解説…Ⅴ(減煙日記 その9)

b0136045_18174115.jpg
9年振りに訪れた行田市街地で見出したのは『懐かしのお店』でした!

9年前に来た時も立ち寄り埼玉県北の郷土料理?『ふらい』をテイクアウトした『寺田屋』さん…本当は『屋』は付かないみたいなんだけど、俺はこの9年間ずっと『屋』が付くと思い込んでいたので、これからもこのお店を『寺田屋』と呼ばせて頂く(笑)

この日は未だ頂いた事のない行田最凶のおやつ『ゼリーふらい』というのを食べてみたいと考えふらい屋さんを探してみたんだけど、俺がとったルートが悪かったのかふらい屋さんには行き当たらず、それでオタオタしていたら『寺田屋さん』が視界に入り

「ちょ!ここ9年前に来たお店!!」

となり(笑)それで吸い込まれるように『寺田屋』に入ったと…まあそういう話…。

寺田屋に『ゼリーふらい』がないのは知っていたけど『9年前を懐かしむ気持ち』にほだされてつい入ってしまった…今回もま〜たあの『行田最凶のおやつ』を食えなかった…。

でもさ…まあさ…『ゼリーをフライにした料理』なんて想像しただけでキモい限りだから食えなくてよかったのかも…『ゼリーふらい』が『ゼリーをフライにしたもの』でないのは知ってはいるが、俺の中のイメージはもう『ゼリーをフライにしたもの』でガッチリと固定されてしまっている…『行田最凶のおやつ』という枕詞?ももう不可分な存在である…。

で…『ゼリーふらい』の件はともかく(だったら長々と書くな!←笑)この日も俺は『ふらい』を食うべく『9年振りの寺田屋』に寄ったのだった♪









































b0136045_18375838.jpg
うん…懐かしい…こんな雰囲気だったよ寺田屋…。

9年前に一度寄っただけなのに何故こうも覚えているんだろう寺田屋の内装…店内で食ったならともかく9年前はテイクアウトだったからお店にはそんなに長い時間はいなかった筈なのに…。

所用ありこれから『ペロ君』(職場の同僚)に会ってくるので今日はこれで失礼する…。


















続く…。

# by shousei0000 | 2018-12-08 18:40 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

解説…Ⅳ(減煙日記 その8)

b0136045_12021107.jpg
昨日の投稿で俺が『一見由緒ありそうな建物…でも実は普通にレストラン…』と書いたあの建物は『旧忍町信用組合店舗』でした!『由緒ある建物』だった!(喜悦←笑)

『移築した』のだそうな!カフェとしてのデビューは『今年』だそうな!道理で9年前の記憶にその姿が無い訳だ(笑)

2008年4月に人生初のロードバイク『オルベア アクア』を入手し『四半世紀振りのサイクルライフ』を復活して以来、俺が行田を訪問した機会は『二度』あった。

一度は2009年の秋で『さきたま古墳群』を軸に回ったけど、その行動の中で『あの石田光成(わざと誤記しております←笑)の忍城水攻め』について知り、『水城公園』→『忍城跡』と追加見聞したのだった…このサイクリングがなかったら今の俺はない…(『石田三成を石田光成と誤記する俺』ね…←恥)

二度目は2014年の秋…この時は『久々のファンライド』として『古墳ラン』をしたのだった…久々のファンライドに何故古墳を選ぶ2014年の俺…_| ̄|〇

この時の真の目的は『うどん』だったので(笑)『さきたま古墳群』で古墳を眺めた後はそのまま『加須のうどん屋さん』に移動した…『水城公園』『忍城跡』には行かなかった…。

だから11月28日のサイクリングで行った『さきたま古墳群』は『約4年振り』になる…そこから程近い場所だけど『水城公園』については『約9年振り』になる…。

9年振りに来たから細かい事は覚えていない…覚えていないけど『水城公園の背後に立つグリーン地の洋館』というものが当時(9年前)存在しなかった事は何となく覚えている…。

覚えていなくて当然だ…『カフェとして移築した』のだから…『移築したのは多分今年』なのだから…。

「この9年間で行田も色々あったんだなぁ…俺も色々あったけど…」

なんて事を想った…まあ行田はともかく俺個人については9年位では大して代わり映えしないのではあるが…(恥)

『9年経っても変わらないもの』がある…『9年経ったから変わったもの』もある…。

その丁度中間の存在だったのが…















































b0136045_12315839.jpg
これ!

行田のふらい屋さん『寺田屋』だ!

このお店には9年前も来た!9年前もふらいをテイクアウトした!!

今回もふらいをテイクアウトした!でもそこには『若干の違い』が…。

電車が職場駅に着いたので今はこれで失礼する…(『変態勤務』ナリ…)















続く…。

# by shousei0000 | 2018-12-07 12:30 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

解説…III(減煙日記 その7)

b0136045_21254211.jpg
あの日(11月27日)俺は『鉢形城跡公園』にサイクリングに出かけたのでした…アクアで行きました!

公園に着いたら上の写真のような『かるたみたいの』があった…『兵力の ちがい是非なし 鉢形城』とある…。

地元の人達の歴史的な想いみたいのを感じてちょっと感動…そして同時にちょっと笑う…(地元の人達の贔屓っ振りにちょっと笑いが込み上げてくるんです←笑)

でも…今はそんな事を言っている場合ではないよね…今書いているのは『自転車日記』ではなく『減煙日記』だからね…。

約9年振りに行った『鉢形城跡公園』ではあるけど、今はその模様を細かく書くのは控えよう…。

『減煙日記』を続けるんだ俺…さもないとこのネタで年を越える事になってしまう…さすがにそれは嫌だ…。

てな訳で『減煙日記』を続けますが…












































b0136045_21421360.jpg
悪ィ…ひとつだけ『鉢形城跡サイクリングの話』をさせてくれい…(懇願)

この日のサイクリング中『こんなポスター』を見かけた…『寄居北条まつり』とある…オラこんな祭りやってんの初めて知ったゾ(←ドラゴボwww)

八王子でやっている『北条氏照祭り』は何度かその告知を見た事があったので知っていたんですが、『鉢形城跡公園』がある寄居町で『北条氏邦祭り』をやっているとは知らなかったので何か昂まった!『その祭り見たい!』とか思った!!

『9年振りの鉢形城跡公園』『思っていたより色々再現されていて見どころ多し』という状況に浮かれて?タバコの事はすっかり忘れていたんですが、寄居町→小川町→ときがわ町と帰路を進めていき『地理勘があるK30界隈』まで戻ってきたところで『それなりの離脱症状』に襲われたのでした…でもその時は『その先で日が暮れて暗くなり交通量がそれなりにあるK30を集中して走らなくてはならない』という状況になった為タバコの事は一旦忘れた…故に離脱症状も自覚せずに済んだ…。

問題だったのは『その翌日』だったんだよなぁ…(思い出しフルフル…)













































b0136045_22053186.jpg
11月28日…この日も公休だった俺は『ここ』にその姿を現した…。

『行田』だ…『さきたま古墳群』だ…『古墳を大切に』という注意書き?がいつ来ても何となく堪らんゼ(笑)

前日は『鉢形城跡公園サイクリング』でその翌日は『古墳ラン』となると『相当な歴史好き』っぽい感じがしますが…そんな格好良いものではありません…極端な事を言えばこの日の目的は『ひとつ』だった…。

その『たったひとつの目的』とは何だったかというと…






































b0136045_22152652.jpg
『丸墓山古墳の実際の高さをぽまいらに知らしめる』という事である!

暫く前に観た映画『のぼうの城』に『こんな場面』があった。

『あの石田光成(わざと誤記しております←笑)が忍城攻撃の本陣を置いた丸墓山古墳』という場面…丸墓山が高い…高すぎる(笑)

俺はその違和感(丸墓山が高すぎる件←笑)を過去の写真を引用してぽまいらに説明しようかと思ったんだけど、その時は面倒くさくてそれをやめ(写真探すのがちょっと…)そして後日改めてそれをやろうと思い付いた時は

「昔の写真探すより『改めて行って撮る』の方が早くね!?」

との考えに至り(笑)それでアヴァンを駆り『約4年振りのさきたま古墳群ラン』と相成ったのでありました…。








































b0136045_22472295.jpg
『映画 のぼうの城の丸墓山』の画像をもう一度載せる…これに対して『実際の丸墓山』は…




































b0136045_22494942.jpg
『こんなん』よ!

映画の画像とはアングルも距離感も違うから比較はしにくいんだけど、それでも『映画の画像は丸墓山がメッチャ高くて実際のそれはそこまで高くはない事』が分かるでしょう?

この日は小学生のお子さん方数組が社会科見学でここ『さきたま古墳群』を訪れており、敢えてそのお姿を写真に入れておいたので『丸墓山の高さ』がそこからも伺えるのではないでしょうか?

この『小学生のお姿も写真に入れる』というのは実はちょっとドキドキでした…いつ引率の先生に見咎められ

「そちら様…失礼ですが『女児の写真』を撮っておられませんか?」

「確認したいのでデジカメを寄こし給え!」

と強要される可能性を考えるとドキドキだった…。

俺は『女児の写真』など撮ってはいない…でも『結果として女児も入っている写真』は撮っている…たとえその姿がどんなに小さなものでも…。

だから『デジカメ開示』を強要されたら最後…でもないんですが(笑)とりあえず『対比物として小学生のお子さん方も入れた古墳の写真』を撮っている時は結構ドキドキしましたね(笑)







































b0136045_23044620.jpg
丸墓山の登り口…映画とはやっぱ大分違う…。

えっ?何ですか?

「対比物がないと高いんだか低いんだかよう分からん…」

ですって?

そうね…確かにそうでしょう…。

そんな事もあろうかとちゃんと撮っておいたので安心して下さい…







































b0136045_23111101.jpg
『小学生のお子さん方入りの丸墓山登り口の写真』ちゃんと撮っておいたので安心して下さい(笑)

この距離なら『女児を撮った!』とは言われないだろうから大丈夫…大丈夫…大丈夫…だよねえ?(笑)

ま、そんな具合の『丸墓山古墳大撮影大会』でした(笑)












































b0136045_23153687.jpg
丸墓山大撮影大会(笑)の後は『水城公園』へ!ここは9年振り!!

後ろに写っている洋館みたいのがお洒落で写真に入れたんですが

「きっと『由緒ある行田の洋館』なんだろうなぁ〜♪」

「『明治期や大正期に建てられた行田の有力人物の邸宅』とかなんだろうなぁ〜♪」

みたいに思っていて後で近づいてみたところ…











































b0136045_23214522.jpg
『普通のただのレストラン』でした…俺ァ〜ぶったまげたゼ〜(締め笑い)

















続く…。
(タバコの話があんま書けなかった…←締め哀)

# by shousei0000 | 2018-12-06 21:18 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

解説…続き(減煙日記 その6)

b0136045_09033876.jpg
それでは『解説』していく(前置き無し←笑)

②について書く。

②の前日の11月27日も俺はサイクリングしたんだけど、その出発前にタバコを吸って7時間程が経過した夕方位に『それなりな離脱症状』に襲われた…でもその時間帯の俺は『久し振りに走る交通量の程々ある道』を走っていて尚且つ日も暮れるので、走行に集中せざるを得なくなって『離脱症状』の事を忘れられたのでした…それ故『この日の離脱症状』についてはあまり記憶に残らなかったのでした。













































b0136045_09233255.jpg
この日(11月27日)は『鉢形城跡公園』に行ったのでした。

お城自体はありませんが、その構造(土塁とか土堀とか門とかetc)がよく再現?されていて見ていて楽しかった〜♪

この鉢形城跡巡りをしている時はタバコの事は全く考えず

「ん〜これ『減煙』ではなく『禁煙』できるんじゃね?」

などと思ったりしたんですが、前述通り『そうはいかなかった』のでした…。
















続く…。

# by shousei0000 | 2018-12-06 09:27 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

解説…(減煙日記 その5)

b0136045_05540963.jpg
昨日は『ペリーニ アダージオ』で『白トリュフコース』を堪能した!

上の写真はその白眉の…かどうかは分からないけど、俺的に一番インパクトがあり分かりやすい美味しさだった『アニョロッティ』というお料理!まあ『ラビオリ』だ!

『アニョロッティ』なるショートパスタの中に色々なお肉が詰められており、その上からソースをかけ更に白トリュフを『これでもか!これでもか!』という感じに削り振る…本当に『これでもか!これでもか!』ゆう感じにモリモリと振る…(笑)

様々な肉の味がして旨い…この料理自体は多分俺過去にペリーニで頂いている…。

「『イタリア版の餃子』ってところですかね」

と東條シェフはおっしゃったが、俺は『イタリア版ワンタン』だと思う!そう思った記憶がどこかにあるから、このお料理はやはり多分過去にペリーニで食べている!

肝心要の『白トリュフ』は…正直よく分からんかった…『香りがよくて料理に風味付けをする』って感じの使われ方をしているみたいなんだけど(多分な…)白トリュフ自体に味がある訳ではないから『その旨さ』をはっきり知覚できなかった…料理自体は全部旨かったし満足した…。

そのお会計は…『22000円』でした!『3万』余裕で下回ったよ(笑)

考えてみれば俺がペリーニでコースを頂く時の飲み代って大体『6000円位』なんだよね…昨日は白トリュフコースが『16000円』で飲み代がいつもの『6000円』だったから合わせて『22000円』になる…『3万はいく』と何故思ったのか昨日夕方の俺…。

それはともかく…
















































b0136045_06140769.jpg
『減煙日記の続き』をいく(笑)今回からは『解説』だ(笑)

昨日の投稿に挙げた『減煙運動をまとめてiPhoneのメモ帳に書いたもの』を挙げてその場面の写真も引用して『解説』していく…あまり長くならないよう注意していきたい…。

それでは今朝はこんなところで…(仕事いてきま〜す…)

















続く…。

# by shousei0000 | 2018-12-05 06:16 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

『節煙』ではなく『減煙』だった!(減煙日記 その4)

今日は『私信』から始める…。

私信…色々なハンドルネームでコメントを下さる某猊下(笑)…先日下さったコメントを消してしまわれたようですが、それってもしかして

「減煙、乃至は禁煙している人にあのコメントはなかったかな…」

と思われたからですか?

もしそうだったらそんな事はなかったんですよ!あのコメントありがたく読ませてもらいました♪

最後の方にちょっと挑発的な表現があって、あれ読んで逆に俺のタバコに火がついた…じゃなくて!俺の減煙闘志に火がついた!タバコに火ィ〜つけたら意味ねーじゃん!(笑)

だから猊下!あのコメントは何も問題なかったんですよ!『減煙』ゆう言葉も教えてくれてありがとう!!

今まで俺『節煙』ゆう言葉使っていたけど…『節煙』では『大事に惜しみつつタバコを吸う』みたいな感じがして前からおかしいと思っていたんだ…『節煙』ではなく『減煙』だよね…。

これでしっくりしたわ!新たに作ったカテゴリー『節煙日記』も『減煙日記』に変えておいたぞい(笑)

猊下からお尋ねがあった『何故減煙なぞ…』という事についてですが、まあ一言で言えば『タバコを吸える場所を探すのがめんどくなった』という事ですね。

来年のラグビーW杯…再来年の東京五輪…それに向かってこれからますますタバコは吸えなくなるでしょう…吸える場所が限られる事になる…もしかしたらこれからはスマホで検索しないと『タバコを吸える場所』が見つけられない時代になるのかもしれない…。

それをめんどく感じたのと、直近の値上げでさすがにバカバカしくなってきたのと、あともう少しで給料日だったので(減煙を思い付いた時の話ね)

「10月25日位からタバコ減らしてみるか?」

と思ったのでした…その時は減煙の切り札として『禁煙外来』を考えていた…。

でも…その話を職場でしたところ同僚の一人に

「『禁煙外来』なんてやめとけよ!意味ないぞアレ!!」

「『VAPE』にしてみろよ!俺はVAPEでタバコやめられたぜ!!」

と言われ、それでまあ最初は『うっせ!』とか思ったんだけど(笑)段々話に引き込まれネットで調べたら『VAPEでタバコやめられた!』みたいな記事が結構あって、それでまあ気付いた時は

「VAPE…VAPE…」

とうわ言のように呟く始末…要するに『VAPE欲しい!』ゆう事ですわ(笑)

ひとつ訂正!

前の投稿(だけかな?)で俺『VAPE』の日本語読みを『ペイプ』と書いていたみたいだけど…言うまでもなく『ベイプ』な!『ペイプ』ゆうのは間違えな(笑&恥)

一旦『ペイプ』で打つと予測変換で『ペイプ』が出るから間違え続けたと…まあそういう事…これも猊下からのコメントで気付いたよ!ありがとう猊下!!

でまあこうなると『減煙』が楽しみになって(笑)

「VAPEでどこまで誤魔化せるかな〜?減煙できるかな〜?」

なんて呟きながらルンルン気分(笑)『代わりの何かがある』ってイイネ!

かようにして始まった俺の減煙運動…それをまとめてiPhoneのメモ帳に書いてみたので、その画面キャプチャーを以下貼らせて頂く!(4枚あります←笑)









































b0136045_17395534.jpg













b0136045_17395683.jpg













b0136045_17395805.jpg













b0136045_17395916.jpg
まあこんな感じの約1週間でした♪

『完全に禁煙できた時間』はまだそんなに長くはないけど(哀&恥)『減煙できた時間』はかなりある!減煙を開始した11月26日に手元に30本位あったタバコが、今この瞬間にまだ8本だか残っている!

『約1週間で22本の消費』というペースは今までの俺では考えられない!今までは『毎日20本』だったのだ!!

12月に入ってからのタバコ消費量は『僅か1本』!これは『吸わなくてもよかった1本』だから悔やまれる…上の画面キャプチャーの最後の方にある『禁煙できているご褒美のタバコ』ゆうやつ…全く以ってイミフだぜ12月2日23時頃の俺ェ…_| ̄|〇

まあそんなところで今日はここまで!ちょっと飯行ってくる!!











































b0136045_17525003.jpg
『これ』食ってくる!

『飯に16000円』とかオラ初めてだ!(←ドラゴボwww)

酒入れるといくらになるかな…3万…かな…3万だな…(溜息)

でも食いたいんた『東條シェフ渾身の白トリュフコース』を!

『東條シェフ渾身の牛タンカレーと合わせジャンバラヤ』は食い逃したから(しつこい?←笑)今回は食い逃したくない!後で『しまった…』とか『食っときゃよかった…』と後悔するなら食って後悔する…それが『漢』ってもんだろうええおい!

もうすぐ赤羽橋…平日の口開けの時間だから他のお客さんいないといいな…。

今回も『ぼっち』だからさぁ…他のお客さんはなるべくいない方がいい…いてもいいけどせめて19時位からにしてくれよな他のお客さん方…。

『白トリュフ』…本当に楽しみだ…こういう異次元食材(笑)を楽しみにするようになった今の自分にかんぱぁ〜いってところかな?もっちスパークリングワインでね♪

ほんじゃ〜いてくるぜぽまいら『白トリュフコース』とやらに!!!(締め3万越えないといいな…←何じゃそりゃーッ!!!←締め呆れ)
















おしまい。

# by shousei0000 | 2018-12-04 18:02 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

ほぼほぼ48時間経過!(節煙日記 その3)

b0136045_14412653.jpg
電子タバコ『VAPE』(『ペイプ』と読む)を活用しての節煙を本格的に始めてから48時間が経過…より正確に言うと今この瞬間で55時間が経った…この間の俺の喫煙本数は『1本』である…。

昨日11月30日の11時頃タバコを1本だけ吸ってしまった…これは変な言い方になるが『吸わなくても済んだ1本』であった…『吸いたくて吸いたくてしょうがなく遂に我慢できずに吸ってしまった1本』というのとは違う…。

この1本があるので『ほぼほぼ48時間』と書いた…『タバコを吸わなくなってから48時間が経過!』とピシーッと書けないのが些か残念ではある…。

でもね…なん言うんかね…一言で言うと『かなりきている』ね!

いや『きていない』と言うべきか!?

昨日の11時に1本吸ってから(残念…)24時間以上が経過し、その前の喫煙からでももう48時間以上が経つ訳だが、昨日の1本以降『タバコを吸いたい』という欲求が一度も湧いてこない!離脱症状(昔で言う『禁断症状』ね)が襲ってこない!

今ね…今ちょっときているね離脱症状…『タバコ吸いて…』と身体が軽く求めているね…。

でも多分これ『VAPE吸えばおさまるやつ』ね…今電車ん中だからVAPEも吸えなくてジリジリしているけど、電車降りてVAPE吸えばこの離脱症状っぽいの多分解消するね…自分の事だから何となく分かる…。

代わりに…と言うのも何なんだけど『VAPE依存症』は結構きてるね…VAPEがないと不安になるもんね…。

昨日俺は22時終わりの変態勤務(笑)だった…今日はこれから夜勤…そして昨日の夜の時点で『VAPEのリキッドの残量』がやや心許なかった…。

そのリキッド残量でも多分夜勤は越えられる…夜勤さえ越えてしまえばリキッドを買いに行けるから別に問題はない…『ネット注文』だってできる…。

でも…『もし夜勤中にVAPEのリキッドが切れたら…』と思うとおそろしくておそろしくて(笑)それでまあ昨日の変態勤務(笑)終了後新宿までVAPEのリキッド買いに行っちゃいましたよ(笑)

職場を出たのは22時半とか…この時間から西武新宿に行けば帰りの電車が結構ギリギリになる…『終電まであんま時間ない』という事になる…。

それなのにVAPEのリキッドを求めて上り電車に乗った…『ペイプ依存症…大分きてるな…』と思った…。

新宿に着いてVAPEのお店でリキッドとコイルを買いホッと一息(笑)『これで明日の夜勤大丈夫だぁ〜♪』とホッと一息(笑)

その時点で終電には間に合ったんだけど、折角だからって事で『独り飲み』に移行!何が『折角』だ!?(笑)

当然終電は逃し新宿に泊まる事になったんだけど(こういうの久し振りでした)その話はまた後日書かせてもらう事にする…電車が職場駅に着いたので…(夜勤ナリ…)














とりあえずおしまい。
(節煙日記は前にも言ったけどタイトルを変えながら進めます…次のタイトルは『72時間経過』とかになるのかな…今離脱症状が結構酷い…この24時間では最大のやつがきている…駅を出たらVAPE吸ってこの波を交わそう…)

# by shousei0000 | 2018-12-01 15:19 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

祝!24時間!!(節煙日記 その2)

b0136045_08013604.jpg













b0136045_08013775.jpg














b0136045_08013879.jpg
昨日の夜はマヂでキツかったやでぽまいら…『VAPE』吸うても吸うても『ヤニへの欲求』が昂まるばかりで

「やっぱこれじゃあ無理だよー!」

と叫んだ…所詮紛い物(VAPE)は紛い物…本物(ニコチンがたっぷり詰まったタバコ)に敵うはずがない…。

そんな想いに悶絶しながらもそれでもタバコは吸わない…。

「今吸ったら…『パァ』じゃん!」

「『またゼロからスタート』とかマヂ勘弁…」

との想いで必死にタバコを我慢してVAPEを燻らせる…因みに今この瞬間も燻らせている…(笑)

そして…今朝…






































b0136045_08083012.jpg
遂に『ヤニ断ち初24時間』を達成!

昨日のこの位の時間にタバコ吸ったから『そこから1本も吸わない24時間』は初めてだー!!

とりあえず昨日の夜はよう我慢した!褒めてつかわすぞ昨日の夜の俺ェ〜(笑)








































b0136045_08121265.jpg
昨日の喫煙本数は『2本』でした。

明日の朝はこの灰皿に吸殻が無い『昨日の喫煙本数はゼロでした♪』にしたい!

『節煙』のつもりだったのに流れで『禁煙』になってしまった…でもまあそれならそれでいい…。

今日は13時からの『変態勤務』…とりあえず今から11時位までは寝てしまって(タバコを意識しない為に無理矢理寝る←笑)そこからは勤務に従って『タバコを吸えない状況』になるからその流れに身を任せよう…。

どうしてもキツい時は…
































b0136045_08203162.jpg
『VAPEでモックモク』やでェ…(煙=水蒸気=だけはそれなりに出るんですよねVAPE…)















おしまい…。
(『節煙日記』はタイトルを変えつつ不定期に更新します…)

# by shousei0000 | 2018-11-30 08:21 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

節煙スタート!(11月29日の悶絶…不定期連載の予定)

11月26日の夜勤明けに『節煙』をスタートした!

夜勤明けで新宿に行き『節煙グッズ』をゲト!そして『節煙スタート』となった!!

『節煙』ね!『禁煙』乃至は『断煙』じゃないよ!

あくまでも『節煙』ね!

その証拠に…


































b0136045_20303650.jpg
節煙グッズをゲトして僅か10分後には『この有様』だ(笑)

この時点で手持ちのタバコの残数は1箱と10本とか…俺はそのタバコを無駄にするつもりはなかった…。

禁煙する人は『手持ちのタバコを投げ捨てる』という…『手持ちのタバコや灰皿や何ならライターまで捨てて決意の程を示す』という…根性入っているなぁ『禁煙の人』は…。

でも俺は『禁煙の人』ではないので(『節煙の人』であ〜る←笑)『手持ちのタバコ残数約30本』を大切に保管し(笑)『緊急時用』とした…何の緊急時だ?(笑)

『灰皿』も捨てなかった…『ライター』もそのままである…『禁煙』ではなく『節煙』だからな(笑)

今回ゲトした節煙グッズ?というのが…











































b0136045_20453858.jpg
『これ』…置いたところに埃が溜まっていてごめんなさぁい(笑)

このグッズは総称で『VAPE』と言う…日本語では『ベイプ』と読む…。

『電子タバコ』ではある…でも『タバコ』ではない…。

実は『電子タバコ』ゆうのは『ニコチンを含まないもの』であるからタバコではない…『ニコチンを含むタバコ状の電子機器』は『加熱式たばこ』と呼ぶそうな…。

俺が今回セレクトしたのは『電子タバコ』の『VAPE』…『加熱式たばこ』では基本何も変わらない『タバコを吸う事自体が変わらない』上に『コストも変わらない』そうだから何だかよく分からない…まあ『タバコ臭は減る』というメリットはあるようだが…。

何にしても俺は『VAPE』にした…『VAPE』ゆうのは『香りのするリキッドを加熱して気化させてその水蒸気を吸う』というもの…イメージとしては『タバコ』ゆうより『アロマ』なのだそうな…。

吸ってみた感じは…咽せる!喫煙歴約30年のこの俺が吸っても咽せる!『これならタバコの代わりになる!』と思った!

それでその翌日(11月27日)のサイクリングに『VAPE』を連れてった!











































b0136045_21092307.jpg
は〜い…それではサイクリング中の初VAPE…いっただっきま〜す…(とてもつまらなそうな口調で…)


















b0136045_21092617.jpg
ふう…中々の煙量…(正確には水蒸気)














b0136045_21092711.jpg
「これ…案外いけるんじゃね?タバコの代わりになるんじゃね?」

と思いましたよ『その時は』ね…。
















b0136045_21093020.jpg
ロケ地…『松郷峠』(締め笑い)

















続く…。
(『不定期更新』になります…次に書くのはいつかな…まあ明日かもな…俺の気力次第で『あの日の選択を悔いる』シリーズを書くか本シリーズを書くか決めていく事になる…一番酷い時は『何も書かない』という選択肢もある…今ニコチンが切れてとても苦しい…今は『節煙』ではなく『禁煙』になっている…流れでそうなった…節煙話ブログに書いているとストレス発散になるからそれはそれでいい…でも…『あの日の選択を悔いる…』シリーズももういい加減終わらせなくてはなぁ…悩む…)

# by shousei0000 | 2018-11-29 21:19 | 減煙日記 | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その32。

b0136045_18400858.jpg
あの日俺はこの『堀切橋の先にあった石田堤』を見て『新幹線高架そばの石田堤>堀切橋の先にあった石田堤』と捉えたのだった…とここまでは朝の投稿に書いた…(笑)

『その先の話』をいく…今訳あって物凄くジリジリしているのでなるべく簡単にいく…『持って回った話を展開する自信』が今の俺にはない…。

ああっ!く、苦し…いや…何でもない…何でもないが辛い…今日の帰りの電車ではやっぱ『その話』を書こう…。

で…『続き』なんですが…
















































b0136045_18482368.jpg
前掲の石田堤の写真の位置からもう少し先に行ったこの位置に至った時、俺はこの光景を目の当たりにして

「やあ!これは良い!!」

と呟き顔を綻ばせたのでした…『良い景色だ♪』と素直に思った…。

前掲写真の位置より緑濃く松林の風情も強い…『街道筋の松並木』なんて言葉も脳裏に浮かぶ…。

この場所の石田堤は確かにショボい…そもそも最早『堤』とは呼べまい…あの案内板がなければ誰もここを『石田堤の跡地』とは思うまい…。

でも…『堤としての立派さ』はともかく『この風情』はどうだ…『周りの景観への溶け込み具合』は…『石田堤が色々あって時間を経て素敵な松並木になった』という事の素晴らしさは…あ、ごめん…もうダメだ…(何がだよ!?)







































b0136045_19045509.jpg
ダメなんだよ…俺『これ』じゃあダメなんだよ…。








































b0136045_19064433.jpg
『煙』(正確には水蒸気)だってこんなに出る…でも…やっぱダメなんだよ『これ』じゃあ…。










































b0136045_19075838.jpg
ここには『◯◯◯の思い出』しかない…『ブログ書きながら◯◯◯』の記憶が生々しすぎる…。

ここにいてはダメだ…辛すぎる…今日はもう帰る…帰りの電車内で1ネタ書く…。

尻切れとんぼで申し訳ないけど、今日はもう石田堤について書くのは無理…明日以降にさせてもらいます…。

















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-29 19:11 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その31。

b0136045_07362425.jpg
前回の投稿では『あっちの石田堤』だの『こっちの石田堤』だの書いて悪かったなぽまいら…あれでは分かりにくいよなぽまいら正直すまんかったやで…(詫び)

だから呼称を変える…この写真の石田堤を『新幹線高架そばの石田堤』と呼ぶ…因みにこれは『修復ゾーン』にある…つまりは『レプリカ』だ…。

そうとも知らず(案内板に『堤修復ゾーン』と書いてあったんだけどその時は見逃したんですよね…←恥)俺はこの堤を見て

「四百年以上前の堤がよくこの状態で残っていたもんだ!」

「スゲ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

などと呟き喜んでいたのでした…(恥)

そして…






































b0136045_07452307.jpg
こちらの石田堤…これは以下『堀切橋の先にあった石田堤』と呼ぶ…を見た俺は

「ん〜まあ何ゆうか『松並木』とかあって風情としては中々だけど『堤としてはショボい』よな(笑)」

などと思っていたのでした…(恥)

言うまでもなく『こっちが本物』…『新幹線高架そばの石田堤』は『レプリカ』なのだから…。

あのレプリカだって『何もないところに土を盛り上げて石田堤レプリカとした』というのではなく『石田堤の名残りがあったところに土を盛ってレプリカとした』のではあるだろうけど、『レプリカ』はレプリカに過ぎない…『往年の姿を留めてはいないが名残りは感じられるもの』の方が価値はある…。

お城巡りをする人達の最近のブームは『城跡巡り』だそうな…暫く前にネットの記事か何かで見た…。

『昭和期に再建された実物とは違う姿のお城』ではなく『城本体は残っていないが石垣や土塁や堀などで当時の様子が伺えるもの』の方に人気が集まっているそうな…そらそうだわな…。

この法則?を俺の場合に敷衍すると『堀切橋の先にあった石田堤>新幹線高架そばの石田堤』となる…でもその日の俺は『新幹線高架そばの石田堤>堀切橋の先にあった石田堤』と思っていた…。

センスないなぁ俺…_| ̄|〇














続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-29 08:01 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その30。

b0136045_14342257.jpg
『石田堤史跡公園』の『公園な部分』を出て『堀切橋』を渡ってちょっと登った先に『この案内板』があった…即ち『ここは石田堤です』という説明書き…。

ちょっと意表をつかれた…『石田堤史跡公園』の『アミューズメントな部分』の手前で既に『現存する石田堤』を見てきたから、その先の何て事ない田舎道に『ちょっと盛り上がったところ』『立派な松並木』が現れ、更にその先に『この案内板』があった事に意表をつかれた…。

「へえ〜ここも『石田堤』なのか!?」

と…。

『アミューズメントな部分』の手前にあったのが『あっちの石田堤』とすれば今話題にしているのは『こっちの石田堤』って感じ…『こっちの石田堤』を目の当たりにした俺は

「こっちのは…ちょっとしょぼいなぁ…まあ風情はあるけど…」

と感じた…。

画像を引いてちょっと対比してみましょうかね…。



















































b0136045_14475972.jpg
こちらが『あっちの石田堤』…うん…中々に『堤』している!

アクアを対比物として置いたので分かると思うんですが、『それなりの高さがある堤』です!『人の背丈』などは遥かに凌駕しています!

『この堤を境に忍城水攻めが行われた!』という事が一目で分かるビジュアル…この堤を見た俺が

「おお!中々良い状態で残っているじゃん『石田堤』!!」

と唸ったのも理解して頂けよう…。

それに対して…












































b0136045_14542680.jpg
『こっちの石田堤』はこんな感じ…。

うん…まあ『盛り上がってはいる』よね…でも『ちょっと』だよね…。

『堤』ゆうにはちょっと弱いよね…『あっちの石田堤』が

「私は『堤』と言うにはそれ程高いものではない…でも『それなりに堤』なのだ!」

と目力強く主張しているとすれば、『こっちの石田堤』は

「いや…へへ…あっしは『堤』なんてもんじゃありません…『何となく土が盛り上がっているだけ』で…だからおまけに松の木植えときました…」

と目を伏せ弱々しく呟いているという感じ…この擬人化比喩意味分かります?(笑)

『擬人化比喩の事』はともかく(だったら書くな!←呆れ)『あっちの石田堤』が迫力満点なのに対し、『こっちの石田堤』が堤としてはしょぼいのが分かってもらえたでしょうか?『風情』の面では『こっちの石田堤』の方が優っていますが、『堤としてのインパクト』は『あっちの石田堤』の方が遥かにあるのです…総合的に評価すると『あっちの石田堤>こっちの石田堤』ゆう感じ…。

だが…ぽまいらはもうとっくに忘れていると思うから画像を以って説明しておくけど…










































b0136045_15100598.jpg
『あっちの石田堤』は『修復ゾーン』…つまりは『レプリカ』なのだ…。

だが…あの日『こっちの石田堤』を目の当たりにした頃合いの俺は『その事実』をまだ知らない…この画像にある『修復ゾーン』ゆう表示を見落としていた…(締め恥)


















続く…(夜勤いてきま〜す…)

# by shousei0000 | 2018-11-25 15:11 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その29。

b0136045_23062424.jpg
この写真は今話題にしている『堀切橋』である…『土木遺産』を制定している『土木学会』のホームページから借りた…。

俺は手前の方からこの橋を渡った…渡った先は緩やかな上り坂になっていて、その先に『何か』がありそうな気がした…。

こういう時の俺の勘は信じていい…逆に

「今回はペリーニのバーベキュー…不参加でいっか?」

「『ぼっち参加』になっちゃったからやめとくか?」

と思ったあの日の勘は信じるべきではなかった…そのおかげで俺は…(カレーの話しつこい?←笑)

カレーの話はともかく(笑)俺はその勘に従いその緩やかな登り坂を登り始めたんだ…。



















































b0136045_23250846.jpg
坂の途中…この先に何があるかはまだ見えない…。

『松の木』があるのは見えた…この写真にも写っている…(分かりますよね?)

結構立派な松の木に見える…何本も生えているようだ…。

「何か…変だな?」

と思った…『行く手に見える松の木の立派さ』と『公園を出て以降の光景』がそぐわない…『ただの田舎道に急に松並木が!』ゆう感じ…。

それでまあとりあえずその緩やかな登り坂を登り切ってみたところ…







































b0136045_23352275.jpg
『こんな感じ』になった…やはり『松並木』だ…。

くどいようだが、公園を出て以降その辺りは『ただの田舎道』だったのだ…なのに何故急にこんな松並木が出現するのだ…。

しかも…『盛り上がっている』…道の左脇はこの写真で分かる通り土が盛り上がっている…その盛り上がった土の上に松の木が生えている…。

『ある種不思議な光景』である…『違和感』があった…。

それでまあそのまま進んでいったところ…










































b0136045_23422199.jpg
『こんな案内板』が出た!

ここも『石田堤』だったのだ!!











































b0136045_23441015.jpg
『案内板の文章を読みやすくした写真』を挙げて今日は終わりにします…(本日は『変態勤務』でした…狭山市駅なう…アパートに帰ります…)
















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-24 23:45 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その28。

b0136045_21030196.jpg
橋の名を『堀切橋』と言う…そんなに大きな橋ではない…たまたま通りかかって通り過ぎていった白い軽トラ(写真に写ってますよね)と見比べて橋のサイズを体感してくれい(笑)

前回の投稿に書いた通り『名栗にある文化財っぽい橋』を想わせる…事実『共通項』があった…両者は共に『土木遺産』である…。

俺の勘も満更捨てたもんじゃない♪カレーについては『その勘』は全く働かなかった訳ではあるが…(哀)

名栗のあの橋(名前何でしたっけ?)もこの『堀切橋』も共に『土木遺産』である…でも…名栗のあの橋(今度名前を確かめに行こう←笑)はともかくこの『堀切橋』については、『土木遺産』に制定された理由は『橋の造り』が全てではないのかもしれない…。













































b0136045_21152575.jpg
『堀切橋の説明書き』をもう一度載せる…この説明書きの下の方に『橋の名前の由来』が記されている…。

>戦国時代に石田三成が忍城を水攻めにした際、この付近で石田堤が破堤した事が由来とされている。

とある…俺はこの説明書き見る前から既に知っていたけどね♪(豪語←笑)

石田堤によって『水が満たされた場所』ができた…これを当時の忍の民は『堀』に見立てた…。

その『堀』が台風による増水で切れた…『決壊』した…『破堤』した…。

それによって奇手に大きな損害が出た…『人死』も出た…それを悼んで…かどうかまでは分からないけど、それを伝え聞いた忍の人々はいつしかここを『堀が切れたところ』という事から『堀切』と呼ぶようになったと…そういう事なのだろう…『堀切に掛かる橋』だから『堀切橋』になったのだろう…。

その故事が『土木遺産になった理由』という事はないだろうけど(『土木遺産』は土木遺産ですからね)その故事があるから『この界隈の人々に語り継がれる場所になった』という事はあるだろう…戦いと水害の歴史から名付けられた『堀切』という地名…『過去と現在は続いている』『歴史というものは連綿と続くもの』という事を改めて考えさせられた…。

「時間は押しているけど…ここまで足を伸ばしてよかった…」

と思った…まあ足を伸ばしたおかげで『帰りは夜になった』けどね…(思い出し哀)

『堀切橋』を見た事で満足してもう帰ろうと思ったんだけど(時間が押していたので…)『堀切橋の先』に何かがありそうな雰囲気がして、勘の鋭い俺(その勘はカレーには効かない←笑)はフラフラと『その先』に進んだんですね。

そしたら…やっぱありましたよ『見るべきもの』が!










































b0136045_21441800.jpg
日本よ…これが『本物の石田堤』だ!!!
何このよく分からない言い回し!?(締め呆れ)



















続く…。
(狭山市駅に着きました…アパートに帰ります…本当に先が見えてきた!あと4話位かな♪←まだそんなにかかるんかい!?←再締め呆れ)

# by shousei0000 | 2018-11-23 21:00 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その27。

b0136045_18381633.jpg
2018年10月7日の15時半頃…この場所から左手に見える古そうな橋に注目した俺は

「あれが…『堀切橋』なんじゃね?」

「行ってみるか…」

と呟きそちらに向かって歩き出した…。

そしてちょうどその頃、この場所から南西に100km程離れた『アグリパーク伊勢原』で行われていた『ペリーニ アダージオの秋のバーベキュー』では…







































b0136045_18433004.jpg
『こんな光景』が繰り広げられていたのであろう…即ち『シェフのお楽しみ』が準備され始めたのだ!

再三言う通り俺はそのバーベキューには参加していない…単独参加が嫌で『ぼっち回避』をした俺(恥)が『秋のバーベキューの写真』を持っている筈がない…この写真は春のバーベキューに於けるシェフのお楽しみ料理である『イカスミのパスタパエリア』である…。

秋のバーベキューで実際に出たシェフのお楽しみ料理は『東條シェフ渾身の6日間かけてコトコトと作った牛タンカレー』と『それに合わせて頂くジャンバラヤ』である…そういうものが供されたと後日知った時、それを食いそこねた事が悔しくて悔しくて全俺が泣いた…。

でも…この時点(10月7日15時半)では当然まだそれを知らず

「ペリーニの秋のバーベキューをぼっち回避(恥)したのは些か残念ではあったが…代わりにこうして『石田堤』が見れた…『豊臣秀吉の小田原攻め』について色々と知る事ができた…」

「『これはこれであり!』だったんだよきっと…」

などと思っていた…。

そう…実際『これはこれであり!』だったのだ…『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』さえ無ければ…それが供されさえしなければ…俺は『あの日の選択を悔いる』事などなかっただろう…『石田堤史跡公園を通じて豊臣秀吉の小田原攻めについて見聞を深めた自分』を寿ぎ

「『これはこれであり!』だったんだよ♪」

と思い続けられていたのだ…。

『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』さえ無ければ…『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』さえ無ければ…『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』さえ無ければ…。
しつけえよ!(呆れ)















































b0136045_19043782.jpg
『シェフのお楽しみ』を作る東條シェフの画…こちらは『去年の春のバーベキュー』での写真…。

『今年の秋のバーベキュー』でもこんな風に東條シェフは『シェフのお楽しみ』を作っていたのだろう…『渾身牛タンカレー』を温め『合わせジャンバラヤ』を作り準備を進めていたのだろう…それを想うと俺は…(しつこい?←笑)

ここでちょっと『シェフのお楽しみ』について語ろう…『ペリーニのバーベキュー』についても語る…何せ『ペリーニのターン』だからな(笑)

先にも述べた通りこの写真は『去年の春のバーベキューでのシェフのお楽しみ』である…これは『パスタパエリア』…。

そしてさきに写真を挙げた『今年の春のバーベキュー』での『シェフのお楽しみ』は『イカスミのパスタパエリア』…『イカスミを使っている事』と『具が貝中心である事』という違いがありはするが『パスタパエリア』はパスタパエリア…物凄くざっくりした言い方をすると『似たようなもの』と言える…。

今年の春のバーベキューでは『シェフのお楽しみ』として『鰹の藁焼き』も出た…因みに去年の春のバーベキューでも『鰹の藁焼き』が出た…アレンジは多少違うが、これまた物凄くざっくりした言い方をすると『同じもの』と言える…『鰹の藁焼き』は鰹の藁焼き…。

去年の春のバーベキューと今年の春のバーベキューでは参加者が違った…『僕は豚だ!』シリーズでも触れたけど『参加者ほぼほぼ総取っ替え』という感じだった…。

だから東條シェフは敢えて今年の春のバーベキューの『シェフのお楽しみ』を『似たようなもの』にしたのだろう…。

「去年と今年では参加者が違うから『去年好評だったアレ』をもう一度出すか♪」

といった具合に考えて『アレンジを変化させた鰹の藁焼き』と『イカスミベースにしたパスタパエリア』を『シェフのお楽しみ』として供したのだろう…。

俺はたまたまその『去年の春のバーベキュー』と『今年の春のバーベキュー』に共に参加した…そして『両鰹の藁焼き』『両パスタパエリア』を共に頂いた…。

その事によって『ある傲慢な考え』が俺の中に生まれてしまったのだ…。











































b0136045_19284954.jpg















b0136045_19285169.jpg













b0136045_19285345.jpg













b0136045_19285405.jpg
今年の春のバーベキューの写真より『鰹の藁焼きの作成過程』をば…何でもバシバシ写真に撮っちゃって、まるで俺『東條シェフのストーカ』みたいだネ❤︎(『まるで』ではなくて『まんま』ストーカーだ!←呆れ)

この鰹の藁焼きは凄く美味しかったんだけど、『去年も食べた』といえば去年も食べた…そしてこの後に出た『イカスミのパスタパエリア』も『去年も食べた』…味付けや具は違ったけど『パスタパエリア』はパスタパエリア…。

それで俺こんな風に思っちゃったんだよね…。

「俺…『ペリーニのバーベキューを見切った』のかな?」

と…(恥)

『シェフのお楽しみ』が似たようなものだったから『その技見切った!』みたいに思った…(恥)

去年春→去年秋→今年春と『三大会連続三度の出場』を果たしたから(W杯みたいだネ←笑)『ペリーニのバーベキュー…ある程度見切った!』みたいに思った…(恥)

その結果どう思ったかというと

「『ペリーニのバーベキュー』にはこれからも参加する…それはもう当然の事…」

「でも…こうして『シェフのお楽しみ』をある程度見切り『ペリーニのバーベキューの流れや供されるお料理』をある程度知る事ができたんだから『事情がある時は不参加もやむなし』なのではあるまいか?」

と思ってしまったのだ…何たる傲慢な考え…(大恥)

たった三回の参加で何が分かるというのだ『今年春の俺』…そんな傲慢な考えをしていたから『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』を食いそこねたのだ…(極哀)

勘の良い読者の方なら既に分かると思うけど、俺は『秋のバーベキューのシェフのお楽しみ』をまだ食べていない…去年の秋のバーベキューは雨が結構激しく降っていたので『シェフのお楽しみ』は供されなかった…多分準備はされていたんだろうけど『提供は見合わせ』になったのだろう…。

つまりは『全然見切っていない』のよ『シェフのお楽しみ』!『春がたまたま似たようなもの』だっただけで『秋はまだ知らなかった』のよ!!

それなのに俺ときたら

「ある程度見切っちゃったかなぁ〜♪」

「『事情がある時は不参加もやむなし』かもな〜♪」

なんて思っちゃってホントどうしようもないよなぁ今年春の俺ェ…しかもそれで本当に不参加にしたその理由が『ぼっち回避』…つくづくどうしようもいよなぁ今年秋の俺ェ…_| ̄|〇

秋のバーベキューに参加せず『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』を食いそこねたのは『偶然』ではない…俺の愚かさや傲慢さが招いた『必然』だったのだ…。

でもこうした事は『全てを知った今』だから思う事…『10月7日15時半頃の石田堤史跡公園に於ける俺』は自分の身に降り掛かりつつある悲劇(カレー食いそこなう事←笑)を未だ知らずにいる…。

だからあの日の俺は…『アグリパーク伊勢原』では東條シェフが『渾身牛タンカレー』を温め『合わせジャンバラヤ』を作り、参加者の皆が

「何が出てくるんだろう?」

「この匂い…『カレー』じゃね!?」

などとワクワクしながら会話していたであろう時間帯に『石田堤史跡公園』に独りでいた俺は…







































b0136045_20121213.jpg
公園を出てこの橋のところに至り…
















































b0136045_20133241.jpg
「ほう…この石造りの欄干?は中々に古シャレオツ(古くて且つシャレオツ)だのう…『名栗にある文化財の橋』を想わせるのう…」

などと呟き…








































b0136045_20155085.jpg
「あ“ーッ!やっぱ『堀切橋』ィー!!」

などと叫び…







































b0136045_20173690.jpg
「この雰囲気…この風情…悪くない♪」

などと思いニンマリとし…














































b0136045_20190305.jpg
「『説明書き』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

などと喜び…



































b0136045_20201072.jpg
そして『この説明書き』を読みふけったのでした…。

『ペリーニのターン』は終わった…『石田堤サイクリングのターン』を再開する…。

この『ターンチェンジ』は『あと1回』…あとたった1回だ…あと少しだけ(で済むのか…)付き合ってくれよなぽまいら…。

この説明書きにある『土木遺産』の文字を見て俺は

「うん!『土木遺産』!!」

「『名栗の文化財の橋』も確か『土木遺産』だった!俺の勘も満更じゃね〜♪」

などと呟きニンマリしたのでした…。

俺よ…『あの日の俺』よ…おまえの勘はスカスカだ…。

おまえがこんなところで橋見てニヤニヤしていた頃(恥)ペリーニのバーベキューでは『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』が準備されていたんだぞ…会場に漂うカレーの匂いに参加者の皆がワクワクしていたんだぞ…。

『勘が鋭い』なら何故あのバーベキューをぼっち回避(恥)したんだよあの日の俺ェ…(締め色々と思い出し哀)


















続く…(『終わり』が見えてきた♪)

# by shousei0000 | 2018-11-23 20:30 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その26。

b0136045_07265043.jpg
『石田堤史跡公園』の『公園な部分』にこういうものがありました。

『見晴台』という程高いものではないんですが、まあそんな感じのものがあったんです。

当然俺も登ってみたんですが、そしたら…








































b0136045_07293899.jpg
こんな光景が…。

大して高さがあるものではないので『良い景色』という程のものではないんですが、『公園の向こう側の景色』が見えました。

上の写真左手に『古い石造りの橋』が写っているのが分かるでしょうか?俺はそれに注目した。

『アミューズメントな部分』にあった『石田堤が決壊して逆巻く濁流に光成はん(わざと誤記している←笑)が流された絵』(光成はんは本当は流されていない←笑)の説明書きに

>この場所が(石田堤が決壊して奇手に大損害を負わせた場所が)本公園北側の忍川にかかる『堀切橋』です。

と書かれていた…あそこに見える古そうな橋こそがその『堀切橋』なのではないか?

この時点で時間が結構押していて(15時半とか)本当はそろそろ帰りたかったんですが

「折角来たんやし…ここに来る事は多分もう二度とないだろうし…」

と思い直し行ってみる事にした。

結果的には行ってよかった!もし行かなかったら俺は『大事なもの』を見ずに帰る事になっていた!

まあそっちに行ったおかげでま〜た色々見たり妄想したりして(笑)結局帰りに日が暮れて暗いCRの中ペダルを漕ぐ事にはなったんですが(思い出し哀)それでも『行ってよかった』んです!『本物の◯◯◯』この後ぽまいらに見せちゃる♪

でも…その前に…











































b0136045_07524392.jpg
『ペリーニのターン』をいく…。

この後ま〜た暫く『ペリーニのターン』になります…(締め宜しくお願いします♪←何じゃそりゃーッ!←締め呆れ)


















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-23 07:53 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その25。

b0136045_17415590.jpg
昨日の投稿に挙げた『ワープ航法のヒント』(実は答えがはっきり載っている←笑)はこの案内板の左下にあった!

この案内板覚えているかな?本シリーズの前半に何度も載せたやつ(笑)

案内板全体を載せたのは数える程だったと思うが、右手にある『小田原征伐時の関東』ゆう図はそこだけを拡大して何度も何度も載せたよな(笑)『(笑)』じゃねえよな実際…(恥)

この図の左隅にひっそりと書かれていたのが…





































b0136045_17491032.jpg
『これ』だった訳…昨日も載せたやつ(笑)

『ワープ航法のヒント』は分かりました!

『アミューズメントな部分に新幹線が通りかかった時にセンサーの下に立つ』と…まあそう事ですね。

俺はこのヒント(つか答え←笑)を見た時

「この公園作った人達も面倒な事考えたもんだ…『石田堤についての音声ガイダンス』なんて普通に聴かせればいいのに『高架に新幹線が通る時だけ別バージョンのが聴ける』なんて工夫誰得だよ…」

と思ったんですが、同時にこうも思いました。

「そのこだわり…嫌いじゃない…」

と…(笑)

こんな遊び心があるからあの場所を『アミューズメントな部分』と名付けた…鴻巣の大人達(この公園があるのは行政区分的には『行田』ではなく『鴻巣』なのだ)の遊び心…『同じ音声ガイダンス流すにしても一捻り欲しいよな♪』という想い…嫌いじゃない(笑)

「うし!帰りにまた寄って新幹線来るの待って『限定音声ガイダンス』聴くゾ♪」

と俺は思いフフと笑ったんですが…














































b0136045_18035934.jpg
>三成役は大和田伸也さんにお願いしました。

のくだりには首を傾げた…『大和田伸也さんって…誰?』と…。

後で調べて顔写真見たら『知っている俳優さん』だった…でも『名前だけ見てもピンとこない人』だった…俺の人生は大和田伸也さんとは交差してこなかったようだ…。

『大和田獏さん』なら知っているし先にも書いた通り咄嗟に名前も出たんだけど、そのお兄さんである『大和田伸也さん』の事は何故知らなかったのだろう…。

ただ…俺は『大和田獏さん』についてもそれ程知っている訳ではない…『俳優としての大和田獏さん』の事はろくに知らないと言ってもいい…『代表作』『代表役』も出てこない…。

じゃあ何で大和田獏さんの事を知っているかというと…『クイズ』なんだよね…その昔NHKでやっていた何とかってクイズ番組(名前出てこない…←恥)に大和田獏さんが定期で出演されていたんだよ…だから知っていた…。

でも…実は俺そのクイズ番組『壇ふみさん目当て』で観ていたんだよね(笑)あの頃(30年位前だったかなぁ…)の壇ふみさんはコケティッシュで最高に可愛いかった〜♪

そんなんだから大和田獏さんは言わば『おまけ』だったんだよね(笑)『壇ふみさん観るついでに大和田獏さんも観る』とでもいうか…。

そのクイズ番組の中で大和田獏さんは確か珍回答とかを連発していて(あくまでも『確か』…違ったらごめん…)

「獏ぅー!何だよその珍回答(笑)」

「獏ぅー!真面目にやれ!!」

などとテレビに突っ込み入れながら観ていた記憶が…本当にそれで合っているのかなぁ…今はちょっと時間がないので調べる事ができない…。

まあそんな過去から俺は大和田獏さんについては多少は知っていたんだけど、肝心要な『大和田伸也さん』については全然知らんかった…顔写真載せてくれていたら分かったと思うけど『名前だけ』じゃあ…。

帰りに『アミューズメントな部分』に寄って新幹線の通過を待ち『限定音声ガイダンス』を聴いた!『ドラマ仕立て』で中々楽しかった♪

楽しかったんだけど『新幹線が意外に来なくて』参った…すぐに来ると思って櫓の下に立ち

「よーし!準備完了!」

「新幹線…こい!はよう…恋♪」

なんて思っていたんだけど(笑)これがまあすぐには来なくて

「『はよう恋♪』ゆうとるやろうが新幹線!!!」

と怒った…『新幹線に怒るな!』『しかもそんなしょうもない理由で!』ゆう話ですよね?(笑)

タイミングが悪かったみたいで暫く待った…その間一度『やられた』…。

櫓の下で待つのがかったるくなってちょっと離れたらそこに『新幹線』が!

慌てて櫓に駆け込みセンサーの下に立ったんだけど、あの界隈を通る新幹線は編成が短いのかあっという間に行ってしまった…。

間に合わなかった…まあ『俺が不慣れでセンサーの位置にうまく立てなかった』ゆう要素もあったけど…(恥)

やっとこさ来た次の新幹線で見事『限定音声ガイダンス』をゲト!やったゼ(笑)

その限定音声ガイダンス…まあ『忍城水攻めのドラマ』なんだけど、それを聴いていて『新たな発見』があった!

忍城は別名『浮城』と言う…『2万の軍勢に囲まれ水攻めにされても遂に沈まなかった城』という事から『浮城』と呼ばれる事になったそうな…とここまでは既に知っていた。

知らなかったのは『寄手がそう呼んだ』って事!

水攻めがうまくいかない中、奇手の兵士だか将軍だかが

「あの城は…『水に沈まぬ浮城』だとでもいうのか…」

と呟くシーンがあった…。

俺は『浮城』ゆうアダ名みたいのは『忍城の兵士達が水攻めを防ぎ切った事を誇りそう呼んだ』或いは『忍城の奮戦振りを知った後世の人達が判官贔屓もあってそう呼んだ』のだと思い込んでいたんだけど、ドラマの中では奇手である石田軍の兵士だか将軍だかが忍城を『浮城』と呼んでいた…認めざるを得なかったんだね『忍城の奮戦振り』を…。

「そうか…敵も忍城を『浮城』と呼んだのか…」

と思った…それが事実だかどうだかは分からないけど、限定音声ガイダンスのドラマのおかげで違った視点で『浮城』を捉えられた…『鴻巣の大人達の遊び心』に改めて感謝したい…。

『所用』にいてくるので今日はこれで失礼する…嗚呼…遂に今日までに終われなかった…(締め呆れ)


















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-22 19:00 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その24。

今日はもっとブログを書きたかったのだが『充電セットをアパートに置き忘れるミス』があり(哀)iPhoneの電池残量が足りない…只今電車で帰宅ちゆう…。

訳あって明日の夜までに本シリーズの目処を付けておきたかった…完結するまでは無理としても(笑&恥)『終わりに向かう流れ』にまでは持っていきたかった…でももうそれも無理…『充電セット』め…(逆恨み←笑)

明日は休みなんだけど夜に予定がある…その『夜の予定』が本シリーズに些か関係がある…。

だから俺は明日の夜までに本シリーズの目処を…って、やめましょうこんな繰り言(笑)ゆうてもしゃ〜ないからもうやめる(笑)

できる範囲で話を進めていきましょう♪(iPhoneの充電狭山市駅まで保つかな…)













































b0136045_20240230.jpg
先に挙げた『石田堤史跡公園』の『アミューズメントな部分』にあった一連の絵を見て俺は…











































b0136045_20253211.jpg
『石田堤と忍城水攻め』について…













































b0136045_20273237.jpg
俺なりに理解した!
(『光秀は〜ん!濁流に流されて大丈夫かぁー!!』と感じた!←理解してねえじゃん!?←呆れ)

まあ『光成はんが流された件』はともかく(本当は流されていない←笑)

「ビジュアルって凄い!」

と思った!

『アミューズメントな部分』でこれら一連の絵を見る前も俺は『忍城水攻めは失敗した』と知ってはいたんだけど、上に挙げた光成はんが流された絵(光成はんは流されていない!←しつこい?←笑)を見て『忍城水攻めの失敗』がリアルに理解できた!ビジュアル(絵)って凄い!!

上の絵の下の方にある説明書きに

>この場所が(石田堤が決壊した場所が)本公園北側の忍川にかかる『堀切橋』です。

と記されていて

「その『堀切橋』とやらは是非とも見ておかねばな…」

と思いつつ『アミューズメントな部分』を後にして『公園な部分』に向かったのでした…やっとこさ『アミューズメントな部分』から『公園な部分』に話が移ったァー!(笑)















































b0136045_20424208.jpg
『公園な部分』に足を踏み入れる…拙ブログ的には『やっと』って感じ…(恥)

ここは見た通りの『普通の公園』…『石田堤を想わせるもの』は『説明書き』を除いて特にない…もう一度書くけど『普通の公園』…。

でも俺には『この公園に足を踏み入れなくてなならない理由』があった…。

その理由が…















































b0136045_20464032.jpg
これ…。

ワープ(アミューズメントな部分に於ける音声ガイダンスを聞く方法)には『ふたつの航法』があるとされ、『そのヒント』が『公園内のあずまや』にあるとされている…だからその公園が特に何という事のない普通の公園であったとしても俺は立ち止まる訳にはいかなかった…(大袈裟←笑)『ワープ航法のヒント』を求めて…。

そして…











































b0136045_20525139.jpg
『そのあずまや』をハケーン!『ヒント』よ何処!?

『ヒント』ゆう位だから『それなりに分かりにくい位置』に書かれているのか…或いは『普通に書かれているけど謎解きがある』のか…。

いざ行かん俺…『ヒント』を解き明かして『ふたつめのタイムワープ』へ…。

どれだけ難解なものであっても…或いは分かりにくいところに書かれていても…俺は必ずやそれを見出し謎を解き『ふたつめのタイムワープ』に乗り出すぞ!!!(漲る決意)









































b0136045_20584554.jpg
えと…『ヒント』ゆうより『答え』がまるごと書いてあるんですけど…『謎解きの要素ほぼゼロ』なんですけど…。

ああ…三成役の人は『大和田伸也さん』なのか…『大和田』で捲れていたから俺『大和田獏さん』かと思っていたけど『大和田伸也さん』だったか…なるほどなるほど…。

で…『大和田伸也さん』って誰?
知らねえのかよ『大和田伸也さん』を!?
今は知っています…でもこの写真を撮った時点では『???』でした…(締め恥)
















続く…。
(狭山市駅に着きました…アパートに帰ります…iPhoneの充電ギリギリ保ったわ♪)

# by shousei0000 | 2018-11-21 21:03 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その23。

b0136045_17140506.jpg
俺は今ドツボに嵌っている…映画『のぼうの城』に出てきたこの光景が『どこでどのようにして撮られたものであるか』が気になって気になってしょうがなくなった…。

元々は昨日の投稿に書いた通り『北海道のロケ地で撮ったもの』と思っていた…しかし今朝の投稿に書いた『拡大したら二子山古墳をハケーン!』という要素が加わってよく分からなくなった…。

どちらにしても『現代そのままの画』ではない…丸墓山古墳や二子山古墳の周りの景色が『現代のそれ』ではない…現代のものなら二子山古墳のすぐそばに『アスファルトの道路』がなくてはならない…でもその道路がない…。

つまりはどちらにしても『CG乃至はVFXが施された画』なのだ…でもそのベースが『埼玉県行田市界隈』なのか『北海道のロケ地』なのかが気になる…気にしなければいいだけの話なのだが『気になる』…(笑)

困ったものだなぁ…こんな事書いている場合ではないのに…(溜息)












































b0136045_17245997.jpg
今朝の投稿に挙げた『のぼうの城での画像を拡大したもの』がこれ…丸墓山古墳や二子山古墳が写っているのが分かるよね…因みに二子山古墳の右上に見える小さな前方後円墳は、文字が刻まれた剣である『金錯銘鉄剣』なるものが出土した事で有名な『稲荷山古墳』である…。

位置関係的に『南から北に向けて撮ったもの』であろう…昨日か今日の投稿で『高地から撮ったもの』みたいに書いたが、高度の感じから『高地』ではなく『上空』で撮ったもののように思う…おそらくは『ドローン』乃至は『ヘリ』で撮ったのだろう…。

それはいい…それはいいのだが…












































b0136045_17334145.jpg
上の画面キャプチャーは『iPhoneで丸墓山古墳界隈を撮ったもの』になる…縮尺は先に挙げた『のぼうの城の画を拡大したもの』とは違うであろうが『南から北に向けて』という方位?は大体こんなものであると思う…。

西側(左手)に『荒川』が見えている…そしてそれは蛇行している…その蛇行振りは最初に挙げた『のぼうの城の全景画』に近いように見えなくもない…。

だが…








































b0136045_17391637.jpg
やっぱ違うだろうこの蛇行振り…さっきの地図画面キャプチャーでは『細々と蛇行』なのに対し、この画では『並々とした蛇行』って感じになっている…『満々と水をたたえた川が蛇行』ゆう感じになっている…。

行田界隈の荒川はこんなに大河ではない…ところによって多少違うが、『土手は雄大だけど川自体はそんなに大きくはない』というのが行田界隈の荒川…だからこの画の『満々と水をたたえ蛇行する川』を荒川とするのは些か違和感がある…。

結局この画は『北海道のロケ地にCGなりVFXなりで古き行田の光景を嵌め込んだもの』なのかなぁ…『埼玉の光景』には見えないんだけどなぁ…。

こんな事を書いている場合ではないので(早く話を進めたいのだ…)この件を書くのはもうやめにして話を進めて行くとしよう…。
だったら最初から書かなければいいのでは!?(呆れ)

















































b0136045_17565382.jpg
またまた『のぼうの城の画』なのだが…これは我らが石田光成(わざと誤記しております←笑)が丸墓山古墳上の本陣から忍城を俯瞰するの図…真ん中の黒い羽織に漢字を組み合わせた紋章みたいのを背負っているのが我らが石田光成(本当は『三成』なのは知っています!←強調)…。

これはまだ忍城を水攻めする前のもの…。

「それにしては…随分と水が巡らせているんじゃね?」

と思う人もいるかもしれないが、約四百年前にあった忍城は『こういう城』だったのだ…『水豊かな水郷の要所要所に砦が造られ、それを橋で渡したもの』こそが『リアル忍城』だったのだ…『天守閣』なんか無かったのよマヂで!

そして『忍城側から丸墓山古墳を臨む画』が…












































b0136045_18085847.jpg
これ…右手にある小高い山が我らが石田光成(本当は『三成』なのは知っています!←強調)が陣する丸墓山古墳…やっぱあんなに高くないわ丸墓山古墳はァー(笑)

この画の部分は『地続きの部分』…『水巡らせた砦』ゆう感じの忍城にも『こういう地続きな部分』もあったのだ…。

その代わりにこの場所の道は『一本道』で、大軍が押し進む余地がないここで忍城側の豪傑(名前忘れた…)が独り道に立ち敵を押しのける…そんなシーンに続くのが確かこの場面…。

そんなこんなな前哨戦が行われた後いよいよ『水攻め』が行われるのだが…その『水攻めが行われた後の画』が…









































b0136045_18174205.jpg
これ!やっとここまで話が辿り着いたよ(笑)

この絵は『石田堤史跡公園』の『アミューズメントな部分』にあったもの!『忍の城を囲む石田堤』とタイトルされている!

手前にある丸く盛り上がっているのが我らが石田光成(わざと誤記しております←笑)の本陣である丸墓山古墳で、そこから向こうの忍城は水で包まれている…『水攻め』が既に行われたのだ…忍城ピーンチ!!!














































b0136045_18232616.jpg
さっきの絵は『平面なもの』だったけど今度は『立体的なもの』をば…これも『アミューズメントな部分』にあった…。

この絵では赤い羽織を着用しているのが光成はん(本当は『三成』なのは知っています!←強調)なんでしょうね?『忍城を水攻めにして得意満面』ゆうところなんですかね?現代風に書くと『ドヤアアアァァァーーーッ!!!』って感じですかね?(笑)

この辺りから『光成はん』で通させて頂く…キャラもちょっと変わる…。

『リアル石田三成』とは似ても似つかぬ滑稽な人物に書いてしまうかもだけど…『のぼうの城』だって忍城の守将成田長親を史実にはない『のぼう様』なんてキャラにしたんだから、このブログ(糞ブログ←笑)で石田三成を『損な役回りでちょっと滑稽な光成はん』にするのも許されるよな?許されると決まった!(笑)

で、その光成はん(わざと誤記している←笑)は忍城を水攻めして得意満面だったんだけど(リアルではそんな軽薄な人物ではなかったと思うけど…拙ブログではそうなる←笑)この水攻めは見た目程はうまく進まない…城を水で囲みはしたものの『城を水浸し』にはできない…水はヒタヒタと城に迫ったものの『浸水』までには至らなかったそうな…。

理由は色々あったみたい…『地形的に水が城に行ききらない』とか『忍城が元々水郷の砦だったから水対策ができていた』とか『石田堤を作らされた忍の民達が何気に手抜き工事していた』とかまあ色々あったみたい…。

あと『肝心要な水が足りない』ゆう要素もあったとか…この水攻めは6月から7月にかけて行われたから普通に考えれば『梅雨だから水が多い時期』なんだけど、その年はたまたま『空梅雨』だったのかも…とにかく『水が足りない』みたいな事が『アミューズメントな部分の説明書き』に書かれていた…確かね(笑)

ところがそこに『天祐』が!『水が足りない…』と光成はん(本当は『三成』なのは知っています!←強調)が悩んでいるところに『台風』到来!

光成はん(『三成だろ!?』とのツッコミは無用…←恥)は狂喜して

「っしゃー!これで『忍城水浸し』やー!!」

「水ザバーいって、城門ガーンなって、城に籠る連中の士気もドーン落ちる…ワイの水攻めは完璧やー!!!」

と叫んだらしいんだよね!(拙ブログ的にはそうなる←笑)

ところが…その台風で確かに水は増えたんだけど、前述の諸問題(地形、忍城の水対策、忍の民の手抜き工事)から光成はん(『三成だろ!?』とのツッコミは無用…←恥)の思惑通りに水攻めは進まず、それどころか…






































b0136045_18531588.jpg
『こう』なった!

水は忍城側には行かず奇手側に迫り、やがて堤が決壊して奇手側は大混乱に至る!

「水のアホー!何でこっちに来るんやー!!」

「これじゃあ俺が秀吉様に叱られ…ってグワーッ!!!」

逆巻く水に光成はんが流された!!!(本当は光成はんは流されてはいない←締め笑い)



















続く…。
(石田三成は歴史好きの方に結構ファンが多いそうな…彼の出身地では英雄で銅像とかも建っているそうな…そういう人達が拙ブログのこの記述を読まない事を祈る…俺が書いているのはあくまで『光成はん』であって『石田三成』ではないのだから…←締め必死の言い訳…)

# by shousei0000 | 2018-11-21 19:04 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その22。

b0136045_05483668.jpg
久し振りにこの写真(笑&恥)を掲載する…この場所は『石田堤史跡公園』の中の『シンボルモニュメントゾーン』というところで、拙ブログ的には『アミューズメントな部分』と呼んでいるところ…。

本シリーズの前回の投稿で挙げた『豊臣秀吉が浅野長吉を叱責した?書簡の説明書き』はここに展示されていた…『秀吉が光成(わざと誤記しております←笑)に「水攻めしっかりやれよ!」と激励した?書簡の説明書き』もここにあった…。

そして『絵』もあった…それを用いて『忍城水攻めの模様』を少し説明したい…。

『忍城水攻めの説明』はもう散々しているのだが(笑)文章だけでなく絵が入ればまた違うであろう…『ビジュアルの持つ効果』に期待しつつ進めていく…。

こちらの都合で(俺の都合で←笑)『映画 のぼうの城の画像』も少し使う…今後の流れの中で『ネタバレな部分』も出てくると思うので左様心得られたし…。

では…参る!













































b0136045_06025615.jpg
早速であるが映画『のぼうの城』の映像をば…これは『忍城を含むエリアを高所から俯瞰したもの』…昨日の投稿でも挙げた『北海道ロケ地のやつ』な(笑)

中央に『水が満ちている部分』があるでしょう?その辺りが『忍城』となる…水攻めされる前からこの辺りは『水が満ちたエリア』『水郷』であった…ようだよ(笑)

ざっくり言うと『荒川と利根川に挟まれたエリア』…荒川はともかく利根川は大分離れていると思うけど、ざっくり言うとそうなる…『水に親しんだ地帯』とでも言うべきか…。

そんな地帯だから『水』はこの地帯の民には非常に近しいもので、そんな地帯だからその『水』を用いた稲作が盛んな豊かなところであったのだろう…。

と…ここまで書いたところで俺は『大変な発見』をしてしまった…それはどんな発見かというと…

















































b0136045_06141417.jpg
こんな発見…『丸墓山古墳』と『二子山古墳』あるやん!

上の画像はさっきの映像を拡大してiPhoneで画面キャプチャーにしたものなんだけど、そこにバッチリ映っているのよ『丸墓山古墳』と『二子山古墳』が!

前述通り『のぼうの城』の戦闘シーンのロケは北海道で行われ、そこにその為のセットが組まれたそうな…『東京ドーム◯個分の場所に忍城を再現!』てなやつ…。

それを知っていたから俺昨日から『これ…北海道じゃね?(笑)』とか書いていたんだけど、いくらリアルに再現したとしても『二子山古墳』まで再現するか?『丸墓山古墳』は光成(わざと誤記しております←笑)の本陣になったから再現せざるを得ないだろうけど、それは『北海道の山を使ってそれっぽく見せる』という事ができる…でも『二子山古墳』は…『巨大で水に満ちた前方後円墳である二子山古墳』はそうそう容易に再現できんであろう…て事は…これ『北海道の光景』ではなく『CG』なのかしらん…。

謎は深まるばかりだが(笑)電車が職場駅に着いたので今はこれで失礼する…(尻切れトンボでスマソ…←締め陳謝)



















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-21 06:25 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『のぼうの城』観たやでー!(11月20日の走行)

b0136045_13472995.jpg
吉見なう…帰りに無駄に大回りして走行距離100km程度にするつもりなう(笑)

それはともかく…









































b0136045_13495815.jpg
昨日帰ってから『のぼうの城』観たやでー!

いや〜中々面白かったわ!『戦国エンターテインメント』ゆう感じの話の作りだった!

登場人物が皆キャラが立っていてさ…まあ例の『のぼう様』を始めとして、名前は実在した人物なんだろうけどキャラは多分『フィクション』なんだろうね…まあ面白かったから俺は『良し』とする…。

色々書きたいところなんだけど…今日の吉見思ったより寒いからさっくりと終わらせるわ…これからまだ60kmとか走らなくてはならないし…。

それではまあさっくりと…










































b0136045_14000387.jpg
<さっくり その①…この景色…埼玉っぽくねー!>

上の写真は映画『のぼうの城』に於ける忍城を遠望した景色なんだけど…これがまあ何つーか『埼玉っぽくねー』!

『あまりに広がりがあり過ぎる景色』が埼玉っぽくねー!

『ぐんにゃりと蛇行する川』が埼玉っぽくねー!

まあこれのロケ地が北海道だから仕方ないんだけどね…確かに言われてみればこれ『北海道の景色』だわ…俺北海道行った事ないけどね(笑)
だったら分からんだろうが!(呆れ)







































b0136045_14070236.jpg
<さっくり その②…丸墓山古墳高すぎクロワロタwww>

はっはっは!丸墓山古墳こんなに高くありませんゼ(笑)

俺何度も行った事あるから分かります!こんなに高かったら『あのまっすぐの階段』ではよう登れんわ(笑)

『実物の写真』出して見せてやろうか?ほんまにこんな高こうないんやで。

よし…iPhoneのカメラロールで…丸墓山古墳の写真を…すまん…やめとくわ写真アホみたいにあるし今寒いし…。
だったら『写真見せちゃる!』みたいに書くな!(呆れ)







































b0136045_14130180.jpg
<さっくり その③…鍋食いながら観た!>

昨日の鍋は『鶏団子鍋』!

スーパーに売っている鶏団子を入れた鍋!スープのレシピは『モツ鍋のやつ』!

肉系の具を鶏団子だけにしたら、牛モツや豚バラで作る時よりかなりあっさりした感じになりビックリしたでー!






































b0136045_14180630.jpg
<さっくり その④>

これが食い散らかす前の『鶏団子鍋』やでー!











































b0136045_14191351.jpg
<さっくり その⑤>

第二陣…麺投入!





































b0136045_14200873.jpg
<さっくり その⑥>

第三陣…ネギで味を変化!!






































b0136045_14212320.jpg
<さっくり その⑦>

後詰…スーパーで売っていた『キットカットもどき』!!!

これ旨いんや!俺『本家キットカット』よりこの『キットカットもどきのチョコウェハース』の方が好き♪

後詰(食後のおやつ)として良い仕事してくれたやでー『トップバリューのチョコウェハース様』は!!!
『さっくり』ゆうといてメチャメチャ長いじゃねえか!(大呆れ)





































b0136045_14264663.jpg
<さっくり その⑧>

冬ジャージ…始めました♪
そんなクソ情報イラネ!!!(締め呆れ)

















おしまい…。
(いや〜身体冷えちまったわ…走ってあったまろう…帰りに『行きつけの接骨院』に寄ります☆←その情報もイラネ!←再締め呆れ)

# by shousei0000 | 2018-11-20 14:28 | アヴァン 走行 | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その21。

b0136045_15264150.jpg
今朝の投稿で俺

別の武将が正攻法で忍城軍の兵士30余を討ち取りその報告を秀吉に書簡で送ったところ『それより水攻めしろよ!』と叱った?返信が届いたそうな…。

と書いたじゃん?『その出典』がこれ…この説明書きは『石田堤史跡公園』の『アミューズメントな部分』にあった…。

『浅野長吉』なる武将に秀吉が宛てた書簡だそうな…これの他に『光成(わざと誤記しております←笑)に宛てた書簡』の説明書きもあった…。

この写真では例によって文章が読めないと思うので(笑)『原文の部分』と『訳文他解説の部分』をそれぞれ拡大して掲載する。

因みに…今朝の投稿で俺

>この前挙げた『説明書きの写真』文章読めないじゃん…_| ̄|〇

というような事を書いたけど、改めて見返したら『読めない事もない』じゃん…読めないと思った時は『周りが暗い』『メガネをしている』という状態だったから『読めね…』と感じたようだ…俺ももう五十やさかい『バリバリの老眼』なんでね…(哀)

それはともかく…









































b0136045_15393132.jpg
こちらがその『訳文他解説』ね…これは読めるだろう?(笑)

そして次に挙げるのが…













































b0136045_15404674.jpg
これ…これは『原文』になる。

しっかしさぁ…この『秀吉と長吉のやり取り』ってホント怖いよな…この書簡だけならそうでもないのかもしれないが(俺は『候文』が読めないからよく分からない…←恥)『想像』で補完するとすんげえ怖いよな…まあ『想像』ゆうより『妄想』なのだが…(笑)

以下『俺の想像』(妄想←笑)を書く…『秀吉と長吉がLINEでやり取りしている』という感じで読んで欲しい…(笑)

<長吉>

秀吉様!俺忍城の戦いで敵を30余人殺りましたゼ!ドヤ?なんちゃって(笑)

<秀吉>

は?おめ何してくれてんの!?

<長吉>

え?何かまずかったッスかね…。

<秀吉>

まずいも何も『水攻め』だろうが!『忍城の戦いは水攻め』って俺言ったよね?

<長吉>

あ“…。

<秀吉>

いや!『あ”…』じゃねえよ!おめ俺の言う事聞けねえの!?

<長吉>

いえ…そういう訳じゃあ…(滝汗)

<秀吉>

『滝汗』とか書けば許されると思ってんの?あんまりふざけてるとおめえも『水責め』にすんぞ!顔に布当てて水を少しずつ垂らすとメッチャ苦しいんだぞ!呼吸しようとしても鼻からも口からも水が入ってきて『陸にいるのに溺れ死に』みたいになるんだぞ!それやられたいんかいゴラーッ!!

<長吉>

すっ、すみません…その『水責め』とやらだけは何卒勘弁でオナシャス…_| ̄|〇

<秀吉>

だったら『水攻め』ちゃんとしる!!!

…とまあこんな具合じゃないかなぁ『秀吉と長吉のやり取り』…。

秀吉が怖すぎて氏ねる…_| ̄|〇
くだらん妄想乙!!!(締め呆れ)


















続く…。
(本当は『アミューズメントな部分にあった絵』を使って『忍城水攻めの話』を書きたかったんだけど…窓から見える雲行きが怪しいからもう帰る…帰って鍋でも食いながら『のぼうの城』観ます☆)

# by shousei0000 | 2018-11-19 16:04 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

走れたよ?(11月19日の走行?)

今朝の投稿に書いた通り今日は『行きつけの接骨院』へ…でもその前に洗濯と風呂掃除をした…。

風呂掃除をしたから当然シャワーも浴びて、そしたら『入間の湯』に行くのバカらしくなっちゃって(そりゃそうだ←笑)

「今日は『行きつけの接骨院(笑)+α』でいいや…」

と思った…。

昨日それなりに腰が痛かったんだから無理に走る事はない…腰を温めるのに風呂はいいかもしれないが、それだけの為にわざわざ『入間の湯』に行く必要はない…自分のアパートで風呂をやれば済む話…『掃除したての風呂』が俺の入湯を待っとるぞい(笑)

それでまあ13時近くにアパートを出て所用を2つ済ませて行きつけの接骨院(笑)へ…各種施術を受けた後『戦々恐々のお会計』に臨んだら…『3200円』だった!何だそんなもん?(笑)

一番最初にそこにかかった時の会計が『4500円とか』だったから四千円台を覚悟していたんだけど、それだけに『まさかの三千円台』に胸が踊った!

「千円しか違わねえじゃねえか!」

とは言わないでネ(笑)

施術の結果腰の調子がメッチャ良くなったような気がして(今日は元々そんなに悪くはなかったのだ)

「こりゃ〜ますます『風呂』どころじゃねえな♪」

と思い『昭代橋』へ…入間川CRに乗って『入間の湯』のある左方向には行かず真逆の右方向へ…何せ『風呂どころではない』からな(笑)

それで今…


















































b0136045_14594670.jpg
星乃珈琲西川越店なう(笑)

腰何ともない!とりあえず走れたよ?

『走れたよ?』と『?』が付きタイトルにもそう記したのは『大した走行ではない』から…アパートに帰った時点でまあ『25km』というところ…『ポタリング』や…。

それでも今日走れた?のが嬉しい!

下手すりゃ明日もダメかと思っていたので、今日ポタできたのが嬉しい!

明日は確実に走れる!できたら明日は100kmは走ろう!!(今日ポタで終わったので…)

とりあえずここであと1話ブログ書いてから(笑)アパートに帰る!帰ったら『お楽しみ』が待っている!!

その『お楽しみ』とは…













































b0136045_15063351.jpg
これ!『のぼうの城』のBlu-ray Disc借りたった!!

行きつけの接骨院(笑)に行く前に『メガネの調整』と『こいつのレンタル』をした!それが前述の『2つの所用』ナリ!!

これを借りたレンタル屋さんは俺は会員ではなかったのでまずは会員登録!ま〜た一枚会員カードが増えてしまってプチ鬱…(財布が膨らむから嫌なんですよね…)

そしていざ『のぼうの城』を借りてみたら…今レンタル屋さんって『自動貸出機制』なのね!『店員さんを通さずに借りれる』のね!ビックリした!!

レンタル屋さんなんてもう何年も行っていなかったからこの変更にビックリした…これだったら『アダルトDVD』とか借り放題じゃあ〜ん(笑)

まあゆうて借りんけどね『アダルトDVD』とか…そんなんiPhoneで無料で幾らでも観れるからね…。

俺もあるサイト経由で無料の無修正動画毎日…やめましょうこんな生臭い話(笑)

とりあえず帰って『のぼうの城』観るゼ♪

『あと1話ブログを書いてから』ね…(締めめんどくせ←雑←笑)















おしまい(笑)

# by shousei0000 | 2018-11-19 15:16 | フェルーカ 走行 | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その20。

b0136045_11115161.jpg
一昨日の投稿の末尾にこの『石田堤についての説明書きの写真』を載せ

>自習しておくように!

というような事を書いた訳だが…後でiPhoneで見返してみたら『この写真の文章読めない』じゃん…拡大しても字がボヤーッとするだけで読めないじゃん…_| ̄|〇

パソコンでも見てみたけどやはり読めない…字がボヤーッとしていて細かい内容の把握までは無理…_| ̄|〇

読めもしないテキスト?を示して『自習しておくように!』とは何たるミス…みんなに悪い事をしたと先生とっても反省している…。
誰が『先生』やねん!?(呆れ)












































b0136045_11212291.jpg
読めないテキスト(恥)ではしょうがないので、先生(しつこい?←笑)ちょっと補足する事にする!

上の写真の文章に書かれている事をまとめ多少加筆すると以下の通りになる。

①1590年4月から7月にかけて『豊臣秀吉の小田原攻め』が行われた。その戦いの一戦場に『忍城水攻め』があった。

②攻撃側の主将はあの石田光成!(わざと誤記しております←笑)守備側の主将は急遽その任に就く事になったという成田長親なる者!因みに、映画乃至は小説の『のぼうの城』では成田長親の事を『でくのぼうだけど憎めない殿様』という事から『のぼう様』と呼んでいるけど、歴史的史料にはその『のぼう様』なる記述はないそうな(『フィクション』って事ね)

③光成(わざと誤記しております←笑)が率いる攻撃軍の兵力は2万!対する忍城の防衛軍は城に逃げ込んだ百姓、町人、女子供らに雑兵も加えて二千七百!因みに、前述の『のぼうの城』(映画のほうね)では忍城側の兵力を『五百』とし『二万対五百!?』という宣伝を打っていたようだが、何かのサイトで読んだ記憶によると、この『五百』というのは『主力になる武士団の数』であり、それに指揮される雑兵他をカウントするとその兵力は大体『二千程度』にはなったらしい。それでもまあ『10:1の兵力比』になる…『攻撃3倍の法則』どころじゃねえなこりゃ…((((;゚Д゚)))))))

④それだけの兵力差があったにも関わらず正攻法を採らず水攻めを行ったのは『秀吉の意向』だったらしい。その証拠に秀吉から光成(わざと誤記しております←笑)に宛てた『水攻めしっかりやれよ!』と記した書簡が存在するそうな。あと…別の武将が正攻法で忍城軍の兵士30余を討ち取りその報告を秀吉に書簡で送ったところ『それより水攻めしろよ!』と叱った?返信が届いたそうな…。そんなレス超上司(秀吉)から貰ったら俺ならガクブルだな…秀吉はんやっぱコエ━━━━((((;゚Д゚)))))))━━━━!!

⑤1590年6月初旬に忍城外縁に到達した光成(わざと誤記しております←笑)は高地である『丸墓山古墳』を本陣として忍城を俯瞰し、水攻めの為の堤作りの指揮をする。因みに…俺は以前拙ブログに『丸墓山古墳って…要は『お墓』だよ!』『その墓に陣を敷くとか光成はん(本当は『三成』なのは知っています!←強調)メチャメチャやるなぁ…』と書いたのだが、この『古墳跡に陣を敷く』というのは日本の合戦史に於いては特に珍しい事ではなかったらしい…まあそうだよな『高地』なんだから…。光成はん(『三成だろ!?』とのツッコミは無用…←恥)は別にメチャメチャやってなかった…謹んでお詫びし訂正致します…(恥)

⑥かようにして『石田堤』が作られ『忍城水攻め』が行われたのだが、様々な問題から(後述します)この水攻めはうまくいかず、逆に『溜めた水が攻撃軍側に逆流する』というアクシデントもあり(後述します)忍城が開城したのは小田原城の北条氏が降伏した7月5日よりも後の7月16日になった。

⑦本城(小田原城)陥落までに支城(忍城)を陥とせなかった事から、光成(わざと誤記しております←笑)は『戦下手』と言われその評価を落としたそうな…カワイソス…。逆に忍城は『本城陥落後も持ちこたえた城』『水攻めされても沈まなかった城』という事から『浮城』と呼ばれ評価を上げたそうな。その伝説が回り回って、約四百年後に小説『のぼうの城』が書かれ映画『のぼうの城』も作られ、そして俺が今このブログを書いていると…まあそういう事になるのかな?(笑)

…以上『石田堤と忍城水攻め』について書かれた案内板の内容をちょい加筆しながらまとめてみました!

って…『ちょい加筆』ではないな…『メチャ加筆』だな…案内板の文字が読めなかった為にえらい事になってしまった…何で読めるように写真撮らなかったんだよ10月7日の俺ェ…_| ̄|〇

今日は休みで天気も良いんだけど…昨日の夜勤明けから腰が痛いので『サイクリングはお休み』にする…これから行きつけの接骨院(笑)に行き各種施術を受けてくる…。

前回行きつけの接骨院(笑)に行ってから1ヶ月以上過ぎてしまった…だから『初診料』がかかる…これが高いんだ…『三千円』とかする…。

それ(初診料の再支払い)を避ける為に俺は月に一度は行きつけの接骨院(笑)に行くようにしていたんだけど、先日『1ヶ月経過の最後の日の夜』に行きつけの接骨院(笑)に行ってみたら『本日の診察は終了しました』の札が…『何でや!まだ診察時間やろうが!!』と絶叫した…。

でもすぐに理由が分かった…『土曜日だったから』…土曜は15時までの診察だから夜に行ってもやってる筈がない…。

シフト勤務で仕事していると曜日の感覚がなくなるのよ…その日は夜勤明けだったから尚更…。

夜勤明けで狭山市駅に戻ってきた時行きつけの接骨院(笑)に寄ろうと思ったんだけど、明けでかったるかったから

「夜でいいんじゃね?」

と思ってアパートに帰って一杯やって寝ちまった…そして夜になって出直したら『前述の大悲劇』…何で昼間に寄らなかったんだよあの日の俺ェ…_| ̄|〇

とにかくこれから行きつけの接骨院(笑)にいてくる…『三千円』は超〜痛いけど(哀)それより腰が痛いから(笑)とりあえずいてくる…そしてその後『入間の湯』(スーパー銭湯)にでも行って腰温めてくる…そうすれば多少は走行距離稼げるからね(笑)

明日も休みだからとりあえず今日は『安静日』とする…『入間の湯』に行った後ブログちょっと書けたらいいな(笑)

明日の休みにサイクリングするかは『今日の腰の調子次第』となる…明日は少しでも走れたらいいな…今の感じなら明日はいけそうな気がするんだけど…どうなのかな?

ほんじゃ〜これから行きつけの接骨院(笑)にいてきます…(締め哀)















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-19 09:56 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その19。

b0136045_14463770.jpg
『石田堤史跡公園』の『修復ゾーン』について続ける…上の写真は『修復された石田堤』を遠めから撮ったもの…。

堤が切れているところに『窓のようなもの』が見える…そこに何が展示されているのか俺は気になった…。

それでそこに近付いてみたんですが…



















































b0136045_14513219.jpg
『分からん』…この窓みたいなところに何が展示されているのか分からん…。

『石田堤が築かれた時代の武具や工具』『その時代の生活関連品』といったものが展示されているのかと思っていたんですが、近付いてみると窓の中は『真っ暗』…何も見えん…俺の姿や背後の景色がただ虚しく映っているだけ…。

しゃ〜ないので…














































b0136045_14572981.jpg
何となくピースサインしてみたぞい(笑)

げちゃん(AKB48の柏木由紀さん)直伝の『目の横でピースサインするとアイドルっぽく見えるの術』で決めてみたぞい(笑)

かようにまるで鏡のような『謎の展示』でしたが、傍らにあった説明書きを見て俺は初めて『あ…なる…』…という気持ちになった。

『あ…なる…』ゆうのは『あ…なるほど…』という言葉の略…『アナル』ではない…(笑)

それでは何がどうアナル…ではなくて『あ…なる…』であったかというと…(笑)




















































b0136045_15045014.jpg
こうアナル…ではなくて!『あ…なる…』だった…あの謎窓は『地層展示の為の窓』だったのだ…。

昨日から紹介している石田堤は『修復ゾーン』の石田堤…まあ『レプリカ』だ…『本物』ではない…。

でも位置としては確かに『かつて石田堤があった場所』で、故に『その地層断面』には歴史的価値がある…『かつて石田堤が作られた時の痕跡』がそこにはある…。

それでまあ『ああいう窓』が作られた訳ですね…上にその説明書きを載せておいたから軽く読んでくれよなぽまいら…。

てな訳で…


















































b0136045_15124680.jpg
『この窓が存在する理由の説明』はおしまい(笑)

『貴重な地層断面資料』なんだろうけど、ぱっと見『窓の中には何もない』『ただ暗くて俺の姿や背後の景色が映るのみ』だったので、俺にとっては『げちゃん直伝の目の横でピースサインするとアイドルっぽく見えるポーズを映す鏡』としか思えませんでしたね(笑)

それでまあこの後『公園的なところ』に移動したんですが…




















































b0136045_15220064.jpg
そちらに話を移す前に『この説明書き』に目を通して欲しい…『石田堤についての説明書き』の中でこれが一番よく書けていたから…『忍城水攻めと石田堤の関係』について最もよく書けている…しっかりと目を通して欲しい…。

お前達がちゃんと理解するまで暫し『自習の時間』とする…(夜勤いてきま〜す…)




















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-17 15:23 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その18。

b0136045_21590780.jpg
いきなり再開する(笑)

そして…遂に今回話が動く(笑)

写真を見てくれ!もうあの『高架下の櫓や米俵みたいのが積んである写真』は載せないゼ(笑)

『石田堤史跡公園の案内図』だ!その案内図を拡大したつもりだったんだけど、ブログに貼ってみたらあんま拡大されとらんな…ぽまいらのデバイスではこの図それなりに見えとるのかな…。

見えとる前提で続けるけど(笑)図の真ん中の『シンボルモニュメント』ゆうのが『今まで何度も同じ写真を挙げてきたアレ』で(すみませんでした…←陳謝)右手の緑地が『公園的なもの』で、左手の緑地?は拙ブログでは初の登場になるけど『堤修復ゾーン』となる…文字通り『石田堤を修復したゾーン』…。

俺はあの日(10月7日…もう1ヶ月以上前だ…)このゾーンを見て

「おお!これがかの『石田堤』!」

「これだけちゃんと残っているところがあったんだな〜♪」

と感動したんだけど、後になって『修復ゾーン』と知りガクッとなった…案内図にちゃんと書いてあった訳だけど見逃していた…(恥)

その『修復ゾーン』を早速だけど紹介しよう!















































b0136045_22164148.jpg
これやで『修復ゾーン』!『それなりに堤しとる』だろう?

俺はこれを見て

「おお!」

と感動したんだけど、実は『修復ゾーン』だった…後でそれを知りガクッとなった…ってそれもうさっき書いたよね?(笑)

『堤の高さ』を分かりやすくする為に撮った写真が…













































b0136045_22233321.jpg
『これ』!アクアはタバコの箱か!?(笑)

対比物としてアクアを入れたから(タバコの箱的な存在←笑)『堤の高さ』が分かりやすくなったでしょう?帰りがけにわざわざ撮ったんだからありがたく見てくれよな(笑)

ご覧の通りそれ程高い堤ではない…でも『この堤で水を堰き止めて忍城を水攻めにする』という為のものだから『この位の高さ』でいいのかも…。

今度は『上からの写真』を載せようかな♪











































b0136045_22294496.jpg
『上からの写真』はこんなん…繰り返しになるけどそれ程高くはない…でも低くもない…。

「あの石田光成(わざと誤記しております←笑)もこんな風にこの堤に登って視察したのかもな…」

なんて思ってちょっと感動したんだけど、あの石田光成(わざと誤記しております←笑)は少なくとも『この堤』には登っていないだろうな…何せ『修復ゾーン』だからな…登っている筈がない…俺の感度を返せ…(哀)

で…











































b0136045_22342598.jpg
『こんな写真』もあるよ!これは『堤の上』な!

この時点では俺はこの堤を『本物』と思っていたから写真を撮る事撮る事ォ〜(締め笑い)




















続く…。
(狭山市駅に着きました…今夜これからか明日自炊をして『それっぽい飯』を食う…まあ結局は『鍋』なのだが…アパートに帰って『ぼっちの動画』観まぁす☆←再締め笑い)

# by shousei0000 | 2018-11-16 22:37 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

余談…続き。

朝からの続きです…昨日の14時過ぎだかに俺は狭山市のアパートを出てBPSさんとこに向かった…。

所用あり実家に寄ってからBPSさんとこに行った…何時に着いたかは覚えていないが『15時台』であったと思う…。

とりあえず『アヴァンのリア変速の不具合』について述べる…そして診てもらった結果はやはり『ワイヤーの切れかかり』…。

当然ワイヤー交換になったのだが、BPSさんが示したワイヤーには2種類あった…ひとつは『千円のワイヤーで多分今使っていたクラスのもの』で、もうひとつは『ヅラ(デュラエース)クラスで二千円のもの』であった…。

『値段が倍違う』と言えばそうも言えるのだが、二千円でヅラが使えるのであればそちらを選ぶ方がいいのではないか?

「デュラ(ヅラ)のワイヤーの方が多少は変速がスムーズだと思います」

とBPSさんもおっしゃったし…。

それでヅラのワイヤーにしてもらった!

「遂に俺も『ヅラ使い』かぁ〜♪」

とちょっとウキウキした…『たかが二千円』だけどね(笑)

これからの人生の中で自転車乗りのお友達ができたら(もうできんだろうなぁ…←諦念)そのお友達に

「小生さんのアヴァンのコンポは何でしたっけ?」 

と聞かれたら、俺は胸を張ってこう答えよう!

「基本アルテグラだよ」

「一部ヅラだけどね♪」

と…。

嘘は言っていない…リアシフトワイヤーだけでも『コンポの一部』はコンポの一部…二千円でも『ヅラ』はヅラ…嘘は言っていない!(強弁←笑)

まあゆうて俺はヅラに特別な想いはないけどね…俺のサイクリングにヅラは不要…アルテグラですら本当は分不相応…。

俺の人生はヅラとは交差しない…因みにヅラ(カツラ←笑)も交差しない…。

本当は『頭の方のヅラ』とは交差しなくてはならないのかもしれないが(『カツラをかぶる必要がある』ゆう意味ね←笑)俺は自分がゲーハー(ハゲ…)である事は何とも思っていないので(本当だよ!)『頭の方のヅラ』は必要ないのだ…そして『自転車の方のヅラ』(デュラエース)も必要ないと思っている…これも本当…。

よくよく『ヅラとは縁のない人生』だ…そういう星の元に生まれてきたのだろう…。

って…確か前にもこういう事書かんかったか?
そう思うなら書くな!
あと…『自転車の方のヅラ』はともかく『頭の方のヅラ』は買った方がいいのでは!?(嘲笑)

















































b0136045_20090652.jpg
場面を変える適当な写真がないので『先日の入基祭でのブルーインパルスの写真』で代用する!

あの日(11月3日)夜勤明け帰りに時間調整して『鑑賞ポイントとして良いであろう茶畑んとこ』に行ったら『人大杉』でさ…『みんな考える事は一緒だ…』と思った…ブルー(ブルーインパルス)ってばみんなに愛されているな♪

ブルーの事はともかく(笑)昨日のBPSさんとこでの滞在時間はメッチャ長かった!

3時間まではいかなかったと思うけど『2時間強』はいた(笑)色々話しているうちにその位の時間があっという間に過ぎた(笑)

本当に色々な話をしたんだけど、その中のひとつに『拙ブログの話』があった。

BPSさんは前日に拙ブログを読んでくれたとかで(ありがとうございます♪)

「『石田堤の話』…いいですね♪」

と言ってくれた!

BPSさんは『板碑』がお好きで『古い建物』もお好きだから歴史に造詣がある…だから『拙ブログの石田堤の話』にも興味を持ってもらえた…のだと思う…。

正直嬉しかったんだけど『こう』も言われた…。

「あの『高架下の櫓や米俵みたいのが積んであるとこの写真』が何度も繰り返し掲載されるのはちょっと…」

「あの写真見ると文章読む気なくなるんですよね…」

と…。

その『高架下の櫓や米俵みたいのが積んである写真』というのは…










































b0136045_20252775.jpg
『これ』な…確かにこの写真は何度も掲載しすぎた…(恥)

『石田堤サイクリングの話』はもういい加減しつこくなっているので(今更!?←呆れ)この後また書こうと思っているんだけどなるべくサクサクと…という訳にはいかないと思うけど(笑)少なくとも話は進めていこう…とりあえず上の写真はもう掲載すまい…(恥)

とまあ色々あった『2時間強のBPSさんとこの滞在』でした♪
そんなに長くいるな!(呆れ)












































b0136045_20323852.jpg
とまあそんなところで『自転車の話』はおしまい!『自転車の話』したっけ?(笑)

BPSさんとこの帰り道無駄に回り道して(笑)走行距離を『22km』にして(たった!?←呆れ)アパートに帰ってすぐに『ぼっちの動画大鑑賞会』を開催(笑)

上の写真は昨日撮ったものではない…『韓国 トルコ旅行記』を観たのは昨日の午前中で、大鑑賞会(笑)の時に観たのは『真冬のドイツ周遊記』の方…漸く安定した環境で観れて(Apple TV経由でテレビにつべを投影♪)大鑑賞会(笑)が捗る捗る(笑)

『真冬のドイツ周遊記』ではぼっち(『りょんたんさん』乃至は『なめこの人』)は『プレミアムエコノミー』ゆう席でドイツに向かう…この席は『エコノミーより少し席が広くてフットレストが付いていてビジネスのデザートも頂ける』という席らしい…因みに『お値段』は結構高いらしい…。

でも…ぼっちは『ANAの上級会員』とかで、この『プレミアムエコノミー』という席に空きがあれば『無料でのクラスチェンジが可能』との事!『上級会員』ってスゲ━━━━((((;゚Д゚)))))))━━━━ッ!! 

『上級会員』は『空港のラウンジ』も使用できるらしい!空港にあるあの『一般の人立ち入り禁止!』みたいなところが『ラウンジ』!

昔スキューバダイビングをしていた頃俺も空港には年に3回位足を踏み入れていて(ナツカシス…)その『ラウンジ』も見ていて

「こういうところを利用できる人はさぞかし金満家なんだろうな…」

と怨嗟の想いを込めて呟いたりしていたんだけど(笑)ぼっちの動画での説明を信じるなら、ぼっちは『特別な金満家』ではないらしい!細かい事はここには書かないけど『エリートリーマン』とかではないらしい!

なのにぼっちは『ファースト』は乗るわ『ビジネス』は乗るわ、メッチャ高いものではないようだけど『カリブ海の巨大クルーズ船』にも乗るわでやりたい放題!それをできるのは『旅に全振りするライフスタイル』と前述の『ANAの上級会員である事』が故らしい!『ファースト』や『ビジネス』もその上級会員パワー(笑)と所謂『早割』で『高いは高いけど庶民でも何とか手が出る価格』で利用できるらしい!『何かスゲー!』と思った!

因みにこの『上級会員』ゆうのはどうやったらなれるか俺は知らんのだけど、俺のダイビング時代のリーダー格の人で今でもFacebookで繋がっている人に

>もしかして…貴方も『上級会員』?

>『空港のラウンジ』とか利用してます?

とFacebookで質問したら

>とんでもない!

>俺クラスではとてもとても…。

というレスが…その人はダイビングであちこち行きまくっている人で当然飛行機にも頻繁に乗っていて、そんな生活をもう30年はしている人なんだけど、そんな人をして『とんでもない!』と言わせる『上級会員』って一体…どうやったらなれるのか『上級会員』…今度調べてみよう…。

『真冬のドイツ周遊記』に話を戻す…動画の中でぼっちは『プレミアムエコノミー』でドイツに向かっていた…。

『機内食』が出た…これ自体は『エコノミーのそれ』と同じ…デザートは『上のクラスの』だけど…。

弁当箱みたいので出てきて何か笑った…ぼっちの動画では『ファーストの機内食』や『ビジネスの機内食』が度々紹介されるので、今回久々に『普通の機内食』を見て何か笑った…『ショベー!』って思って笑った…。

その位『ファーストの機内食』や『ビジネスの機内食』は凄い…特に『ファーストの機内食』は凄い…。

機内は火が使えないから基本『温めて盛り付けるだけ』なんだけど、それでも『洒落た器に美々しく盛り付けられた山海の珍味』はそれなりに旨そうで

「『盛り付け』ってやっぱ大事だな…」

といつも思う…それなりの金額がかかっているから当たり前っちゃ〜当たり前なんだけど、それでも『スゲー!』と思う…鍋とか食いながら思う(笑)

でも…『羨ましい…』とはあまり思わない…何故なら俺もこと飯については『ペリーニ アダージオ』で似たようなものを頂いているから(笑)

『機内食はフレンチで俺がペリーニで頂くのはイタリアン』という違いはあるけど『シャレオツ飯』はシャレオツ飯!俺は『ファースト』や『ビジネス』には乗れないけど(哀)こと飯だけについては『ファーストやビジネスの機内食みたいの』をペリーニで度々頂いている!だから羨ましくはない!(本当だよ!)

そんなこんなな想いで(どんな想いなのやら…)昨日もぼっちの動画を観ながら大騒ぎ(笑)

「ぼっちー!今回の機内食はショボいのう(笑)」

「でも…『そういう対比』を間接体験させてくれてありがとう!」

「やっぱおまえの旅動画は最高に面白いゼぼっちィー!!!」

と盛大に喋りながら(無論本当に声に出している←笑)ブラックニッ◯を飲みつつケンタッキーフライドチキンの『いいとこどりパックA』を食ったのでした♪
22kmしか走ってないのに『ケンタのパック』を食ったんかい!?(締め呆れ)


















おしまい…。
(この投稿長くなりすぎた…もう帰んなきゃ…これ以上今いるファミレスに居残ると『明日の自炊食材』買えなくなる…明日は夜勤入りだから『それっぽい自炊飯』食いたいのだ…無論当然『ぼっちの動画』を観ながらね←締め笑い)

# by shousei0000 | 2018-11-16 21:28 | アヴァン 走行 | Trackback | Comments(4)

余談…(11月15日の行動)

昨日俺は公休だったんだけどサイクリングはできなかった…マターリとしてしまった…。

朝起きた時は走るつもりだった…でも『問題』があった…。

アヴァンのリアディレイラーの調子が悪い…前走(鉢形城に行かず鎧塚でお茶を濁したやつ←笑)の途中からそうなった…。

『ローギアへの入り』が悪い…入らない事はないけどカリカリいう…昨日の朝リアディレイラーの調整つまみ?を回してワイヤーを締めてみたけど改善せず…そして『トップギア方面への入り』も悪くなった…トップギアから3段目辺りから先に落ちていかない…。

「これって…もしかして『ワイヤーが切れかかっている』んじゃあ…」

と思った俺はBPSさんとこに行く事にした…それが8時半とか…とりあえず10時位まで時間を潰さねば…。

それでまあ洗濯をして部屋の掃除にも取り掛かったところで『Apple TVのリモコン』が見つかった!

探していたのよ『Apple TVのリモコン』!

暫く前からApple TVをiPhoneで操作できなくなっていたので、その接続を再開するにはどうしても『Apple TVのリモコン』が必要だから探していたのよ!でも見つからんかった…小さくて薄いからどこかに紛れてしまって…。

それが部屋の掃除を始めて早々に見つかった事に俺は狂喜し(笑)掃除をほかって『iPhoneのリモコンアプリをApple TVに接続する作業』に取り掛かった…そしてちょっと時間がかかったけど見事接続再開!やったネ♪

それでまあここんとこ見れなくてストレスが溜まっていた『ぼっちの動画』を観た…『ぼっちの動画』ゆうのは暫く前に紹介した『りょんたんさん』乃至は『なめこの人』で通っている人の旅動画…『韓国、トルコ旅行篇』を途中から観られなくなっていたのでストレスが溜まっていた…。

iPhoneをミラーリングゆうのをしてテレビで観る事はできるんだけど、それをすると何故か3分に1回位『CM』が出る…あと時々接続が切れる…。

そんなんだから折角『ぼっちの動画』を観ていても楽しくない…『CM』は無料でつべを観ているんだからしょうがないのかもしれないけど、Apple TVでつべを観る時は『一動画を観終わった後にCM』なんだ…それすらも出ない時もある…同じつべなのに何故違うのか…。

その『しょっちゅうCM』『時々寸断』でジリジリするから暫く前から俺は『ぼっちの動画』を観るのをやめていたんだけど、昨日Apple TVのiPhoneでの操作が再開して久々に観た『ぼっちの動画』は楽しかった!

「やっぱこの人の動画面白いわ!」

と叫んだ!比喩じゃなくて本当に声を出して叫んだ(笑)

それでまあ

「今日は『ぼっちの動画鑑賞会』でいっか?」

「ケンタッキーフライドチキンの『いいとこどりパックA』でも食いながらブラックニッ◯飲んでグダグダ観るか?」

と思ったんだけど(笑)さすがに『それで一日終わり』というのも何だと思ったので(そりゃそうだ←呆れ)とりあえず『ぼっちの動画』を観ながら朝飯食って掃除を再開…掃除を終えたのは昼過ぎ位だったかなぁ…『ぼっちの動画』も結構観たので…。

それからまたダラダラして(恥)BPSさんとこに向かった時はもう14時を回っていたのでした…(締め恥)


















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-16 09:13 | アヴァン 走行 | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その17。

b0136045_14401010.jpg
『アミューズメントな部分』を皮切りに『俺の石田堤史跡公園探索』が始まった!

同じ頃合いにおよそ100Km程度南西の地『アグリパーク伊勢原』では『ペリーニ アダージオの秋のバーベキュー』が開催されていた…2つのドラマが距離を隔てた地で同時に進行していた…って大袈裟(笑)

上の写真の場所を『アミューズメントな部分』としたのは『2つの音声ガイダンス』が故…『普通の音声ガイダンス』は普通に聴けるが(変な言い方←)『特別な音声ガイダンス』は『あるやり方』を踏まないと聴く事ができない…そんなところに『アミューズメントさ』を感じて俺はここを『アミューズメントな部分』と名付けた…。

その『アミューズメントな説明』が…







































b0136045_14493191.jpg
『これ』…説明文のふたつめに

>(音声ガイダンスの)もうひとつは秘密です。
>ヒントは公園内のあずまやにあるよ。

とある…更に続けて

>ところで、この声、どこかで聞いた事があるぞ。

ともある…おそらくは石田光成(わざと誤記しております←笑)を演じる声優さんか俳優さんが『誰もが知る有名人』という事…一体誰なのか…。

その答えは…



















































b0136045_14493212.jpg
『分からない』…_| ̄|〇

光成(誤記しているのはわざとだからね!←強調←笑)を演じている人の名前が『大和田』のとこれで捲れていて『大和田何さん』かが分からない…。

「大和田…獏さんかな?」

と俺は思ったが『大和田獏』ってこういう場所のこういう案内板に

>ところで、この声、どこかで聞いた事があるぞ。

と書かれるような存在なのか…子供とかが聴いて

「あっ!この声!大和田獏ぅー!?」

と歓声を挙げるような存在なのか…俺にはちょっとピンとこない…。

「『公園エリアのあずまや』か…」

「そこに行ってまずは『ヒント』を得るか…」

と俺は思ったんですが、その『公園エリアのあずまやの話』にいく前にもうちょっと『アミューズメントな部分の話』が続くんじゃぞい(←ドラゴボwww)



















続く…(夜勤いてきま〜す…)

# by shousei0000 | 2018-11-13 15:08 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その16。

b0136045_05225322.jpg
『石田堤史跡公園のターン』をいく…この案内板には『1590年に行われた豊臣秀吉による小田原攻め』について書かれている…。

右にある図はこれまで何度も挙げた『小田原包囲網』の図…圧倒的な包囲っ振りに俺が溜息をついた事ももう何度も書いた…(恥)

ここから読み始める人もいるかもなのでもう一度書いておく…このシリーズ物は『10月7日に行った石田堤史跡公園サイクリング』と『同日に神奈川で開催されたペリーニ アダージオの秋のバーベキュー』を対比する形で進行する…。

ペリーニの秋のバーベキューに独りで参加するのが不安でそれから逃げた俺…この行動を拙ブログでは『ぼっち回避』と称している…。

そのぼっち回避(恥)の結果10月7日は『普通の休日』になり、いつものように?サイクリングに出掛けた俺は様々な事情から『予定していなかった石田堤史跡公園サイクリング』をする事になったんだけど、その『石田堤史跡公園』が思っていたより千倍位良くて(笑)それでそれなりに満足して帰宅した…でも後日ぼっち回避(恥)したペリーニのバーベキューで『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『それに合わせて頂くジャンバラヤ』が出たと知り悔し泣きする事になった…。

「ぼっち回避なんかせずに行けばよかった…」

と…。

この結果、当初普通に綴ろうと思っていた『石田堤史跡公園サイクリング』を『石田堤史跡公園サイクリングとペリーニの秋のバーベキューを対比するで綴る』という形に変更した…。

『あの日石田堤史跡公園で俺はこんな行動をとっていた』
『一方その頃ペリーニのバーベキューではこんな事が行われていた』

てな形での対比…『二元同時中継的な流れ』とでもいうべきか…意味分かるよな『ここから読み始められた人』よ…(笑)

秋のバーベキューの写真はないので(参加していないので当然持っていない)『春のバーベキューの写真』を使っている…ついでに『未完に終わった春のバーベキューの話』を補完的に述べさせてもらっている…そんな事もしているから本シリーズも既に『その16』にまでなった…(哀)

今は『石田堤史跡公園のターン』…ここから暫くの間『石田堤史跡公園での俺の行動や感情』について記していく…。

『石田堤史跡公園』は『アミューズメントな部分』と『公園な部分』に分かれている…上に挙げた案内板は『公園な部分』にあった…。

時間を少し戻して『アミューズメントな部分』について書く…『アミューズメントな部分の全景』が…









































b0136045_05540945.jpg
『これ』…この画像載せたのもう何度目かね?(笑)

写真に写っている櫓みたいのの下に立つと『石田堤についての音声ガイダンス』が流れる…後でまた触れるけど『正規の音声ガイダンス以外のちょっとしたお楽しみ』もある…だから『アミューズメントな部分』と書いた(笑)

それではまた夜に『石田堤史跡公園のターン』について綴っていく事にする…(電車が職場駅に着きますた…←締め哀)



















続く…。

# by shousei0000 | 2018-11-11 05:58 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)