただけで割れたりヒビが入るのが玉に瑕…まあ『そういう製品だから仕方のない事』ではあるのだが…。

今回も派手にやってしまった…『前面左の欠損』はまあ我慢できるとして『背面のピッと縦に綺麗に入った割れ』は我慢できない…持った時の感触に甚大なる影響がある…。

しゃ〜ないから今御徒町に向かっている…御徒町のシャレオツショッピングモール『2k540』内にある『Hacoaダイレクトショップ』でハコアちゃんを修理してくる…。

こういう時漏れは

「んもう!」

「新しいの買っちゃう!!」

となるクチなのだが(笑)今回は『修理』に留める…『ハコアちゃんとの付き合い方』を再考したいから…。

ハコアちゃんは再三言う通り『大好き木製ケース』なんだけど、今までに何個買ったか分からない位やっちまっているし(たまに落として割っちまうのよ…←恥)『ハコアちゃんを気遣うあまりおっかなびっくりiPhoneを扱う事』もさすが些か飽きてきた…。

「『普通のプラスチックケースに切り替えるタイミング』…なのかなぁ…」

と思えてきた…今日の帰りに得意のヤマ◯電機にでも寄って『ICカードが入る普通のプラスチックケース』を物色してみる…。

ハコアちゃんに未練はあるんだけど…『今年の秋にiPhone8が発売される』なんて噂があるみたいでねえ…それが本当なら今新たなハコアちゃんを買ったとしてもその付き合いは『半年程度』になる可能性が…。

林檎(笑)が本当に『iPhone7s』ではなく『iPhone8』を発売するかは分からないし、仮に『iPhone8』がこの秋発売されたとしても漏れがすぐにそれを買うかも分からないんだけど(多分買う←笑)『新たなハコアちゃんを買うには時期が悪い』という感じなので、今回は『新規購入』ではなく『修理』を選択する…なお…修理してもらうハコアちゃんは『2個』ある模様…(笑)

御徒町に向かう時間を利用して『初ディナー!』シリーズを更新する!

と思ったんだけど…何かもう池袋が結構近づいてきた…大して更新できそうもないなこれは…(哀)

「折角都心に出るんだからついでに…」

と思って『ラグビーのイベント』なんか探してみたんだけど…無かった…_| ̄|〇

「『ペリーニ アダージオ』でご飯とか♪」

とも思ったけど…『ペリーニ アダージオ』ゴールデンウィークはがっつり休むんだよ!さすがはイタリアン気質(笑)

だもんで…『Hacoaダイレクトショップに行くだけの都心往還』となる…何かつまんねえなぁ…。

「ふ、風俗行くか!?(照れ)」

とも思ったんだけど…生憎と『そこまでな金』はねえ…来月だったら『介護職員処遇改善金』がかなりアップするから『風俗とか行けそう』なのだが…。

『介護職員処遇改善金』をそんな事に使うな!

別にいいじゃん?漏れが何に金使ってもさ…(開き直り←笑)











































b0136045_15514272.jpg

マ、マジで池袋が近づいてきたので(汗)『3月28日の初ディナーの話』を大急ぎでいこう(笑)

『プリモピアットII』から再開する!

因みに…漏れはもう使い慣れちゃったから何とも思わないけど…『プリモピアット』とか言われてもぽまいら分からなくて困っちゃうのかな?

メンゴなメンゴなぽまいら!

『プリモピアットII』というのは…ぽまいらにも分かる言葉で言うと『2皿目のパスタ』って事な(笑)

難しい言葉使っちゃってマジでメンゴなぽまいら♪

調子に乗るな!
おめえだって『覚えたて』のくせに!!(呆れ)








































b0136045_16242159.jpg

いつもの『説明』(笑)

料理名(調理法?)聞き忘れてしまったけど…まあ…『オイルパスタの一種』だな…だよな?(笑)

『スパゲッティーニ』というのは『細い麺状パスタの事』なんだよな。

それをこの日初めて知った訳ではないけど…かつて漏れは

『スパゲッティ=日本に於ける麺状パスタの古い呼び方。ややダサい言い方』

『パスタ=モダンな言い方。』

と思い込んでいた時期があったので(笑)『スパゲッティ』やら『スパゲッティーニ』やらな名前が出てくると今でもちょっと震える…『調子こいてたなぁ…』と思って…(恥)

ただ…漏れは『スパゲッティーニ』…というか『細麺』はあまり好きではない…合わせるソースが何であれ『太麺』がいい…。

漏れが今愛用しているパスタは…拙ブログにも何度か書いた事があるけど『バリラの1.7mm』…どんなソースにも合う!…ような気がする(笑)

前に何かのパスタソース作った時

「これは細麺の方が合うかなぁ?」

と思って『バリラの1.4mm』使った事があったんだけど、何とな〜く物足りないような気がしたのと『保管はどうする?』という問題が勃発して結局『バリラの1.7mm』に戻ってしまった…。

『保管の問題』というのは…『1.4mmのパスタと1.7mmのパスタを一緒に保管はできないから新たにパスタタワーを買う必要がある』って事な…。

キッチンテーブルにパスタタワーを2個も置いておく程余裕ないから(笑)我がアパートでは『パスタと言えばバリラの1.7mm一択』となりますた(締め笑い)













続く…。
(『Hacoaダイレクトショップ』いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-05-02 16:23 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その18(再開!←笑)

b0136045_19224432.jpg

いきなり再開する(笑)

『3月28日のペリーニ アダージオでの初ディナー』のアンティパストの最後は待ちに待った『タコの溺れ煮』!

上の説明書き(笑)にある通り『タコの溺れ煮』の解説をしたイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)が

「え〜この位でいいですかね?」
(小生さん、ご自分でも作られたみたいだから細かい解説はいらないですよね?)

とおっしゃり照れたように笑ったのが激カワすぎて震えた(笑)

そのさまを見た漏れとCBさん(女子♪)が笑いさざめいたのも震えた…『リア充っぺー!』って思って…(笑)

傍らには照れ笑いするイケメンシェフ…向かいには笑いさざめく女子(CBさん)…やや距離を置いたカウンターの中には静かに仕事をこなすイケメンウェイターさん…何たる目の保養(笑)

『どこを見てもイケメン、リア充揃いな光景』にマジで震えた(笑)

『自分もその中の一員』という錯覚(笑)に満腔の意を抑えきれない(笑)

まあでも『錯覚』だったんだけどね…『幻が見せた一時の夢』だったんだけどね…。

『自分がリア充の一員』なんてとんでもない妄想よくもまあできたもんだあん時は…(恥)

浮かれていた…調子こいていたよなぁ〜あの頃は…(遠い目)













































b0136045_19585410.jpg

『この日のタコの溺れ煮の写真がない事』は既に述べた通りだが(シェフの説明を録音する事に夢中になっていて写真撮りそこねた…←恥)だからって『漏れの作ったタコの溺れ煮の写真』を何度も載せるのはさすがに恥ずかしいので(笑)『この日頂いたペリーニ アダージオのタコの溺れ煮に近い写真』をよそのサイトか何かからパクったった(笑)

こんな感じでしたよ『ペリーニ アダージオのタコの溺れ煮』!

『汁はサラサラで』『汁の量はそんなでもなく』『浅めの丸皿にサラッと盛られていた』って感じでしたよ『イケメンシェフのタコの溺れ煮』!

食べてみた感想は…『漏れが作ったのもあながち間違いではなかった!』というもの。

初回は『酢漬けのケッパー』入れたから酸っぱくなり過ぎて(恥)2度目は『煮込み過ぎて』しょっぱくなったけど(恥)基本の味は『イケメンシェフのタコの溺れ煮』も似た感じがした!

「なるほど…こういう味でよかったのか…」

と震えた…(震え過ぎ←笑)

『タコの溺れ煮は酸味のある料理』という事が分かった!

「うし!今度また作ってみよ♪」

と思った!

会話の合間にCBさんがイケメンシェフに

「この人(漏れ)イタリアン作り頑張っているんです!」

「写真見せてもらったんですけど中々本格的で…」

などと言い、それに応えてイケメンシェフが

「ほう!それはそれは…」

なんて返してくれて非常に恐縮する…。

「CBさん…プロのイタリアンシェフの前で漏れの料理なんぞを『本格的』とか…」

と思い赤面する…(笑)

で…まあ…









































b0136045_19585504.jpg

これが後日漏れが作った『三度目の正直のタコの溺れ煮』なんだけど…ドヤ?『本格的』か!?(笑)












































b0136045_19585594.jpg

そして…これがその翌日だかに作った『タコの溺れ煮のパスタ』なんだけど…ドヤ?『本格的』か!?(笑)

ま…『それなりに本格的』だよね『白ワイン』が(笑)

安心安定安価な『いつものチリワイン』(笑)












































b0136045_20013563.jpg

どんどん行こう(笑)

プリモピアットIは『“ピチ” カッチョ・エ・ペペ』!













b0136045_20013542.jpg

『説明』はこちら(笑)

この説明を受けた時、イケメンウェイターさんは『カッチョ・エ・ペペ』という名前を出さなかったのでそれを引き出そうと

「え〜っと…この料理は何て言いましたっけ?」

って尋ねたんだけど、そしたらイケメンウェイターさんは『麺の名前を問われた』と思ったようで

「ピチ」

と短く答えられた。

その『ピチ』という言い方が何とも可愛らしくて萌えた(笑)

「なるほど…イケメンが言うと『ピチ』という舌ったらずな感じの単語も可愛らしく聞こえるもんだなぁ…」

と思った…イケメンって得だよなぁ…(羨望の眼差し)

『カッチョ・エ・ペペ』という名前を引き出したかったのは『以前CBさんとのメールの中で出た事がある名前』であったから。

漏れが

「『アーリオオーリオ』ガー!『アーリオオーリオ』ガー!」

と言っていた時分(笑)そのアーリオオーリオ狂い(笑)が頭に残ってしまったCBさん(笑)がスーパーで見かけたレトルトのパスタソースの裏面に『アーリオオーリオ』の名を見出し

>『カッチョ・エ・ペペ』食べた。

>そのレトルトの裏面に『アーリオオーリオ』って書いてあった。

なんてメールをくれた事があった。

その話に持っていこうと思いイケメンウェイターさんに料理の名前を問うたら…『ピチ』の方を言ってくれて可愛いやら萌えるやらで『一粒で二度美味しい』って感じ(笑)

>『カッチョ・エ・ペペ』がレトルトであるんですか!?

とイケメンウェイターさんが言ったのは『そういう製品の存在を知らなかった』という事で

「『イケメンウェイターさんが知らない事を漏れが知っている』とか『何か勝った感じ』やなぁ〜♪」

って思った…何が『勝った感じ』だ!?(笑)















b0136045_20572415.jpg

もう一度『“ピチ” カッチョ・エ・ペペの写真』を載せる…。

チーズと胡椒で仕立てた非常にシンプルなパスタ…『ペコリーノ』という羊の乳で作ったチーズも使用しているそうな…。

この『“ピチ”カッチョ・エ・ペペ』はイケメンシェフが修行したトスカーナ地方のシエナという街でポピュラーに食べられているパスタで、それ故イケメンシェフはこのパスタを非常に大切にしている…先日の初独りディナー(恥)の時もこの『“ピチ”カッチョ・エ・ペペ』が出た。

シンプルだけどチーズが濃厚で旨い!

その一方で

「これを『一皿100g』とか食べるのはキツそう…」

と思う…(濃厚なもんで…)

『ピチ』はイケメンウェイターさんがおっしゃる通り『うどんを想わせる食感』で唸った!

後日CBさんもメールで

>『うどんみたいなパスタ』ビックリしたね〜♪

と言っていた。

『たわいもないやり取り』が幸せだったよなぁ〜あの頃…。

何でもないような事が〜幸せだったと思う〜。

って…『ロード』か!?(笑)『THE 虎舞竜』か!?(笑)『高橋ジョージ』か!?(笑)

『ピチ』は『ご家庭でも手打ちで作れる』そうな!クックパッドか何かにそう書いてあった(笑)

勿論『本番で修行をしたイケメンシェフのピチ』とは同じにはならないだろうけど…『我流のピチ』…作ってみる価値はありそう♪

『我流のピチ』打って『カッチョ・エ・ペペ』に仕立てて我がアパートで振るまったら『女子にモテる』かも?(笑)

「イタリアはトスカーナ地方でポピュラーに食べられている『ピチ』ってパスタなんだけど…手打ちで作ってみたから食べてみて!『うどん』っぽくて面白いよ♪」

とか言って提供したらぜってーモテるわ『女子』に!!

ただ…誠に残念ではあるが…『我がアパートに女子が来る事』は決して無いのだよ…(久々にこのネタ使いますた←締め笑い)














続く…。
(あと少しで終わる…のかなぁ?)
# by shousei0000 | 2017-04-29 20:56 | ペリーニ アダージオ

ドナドナ…最後?(笑)

b0136045_18455948.jpg

『張飛(笑)の話』は一旦置いておいて『ドナドナな話』を続ける…『4月14日のペリーニ アダージオに於けるお粗末キャンセル』の話…(恥)

13時26分…『いつものランチサラダ』が提供される…。

このサラダをCBさん(女子♪)と一緒に食べる筈だった…。

「えっ?このサラダが『ランチの中に含まれるもの』なの?」

「そうさぁー!『しっかりしたボリュームある食べでのあるサラダ』だろう?これにパスタ、コーヒーがついて『千円』なんだからぁ〜♪」

なんて会話を交わすつもりだった…。

虚しい…CBさんとの人間関係が終了した今(4月14日)となっては何もかも虚しい…『CBさんとこのサラダを食べる事』は最早永遠にない…(哀)

『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)かイケメンウェイターさんにキャンセルを切り出すタイミング』を伺いながらこのサラダをモシャモシャと食べました…いつもより気持ちしょっぱいような…。

ううん…『ドレッシングのせい』なんかじゃない…。

いつもより気持ちしょっぱく感じるのは…『頬を伝い流れ落ちた漏れの涙』がそう味付けしたから…。

何か鬱陶しいなぁ〜おい!(呆れ)











































b0136045_18455927.jpg

ランチパスタ到着…『リガトーニ ポルペッティのトマト煮込み』…。

『リガトーニ』というのは『ショートパスタ』で、『ポルペッティ』というのは『イタリア風の肉団子』…。

漏れはショートパスタはあまり好きではないのだが、前々からショートパスタに挑戦したいと思っていたので(『フジッリ』とかね)この日は『リガトーニ』に挑戦してみた…。

因みに…『リガトーニ』も『ポルペッティ』も何の事か分からず『お店に入る前にiPhoneで検索した』のでした…(恥)

イケメンシェフのお料理だから勿論美味しかったんだけど、食べてみての感想はやはり『んんん?』って感じ…漏れはショートパスタとはあまり相性がよくないみたい…。

これを食べながら『キャンセルを切り出すタイミング』をまた伺ったんですが、この日の『ペリーニ アダージオ』は激混みで話をするタイミングが中々来なかった…イケメンウェイターさんは給仕に飛び回り、イケメンシェフに至ってはキッチンから姿すら現さず…困った…。

隣りに座った『50代位の上司の男性と20代と思しき新人か異動してきたOLさん』という組み合わせの会話が中々に面白く盗み聞きする…(笑)

『どこどこのラーメン屋さんが美味しい』

『そこのマスターやおかみさんが良い人』

『群馬は日本のパスタの発祥の地』

『このサラダ…ボリュームありますね!』

『パスタも美味しい!これで千円なんですよね!?』

等々一杯盗み聞きする…(笑)

『群馬が日本のパスタの発祥の地』とか初めて知った!

今ググってみたら『日本のパスタの発祥の地』という確証は得られなかったけど『パスタ文化が盛んな地』という情報は得られた!特に『高崎市』がそうなんだと!!

『このサラダ…ボリュームありますね!』

『パスタも美味しい!これで千円なんですよね!?』

のくだりでは漏れもドヤ顔して

「そうだよ!これで千円ピッタシ♪」

と小さく呟き、心の中で会話に参加してやったわ(笑)

そんなこんなしつつ『キャンセルを切り出すタイミング』を伺ったんだけど…そのタイミングが一向に来ない…どうすりゃいいんだこれ…(汗)










































b0136045_18460016.jpg

そして…食後のコーヒー…。

「て事は…キャンセル切り出せんかったんかい!?」

と呆れられちゃうかもしれないけど…慌てなさんな!ちゃんとキャンセル切り出しましたわい(笑)

パスタを食べ終えた後イケメンウェイターさんが漏れに何か声を掛けてきて、それを『ワインのお代わりしますか?』と取った漏れが

「う〜ん…次で3杯目だしどうしようかぁ…」

と頭を掻いたところで『違う』と気付いた…。

イケメンウェイターさんは『食後のお飲み物はコーヒーにしますか?それとも紅茶?』と聞いたのだ…それなのに漏れときたら『ワインのお代わり』と取るとかどんだけ呑んべいなんだよ俺…(笑)

それで苦笑いしてコーヒーを注文したんだけど、その時漏れの中で稲妻が走った!

「今だ!時は今!!」

と…。

『キャンセルを切り出すタイミング』は今を置いて他にない…。

コーヒーの到着を待ちながら武者震いする…ドナドナキャンセル(恥)する時が遂に来たのだ…。

イケメンシェフはもうキッチンから出てきそうになかったから、コーヒーを持って来たイケメンウェイターさんにターゲットを絞って話をする…。

「あのう…シェフにお伝え願いたいんですが…」

「4月26日に『ランチをベースにした四千円のコース』『メインはカッチュコ』なんてものを予約したんですが…ちょっと都合が悪くなってキャンセルしたいんです…いや、私は来るし『カッチュコ』も食べたいんですが『ランチをベースにした四千円のコース』は無しにしたいんです…」

「『5500円のコースを独りで』『メインはカッチュコで』に変更して頂きたいんですが…」

と…遂に言ってしまった…(恥)

イケメンウェイターさんには『CBさんとのお惚気話みたいなもの』を言っていなかったのである意味気が楽だった(笑)このまま『普通のキャンセル』っぽいままでさっさと帰っちゃれ〜(笑)

ところが…この後イケメンシェフが出て来たのだ!

イケメンシェフがわざわざ出て来てくれてカウンター越しに漏れの前に立ち

「今ちょっと伺ったんですけど…キャンセルとか…」

とおっしゃりじっと漏れを見つめる…。

漏れは何か気恥ずかしくて顔を上げられなかった…でも…『イケメンシェフの視線』は感じた…。

『小生さん…あの女性と何かあったんですか?』

『この前一緒にいらした時はあんなに楽しそうだったし、予約にいらした時のお話を聞いても素敵な関係に見えたのに…』

そんな言葉が聞こえたような気がして顔を上げられなかった…。

この場面を想定して

『はっはっは!ちょ〜っとやらかしちゃいまして〜(笑)』

なんて台詞を用意していたのに言葉に詰まった…。

「いや、まあ、そのう…ハハハ…(乾いた笑い)」

「あ!でも…自分独りで来ます!『カッチュコ』楽しみなもんで!!」

と早口でまくしたてるのが精一杯…(恥)

結局この日は何も言えなかった…『キャンセルの旨伝える』に留まった…。

折角意を決してドナドナキャンセル(恥)しに行ったのに『ドナドナな部分』は何一つ言えなかった…でも…イケメンシェフは空気で何かを感じ取った筈…。

それを思うと気恥ずかしさのあまり帰りの電車の中で独り震えた…26日の本番?では『ドナドナな部分』も言わねばなるまい…。

ただ…その一方で

「『ドナドナな部分』とか…別に言わなくてもいいんじゃね?」

とも思った(笑)

イケメンシェフだってそんな話別に聞きたくないだろうし(笑)『シャレオツイタリアン店』だけに『ドナドナキャンセル』とか別に珍しくもないように思う。

『意中の女性とのデートで張り切って予約したら、訪問する前に振られてしまってキャンセルするに至った』

なんて話いかにもありそうじゃん?『ドナドナ野郎』は漏れだけじゃねー(笑)

まあ漏れの場合『意中の女性』ではなく『デート』でもなく『振られた』というのともちょっと違うのだが、『張り切って予約した』のは間違いないので(笑)ちょっと気恥ずかしい…でも…『シャレオツイタリアン店ではままある事』なのかも…。

「26日は…『出たとこ勝負』だ…」

「イケメンシェフに『CBさんとの話』を聞かれたら『ちょっとやらかしまして…フヒッ☆』とおどけよう…何も聞かれなかったら…普通にコースを楽しもう…」

と思ったところで『4月14日のキャンセル劇』は終了となった…。

タイトルに『ドナドナ』を冠しはしたけど…『ドナドナな部分』は結局後日に持ち越しになったのでした…(締め恥)













おしまい…。
(今後の展開を少し…この後『3月28日の初ディナーの話の続き』を書く…それが終わったら『4月26日の初独りディナーの話』を書く…まだまだ当分の間『ペリーニ アダージオでの話』が続く訳ですハイ…)
# by shousei0000 | 2017-04-29 18:44 | ペリーニ アダージオ

ドナドナ…その3(笑)

b0136045_06173139.jpg

昨日はこういう状況になり(上の写真見て←笑)ブログを書く事ができませんでした…。

だから『その3』とナンバーリングした…『ドナドナ…』シリーズはもうちょっと続く事になりそう…まあ今日の帰りにまとめるつもりではいるのだが…。

昨日飲んだ相手は『職場の同僚のS君』なのだが、余談になるがこの『S君』という言い方がポールスミスさん(同僚)やポールスミスさんのうぉくさん(同僚の奥さん)はあまり好きじゃないらしい…『ひねりが無い』という事だそうな…。

ブログ上の呼び名に『ひねり』も何もないような気がするが、考えてみれば漏れはブログ上に友人知人を登場させる場合『ストレートなイニシャルネーム』は基本使わないし(一応『プライバシーへの配慮』をしているつもりなのだ)先だっては『グロちゃん』という快作を飛ばしたばかりなのに(これはポールスミスさんもうぉくさんもお気に入り←笑)『S君』というのは当たり前過ぎて確かにつまらないような気がする…。

S君は漏れと容姿が似ているらしい…。

「一緒にいると見分けがつかない(笑)」

「まるで兄弟(笑)」

などとよく言われる…我が施設のお年寄りまでがそう言う…(笑)

だから

「じゃあ…S君の拙ブログ上での呼び名は『義弟』って事でいっか?」

と思ったんだけど(笑)漏れには『本物の義弟』がいる…『妹の旦那』だ…まさに『義弟』…。

まあ『義弟』と言っても歳はあちらが上だからちょっとややこしいんだけど(笑)『妹の旦那→義理の弟→義弟』となるのは世の中の通例…なのにブログ上とはいえ『義弟』という言葉を使ってしまうとややこしくなる…。

だもんで…以降S君の事は『義弟』というニュアンスを活かしつつもその言葉を使わなくて済むように(『妹の旦那』とかぶっちゃいますからね←笑)『別の呼び方』をしようと思う…。

その『別の呼び方』とは…










































b0136045_06173291.jpg

『張飛』(笑)

今日からS君の拙ブログ上での呼び名は『張飛』だ(笑)

『張飛』は一般的に『有名な義弟』として通っているから、その名を聞いただけで皆にも『義弟』として理解して頂ける!(よね?)

『関羽』でもいいんだけど…S君は『関羽』って感じではないからなぁ…(笑)

アフォみたいなパカパカと酒を飲み毎度毎度会計を吊り上げるS君は『大酒飲みな張飛』がピッタリ!

昨日だってスーパー居酒屋(食材をスーパーで仕入れているっぽい居酒屋←笑)なのに一人頭の会計が『6500円』とかになって参ったよ(笑)

てな訳で…以後この写真の人物を『張飛』と呼ぶ(笑)

実際に使う時は『張飛(笑)』なんて形で登場させるんじゃないかな?(笑)

しっかし…スーパー居酒屋(笑)で6500円も使うんだったら『ペリーニ アダージオ』で飯食いたかった…『5500円のコース』が食えた…。

何かもったいなかったなぁ昨日の飲み…くそっ…張飛(笑)の奴…(てな感じに使います←締め笑い)













続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-29 06:21 | ペリーニ アダージオ

ドナドナ…続き。

b0136045_05532774.jpg

『ドナドナの替え歌』から話を再開する…初見の方は上のフレーズを楽曲『ドナドナ』の節で口ずさんでみて頂きたい…。

今回もまた替え歌のクオリティの高さに涙が止まりません…(恥)

前回の投稿やそれに向かう一連の投稿を読んで

「何つーかこう…よう分からんなぁ…」

「要は『26日の予約をキャンセルするだけの話』だろう?そんなん電話でいいじゃん?わざわざお店まで行く必要ある?」

「よしんば行く必要があるとしても…『ドナドナな気分』にまでなるもんかねぇ…」

などと感じた人もいると思うけど、一昨日の一連の投稿ではあまり時間がなくて

>3月31日に『ペリーニ アダージオ』を訪れた漏れは『これまでのあらまし』をイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に述べ、その上でCBさん(女子♪)との4月26日の『ランチをベースにした四千円のコース』を依頼した。

みたいに簡単に書いたんだけど、実はその『これまでのあらまし』という部分は結構濃密に伝えていたのだ…(恥)

思いっきりデフォルメして書くと

「シェフ!この前一緒に来た女性と4月26日にまた来る話になったんですけど、そしたらあちらが何か『今度は私が払う!』って言ってきかないんですよぉ…僕は何度も固辞したんですけどぉ…」

「『じゃあランチで』って言ったんですけど『コースがいい!シェフのお見送りも楽しいから♪』って言うんですよぉ…コースだとそれなりにお金がかかるから『ゴチされる』ってのも気がひけるんですが…」

「それで考えたのが『ランチをベースにした四千円のコース』というもの!これなら多少は出費が抑えられる上に『ランチの魅力』も体感できますからね!僕ぁ〜あの人に『このお店のランチの魅力』を知って欲しいんですよぉ〜♪」

なんて感じになる…『ちょっとやんちゃな女の子に振り回されて困惑する男の子』って雰囲気が堪らなく鼻につくだろう?(笑)

もっちこの通りに言った訳じゃないけど(上のくだりは『デフォルメバージョン』な…)大意としてはこんな感じの説明をした…それを受けてイケメンシェフは

「素敵ですね♪」

などという過分な感想を述べてくれた…。

「素敵なご関係ですね♪」

「うちのお店を通じてそんな関係が育まれたんだったら嬉しいなぁ〜♪」

といった事をおっしゃったんだと思う…。

そこまで言わせておきながら『電話一本でキャンセル』だの『理由は何も言わずにキャンセル』だのとてもではないが漏れにはできねえ…。

そこで『お店で直接顔を合わせて』『それなりに理由を言ってキャンセルする』という気持ちになり、それ故に『4月14日のドナドナ』になったのでした…(恥)





































b0136045_06012701.jpg

ドナドナ@ペリーニ アダージオ at 13:19…。

これから店内でドナドナキャンセル(恥)しなくてはならないかと思うと足が竦む…。

その気持ちを振り払うように

「きょ、今日は何のランチ食べよっかな〜?」

「うし!今日はショートパスタいってみっか?『牛』だけに(笑)」

などと無駄に明るく振る舞う!

分かるよな…『ドナドナ(子牛)だけに「うし!」って言う駄洒落』だ(笑)

でも…漏れ『子牛』じゃなくて『子豚』なんだよなぁ…。

『売られていくかわいそうな子牛』じゃなくて『調子こいた結果恥をかく事になった子豚』なんだよなぁ…_| ̄|〇













続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-28 06:04 | ペリーニ アダージオ

潜入!(リアルタイム更新?)

b0136045_19510223.jpg

『ペリーニ アダージオ』に潜入!

シェフの真ん前のカウンター席!焦る…。

背後の半個室ではサラリーマンのおぢさん達が普通に宴会してて爆笑しててクソワロタ(締め笑い)










おしまい。
(さぁて…どんなディナーになるものか…)
# by shousei0000 | 2017-04-26 19:49 | ペリーニ アダージオ

ドナドナ…(4月14日のペリーニ アダージオ 8度目の訪問)

『ドナドナ』って…知っているよなぽまいら…。

そう…あの哀しい歌だ…『子牛が市場に売られていく』てなやつ…。

ちょっと歌詞を引用するから見てやってくれよなぽまいら…。

その下に『漏れ的な替え歌』も書いておくから併せて参照してやってくれよなぽまいら…。









































b0136045_19234437.jpg

(楽曲 ドナドナより)

↓以下漏れ的替え歌…。

ある晴れた 夜勤明け
『ペリーニ アダージオ』に 続く道
大江戸線が ゴトゴト
子豚(漏れ…)を 乗せて行く

調子こいた子豚 天罰受けたよ
哀しい瞳で キャンセルに行くよ

ドナ ドナ ドナ ドナ
子豚を 乗せて
ドナ ドナ ドナ ドナ
大江戸線が ゆれる…











































b0136045_19375792.jpg

替え歌の出来栄えのあまりの良さに涙が止まらねえ…。

こんな気持ちで4月14日に『ペリーニ アダージオ』に『26日の予約のキャンセル』に行った…。

まさに気分は『屠殺を待つ子牛』…じゃなくて…『屠殺を待つ子豚』…(笑)

「調子こいてイケメンシェフに色々喋らなければよかった…余計な事言わなければ『単なるキャンセル』で済んだのに…」

「あれだけ色々言ったんだから何も言わん訳にはいくまい…『あの女性とは人間関係が終了したので26日の予約はキャンセルで…フヒッ☆』とか言わなきゃならんのか…」

そんな事を思う漏れを乗せつつ、大江戸線はドナドナと赤羽橋に向かって進んで行ったのでありました…(締め思い出し鬱)













続く…。
(今度こそ『ペリーニ アダージオ』いてきます!大遅刻だ!!!←締め汗)
# by shousei0000 | 2017-04-26 19:36 | ペリーニ アダージオ

漏れは浮かれていた…最後。

b0136045_15110979.jpg

光の速さでまとめる!(滝汗)

3月31日の13時半頃『ランチタイムのペリーニ アダージオ』に到着!

『b』の『しらすと春キャベツとからすみのアーリオオーリオ』のランチを注文して『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に相談できるタイミング』を伺う…。

幸いシェフとはわりと早いタイミングで挨拶を交わす事ができ

「シェフ…後ほどちょ〜っとご相談が…」

と言う事ができた…。

これでホッと一安心して白ワインを飲む(笑)









































b0136045_15355926.jpg

ランチサラダと…白ワイン(笑)

相変わらず食べでのあるボリュームなサラダ…これをCBさんに食べさせてあげたい…。

『コース料理』になったのだから本来『ランチサラダ』を食べる事はできない…。

だが…まだ『秘策』はある!



































b0136045_15355952.jpg

『しらすと春キャベツとからすみのアーリオオーリオ』到着!

大の男でもしっかりお腹一杯になるボリューム…具材だって『ちょっと気の利いたもの』が入っている…。

このパスタを…このパスタを『4月26日のコース料理』に持ち込めないものか…。









































b0136045_15360057.jpg

締めのコーヒー!

イタリアの有名コーヒーブランド『ペリーニ』のコーヒー…旨くなかろう筈がない…。

以上の『サラダ』『パスタ』『コーヒー』で締めて千円!消費税も内税で千円ぴったし!!

何たる充実…何たるコスパの良さ…。

「この雰囲気をCBさんにも味わってもらいたかった…」

と震える…最近『震える』って表現大好きだ(笑)

と…そこにイケメンシェフ登場!

『東條さんが登場』とか…面白い?(笑)

「どうしました?」

と声を掛けてくれたシェフに『ここまでのあらまし』を告げ、その上で以下のようなリクエストをする。

①CBさんに『ランチの雰囲気』を味わって欲しいので『ランチをベースにしたコース料理』を出して欲しい。

②ゴチになる都合上、一人頭のコース料金を『四千円』にして欲しい。

③コースの最初はサラダにして欲しい。『いつものランチサラダ』を希望。

④アンティパストやセコンドはお任せするが、そのどちらかで『シェフをお兄ちゃん呼ばわりする女性が印象的な動画』の『カッチュコ』を入れて欲しい。

⑤プリモピアットは『ランチで出すパスタ』をまんま出して欲しい。それだと量が多すぎてお腹一杯になってしまうようだったら、量は調整してもらって構わない。

⑥最後に…『シェフが店頭に立ってゲストの姿が見えなくなるまでのお見送り』をして欲しい(CBさんが喜ぶから←笑)

とまあそんなお願いをシェフにしたら、シェフは最後まで辛抱強く話を聞いてくれた上で

「素敵ですね♪」

とおっしゃった!

『素敵ですね』というのは…『漏れとCBさんの関係が素敵』って事…だよな?

これには焦った!

そんな関係では全然ないのに(結局『人間関係終了』になった訳ですから…←恥)『素敵ですね』なんて言われて赤面した(笑)

「とととととととと!」
(とんでもありません!)

「そそそそそそそそ!」
(そんなんじゃないんです!)

と超〜吃りながら必死に打ち消したけど(恥)人生の酸いも甘いも噛み分け恋も幾つもしてきたであろうイケメン(シェフ)に『素敵ですね♪』と言われた事は何となく誇らしくて(笑)帰りの電車の中や狭山市のアパートに着いてからも何度もシェフの言葉を反芻して

『『素敵ですね♪』…かぁ…フヒッ☆」

などとニヤニヤしたのだった(笑)

この時期の漏れは浮かれていたと思う…超〜調子こいていたと思う…。

そしてやがて『天罰』が…。

CBさんとの人間関係が終了し(哀)26日の予約をキャンセルしなくてはならなくなった時、漏れが咄嗟に思ったのは

「言えねえ…こんなみっともない事シェフに言えねえ…」

「折角『素敵(な関係)ですね♪』って言ってもらったのに『あの関係はなくなりました…ヒヒヒ…(自嘲)』なんてみっともなさ過ぎてシェフに言えねえ…」

と頭を抱えたのでした…(締め思い出し鬱)












おしまい…。
(完全には終わらんかった…『ペリーニ アダージオ』いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-26 18:51 | ペリーニ アダージオ

漏れは浮かれていた…続き。

昨日の投稿の末尾に漏れが勿体つけて書いた『CBさんからの思わぬ提案』とは

『今回は私が奢るよ!』

というものと

『どうせだったらコースにしようよ!』

というものでした。

『前2回のCBさんとの会食のお代』は漏れが持っていた。

お代を漏れ持ちにしたのは『女子の前でいい格好したい』という気持ちもなくはなかったが(笑)それより大事だったのは『どうせだったら自由に飲み食いしたい』という気持ち!

CBさんもお代を出してくれようとはしたのだ…でもそれやっちゃうと『自由な飲み食い』がしにくくなる…。

初回の会食の時は『初ペリーニ アダージオ』って事で自由に飲み食いしたかったし、2度目の会食の時は『ワンランク上のコース』にしたかったからそれなりの金額になる事が予想できて、その金額を『イタリアンが凄く好きな訳でもないCBさん』に折半させるのは気がひけた…。

まあそんな事情から、前2回の会食の会計は『漏れのゴチ』となったのだが(笑)その返礼として今回は『CBさんがゴチをする』と言う…しかも…『どうせだったらコースで』とも言う…。

嬉しい提案だったけど『自由度』を考えると二の足を踏む…。

『折半』ですら『自由度』が幾らかは減ってしまうのに(結構な金額を出してもらう事になるので…)『ゴチ』となれば尚更…しかも『コース』とは…。

そんな想いから漏れはこの提案を固辞し

>ランチで十分楽しいからランチにしようよ。

>ランチならありがたくゴチになるよ。

なんて内容のメールをCBさんにしたのだが、CBさんは『コースで且つ自分が奢りたい』という線を崩さない…。

>小生さん…3月誕生日だったじゃん?『そのお祝い』って事でどう?

>2月生まれの私に3月にご馳走してくれたんだから、今回私が出す事で『おあいこ』って事になるじゃん?

なんてメールをくれて漏れに決断を迫る…どうしたものか…。

そんなやり取りが3回程続いた後

「これ以上固辞するのは『却って失礼』かも…」

と漏れは思うようになり

>分かった…じゃあ…ありがたくゴチになるよ。

とのレスをCBさんに送って

「孔明か!?」

と独りごちしてフッと微笑んだ…。

分かるよな…『三顧の礼』だ(笑)

一々めんどくさいねあんた!!(呆れ)















































b0136045_12565130.jpg

これで『4月26日のゴチコース』は決まったのだが…漏れには幾つか『心残りな事』や『気掛かりな事』があった。

『心残りな事』は…『ランチでなくなった事』…。

漏れはCBさんに『ペリーニ アダージオのランチの魅力』を知って欲しかった…。

『しっかりとした食べでのあるボリューミーなサラダ』に『訪れる度に内容の異なるお洒落なパスタ』に『香り高いコーヒー』まで付いてお値段税込千円…何たるコスパの良さ!

そんなところをCBさんに知って欲しかった…『お洒落な高級食材だけの店でない事』をCBさんに見て欲しかった…。

CBさんの希望でコースになった事で『ランチの魅力の体感』ができなくなった…何たる残念な事…。

『気掛かりな事』は…『金額』…。

『ペリーニ アダージオ』ではこちらから指定しなければコース料理は『5500円の』か『8500円の』になる…『5500円の』でも2人分で酒も飲めば『2万』とかになろう…。

そこまでCBさんに負担させていいのか…『ランチの魅力の体感』もせずに…。

「『ランチの魅力の体感』ができて且つ『リーズナブルに済むコース』なんて代物は…ないわなぁ…」

と漏れは独りごちしたが、次の瞬間漏れの中にビビッと電気のようなものが走った!

「ある…あるよ『ランチの魅力の体感ができて且つ
リーズナブルに済むコース』…」

「しかし…それをする為には『イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の協力』が必要…」

と思い付いて興奮した…。

そしてその結果…









































b0136045_13304256.jpg

3月31日の13時半頃、漏れはまたまた夜勤明けの身をおして『ランチタイムのペリーニ アダージオ』に訪れたのだった…。












続く…。
(ぜ、全然終わんねー!!!←悲鳴)
# by shousei0000 | 2017-04-26 13:29 | ペリーニ アダージオ

漏れは浮かれていた…(3月31日のペリーニ アダージオ 7回目の訪問)

『初ディナー!』シリーズは中断する…。

『明日に迫ったペリーニ アダージオでの3度目のコース、2度目のディナーに向けた話』をする…。

『3月28日のCBさん(女子♪)との初ディナーの話』はとてもではないが今日明日中には終われそうにない…『プリモピアットI以降の料理の説明の録音を文字に起こす作業』はしたのだが…。

夜勤に向かっているこの電車内で『3月31日の7度目の訪問の話』…明日の夜勤明け帰りの電車内と夕方からの『ペリーニ アダージオ』への移動電車内で『4月14日の8度目の訪問の話』をいく…まあ『結局終わらんかった…』という具合になりそうではあるが…。

『明日の9度目の訪問に向けた展開』をぽまいらにも知っておいて欲しいのだ…。

『かなり情けない話』にはなるけど…笑える事は保証する(笑)











































b0136045_14324886.jpg

3月28日21時半過ぎ…『CBさんとのペリーニ アダージオでの初ディナー』は終了した。

実に3時間強にも及ぶ『ワンランク上のコース』…どうしようもない位楽しかった…。

『店頭に立ちゲストの姿が見えなくなるまで続くイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)のお見送り』を受け、それが大好きなCBさんはご機嫌(笑)

駅に向かう道すがらCBさんは振り返り振り返りしながら

「ねえ…シェフ…まだいるよ!」

「まだいるよ!!」

と何度も繰り返し言い(笑)さすがに申し訳なく思った漏れが

「もういいでーす!」
(お見送りはもう十分なのでお店に戻って下さい)

と手を振りながらシェフに叫んだところで(笑)『上の写真の公園』に着いた。

『埼玉ではまだだった桜』が結構咲いている…建物の向こうには『ライトアップされた東京タワー』…そういえばこのエリアに夜来るのは初めてだったっけ…。

お腹は一杯だわ、酒は入っているわ、憧れのイケメンシェフやイケメンウェイターさんとも結構話せたわ、傍らには話し上手で聞き上手のCBさんがいるわ、そして桜が綺麗で東京タワーがシャレオツだわで(笑)漏れは例えようもない位ご機嫌だった…『ペリーニ アダージオでは吸えなかったタバコ』を取り出し一気に2本燻らせる…(笑)

「いや〜楽しかったし美味しかったねえ〜!」

と漏れが言い

「ホントそう!」

「えと…ボコボコに…しないんだ(笑)」

とCBさんが言う…まさに至福の時間…。

前にも書いたけど、この後『次はランチいこ♪』てな話になった…それを主導したのはCBさんだった…。

そう何度もCBさんに付き合ってもらうのは悪いと思ったし、調子こいてるといずれ大変な事になりそうだから(笑)漏れは曖昧な返事を繰り返したんだけど、その会話の中でCBさんが本気で『ペリーニ アダージオのランチに行きたい』と思っている事が伝わってきたので

「じゃあ…後で勤務表メールする」

「都合良い日を返信して」

と言ってCBさんと別れた。

そして狭山市に向かう電車の中で勤務表をメールしたら…すぐに返事が来た(笑)

「CBさん…本当にランチに行きたいんだなぁ…」

と嬉しく思った…。

ランチの日取りは4月26日に決まった!

「その日は夜勤明けだけど…給料日直後だし翌日も休みだから楽しくなりそう♪」

と思った…。

>ランチで小一時間…その後軽くお茶でもして『2時間程度の拘束』で解放してあげますよ(笑)

なんてメールをCBさんに送った(笑)

ところが…その後CBさんから『思わぬ提案』を受け、その為に漏れは3月31日の夜勤明けで『ペリーニ アダージオへの7度目の訪問』をする事になったのだった…。













続く…。
(いやぁ…全然話が進まんかった…とりあえず夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-25 14:31 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その17。

b0136045_21155666.jpg

エゾバフンウニのオーブン焼き?蒸し?を食した後、満を持してオーダーしたのがこちらの焼酎!

『甚松』という銘柄…『ちょっと良い焼酎』な♪

以前ランチで訪れた時この『甚松』が酒棚にあるのを見て

「むう!シャレオツイタリアン店なのに『焼酎』とか!?」

と思い(笑)それ以来いつかは飲んでみたいと思っていた焼酎…でも…中々飲めなかった…。

『ランチタイムに焼酎』とかさすがにヤバいからね(笑)

それで『ディナータイム』って事で遂に頼みましたよ『甚松』!

『アンティパストII』まできてちょっと時間が空いたんだったか手持ちの酒が尽きたんだったかで(笑)それで頼んでみましたよ『甚松』!!

何焼酎だったかは忘れたんだけど…(恥)『オーク樽か何かで寝かせた焼酎』って事で『洋酒っぽい味』がしたよ!『ウイスキーっぽい香り』がした!!

給仕してくれたイケメンウェイターさんに

「似た感じのお酒を飲んだ事があります…『オーク樽か何かで寝かせたお酒』で『暖流』っていったかな?まああれは『泡盛』でしたが…」

などと言う…。

分かるよな…『漏れだってお酒についてはある程度の知識がある事をイケメンウェイターさんにアピールする作戦』だ(笑)

よう分からん作戦(笑)を展開しながら『甚松』をクピクピいく(笑)CBさん(女子♪)も一口飲んだんだったかな?

上の写真にCBさんが写っている…。

これが最後のCBさんの写真…人間関係が終わる前に掲載許可を取っておいてよかった…。

CBさんにはつくづく感謝の気持ちしかない…その節は色々と楽しませてくれてありがとうCBさん…(深々とお辞儀をしつつ)

それはともかく(涙を拭きながら)…焼酎なのにワイングラスか何かで提供されてびっくらこいたわ(上の写真見てね←笑)

















































b0136045_21440916.jpg

アンティパストIII…『タコの溺れ煮』!

「な、何か、急に『貧乏くさい皿』になりやがったな?」

と思ったそこの貴方…ご名答!

これは『後日漏れが狭山市のアパートで作ったタコの溺れ煮』の写真(笑)お皿は…『百均のやつ』…な(笑)

前にも書いたけど、この日は『iPhoneのICレコーダーで料理の説明を録音していた』ので(笑)『写真を撮り忘れた料理』が2皿あった…『タコの溺れ煮』と『ドルチェ』の2皿…。

食べた後になって写真を撮り忘れた事に気付いてピギャッってなったんだけど(笑)そしたらCBさんが

「何かそうなるって思っていたよ(笑)」

「ここから先は私も注意するね♪」

って言ってくれて、その後は料理が提供されて説明を録音する(笑)度に

「写真!」

「写真撮った?」

と注意喚起してくれるようになった(笑)

それなのに『ドルチェの写真を撮り損ねた』のは…『ドルチェの時はCBさんがイケメンシェフに凸してて注意喚起してくれなかったから』な(笑)

あん時はドルチェの説明が終わった途端にCBさんがイケメンシェフに

「あのう…この人(漏れな)『このお店のバーベキュー』に興味があるんです(笑)」

「な、何か『シェフを独占したい』みたいで…(笑)」

とか言ってくれたんだった…。

おかげで超〜楽しかったよCBさん…貴女の尽力?を無駄にしない為に、26日に『ペリーニ アダージオ』に行ったら漏れ『バーベキューの申し込み』をする…のかなぁ?(笑)

できるのか『バーベキューの申し込み』とか俺…人見知りでぜってー浮くの分かっているのに『単独でバーベキューの参加希望』とか本当にできんのか俺…。

自信なさ過ぎて震える…ホント今回は『震えてばっか』…だな(笑)













































b0136045_21441064.jpg

アンティパストIII『タコの溺れ煮』の説明の録音(笑)の模様をお届けする!

『文字に起こしたもの』はこれで最後…『プリモピアット以降』はどうやって綴っていこうかな…。

新たに文字に起こしてもいいんだけど…『そんな事をしている時間は無い』ような…(締め鬱)













続く…。
(今日はこれでおしまい…久し振りに一杯書いた…飯食って寝ますね…)
# by shousei0000 | 2017-04-24 21:43 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その16。

b0136045_19404857.jpg

エゾバフンウニ(の何かは聞き忘れた…_| ̄|〇)は『グラタン』だった!

本当にグラタンなのかは分からないが(聞き忘れたもんで…_| ̄|〇)『グラタンっぽい味』がした!!

しっかし…折角シャレオツイタリアン店に行ったのに『ユッケ』だの『グラタン』だので表現するとか…漏れってつくづく『貧乏くさい男』やなぁ…(恥)

この料理は『オーブン焼き』乃至は『オーブン蒸し』ってものなんだろうね。

メインの食材が『エゾバフンウニ』ってところに震える…『エゾバフンウニが高級食材である事』はさすがに漏れでも知っている…。

ちょっといやらしい言い方になるかもしれないけど

「やっぱ『ワンランク上のコース』なんやなぁ〜♪」

って思った!

『築地で仕入れたホタルイカ』
(本当にそうかは知らんが…)

『生食できるフレッシュな赤牛の肉』
(大分の畜産家さんありがとう!)

ときて

『ザ・高級食材エゾバフンウニ』

と流れたから

「さっすが『ワンランク上のコース』!」

と漏れが快哉を挙げたのも分かるでしょう?

つか…『エゾバフンウニ』って多分初めて食べたわ(笑)

旨いもん食いたければやっぱ多少はお金を使わないとね!

『いついかなる時も高級食材を食いたい』とは思わないけど…たまにはこういう贅沢もしなくてはね!!

『旨い料理=高級食材』では決してない。

漏れが時々行く『職場駅そばの安い居酒屋さん』はスーパーで仕入れしてるっぽいんだけど(前に書きましたよね←笑)そこのスーパー店長(スーパーで仕入れるから『スーパー店長』←笑)が作る料理だって漏れには十分に旨い…。

でも…スーパー店長(笑)の料理は極端な事を言えば『漏れでもそれに近いものを作れる領域』…それに対してイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)の料理は『漏れには作れない領域』だからついつい足を運んでしまう…ましてや『漏れでは仕入れルートが分からない高級食材』となれば尚更…。

今漏れは

「今後月一位のペースで『ペリーニ アダージオのディナー』に行けたらなぁ…」

と思っている…。

薄給の介護士(恥)だってその位の金はある…『介護士職員処遇改善金』とやらも上がるそうだし…(6月からだそうですが…)

CBさんとの人間関係が終了した今(惜しい事をした…本当に…←遠い目)『一緒に行く相手のあて』が全くないのだが(恥)先日の投稿に職場の同僚の『グロちゃん』という人物が

>今度その『ペリーニ アダージオ』に一緒に行きましょう!

とFacebook経由でコメントをしてくれた!

『グロちゃん』というのは『グロい奴』という意味ではなく『職場での愛称に近い』という点から『グロちゃん』と書いただけなんだけど(笑)そのグロちゃん(笑)が『ペリーニ アダージオに一緒に行ってくれる』と言う!

まあとりあえず『ランチから』なんだけど(笑)それでも『ペリーニ アダージオに一緒に行ってくれる相手』ができたのは何気にデカい…ランチ奢ってやって色々吹聴して(笑)いずれはグロちゃん(笑)を『ペリーニ アダージオのディナーコース』に引き込んでやる…(笑)

グロちゃん(笑)はとっても良い人物だから『一緒に飯食う相手』としては申し分ない!

夜勤明けでいつも一緒に飯を食う(つか飲む←笑)S君なんか、漏れがわざわざ

「明日の明けの飯(飲み←笑)は都心に出ない?」

「『お勧めのイタリアン店』があるんだけど…」

って誘ってやったのに(上から目線で←笑)

「明けで疲れているのに『自宅とは真逆の都心に行く』とか何の拷問ですか…」

ときたもんだ…。

そんなんだからケコーンできねえんだよS君!まあ漏れもできんけど…(恥)

とまあそんな訳でS君は見限って(あいつとは『職場そばのラーメン屋さん』や『職場駅そばのお蕎麦屋さん』でいいや←笑)近い将来漏れはグロちゃん(笑)と『ペリーニ アダージオのランチ』に行ってみようと思う…そしていずれは『ディナーコース』にも拉致っちゃる…(笑)

でも…いかにグロちゃん(笑)が良い人物であっても『CBさんみたいな事』はできんだろう…『イケメンシェフやイケメンウェイターさんに凸して漏れとの仲を取り持ってくれる事』は多分無理…。

だってグロちゃん(笑)『男』だもん…『30ちょい位の好人物』ではあるけど『男』だもん…。

『男であるグロちゃん』がキャアキャア言いながら

「あのう…シェフ…そしてウェイターさん…」

「このおぢさん(漏れな)シェフやウェイターさんの事が大好きみたいなんですぅ〜!ウェイターさんがバーベキューの時にやった『ほっぺプク〜』みたいな写真見て萌えたみたいなんですぅ〜(笑)」

みたいな事言ってもキモいだけだろう…まさに『グロちゃん』…。

グロちゃん(笑)だってさすがにそんな事はようできまい…『一緒に飯食って歓談するまで』が関の山…。

そう思うと『CBさんとの人間関係が終了した事』がつくづく悔やまれる…まあどっちにしても『長続きするのは無理な関係だった』とは思うのだが…。

あ"〜やっぱ『女子』とペリーニ アダージオに行きたい…『お金』は漏れが出すし『年齢』だって問わない…。

何歳だっていい…この際そこは問わない…。

ホント幾つでもいい…何なら『5歳』とかでもいい『女子』ならば…(あぶねえな!←呆れ)










































b0136045_20133502.jpg

話がスーパー逸れた(笑)

『あぶねえ事』も書いちまった…(5歳…←恥)

アンティパストIIのエゾバフンウニのオーブン焼き?蒸し?の仔細を上の画面キャプチャーに沿って書きたいところなんだけど…やめた(笑)もうめんどい(笑)

とにかく『濃密で素晴らしい料理』だったよ!『超高級グラタン』って感じ(笑)

グロちゃん(笑)が『ペリーニ アダージオに行ってみたい』と思ったのは、拙ブログに挙げた写真や文章を見て

「これ…どんな味がするんだろう…」

と思ったからなんだって!

最初にグロちゃん(笑)のコメント読んだ時

「グロちゃん…さては『漏れがCBさんに振られた』と思って同情してくれて『ペリーニ アダージオ行きましょう』とか言ってくれているのか…」

「そんなんじゃないんだグロちゃん…『振るとか振られるとかの関係』ではなかったんだよCBさんと漏れは…だから同情なんていらない…」

「同情するなら金をくれ…いや…『金』じゃなくて『女子』をくれ…」

とか思ったんだけど(またまたあぶねえな!←また呆れ)後日職場で話したら『味や雰囲気に興味がある』って事だった!『同情』じゃない(笑)

こんな糞ブログ(と職場の一部の同僚が呼んでいる←笑)でも『料理への興味喚起になった』のなら嬉しいな!

これでグロちゃんが『女子』だったらもっとよかったのだが…(哀)

『画面キャプチャーの話』をいこう…(涙を拭きながら←笑)

『寸評』に書いた

>「うわ!あっち!皿があちい!」

>「あ、そっか、皿温めているのね(照れ)」

というのは『写真を格好良く撮ろうとして皿の向きを変えた時に起こった事件』ね(笑)

この録音の漏れの声がまたウザくてウザくて狭山市のアパートで独り震えた…今回の投稿では『震えてばっか』だな…(笑)

そんな熱い思いしてまで皿の向き変えたのに…


































b0136045_20133618.jpg

『写真の出来栄えはこんなん』だもんなぁ…。

漏れもう『料理の写真』についてはどうでもいいや…(締め恥)














続く…。
(『26日までに本シリーズを終えるの』もうぜってー無理…_| ̄|〇)
# by shousei0000 | 2017-04-24 20:12 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その15。

b0136045_17352159.jpg

『ペリーニ アダージオの赤牛のタルタル』の写真だと『タルタルステーキの何たるか』が分かりにくかったので、よそのサイトから引っ張ってきた『シンプルなタルタルの写真』を引用した。

これなんかモロ『ユッケ』だよね(笑)

ケッパー(写真に写っている緑の粒)が乗っている以外はモロにユッケ(笑)

『洋の東西を問わず牛肉を生食する文化が存在する事』に何か震える(笑)

因みに…『生肉』『生食』などと書いてきたけど、『ペリーニ アダージオのタルタルが生肉、生食であるかどうか』は実は分からない…そこまで聞かんかった…。

例の焼肉屋事件以降ユッケの提供は禁じられている筈だから、『ペリーニ アダージオの赤牛のタルタル』も生肉、生食ではないのかも…何らかの形で火を通しているのかも…今度行った時イケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に聞いてみる…。

でも…生肉、生食でなくても『タルタルステーキ』というものは『ユッケ』に近い…味わいは違うけれどユッケを想わせる…。

例の焼肉屋事件の後(あのチェーン店は何て名前だったっけ…)『ユッケが食べられなくなって嘆く人が多い』と聞く…これは『レバ刺し』についても同様…。

まあ『レバ刺し』はぶっちゃけ出す店は出しているんだけど(『極上レバー!』『軽く火を通して胡麻油のソースでお召し上がり下さい』なんて感じに擬態して←笑)『ユッケ』についてはそうした擬態(笑)が出来ないのか出しているお店はないように思う…馬肉をユッケ風にした『桜ユッケ』なんてのがある位で…。

「ユッケが食べたい…でも食べれない…」

「もう一度ユッケが食べたいよう…(泣き)」

なんて思っている人が結構いるそうな…まあ漏れはそのクチじゃないけど…(漏れはユッケにそんなに執着していないのでね)

そんな『ユッケファンな人達』に対して漏れはこう言ってあげたい…












































b0136045_18180793.jpg

「あら…『ユッケ』が食べられないなら…『タルタル』を食べればいいんじゃなくて?」

と…。

って…『マリーアントワネット』か!?(笑)

元ネタ…分かります?

フランス革命前、貧しくてその日のパンにもありつけない民衆が多くいると聞いたマリーアントワネットが

「あら…『パン』が食べられないなら…『ケーキ』を食べればいいんじゃなくて?」

と言い放ったというエピソードから取った冗談な(笑)

まあこのエピソードは本当は嘘だと言う人もいるみたいだけど、世間知らずで貧乏知らずなマリーアントワネットなら『いかにも言いそうな台詞』だよな?(笑)

そんな伝聞が広まりに広まって怨嗟の対象になって最終的にはマリーアントワネットは断頭台の露に消えるんだけど、彼女が極端な浪費家で『無邪気に豪遊していた事』は事実なので、まあしゃ〜ないっちゃ〜しゃ〜ないわな。

口は災いの元…漏れも戒めねば…。

ただ…それでも漏れはやはりこれだけは言っておきたい…















































b0136045_18180894.jpg

「お貧乏な皆さん…そんなに『ユッケ』とやらが食べたいのなら…ちょっと良いイタリアン店に行って『タルタル』を食べればいいんじゃなくて?」

と…。

漏れもいずれ断頭台行きだな(笑)

ちょい補足…。

『ユッケ』って『今では食べられる』のね…さっき検索していて知った(笑)

そういや〜暫く前にニュースでそんな事言ってたわ…(恥)

あと…これも今検索していて知ったんだけど…『ユッケとタルタルは基本おんなじもの』なんだって!

切ったり叩いたりの具合には違いがあるし味付けも異なるけど、『赤身の牛肉を生で食べる』って意味では同じものなんだって!

まさに『洋の東西を問わず』って感じ…食文化ってホント面白い…。

まあこれで『このくだりは終わり』なんだけど…











































b0136045_18180844.jpg

折角だからもう一度『ペリーニ アダージオの赤牛のタルタルの写真』をいこう(笑)

綺麗なお料理…もっち旨かった…まあ『サマートリュフの香り』はよく分からんかったが…(漏れはトリュフなるものをあまり食べた事がないもんでね…←恥)

アミューズの『地蛤と春野菜のジュレ寄せ』もアンティパストIの『大分県産赤牛のタルタル』も『冷たくてさっぱりした料理』だった…。

「良いイントロだ!」

って思った…。

「こうやってイケメンシェフは少しずつゲストを『食の縦深陣』に引き込んでいくんやなぁ…」

なんて事も思った…。

「何が『食の縦深陣』だ!?」

って思う人もいるかもしれないけど(笑)『冷たいものから温かいもの』『淡白なものから濃厚なもの』って流れは別にイタリアンじゃなくても普通にある事だよね?

そんなシェフの組み立てに埋没していく?のが堪らなく楽しかった!

「次は『温かくて濃厚なもの』かな?」

とか思って(笑)

「ククク…孔明め…中々楽しませてくれる…」

「次はどんな陣立てでくるのやら…」

などと曹操張りに含み笑いしながら『赤牛のタルタル』を食べ終わった…。

しっかし…イタリアンの話しているのに『マリーアントワネット』だの『孔明』だの『曹操』だの出しちゃって…漏れも何か一々面倒くさい男だよな?(笑)

本当にな!!(呆れ)










































b0136045_18301315.jpg

『アンティパストII』!

予想通り『温かくて濃厚なお料理』!

「孔明よ…ぬしの策見破ったわ!」

と漏れが曹操張りに快哉を挙げたのは言うまでもない(笑)














b0136045_18301309.jpg

『料理の説明』はこちら!

『料理の名前』(調理法)聞き忘れた…_| ̄|〇

あと…今回の説明の録音でも『漏れの声がウザいの』は『寸評』に書いた通り…(締め笑い…つか恥…)











続く…。
(『CBさんの話』から逸れても『ペリーニ アダージオの話』は書いていて面白い!何か筆?がどんどん進む!いくらでも書けそうな感じ♪でも…26日に『CBさんと行く筈だったけど人間関係終了で独りで行く事になった2度目のディナー』が迫っているからそろそろまとめなくてはなぁ…でも…とてもじゃないけどそうおいそれとはまとまりそうにない…_| ̄|〇)
# by shousei0000 | 2017-04-24 18:29 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その14。

b0136045_05345347.jpg

3月28日に『ペリーニ アダージオ』で頂いたアンティパストの『大分県産赤牛のタルタル』の解説をいく…『録音に入っている漏れの声がどうの』てな話は前回までで終わり…。

と言いたいところなんだけど…実はまだ続くんだけどね『漏れの声がどうの』って話(笑)

まあそれは次のアンティパストのところで語るとして(笑)『大分県産赤牛のタルタルの話』をいく!

最初に『タルタル』という言葉を耳にした時、咄嗟に漏れが思ったのは『タルタルソース』だった(笑)

「何らかの牛の料理に『タルタルソース』がかかっているのかな?」

と思った(笑)

でも…提供された料理のどこにも『タルタルソース』なんぞかかっていないので

「『タルタル』っていうけど…『タルタルソース』全然かかってねえじゃん!?」

と訝しく思った…バカだよなぁ俺って…(笑)

『タルタル』というのはここでは『タルタルソース』ではなくて『タルタルステーキ』を指し示す言葉!

具体的に言うと『細かくした牛の生肉に玉葱のみじん切りを加えて頂く料理』の事!

我々がすぐに連想できるイメージで説明すると『ユッケ』に近い…或いは…『焼く前のハンバーグのタネ』…かな?

これ…漏れが勝手にそう言っているんじゃないよ!

パリでタルタルステーキ食べた人のブログに

>まるで…『ユッケ』のような…。

>或いは…『焼く前のハンバーグのタネ』か…。

てな事が書いてあったから間違いない(笑)

『タルタルソース』をイメージしながら(笑)最初の一口をいってみたら『牛の生肉の食感』が口の中に広がってビックリ!

「えっ?ユッケ!?」

って思ったけど『ユッケ』とはまた食感が違う。

『ユッケ』はかなり細かくしたか叩いたかした牛の生肉に胡麻油を絡めてあるから(でいいんだよな?)『ペースト状に近くてねっとりと重い食感』だけど、タルタルは勿論胡麻油は絡めてないし(笑)包丁の入れ具合?も粗めでツルツルした食感…『牛の生肉の粒が口の中で踊る』ってイメージ。

それに『ホワイトアスパラのタルタル』や『謎のサマートリュフ』(笑)や『皿の淵に回しがけしている?ソース』が相まってさっぱりした印象…『ユッケ』とは違う(笑)

電車が職場駅に着いたので(笑)次の投稿で『赤牛のタルタルの感想』をあと少しだけ書いて『次のアンティパストの話』にいくね!















続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-24 05:33 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その13。

b0136045_14160076.jpg

『昨日の続き』からいく…。

『アンティパストIの説明を文字に起こしたもの』を再掲して話を再開する…。

料理そのものの話は後に回すとして…録音の中に入っている漏れの声が何しろウザかった(笑)

料理の説明をするイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に相槌を打つ形で漏れが

「ほ〜ん」

「へえぇ〜」

とか言っているんだけど、その声がキモくてウザくて、初めて録音を聞いた時漏れ『ピギャッ!』って叫んじゃった(笑)

『サマートリュフの説明のくだり』でそれがどれか分からない漏れが

「その『サマートリュフ』というのは…どれなんですかね?」

とシェフに尋ね

「上に散らしてあるのがそうです」

とのシェフの答えを聞き

「これでいいんですね?これでいいんですね?ありがとうございます!」

と返したところで録音が終わるんだけど、その声もまあ〜ウザくてキモくて漏れまた『ピギャッ!』って叫んじゃった(笑)

リアルで漏れに接した事がある人なら分かると思うけど…漏れの声って『高い』じゃないですか?『ちょっと幼稚な感じがする』じゃないですか?

そんな声の漏れが初ディナーに浮かれてウキウキした調子で『ほ〜ん』だの『へえぇ〜』だの『これでいいんですね?』だの『ありがとうございます!』だの言っているのを自分で聞くのは中々な拷問で、上の画面キャプチャー起こす為に繰り返し聞く度『ピギャッ!』『ピギャッ!』って叫ぶ事になり大変だったよ(笑)

アミューズの説明の録音でCBさん(女子♪)が

「へえ〜」

と呟いているのを聞くのは全然平気だったしむしろ可愛らしく思ったんだけど(恥)漏れが

「へえぇ〜」

と呟くのを聞くのは何とも堪らんかった…。

「黙れよおめえ!」

って思った…まあ『おめえ』ってったって『俺』なのだが…(笑)

『自分の声の録音を自分で聞く』というのは中々に苦行な事らしいね。

別に漏れだけでなく、誰でも自分の声を録音で聞くと違和感を覚えるらしいね。

だからまあこれはしょうがない事ではあるんだけど…やっぱ聞いてて辛い…今度から『ペリーニ アダージオ』で料理の説明の録音(笑)する時は漏れ喋らんようにすっかな?(笑)

料理の説明の最後にいつもいつも

「ありがとうございます!」

と言っているのも何か鼻につく(笑)

『美味しそうなお料理をありがとうございます!』

『説明して下さってありがとうございます!』

という意味で『ありがとうございます!』と言っているんだから別に間違った事を言っている訳ではないんだけど、何かこまっしゃくれた感じがして聞いてて鼻につくんだよね…『いただきます!』と言う方がいいような…。

まあ…これ『どうでもいい話』なんだけどね(笑)









































b0136045_14371195.jpg

『料理の説明の録音の話』をしていたら…もう職場駅が近づいちゃった(笑)

最初のアンティパストである『大分県産赤牛のタルタル』の仔細は…また今度語らせてもらいますね(締め笑い)















続く…(夜勤いてきま〜す…)
# by shousei0000 | 2017-04-21 14:35 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その12。

b0136045_18573653.jpg

『アミューズの説明を文章に起こしたもの』を再掲させて頂く…。

『寸評』というのは『iPhoneのICレコーダーで録音した説明を聞いた漏れの感想』なんだけど(笑)

>CBさんが「へえ〜」と感心している声が可愛い♪

などと腑抜けた事を書いている…お恥ずかしい…(汗顔)

これを書いた頃は『CBさんとの次の会食のプラン』をイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に打診した直後で、リアルから始まったものではないにしても漏れはCBさんと『友達みたいなもの』になれたように思っていた…『CBさんの為にオリジナルコースをシェフに相談した俺カッケー!』という想いもあった…。

だから『腑抜けた事』を書いている訳…お粗末な話だ嗤ってくれい…(含羞)

それはともかく…









































b0136045_18573642.jpg

『アミューズの話』をいこう…『地蛤と春野菜のジュレ寄せ』というお料理…。

『ジュレ寄せ』というものを漏れは多分初めて食べたと思うんだけど、蛤の風味が効いていて冷たくて爽やかで中々旨かったぞぽまいら!

『春野菜の彩り』も良い!『わさび菜の辛味』も確かにアクセントになっている!!

そして何より『ホタルイカ』が滅法旨かった!

濃密なイカの味わい…でもそれは『他の食材の味を打ち消す程の強い主張』はしない…バランスが取れている…。

見目麗しく、いろんな味がして、ジュレの食感と冷たさが心地良いまさに『アミューズ』(最初のお楽しみ)って感じの料理!『この先のコース料理への期待』がますます膨らむ!!

前に『5500円のコース』を頂いた時のアミューズは『新玉葱のブリュレ』だった。

あれはあれで旨かったし

「うん!『アミューズ』(最初のお楽しみ)って感じ♪」

てな具合に今回と同じ感想を抱いたのだが(笑)『8500円のコース』(今回のコース)と『5500円のコース』では同じアミューズでも『使う食材の種類や手のかけ方が違う』と感じた!

このホタルイカなんかは…『シェフが直々に築地で仕入れたもの』なんじゃないかな?(シェフは魚介類の仕入れを築地で自ら行うそうな)

瑞々しい緑の春野菜は…『シェフが自家畑で栽培したものか信頼できる農家から仕入れたもの』なんじゃないかな?

ジュレも含めて生っぽい味わいの食材だから『その鮮度や味わい』が際立つ!『お金をかけたからこその味わいなのかな?』なんて事を思う!

『8500円のコース』なんて漏れにとっては『高い部類』なんだけど、このアミューズを食べてみて『高くはないな!』と思った!

この先の料理が楽しみだ〜♪











































b0136045_19023157.jpg

『アンティパスト』に移行!

これは『アンティパストI』…『最初の前菜』…。















b0136045_19023164.jpg

『説明』はこちら(笑)

いや〜『寸評』に書いた通り『録音に入っている自分の声』がウザくてウザくて…(締め笑い)















続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-20 19:01 | ペリーニ アダージオ

初ディナー! その11。

昨日の投稿で『CBさんとの人間関係が終了した事』をあらかた書き尽くしたので、ここからは『料理の話』を書かせて頂く…『3月28日にペリーニ アダージオで頂いたワンランク上のコースの仔細』をいく…。

実は『iPhoneのICレコーダーで録音した料理の説明の解析』がまだ済んでいない…(恥)『アンティパストIII』までは済んでいるのだが…。

とりあえず『料理の写真』→『料理の説明をメモに書き起こしたものの画面キャプチャー』→『再度料理の写真を挙げ補足をする』という流れでいく…あれから結構日にちが経ったので『適当な部分がある』のはご容赦願いたい…(恥)

ここ数日でその話を終えて、次いで『CBさんと行く筈だったランチをベースにした四千円のコースの予約の話』『そしてそれをキャンセルした話』と流れていく予定…人間関係は終了したけど『もう暫くCBさんが出てくる』のであ〜る(笑)

それではそろそろ始めようか…。














































b0136045_06174061.jpg

まずはスパークリングワインで乾杯!

CBさんは痩せて見えるように身体を捻っているんだけど…分かります?(笑)

この写真の場面の前にCBさんはイケメンシェフ(東條吉輝シェフ)に『開戦劈頭のサプライズ凸』をし(『漏れが動画を観まくっている事』『タコの溺れ煮動画のシェフのあ〜んに萌えた事』『カッチュコ動画のシェフをお兄ちゃん呼ばわりする女性演者に嫉妬した事』などを述べた←笑)漏れは冷や汗をかきながら『コース料理の開始』を待ったのでした…(恥)

恥ずかしかったけどそれで緊張がほぐれた…。

「この先CBさんはどんな凸をシェフに仕掛けていくんだろう…」

と思いちょっとドキドキした…。

有能な人…有能な人だったよなぁCBさんは…(遠い目)

まあ今更それを言っても仕方ないので(涙を拭きながら…←笑)『料理の話』を行こう!(カラ元気←笑)











































b0136045_06174034.jpg

アミューズ…『地蛤と春野菜のジュレ寄せ』!












b0136045_06174113.jpg

説明はこちら!
(iPhoneのICレコーダーで録音したものを文字に起こしたもの←締め笑い)













続く…。
# by shousei0000 | 2017-04-20 06:16 | ペリーニ アダージオ