世界一の孝行息子?(5月19日のペリーニ アダージオ)

b0136045_08382071.jpg
昨日はママン(笑)と『ペリーニ アダージオ』で『一週間遅れの母の日』でした!

コースで頂いたんだけどどれも旨かった…『“ピチ”カッチョ・エ・ペペ』以外は被る事なく(今まで一度も頂いた事がない料理ばかりで)

「一年以上通っているのに『被り無し』とは…」

と感動した…勿論ママン(笑)も喜んでくれた…。

昨日はお客さんが多くて(我々以外に3組のお客さんと単独男性1名でトータル10名になった)途中からは東條シェフとゆっくり話す事はできなかったんだけど…序盤のまだ他のお客さんがいない時はママン(笑)が結構グイグイいっていて焦った…『馴れ馴れしいやでママン!』と焦った(笑)

三番目に来店された家族連れのお客さんは何かの記念日だったみたいで(お子様の記念日っぽかった)『ワンランク上のコース』を召し上がっていて裏山…我々は例によっての『チーズんとこ』に通されていたので(常連やからな←豪語←笑)他のお客さんに出す料理を作るところが見えて

「むっ!」

「あの家族連れのお客さんに出す料理…『ワンランク上のコース』やな?」

と手に取るように分かった!『タルタルステーキ』を作っている状況を見て分かった!『すぐにそういうの分かっちゃう俺カッケー!』と思った(笑)

『ご夫婦と小学校上級生と思しきお子さん一名』という組み合わせのご家族に『ワンランク上のコース』が運ばれていくのを見て妬んだ…。

「小学校上級生のお子様なのに『ワンランク上のコース』とは…まだ早い!」

と妬んだ…(笑)

『ワンランク上のコース』のプリモピアットII(パスタ)を作っているのをぼんやり眺めていたら、ソースは我々が頂いたのと同じようなものに見えたのでホッとしたのだが(何故ホッとするのやら…←笑)投入されたパスタが『スパゲッティーニ』で妬ましさがマックスに…それ(スパゲッティーニ)ワイが好きなやつやん…。

しかも『具は鮑』だそうで『妬ましさがオーバーブースト』に…。

「ワイも『ワンランク上のコース』にすればよかった…」

と激しく後悔した…。

実はこのママン孝行?を思い付いた時

「折角だから『ワンランク上のコース』にしようかな?」

と思った瞬間があった…でも

「まあ…今回はいっか?」

と思って『普通のコース』にしたという経緯があった…。

そんな俺の判断を嘲笑うかのように作られ提供されていく『ワンランク上のコース』を見て心から後悔した…そんな俺のさまを見たママン(笑)が

「あんたは昔っから『他のお客さんに出される料理を眺める癖』があったわね」

「それでお父さんに怒られたの覚えてない?『人の料理をジロジロ見るな!』と怒られたじゃん?」

と言った…そんなん覚えてないわママン…。

この投稿は『オムライスの話の続き』として書き始めたんだけど…オムライスのオの字も書かないうちに電車が職場駅に着いてしまったので(恥)別のタイトルを付けて違う話として書く…勿論『もうちょっと続くんじゃ』ぞい…(締め哀)
















続く…。

# by shousei0000 | 2018-05-20 09:10 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『地球で一番旨いオムライス』を見つけたやで! 続き。

それは5月17日の事でした。

その日小生は夜勤明けで、勤務の後その身を池袋に運びました。

買い物があって行ったんですが、そのついでに西武百貨店の地下食品売り場に寄りました。

暫く前の投稿に書いた『カラブリア産鷹の爪団』(イタリアの唐辛子)を求めて行ってみたんですが、残念ながら西武のデパ地下にはそれが売っていなかった…。

「『料理をする人の聖地』とでも言うべき『伊勢たん』(新宿の伊勢丹←笑)に無いものが西武にある訳ないか…」

とほぞを噛んだんですが、デパ地下の案内所の綺麗なおねいさん(笑)や調味料売り場の普通のおねいさん(笑)に

「すみません…『カラブリア産鷹の爪』はありませんか?『イタリアの唐辛子』なんですけど…」

と聞いた事で『イタリアの調味料の扱い有無をさりげなく聞いちゃう俺カッケー!』という気分になれたので(笑)それ程ガッカリする事はありませんでした(笑)

ホントぽまいらにも見せたかった…。

小生が『カラブリア産鷹の爪』と口にするとおねいさん方(笑)はちょっと口ごもり

「カラ…」

「すみません…もう一度おっしゃって頂けますか?」

と問い返し、それに対して小生はよく聞き取れるようゆっくりした口調で

「カ・ラ・ブ・リ・ア…カラブリア産鷹の爪…」

「イタリアン作るのに使う調味料なんです」

と言い返す…。

マヂで格好良かったぜ俺ェー!

あのおねいさん方

「このお客様…さりげなくお洒落なイタリアンをご自宅で作られるのかなぁ…素敵…」

とか思っただろうな?ぜってー間違いねえ〜♪

それはともかく(笑)買い物を終えて池袋を後にし狭山市に戻ったら『ニュー行きつけの接骨院』でマッサージターイム!

『まとめます!』と宣言しておきながらちっともまとめず脱線しまくりな『色々まとめます!』シリーズ(笑)が中々進まないので(恥)『ニュー行きつけの接骨院の話』はいつぞや以来全く書いていないのだが(恥)実は小生その『ニュー行きつけの接骨院』に足繁く通っている…。

『オプション』も付けまくり!『オプション回数券』みたいの買っちゃった(笑)

それでまあそこで色々やってもらって(『ストレッチ』が痛気持ちよくて最高でした←笑)そこを後にしたのがもう17時とか。

11時位に昼飯を食ってはいたんだけど、もう夕方になっていたから空腹を覚えた…。

「腹が…減った…」

と呟いた時、頭の中に『ポン・ポン・ポン・ポォォォォォーン…』という音が鳴った…。

分かるよな…テレビドラマ『孤独のグルメ』でゴローちゃんが空腹を覚えた時のあの展開…である(笑)

「よし!店を探そう!!」

と呟く…これもまた『孤独のグルメごっこ』(笑)

でも…実際には店は探さなかった(笑)『行くべき店のあて』が既にあったのだ!

狭山市駅東口の階段を降りて程ないところに『地味な中華屋さん』がある…ニュー行きつけの接骨院(笑)に入る前に

「今日はあそこで飯を食おう!」

と決めていた…。

小生が狭山市で独居を始めて以来その『地味な中華屋さん』には中々入る機会がなかったんだけど、先日ひょんな事から入ってみたら『まあまあ』だった。

『カツ丼』を頼んだんだけど、そんなにべらぼうに旨かった訳ではなかったけど『値段』がよかった!『680円』だった!!

680円だったけど『味噌汁とお漬物』が付いて『いいね!』と思った!『小生感激ィ〜♪』とも思った!(西城秀樹さん亡くなりましたね…)

それでまあそん時にメニューを見てみたら『オムライス』があって

「『何でもある中華屋さん』だな♪」

と思った!『今度食おう♪』とも思った!

ほいでまあその中華屋さんに入って

「『オムライス』を…」

と注文しようとして『迷った』…メニュー色々あるから迷った…。

「俺…オムライスそんなに好きでもないから別のものにしようかな…」

と思ったその時…小生の前に店に入り着席していたおぢさんが

「オムライス下さい」

と注文した…『むう!』と思った…。

「あんなただのおぢさん(失礼!)がわざわざ頼むんだから、このお店のオムライス旨いのかも…」

との想いから『むう!』と思った…そしたら別のおぢさんもまた

「オムライスを…」

と注文した…。

「分かった…」

「つまり…『旨い』んだな?」

と独りごちした小生は中華屋さんのおねいさん(また『おねいさん』だ←笑)を招き寄せて

「すいませ〜ん」

「私も『オムライス』を…」

と注文した…ゴローちゃんの口調を真似して注文した(笑)

そんな展開で『オムライス』を食う事になりました!

えと…ここまでの説明ちょっと長かったかな?
スゲー長えぇわ!(呆れ)













































b0136045_18021602.jpg
かくして届いたのがこのオムライス!

ミニサラダと中華スープが付いて『680円』!『また680円』だ(笑)

所謂『昔ながらのオムライス』…きちんと卵で巻いたオムライス…。

「ほう…旨そう…」

「でも…ゆうて『地味な中華屋さん』だから『そこそこの味』なんだろうな…」

と思いながら食ってみたんだけど、これが思いもかけない『スーパーヒット』だったのだ!メチャメチャ旨かった!!

メチャメチャ旨かったのだが…電車が赤羽橋駅に着いたので今はこれで失礼する…。

ママン(笑)と『ペリーニ アダージオ』いてきま〜す♪

















続く…。

# by shousei0000 | 2018-05-19 18:06 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

『地球で一番旨いオムライス』を見つけたやで!(5月17日の行動)

昨日は『とんだ鬱日記』ですまんかったなぽまいら…読んでて鬱陶しかっただろうて悪う思っているやでぽまいら…。

『東京ヒルクライム 成木ステージの横断幕』を見た事で『昔の記憶』が色々呼び覚まされちゃってさ…そしたら『ブログ開設から10年』→『次の10年が経ったら俺は六十』→『今後どうなっていくんだ俺…』という鬱モードに入ってしまって…。

五十を意識し始めた頃から『この件』をよく考えるようになった…『あと10年で定年…』『15年後には収入無しの生活…』と不安を感じるようになった…。

ブログを始めてから10年…それは『ロードバイクに乗り始めてから10年』でもあるのだが、正直この10年あっという間だった…思い返せば色々な事があったけど、一言で言えば『あっという間』だった…。

あの東日本大地震からだってもう7年…そう書けば『時間が経つ事の速さ』がぽまいらにも分かってもらえるだろう?ホント『あっという間』だ…。

インターネッツ(笑)でさ…以前『2つの漫画』を読んだ…。

どちらも『五十位の独身男性が四畳半のアパートで夕餉を迎える漫画』だったんだけど、ひとつは『コンビニ弁当を酎ハイで流し込みながらテレビを観てワハハと笑う漫画』で、こう書くと一見楽しそうだけど、飯を食い終わったその男は宙を見上げて呟くのさ…。

「これが…これが『俺の人生』なのか…」

「何十年も働いてきて一生懸命生きてきたつもりだったけど…その結果手に入ったのは『四畳半のアパート』『コンビニ弁当と酎ハイ』『テレビでワハハ』…それだけだったのか…」

と…そして堪えきれなくなり涙する…。

もうひとつの漫画も殆ど同じなんだけど、その漫画では『テレビ』ではなく『ネット』が取り上げられていて、やはり五十絡みの独身男が飯食いながらネット(つか2ちゃん)を見ていて

>うっせ!

>氏ね!

とか書き込んでゲラゲラ笑っているんだけど、ふと我に返って呟くのさ…。

「親も死んだ…結婚や彼女はおろか友達もいない…唯一の楽しみといえば『2ちゃんでのやり取り』だけ…」

「俺…どうなっちゃうんだろう…」

と…。

そんな漫画達が今俺の中で生々しい…俺は『四畳半のアパート』ではないし『友達ゼロ』でもないし『楽しみといえばテレビかネットだけ』でもないけど…この両漫画の主人公達と似通った部分が多分にある…恐ろしい…。

あと10年で何ができるかは分からないけど、近い将来

「『2DKのアパート』『自転車4台』『自炊』『たまに友達と飲み』…俺の人生要約するとこれだけ…」

と嘆かなくてすむように頑張ろう…何ができるかよく分からないけど何かしよう…。

で…ここまで書いたところで電車が職場駅に着いちゃった…。
今日もまた『鬱日記だけで終わり』かよ!?(呆れ)


















































b0136045_06202217.jpg
『2日連続の鬱日記』というのも何なので(恥)本来書こうと思っていた『オムライスの話』を書く…。

いや…書いている時間がないので画像だけ挙げる…仕事いてきま〜す…(締め溜息)
















続く…。

# by shousei0000 | 2018-05-19 06:21 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

次の10年…(5月18日の走行)

b0136045_15013014.jpg
只今サイクリングちゆう…『小作のジョイフル』なう…ここに寄るの定番になってきた(笑)

今日の走行は『いつものコース』で松ノ木トンネル→榎→御岳大橋ときて今『小作のジョイフル』なんだけど(笑)走行途中ネタが見つからなくて

「ブログに書く事なんもねえ…」

「ま、いっか…布団とか干しているから早く帰りたいし…」

と思いながら走っていたんだけど、『とあるもの』を見かけた事で『書く事』ができてしまった…布団早く取り込みたいけど小一時間程ここジョイフルにいる事になりそう…。

で…『ネタを惹起させたとあるもの』というが…

















































b0136045_15093220.jpg
これ…『東京ヒルクライム 成木ステージ』の横断幕…。

今年の東京ヒルクライム 成木ステージは5月27日とかで『開催を告げる横断幕』が成木支所んとこに出ていた…毎年の事だから特に何も思わず『単なる記念』としてこの写真を撮った…。

でも…その後松ノ木トンネルに向けて軽く登っている中で色々考えてしまった…『ネタ』ができてしまった…。















































b0136045_15144801.jpg
実は拙ブログは先月ひっそりと『10周年』を迎えていた…上に画面キャプチャーを挙げた2008年4月8日付記事『祝!ブログ開設!!』から早いもので『10年』が経過した…。

読み返してみると何か懐かしい…色々気負った事を書いている…『老人ぶん投げています!』とか何なん?(笑)

まあ『トランス』の事なんだけど(笑)それを面白おかしく表現しようとして『ぶん投げている』と書いたんだよね…『虐待を想わせる書き方』がちょっとあぶないよな…(汗)

ダイビングなんかもう全然やってなかったのに『趣味』の欄にダイビングを書いている姑息さよ…『タンク本数180本』というのは確かサバを読んだような…(本当は150本位だったような…)

『40代(になりました…)』『情けない事にまだ未婚です…』というのも何か笑える…一見謙虚な事を書いているように見えるかもしれないけど、実は『まだまだ結婚できるっしょ!』『そのうち結婚するんじゃないかな♪』と思いながら書いたのでした…(恥)

全編を通じてプンプンと匂う『今はまだ誰も読んでないブログだけど…そのうちにきっと人気ブログになる筈よん♪』という臭気に汗…色々と気負っていたよなぁこの頃は…(遠い目)


















































b0136045_15315098.jpg
『東京ヒルクライム 成木ステージの横断幕』に話を戻す…かつて小生はこのレースに興味を持っていた…。

このレースのコースは我がホームである『いつものコース』の一部が含まれているし、入間実家から自走で参加できるものなので興味を持っていた…『出てみよっかな?』と考えていた時期があった…。

このレースのメインコースである所謂『成木峠』を試走してみた事があった…タイムを採ってレースの記録と照らしてみたら『青梅第七中学の白井クン』という人と同じ位のタイムで

「『中学生と同じ』かよ!?」

と恥じたりした…。

当時の職場の後輩SM君(ナツカシス…)とこのレースを観に行った事もあった…車列を連ねて登りゆくローディーさん方を眺めながら

「来年はこの中に俺がいるんだな♪」

と思ったりした…でもその翌年その中に小生はいなかった…。

『翌年』だけではなく『ずっと』いなかった…今に至るまで小生は一度もこのレースに参加した事がない…。

最初の頃は

「来年こそは…」

「来年こそは…」

と思っていたけど、いつの頃からかそんな気持ちは全くなくなり、ここ数年は開催時期にその横断幕を見かけても

「ほ〜ん…今年の東京ヒルクライム 成木ステージは◯月◯日かぁ〜」

と鼻くそをほじくりながら思う程度になった…まあ『鼻くそ云々』は冗談だけど(笑)『興味を失った』のは事実…。

色々変わっちまったなぁ俺…いや…『変われなかった』と言うべきか…(また遠い目)














































b0136045_15512258.jpg
『変わらないものの象徴』として『この画像』を挙げる…。

『いつのコース』の途上にある『ブルーシートハウス』…何の為に造られどこを目指しているのかさっぱり分からない建物…この10年の間全く変わらない…(少しは変わっているかもしれないがぱっと見は変わらない…)

いや…『10年』じゃない…小生がこの建物を初めて見てからもう優に四半世紀は経っているけど、その間このブルーシートハウスは全く変わらない…本当に何の為に造られどこを目指しているのか…(誰か何か知っていたら教えて下さい…)

話を戻す…小生はこの10年間まるで変わらなかった…。

ブログは相変わらず不人気ブログのままだし(哀)自転車乗りとしても何ら大成せず10年の時を刻んでしまった…(恥)

プライベートでは色々あったけど『未婚である事』は変わらず…これはもうこのままでいくものと覚悟している…(極め恥)

狭山市で独居するようになって飯が作れるようになったけど、そんなん『変化』という程のものではない…髪の毛は10年前より更に後退して(恥)今ではもう『自他共に認めるハゲ』だけど(恥)『そんな変化』はいらんかった…いらんかったんだよぽまいら…(涙)














































b0136045_16062222.jpg
今日の走行中この横断幕を見た事をきっかけにそんな想い(ここまで書いたやつ…)が次々に湧いてきてさ…何かどんよりしちゃったよ…まるで今日の天気のよう…(曇っているんです…)

『この10年』の事はいい…もう過ぎてしまった事だし今更それをとやかく言っても始まらない…。

肝心なのは『次の10年』…今から先の10年は非常に重要…何故ならそれは『小生が自由でいれる最後の10年』なのだから…。

小生はこの春『五十』になった…我が職場の常勤職員の定年が『六十』だから残された時間は『あと10年』…。

定年後も5年は非常勤として雇ってもらえるだろうけど、収入は当然落ちるから『自由度』は下がる…そしてその先は『収入の無い生活』が始まる…。

正直『六十五以降の人生の青写真』は全く描けていない…『恐怖』しかない…未婚で家族もいないから(妹はいるが…)『完全に独りの生活』になるだろう…不安だ…。

だから…だからとにかく『自由度が維持できているこの10年』を大事にしよう…『笑って10年を振り返れる自分』にしたい…。

最早大それた事を望んではいない…『慎ましやかにひっそりと自分独りが生きていく生活』…ただそれだけを死に至るまで続けていく事ができれば…。

『ブログが人気ブログに!』『自転車乗りとして大成!』なんてもう望んでいない…まあ自転車は『健康維持の観点』から今後もひっそり乗っていくではあろうが…(『ひっそりと』ね…)

10年後の2028年の5月にまたここ『小作のジョイフル』に来よう…そして『この10年を振り返る日記』を拙ブログに書こう…。

その時小生は『六十』…どんな日記を書く事になるのか…。

「ま…色々あったしハゲも更に進んだけど…そんなに悪くなかったよ『この10年』!『定年後の生活の目処』も何とかつきました♪」

という気持ちでここ『小作のジョイフル』で日記を書くのか…それとも…

「や、やっぱなんも変われなかったよ『この10年』…『定年後の生活の目処』も全くつかず最早お先真っ暗…」

と嘆きの日記を書くのか…。

本当に大事にしようぜ俺『これからの10年』を…10年後にここ『小作のジョイフル』で朗らかな笑顔で日記書きたいじゃん?だから…大事にしなくちゃ…。

10年後にここ『小作のジョイフル』で明朗日記?書く為に俺頑張ります!

「『小作のジョイフル』『小作のジョイフル』ってしつこいよ!」

という話ですよね?(笑)

















































b0136045_16354507.jpg
『変わるものの象徴』として『この画像』を挙げる…。

御岳駅んとこにある中華屋さん『東峯園』…『店舗改装の為暫くの間休業』だそうな…。

この中華屋さんもこの10年の間全く変わらなかったんだけど、今日の走行中この光景を見かけてビックリした…『変わるんだなぁ東峯園…』と思った…。

小生は『ブルーシートハウス』になるのか…それとも『東峯園』になるのか…今はまだ分からない…でもできれば『東峯園』になりたい…。

『東峯園』は7月からリニューアルした店舗で営業再開するんだろうから、その時は真新しい新店舗で『御岳ラーメン』を食べよう…そして『自分も変わろう!』という決意を新たにしよう…。

『東峯園』は今まで一度も入った事がないから『新店舗で御岳ラーメンとやらを食う』その時が楽しみだ♪
一度も入った事ないのにネタに使うなよ!!!(締め呆れ)

















おしまい。
(明日一週間遅れの母の日でママンと『ペリーニ アダージオ』にいてきます!とりあえずママン孝行してくるね♪)

# by shousei0000 | 2018-05-18 16:46 | アクア 走行 | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その11。

b0136045_14104972.jpg
テイク6(笑)は『酢の瓶が頭の後方にいってしまっている』という理由から撮り直しになりました(笑)

因みに…これは『撮れる訳ねーだろ!←いや!撮ってるし!!』バージョンになります(笑)

てな訳で…















































b0136045_14131749.jpg
『テーイク7』っと(笑)

この写真では酢の瓶は中々に良き位置にきていますし(きてますよね?)『酢』のマーク?もドンピシャセンターにきています!

『テイク6』までは実は酢の瓶が頭の上で安定しておらず『写真を撮った直後頭の上から転げ落ちる』という感じだったんですが、この『テイク7』辺りから『酢の瓶が完全に安定した』…『写真を撮った後酢の瓶をゆっくり頭から降ろす余裕のようなもの』ができた…。

ただ…何が気に入らなかったのかよく覚えてはいないんですが、この写真を見た俺は

「コレチガウ…」
(この写真何か違う…)

と思い、そして…


















































b0136045_14215155.jpg
『テイク8』に突入(笑)

ぱっと見さっきの写真(テイク7)と何が違うのかよく分かりませんが(笑)この『テイク8』を以ってさすがの俺も

「もう…いいやろう…」

と思い『酢の瓶を頭に乗せた自撮り写真の撮影』をやめました(笑)

一応この写真が『ベストショット』になる訳ですが、後日この投稿(頭に酢の瓶を乗せて自撮りをするシリーズ←笑)を書く為に一連の写真を見直してみたところ、このベストショット?に『とんでもないミステイク』を発見してしまいました。

そのミステイクは『どっちのバージョンかよく分からない事』…。

一応『ぼ、僕は…←裸の大将か!?』バージョンで撮っているようなんですが、それにしては『とぼけた表情』をしていない…『真顔で眉間に皺を寄せて指を立てる』って何なん…。

『撮れる訳ねーだろ!←いや!撮ってるし!!』バージョンとも違う…あれだったら『憤りの表情で相手を指差す』という形になる…この写真とは全くの別物…。

何かが違う…この写真は『撮れる訳ねーだろ!←いや!撮ってるし!!』でもなければ『ぼ、僕は…←裸の大将か!?』とも違う…何か別の意図があって撮った可能性が高いけど、今となってはそれが何だったか全く思い出せない…。

何か…何か違うんだよなぁ…








































b0136045_14385471.jpg
「『頭に酢の瓶を乗せた自撮り写真』なんて…五十にもなってそんなん撮れる訳ねーだろ!」
いや!撮ってるし!!(呆れ)

というバージョンなら『こういう写真』にならなくてはいけないんだよ…(後日撮り直した『テイク9』←笑)











































b0136045_14415315.jpg
「ぼ、僕は、頭に酢の瓶を乗せちゃう位酢が好きになったんだな♪」
『裸の大将』か!?(呆れ)

てなバージョンの場合はこんな感じの『おどけた表情』が不可欠♪
遂に『テイク10』!
「『空の酢の瓶』より『中身の入っている酢の瓶』の方が安定するんじゃね?」と思って試してみたんだけど…こちらの写真ではうまく安定しなかった…残念…。
因みに…昨日仕事に行く前に思い付いて慌てて撮りました(締め笑い)














続く…(夜勤いてきま〜す…)

# by shousei0000 | 2018-05-16 14:47 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その10。

b0136045_08203401.jpg
てな訳で…『テイク2』っと(笑)

元同僚のポールスミスさんとそのうぉくさん(奥さん)のリクエストに応じて渋々撮った(力説!)『頭に酢の瓶を乗せた自撮り写真』でしたが、やってみると中々うまくいかない…最初に撮った写真は『酢の瓶をまだ手で押さえているタイミングの写真』になってしまったし、上に挙げたテイク2(笑)はタイミングは悪くなかったけど『酢の瓶が傾いでいる写真』になってしまった…。

あくまでもリクエストに応えただけのものだから(また力説!)どんな写真になってもいいっちゃ〜いいんですが、自撮りで感情を現すようになってから早7年程が経つ俺(確かその位…それ以前はよそのブログと同じく色文字や拡大文字を用いて感情表現をしていたが、スマホでブログを書くようになってからはそれができなくなったので『リアル顔文字である自撮り』を多用する事になった…)だけに『一定のクオリティ』は確保したかった…それは『芸能人のブログと同じ位自撮りを載せてきた俺』なりのプライド…って…何のこっちゃ?(笑)

上のテイク2(笑)は瓶が傾いている以外にも『難点』がある…酢の瓶を安定させる為に俯いていたので『下目遣い』になっている…芸能人と同じ位自撮りを多用してきた俺(笑)としてはこんな写真では満足できない…。

「見て下さるファンの事を考えねばな…」

と思った…もうすっかり『芸能人気取り』だ(笑)

あと…この写真では『何の意図で撮影したのか』がよく分からない…酢の瓶頭に乗っけているから『酢が割と好きになったよー!』という事は分かってもらえるであろうが(分かってもらえるのかなぁ…)『そこに込められている感情』は全く伝わってこない…無表情だから何を思っているのかが分からない…。

『シチュエーション』を2つ考えた…。

①「ポールスミスさんとうぉくさんは『頭に酢の瓶を乗せた写真を撮れ!』というけど…俺ももう五十(ごじゅう)だよ?そんなアホな写真撮れる訳ねーじゃん!」
いや!撮ってるし!!(呆れ)

というものと

②「ぼ、僕は酢が割と好きになったんだな♪」
『裸の大将』か!?(呆れ)

というものの2つのパターンを考えた(笑)

それに従って…









































b0136045_08505375.jpg
『テーイク3』っと(笑)

これは『撮れる訳ねーだろ!←いや!撮ってるし!!』の方ね(笑)

ちゃんと前向けているからまあまあだったんだけど、酢の瓶のラベルが裏になっているのと(『酢』とプリントされた面を表にしたかった)やはり酢の瓶が傾いでいるので(これ撮った直後に頭から滑り落ちますた←笑)

「う〜ん…『クオリティ』が…」

と思い…














































b0136045_08553174.jpg
『テーイク4』っと(笑)これ最初に載せたやつね(笑)

これは『ぼ、僕は…←裸の大将か!?』バージョンの方なんだけど(笑)酢の瓶のラベルの『酢』が写っていないのと(こだわりまっせー!)上目遣いになっている事から

「これも…ちょっとなぁ…」

と思い…












































b0136045_08584987.jpg
『テイク5』(笑)

漸く『酢』の面が表にきてそれはそれでよかったんだけど、瓶の安定感の無さとまだまだ上目遣いになってしまっている事が気になり…







































b0136045_09010777.jpg
『テイク6』(笑)

残念!酢の瓶が頭の後方にいってしまっている!撮り直し!!
まだ続くのかよ!?(締め呆れ)


















続く…(自撮りが…←締め笑い)

# by shousei0000 | 2018-05-15 09:03 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その9。

b0136045_07151058.jpg
先日の投稿『その8』の末尾に載せたこの写真…これは『俺が割と酢が好きになった証拠の写真』である!

頭に酢の瓶を乗せているのが『証拠』…好きでなければわざわざ頭の上に酢の瓶乗せようとは思わんでしょう?

えっ?何ですか?

「好きだとしても…普通その瓶をわざわざ頭の上に乗せようとは思わないのでは?」

ですって?

ご名答!その通り!!

酢でもワインでもウイスキーでもいいけど、そうしたものが好きだからといってその瓶を頭の上に乗せようとは普通考えません(笑)つまりはこの写真は『ヤラセ写真』なのであります!

先日我が元同僚であるポールスミスさんと拙ブログを巡ってLINEをした。

『元同僚』と書いたのは俺の異動でポールスミスさんとは別のフロアになったからそうしたのだが(まあ今でも同僚なんだけどね)そのLINEの中に『うぉくさんからのコメント』があった。

うぉくさんとは『ポールスミスさんの奥さん』の事なのだが、そのうぉくさんが

>最近のブログ『顔写真』がないからつまらない!

>『酢の瓶頭に乗せた写真』でも撮れば?

といった事をおっしゃったそうなのだ…『酢の瓶を頭に乗せた自撮り』…何というバカバカしさか…。

バカバカしいと思ったけど『それだ!』とも思った(笑)くだらなくて何か楽しそうに思えた(笑)

それで撮ったのが上の写真なのだが…間違えないで欲しいのは『あくまでもリクエストに応えた』という事!

ポールスミスさんとうぉくさんのリクエストがあったからこうした問題作(笑)を撮っただけで、自発的積極的に撮った訳ではない事を明記しておく!ワシももう五十(ごじゅう)やさかい『頭に酢の瓶を乗せる自撮り写真』なんてバカな事は自発的にはようやらん…本当だよ!(力説)

『頭から瓶が落ちて床に激突して割れたら大変な事になるので、撮影場所はベッドの上で』

『中身の入っている瓶でやって何かの拍子にこぼれたらベッドが酢ぅ〜臭くなるので、捨てずに置いてあった空の酢の瓶で撮影する』

といった環境?を整えていざ撮影開始♪
楽しんで撮っているじゃねえか!
嫌だなぁ…誤解ですよ…渋々撮りました…(また力説)
















































b0136045_07413753.jpg
最初に撮った一枚…。

片手で酢の瓶を頭に乗せその手を離し、タイミングをみてiPhoneで撮影したんだけど…全然ダメ…タイミングがまるで合っていない…『普通に手で押さえている写真』になってしまっている…。

てな訳で…













































b0136045_07445768.jpg
『テイク2』っと♪
やっぱ楽しんでいるじゃねえか!
楽しんでねえって言ってんだろ!
嫌々撮りましたッ!!!(締め力説)
















続く…。

# by shousei0000 | 2018-05-13 07:46 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

パープルロード!(5月12日の走行)

b0136045_13012013.jpg
今日のCRを一言で言い表すならば『パープルロード』!

どこもかしこもという訳ではなかったけど、路傍の所々に『紫の花』が咲いていて『パープルロード』(紫に染められた道)って感じだった!

何か違和感…小生がロードバイクに乗り始めてからもう10年が経ち、CR(サイクリングロード)を走るようになってからも早9年になるけど、小生の記憶の中にこの『パープルロードの記憶』が無い…菜の花に染められた『幸せの黄色い道』の記憶ならあるし(毎年書いてますよね←笑)曼珠沙華に彩られた『レッドロード』の記憶もあるけど(『レッドロード』と呼んだ事はありませんが…)今日の道すがらに見た『パープルロード』についてはとんと記憶に無い…『5月にCRを走るのは初めて』という訳ではないのに何故…。

印象に残る位目立つ紫の花なのに…何故小生は『今日初めて見るような感覚』に襲われるのか…不思議だ…。












































b0136045_13201170.jpg
『パープルロード』を構成していたのは『この花』…地味な花ではあるが『路傍を紫に染めている』という観点から今日の小生の目を惹いた…。

『CRを走るようになって9年目にして初めて目を惹く』とか…何か不思議…。


















































b0136045_13242338.jpg
花のアップ…こうして見ると『紫の花』ではなく『紫と白の花』…。

この花…なんて名前なんだろう…さっき得意のインターネッツ(笑)で『5月 花 紫』や『5月 花 紫と白』で検索かけてみたけどよう分からんかった…特定できず…。

誰か教えてくれないかなぁ…。
















































b0136045_13304028.jpg
てな訳で…今吉見…今日のお供はアヴァンでした。

今日は走行中何のネタも思い浮かばなくて

「ブログに書く事何もねえや…」

と思いながら走ってきたんだけど、『さくら堤公園』の手前でさっき挙げた『パープルロードな光景』に行き当たり

「おお!この花さっきからよう見掛けていたやつ!」

と思いアヴァンを停めて撮影した。

ギリギリでネタが見つかって良かったよ!『ネタのないサイクリング日記』なんて書く方も読む方もつまらないからね!

良かったなぽまいら!って…何故偉そうな言い方?(笑)

だが…『ネタ』は結局他にできてしまったんだよ…。

















































b0136045_13383647.jpg
大悲劇…『俺氏、吉見にて間違えてゼロカロリーコーラを買ってしまう…』という事態発生…。

デヴだからゼロカロリーコーラでいいっちゃ〜いいんだけど(恥)『サイクリング中は困る』んだよ!今日は飯食うつもりはないから『コーラだけがカロリー補給の唯一の機会』だったのに…困る…。

『ネタになった』からいいっちゃ〜いいんだけど…帰り腹減りそうだなぁ…参ったなあ…。

だが…『ネタ』はこれが最後ではないのだよ…。













































b0136045_13435266.jpg
本日最大のネタ…実は今日のサイクリングは『一ヶ月振り』でした…(恥)

最後にサイクリングしたのが『4月2日』だから正確に言えば『一ヶ月と10日振り』…4月に異動してから慣れないフロア業務に疲れてしまって中々走る気になれなかった…そして一旦走らなくなると『走らない休日に慣れて更に腰が上がらなくなる』という悪循環に…(恥)

『サイクリングに行くべくアヴァンを庭的なところに引き出したのに、ダラダラしているうちに走る気をなくして結局引き戻す』という事が3回程あった…異動先のフロアに慣れて漸く走る気になった5月最初の連休は『2日共雨』だった…。

それで『漸く今日走れた』って訳…散々だったわ『4月』…(哀)

「6月にはまた健診があるからちゃんとせな…」

と思いながらそろそろ帰ります…(締め哀)


















おしまい…。
(今日の朝一体重は『75.3kg』でした…一ヶ月以上走らない生活をして昨日は昨日で『夜勤明けでペロ君と行きつけのラーメン屋さんで痛飲』なんてのをしてしまったので「朝一体重『77kgか78kg』位あるかも…」と戦々恐々しながら体重計に乗ったので『75.3kg』に「良かった♪」と思う自分がいた…何が「良かった♪」だよ俺…これからまたちゃんとします…)

# by shousei0000 | 2018-05-12 13:59 | アヴァン 走行 | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その8。

昨日の変態勤務(笑)のしまいに『アクシデント』があった…ベテラン介護士としてはあってはならない『不注意な介助』をしてしまった…(恥)

正直落ち込んだ…今日これから夜勤だけどテンションが上がらない…元気出していかなくてはな俺…。

4月に異動したフロアに慣れてきて『油断している部分』があったのかもしれない…『改めて緊張感を持って仕事せな…』と思った…。

ちゃんとしようぜ俺…基本に忠実にきちんとやっていけば『アクシデント』なんか起こらない…まずは今日の夜勤無難に終わろう…。

その話は一旦置いておいて…















































b0136045_14375302.jpg
『昨日の投稿の続き』をいく…NHKドラマ『デイジー・ラック』の話は続かない…(笑)

続かないんだけど…ちょっとだけ書く…『漫画かドラマのデイジー・ラックを見た人の感想』を少しだけ載せる…(笑)

得意のインターネッツ(笑)で検索していたところ

>私はこの世代ではないんですが、主人公達の生き様に『だよね!』という共感を覚えました。

>観ていて『ガンバ!』って思います!『ひなぎく会のメンバーの今後』がとても楽しみです!

みたいな感想文を目にした…みんな『デイジー・ラック』が好きみたい…。

因みに…上に挙げた2つの感想文の書き手は『65歳女性』とか『67歳主婦』とかだった…それを見てアラフィフの俺(哀)は『そか♪』と思った…。

俺より上の世代が『デイジー・ラック』に共感を覚えている…『デイジー・ラック』は基本『アラサーを迎えて不安を覚えている人達への応援ストーリー』ではあるけど『もっと上の世代の人達にも訴える何か』を持っている…。

そうでなければ『65歳女性』や『67歳主婦』が共感を覚える筈がない…『50歳男性』な俺(哀)が観てもいいではないか…。

そんな想いで7月まで?『デイジー・ラック』を観ていく…『毎週楽しみにドラマを待つ』というのもたまには悪くはあるまい…。

それはともかく…















































b0136045_14561882.jpg
いい加減そろそろ『酸味飯の話』に戻る…(恥)

4月24日に初めて作った『ズッキーニと豚コマの甘酢炒め』の思わぬ旨さに興奮し(笑)その『醤油1:砂糖1:酢0.5』という調味料の比率に

「これ…酢がもうちょっと多くてもいいんじゃね?」

と思った俺は『醤油1:砂糖1:酢0.9』という調味料の比率で『ズッキーニと豚コマの甘酢炒め』を改めて作ってみた…これが5月1日の話…。

基本酢が好きではなかった俺(今更どの口がそれを言うのか…←恥)だけに『1:1:1』にするのが怖くて『1:1:0.9』という半端な比率にしたのだが(笑)酢の比率を増やしても旨かったよ『ズッキーニと豚コマの甘酢炒め』…『この夏の定番になるなこれ!』と思った…。

まだまだ書きたい事があるんだけど…電車が職場駅に着いたので今はこれで失礼する…今日の夜勤無難に終えねば…。

とりあえず俺は『割と酢が好き』になった…元々はあまり好きではなかったんだけど(どの口がそれを言うのか…)今は割と好きになったよ『酢』…。

どの位好きになったのかというと…


















































b0136045_15101818.jpg
この位好きになった(締め笑い)

















続く…。
(夜勤いてきます!まずは今日の勤務無難に終わろう!!←締め決意)

# by shousei0000 | 2018-05-10 15:10 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その7。

ここ数日色々あってブログが書けなかった…。

色々あったんよ…だから書けなかった…。

例えば…











































b0136045_11201893.jpg
昨日の夜…というか今日の深夜…俺はなんとな〜くテレビをつけていてたまたま『このドラマ』を観た…。

最初はただつけていただけだったんだけど、目に入る画像と耳に入る音声から

「ちょ、ま…」

「これ…面白いんじゃね?」

と思って、読んでいた本を投げ出して『デイジー・ラック』というそのNHKドラマを観た。

そしたら面白くてさ…『アラサー女子4人組の仕事や恋模様を綴った物語』だからアラフィフの俺(鬱)には関係ないストーリーだったんだけど(哀)観始めたら面白かったから最後まで観た…。

エンディングを眺めながら

「これ…『漫画が原作』じゃね?」

と思っていたら『原作:海野つなみ』というクレジット?が出て

「やっぱり!原作者名が出たって事は『漫画か小説が原作』だよ!!」

と俺は自分の先見の明?を誇ったんだけど、その『海野つなみ』という名前になんとな〜く既視感があり

「あれ〜?これもしかして…」

と思って床に置いてあった漫画単行本を手に取ったら『やっぱり』だった!漫画『逃げるは恥だが役に立つ』の作者さんだったよ『海野つなみさん』!!

「『逃げ恥』は漫画もドラマも狂ったように見た俺だから『海野節』とでもいうものが分かり、それでこのドラマ『デイジー・ラック』にもハマったし作者名にピピンときたんだな!」

と思って満腔の想いに鼻の穴を膨らませた…深夜2時とかだったのに鼻の穴を膨らませてガッツポーズまでした(笑)

昨日(もう今日でしたが…)俺が観たのは『デイジー・ラック』の第3話の再放送で

「こら続きも観なアカン!」

と思って『本放送の第4話』をブルーレイレコーダーで予約した…『毎週金曜日夜10時から放送』みたいでワクワクした…。

ドラマを定期で観るとか久し振り…アラサー女子向けのドラマをアラフィフおぢさん(恥)が何故観るのかよう分からんが(笑)折角気に入ったんだからあと7話観ちゃる!全部観たら『海野つなみさんの原作漫画』も買っちゃる!!

得意のインターネッツ(笑)で検索したら『漫画デイジー・ラック』は『2001年から2002年にかけて連載された漫画で、当時は人気が出ず打ち切りになって単行本は2巻しかない』そうな…でも『海野つなみファンの間では人気が高く、今なおイチオシに挙げるファンも少なくない』そうな…。

2001年〜2002年期といえば当時俺は33〜34歳だった…『アラサー』だった…であれば『2001年から2002年にかけてアラサー女子をターゲットに書かれた漫画であるデイジー・ラック』に惹かれるところがあるのはある意味当たり前なのではないか?なんせ『ターゲット年齢ドンピシャ』なのだから…。

まあアラサーはアラサーではあったが『アラサー女子』ではなかったんだけど(当たり前ですね←笑)そんなところにも不思議な縁を感じて俺は『NHKドラマ デイジー・ラック』を定期で観る事にした…今週の金曜が楽しみだ♪

とまあそんな事がありましたよ昨日(つか今日)…。

あとは…あとはまあ特に何もないな(笑)
『色々あってブログが書けなかった』という話はどうなるんだよ!?(締め呆れ)
















続く…。
(13時〜22時の『変態勤務』にいてきま〜す…)

# by shousei0000 | 2018-05-09 11:53 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その6。

b0136045_20331331.jpg
今般俺が生まれて初めて自発的に作った酸味の料理『ズッキーニと豚コマの甘酢炒め』…これがスーパー旨かった!いや…『アルティメット旨かった!』と言ってもいい!!

まあ『アルティメット旨かった』ゆうのは何の事だかよう分からんが(笑)そういう訳の分からんフレーズが出てくる位旨かった!感涙に咽びながらガツ食いした!(大袈裟に書いてます←笑)

この料理は非常に簡単!猿でも作れる!!

まあ猿が作る事はないだろうが(笑)猿でも作れる!!(猿が作るのか作らんのか…どっち?←呆れ)

俺のレシピではないのに自慢をするのは何ではあるが…自慢したい!吹聴したい!!

さすがに元レシピの人に申し訳ないので(恥)『元レシピの画面キャプチャー』を再掲してその上で説明しよう!!


















































b0136045_20421859.jpg
『元レシピの人』は爽やかに黄色と緑のズッキーニを交えているけど…俺は『緑のズッキーニのみ』で作った…いずれその理由を述べる日も来よう…。

『ズッキーニ半本』『豚コマ150g位』で作った…独りで食うなら豚コマはもう少し少なくてもいい感じ…(食ったら多めに感じた…)

①豚コマを酒大さじ一杯に漬ける。

②輪切りにしたズッキーニをサラダ油で炒める。

③豚コマ肉も投入して更に炒める。

という手順で調理する…そしてその後が『黄金比の調味料』投入…。

元レシピの人はそれを『黄金比の調味料』とは書いてないんだけど、俺は『黄金比やー!』思うたから『黄金比調味料』と書く!勝手な事ばかりして元レシピの人につくづく申し訳ない…(恥)

黄金比は『1:1:0.5』…より具体的に書くと『醤油大1:砂糖大1:酢大1/2』…その比率を見た時俺は『ちょ!待てよ!!』と思った…。

キムタク張りに『ちょ!待てよ!!』と思った…というのは冗談だが(「そういうのいらない!」って話ですよね←笑)『待て!』と思ったのは本当…。

くどいようだが俺は『酢があまり好きではない』…それなのに『1:1:0.5』などという比率で酢を入れていいものなのだろうか…。

『すっぺ…』(酸っぱい…)と思ってろくに食わずに捨ててしまう事にならないか…酢の比率を『0.25』位に抑えた方がいいのではあるまいか…。

そんな気持ちになりはしたけど(何しろ『酢があまり好きではない』もんで…)それをすると元レシピの人に悪い気がしたので(めんどくさい奴ですよね俺…←恥)結局『1:1:0.5』の比率で調味料を投入した…立ち上る酢の香りに咽せて不安になった…。

あとはその調味料が具に絡まり水気が少なくなるまで炒め煮する…砂糖が入っているのにジャカジャカ炒めたから少し焦げっぽくなった…(恥)

そんなこんなして完成したのが…
















































b0136045_21054397.jpg
『これ』!やや炒め過ぎ…(恥)

でも…アルティメット旨かった(笑)やでこれー!

ぶっちゃけ言っちゃうと『そぼろの味』なんだけど(醤油と砂糖が入るからそうなる)そこに酢が入る事で『まろやか』になる!『甘じょっぱ過ぎずしつこくない』となる!!

ぶっちゃけ(何回使うのやら←笑)『酸っぱくはない』!『ふんわりと酢が香るまろやかな味』になる!!

確かに『夏バテに効きそう』!

まあ俺は夏バテはしないのだが(『いつでも無駄に食欲のあるおやぢ』ダヨ←笑)それでも『夏バテに効く!』という意味が分かった!『疲れた身体でもモリモリ食えそう!』と思った!!

事実『異動した先のフロアバテ』(恥)した身でもモリモリ食えた!

「『ふんわり香る酸味』がウメー!『ふんわり香る酸味』がウメー!!」

と思った…これで俺も遂に『酸いが分かる音』だ…(笑)

そして…あろう事か『これ…もうちょっと酢が多くても旨いんじゃね?』とまで思った!『酢があまり好きではない』とかどの口が言ったのか?(笑)

で…そんな訳で…










































b0136045_21200850.jpg
その数日後…俺は再び『この定食』を作ったのだった…その新たな黄金比は『1:1:0.9』…。

『もうちょっと酢が多くても旨いんじゃね?』という観点から酢を増量した…『1:1:0.9』という半端な数字になったのは『不安』故…。

元々はあまり酢が好きではなかったから(どの口が言うのか…←恥)『1:1:1』にするのには『不安』があった…だから『1:1:0.9』にした…無論当然『酢の比率が0.9』…。
























































b0136045_21253487.jpg
こちらがそのニュー黄金比(笑)の『ズッキーニと豚コマ肉の甘酢炒め』…。

『1:1:0.9』の比率がどうだったかというと…ズバリ言います!『さすがに酸味が増した…でも旨かった!』と!!!
















続く…。

# by shousei0000 | 2018-05-03 21:27 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その5。

朝の投稿に書いた流れで俺は『酢豚』が嫌いになった…今なお好きではない…。

出されれば食べるが決して好んでは食べない…入間実家にいた頃や今の職場の職員給食(お年寄りと同じもの)で酢豚が出ると

「あ…今日は酢豚か…」

と小さく呟き溜息をつく…そんな感じ…。

無論当然自発的に注文した事は一度もないし、自炊で作った事も一度もない…多分一生作る事はないだろう…。

ここまでは『子供時代の話』であるが、大人になってからも俺は『酢があまり好きでない人』のままだった…その証拠のようなものをひとつ挙げさせて頂く…。

今から15年位前だったか…俺は職場のメンバーと『行きつけのラーメン屋さん』にいた…。

そのラーメン屋さんは今でもペロ君(職場の飲み仲間)と時々行く…当時は『時々』ではなく『頻繁に』行った…。

その時のメンバーに『美人看護婦さん』がいた…。

その美人看護婦さん(と以下呼ぶ←笑)は美人で仕事もできて尊敬に値する看護婦さんだったんだけど、酒を飲むと凶暴に…とまでは言わないけど『アグレッシブになる人』だった…具体的に言うと『ビンタを繰り出す看護婦さん』だった(笑)

誰彼関係なくビンタを繰り出す訳ではなく『相手』は選んでいた…今世間を騒がせている『パワハラ』というのとは勿論違う『冗談の領域』だった…。

そのビンタを受ける相手の1人に『俺』がいた(笑)

俺はドMだし(笑)相手は美人看護婦さんだし(笑)双方がそういうの面白がるクチだったから(どういうクチや?←笑)酔いどれると『ビンタ道場』みたいになった…『笑いながらビンタを張る美人看護婦さんとそれを満面の笑みで受ける俺』という図式…(笑)

何しろ相手は美人だから(笑)そのビンタは『ご褒美』…俺はそのビンタを受けながら

「『ご褒美』ありがとうございます!」

「宜しければもっとお願いします!」

などと言って笑顔でビンタを受けたものだった…『危ない話』だ(笑)

で…『ビンタの話』はどうでもいいんだけど(『だったら書くな!』って話ですよね←笑)その美人看護婦さんが『餃子は酢のみで食べる人』だった…醤油や辣油は使わず『酢のみをつける人』だった…。

ご褒美ビンタ(笑)を俺がひとしきり受け(笑)座が適度に盛り上がったところでその美人看護婦さんがいつものように『餃子を酢だけをつけて食べ始めた』…その時俺は『それ…旨いんか?』と思った…。

その時まではあまり気にした事はなかったんだけど、その時は何か旨そうに見えた…美人がやっているから旨そうに見えた…(笑)

だから…聞いてみた…。

「それ…旨いんですか?」

と…。

そしたらその美人看護婦さんは

「旨いよ!やってみそ!!」

と言った…。

「酢なのに『みそ』(味噌)とは…」

と俺は心の中で突っ込みを入れた…ごめんこれは『脚色』だ…(笑)

まあ『みそ』と言ったかどうかはともかく(多分言っていない←笑)俺はその時初めて『酢のみで餃子』を試してみたのだった…そして結論は『すっぱ…』(酸っぱい…)だった…。

酢があまり好きでないのに『酢のみで餃子』を旨く感じる筈がない…美人の手前

「うん…これ『あり』ですね!」

などと言いはしたものの、その実心の中では

「『無し』だ…」

と呟いていた…(笑)

要するに俺は『酢が好きでない』のだよ!ついでに言うと『酢』だけでなく『酸味全般』が好きではない…。

具体的に言うと『柑橘類』が好きではない…『ミカン』も『グレープフルーツ』も『レモン』も好きではない…。

『すだち』もいらない…秋刀魚は好きだけど『それにすだちをかけるの』はフルフルごめん…『醤油を回した大根おろし』だけで十分…。

『酸いも甘いも噛み分ける』という言葉があるが、その意味では俺は『酸いの分からぬお子ちゃま』なのかもしれない…でもそれならそれでいい…。

『甘いだけの男』上等!『酸い』なんかいらない!それで『お子ちゃま』と言うなら言うがいい!!

でも…何年か前から『唐揚げにレモン』はやるようになった…『さっきと言ってる事違うやろ!』って話ですよね(笑)

俺がAKBヲタであった頃(恥)『唐揚げにレモン絞っといてやったでー!』というネタがあった…ゆいはん(横山由依さん)とさや姉(山本彩さん)絡みであった…。

その両者がそういう事(断りもなく唐揚げにレモンを絞る事)をした事実はないのだが、『そういう事をしそうなキャラ』という事で『唐揚げにレモン』というネタがAKBヲタ達の間で流行した時期があった…さや姉がそれに乗って『唐揚げにレモンを絞る画像』を彼女のぐぐたす(SNS)に挙げて笑いを取る事もあった…(ナツカシス…)

その折に俺は『唐揚げにレモン』をやってみた…元々はそれやるの嫌いだったんだけど(レモン嫌いだったもんで)

「ゆいはんやさや姉がやるんだったら…」

と思ってやってみた…まあゆいはんやさや姉は『それをするのが好き』という訳ではなかったのだが…(『ネタ』ですので←笑)

そしたら…それが案外旨く、その後俺は『唐揚げにレモン』をするようになった…『いつも』ではないけど『時々』するようになった…。

「遂に俺も『酸い』が分かるようになったか…『大人』やな…」

と誇らしく思った…『レモン絞っただけで大人かよ!?』って話ですよね(笑)

そして…本シリーズの中で何箇所かに書いてきたけど…















































b0136045_19415006.jpg
『酢のみで餃子』もやるようになった!

上の画像は2年ちょい前のもので『俺が初めて餃子を作った頃の写真』なんだけど、右手に写っているお小皿に『酢のみが入っているのがある』のが分かるでしょう?

確かこの時『酢のみで餃子』を試してみたんだ…それを美味しく頂ける自信がなかったから(『お子ちゃま』でしたので…)酢、醤油、辣油、唐辛子で作った『普通の餃子のタレ』も添えてある…。

この時初めて『酢のみで餃子』を『旨い!』と感じた!『タレはしつこい…』と思った…。

かつて美人看護婦さんに勧められた時『すっぱ…』『まず…』と思ったのに、何故この時は『うま!』と思ったのかは分からない…俺の手作り餃子の味が濃かったのかもしれないし(恥)或いは歳をとって俺の味覚が遂に変わったのかもしれない…何にしても旨く感じたんだよ『酢のみで餃子』…。

以来俺は餃子を基本『酢のみ』で食べるようになった…その時の気分で『辣油を垂らす事』はあるけど『醤油イン』はまずしなくなった…『基本は酢のみ』だ…。

そして…















































b0136045_19530988.jpg
今では『春巻きも酢のみ』だ!『からしは添える』けど『醤油イン』はない!!

これもまあ『俺が作った春巻きの味が濃かったから』かもしれないけど(恥)何にせよ今の俺は『酢とからしのみで春巻きを食べる男』だ!『醤油のいらない男』だ!!

狭山市のアパートで自炊をするようになってから2年強が経つ…この間俺は酢の瓶2本を空にしてきた…(使い切った)

『2年強で2本』というペースが速いのか遅いのかは分からないが、とにかく俺は酢の瓶2本を空にしてきた…。

ぶっちゃけその消費量の8割位は『餃子と春巻きに用いたもの』だけどな…俺は基本『酢が好きでないおやぢ』だから『酢が絡む料理』は作らない…餃子と春巻きの時にお小皿にドバーした結果の『2年強で2本』…そんな感じ…『やっぱお子ちゃま』だ…(恥)

そんな俺が今般何を思ったのか…












































b0136045_20045628.jpg
『このレシピ』に従い…














































b0136045_20055875.jpg
この定食(笑)を作った…













































b0136045_20064820.jpg
生まれて初めて自発的に作った酸味の料理『ズッキーニと豚コマの甘酢炒め』…。

結論から言おう…これがスーパー旨かったのだ!!!


















続く…。
(今職場駅そばの喫茶店にいる…コーヒーチケット買ったやでー!これで俺も『正真正銘の常連様』やー!!←締め豪語)

# by shousei0000 | 2018-05-03 20:09 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その4。

俺は物心ついた頃から『酢』があまり好きでななかった…『酸味に喜びを覚えない子供』だった…。

始まりは『酢の物』であったように思う…。

初めて酢の物を口にした時

「すっぺ!」
(酸っぱい!)

と思って箸を置いたような記憶がある…。

次は…『酢豚』だったかな…。

ある日家族で外食に行った…『外食』ゆうても俺の子供時分の話なので『そこいら辺にある中華料理屋』だった…。

俺の子供時分の外食は常に『そこいら辺にある中華料理屋』だった…我が家が貧乏だったとかではなく『他の選択肢』があまりなかった…。

我が家の生活圏に初めてファミレスができたのは確か俺が中学に入った辺りの時期…それまでは『そこいら辺の中華料理屋』しか店がなく、『外食』といえばいつもそうした中華料理屋だった…まあ『うどん屋』『蕎麦屋』もあったとは思うが…。

そうした中華料理屋である日『酢豚』を食べた…いや…『食べさせられた』…。

当時俺は『カツ丼』が好きで『カツ丼が世界一旨いものと思う子供』で(笑)故に家族と外食に行く時はいつもカツ丼を注文していた…『判で押したようようにいつもカツ丼を頼む子供』だった…(笑)

好きなものを頼んでいるのだからそれでよさそうなものだが、我が父(故人)はそれを飽き足らなく思ったようで、ある時の外食でいつもの通りカツ丼を注文しようとした俺を一喝した…。

「冒険心を持て!」

「たまには違うものを注文しろ!!」

と…。

その結果俺は『中華丼』を注文した…いや…『注文させられた』…。

好きで注文したのではないから旨く感じる筈がない…『濃厚で卵とろりとした甘めの味のカツ丼』と『主たる具が何だかよう分からんねっとりとした餡?の中華丼』は違い過ぎて、俺は父に

「うん!これも美味しい!!」

と言ってみせはしたもののその実泣きそうだった…『カツ丼の方が旨いよう…』という気持ちで一杯だった…。

そんな経験があったから俺は今でも『中華丼』があまり好きではない…出されれば食べるけど自発的に注文した事は多分一度もない…今だって自炊を始めて早2年9ヶ月が経つけど、『中華丼を作ってみよう!』と思った事は一度もない…多分これからも作らないだろう…。

そして…『酢豚』…これも『中華丼』の時と同じように我が父に無理矢理?注文させられた…。

届いてみれば明らかに『俺が好きでない系の料理』…中華丼の時と同じく『主たる具が何だかよう分からん料理』…。

今はそうでもないけど、子供の頃の俺は『主たる具が何だかはっきりしている料理』が好きだった…『カツ丼』はその好例…。

「主たる具…カツ!以上!!」

「玉ねぎだの卵だのも入っていますがあんなの飾りです!偉い人にはそれが分からんのですよ!!」

という感じが堪らなくいい!『ジオング』みたいでいい(笑)

だから初めて見る酢豚が『雑多な野菜を炒め煮したもの』『豚の唐揚げみたいのが入ってはいるが、それは主たる具という程の存在感ではない』という外観である事に失望し、口にしてみれば『ぬらぬらとした餡?に好きではない酢の味』が口の中に広がり

「うわ…すっぺ…」

と感じ、父に気付かれないように注意しながら密かに顔をしかめたのでありました…(思い出し哀)
















続く…。
(『酢があまり好きではないエピソード』もう1話いくよ!←締め笑い)

# by shousei0000 | 2018-05-03 07:46 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その3。

b0136045_08520402.jpg
4月23日の夜勤明け…俺はその日BB(狭山市駅駅ナカのスーパー)に寄ってズッキーニを買って

「イタリアンやフレンチによく用いられるシャレオツ食材であるズッキーニを何気なく買っちゃう俺カッケー!」

とホクホクしたり(笑)レジのおばちゃんにズッキーニをこれ見よがしに提示して

「どや!おばちゃん…俺ズッキーニで自炊するんやで…おばちゃん自分の家庭でズッキーニとかよう使わんやろう?」

と『どやどや光線』をハイパワーで照射したり(笑)BBの中でクックパッドを開いて『塩胡椒ではないズッキーニの調理法』を検索して

「買い物中にクックパッドでさりげなく調理法検索しちゃう俺カッケー!」

と多幸感に打ち震えたりしたのでありました(笑)

その日は夜勤明けだったので不甲斐なく寝てしまい(笑)その翌日に作りましたよ!上の画面キャプチャーにある『ズッキーニと豚の甘酢炒め』を!

昨日の投稿にも書いた通り、基本酢があまり好きではない俺(でも餃子は酢のみで食べる←笑)は『甘酢炒め』という調理法に些か不安を覚えていた…。

「『すっぺ!』(すっぱい)と思って幾らも食わないうちに捨てちゃうかも…」

という不安感を抱いていた…。

だったら『甘酢炒め』なんか作らなきゃよさそうなものだが(笑)『外食先の味の濃い料理』に心底辟易していたり(恥)『4月に異動したフロアで夏バテならぬフロアバテしていた』というファクターもあったりして(恥)俺は『さっぱりしていてバテ対策にもなる』と書かれていた『甘酢炒め』という調理法にワクワク感を抑えられなかった…『今俺が食いたかったのはこれだ!』としみじみ思った…。

そんなワクワク感と

「俺…基本酢があんまり好きじゃないのに『甘酢炒め』とか大丈夫かね…」

という不安感をない混ぜにしつつアパートに帰ったのだが(めんどくさいおやぢですよね?←笑)折角検索したし酢も新たに買ってしまったので(主に餃子に用いる←笑)その翌日の4月24日に作りましたよ『ズッキーニと豚の甘酢炒め』を!














































b0136045_09173959.jpg
こちらがその『ズッキーニと豚の甘酢炒め』…定食(笑)

自分で作ったのに何なんだが『軽く酢が香る風味』に

「俺…大丈夫なのか?」
(基本酢が好きじゃないのに『酢が香る料理』とか食えるのか?)

と今更ながらに不安感を覚える…。

電車が職場駅に着いたので続きはまた夜にでも…。















続く…。

# by shousei0000 | 2018-05-01 09:20 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます! その2。

それは4月23日の事だった…俺は夜勤明けでBB(狭山市駅駅ナカスーパー)に寄った…。

4月の異動後自炊が非常にだらしなくなっていた…慣れないフロア業務に疲れ果てて『買い食い』がもっぱらになっていた…(恥)

『食事と称する居酒屋立ち寄り』『スーパーのお弁当』『牛丼屋さんの牛丼』『お弁当屋さんのお弁当』をローテーションする毎日で(恥)さすがにもうそういうのは飽き飽きしていた…『そういうのじゃないのが食べたい…』としみじみ思っていた…。

パスタを作ったり魚の干物を焼いたり鰯フライを作ったりした事もあったが、上記ローテーションが圧倒的に多かった…『味が濃すぎるものはもう勘弁…』という気持ちが強くあった…。

そんな日々の中漸く自炊をする気になって、それで前述夜勤明けでBBに寄った際『ズッキーニ』を見かけた…『ズッキーニ食いたい…』と思い手に取った…。

その瞬間俺の中に『物凄く誇らしい気持ち』が湧いてきた!

「ズッキーニを見かけて『ズッキーニ食いたい』と思うなんて…俺ってなんてシャレオツなんだろう!」

とスーパー誇らしく思った(笑)

実際どうなんだろうな『ズッキーニ』…ぽまいらの食卓にズッキーニが上がる事はよくある事なのかな?

俺が入間実家にいた時分『ズッキーニが食卓に上がる事』は多分なかった…あったのかもしれないが、俺がそれに気付く事はついぞなかった…。

つまりは『ズッキーニなるものをろくに知らずに生きてきた訳』なのだが、去年の今時分『ペリーニ アダージオ』で『花ズッキーニに詰め物をしたもの』を頂く機会があり、俺はそこで『ズッキーニなるもの』を初めて意識したのであった。






































b0136045_20360851.jpg
こちらがその『花ズッキーニに詰め物をしたもの』…正式なメニュー名は忘れた…(恥)

ズッキーニの花の部分に『3種のチーズ』だったかが詰められていて(細かい事は忘れた…←恥)ざっくりした言い方をすると『ピザみたいな味』がした…とても旨かった記憶がある…。

「ズッキーニたらいうのは…とても旨いのだなぁ…」

と思った…。

「こいつ『胡瓜みたいなナリ』してるのに味も食感も胡瓜とは全然違う…」

とも思った…。

これは後から知った事だけど、ズッキーニは『胡瓜みたいなナリ』をしてはいるけど、植物の分類上は胡瓜とは全く関係なく『南瓜の仲間』になるそうな…俺の中では『茄子に近いイメージ』なんだけど、植物の分類上は『南瓜の仲間』になるそうな…。

『茄子の水っぽさを消してやや固めにして、でも炒めるとほっくりとして旨い』というのが『ズッキーニのイメージ』…『だったら茄子関係ねー!』って話ですよね?(笑)

『茄子ほどは油を吸わない』という特徴もある…これ本当に合っているかな?(笑)

そんなズッキーニの旨さをより知る事になったのは…










































b0136045_20575390.jpg
『この時』だった…『去年6月のペリーニのバーベキュー』で東條シェフの畑に実っているズッキーニを頂く機会を得た。

この時はバーベキューって事で塩胡椒でソテーしただけだったんだけど、そのシンプル料理がべらぼうに旨かった!

「ズッキーニって…なんて旨いんだろう!」

と全俺が泣いた…(嘘!泣いてはいない←笑)

その時の料理が…









































b0136045_21030460.jpg
『これ』だ!

『これ』ゆうてもズッキーニは一片しか写ってないけど、これ食ったらべらぼうに旨くて、後からひょいひょいと摘んで5〜6片は食った(笑)

この経験から俺はズッキーニを『身近な存在』に感じ、そしてそのバーベキューの翌日…










































b0136045_21111078.jpg
『こういう料理』を作った!『ズッキーニと豚コマ肉の塩胡椒炒め』だ!!

バーベキューの翌日に早速ズッキーニを買って料理する辺りに『俺の影響されっぽさ』が如実で笑っちゃうけど(笑)とにかくこういう料理を作った!

ズッキーニは固めで(炒めが足りなかったかな…)豚コマ肉はパサついた感じがして(炒め過ぎたかな…)総じて言えば『微妙な料理』だったけど(恥)それでもこの微妙料理(笑)はそれなりに旨かった…ちゃんと美味しく頂いた…。

そう…








































b0136045_21173442.jpg
『ズッキーニと豚コマ肉の塩胡椒炒め定食』として美味しく頂いた(笑)

ズッキーニは飯(米飯)にもとても合い

「ズッキーニは『ご飯のおかずのホームラン王』です!」

と思った…王選手ばりに思った(笑)

そして何より

「『ズッキーニをスーパーで買ってチャチャッとご飯のおかずにしちゃう俺』カッケー!」

と思った(笑)誇らしさに胸が裂けそうになった(笑)

スーパー(この時もBBだった)でズッキーニを買う時レジのおばちゃんに見えやすい位置に置いて

「どや?おばちゃん…『ズッキーニ買う俺』は格好良いかいおばちゃん?」

と『どやどや光線』を放った(笑)レジのおばちゃんがそれに気付いた様子はなかったけど(残念…)とにかく俺はそういう光線を放った(笑)

そして今回…つまりは4月23日…俺は今回もズッキーニを買いながらレジのおばちゃんに『どやどや光線』を放った(笑)今回もおばちゃんは気付いた様子はなかったけど(哀)とにかく俺は今回もその光線をフルパワーで放った(笑)

今回は『塩胡椒炒め』にするつもりはなかった…BBでズッキーニを手にした後『クックパッド』でチャチャッと検索して『別の調理法』を探った…『スーパーの店内でズッキーニの調理法チャチャッと検索しちゃう俺カッケー!』と思った(笑)

今回ビビッときた料理(笑)は…
















































b0136045_21333566.jpg
『これ』…『ズッキーニと豚の甘酢炒め』!

『夏バテ解消!』というところにビビッとし(笑)『甘酢醤油でさっぱりご飯も進むよ♡』というところに「おお!」と思った…『今の俺に必要なのはこういう料理…』とも思った…。

この時期は春なのに夏を想わせる気候だったから(だったよな?)『夏バテ解消!』という言葉にビビッとし(笑)夏バテはしてなかったけど(俺は基本夏バテはしない!←豪語)『異動先のフロアバテ』はしていたから(恥)『甘酢醤油でさっぱり』というキーワードに「おお!」と思った(笑)

俺は基本酢はあまり好きではないのだが(だったら何故『甘酢醤油炒め』を作ろうと思うのだ!?←呆れ)ここ2年強の自炊生活の中で少しずつ酢が好きになってきた…『餃子は酢だけをつけて食べる男』になってきた…。

「今の俺なら…『甘酢醤油炒め』を美味しく頂けるような気がする…」

と思った…そして酢も買った…。

酢を買ったのは『アパートにある酢の瓶が空になっていたから』…酢の瓶丸々一本を空にしといて『酢はあまり好きではない』とかおかしな事言ってんな俺ェ〜(笑)

「果たして俺は『甘酢醤油炒め』を美味しく頂けるのだろうか…」

「『すっぺ!』(酸っぱい)と思って食わずに捨てちゃうとかならないだろうか…」

と思いながらアパートに帰った…『そこまで不安だったらそんなん作るなよ!』って話ですよね?(笑)

それでまあその翌日(4月24日)に件の『ズッキーニと豚の甘酢醤油炒め』を作ったのだが…電車が狭山市駅に着いたので続きはまた明日にでも…今日は『カーリングの話』や『ニュー行きつけの接骨院の話』には行き着く事すらできなかった…(締め哀)














続く…。

# by shousei0000 | 2018-04-30 21:51 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

色々まとめます!(ほかってしまった2つのシリーズ物の締め+α)

この投稿はタイトルにある通り『まとめ』…ほかってしまった2つのシリーズ物である『食いだおれてしまった一日…』『続近狂報告…』を締める…。

『食いだおれてしまった一日…』シリーズは『カーリングの話』…。

元々は『とある日のサイクリングの話』として始めたもののそれが盛大に脱線して(笑)『カーリングの話』になってしまったので(恥)『タイトルと内容に整合性がない』…訳分からんよな…(恥)

もうひとつのシリーズ物『続近狂報告…』は『ニュー行きつけの接骨院の話』…。

4月に異動して慣れないフロア業務に腰が痛くなって、それで地元狭山市の接骨院に行ってみたらバカ高で驚愕したものの(思い出し汗)二度三度行ってみたら『その接骨院のシステム』が分かり『別に高くない』と理解して今に至ると…まあそんな話…。

以下その2つのシリーズ物をまとめていきたいんだけど、今も通勤往路の電車内で時間がない…『カーリングの話』も『ニュー行きつけの接骨院の話』も今始めてもろくすっぽ書かないうちに『電車が職場駅に着きました…』になりそう…。

だから…『その両者に比べて入っていきやすいちょっと別の話』を書こうかな?
書く事増やしてどうするよ!(呆れ)
















































b0136045_08524581.jpg
『入っていきやすいちょっと別の話』というのはどういう話かというと『イタリアンの話』…。

昨日めでたく完結した『大勝利!』シリーズの最後の方に書いたけど、俺は今『イタリアンが好き』で『イタリアンを好きになれた自分が好き』で(笑)時々自分でも作ってみて楽しんだりしているんだよねイタリア〜ン♪

えっ?何ですか?

「『イタリアンが好き』『時々自分でも作って楽しんでいる』はいいけど…この写真『和食』じゃん?『定食っぽい』じゃん?」

「イタリアン全然関係ねー!(呆れ)」

ですって?

それが違うんだよ…これは一見『和定食』だけど、その実『イタリアンの香りを秘めた和定食』なのだ…『イタリアンを想わせる食材』が入っている…。

えっ?何ですか?

「どこに入っているんだよそれ!」

「『豚肉と胡瓜の炒め物』みたいのに『味噌汁にご飯』で『完全に和定食』じゃねえか!」

ですって?

そっか…ぽまいらには主菜の炒め物に入っているのが『胡瓜』に見えるのか…そっかそっか…。

ブッブー!外れ!これ『胡瓜』やのうて『ズッキーニ』なんや!!

『ズッキーニを軽く調理して晩飯として美味しく頂く俺』カッケー♪(締め自己陶酔←笑)
















続く…。
(書く事増えちゃったよ…←締め哀)

# by shousei0000 | 2018-04-30 09:06 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

エピローグ…(笑)

俺は今『大満足感』に包まれている…。

俺はさっきまで『職場駅そばの喫茶店』にいた…『職場駅そばのファミレス』は土日祝日は禁煙だから『職場駅そばの喫茶店』にいた…。

今日も2時間近くいたやでー(笑)そしたら帰り際にその喫茶店のウェイトレスさんに

「お客様のオーダーでしたら『コーヒー回数券』を購入して頂いた方がお得なような…」

「連休中に『割引購入デー』があるので、よろしければお買い求め下さい」

と言われた…『常連認定』だ!

『常連認定』はどこのお店でもやはり嬉しい!

ここまで書いてきた『ペリーニ アダージオ』でもそう!『常連認定』はやはり嬉しい!!

ワイなんかもう常連やさかい、ペリーニに予約の電話する時は

「ども!小生ッス♪」

ゆうもん(笑)それで通るもん(笑)

…嘘だ…『ども!小生ッス♪』なんて言わねえ…。

自分を認識してもらえている自信がないから

「◯◯◯ですけど…」

と自信なげに言う…(恥)『◯◯◯』ゆうのは俺のフルネーム…。

俺の姓は『日本でかなり多い姓』だからフルネームで名乗る…そうしないと東條シェフに

「◯◯(俺の姓)…何さんでしたっけ?」

と言われそうな気がして…。

実際にはシェフはもう俺の声を認識しているんだけど(あの人はそういうところが凄いのだ!)それでも自信無いから『◯◯◯』とフルネームで名乗る…胸を張って『ペリーニの常連です!』と言える自信が俺にはない…(恥)

そんな俺だけに(どんな俺なのか…)『職場駅そばの喫茶店での常連認定』は嬉しかった…温かいものに胸が満たされた…って大袈裟(笑)

今度行った時その『コーヒー回数券』を買おう…俺は『常連様』やさかいその位はせな(豪語←笑)

それで…その回数券出して言ってみようかなぁ…『いつもの』って…。

常連様だけが口にできる憧れの言葉『いつもの』…俺は飲み屋も含めて幾つかの行きつけのお店があるにはあるけど、未だかつて一度も『いつもの』というオーダーをした事がない…。

『いつもの』と言ったとしても

「えっと…いつも何飲まれてましたっけ?」

と言われそうで怖くて言えない『いつもの』…『いつもの』でオーダーできる人って本当に凄いと思う…。

でも…今日のウェイトレスさんは俺が飲むコーヒーの銘柄を正確に把握していたから(ちょっとビックリした!俺の事好きなのかな?←笑)このお店なら人生初の『いつもの』が言えるかも!?試しに言ってみるか『いつもの』って?

でも…あかんかなぁ…俺その喫茶店では『3つのコーヒー銘柄』をローテーションしているからなぁ…『いつもの』ゆうても

「え〜っと…『いつもの3銘柄』のどれですか?」

と言われそう…。

こうなったらもう『コーヒーの銘柄』絞るかな?これからは一番よく飲んでいる『ストロング』ゆうのに絞って、それを一ヶ月位続けてから『いつもの』ゆうてみようかな?(笑)

因みに…『職場駅そばのファミレス』なら『いつもの』で通ると思うけどな…『いつもの』ゆうただけで『いつものオーダー』が通ると思うけどな…。

俺が『いつもの…』ゆうたら…職場駅そばのファミレスの店員さんは過たず

「かしこまりました…『ドリンクバー単品』ですね…」

と言ってくれると思う…あのファミレスでは俺は基本『それしか頼まない』からな(笑)

まあ『それもどうか?』って話だけどな。

『いつもの』ゆうたら『ドリンクバー単品』がコールされるとか『かなりみっともない話』だよな?(笑&恥)

それはともかく…








































b0136045_21324497.jpg
『エピローグ』をいこう(笑)

4月21日にペリーニ アダージオに行って今まで散々書いてきた『佐島の真蛸尽くしコースの話』をして、それを終えてお店から出て『いつもの公園』に寄った時の写真が『これ』!

この写真は前にも載せたけど、今まで書いてきた話を一通り読んだ後は『前に見た時とは違う感じ』を抱くだろう?

前に載せた時は『酔いどれ写真』『ふざけた写真』って感じで書いたし実際それはまあ当たりなんだけど(笑)全てを知った今となっては『違うイメージ』が湧くだろう?

そう…『大勝利』…この写真は『大勝利の写真』…。

『佐島の真蛸尽くしコースの話』が思っていたよりうまく伝わってシェフも面白がってくれたから『大勝利!』と思いこの写真を撮った…。

「ぽまいら…ワイはやったやでー!」
(『佐島の真蛸尽くしコースの話』うまくいったやでー!)

と満腔の想いに満ち溢れてこの写真を撮った…(笑)

ちょっと小憎らしい顔しとるのは(笑)『やったやでー!』『ドヤ?』のイメージ…物凄い満足感に浸っていたからこその『このドヤ顔』や(笑)

正直もう『東京タワーが頭から生えているような写真』はどうでもいいと思った!

「あんなんいつも撮っているんだから今日はもういい!」

「俺のオリジナルコース(佐島の真蛸尽くしコース)が生まれた事を寿ぎ、それに満足しながら帰ろう!」

と思った!

「今日はいらんやでー!『東京タワーが頭から生えているような写真』!!」

と思った!

でも…










































b0136045_21480365.jpg
『習慣』とは恐ろしいもの…俺は結局『この写真』を撮った…。

『今日はいらない!』と思ったのにいつもの『東京タワーが頭から生えているような写真』を撮った…。

そしてその写真が…






































b0136045_21501526.jpg
『こう』なって…



































b0136045_21504930.jpg
『こう』なった…。

色々と『大勝利!』だったゼあの日は全くぅ〜♪(締め笑い)

















おしまい♪
(やた!オワタ!さぁ〜明日からは…何書くんだったっけ?←再締め笑い)

# by shousei0000 | 2018-04-29 21:52 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大勝利!ガチオーラス(笑)

b0136045_19074066.jpg
朝の投稿の末尾の画面キャプチャーを載せる…相変わらず突然字が小さくなったりして意味分かんねえなエキサイトブログ…。

ぽまいらは『スマホバージョンのエキサイトブログ』で拙ブログを見ているんだろうから『突然字が小さくなる問題』は分かるまい…『PC版エキサイトブログ』で見ている人のみが分かるこの珍問題…。

何でこうなるんやろうなぁ…まあこの問題はエキサイトブログに何度か改善をお願いしたけど返事すらないから、もう改善される事はないのだろう…何故返事すら寄こさないのかエキサイトブログ…(プチ怒)

それはともかく…

































b0136045_19132603.jpg
もう一度その画面キャプチャーを載せる(笑)

『近い将来ペリーニ アダージオでやってもらう予定の佐島の真蛸尽くしコースに同行者がいてくれたら…』というような事を俺は書いた…。

①ひたすらに蛸が来る。
②「えっ?また蛸ォー!?」と俺がボケる。
③「『また蛸ォー!?」って、そらあんたがそう望んだんやからー!」と同行者が突っ込みを入れる。
④そこに東條シェフがニヤリと笑いながら来て「お待たせしました…『蛸の◯◯』です」と言って更に蛸料理を提供する。

こんな流れが延々と繰り返される訳だ(笑)

それ考えるとやっぱ『同行者』がいるな!まあ『同行者』ゆうより『突っ込み者』なのだが…(笑)

でも…ちょっと無理かもな『同行者』…何しろ『蛸しか出てこないコース』なんだから…。

俺は自身が望んでこのコースを頂くのだから蛸しか出てこなくても別に不満はないが、普通の人は蛸しか出てこなかったら不満に思うわな?それが『逸品である佐島の真蛸』であったとしてもさすがに飽きるわな?(笑)

そんなコースに他者を誘う事はできまい…やはり『独りで頂くべき』なのか…。

独りで頂くならせめて『東條シェフが相手してくれる日』にしたい…誰かと感想や笑いを交えながら頂けないのなら、せめてシェフと掛け合い?をしながら頂きたい…。

アミューズ→アンティパストI→アンティパストIIと『蛸の料理』が続いていく…そして当然アンティパストIIIも『蛸の料理』…。

この辺りで俺がたまりかねたように

「また…『蛸』なんですね…」

と言う…自分でそう望んだのにたまりかねたように言う…(笑)

するとシェフがニヤリと笑いながら

「ええ…また『蛸』なんです…」

と言う…そしてそれに続くプリモピアットIもまた『蛸』なのだ…何の冗談だ(笑)

俺ちょっと思ったんだけど、もしかしたらプリモピアットIは『蛸のパスタ』は蛸のパスタでも『蛸墨のパスタ』なんてのが出てくるんじゃないかな?『イカ墨のパスタ』はよく聞くけど『蛸墨のパスタ』ゆうのはあまり聞いた事がないから、ひょっとしたらシェフはそういうの出してくるんじゃないかな?

このコースでは『生の佐島の真蛸』乃至は『まだ生きている佐島の真蛸』をまるごと使う事になるんだろうから(独りで一匹食べられるのかなぁ…)多分『墨袋』なんてのも付いてくる?んだろうから『蛸墨パスタ』もありなんじゃないかな?

と思って今検索してみたら…『蛸墨パスタ』ゆうのは『現実的ではない』らしい…理由は一々書かないけど『普通は作らない、作れない』そうな…『我が予想のっけから外れ』やで…(哀)

こうなるとプリモピアットIは『予測不能』になるんだけど…性懲りも無くプリモピアットIIを予想する…プリモピアットIIはズバリ『飯』と予想する…。

平たく言うと『リゾット』…『蛸のリゾット』…これはありそうでしょう?

『蛸のパスタ』を2品連続で出したらさすがに飽きるでしょう?その前の4品も『蛸』なんだからさすがに飽きるでしょう?(笑)

だからシェフは『飯』(つか米)でくるような気がする…実はシェフのリゾットはまだ一度しか食べた事がないから何気に楽しみ…。

つか…俺更に大胆予想しちゃったんだけど…ひょっとしたらプリモピアットIIは『リゾット』を越えて大胆に『飯』でくるんじゃないかな?平たく言うと『蛸飯』『蛸の炊き込みご飯』なんかが出てくるんじゃないかな?

「それイタリアンじゃねー!」

とぽまいらは思うかもしれないけど…シェフは去年6月のバーベキューの時『鰹の藁焼き』を出した実績?がある!

『和食』も時としてやるんだよ!だからプリモピアットIIに『蛸飯』をぶつけてきそうな気配を何となく感じる!!

これ(蛸飯)出てきたらマジ笑うよなー!

「イタリアンやないやないですかシェフー!」

って突っ込んじゃる(笑)

な、何かこうなると『独りで頂く』のもいいな!

もう『同行者』とかいいや♪
何なんだそれは!(呆れ)


















































b0136045_19573312.jpg
前に挙げた『去年6月のバーベキューの時の東條シェフの写真』を再掲する…この写真は『ちょっと酔って斜面でたたらを踏んだシェフを激写しようとしたら格好良いポーズを取り直した』というもの…。

この方は『お茶目』なんだ…『ユーモアーに溢れている』とでも言うべきか…。

無論俺はシェフをそこまで深く知っている訳ではないけど、それでも俺はこの方を『面白い事が好きな方』『ジョークの分かる方』であると思う…そうでなければいかに逸品であるとはいえ『佐島の真蛸尽くしコース』なんか受けてくれまい…何しろ『他店では見かけないコース』なのだから…。

そんな事を思って以前この写真を載せた…『面白い事が好き感』『ジョークを分かる感』が伝わってくるだろうがぽまいら…(伝わってきますよね?←笑)

色々ふざけて書いてしまったけど(東條シェフすみません…)俺は今7月にでも行われるであろう『佐島の真蛸尽くしコース』を心から楽しみにしている…『蛸飯』が出てくるかどうかは分からないが(笑)このシェフならきっと『飽きのこない真蛸尽くしコース』を作られると思う…普通に美味しく頂くと思うよ『佐島の真蛸尽くしコース』…。

『蛸しか出てこない』ゆうても勿論野菜やオリーブなんかは入っているだろうし、メインは『カッチュコ』みたいに他の魚介類も入るのかもしれない…何しろ楽しみだ…。

ここまで書いた俺の予想(妄想?←笑)は全て外れるかもしれない…『ニワカイタリアンファン2年目の俺がする予想』なんてたかが知れている…『俺の予想を遥かに上回る旨さと面白みに溢れるコース』になると思う…何様だよ俺ェ〜(笑)

『こんな楽しみ』を知る事ができた事を嬉しく思う…。

2年位前の俺は『イタリアン』というものに忌避感のようなものを覚えていた…。

「ぬぅあ〜にが『イタリアン』だよう!」

「『イタリアン好き』ゆうても本当は『それ程好き』じゃないんだろ?『女にモテる為に好きな振りをしている』ってとこだろ?」

などと怨嗟を込めて思っていた…『イタリアンを憎んでいた』と言ってもいい…。

でも今は…俺は素直に『イタリアンが好き』だ!女とか関係なく『イタリアンが好き』だ!!

そら本当は『女とイタリアン』の方がいいけど…俺の場合そういう訳には中々いかないから(恥)『女抜きのイタリアン』でいい!『同行者無しのイタリアン』でもいい!『独りイタリアン』にもすっかり慣れた(笑&恥)

あの日(どの日?)『東條シェフの動画に出会えた事』に感謝!

あの日(どの日?←しつこい?←笑)『アーリオオーリオ動画』で東條シェフ&ペリーニ アダージオに興味を持ち、『タコの溺れ煮動画』『カッチュコ動画』でそれが増幅して、遂に店舗に訪問して(その節はありがとうCBさん!)その後リピートを重ねて今に至る…何かひとつが欠けてもこうはならなかった…。

そんな出会い(動画や店には出会っても『人とは出会わない』のが俺らしい…←恥)に感謝しつつ、俺は近い将来『佐島の真蛸尽くしコース』を美味しく頂こうと思う『独り』で…(締め恥)

















『エピローグ』に続く…(おい!←締め赫怒)

# by shousei0000 | 2018-04-29 20:35 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大勝利! オーラス??(笑)

b0136045_07270115.jpg
本シリーズはそろそろ終わりにしたいのだが…通勤往路の電車内なのでこの投稿では終われまい…今日の帰りに寄るであろう『職場駅そばの喫茶店』で漸くフィニッシュか…(笑)

先日載せた画面キャプチャーを再掲する…この中にある『蛸がどうの』という事を東條シェフに無事伝えられ『佐島の真蛸尽くしコース』をする約束を取り付けられたので『大勝利!』となる…そういう意味で本シリーズのタイトルを『大勝利!』にした…。

「やりましょう!」

「『最初っから最後まで全部蛸!』って感じてやりましょう!!」

とシェフは言った…笑いながら言った…。

「笑っているって事は…この真蛸尽くしコースは『シェフにとっても面白い事』なのだ!いいぞう〜♪」

と思った…『敬愛するシェフを面白がらせた俺やるじゃん!』と思った(笑)

ひとつ気がかりな事があったので聞いてみた。

「あのう…その蛸尽くしコース…『独り』でもやって頂けますか?」

と…。

そしたらシェフは笑顔で

「大丈夫です!やります♪」

と言ってくれた!やったネ♪

他者を同行できるか分からないので(友達少ないもんで…←恥)『独りでもおk?』と聞いた訳…だから『独りでもおk!』と返してもらって嬉しかった!これで『佐島の真蛸尽くしコース』の開催は確定やー!!

別れ際にシェフに

「なるべく誰か連れてきます!」

と伝えた…友達少ないけど(恥)とりあえずそう言ってみた…。

見栄でそう言ったのではない…『このコースは誰かと食べた方が楽しそう…』と思ってそう言った…。

『最初っから最後まで全部蛸!』『泣いても笑っても蛸!』『「他のものが食べたいよう…」と思っても容赦なく蛸!』なこのコース…あまりの蛸尽くしに笑っちゃう場面もあるだろう…。

そんな時に傍らに誰かがいてくれたら…。

「おーい!『また蛸』だよー!参ったねこりゃ!!」

と苦笑いしながら言う俺に

「そらそうでしょう『真蛸尽くしコース』なんだから!自分で頼んだんでしょうが!!」

と突っ込んでくれる人がいてくれたらその笑いは2倍にも3倍にもなる…まあ折角のシェフの心尽くしコースを『笑いながら食べる』というのは失礼なのかもしれないが…。

電車が職場駅に着いたので今はこれで失礼する…。















続く…。
(次回最終回!ガチやでー!!←大力説←笑)

# by shousei0000 | 2018-04-29 07:52 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大勝利! オーラス?(笑)

b0136045_14534415.jpg
今夜勤に出勤中でこの投稿では終われそうにないので『オーラス?(笑)』とさせてもらった…次に書く投稿で『オーラス!』になる筈…(笑)

前回の投稿を書いて後、試みに『イタリアン 真蛸尽くしコース』で検索してみた…俺が東條シェフにお願いした『佐島の真蛸尽くしコース』みたいのがよそのイタリアン店で行われているかもしれないと思って…。

でも…ヒット無し…キーワードを微妙に変えてインターネッツ(笑)で色々検索してみたけど『真蛸尽くしコース』『旬の蛸をメインに据えたコース』はイタリアン店には該当無し…個人の方で『旬の真蛸が手に入ったからイタリアンコース仕立てにしてみたよー!』みたいなブログがあるかと思っていたけど、それも無し…。

上の画面キャプチャーはその検索画面…『真蛸尽くし』で検索かけたのに『真蛸』ではなくて『尽くし』の方に反応している…即ち『真蛸尽くしコースをやるイタリアン店』は少なくとも『お店自身が自発的にやる例』は無い…。

代わりに出てきたのが上の画面キャプチャーにある『蟹尽くしコース』や『白トリュフ尽くしコース』…これなら分かるんだよ『蟹』や『白トリュフ』は『イタリアンに於いてメインになり得る食材』だから…。

『白トリュフ尽くしコース』は一昨年までは東條シェフもやっていた…(『白トリュフスペシャルディナー』という形で)『蟹尽くしコース』は東條シェフがやっていたかは分からないけど、旬の時期に頼んでみれば

「なるほど…『蟹をメインに据えたコース』ですね?」

と言ってやってくれるだろう…。

『白トリュフ尽くしコース』も『蟹尽くしコース』もイタリアン店のコースとして普通に成立する…よね?(笑)だからこの2つならどのお店でもどのシェフでも割と違和感なくやられると思うのだ…。

でも…『蛸尽くしコース』は…結構検索してみたけど『イタリアン店のコースメニューとしては該当無し』であった事を考えると『極めて特異なコース』『変なコース』になるのではないか?それを7月だかに食べられると思うとメッチャ昂まるぅ〜♪
















続く…。
(半端なところで終わるけど電車が職場駅に着いたもんで…夜勤いてきま〜す…)

# by shousei0000 | 2018-04-26 15:15 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大勝利! 最後????(笑)

b0136045_22195641.jpg
シェフが『破顔』した!

その時の写真は当然無いので『昨年6月のバーベキューの時のシェフの写真』で代用する(笑)

4月21日のペリーニ アダージオ…出入り口付近のお会計をするところ…。

そこで俺が

「『佐島の真蛸尽くしコース』って…できます?」

と勇気を振り絞って言ってみたところ、それを聞いた東條シェフは『破顔』した!『笑った』のだ!!

『失笑や苦笑』ではない…『笑顔』であった…いや『爆笑』と言ってもいい…。

俺の問いにシェフはこう答えられた…。

「なるほど…『佐島の真蛸尽くしコース』ですか…」

「いいですね!やりましょう!『最初っから最後まで全部蛸!』って塩梅でやりましょう!!」

と…そしてまた愉快そうに笑われた…。

俺は仰天した…そりゃ〜こちらから『佐島の真蛸尽くしコース』とは言ったが、まさか『最初っから最後まで全部蛸!』とは…まさかそこまで徹底するとは思わなかった…。

「あ…いや…」

「別に『オール蛸』ではなくても…」

と言いかけた次の瞬間、俺は非常に愉快な気持ちになっていた…『最初っから最後まで全部蛸!』…それってちょっとバカっぽい感じがして素敵やん(笑)

蛸はイタリアンにとって『それなりに重要な食材』…であると思う…(自信ないから言い切りはしない←笑)

『蛸のカルパッチョ』なんてのはクックパッドにだってレシピがあるし、『蛸の入ったパスタ』だってよく見るものである(クックパッドにレシピあり←笑)

俺がペリーニに嵌った理由のひとつである『蛸の溺れ煮』(ポルポ・アッフォガート)なんかは『モロに蛸が主役の料理』だし、あとは…あとはまあ…思い浮かばないや(笑)

『ニワカイタリアンファン』になってまだ一年ちょいだからこれ以上は思い浮かばないけど(恥)多分これ以外にも『蛸を用いたイタリアン』はあると思う!『最重要の食材』ではないと思うけど『それなりに重要な食材』ではあると思う!

『主役になる食材』であるかは分からない…蛸がメインの『蛸の溺れ煮』を俺は以前シェフに作ってもらった事があったけど、それは『アンティパスト』(前菜)として提供された…『佐島の真蛸』に嵌った料理である『真蛸の冷製トマト煮込み』もまた『アンティパスト』だった…決して『メイン』ではなかった…。

『アミューズ』(先付け)はちょっと分からないけど、『アンティパスト』として例えば『蛸のカルパッチョ』『真蛸の冷製トマト煮込み』『蛸の溺れ煮』が出たとして、次の『プリモピアット』はどうなるのか…『トマトソースの蛸のパスタ』になると『蛸の溺れ煮』と被る…しかも『2皿目のプリモピアット』にも蛸を使うとなると更に被る…オイルパスタにするとしても『蛸の入ったパスタ』という意味ではやはり被る…。

そして更に…『メイン』はどうなるのか…『蛸が主役のメインセコンドピアット』とは一体どんなものなのか…。

『ニワカイタリアンファン2年目の俺』にはさっぱり分からない…想像ができないし予測もまた不能…でも…そこがいい!

『そこがいい』じゃん『東條シェフお任せの佐島の真蛸尽くしコース』!

『次に何が出てくるか分からない』というところがいい!まあ『何が出てくるか分からない』と言っても『蛸が出てくる』のではあるが…(笑)

ひたすらに『蛸』!

最初っから最後まで全部『蛸』!

泣いても笑っても『蛸』!

「蛸以外のものが食べたいよう…」と思っても容赦なく『蛸』(笑)

しかもその蛸はかの『佐島の真蛸』!『旬の佐島の真蛸』!!

逸品とされる食材(旬の佐島の真蛸)を使って繰り広げられる『ジョークっぽいコース』…便宜上『ジョークっぽい』と書いたがシェフは勿論真剣に作られる…。

真剣なのにどこかジョークっぽい『真蛸尽くしコース』…それがいい!ひたすらにいい!!

俺の心は既に『7月にやってもらうであろう東條シェフお任せの佐島の真蛸尽くしコース』に向かって飛んでいた…。

















ごめん…あと1話続く…(締め恥)

# by shousei0000 | 2018-04-26 02:16 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大勝利! 最後???(笑)

b0136045_20044485.jpg
全ては『この料理』から始まった…。

昨年7月30日に行われた大学クラブ同期達とのペリーニ アダージオに於ける『ビステッカ・フィオレンティーナコース』…そのコース内でアンティパストとして提供された『佐島の真蛸の冷製トマト煮込み』…その蛸のあまりの旨さに俺が瞠目した事から『佐島 de 真蛸ラン』と呼ばれるサイクリングをする事になった…。

三浦半島の西南にある漁港『佐島』…そこに行けばペリーニで美味しく頂いた『佐島の真蛸』が食べられる筈…。

『往復するとその総走行距離は200Kmを越える』『神奈川の地理に明るくない』『決行できる時期には蛸の旬は終わっている』といったネガティブな要素がありはしたが、俺は結局『佐島 de 真蛸ラン』を決行した…その心は

「どうしても現地で『佐島の真蛸』を食べてみたい!」

との想い故…。

そして昨年の10月11日…『佐島 de 真蛸ラン』は決行され俺は遂に『佐島』に至ったのだが…














































b0136045_20174458.jpg
そこで俺が口にできたのは『これだけ』…『佐島の真蛸の産地佐島』にまで足を運んだのに、俺が口にできたのは『釜茹で蛸の切り身僅か数片』…(思い出し哀)

『旬を過ぎていた』のがこうなった理由のひとつではあろうが、それ以上に『産地は必ずしも食せる環境とは限らない』というのがより大きな理由…『佐島の真蛸』は確かに逸品なのではあろうが、そのネームバリューは『三崎の鮪』などとは違う…そこまでメジャーな存在ではない…。

『三崎に行けば鮪が食べられる』というのと『佐島に行けば佐島の真蛸が食べられる』というのはイコールではない…佐島は小さな漁港で観光客向けのお食事処は少なく、しかも『佐島の真蛸』がそれ程メジャーな存在ではないから『お食事処に行けば必ず食べられる』とは限らない…。

佐島で真蛸が水揚げされているのは間違いないであろうが、それは『佐島で食べる』『佐島を訪れる観光客に食べさせる』というよりは『出荷する』という位置付けのようなのだ…『佐島でそれを食べさせるお食事処』はあるにはあるのだろうが、俺は『そうしたお食事処』に行き当たる事ができなかった…(また思い出し哀)

この経験から俺は『現地に行けばいいというものではない』という事を学び

「来年の旬の時期になったら…ペリーニかLien(東十条の魚の美味しい居酒屋さん)に行って『佐島の真蛸』を堪能するとしよう…」

と思ったのでありました…。













































b0136045_20373170.jpg
そして話は『ここ』に戻る…。

先日ペリーニに行った時、俺は東條シェフに

「『佐島の真蛸の旬の時期』になったら…『佐島の真蛸尽くしコース』みたいのを食べてみたいんです…」

と伝えたく思った…ただそれを伝えるには『幾つかの障害』があった…。

障害のひとつは『シェフが忙しそうだった事』…本シリーズのあちこちに書いてきたけど、この日のペリーニには『大常連様改めシェフのご学友様方3名』『半個室のカポー(カップル)』『後刻訪れたシェフとワインについて語られるイケてそうな単独男性』『俺の横に座られ俺をソワソワさせたコケティッシュ単独女性』といったお客さん達がいて、シェフはバタバタはしていなかったもののそれなりに忙しそうだった…『蛸がどうの』などと話し込むのは憚られる雰囲気があるような気がした…。

障害の2つ目は『イタリアンに真蛸尽くしコースなんてあるのか?』という事…もしもないなら俺は『変なお願いをする』という事になる…。

和食なら『真蛸尽くしコース』は『ある』と思う…『蛸刺』か『酢蛸』から始まり『蛸の煮込み』や『蛸の唐揚げ』と推移し、『蛸飯』を経て最後は『蛸アイス』で締めるコース…いかにもありそうではないか!まあ『蛸アイス』は無いかもしれないが…(笑)

そんな感じの『和食の真蛸尽くしコース』はありそうではあるが、『イタリアンの真蛸尽くしコース』は果たして『あり』なのか?もしもないなら東條シェフを困惑させる事になってしまう…。

俺はこう見えても『東條シェフに多少は遠慮をしているつもり』である…。

「そうかなぁ…」

「結構図々しく色々お願いしているっぽいけど…」

とぽまいらは思うかもしれないが、んな事ぁ〜ねえんだよ!結構遠慮しているんだよ!!(力説←笑)

俺は自分を『変な客』だと思っている…『場違いなおやぢ』だと思っている…。

本来俺は『シャレオツイタリアン店で食事をするような人』ではない…様々な偶然から『ペリーニにリピートする客』になりはしたけど、『本来の立ち位置的にはそれは違う』と思っている…『お邪魔させて頂いている存在』であると思っている…。

だから『場違いなお願い』ならしたくない…細く長く…細々とでいいから『ペリーニの客』でいたいのだ…。

そんな想いとシェフが忙しいそうな事から

「『真蛸尽くしコースの話』は…今日はいっか…」

と諦めかけた時…
















































b0136045_21102437.jpg
『チャンス』が訪れた!

上の写真はこの日のメインで『薩摩赤鶏のなんちゃら』…『なんちゃら』と書いたのは『正式な料理名』が分からないから…。

この日は『料理の説明の録音』に失敗し(iPhoneを置く位置が悪く録音音声が聴き取れない…←哀)『メニューの写真』も撮り忘れたので(また哀)『正式な料理名』が分からない…『地鶏を一時間位かけてオーブンで煮込む』と言っていたような気がするが定かではない…(恥)

骨の付いた鳥肉を内臓も含めて煮込んだようで、ホロホロと柔らかい身と内臓っぽい味が相まって旨い…ペリーニで鳥のメインを食べたのは初めてだと思うけど『旨い…』と思った…骨までしゃぶりつきたかったけどそれは我慢した…(笑)

『グラッパ』を傾けながらこの鳥料理を食し、最後に何故か『甚松』(ペリーニに唯一ある焼酎)を頼んでシェフを苦笑させ(恥)『締めのエスプレッソ』を飲んでこの日のコースは終わった…あとは会計あるのみ…。

会計の時『シェフとサシ』になった…お金払うんだから『サシ』になって当然…何ら珍しい事ではない…。

しかし…この時俺は思ってしまったのだ…。

「『真蛸尽くしコースの話』をするなら…『今』…」

と…。

『今』なら話せる『真蛸尽くしコースの話』…今なら『シェフを独占!』なのだから(笑)『真蛸尽くしコースの話』ができる…。

『真蛸尽くしコースの話』をすればシェフは困惑するかもしれないが、世の中には『言わないで後悔するより言って後悔する方がいい』という言葉がある…どうせ倒れるなら『前のめりに倒れたい』ではないか…。

会計をする時間が永遠に思えた…『今言わないと一生後悔する…』と思った…(ちょっと大袈裟に書いてます←笑)

「今までだって色々変な言ってきたんだから、どうせなら言うだけ言ってみようよ『真蛸尽くしコースの話』…」

と思った…さっきと言っている事変わってきてるぞい(笑)

そして…結局俺は言ったのだった…。

「昨年このお店を通じて私の中で話題になったものに『佐島の真蛸』があります…現地まで自転車で行って結局『釜揚げ蛸数片しか食べられなかった』のはシェフにもお話しした通り…」

「だから…今年は『旬の佐島の真蛸』をこのお店で食べたいんです…食べ尽くしたいんです…」

「イタリアンにそういうのがあるかは分かりませんが…『佐島の真蛸尽くしコース』みたいのをやって頂く事はできますか?」

と…。

そしたら…シェフが『破顔』した!
!!

















話が佳境に差し掛かっているところだけど、そろそろ帰りたいので次の話に続く(締め笑い)

# by shousei0000 | 2018-04-25 21:46 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大勝利! 最後??(笑)

b0136045_08245919.jpg
昨日ママン(笑)が『飯』を持ってきてくれた!

暫く前にママン(笑)と電話した時

「筍貰ったんだけど…持っていこうか?」

と言われて

「じゃあ…『筍ご飯』でも作ろうかな?」

と返したら

「だったら筍ご飯作って持っていくよ!」

という流れになり『昨日の持参』になった次第。

車の出入りの関係でママン(笑)は品を渡すとすぐに帰っていった…袋を開くと筍ご飯だけでなく『キンメの煮付け』やら『中華風鳥の唐揚げ』やら『肉じゃが』やら『マカロニサラダ』やらが入っていてたまげた…。

「俺を『普段ろくなもの食べていない毒男(独身男)』とでも思っているのかママン?」

とちょっと苦笑…俺は『自炊できる男』だからそんなに酷い食生活はしていないんやでママン!(豪語←笑)

他にも『鮭切り身2つ』『トマト1個』『伊予柑1個』とまあ細々したものも入っていて、とどめに爆笑したのが『コストコのソーセージ10本位』が入っていた事!

「こんなんいらんわママン!」

「ワイこう見えても『シャウエッセンを常用している男』なんやでー!!」

と大爆笑!普通に考えて『シャウエッセン>コストコのソーセージ』やろうが(笑)

上の写真はその『ママン(笑)が持参した食事』で、とりあえず『筍ご飯』と『金目鯛の煮付け』を頂いた!晩飯に食べるつもりで買っていたスーパーの袋サラダに『ママンのマカロニサラダ』を散らしたら何か豪華なサラダになった(笑)

さすがにこれだけ貰って何も返さない訳にはいかないし、もうすぐ母の日だし、昨年末にママンが骨折した時色々やったお礼としてお金なんかも貰っていたので

「これは『ちゃんとしかお返し』をしなくては…」

と思い後刻ママン(笑)に電話して『ペリーニ アダージオ』に誘った。

本当は我がアパートの玄関口でそれ言うつもりだったんだけど、前述通り『車の出入りの関係』でその時は伝えられなかった…だから電話した…。

『俺とサシで食事』『しかも都心のシャレオツレストランで』という事でママン(笑)が二の足踏むかと思っていたんだけど、意外な事にあっさりおkしてくれた!いや〜よかった〜♪

『ママンとちゃんとしたレストランでサシで食事』なんて初めてかも…ペリーニのコースは2時間半位かかるけど『会話の話題』保つかしらん…なんてな(笑)

昨日からペリーニは休みに入り5月11日まで休むから5月12日に電話してみよう…希望の日時にうまく予約取れるといいんだけど…。

ちょっと心配なのが、ママン(笑)がシェフに

「うちの息子『五十にもなってまだ独身』で…」

「シェフ…どなたか良い人いらっしゃいません?」

と言いそうな事…。

それだけは言わせないようにせねば…さすがにみっともないし、そもそも俺はシェフとプライベートな人間関係はないのだから…。

食事当日までにママン(笑)に釘刺しておかなくてはな…。

それはともかく…










































b0136045_08562143.jpg
『昨日の投稿からの続き』をいく!

昨日は『子豚一頭丸ごと仕入れ云々の話』から盛大に脱線して(笑)『カラブリア産鷹の爪の話』になったんだったな…(恥)

今日はその下に書いてある『佐島の真蛸がどうの』というくだりについて書かせて頂く…多少『説明』をする…。

去年の7月だかに俺は大学クラブ同期達とペリーニで『ビステッカ・フィオレンティーナのコース』を頂いた…そのコースの中で『佐島の真蛸の料理』が出た…。

それがとても美味しくて、俺は

「何この蛸!メッチャ旨いやん!!」

と感激し、その後色々あってすぐには『佐島の真蛸の再食』ができない中

「じゃあ…現地行って食ってみる?」

と思い『佐島 de 真蛸ラン』というサイクリングを企図したのでした…。














続く…(終わんねー!←悲鳴)

# by shousei0000 | 2018-04-25 09:04 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大勝利! 最後?(笑)

b0136045_16324834.jpg
この想い…正恩さんに届け!

文はん(文在寅大統領)にも届け!

花札氏にも届け!

あ…間違えた…『花札』やのうて『トランプ』やった(笑)

『国際社会への警鐘』を鳴らしたところで『本論』に移る!
何が『警鐘を鳴らす』だ!ふざけているだけのくせに!!(呆れ)
















































b0136045_16380159.jpg
『本論』ゆうのは何かというと…『これら』の事…。

上の画面キャプチャーは拙ブログ4月21日付記事『近狂報告…その5』を撮ったものなんだけど、その日『ペリーニ アダージオ』を訪れるにあたり俺が思っていた『東條シェフに伝えたい事』が幾つか書いてある…それを伝えられたか伝えられなかったかがここで言う『本論』になる…。

以下ひとつずつ検証していく…こんな事ならナンバーリングして箇条書きにすればよかったなぁ…(哀)














































b0136045_16442859.jpg
ナンバーリングしてないから『説明』しながら書いていく…めんどい…(また哀)

まず…最初に書いている『バーベキュー参戦表明』は『できた』!

「『前にここに連れてきた職場の同僚』と参加します!『野郎2人での参加』になりますが宜しくお願いします!!」

と宣言してきた!

次に書いてある『秋のバーベキューの日程は2ヶ月前位に云々』という事も『伝えられた』!

「秋のバーベキューの2ヶ月位前にお邪魔しますので、その時に日程だけでいいので教えて下さい!」

と言うてきた!

3つ目の『ペリーニのFacebookに載っているバーベキューの写真云々』は『伝えられなかった』…つか『伝え忘れた』…_| ̄|〇

でもまあこれは『自分で撮った写真』使えばいいから『_| ̄|〇』て程の話じゃねえな(笑)

4つ目の『子豚一匹丸ごと仕入れ云々』については…『論より証拠』って事で『写真』を以って説明させて頂こう!













































b0136045_16545358.jpg
ドン!(効果音←笑)

『『“ピチ”子豚を内臓ごと煮込んだラグー』だー!!

この日のプリモピアット(パスタ)の一皿目として提供されたのが『これ』!

『子豚を内臓ごと煮込んだ』という説明を聞いて喜び勇んで

「これ…あのFacebookの…」

と言ったら『そうです』と言われて俺狂喜(笑)

暫く前にペリーニのFacebookに載った『子豚の姿まんまの肉』の画像…ある意味グロ画像だったけど(笑)食指をそそられた…『旨そう』と思った…。

ええ〜い!もう文章で説明するのめんどうだから『ペリーニのFacebookの写真』持ってきちゃる!!

『保存』したら東條シェフにバレるかもだから『画面キャプチャー』でパクっちゃる(笑)














































b0136045_17064544.jpg
これがその『ペリーニのFacebookに載った子豚の写真』…ワイもしっかり『いいね!』しているぞい(笑)

見ての通りのグロ画像だけど(笑)子豚ちゃんには悪いけど『旨そう』だよな?『表面のツヤツヤ感』がかなりキモいけどそれでも『旨そう』…。

『腹が裂かれているの』が気になる…『内臓を抜いた跡』なんだろうけど『その内臓』はどうしたのか…。

「東條シェフが内臓を捨てる訳がない…何らかの方法で料理するんだろうけど、それは一体どんな料理なんだろうか…」

と全俺が垂涎した…(笑)

そうは思ったけど(食いたいと思ったけど)この子豚画像が挙がった頃俺はペリーニに行けなかった…勤務その他でタイミングが合わずペリーニに行けなかった…。

この子豚画像がペリーニのFacebookに挙がったのは『4月6日』…俺が漸くペリーニに足を運べたのが『4月21日』…既に半月の時間が流れている…。

だから『あの子豚ちゃん…他のお客さんにもう食べ尽くされちゃっただろうなぁ…』と諦めていたんだけど…














































b0136045_17172428.jpg
どっこい出てきたゼ『子豚ちゃんのラグー』!

肉(頭や脚も含む)と内臓をトマトソースで煮込んだ料理(ラグー)でスーパー旨かったんだけど(雑な表現←笑)これを頂いて何より驚いたのが『その辛さ』!

料理の説明を受けた時シェフに

「ピリッと辛くて美味しいですよ」

と言われていたんだけど、『想像以上の辛さ』にビックリした!食べ進める中で汗が沢山出た!!

『辛い』といっても『口当たりの辛さ』はさほどでもない…でも『汗がジワる』んだ!持参したタオルハンカチで何度も汗を拭いた(笑)これで俺も『ハンカチ王子』だ(笑)

この日のペリーニはお客さんが多くシェフは忙しそうだったんだけど、ちょっとしたタイミングをみてシェフに話し掛けた!『ウザい客』だ(笑)

「いや〜中々な辛さですね〜これ!」

「この辛さは『唐辛子』ですか?あのイタリアの鷹の爪である『カラブリア』ゆうやつですか?」

と…『それなりにイタリアンに精通しているアピール』全開だ(笑)『実にウザい客』だ(笑)

そしたら『その通り』だった!やっぱ『カラブリアの辛さ』だった!

僕ちん物知り〜♪『本当にウザい客』だ(笑)

実はこの時、我がアパートでは『鷹の爪が枯渇寸前』だった。『新しいのを買わなくてはならないタイミング』だった。

俺は我がアパートのそばにあるスーパーで買った『国産の鷹の爪』を愛用していた…『洒落た瓶に入っているシャレオツ品なのに高くはなく辛みや香りも抜群な逸品』だった…。

ところが…我がアパートのそばにあるスーパーが『大失態』をやらかした…『そのシャレオツ鷹の爪の扱いをやめた』のだ…。

それを知った俺は赫怒してスーパーの店員に詰め寄った!

まあ『赫怒した』『詰め寄った』ゆうても

「えっ?あの鷹の爪の扱いやめたんですか?」

「残念だなぁ…愛用していたのになぁ…」

と言っただけであるが…(笑)

そんな赫怒(嘘←笑)には『計算』があった…『扱い再開への布石』とでもいうべきか…。

そのスーパーでは『シャレオツ鷹の爪の扱い』はやめていたんだけど、『同じメーカーの輪切りにした鷹の爪』は扱っていた…『輪切り』はあるのに『丸のままの鷹の爪』は何故扱わなくなったのか…。

つまりは『そのメーカーとの繋がり』は依然ある訳で

「だったら…少し残念がったら『扱い再開』してくれるんじゃね?」

と思って赫怒(はしていない←笑)してみせたんだけど(モンスタークレーマーにはなっていない←力説!)そんな俺の様を見てもスーパーの店員さんの心の琴線には触れなかったらしく

「申し訳ございません…現在お取り扱いしておりません…」

と言うだけだった…もっと過剰に演技すべきだったかな?(笑)

それから暫くの間俺は『間に合わせで買った国産鷹の爪』を使っていた…辛さも香りもイマイチだったけど我慢して使っていた…。

『シャレオツ鷹の爪』をネットで買う事も考えたんだけど『送料』がかかる…多分千円位かかる…。

『シャレオツ鷹の爪』は確か『300円位』…それを買うのに『送料千円』は二の足を踏む…『非常にバカバカしい感じ』がする…。

だから我慢して『普通の国産鷹の爪』を使っていたんだけど、ある時『職場駅そばのちょっと洒落たスーパー』に『シャレオツ鷹の爪に似た形状の国産鷹の爪』が売っているのを発見した!喜び勇んで買った!!

残念ながら瓶には入っていなかったので『シャレオツ鷹の爪の瓶』に移して使った!『シャレオツ鷹の爪の瓶』は何か捨てるの惜しくて取っておいたんだぞい(笑)

そしてその鷹の爪を使って確か『アーリオオーリオ』を作ったんだけど…『辛み』が足りない…風味はいいんだけど『辛み』がやや足りない…。

以来俺はその鷹の爪を使う際『シャレオツ鷹の爪の倍量』を入れるようになった…『シャレオツ鷹の爪なら1本』であるなら『その鷹の爪なら2本』といった具合に…。

その鷹の爪は『辛みがやや足りない事』を除けばまあまあなので、以来俺はその鷹の爪を使い続けていた…その鷹の爪が暫く前に『あと数本』になった…。

「またあの鷹の爪『職場駅そばのちょっと洒落たスーパー』で買わねば…」

と思っていたところに…








































b0136045_17585757.jpg
『これ』を食べた!

『汗ジワる辛さ』に全俺が狂喜した!!

「うし!次に買う鷹の爪は『カラブリア』やー!」

と思った!

『この辛さ』を我がアパートでも味わいたい!

『この辛さ』でアーリオオーリオ作ったらさぞや旨かろう!(辛かろう?)

前から『カラブリア』を使いたい気持ちがあった!

東條シェフの動画か何かで『カラブリア』の存在を知ってから『カラブリア』を使いたいと思っていた!

一度は本気で買おうと思った!

『欲しいものがある時の新宿伊勢丹』に行って『カラブリア』を探した!

でも売っていなかった『カラブリア』…。

「『新宿伊勢丹』にないならどこで売っているのか『カラブリア』…」

と全俺が泣いた…。

そして…それからかなり時間が経った最近の事なんだけど…









































b0136045_18153101.jpg
俺は狭山市駅下のファミマで『こういう本』を買った…『パスタの本』…。

今更この俺(どの俺?)が『パスタの本』を買う必要はないと思ったんだけど(何様?←笑)パラパラとめくったら(つまり立ち読み←笑)旨そうなパスタが色々載っててつい買っちゃった(笑)

『パスタ文化の紹介』や『生パスタの作り方』も載っていたから読みたくなって買ったんだけど、その中に『カラブリア州の料理文化の記事』があって読んだ…。

「えっ?『カラブリア』って『地域名』なのォー!?『鷹の爪のブランド名』だと思っていた…」

と全俺が恥じた…_| ̄|〇

その記事で『カラブリア』というのが『鷹の爪のブランド名ではなく地域名』と知り(恥)そしてペリーニで『カラブリア産鷹の爪を使った料理』を食べた事で、俺は『自分とカラブリアの縁』を感じた…『これはもう運命かも…』と思った…。

因みに…さっき文中で俺が東條シェフに『カラブリアを商品名みたいに言った』みたいに書いちゃったけど、勿論そんな言い方はしとらんでー!ちゃんと『カラブリア産鷹の爪』ゆうたんやでー!!

「実は…最近まで知らなかったんですけど…カラブリアって『州の名前』『地域名』なんですね?」

「私は『鷹の爪のブランド名』かと思ってました(笑)」

と余計な説明までしといたでー(笑)

ほいでまあ『カラブリア』…やなくて『カラブリア産鷹の爪』の話やけど(笑)『我がアパートの鷹の爪が枯渇寸前』『ファミマで買った本でカラブリアが地域名と知る』『そのカラブリア産鷹の爪の料理をペリーニで食べた』という様々な偶然?から俺は『カラブリア産鷹の爪』を我がアパートにも置きたく思ったんだけど、実はまだ買えていないんだ『カラブリア産鷹の爪』…だって『頼みの綱の新宿伊勢丹』に置いてないならどこに行けば買えるか分かんないんだもん…。

かといってネットで買うと『送料』が…でももたもたしていると『我がアパートの鷹の爪の在庫がなくなる危険性』が…。

それで数日前…『もう間に合わん…』という事で『その辺で売っていた国産鷹の爪』買っちゃった…一度鷹の爪を買うと消費するのにそれなりな時間がかかるから

「さらば『カラブリア』…またいつの日にか…」

と思った…。

それでまあその『その辺で買った国産鷹の爪』でアーリオオーリオ作ってみたんだけど…何か変わった香りがしたんだ…イマイチ旨くないし辛みも明らかに足りない…。

それがその『その辺で買った国産鷹の爪のせい』かは分からない…もしかしたらベーコンが傷んでいたのかも…(『冷蔵庫に結構置いていたベーコン』を使ったのでした…)

でも一度抱いた不信の念は拭えず、結局『職場駅そばのちょっと洒落たスーパーに売っている国産鷹の爪』を買い直した…それが昨日の事…。

その『昨日買った国産鷹の爪』は2度目の購入だから辛みも香りも知っている…『シャレオツ鷹の爪』には及ばないけど普通に使っていて特に不満はない…。

だから…結局何を言いたいのかというと

「やっぱり『さらば』『またいつの日にか』だよ『カラブリア』…」

という事なんだ…『カラブリア産鷹の爪』とは中々良いご縁が結ばれないな俺…。

いつの日にかきっと『カラブリア産鷹の爪』を買おう…そして『激辛アーリオオーリオ』や『激辛アラビアータ』を作って楽しもう…(締め哀)















続く…。
(まさかこの『鷹の爪の話』がこんなに長くなるとはなぁ…終わらんかったのでまた続く…)

# by shousei0000 | 2018-04-24 18:49 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『反戦ポスター』作ってみた!

b0136045_16085342.jpg
『反戦ポスター』作ってみた!

すぐにでも使ってもらえるように『by 国連』の文字も入れてみた!!

これを正恩さんが見たら

「なるほど…『核戦争で滅亡して不毛の大地となった地球に、それでも報復装置だけが生きていて未だにミサイルが飛び交う地獄絵図』という風刺を込めているのだなぁこのポスターは…」

「戦争はいかん…『その引き金になりかねないミサイル』もまたいかん…」

「今度の南北首脳会議でマジで『全面核廃棄』を宣言してみようかな…」

と思ってくれるんじゃないかな?
だったらせめてメッセージを英語で書け!
それは無理…英語苦手だもん…。
英語の文章浮かばないし、それどころか『ミサイルのスペル』すら分からん…。
『中学生以下』だな!!!(締め呆れ)















おしまい(笑)

# by shousei0000 | 2018-04-24 16:16 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)

大勝利! 続き。

b0136045_14394234.jpg
昨日の投稿のタイトルを『大勝利!』としたのは『頭から東京タワーが生えているような写真がうまく撮れたから』ではない(笑)

確かに上の写真(頭から東京タワーが生えているような写真←笑)はうまく撮れている…過去に何度か撮った同様の写真(頭から東京タワーが生えているような写真←笑)の中でも『群を抜いてよく撮れている』と言える…。

『今の国際社会に警鐘を鳴らす写真』という感じがする…『ダメ!絶対ダメ!!』というメッセージが込められいるというか…。

えっ?何ですか?

「バカノリで撮った『頭から東京タワーが生えているような写真』なんぞに『国際社会がどうの』なんて含みがあるかい!」

ですって?

いや…実はこれ『頭から東京タワーが生えているような写真』ではないのだよ…そのつもりで撮ったものではあるが、できあがった写真を見たら

「いやいや…そんなもんじゃねえぞ!」

と思ってしまった…自分で言うのもなんではあるが『インパクトある写真』に仕上がった…。

みんなにも分かりやすく言うと『ミサイル発射の写真』っぽく撮れた…そんな意図はなかったんだけど結果としてそうなった…。

えっ?何ですか?

「そんな風には見えねえ…普通に『頭から東京タワーが生えているような写真』じゃねえか!?」

ですって?

ふうん…そう見えるか…。

じゃあ…













































b0136045_14592691.jpg
『これ』で…ドヤ?(笑)

これはさっきの写真を拡大したものだけど『ミサイルが打ち上がってる感』がハンパないでしょう?『ミサイルが炎を上げて打ち上がり、その炎が俺の頭を焼いている』って感じに見えるでしょう?(笑)

先般アメリカは『化学兵器を使用したとされるシリア政府軍』に対して『巡航ミサイルトマホーク』で攻撃した…今般北朝鮮は『我々はもう弾道ミサイルは撃たないし核実験もしない』と宣言した…。

『シリア攻撃の是非』や『北朝鮮の宣言の意図や狙い』についてはここでは書かないけど、今の国際社会の中で『ミサイルが問題になっている事』は間違いあるまい…ある意味手軽に扱えて(自軍の戦死者が出にくいから)効果はでかい事を考えると『ミサイル』に魅力を覚える政治家がいる事は分からなくもない…。

でも…『いくない』…そういうのいくない…ダメだと思う…。

という訳で…俺が何を言いたいのかというと…















































b0136045_15121984.jpg
『ミサイル…ダメ!絶対にダメ!!』

という事を言いたいのだ!そんなメッセージを上の写真を通して国際社会に訴えたいのだ!!今年のピューリッツァー賞は頂きだな♪

電車が職場駅に着いたので続きはまた明日にでも…(夜勤ナリ…)
















続く…。

# by shousei0000 | 2018-04-22 15:14 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大勝利!(本日堪能したペリーニ アダージオの締め)

b0136045_22113810.jpg
よう…ぽまいら…小生やで!

今さっきまでペリーニで東條シェフの料理を堪能しとったやで!今日も旨くて全俺が泣いたやで(笑)

ペリーニ出たところにある『いつもの公園』でタバコ燻らしているやで❤︎








































b0136045_22142307.jpg
今日はさすがにシェフと長話はできんかったわ…。

行きの投稿に書いた通り『この俺を差し置いてチーズんとこに通された大常連様』がいたし、半個室にはカポー(カップル)さんがいたし(『女性2人連れ』と思っていたけどよう見たら『カポー』やった…)後になって『単独の男性』が来店したり『単独の女性』も来店したりで東條シェフは結構忙しそうだった…だから『長話』はできんかった…。

Facebookで『24日から休みに入る宣言』をしたばかりの土曜日だからそれなりにお客さんが集中したみたい…だから…まあしゃ〜ないわな…。















































b0136045_22204102.jpg
そんな店内でワイがシェフの料理堪能していたら前述の『単独の女性』が来店した…。

ワイの真横に案内されて、シェフが

「小生さん…隣いいですか?」

ゆうてチラッと隣見たら『中々の美人さん』でさ…ワイちょっと昂まった…(笑)

その美人さんはやや遅い来店時間だったから

「今から『コース』というのも…」

ゆうた後

「でもそれなりに食べたい…お肉食べたい…」

「って…結局食うんかい(笑)」

とノリツッコミしててワイちょっと笑ってしまった…『コケティッシュやなぁ〜♪』と思った…。

そんなコケティッシュ女子(と名付けた!)が隣にいるもんだからワイそわそわしちゃってさ…隣が気になって気になってしゃ〜なかった…。

でも…『ぽまいらが邪推しそうな意味でそわそわした』というのとはちょっと違う…。

ワイが気になって気になってそわそわしたのは『隣のコケティッシュ女子の存在が故』ではなくて『コケティッシュ女子に何が届くのか』という事…より具体的に言えば『コケティッシュ女子に提供される料理』が気になった…。

コケティッシュ女子は『羊の焼いたのをつまみに酒を飲む』という選択をされた…盗み聞きしていたから間違いない…(笑)

『コース』ではなく『シェフのお任せ』でもないオーダー…それが幾ら位でどんなボリュームで来るのかが気になる…。

コケティッシュ女子は白ワインを注文され料理が届くのを待ちながらそれを飲んでいた…途中シェフが

「肉が焼けるまでこれを召し上がって下さい」

というような事を言って『ほうれん草の冷製スープ』を出していた…と思う…。

『…と思う…』と書いたのは『直視できなかったから』…隣が気にはなるけど直視したら『キモいおやぢ』になってしまう…だから直視できんかった…。

やがてややあってその『羊の焼いたの』が届き

「わぁー!豪華〜♪」

というコケティッシュ女子の嬌声が聞こえた…。

「何がどう『豪華』なのか?」

「『羊の焼いたの』は一体どんな感じなんだ?」

と思って俺はコケティッシュ女子が座る我が左手にチラチラ目線をやったんだけど…よう見えんかった…『直視』はできなかったから…。

他者の料理をジロジロ直視していたら『何こいつ!?』って思われてしまう…ましてや相手は『女子』だからうろんに思われてしまう…。

結局『コケティッシュ女子が食べていた羊の焼いたの』はまるでどんなのだか分からんかった…。

「相手が女子でなければもうちょっと直截的に眺められたのに…」

と全俺が泣いた…。

俯瞰し得た範囲でいうと『ラムチョップ』ではなかった…『タリアータみたいな感じに羊を焼いたの』だったみたい…。

付け合わせの野菜も入れると『かなり豪華』だったようだ…もっとしっかり見たかったし何なら写真も撮りたかった…『女子』でなければなぁ…(哀)

それはともかく…












































b0136045_23193360.jpg
『ペリーニのそばにある公園の写真』に戻る…。

『女子が頼んだ羊を焼いたの』ちゃんと見られなかったので俺の表情はやや暗い…『渋い』とでも言うべきか…。

と…ここまでのくだりをよんだぽまいらは思うかもしれない…。

「東京タワー』が一向に頭から生えないんですけどそれは!?」

と…。

確かにそう…今回の写真では東京タワーが小生の頭から一向に生えない…『面白みのない写真』の羅列…。

でも…ワイ反論する…。

「そう毎回『面白い写真』なんかあるかい!」

「毎回毎回『東京タワーが頭から生える写真』なんか撮ってられるかよう!!」

と…。

毎回毎回判で押したようにそんな写真撮ってられないですよう…。




































b0136045_23354295.jpg
『東京タワーが頭から生える写真』なんて…











































b0136045_23362744.jpg
そんなん毎回毎回写真に撮るなんて…












































b0136045_23373111.jpg
できる訳…










































b0136045_23412677.jpg
ね〜だろッ!
いや!やってるし!!!(締め呆れ)















続く…。
(電車が狭山市駅に着いたので今日はこれで…今回も良いペリーニ詣でだった…)

# by shousei0000 | 2018-04-21 23:41 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

速報!

b0136045_20003035.jpg
今『アンティパストII』まできた!

今日も東條シェフの料理は旨いやでー!『アンティパストIIの写真』撮り忘れたから『アンティパストI』を載せた…何でこう毎回撮り忘れるのやろう…(答え:料理の説明を録音するから←笑)

ひとつ『速報』をいく…『大常連様』はどうやら『シェフの同窓生』らしい!

会話の端々からそれが伝わってきて分かった…盗み聞きマジでやっとるんやで俺…(笑)

ほんじゃ〜コースに戻るからこれでなバイナラ(笑)














じゃあな!

# by shousei0000 | 2018-04-21 20:05 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

ペリーニなう!

b0136045_19214133.jpg
ペリーニに入ったやでー!

後でこれ(東京タワー)を頭から生やすやでー(笑)

『大常連様』は『男性3人連れ』だった!

とりあえずシェフと『アジア旅行の話』みたいのしとる…さすがは『大常連様』だけあってフランクなもんや…裏山…。

半個室にも『女性2人連れのお客さん』がいる…『独りの俺』は何か肩身狭い…まあもう慣れたけど…。

じゃあ…シェフの料理楽しむからこれで終わるわバイナラ(笑)













それでは。

# by shousei0000 | 2018-04-21 19:24 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

続近狂報告…その5。

実は今『ペリーニ アダージオ』に向かっている!残念ながら今日は(今日も?)『独り』…。

先日ペリーニのFacebookに『4月24日から5月11日までお休みを頂きます』といった記事が挙がったので

「その前に行っとかな!」

と思って『今日の訪問』になる…今度ペリーニのバーベキューに一緒に行くペロ君(職場の飲み仲間)に声をかけてみたんだけど、『二つ返事でおk』と思いきや

>翌日仕事だから今回はやめときます。

とのレスが…ペロ君らしからぬ常識的なレスに何かビックリした…(笑)

仕事終わりでペリーニに行くとペロ君の場合『職場に自転車を置いておく』という事になる…そうなると翌日仕事に行くのに不自由するので困ると…まあそういう事らしい…。

しゃ〜ないから今独りでペリーニに向かっている…今日の目的は東條シェフの料理を頂くのは勿論ではあるが、それ以外に『バーベキュー参戦表明をする』というのもある…。

あと…

「職場の互助会でペリーニのバーベキューに行くには事前に起案書を出してメンバー募集もしなくてはならないので、秋のバーベキューの時は二ヶ月位前に日程だけでも教えて欲しいです」

と伝えたり

「その起案書にペリーニのFacebookに載っているバーベキューの写真使っていいですか?」

と尋ねたり

「この前Facebookに書かれていた『子豚一頭まるごと仕入れ』って…あれ何なんですか?どんな料理にして出したんですか?内臓も料理したんですか?」

と質問責めしたり

「7月位から『佐島の真蛸の旬』になりますが…今年はシェフんとこで『佐島の真蛸尽くしコース』みたいの食べてみたいんですけど…そういうのできますか?」

と聞いてみたりしたい…何か盛り沢山だな?(笑)

でも…今日そこまでシェフとお話できないかも…昨日予約の電話入れた時シェフに言われたんだ…。

「明日は『いつもの席』は予約のお客様がいるんですが、それでもよければ…」

と…。

『いつもの席』ゆうのは『シェフの目の前の席』で拙ブログでは『チーズんとこ』といつも表記しているんだけど、その『チーズんとこ』にシェフが席を設定しているならば『かなりな常連さん』な可能性が高い…その『かなりな常連さん』は当然シェフとお話するだろうから、上に色々書いた『俺からの盛り沢山な話』なぞする時間はないかも…『バーベキュー参戦表記』だけで終わっちゃうかも…。

3月にペリーニに行った時は俺が入店する前に2組のカポー(カップル)が既に入店していたけど『チーズんとこ』は空いていた…そこに俺が通された…。

つまりは『他のお客さんを差し置いて俺が優先された』となる訳で(なるのかなぁ…)俺は満足のあまり鼻息を荒くしたんだけど(笑)今回は既に『チーズんとこに通すべきお客』が先にいる訳だ…『チーズんとこに通される予約のお客さん>俺』という構図になる訳だ…。

3月の時だけでなく他の時も俺は割と『チーズんとこ』に通されてきたので、『チーズんとこ争奪戦』に敗れたのは今回が初めてかも…この俺が(どの俺だ?)予約電話してもシェフは『その前に予約していたお客さん』を『チーズんとこ』に通す事をやめないのだから『相当な常連さん』なのかも…何しろこの俺(どの俺?)よりも優先されるのだから…って…何様だよう俺ェ〜(笑)

何かある意味楽しみになってきた!

『この俺より優先される常連さん』がどんなお客さんなのか盗み見る事が楽しみになってきた(笑)

今日はシェフとあまり話せなくてもいい!

『大常連様』(と命名する!)がどんな物を召し上がり、どんな酒を飲み、シェフとどんな会話をするかを盗み見し(笑)盗み聞きし(笑)色々勉強させてもらおう!

じゃあ…次の駅が赤羽橋だからこの投稿これで終わるなバイナラ❤︎(笑)














続く…。
(ペリーニいてきまーす!今日も食事の後『東京タワーが頭から生えているような写真』を撮ろうかな←締め笑い)

# by shousei0000 | 2018-04-21 19:08 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(0)