年始ラン!(2月17日の走行)

b0136045_20391325.jpg
ホンダわず!『年始ラン』わず!

所謂『走り初め』ってやつ!

今年も良い年にしたいよな♪
(今日はもう『2月17日』なんだけどそれは!?←呆れ)

















































b0136045_20423486.jpg
てな訳で…『ホンダわず』でした…そして『逆風中々にきついわず』でした…_| ̄|〇

12月の最末期に肋骨を折って隠忍自重の刻…禁煙をした事もあって『増量』『増量』の日々…(恥)

その前から実は『左足』が痛かった…いつも痛かった訳ではないが『勤務終了後』や『夜勤明け』に痛かった…。

「『痛風再発』…かな…」

と戦々恐々としたが、かつての痛風の時もかかった整形のセンセの見立てでは問題はそこではなく『身体が硬い事』だった…レントゲン写真を見たセンセは迷う事なく俺に

「君ィー!身体硬すぎだよ!」

「うちの理学療法士のスタッフに就いてリハビリしなさい!!」

と言った…『レントゲン写真を見て身体の硬さが分かるのか!?』と全俺が驚愕した…。

その診断を受けたのが去年の12月の中旬頃…その後『スポーツジムに再登録してストレッチやるぞ!』と思って手続きしたら『肋骨3本骨折』となりorz…『スポーツジム』もそうだけど『自転車』も乗れん…(哀)

明けて1月の中旬位に少し良くなった気がしたんだけど、『サイクリング』や『ジム活動』にはまだ早かった…胸元を伝う痛さに『ひてて…』となった…。

そして漸く『今』…もうRGM79(ジム←笑)に行っても『ひてて…』とならないし(笑)フェルーカRに乗ってお買い物走(恥)してもだいじゃぶ…『何かする度に身体が痛かったあの日々』とはもうおさらば…。

そんなこんなで今日漸く『今年最初のサイクリング』となったのでした…(恥)
















































b0136045_21025171.jpg
帰りも『逆風』わず…トータルすると『半分が逆風で半分が順風』ゆう感じ…まあ『冬のCR』だからしゃ〜ない…(諦念)

トータル60Kmにも満たない走行でしたが楽しかった…苦しい時間帯も多かったが『それでこそのCRよ!』と思えた…。

『休みの日はまず走る生活』に戻っていこう…『身体の硬さ』を指摘された以上『ストレッチで軟化』も指向しなくてはならず『ただサイクリングをすればいい』とはならないんだけど、左足の痛みの理由に『体重増』があると思われるから『サイクリング』もしなくてはならない…そして『RGM79(ジム←笑)通い』も意識しなくてはならない…。

ぶっちゃけ当分は『RGM79(ジム←笑)通い』を優先する…『サイクリング』はできる時に走って『月間走行距離500Km』を目指す事にする…。

『色々ある年始』…2019年頑張ろうぜ俺…。

てな訳で…これから仕事にいてきま〜す…。

もう21時15分とかだけど『22時スタートの超〜変態勤務』にいてきま〜す…_| ̄|〇


















おしまい…(寒いよう…超〜変態勤務ホントやだ…)

# by shousei0000 | 2019-02-17 21:14 | アヴァン 走行 | Trackback | Comments(0)

今日も終わりそうで終われない『1月28日の収穫』…。

b0136045_20284950.jpg
『前回の末尾の画面キャプチャー』を載せて再開する…『牧場の少女カトリ』について色々と書いている…。

35年位前の鉄道旅行の時『陽が落ちて薄暗く雪深い磐越西線』というロケーションの下、俺の脳内に『牧場の少女カトリのエンディング』がリフレインした…いつまでも絶える事なく脳内にかかり続けた…。

今でも思い出せる…あの日の情景をバックに我が脳内にかかり続けた

>スミレはいいな 大地に抱かれ
>野原を飾って 季節を告げる
>私もいつか 生まれた町で
>小さく静かに 暮らしてみたい

という歌詞を…。

嗚呼…何も間違えちゃいない『カトリ』…あの日俺は確かに『牧場の少女カトリ』と共にあった…それは本当に間違いない…。

もしも『間違っている点』があるとすれば、それは…











































b0136045_20442990.jpg
『これ』だな…。

『牧場の少女カトリ』は『ハウス名作劇場』ではなかった…『世界名作劇場』だった…。

詳しくは覚えてないんだけど、この時期にはもう『ハウス』はスポンサーを降りていて『ハウス名作劇場』という冠名ではなくなっていた…『世界名作劇場』になっていた…。

そう…この頃の名作劇場は『斜陽の時代』だった…『聞いた事もない外国の児童文学書』を原作にした一連の作品…『聞いた事もない名作』という形容矛盾?に日アニ(日本アニメーション社)は苦しんでいた…。

この放送時間帯はかつて『アルプスの少女ハイジ』『母を訪ねて三千里』『赤毛のアン』といった『名実共にある世界の有名児童文学書』を原作としていた…そして放映と共にそれら作品はますます有名になっていった…。

『原作とアニメの相乗効果』とでも言うべきか…この頃の冠名はそれこそ『ハウス名作劇場』であったであろうが、それが『世界名作劇場』であったとしても誰もそれに異を唱える事はなかっただろう…『興隆の時代』だったのだ…。

じゃあ『斜陽の時代』の作品には見るべきものがなかったのかというと必ずしもそうではない!

『傑作』とまでは言えないにしても『佳作』はあった!例えば『牧場の少女カトリ』の前年の作品である『アルプス物語 私のアンネット』がそうである!!

『アンネット』(と略します)のメインテーマは『罪と許し』である…『罪を犯した者』と『罪を受けた者』が共に苦しみながら『いつの日にか訪れる許しの刻』に向かって進んでいく…でも勿論そう簡単に『許し』に至る筈はない…『許されざる日々』が延々と続き『その重苦しさ』に辟易とすらする…。

そして途中で『罪』が入れ替わる…『罪を犯した者』が別件で『罪を受けた者』になり、『罪を受けた者』が今度は『罪を犯した者』になる…立場が変わる事で今までは分からずにいた『互いの苦しみ』を我が事として理解していく2人…。

そして遂に『許しの刻』が…正直俺はその『許しの回』の放映を観て泣いてしまった…。

だから…そうね…『アンネット』を観た事で『名前を聞いた事もない名作劇場』という酷評?は少なくとも俺の中ではひっくり返った…『アンネット』の原作は『雪のたから』という日本では無名の作品?だったんだけど、俺の中では『雪のたから』は『名作』になった…『トレジャー』ゆう英単語も覚えた…(『雪のたから』の英語名は『トレジャー オブ スノー』だったもんで…)

『アンネット』以降だったかな…『世界名作劇場』をちゃんと観るようになったのは…高校生なのにアニメをガチ観してちょっと恥ずかしいんだけど、そういう経緯があったのと、この頃の俺は『アニヲタ』だったので流してやって欲しい…それ(アニヲタ)もあって俺は『青春時代』ではなく『黒冬時代』を過ごしていたのだ…(恥)

そしてその『アンネット』の次の年の『世界名作劇場』が…












































b0136045_21410477.jpg
『カトリ』だった!時に『1984年』!!

この画像はつべで見つけたやつをテレビに飛ばして撮ったものなんだけど…色々と懐かしくて何か尿が出た…(何で尿が出るんだよ!?←呆れ)






































b0136045_21452015.jpg
『カトリ』の主要キャラクター!

この3人…子供のくせに『ちょっとした三角関係っぽいの』を醸し出すんです…(妬み)










































b0136045_21452132.jpg
ほれ!この通り『三角関係っぽいの』を醸し出しとる(笑)

カトリが飼っていたダックスフントは『アベル』とかいったかな?

犬の分際で変に賢くてムカついた記憶が…『犬が賢い』というのは別に納得なんだけど、『色々とご都合主義』があったような…確かそうだったような…。

因みに…この頃俺はダックスフントという犬種はあんま好きではなかったんだけど、この後十数年程経った2000年頃にミニチュアダックスフントを飼う機会を得てダックスフントが大好きになったのでした…ダックスフントって可愛い上に賢くて主人想いですよね…(しみじみ)








































b0136045_21452220.jpg
『フィンランド独立運動に身を投じている学生さん』…名前はさすがに覚えていない…。

『カトリ』はあの『おしん』を意識して作られ、この学生さんも『おしんの中の自由民権運動の人』を模して登場させられたそうな…原作にはこういう人物はいないそうな…。

色々とややこしかったですよね…『カトリ』…。




















続く…。

# by shousei0000 | 2019-02-16 21:57 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

懐かしき人からの手紙…続き(要は『非公開コメントへのレス』です←笑)

b0136045_08432829.jpg
前置き無しでいく…。

SM君…この時は君の新車におならブーしちゃってごめん(笑)

君は分かってなかったかもだけど、実はこの時の俺本気でおならブーしているんだ…『新車がどうの』ゆうのはどうでもよかったんだけど、『バーディー坂以降のルートでことごとくけちょんけちょんにやられた』のがさすがに効いてねえ…それで冗談めかせてはいるけど、実はかなり本気でおならブーした次第…まあ実際におならを出した訳ではないのだが…(笑)

この走行の1年後位から君とのご縁がなくなったんだったっけ…さすがにもうよく覚えてない…。

今も元気によそで働いているみたいだね?拙ブログも一応読んでくれているようで(笑)何より♪

このブログは君が始めさせたみたいなものなんだぞ…アクアを買った直後のサイクリングの模様を君にリアルタイムでメールした事が楽しくて、その楽しさから『ブログやってみっか?』と思ったんだ…覚えている?(この辺の事情をご存知ない方は拙ブログ2008年5月10日付記事『四半世紀の刻を越えて…』シリーズを参照)

まあだから責任者(ブログを始めさせた事の←笑)として最後までしっかり拙ブログについてきて欲しい…多分定年まではもうこのままのノリと雰囲気とペースで更新し続けると思う…。

以下『頂いたコメントへのレス』をいく…非公開コメントだったから内容は晒さないしくどくどは書かない…『当たり障りのない部分』にだけレスをする…。

しっかし…まず大前提として、君って『鉄道好き』だったのね!?その昔色々話していた頃(主に居酒屋で←笑)『鉄道好き』と聞いた記憶はないんだけど…『鉄道好き』だったのね?まずはそれにビックリ!

3月に行う『順延の旅』も『週末パス』でいくよ!3月なら『青春18きっぷ』が使える訳だけど、前に行程を出した通り、今回の旅では『一部特急を使用する』からねえ…それに『雪等で列車が運休か遅延した場合、最悪新幹線を使う可能性もある』からねえ…それ考えると『週末パス』の方がいいのかなぁと…。

『青春18きっぷ』を使って『2泊3日の旅』に仕立て直すのも考えたんだけど、『鈍行列車の旅』なんて俺35年振り位だからさ…今回行ってみないと『楽しいのか楽しくないのか』が分からない…。

高校生の時行って楽しかったのは事実だけど…今の歳(もうすぐ51歳…)になって『ずーっと座り詰めの鈍行列車の旅』を面白く思うかどうかは分からない…『つまんね…』と思う可能性もある…。

『鉄道旅行は今回限り』になる可能性もあるのよ…だから『5日間使用で13000円位の青春18きっぷ』は今回の旅にはいらない…今回楽しかったらまた考える…。

電車が職場駅に着いた…これでレスを終わりにする…。

今回はコメントをありがとうSM君!嬉しかったよ♪

じゃあ…

















































b0136045_09151046.jpg
元気でなSM君!

いつの日にかまたどこかで会おう!!(腕時計を見せびらかしている←締め笑い)
















おしまい(笑)

# by shousei0000 | 2019-02-16 09:15 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

【速報】俺氏、来るべき鉄道旅行に備えて『超〜イケてる腕時計』を購入する!!!

b0136045_16133221.jpg
クール過ぎるだろうこれ!

異論は認めねえ!!!(豪語)







































b0136045_16172166.jpg
これからちょっとイタリアン食って帰ります♪(ペリーニではないよ)

にしても…








































b0136045_16184470.jpg
チラッ…(と時計を見る…)









































b0136045_16191803.jpg
チラッ…(と編み紐バンドも見る)











































b0136045_16200480.jpg
やっべー!

さっきから腕時計を巡ってニヤニヤが止まらねえー!!!(T字カミソリで顎切りますた←締め笑い)





















おしまい♪
(『腕時計を買った理由』やら『何故このブランドにしたか』とかは…また今度書くね♪)

# by shousei0000 | 2019-02-14 16:21 | 雑記 | Trackback(2) | Comments(0)

懐かしき人からの手紙…(2月12日の衝撃)

『手紙』ゆうても実は『コメント』なのだが…2月12日の夜勤の合間に拙ブログを開いてみたら『コメント』が入っているのに気が付いた。

拙ブログにコメントをくれる方は極めて限定されているので、その方とは違う文体の文章を読んで

「誰これ?」

と思ったら…『SM君』だった!







































b0136045_13521978.jpg
拙ブログ2008年5月23日付記事『リベンジ・ザ・小沢峠!』より抜粋…。

因みに…このタイトル『リベンジ・ザ・小沢峠』は『リベンジ・ジ・小沢峠』の間違いではない…『小沢峠』は『おざわとうげ』ではなく『こさわとうげ』と読むので、その前に付く『the』は『ジ』ではなく『ザ』でよいのだよ…驚いたかねぽまいら…。

俺は驚いたね…『小沢峠』を『おざわとうげ』と読むと思い込んでいて、上のタイトル付けた2年後位に

「やべえ…」

「あのタイトル『ザ』じゃなくて『ジ』だろう…」

と赤面していたら(恥)『こさわとうげ』と読むという!確かBPSさんとこのブログで知った!!

「『こさわ』なら『ザ』でオッケ〜♪」

と全俺がホッとしたもんだったなぁ…(照れ)

それはともかく(笑)『SM君』の話です!

細かい事はもう書かないけど、ぱっと見目を惹く『SM君』という奇抜な名前…これは上の画面キャプチャー文中にもある通り『悪ふざけしてこんな名前にした』のではなく『偶然』でした!『姓の一文字目と二文字目の頭文字を併せたら偶然SMになった』のでした!

『嘘』な…んな訳ねーじゃん(笑)

『姓の一文字目と二文字目の頭文字を併せたらSMになる』と悟ってウケる為に付けたのが『SM君』という名前でした(笑)

SM君本人もこの恐るべき秘密(ふざけてSM君にした事実)には気付いてなかったと思うから今お詫びしておく…実はあの時はそんな気持ちでこんな名前を考えたんだ…おかしな名前を付けて悪かったと思っているよSM君…(心からの陳謝)

あと…SM君についてはもうひとつ『お詫びしておかなくてはならない事』がある…それは何かというと…















































b0136045_14180720.jpg
『これ』…これは拙ブログ2009年9月6日付記事『9月3日の走行』から取った画像…。

因みに…この投稿書く為に自分のブログから当時の写真をコピーしたのだが、著作権だか何だかでガードがかかるのなエキサイトブログ…コピーした画像が表示されなくて仕方ないから画面キャプチャーを撮った…。

『2009年に俺が撮って俺が載せた画像』なんだけどなぁ…余計な事してくれるよなエキサイトブログの奴…。

それもともかく(笑)上の写真はSM君の新車『トレック マドン』を撮ったものなんだけど

>しんしゃ こうにゅう おめでとう!!!

>まきがいくんでーす

と書いてあるんだけど…今だから正直に言う…これ『うん◯』なんだ…。

SM君が俺のアクアよりいいロード買ったのが妬ましくてね…しかも一緒に走ったらけちょんけちょんにされちまった…(意味分からん人は当時の記事読んで)

だからさ…大人気ないとは思ったけど『う◯こ』書いちまった…『まきがいくん』に偽装して…。

でも…見れば分かるかなぁ…『湯気』が立ってるもん…。

『まきがいくん』なら『湯気』は立たんわなぁ…『◯んこ』だからこそ『湯気』も立つ…。

でも…あいつ(SM君)ちょっと鈍いところとかあったから気付いてないかも…『新車購入のお祝いにまきがいくん描いてくれた♪』とか素直に感謝してくれて、今でもまだそう思っているかも…。

ダメだ…やっぱ今更だけどお詫びしておこう…。





















































b0136045_14370088.jpg
SM君…あのなぁ…これ『うん◯』なんだ…『まきがいくん』じゃないんだ…。

君のマドンが羨ましくて…君の豪脚?に腹が立って…それでつい『う◯こ』描いちまったんだ…。

君は気付いてなかっただろうから今お詫びしておくよ…本当にごめん…(心からの陳謝)
気付いてました…つか…『気付かん人』いるのかよこれで!?(by SM)


















続く…。
(ちょっと買い物…吉祥寺なう…吉祥寺に降りるのは『その昔職場の仲間でテーブルRPGやりに吉祥寺のカラオケ屋に集まった時以来』だな多分…色々とナツカシス…←締めしみじみ)

# by shousei0000 | 2019-02-14 14:42 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

またまた一時間で書かなくてはならない『1月28日の収穫』…。

またまた昨日と同じく『いつものカフェ』にいる…閉店まであと一時間…これもまた昨日と同じ…(哀)

つまり…昨日の今時分も俺は今いるこのカフェにいた…。

だから…






































b0136045_20090630.jpg
昨日こんな旅は…(日付に注目!)



















b0136045_20090762.jpg
していないのだよ…。




















b0136045_20091095.jpg
勿論一昨日もね…(これまた日付に注目!)

いや〜物凄く残念だったけど、昨日一昨日(2月9日と10日)に予定していた『35年振り位に自分でプランを練った鈍行列車の旅』は延期に致しました…。

理由は幾つかある…『俺自身が暫く前から風邪気味だった事』『我が施設でインフルが発生している事』そして『2月9日、10日は雪が振りそうだった事』といったもの…。

自身が風邪気味な上に職場でインフルが発生しているから体調が悪くなる可能性が高く、体調が悪くならなくても雪で列車が遅れたり運休したりする可能性がある…色々とリスク高すぎるだろう2月9日と10日…。

だから…やめちゃいました…どうしても今行かなきゃならない訳ではないからね…『雪のあるうち』に行ければ俺は別にそれで構わない…。

3月のとある土日に希望公休を入れました…改めてそこで行ってみようと思います…。













































b0136045_20224465.jpg
『この鉄道旅行の醍醐味』をちょっと紹介しようかね♪

初日のプランの骨子は郡山→会津若松→新津と乗り継ぐ『磐越西線』!

これメッチャ大事!『まず磐越西線ありき!』でプランを練った!!

35年位前に行った『高校生なのに厨二鉄道旅行』(でしたっけ?←笑)の初回がこの『磐越西線ありきの旅』だった!その時はプラン練る時点では磐越西線の事大して意識していなかったけど、実際に乗ってみたら『忘れられない路線』になった!『雪の壁の中を驀進して本州横断!』ゆう感じが凄く良かった!!

その時は確か会津若松以降は夜になった。

時間は覚えてないけど日が暮れた…新発田に泊まったような記憶があるけど、そこに着いた時はもう21時とかだったような気がする…。

陽が落ちて暗い雪の壁の中をゆく磐越西線…ずっと雪の壁の中という訳ではなく、時折山や川といった景色が見える…でも時間が下って更に暗くなりやがて殆ど何も見えなくなる…。

暗い暗い中をひたすらにゆく列車…まるであてどなく旅をしているよう…。

勿論あてはあるのだが(笑)暗い中をカタンカタンと静かに走る列車に乗っていると『どこにも着かないような気持ち』になる…。

「或いは…この列車は『どこにも着かない』のではないか…」

「新津なり新発田なりに向かっているというのは『俺の思い込み』で、実はこの列車は既に予定の軌道を外れ永遠の闇の中を走っているのではないか…」

などと俺は思った…『厨二』よの〜う(笑)

『厨二』乃至は『銀河鉄道999の読み過ぎ』(笑)

『予定の軌道を外れ』とかマヂで999の読み過ぎ(笑)

でも…そんな風に感じたのだ『35年位前の冬のある日』…その日磐越西線の普通列車は俺の中で『宇宙列車』となった…(笑)

なのに…『宇宙列車』と感じたのに…その車中で俺の頭の中に繰り返し流れたのは『牧場の少女カトリのエンディング』だった…『銀河鉄道999の曲』ではなくて『牧場の少女カトリのエンディング』だった…(恥)

『牧場の少女カトリ』…当時やっていた『ハウス名作劇場』というアニメのタイトルである…『日本アニメーション』というアニメ会社が制作したファミリー向けの日曜の夜のアニメ…『宮崎駿や高畑勲が携わった赤毛のアン』辺りが一番有名と思われる一連のシリーズ物…。

シリーズを重ねる毎に『著名な原作』を消費していき、この頃は『名作劇場を名乗るのに聞いた事もない作品』ゆう感じになっていた…『牧場の少女カトリ』も『フィンランドの児童文学』だとか…。

『フィンランド』だよフィンランド!

ネットの時代の今ならともかく、あの時代に『フィンランド』を取り上げても…対象が大人ならまだしも『子供』とあっては…さすがにきついだろうそれ…。

そんな訳で俺もその『牧場の少女カトリ』の内容はあんまり覚えていない…『カトリという少女が主人公』『その少女はダックスフントを飼っていた』『少女を巡って子供なりの三角関係みたいのがあった(笑)』『何かフィンランド独立運動みたいのがあった』と…その位しか覚えてない…。
結構覚えてるじゃねえか!!!(締め呆れ)



















続く…。

# by shousei0000 | 2019-02-11 20:57 | 雑記 | Trackback(4) | Comments(1)

今日も仕事だ『1月28日の収穫』(笑)

昨日の投稿は些か分かりにくかっただろうなぽまいら…事情を知っている俺ですら分かりにくかったんだから、事情を知らないぽまいらにしてみれば『ポカーンΣ(゚д゚lll)』ゆう感じだったかもしれんな…すまんかったでほんま…(詫び)

だからちょっと補足すると

★今で言う厨二病全開だった高校生の俺(恥)は『青春18きっぷ』を使って『変な感傷旅行』をした。

★今から約10年後に『定年』を迎え、おそらくは『母との死別』も迎え『ガチ孤独』になっていくであろう俺(哀)は今のうちに『変な感傷旅行』をしようと思っている。

となる…これが『高校時代の鉄道旅行』と『今回の鉄道旅行』の対比…35年位経ったけどやる事あんま変わっていないな俺…(恥)

今回の鉄道旅行は当たり前の事だけど『孤独を噛み締めに行くだけの旅』ではない…そういう厨二的要素(笑)もあるにはあるけど、基本的には『楽しみに行く旅』である…可能な範囲で旨いもん食ったり、雪国の景色見たり、列車に揺られる喜び?を味わったりしたい…。

何よりそう…『列車の中でひたすらにブログを書き続けるような旅』にだけはしたくない…1月にやった『電車de秩父』の時は行きも帰りもレッドアローの中でブログ書き通しで(特に帰り…)『車窓からの景色を見る』も『頬杖ついて物想いに耽る』もなかったからなぁ…今度はそういうのは避けたい…何せ『久し振りに行く雪国』だからな…。

『高校生だったのに厨二鉄道旅行』(と呼ぶ事にした…←恥)の初回は『雪国』に行った…雪の季節に行ったから雪が凄かった…『壁のような雪の中を進むローカル列車』に目を回しながら旅をした…。

今回の旅は基本『その厨二鉄道旅行』をベースとしている…色々と付け足しているが基本は『あの厨二鉄道旅行のコース』をトレースしている…。

それだけに非常に楽しみ…『35年位前に俺が抱いた感慨』がまた俺を襲うのか…『牧場の少女カトリのエンディング』はまた俺の脳内に流れるのか…。

「『牧場の少女カトリのエンディング』って…何!?」

とぽまいらは突っ込むだろうが…まあそれについてはいずれまた述べる…今はこの投稿を締めさせて欲しい…(もうすぐ職場駅に着くので…)

とりあえず『今回の旅の旅程』が既に完成しているのでお見せする!










































b0136045_09125543.jpg
旅初日♪













b0136045_09125673.jpg
旅2日目 パートⅠ♪














b0136045_09125703.jpg
同パートⅡ♪

えっ?何ですか?

「『2月9、10日』って…」

「あんた昨日一昨日その旅行してたんかい!?」

ですって?

残念!ハズレ!!

この旅行は実は『延期』になったのだ!!!
















続く…。

# by shousei0000 | 2019-02-11 09:17 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

狭山市に帰る西武線内で書く『1月28日の収穫』…。

b0136045_21084550.jpg
『グリーン車の写真』がいい加減しつこくなったので(笑)今回は別の写真から始める…。

『来るべき鈍行列車の旅』で使用すべく購入した『スキットル』…スキットルゆうのは『アウトドアなんかで使用するウイスキー入れ』の事を言う…。

前回の投稿で色々暴露してしまった黒冬時代の俺(大恥)は酒が飲めんかった…高校生だったから飲めなくて当然なのだが(法律的に)それとは違った意味でも(笑)酒が飲めなかった…。

だから『鈍行列車の旅』でいくら格好つけても所詮は『高校生のやる事』…『渡り鳥』も『行くところも帰る場所もない』も『哀しいまでに独り』も、今思えば…つかぶった切っちゃうと

「は?高校生が何言ってんのwww」

となる…寝言はウイスキーをラッパ飲みできるようになってからほざくんだ35年位前の俺ェー(笑)

まあ酒が飲めるから偉い訳ではないのだが(それはもう当然である!)『本当の孤独』ゆうのはさすがに高校生には語れまい…当時の俺は友達も少なく色々な意味で絶望的な黒冬時代(笑)を生きていた訳だが(恥)それでも高校生が『孤独』だの『独り』だの『哀しい』だの言うのは…少なくとも俺の場合は『ポーズ』だったな…まあ『黒冬時代であった事』は間違いないのだが…(恥)

あれから幾星辰…今の俺は『本当に孤独』である…遂に本当にそうなっちまったぞ35年位前の俺…_| ̄|〇

友達が全くいない訳ではないし、仕事も決して嫌いではないし、趣味もまああるし、家族もまだ現存はしているけど…いずれ何もかもなくなる…10年後には『全てを失って途方に暮れている可能性』もある…。

そうならない為に今色々と軌道修正しているのだが(大した事はしていない…←恥)それらがどうハマっても『俺に家族ができる事』はもうあるまい…ママン(笑)とイッモウト(笑)が亡くなれば俺は『天涯孤独』になるのだ…。

そんな絶望的な未来予想図を抱えながら俺は生きている…黒冬時代(笑)の『ポーズな孤独』に比べれば随分生々しい…そして逃れようのない『ガチ孤独』…。

それをしみじみと噛み締める為に俺は『激久々の鈍行列車の旅』に出る…そんな旅だから『スキットルが要る』と…そうなるのだよぽまいら…(『飲まなきゃやってられねえ…』ゆう事ですわ…←恥)













































b0136045_21363267.jpg
思っていたよりずっと長いシリーズ物になりました…参ったわ…(哀)

上の写真も上野で撮ったもので(駄洒落に非ず←笑)

「旅立ちの日に俺はここで駅弁を買うのかな…」

とか

「もしそうなったらしかと味わう事だ…次に食べる時は機械の舌で食べる事になるかもしれないのだから…」

とか思いながら撮ったものなんですが(銀河鉄道999ネタwww)結果から先に言うと、来るべき旅立ちの日にここで駅弁を買う事はなくなった…何故なら『始発に乗る事』にしたから…。

上野に前泊して始発で旅立つ事にした…気合い入り過ぎだろう35年振りに鈍行列車の旅をする俺ェー(締め笑い)


















続く…(終われる時に終わりますッ!←締め逆ギレ←笑)

# by shousei0000 | 2019-02-10 21:43 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

あと1時間しかいられない喫茶店で書く『1月28日の収穫』…。

b0136045_20105326.jpg
『2階建てのグリーン車』って何かありがたくない…(朝からの続きです…)












































b0136045_20122808.jpg
席自体も金やん(金田投手)が言っていた程特別でもなさそう…(レッドアローと変わらないような…)

でも…


















































b0136045_20145355.jpg
来るべき旅立ちの日…俺はこのグリーン車を使用するのもちょっといいかなと思ったのでした…『グリーン車使うのか使わんのか…どっちだ!?』ゆう話ですよね?(笑)

この時点(1月28日)とその後では『旅のルート』が変わった。

1月28日の時点では俺は『上野を出てまず郡山を指そう』と思っていた…それは直で郡山には行けないんだけど(乗り継ぎになる)そのルートの列車には確か『これと同じグリーン車』が連結されている筈だから『それを使用するのもいい』と思ったと…まあそういう話…。

でもその後

「もうちょっと大回りせん?折角の鈍行列車の旅なんやし…」

と思い旅程が変わった…その新ルートの普通列車にも多分グリーン車は繋がっていると思うけど…何故かそのルートでは『グリーン車使わなくてよくね?』と思った…大した理由はない…何故か『使わなくてよくね?』と思ったのだ…(笑)

そもそもね…俺今回の『鈍行列車の旅』を企図した時『熱海〜黒磯間を走る関東では最長距離の普通列車』に乗ろうと思っていたのよ…確か5時間近く走り続ける普通列車…それが最初のターゲットだった…。

「『ただ長く走るだけの普通列車に乗る』って…それ楽しいの?」

とぽまいらは思うだろうが…『16歳位だった時の俺』はその『ただ長く走るだけの普通列車に乗る事』を凄く楽しんだ記憶がある…昔の事だから記憶は定かではないけど、確か『新潟の新発田から青森まで8時間位かけて走る普通列車』に乗ったような気がする…さすがに1本の列車ではなかったのかもしれないが『日本海側を延々と走り続ける普通列車』を俺自らがセレクトして乗ったのだから『ぷつぷつとあちこちで乗り継ぎをした』という事はない…最低でも6時間は同じ普通列車に乗り続けた筈…。

その時は友達(同じ高校のクラスメート)も一緒だったから『超長時間の普通列車』が苦にならなかっただけかもしれないけど…ああいや嘘だ…そんなの(友達が一緒)とか関係ねえ…。

俺はその時の『超長時間の普通列車』が凄く楽しかったのだ…『行けども行けども目的地に着かぬ鈍行列車で頬杖ついて車窓からの景色を眺めて物想いに耽る』というのに痺れていた…『痺れた』ゆうても『足が痺れた』ってんじゃないよ(笑)

『旅から旅への渡り鳥…』

『俺には行くところも帰る場所もない…』

『独りだ…哀しいまでに独り…』

などと思いながら頬杖をついて車窓から眺める日本海…それは『独りで旅を続ける俺』を優しく包んでくれたようにも、逆に荒々しく拒絶するようにも見えた…ってどっち!?(笑)

『独りで旅を』も何も『友達も一緒』だもんね(笑)

『旅から旅への渡り鳥』も何も『高校生』だもんね(笑)

『行くところも帰る場所もない…』って…『ある』よ!『自宅』がある(笑)

『独りだ…哀しいまでに独り…』って…『友達一緒』やし!(2度目←笑)

分かってもらえるかな…今で言う『厨二病』だった訳(笑)

『変な孤独感』『普通の高校生とは違い思い悩む俺…』みたいなキャラ?を抱えて俺は生きていた…まあ『普通の高校生ではなかった』ゆうのは確かにそうだったのだが…(悪い意味で…)

これだけは今でも覚えているのだが…当時付けていた日記に

>今生きているこれが『青春時代』だって?

>とてもそうは思えない…『黒冬時代』の間違いだろう…。

という怪文書(笑)を書いた記憶がある…まあ『黒歴史』やな…(恥)

そんなこんなな黒冬時代の俺(大恥)だったが、その時にやった『鈍行列車の旅』とその半年位前にやった『最初の鈍行列車の旅』の印象が凄く良くて、それから35年程経った今、俺は独りでそれを再現しようとしていると…まあそういう話なのだ…。

喫茶店が閉店するのでこれで失礼する…。




















続く…。

# by shousei0000 | 2019-02-10 20:55 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

もういつ終わりでもいいや『あの日』も過ぎちまったし…(『1月28日の収穫…』の締め)

b0136045_08432208.jpg
私信…非公開コメントを下さったt…さん…非公開コメント故お返事はしませんが読ませて頂きました。いつもありがとうございます♪

で…宇都宮線…ではなくて高崎線(笑)の話に戻しますが、前回の投稿にも挙げた上の写真のように『グリーン車』が連結されておりました。

宇都宮線にせよ高崎線にせよ通勤列車な側面がある訳ですので、JRにしてみれば

「旅情を求めるならこちらにどうぞ!(めんどくさそうな口調で)」

というような観点から『グリーン車』を繋いでいるのかもしれません…悪かったな…普通列車に旅情を求めちゃってさ…(プチ切れ)

でも…違うのかもこの考え方…『旅情云々』ではなく『通勤を快適に!』という観点から『グリーン車』を繋いでいるのかも…。

『帰りの電車は金を払ってでも多少待ってでも座りたい!』と思うバカはどこにでもいますからね…まあそのバカってのは他でもない『この俺』なんですが…。

仕事帰りはさすがにやらないけど、都心に出た帰りのほぼ90%は『西武新宿からレッドアロー』ですからね…残りの10%も『レッドアローを我慢する』のではなく『満席か1時間待ち等で渋々普通列車で帰る』だけ…つまりは『都心に出た帰りはほぼほぼレッドアロー♪』なのだよぽまいら…金満家やろう俺?(500円ですが…)

だからまあ『近郊への通勤列車にグリーン車が繋がれている訳』として『仕事帰りに座りたいから』というのは分かります…分かりますが…















































b0136045_08595504.jpg
俺は『旅情』の方を優先して欲しかったなぁ…『2階建てのグリーン車』って何かありがたくない…。

『グリーン車』ゆうたら『特別な席』でしょう?『それなりのステイタスを兼ね備えた者かステイタスは微妙だけど金満家な者』しか座れないと昔習ったよ俺は…『プロ野球の1軍はグリーン車で移動だけど2軍は普通席』とか何かで見たよ間違いなく!

でも…『1軍と2軍が列車で一緒に移動する』なんて場面あるかなぁ…『レギュラーがグリーン車でサブが普通席』だったかぁ…よう覚えとらん…。

金やん(金田投手)とかも昔

「ワシらの頃は万事ハングリーでなぁ…『はようグリーン車で楽に移動したい!』思って必死に這い上がったもんよ…」

って言っていた…ような気がする(笑)

細かい事はともかく(笑)俺の中で『グリーン車』というと『1軍』なんですわ!『エリート』なんですわ!『選ばれし者』なんですわ!

それなのにその『1軍&エリート&選ばれし者の席であるグリーン車』が『2階建て』とは…そりゃ〜2階建てにした方がより多くの人が利用できるけど…なんとな〜くありがたみがなくて萎える…。

しかも…




















































b0136045_09130813.jpg
窓の外からざっくり見た感じだけだけど…このグリーン車あんま『エリート席』っぽくねえ…(締め哀)

















続く…。

# by shousei0000 | 2019-02-10 09:14 | 雑記 | Trackback(7) | Comments(1)

終わろう!1月28日の収穫!無理かな?(笑)

b0136045_14375440.jpg
訳あって久し振りに『iPhoneのミュージック』で音楽を聴いているんだけど…この楽曲でま〜た泣いてしまった…AKB48の公演曲『夕陽を見ているか?』ゆう曲…。

この曲には思い入れがあって久し振りにイヤフォンを耳に入れた時

「泣いちゃうかな?(笑)」

なんて思ってはいたんだけど、歌詞のひとつひとつを吟味していたらマヂで目頭熱くなって本当に泣いてしまった…『くそっ!こんなAKBの曲なんかで…』と思って我慢しようとしたけど無理だった…。

AKB48グループは今新潟方面から吹く強い風で非常にヤバい事になっている…普通に考えたらこの問題だけで今年一年位は対応に苦慮するべき事案である…。

でも…俺は知っている…このグループはややこしい事案には決して正面から対応しない…かわしたりそらしたりしてだんまりを決める…所謂『華麗にスルー』ってやつ…。

『元AKBヲタ』だからこそそういうの知っている…このグループの危機管理は本当にクソ…『夜行バスに乗って目的地に着いたら推しが解雇されていたてござるよ!』の頃がまだ信用が置けていたし懐かしい…(しみじみ)

『夕陽を見ているか?』マジでいい…先日も仕事に行く途中に迂闊に聴いたら泣いてしまった…。

クソ運営がクソ上位者に指示されクソな対応しかできないクソグループだけど…頑張っているメンバーがいるのは間違いないし、クソ作詞者(哄笑)が作ったものであるとはいえ『楽曲の歌詞に真摯さがある』のは本当…『夕陽を見ているか?』は歳をとった先にこそその良さが分かってくる…。

新潟の娘達はこの『夕陽を見ているか?』を含む『僕の太陽公演』を知らないのか…もう手遅れか乃至はクソ運営のゴリ押しで終わってしまうんだろうけど(哀)可能ならば俺は新潟の娘達に『僕の太陽公演』からリスタートして欲しいな…色々考えさせられる歌詞が一杯ある公演なんで…。

それはともかく…














































b0136045_15060384.jpg
『グリーン車の話』です!

昨日の投稿に書いた『宇都宮線の普通列車はロングシートとクロスシートの合いの子』が事実であるなら、それをかわす?為に『グリーン車を使用する』という選択肢があるんです!

グリーン車なら『クロスシート一択』…旅する気分で旅できる…意味分かるかなぽまいら…。

『ロングシートでは旅はできない』なんてのはおこがましい考え方であるのは分かっている…でも我々鉄ヲタは(いつから『鉄ヲタ』になったのやら…←自嘲)もう30年も前から『旅する列車はクロスシート』と思い込んでいる…これは多分間違ってはいない筈…。

だから『鈍行電車の旅』なのに『グリーン車を使う』という選択肢も発生してくるのだよぽまいら…。














































b0136045_15225121.jpg
宇都宮線…ではなくて高崎線(笑)のグリーン車は『2階建て』でした!



































b0136045_15242181.jpg

b0136045_15242393.jpg
『こんなん』でした♪


























続く…(次回最終回!←ガチで!!)

# by shousei0000 | 2019-02-07 14:37 | 雑記 | Trackback | Comments(1)

終わんないかもしれない1月28日の収穫(汗)

b0136045_22020681.jpg
職場駅そばのファミレスでゆっくりしてたらブログ書かんかったー!!!

てな訳で…帰りの電車ん中で書く…終われるかな狭山市駅までの間で…(汗)

朝の投稿に書いた通り、『四季島』が去った後の上野駅で俺がやらなくてはならなかったのは『下見』でした…そもそもそれをやりに上野駅に行ったのでした…。

なのに俺ときたら思いがけず見掛ける事となった『四季島』に夢中になってバシバシ写真を撮ったりして…(恥)

『四季島』が去った事で漸く自分が何をしに来たか思い出しました(笑)『来るべき鈍行電車の旅で乗る予定の旅立ちの列車を見に来た』んですよこの日の俺は!!

この時点で俺が下見をしようとしていたのは『宇都宮線』…というか『東北本線』でした…俺の旅はまず上野から北に向かうんです…。

その最初の部分を『宇都宮線』と言うらしい…何か嫌だな『宇都宮線』…宇都宮が嫌いとかじゃないけど『宇都宮線』というとちょっとしょぼい感じがする…『日常的』ゆうか…この辺の変なこだわり分かってもらえるかなぽまいら…(笑)

その宇都宮線…というか東北本線(こっちはかっちょえー!←笑)に走っている普通列車がどんなものか…それを見に来たのが『この下見』なのであります!

さあ!どんな列車なのでしょう!?


























































b0136045_22161863.jpg
『さあ!』も何も今朝から何度も写真挙げているんですが…『どんな列車なのでしょう!?』も何も『こんな列車』なのですが…(笑)

これが近い将来俺が旅立つ時に乗るであろう列車です!宇都宮線の列車です!『宇都宮線』ゆう路線名は嫌いですが(笑)宇都宮線です!!

嘘です…この列車は『宇都宮線』ではありません…別の写真を見たら『far Takasaki』となっていた…『高崎線』でした…_| ̄|〇

本当は『宇都宮の列車』を実見するつもりだったんですが、『四季島』を見て変にテンション上がっちゃって(笑)それで『四季島』が去ったらもうめんどくなっちゃって(笑)それで『四季島を撮影したホームの右手に停まっていた高崎線』でお茶を濁したのでした…(恥)

『宇都宮線』も『高崎線』も普通列車は多分そんなに変わらんだろう…殆ど同じだろう…同じですよね?
知らねえよ!(呆れ)

















































b0136045_22260348.jpg
何度も同じ写真を載せて申し訳ないんですが…(恥)

『宇都宮線』でも『高崎線』でもどちらでもいいんですが(雑な話だ我ながら…←恥)要するに俺が見たかったのは『何シートか?』ゆう事でした。

列車のシートは大きく分けてふたつある…『ロングシート』と『クロスシート』である…。

『ロングシート』ゆうのは西武線でいうと『普通電車のアレ』で『クロスシート』ゆうのは西武線でいうと『レッドアローのソレ』である!この例えで分かってもらえたかなぽまいら?(笑)

『ロングシートは東京の電車』『クロスシートは田舎の列車』という区別の仕方もあるが…これは多分俺と同じ位の歳の人(50歳前後)にしか分からん感傷?じゃないかな?

今は田舎…というか『ローカル』に行っても『ロングシートの電車』が普通に走っている…ようだ…。

『ようだ…』と付けたのは自信がないからなんだけど(笑)15年位前にTナース(鉄ヲタ野郎ナース←笑)とペロ君と俺で『鉄道の旅』をした時、秋田で普通に『ロングシートの電車』が来てメッチャ萎えた…勝手な事を言っているのは百も承知だけど、ローカルを旅する時の列車はやはり『クロスシート』であって欲しい…。

だから『それ』を見に来た訳!

宇都宮線が(高崎線ですが…)『ロングシート』なのか『クロスシート』なのか『その合いの子なのか』を見に来た訳!

で…上の写真ではよく分からないんだけど…『合いの子』のようだった…鉄ヲタさんには別の言い方があるんだろうけど、俺はそれを知らないから『合いの子』と書く…『ロングシート中心で一部クロスシート』みたいなやつ…分かるよなぽまいら…。

上野発の普通列車は今はこんなもんなんでしょう…俺が高校の時にやった鉄道旅行の時は『EF81に引かれた客車』なんて普通列車もあったのに…(寂寥)

『一部クロスシート』なところに満足すべきなのでしょう…こうなったら旅立ちの時ははよう駅に行って並んででも『一部クロスシートなところ』に座っちゃる(笑)

或いは…












































b0136045_22473240.jpg
『グリーン車使う』とかね♪

『far Takasaki』って行先表示されているの…分かります?(締め笑い)














続く…(やっぱ終わらんかった…_| ̄|〇)

# by shousei0000 | 2019-02-06 22:47 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

今日こそは終われる1月28日の収穫!(この投稿で終わるとは言っていない←笑)

b0136045_08510712.jpg
『四季島』行っちゃった…ガランとしたホームがまさに『祭りの後』のよう…。

『四季島』が去った後のホームを見やりながら俺は呟いた…











































b0136045_08535022.jpg
「見ていろよ…いつの日にかきっとおまえ(四季島)に乗ってやるからな!」

と…。

この台詞は漫画銀河鉄道999の『鉄郎そっくりの他の惑星の少年が訳あって偽のパスをつかまされ、色々あったけど結局999には乗れなかった話』から取ったもの…あの少年も去りゆく999を見やりながら『見ていろよ…いつの日にかきっとおまえに乗ってやるからな!』と呟いたものだった…(しみじみ)

999の話はともかく(笑)またこの自撮り写真が相変わらずデヴな事もともかく(哀)ふらりと立ち寄った上野駅で『四季島』を見た事は凄く良かった!

『物凄く久し振りにする鉄道旅行』への良い弾みになった!おいら鉄ヲタに戻れそう(笑)

まあ俺は『鉄ヲタ』を名乗る程の鉄道ファンではなかったのだが…。

それもともかく(笑)『いつの日にかきっとおまえに乗ってやるからな!』などと握り拳して叫びましたが(実際には叫んでない←笑)その後調べれば調べる程『四季島の旅の高額さ』に打たれ(恥)この後の人生で高額の宝くじにでも当たらない限り『四季島』には乗れない事を痛感した…因みに俺は『宝くじは買わない人』なので『この線での四季島乗車』もあり得ない…『だったら宝くじ云々書くな!』ゆう話ですが…(恥)

『飛鳥II』乃至は『他の豪華クルーズ船』にはいつの日にか乗ってみたいという気でいますが(短い行程の安い部屋限定←笑)『四季島』はちょっと無理…『1泊2日ぼっちで20万』だったらまだ考えるのだが…。

しっかし…『四季島』を見た事で

「999って…四季島みたいな列車なのかなぁ…」

なんて思ったりもしたんですが、実は999って『四季島』より『豪華クルーズ船』の方が近いんですよね!

『遠い遠いところにあちこち寄りながら行く』『乗り込む資格さえ得てしまえばそこでの生活費まで無料になる』『立ち寄った先で乗り遅れたらおいてきぼりになる』といった特徴が999と豪華クルーズ船との間で一致する…999の『途中駅での見物下車の際お小遣いが支給される』という点と豪華クルーズ船の『船内の食事やエンターテイメント代は基本無料』というところを『生活費まで無料』と一括りにしてみた…。

999は列車の形をとってはいるが『豪華クルーズ船』に近い存在だと思う…だからこそいつかは乗ってみたいぞ豪華クルーズ船…。

それもまたともかく(笑)『四季島』が去った後の上野駅で俺はやらなくてはならない事があった。

それは何かというと…








































b0136045_09205995.jpg
『下見』である…。

















続く…。

# by shousei0000 | 2019-02-06 09:20 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

まだ終われんのか1月28日の収穫…(溜息)

b0136045_05445801.jpg
『特急列車のようなもの』が入線してきた事により超豪華クルーズトレインである『四季島』が覆い隠された…この列車の向こうに『四季島』がいるが最早その姿は見えず…。

『四季島』がデビューした時のニュースでこんなのを見た記憶がある…。

yahoo!ニュースか何かで

>『四季島』デビューで加熱する撮り鉄対策に、JR東日本は『四季島』の向かいのホームに一般列車を入線させて遮蔽した。

>その結果撮り鉄達は物凄く怒った。

というようなニュースを見たような…。

その時はピンと来ず

「撮り鉄さん達も少しおとなしくしたら?」

位にしか思わなかったんですが、俺が楽しく『四季島』を撮っているのに『特急列車のようなもの』が入線してきたのを見た時はカッとした…。

「何してくれとるのJR東日本!」

「『四季島』撮れねえじゃねえか!!」

とカッとした(笑)

まあ『カッとした』までは言い過ぎだけど『え”〜!』ゆう気持ちにはなった…『撮り鉄さん達の気持ち』が少しだけ分かった…。

でも…だいじゃぶ(大丈夫)…













































b0136045_05575863.jpg
『全車両覆っていた』という訳ではなかったんで!

『特急列車のようなもの』の編成が短いのか『四季島』の編成が長いのかは知りませんが、『特急列車のようなもの』は『四季島』の全車両を覆い隠す事はなく、前の方に歩いていったらご覧の通り『四季島』が見えました!さあ!撮影再開です!!

『俺の撮り鉄としての執念』がJR東日本に勝った!
いつから撮り鉄になったんだよ!?(呆れ)
















































b0136045_06040809.jpg
『四季島』のトレインマーク?…何かを象徴しているんだけど何だったかは忘れた…。

で…そろそろ『出発の刻』のようです…















































b0136045_06071364.jpg
『さあいくぞ!』とばかりにヘッドライトを全開にした?『四季島』!

何かお洒落な音楽が流れたような気もしますが…どうだったかな?















































b0136045_06085925.jpg
『四季島』の出発に際して直立不動になって?見送る駅員さん。

こっちのホームの駅員さんだからあっちのホームの『四季島』に敬意を示す?必要はないような気がしますが、これが『JR東日本のフラッグシップトレインの威厳』ゆうものなのか…それとも『向かいのホームであっても列車が走る時は直立不動?で見送る』という習慣がJR東日本にあるのか…。

俺にはその辺の事はよう分からんのだが…さあ…『四季島』の出発です!











































b0136045_06144438.jpg

b0136045_06144748.jpg

b0136045_06144970.jpg

b0136045_06145215.jpg

b0136045_06145407.jpg

b0136045_06161480.jpg

b0136045_06161653.jpg

b0136045_06161722.jpg

b0136045_06161950.jpg

b0136045_06162069.jpg


b0136045_06165811.jpg

b0136045_06165980.jpg

b0136045_06170195.jpg

b0136045_06170224.jpg

b0136045_06170391.jpg

b0136045_06175952.jpg
あ〜あ…『四季島』行っちゃった…(締め寂寥)
















続く…。

# by shousei0000 | 2019-02-05 06:18 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

そろそろ終わりたい1月28日の収穫…(困り顔)

b0136045_11521888.jpg
『四季島』すげーな!

『1泊2日で最低でも48万』(ぼっち価格←笑)とかすげえな!

コメントを頂いているように『ぼっち48万というのは64万の部屋を独り占め』とも言えるのだから必ずしも高くはないのだが…『単価』としては高い…『1泊2日の旅に48万』なんて一体誰が払うというのだ…。

因みに…動画で観た『豪華クルーズ船飛鳥IIでゆくクリスマススペシャルワンナイトクルーズ』の上から2番目のスイートルームをぼっち使用した時の価格が『21万』だった…『飛鳥IIのワンナイトクルーズ』は17時〜9時の16時間で『四季島の1泊2日コース』は調べてないからよく分からないけど多分24時間近くはあるんだろうから、時間の関係でこの『21万』と『48万』を同じ括りで比較できない…でも直感的なイメージでは『四季島の方がバカ高い』となる…物凄い価格だ『1泊2日で48万』…(白目)

憧れはするが決して乗れまい『四季島』…これならばまだ『飛鳥II』の方が可能性がある…(『安いコース』があるので…まあ『安いコース』ゆうても高いのだが…)

そんな『決して乗る事のできないまるで銀河鉄道999のような列車である四季島』が…


















































b0136045_12095587.jpg
我が面前に!

まあ『我が面前に!』ゆうても『ホームひとつ越し』なのだが…(笑)

ホームひとつ越し(笑)でも、こないなかっちょええ列車が割と至近距離に出現した事には大興奮し(笑)時ならぬ『撮り鉄』となりました(笑)

その成果?をここにご披露します!




































b0136045_12143686.jpg






















b0136045_12144014.jpg



















b0136045_12144524.jpg
どうでもいい写真が続いて申し訳ないんですが…(恥)こんな風にホームひとつ…ではなくて線路ひとつ隔てたところ(でした…『ホームひとつ』じゃなかった…_| ̄|〇)から『四季島』を激写(笑)してたんです…『在りし日の鉄道少年時代』を思い起こしながら…(そんなに長い時間ではないが俺にも『鉄道少年時代』があった…トータル2年ちょい位かな…)

そしたら…ですね…



















b0136045_12144972.jpg
俺と『四季島』の間に…




















b0136045_12145650.jpg
『無粋な特急列車みたいな奴』が突如入線…























b0136045_12225357.jpg
やいこら『特急列車みたいな奴』!そこをどけ!!

『四季島』が見えねえじゃねえか!!!(締め赫怒)


















続く…(おわんねー!←悲鳴)

# by shousei0000 | 2019-02-03 12:23 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

昨日の収穫…ではなくて…1月28日の収穫(笑)

b0136045_06523836.jpg
日にちが経ち過ぎてタイトルが変になっているのだが…(恥)続けます…。

1月28日の17時半近く、近々に迫る『我が鈍行電車の旅』の下見に上野駅を訪れた俺の前に『白いシャレオツな制服を着た駅員さん男女』が現れた…一般の客を寄せ付けない?赤い封鎖線?も見えている…。

「何なんやこれは…」

と訝しく思い奥のホームに視線を送ってみると…

















































b0136045_07000761.jpg
何かかっちょええ列車停まっとるうううぅぅぅーーーッ!!!

みなさんもうお分りですよね?理解してますよね?

この時俺が上野駅で見かけた『かっちょええ列車』とは…












































b0136045_07030630.jpg
『四季島』でした!

JR東日本が世界に誇る?超豪華周遊列車『四季島』でした!『四季島』は『しきしま』と読む!!

『しきしま』とは我が邦(くに)の別称である『敷島』から取ったそうな…それを転じて『四季島』にしたところにJR東日本のセンスを感じる…。

『敷島』→『しきしま』『四季島』→『四季が巡る美しい島にっぽん』って訳だ…とても良い名前だと感じ惚れ惚れとする…。

『周遊型の超豪華列車』というのは『四季島』が初ではない…JR九州がスタートさせ俺に衝撃を与えた『ななつ星』という先達がある…。

『ななつ星』はホント衝撃だった…『移動する事ではなく巡る事に価値を置いた列車』『「まるでホテルのような」というよくある慣用句が陳腐なものに感じてしまうウルトラ豪華な内装』というスタイルに全俺が涎を垂らした…(笑)

『ななつ星のデビュー』を報じるテレビのニュースを観ながら俺は

「この列車乗りてー!」

と叫んだ…『トワイライトエクスプレス』『北斗星』といった『それなりに豪華な寝台列車』にはあまり興味を示さなかった俺だったが、『ななつ星』には興味を示した…テレビで観た『過度なまでの贅沢さ』に圧倒されたのかもしれない…。

どうも俺は『圧倒的な贅沢さ』というものに弱いようだ…最近では『豪華クルーズ船』に興味津々になったのは記憶に新しいし、その前には『飛行機のファーストクラス』にも興味を持ち動画を漁ったものだった…(これはもう飽きましたが…飛行機のファーストクラスは確かに贅沢だけど『偉大なるネットカフェ』という評価につい頷いてしまう…)

あと…最近は『高級ホテル』というものにも興味が出ている…こうした一連の存在は『◯◯に乗ってみた!』『◯◯に泊まってみた♪』といった動画が一杯出ているから間接体験できて非常にありがたい…『動画が溢れる時代』に生きている事を日々感謝している…。

まあそんな訳で俺は『ななつ星』に興味を持ったが『実際に乗る事』は今のところ予定にない…多分一生ないだろう…。

何故って…
















































b0136045_21000439.jpg
『高い』から!

上の画面キャプチャーは『ななつ星』のものではなく『四季島』のものなんだけど、一番安いもので『32万』…一番高いものになると『45万』…とんでもない値段…。

しかも…『ぼっち』だと更に加算され最低で『48万』になり最高だと『67万5千円』になる…俺が乗るとなると間違いなく『ぼっち』だから(恥)こちらの値段の方を意識せざるを得ない…。

繰り返しになるがこれは『四季島』での話…でも『ななつ星』も似たような値段だったと記憶している…。

テレビのニュースで『超豪華周遊列車ななつ星デビュー!』みたいのを観て大興奮し

「すげー!乗りてー!!」

と思って検索した…そしたら『上の画面キャプチャーみたいな値段』が出てiPhoneの画面をそっ閉じした…そんな風に覚えている…。

えっ?何ですか?

「『高い』『高い』って…当たり前だろ!『超豪華周遊列車』なんだから!!」

「あんたが興味津々な『豪華クルーズ船』だってそん位するだろうが!」

ですって?

うん…まあそれはそうなんだけど…今上に挙げている『四季島』の料金…













































b0136045_21153080.jpg
『1泊2日』なんだよ!『1泊2日』で最低価格でも『48万』!(ぼっち価格)

豪華クルーズ船でもそこまで高くはない!『四季島』凄すぎ!!(締め白目)
















続く…(超〜変態勤務いてきま〜す…)

# by shousei0000 | 2019-02-01 21:15 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

昨日の収穫…ではなくて…一昨々日の収穫(笑)

b0136045_08472651.jpg
日にちが経って『昨日の収穫…』ではなくて『一昨々日の収穫…』になってしまいました(笑)すみません…(恥)

御徒町駅のみどりの窓口で『週末パスについての聞き取り』をし、シャレオツショッピングモール『2k540』で銀河鉄道999の鉄郎を想わせる帽子(笑)を買った俺は、何かテンションアゲアゲになってしまって(笑)『飲み』に行ってしまいました…『来るべき鈍行電車の旅の起点になる予定の上野駅の下見』があるのに『飲んで』しまいました…(恥)

良い帽子が手に入ったもんでつい浮かれてしまった…上の写真が『その時の浮かれた俺』である…。

ぽまいらに言われるまでもなく俺も自分の自撮り写真見て思ったよ…。

「うわぁ…」

「『ぱんっぱん』だなぁ…」

と…。

にも関わらず…







































b0136045_08550895.jpg
かなり…












b0136045_08551025.jpg
しっかりと…
















b0136045_08551287.jpg
飲み…
















b0136045_08551348.jpg
且つ…




















b0136045_08551479.jpg
食べてしまいましたとさ(笑)

このお店は前にも寄った事があるアメ横のはずれにあるやきとん屋さんなんですが、やきとんは勿論の事このメンチが旨かった!

『挽肉たっぷり』なんだけど『玉ねぎ』もしっかり入っているから過度に重くない!『食い応えはあるけど重すぎないメンチ』で大満足!!

あまりの旨さに店員さんを呼び寄せ

「ご飯…ありますか?」

と訪ねた…無論当然『このメンチをおかずにする為の白米』として所望した…。

だが…残念な事に『無い』って言うんだよ…確かにここは飲み屋だけど『白米が無い』ってのはなぁ…このメンチおかずにして白米ハフハフかき込みたかった…んな事言ってるから太るんだよね…(恥)

でもまあ心配してくれるなぽまいら…体重は少しずつではあるけど戻りつつある…昨日も今日も朝一体重は『76kg台』だった…暫く前に見て顔面蒼白になった『78kg台』に比べればこれでもまだマシな方…。

明日も『76kg台』でいこう!

今朝マークした『76.8kg』より少しでも軽いといいな♪
『殆ど77kg台』じゃねえか!(呆れ)















































b0136045_09083879.jpg
で…来るべき鈍行電車の旅の起点となる予定の上野駅へ…。

本当は上野までいかず途中駅から『鈍行電車の旅』を始めてもいいんですが、どうせなら『始発』っつーか『起点』っつーかな駅から旅を始めたくて『上野発』にしようと思った…その辺の事はまたいずれ詳しく語る…。

で…









































b0136045_09132168.jpg
『下見』した!『郊外に行くローカル線のホーム』を下見した!!

『13〜17番ホーム』っていうんですかね…『アメ横最寄りの上野駅改札口から入って右手にあるエリア』…。

ここは昔からあまり変わってないような気がする…『過去に俺が計画した鉄道旅行×2』『Tナース(鉄ヲタ野郎ナース←笑)のプランにのっかって行った鉄道旅行』のいずれもが『このエリアからの旅立ち』だった…だから何となく懐かしい…。

それにしても…上の写真の左手に『白い制服着た人』が見えるけど…あれ何だ?他の駅員さん達に比べて妙にシャレオツなんだけど…何だ?



















































b0136045_09213680.jpg
ん?『白い制服の女』もいる…『赤い封鎖戦?』もある…一体何なんだこれ…。

















































b0136045_09233650.jpg
うおーッ!

封鎖線?の向こうのホームに何かかっちょいい列車停まっとるぅーーーッ!!!(締め驚愕)
















続く…(次で終わると思う…)

# by shousei0000 | 2019-01-31 09:24 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

昨日の収穫…最後…にはなるまい(笑)

b0136045_22492462.jpg
帽子の話…というより『ゲーハーな話』が少ししつこくなったので(笑)それはもう終わりにして『しつこくない話』をしよう!『しつこくない』ゆうても『鉄ヲタな話』ではあるが…(笑)

御徒町の駅で降りて『2k540』に行く前に『御徒町駅のみどりの窓口』で『鈍行電車の旅に使える切符情報の聞き取り』を致しました。

これは本当は『上野駅のみどりの窓口』で行うつもりだったんだけど、後に回すと上野の街で飲んじゃう可能性があったので(笑)『御徒町駅のみどりの窓口』でさっさと聞いてしまう事にしました。

そしたら…やっぱ『青春18きっぷ』か『週末パス』しかなかった…『普通電車なら1日乗り放題で◯◯◯◯円』なんて切符そうそうはあるまい…。

これで『結論』が出た…俺は『週末パス』で旅に出る…。

『青春18きっぷ』の方が2日分の料金としては安いけど(週末パスは2日で8730円なのに対し青春18きっぷは2日分だと5000円位)『青春18きっぷ』だと5日分の購入になるから総額としては『週末パス』より『青春18きっぷ』の方が高い…2日分使っても残りが3日分あるんだけど、俺の場合『その残り3日分』を使いこなせるか分からない…『鈍行電車の旅2日間』をやったらもう2度と電車旅行なんかしたくなくなる可能性もある…。

その場合『残り3日分の青春18きっぷは金券屋で売る事ができる』そうなんだけど…それも何かめんどい…とりあえず今回は『2日で幾らな切符』の方がいい…。

第一…昨日の投稿にも書いたけど『もう待てない』(笑)『電車旅行』すぐしたい(笑)『青春18きっぷの利用期間開始の3月1日』なんて全然無理(笑)

他にも『電車旅行するなら週末の方がいい』という側面もある…。

平日に電車旅行すると…特に『鈍行電車の旅』をすると…例えば我が街狭山市から旅の起点上野に移動するまでに『ラッシュ』になる…『通勤ラッシュ』に巻き込まれる…『上野で前泊』とか『狭山市発始発』とか色々方法はあるけどいずれもめんどい…。

そして『夕方の通勤ラッシュ』にもいずれかの地で巻き込まれる…それを2日に渡ってするから『都合4回のラッシュ』になる…『帰宅日の最後の狭山市までのルート』が『激込みの通勤ラッシュ』とかになったら『旅情』もへったくれもない…『週末』なら『通勤ラッシュ』はそれなりに緩和されよう…。

『電車旅行なら週末が良い』とするもうひとつの理由は『臨時列車』がある事…土日休日にはJR(だけではないが)は観光行楽客向けに『臨時列車』を出す…それがうまくいくと『電気機関車に引かれた懐かしの客車列車』だったりする事もある…そういうのに乗れる可能性があるんだよ『週末』は…。

まあそうは言っても『調べない』けどね…臨時列車の運行情報とか調べないけどね…『現地に行ったらたまたま臨時列車が出ていた』という場合のみ乗る…その程度にしか考えていない…。

でも…『青春18きっぷで平日』だと可能性が殆ど無い『臨時列車との邂逅』が『週末パス』だと幾分かはある…そこに期待したい…。

あとはまあ『週末パスなら指定券を買えば新幹線や特急にも乗れる』ゆうのもある…お金はかかるけど『時間短縮』や『距離延長』ができる訳で、その意味でもこの『週末パス』の方がいいんじゃないかな?

今のところ俺はそんな風に考えている…。











































b0136045_23292015.jpg
『週末パス』の利用可能エリア!

この枠内だったら『一日なんぼ』で乗れる!(多少制限はありますが…)

近い将来この『週末パス』を使って『鈍行電車の旅』すっぞー!料金分ガンガン使い倒すゾー!!

つか…『一部エリア飛び出す予定』なんですけど(締め笑い)
















続く(次で終わります…)

# by shousei0000 | 2019-01-29 23:32 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

昨日の収穫…続き。

b0136045_19421410.jpg
『鉄郎の良い画像』が中々ヒットせずもう一時間程『鉄郎画像探しの旅』をしたのだが…諦めた…上の画像で手を打つとする…。

ご覧の通り『銀河鉄道999』の主人公星野鉄郎少年は『帽子』をかぶっている…幅の広いつばの付いている帽子…『カウボーイ ハット』でいいのか…。

俺が今回買った帽子は『カウボーイ ハット』ではない…つばも広くない…その意味では『鉄郎の帽子とは全くの別物』となる…。

でも『気分は鉄郎』である…『鈍行電車の旅』を控えてテンションが上がる中『帽子いるじゃん!』と思い突如買ったのが昨日と今日の投稿に挙げた『あの帽子』…因みに昨日買いたいと思っていたものは本来『帽子』ではなかった…。

山手線で『御徒町』の駅に着きいつものシャレオツショッピングモール『2k540』に姿を現した俺…買いに来たものは『竹の箸』だった…。

『狭山市の我がアパートで2年位愛用している竹の箸』を追加で2本買った…その竹の箸がすこぶる使い勝手が良いので『あの箸でもう統一したい♪』と思いもう2本買った次第…因みに今までは『竹の箸』と『百均の箸』を交互に使っていた…。

『2k540』の『竹細工のお店』で竹の箸を買い店員さんと少し話した…俺がこのお店の箸や調理用のヘラを愛用している話をしたら店員さんはとても喜んでくれた…『職人に伝えます!』とまで言ってくれた…。

それが何か嬉しくてニヤニヤしながら(笑)竹細工のお店を出たら向かいが『帽子屋さん』でねえ…それで思ったんだ…『あ…電車旅行用の帽子見てみるか?』と…。

「それが分かんねえんだよ!」

「『電車旅行に帽子』って…要る?」

とぽまいらは思うかもしれないが、俺にとっては『電車旅行に帽子』は必須…それは『過去のある思い出』に起因する…。

あれは…今から15年位前だったかなぁ…今の職場で今でも付き合いのある同僚『ペロ君』と、今はもう付き合いの無い元同僚『Tナース』とで『鉄道旅行』に行った事があった…因みに『Tナース』と書くと女性看護師っぽいが実は『ただの野郎看護師』である…(笑)

いや…『ただの野郎看護師』でもない…『ただの鉄ヲタ野郎看護師』だ(笑)その『鉄ヲタ』の頭文字を取って『Tナース』と名付けた次第…(笑)

Tナース(鉄ヲタ野郎看護師←笑)が腕によりを掛けて作った鉄ヲタプラン(笑)に俺とペロ君が乗って『野郎3人旅』になった次第…当時まだあった客車寝台急行『あけぼの』に乗り日本海側に出て、あとはもうルートは忘れちゃったんだけど(笑)あちこち回って秋田に行き『ハワイ』という名前のホテルに泊まり(秋田なのにハワイとか←笑)次の日も色々回って(よく覚えてない…)『鶴の湯』という有名な温泉に入り、盛岡で『盛岡冷麺』を食い、あとは確か新幹線で帰京した2泊3日の旅…何もかもが最高に面白い旅だった…その割には『道中のルート覚えてない』のだが…(恥)

その旅で俺は初めて『鉄郎っぽい帽子』を買い着用して旅に臨んだ…久し振りの鉄道旅行(20年振り位でした)が嬉しくて盛り上げたくて買った『鉄郎っぽい帽子』…それはTナースとペロ君に激しくウケた…。

Tナース(もう一度言っておくけど『男』ダヨ←笑)は驚きの表情で俺を見て

「小生さん!どうしたんですかその帽子!?」

と言い、ペロ君はペロ君で俺がその帽子をかぶって電車内で『鉄郎っぽいポーズ』をとりその撮影をペロ君に頼むと

「な、な〜にやってんですかあんた!?」

と呆れた口調で言いながらも笑いの発作に陥り(笑)ゲラゲラ笑いながら『窓の外を眺める鉄郎風の俺』『駅弁を食べる鉄郎風の俺』『ウイスキーを呷る鉄郎風の俺』といった写真を撮ってくれたものだった…まあ『鉄郎は子供だからウイスキーは呷らない』のだが…(笑)

その時の印象がとても良かったので、今回もまた『鉄郎っぽい帽子』の購入を検討してみようと思った…でも今回は『ぼっち旅』だから(恥)正直帽子はどうでもいいと思っていた…。

『連れがいてウケを狙えてこその鉄郎っぽい帽子』である…『ぼっち旅で見せる相手もいないのに鉄郎っぽい帽子』というのはある意味ヤバいだろう…。

だからまあその帽子屋さんに入ったのは『ほぼ冷やかし』『実際に買うつもりはない』という感じだったのだが…














































 
b0136045_20524086.jpg
それから15分程が経過した後、俺の頭には『茶色の鉄郎っぽい帽子』が乗っていたのだった…(笑)

『冷やかしだけで実際に買うつもりはない!』から『帽子も…悪くないな♪』になり(笑)更に『かうー!!!』になった流れ(笑)には『理由』があった…ひとつは無論『その帽子屋さんのトーク力』…。

細かい事は書かないけど『その帽子屋さんのトーク力』は高かった…『客を絡め取って購入に導く』という感じではなく『帽子の楽しさをほのぼのと語る』ゆう感じだった…。

そんなん言われたら欲しくなった…色やデザインも『なんとなく鉄郎っぽいの』があったし、サイズも俺の巨頭(恥)を余裕をもって受け入れてくれる『LLサイズ』があった…。

実際に買う事になった理由の2つ目は『無駄にはなるまい♪』と思った事…。

今回は『ぼっち旅』だから(恥)『鉄郎っぽい帽子』をかぶっていても『見せる相手』がいない…でも15年位前の旅の時と違って今の俺には『ブログ』がある…。

『リアルで見せる相手』はいないものの『ブログを通じて間接的に見せる相手』がいる!他ならぬぽまいらの事だぞ!分かっとろうな?(笑)

だから…今回『ぼっち旅』に『鉄郎っぽい帽子』をかぶって行っても無駄にはならないと…そう思ったんだ…(しみじみ)
つまり…近い将来我々は『鉄郎っぽい帽子をかぶって電車内で寛ぐ俺』『遠くを見て頬杖つく鉄郎っぽい俺』『ウイスキーを呷る鉄郎っぽい俺』ゆう写真をしこたま見せられるって事か!?
ですです★
勘弁しろよそれ!!!(呆れ)








































b0136045_21251049.jpg
このくだりちょっと長くなってきたな…少し疲れてきた…でも頑張る(笑)

改めてこうして眺めてみるとつくづく良い帽子…色もデザインも良いし造りもしっかりしている…さすがは『ものづくりの街』の品…(『2k540』のコンセプトが『ものづくりの街』なのであります)

この帽子を買うにあたり店員さんにひとつ質問をした…。

「私は『ニット帽』ならかぶるんですけど、こういう『お洒落な帽子』はかぶりません…」

「人は何故帽子をかぶるんでしょう?」

と…。

そしたら店員さん達(2人いたんです)は少し戸惑いながらも『人が帽子をかぶる理由』を説明してくれた…。

『お洒落として』

『頭を守る為』

『寒さ対策』

といった要素を列掲した後、もうひとつ加えてこう言った…。

「年配の方なんかは『白髪隠し』でもありますね」

と…。

それを聞いた時俺は『しまった…』と思った…俺は知らず知らずのうちに店員さんから『ヤバいワード』を引き出してしまった…。

『白髪隠しの為に帽子をかぶる』…すこぶる普通の事…何の問題もない…店員さんは特に何も考えずこの答えを口にされた事だろう…。

だが…俺はぽまいらも知る通りのゲーハー(ハゲ←恥)しかも昨日は『頭剃りたてのゲーハー』…店員さん達の目に俺のゲーハーっ振りは眩く見えた事だろう…(文字通りの意味で『眩く』ね←笑)

『白髪を隠す』なら『ゲーハーも隠す』のだ…つまりは『年配の方は白髪隠しに帽子を使われますよ』と言った店員さんの言葉はある意味『気の利かない言葉』なのだ…端的に言うと『それ…俺に言っちゃう?』みたいな…。

断っておくが俺は『怒った』のではない…そうじゃなくて『同情した』のだ…そして『狼狽えた』のだ…。

『年配の方は白髪隠しに帽子を使われますよ』

と言った店員さんは多分その瞬間『しまった!』と思った事だろう…『ゲーハーな人の前で俺何言ってんの!?』と焦った事だろう…。

『白髪隠しに帽子を使う』という言葉は転じて『ゲーハーも帽子で隠せる』という事になる…更に転じて『ゲーハーは帽子で隠せ!』という事にもなる…。

店員さんがそういう意図で言ったとは思わないが『そうも取れる』のだ…そしてその事に店員さんは気付いて狼狽しているのだ…。

「ヤバい!」

「俺知らず知らずのうちにお客様に失礼な事言ってしまったよ…」

と思って焦っているのだ…。

この場を収束させる事ができるのは俺だけ…店員さんは自身の発言で自縄自縛になっている…身動きがとれまい…。

この場のキーマンは間違いなく『俺』なのだ…ゲーハーである俺(恥)がこの微妙な雰囲気(笑)を何とかしなくてはならないのだ…店員さんを助けねば…(使命感!)

だから俺は『白髪隠し=ゲーハー隠し』のロジック?には全く気付かないふりをして

「『白髪隠しに帽子』かぁー!なるほどなるほど!」

「私老人ホームに勤めているからそういうのよく分かります♪」

と努めて快活に振舞って『そのキラーワード』から話を逸らしたのでした…よかったね店員さん達(笑)
















































b0136045_22044305.jpg
昨日は『この頭』で訪店致しました…。

こんな頭をしておいて

「人は何故帽子をかぶるんでしょう?」

なんて質問をするとかどうかしていますよね…。

店員さんにしてみれば

「『何で帽子をかぶるのか?』って…」

「それは貴方が一番よく分かるでしょう…」

と思った事でしょう…愚問をしてしまってすみませんでした店員さん…(陳謝)









































b0136045_22101595.jpg
『ゲーハーが帽子をかぶると雰囲気が変わる!』という事を証明しよう!

まずは『ビフォー』…(ゲーハー…)






















b0136045_22115981.jpg
そして…『アフター』!(ゲーハーじゃな〜い♪)























b0136045_22124734.jpg
ビフォー…(ゲーハー…)























b0136045_22132094.jpg
アフター!(ゲーハーじゃな〜い♪)


























b0136045_22140510.jpg
ま、こんな感じで…。
こんなデヴ写真よく何枚も晒せるね!!!(締め呆れ)


















続く…。
(『帽子ネタ』はこれでもう終わりなんだけど…まだ少し書かなくてはならない事がある…堪らん…←締め哀)

# by shousei0000 | 2019-01-29 22:16 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

昨日の収穫…(1月28日の行動)

b0136045_05425905.jpg
昨日の投稿に載せたこの写真を見たポールスミスさんのうぉくさん(同僚の奥さん)から

>超太った?!(原文ママ)

とのLINEをポールスミスさん経由で頂いた…。

ご名答…その通り…俺はここ暫くで『更に』太った…(哀)

『肋骨骨折のせい』だけではない…その前の12月の健診の時も俺の体重は『76kg台』だった…秋には『75kgの攻防』(体重75kg前後を行ったり来たりする状況←笑)を繰り広げていた記憶があるから、その時期から見ても健診時で『1Kg』…肋骨骨折後で『もう1kg』…併せて『2kg』太った事になる…(恥)

ああ、いや、俺見栄張った…『2kg』ではなかった…『3kg』と言った方がより正確な数字…。

肋骨骨折で痛くて動くのがしんどい時期、俺は『よく食べ』且つ『よく飲んだ』…早く骨をくっつける為にはまず食う事だと思ったから…。

あと…『ストレス発散』もあった…何しても痛いから『食って多幸感』『飲んで酔い酔い』になって憂さ晴らししていた面があった…(恥)

そんな日々を送って暫くしたある日久々に体重計に乗ったら『78.4kg』とか表示されて顔面蒼白…2014年7月にマークした人生最大体重の『81.4kg』(だったかな?)まであと『3kg』しかない…(滝汗)

その日から生活を少し改めたけど、あれからまだ半月位しか経っていないしサイクリングも休止中だから『目立った変化』はまだ出ていない…『朝一体重が77kg台になった』というのが精々で…(恥)

2月に入ったらサイクリングを再開する…それとは別に『もうひとつの運動要素』もある…。

だからこの状態(朝一体重77kg台←大恥)は改善されていくとは思うのだが、『遂にここまで戻ってしまった事』を痛切に反省しなくてはなるまい…最盛時『朝一体重68kg』をマークし

「俺メッチャ食ってんのに体重自動的に落ちてくわ!」

「ダイエットってのは何て簡単なんだろう♪」

と嘯いた『小生減量帝国』は既に崩壊した…(寂寥)

『体重関係の話』はまた追って記していく…とりあえず『朝一体重75kg』に戻ったら盛大にお祝いすっか?(笑)

だから『体重関係の話』はここで切る…ポールスミスさんのうぉくさんの慧眼恐るべし…まあ『あの写真見れば誰でも分かる!』ゆう話ですが…(恥)

てな訳で…










































b0136045_06092932.jpg
『帽子』買いました!

昨日の写真は写りの問題もあって『ぱんっぱん』な感じだったけど、改めて今朝撮り直してみたらそこまでではありませんでした!『ぱんっぱん』ではありませんでした!

昨日の『ぱんっぱん』な写真は何かの間違いだったんでしょう♪(頬つぼめてるだろうこれ!?←呆れ)

頬をつぼめたかはともかく(つぼめますた←笑)『帽子の話』です!近い将来に迫った『ぼっち鈍行電車の旅』に備えて帽子買いました!

えっ?何ですか?

「『鈍行電車の旅』に何で帽子がいるんだよ!?」

ですって?

そらあんた…







































b0136045_06220305.jpg
『銀河鉄道999の鉄郎が帽子をかぶっているから』さ★
何その理由!!!(締め呆れ)
















続く…。

# by shousei0000 | 2019-01-29 06:22 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

【速報】俺氏『鉄道旅行にどうしても必要なもの』を購入する!

b0136045_15295149.jpg
『これ』やで〜♪
何で鉄道旅行に帽子がいるんだよ!?(呆れ)














おしまい(笑)

# by shousei0000 | 2019-01-28 15:30 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

ちちん ぶいぶい! その13。

b0136045_12545541.jpg
前回の投稿に書いた『狭山市駅そばにあるよく詣でられている神社』がこちら!

さっき通ってこの写真を撮った時もおばちゃんが一人詣でていた…ここの詣で目撃率半端ねえ…。

今都心に向かっている…目的は『聞き取り』と『買い物』…。

『聞き取り』ゆうのは『JR職員さんへの聞き取り』…『青春18きっぷと週末パス以外の一日乗り放題切符の有無』を聞いてくる…。

肋骨骨折によるサイクリング休止中に俺がやりたかった事が幾つかある…『電車de秩父』『東京湾か横浜港でランチクルーズ』『羽田空港で飛行機鑑賞&空弁』…そして『鈍行電車の旅』である…。

このうち2つは既に達成した…『羽田空港云々』は実は今はもうどうでもよくなっている…『横浜港で豪華客船をお見送りしてサイリウム♪』に取って代わられている…(笑)

『鈍行電車の旅』はやるつもりでいる…『電車de秩父』の時の印象が非常に良かったので

「だったら『青春18きっぷ』でも買って『鈍行電車の旅』やっか!?」

と思い付き、そして何となく目頭を熱くした…俺はその昔2回『鈍行電車の旅』をした事がある…。

高校時代の話…一度は『ぼっち』で(恥)もう一度は『野郎同士の2人旅』だった…色々懐かしくてこれ書いている今この瞬間も目頭が熱くなる…。

だが…『青春18きっぷの利用できる時期』が遅い…『3月1日から4月10日の間』との事…3月なんかもうサイクリング再開しているから『鈍行電車の旅』なんかやらないよ…。

そう思ってジリジリしていたら『週末パス』なるものがあると知った…これは『土日の2日間JR東日本管区の普通電車乗り放題で八千なんぼ位』『指定券買えば特急や新幹線にも乗れる』という優れものだが『週末限定』ゆうのが痛い…俺はシフト勤務の介護士だから『土日が休み』とは限らない…それに『青春18きっぷの2日分』よりは高い…(青春18きっぷの2日分は五千円程度)

まあそんな訳で『青春18きっぷ』も『週末パス』も俺にとってはやや使いにくさがある…『平日でも利用可能な普通電車乗り放題切符』ゆうのはないのだろうか…。

ネットで調べた感じではそんなものはない…でもよくよく調べれば『◯◯周遊切符』みたいので俺の旅に合致するような切符が実はあるのではないか?

と言っても…自分で調べるのはもう限界なので(笑)『みどりの窓口』に行ってみる事にした…そして今向かっている…ふう…漸く話が繋がった…(笑)

『みどりの窓口』に行って話を聞いても多分そんな都合の良い切符はないと思うけど、一応は聞いておかないと…後で『実はこんな便利な切符があって我が旅に使えた』と知る事になったら悔やんでも悔やみきれない…。

『上野駅のみどりの窓口』に向かっている…今目論んでいる鈍行電車の旅の出発点が上野になりそうだから『下見』も含めて行ってみる…。

因みに…本当は出発点を上野にする必要はないのだが、折角の鈍行電車の旅だから『上野発』にしたい…35年位前も俺は上野から旅立った…。

『黒磯行きの客車列車』だったかな…クッ…懐かし過ぎて涙が出てくる…今はもう『普通列車の客車列車』なんて日本中探してもないんだってな…まさに『隔世の感』…(しみじみ)

それはともかく…











































b0136045_13331997.jpg
『秩父神社の話』いくね!(汗)

前回の末尾で触れた通り『装飾が見事』だった!上の写真見て!!

こういう極彩色の装飾見ると俺

「『日光東照宮』みたいだなー」

ってすぐに思うんだけど、実はこういう極彩色の装飾は『日光東照宮』だけのものではない…他の神社でも見られるものだという…。

それを俺が知ったのは熊谷にある『妻沼聖天山』に行った時の事…そこをガイドしてくれた方が

「日光東照宮の装飾を手掛けた匠がこの神社の装飾も手がけたんです」

みたいな説明をされて、その説明を聞いて俺『日光東照宮が造られた頃は極彩色の装飾が流行っていた』という事を初めて知った…『日光東照宮の影響で日本全国に流布した』って事らしい…。

因みに…『妻沼聖天山の装飾』はどんなものかというと…















































b0136045_14035942.jpg
こんなもん!

いや〜俺も久し振りに見たんだけど(iPhoneのアルバムを遡上して←笑)やっぱ凄いね!さすがは『国宝』だけの事はあるよ『妻沼聖天山』は!!

これを観に行った時の投稿が2016年10月15日付記事『日光に行ってきました!』というものなんだけど、その中で俺しきりに『権現様式』ゆう言葉を使っている…『日光東照宮にあるような極彩色の装飾』を『権現様式』と捉えているようだ…。

これは『妻沼聖天山をガイドしてくれた方』がそう言っていたと記憶していて、それで俺も『権現様式』『権現様式』と繰り返し使ったんだけど、今回の投稿を書こうとして確認の為に『権現様式』で検索してみたんだけどヒットしないんだ…装飾の様式としての『権現様式』ゆう言葉はないみたいなんだよ…建物の造りとしての『権現造り』ゆう言葉はあるようだが…。

俺はガイドの人が言った『権現造り』ゆう言葉を取り違えて『権現様式』と記憶してしまったのか…それともガイドの人が皆に分かりやすい説明をしようとして『権現様式』なる言葉を作ったのか…その仔細は今となっては分からない…。














続く…。
(御徒町駅に着きました…これから買い物してその後上野に行って『みどりの窓口』でアドバイス乞うてきます…でもその前に上野の街で飲んじゃうかも←締め笑い)

# by shousei0000 | 2019-01-28 14:42 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(0)

ちちん ぶいぶい! その12。

b0136045_14304235.jpg
『秩父神社の話』を続けます。

こちらの神門から入って秩父神社に詣でました。

あの有名な(でもないのかな?)『秩父夜祭り』ゆうのは『この秩父神社の例大祭のひとつ』なのだそうです。

つまりは『大変な神社』な訳…なのに俺は一度も詣でた事がない…モチのロンで秩父夜祭りにも行った事がない…。

だからって別に反省する必要はないんですが、何となく反省加減な気分で神門をくぐりました…。








































b0136045_14404902.jpg
この日は平日だったんですが結構人がいました。

この事実は『この神社が地域の人々に愛されている事』を俺に知らしめると共に、『秩父がそれなりな観光地である事』も思わしめました。

『秩父なんて…』とずっと思っていましたが、この秩父神社始め秩父の各所には観光客と思しき人々がそれなりにいましたし、秩父神社にはそうした観光客と思しき人々も勿論いましたが、『地元の人でふらっと寄った』という感じの人も沢山いました。

地元の人達にとってここは『特別な時だけでなく定期的に参拝する心の拠り所』なのでしょう…我が街狭山市にもそういう感じの神社がある…。

その狭山市の神社はこの秩父神社みたいなでかい神社ではなく神主も常駐しない『何でもない感じの神社』なんだけど、長く狭山市に住む人達にとっては心の拠り所になっているようで、仕事に向かう道すがらその神社を通るとかなりの確率で詣でている人がいる…特に朝に多い…俺が知らないだけで『霊験あらたかな有難い神社』なんでしょうねきっと…。

話が逸れた(笑)『秩父神社の話』だった(汗)

秩父神社の本殿に詣でようとしたら上の写真のような光景に行き合い思わずほっこり♪

『おばあちゃんと娘さん』なのでしょうねきっと…地元の人か観光の人かは分かりませんが、親子2人で神社に詣でる姿は心洗われるものがありました…。

この写真撮る直前までお2人は本殿に手を合わせていたんですが、俺がカメラを取り出して構えるまでの間に『お祈りのポーズ』を解除されてしまいました…『ほっこり写真』を狙っていた俺が残念に思った事残念に思った事…。

「俺が撮るまで祈ってろよ!」

と思いましたよ全く…。
何様!?(呆れ)







































b0136045_15004968.jpg
あんまり悔しかったんで『別のおばあちゃん』で『お祈りポーズ』を撮り直し!今度はうまく撮れた♪

知らない人ではあるけど…まあ『背後から』だからいいだろ?いいよね?(弱気)

まあそんな事は実はどうでもよくて(だったら書くな!撮るな!←呆れ)さっきの写真にしてもこの写真にしても『本当に見てもらいたい部分』は『上』なんだ!

即ち…










































b0136045_15051232.jpg
『装飾』!

これが中々に見事だった!!















続く…(夜勤いてきま〜す…)

# by shousei0000 | 2019-01-26 15:05 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(0)

ちちん ぶいぶい! その11。

b0136045_05453649.jpg
謎の萌えキャラ『秩父美祭ちゃん』(バスト94←笑)に一旦の別れを告げ外に出ます。

昨日の投稿に書いた通り『昼間からやっているホルモン屋さん』(つか焼肉屋)を探すのです!『秩父ホルモン』を食べるんです!

因みに…『秩父ホルモン』ゆうても『秩父に食肉工場があってそこで新鮮なホルモンがとれる』という訳ではないようです…『牛肉の加工には全く関係ないのに仙台で牛タンが名物である事』と似た感じみたい…。

秩父でホルモンと言う場合、特に表記がなければ『豚ホルモン』らしい…『味噌ダレの味付けがデフォルト』と何かで読んだような…。

俺はホルモンなら基本『塩』が好きなのだが、秩父のデフォルトが『味噌ダレ』ならそれを食うのもやぶさかではない…『郷に入れば郷に従え』と言うではないか…。

てな訳でホルモン屋探しの旅(つか焼肉屋)が始まったのです!










































b0136045_05591678.jpg
早速ハケーン!

って…これ『肉屋』やん!『ホルモン屋』じゃないやん!!(笑)

通りすがりに見かけた肉屋さんの店構えがあまりに渋かったので撮っちゃいました(笑)

この日は観光をするつもりは全くなかったんですが(『温泉で療養』が主目的でした)ホルモン屋を探して歩くうちに『気になる場所』ゆうか『気になる建物』ゆうかを結構見かけてしまい、結果『観光』という程ではありませんが『プチ観光』位にはなってしまいました(笑)

写真を何となくお届けします。いつもみたいにバカ改行(笑)はせず程々の改行に留めます。

キャプション(説明)は付けるかもしれないし付けないかもしれないかもです。

ではいきます!






































b0136045_06071177.jpg
秩父市役所…中々に立派♪















b0136045_06072079.jpg
古い門構えの家…『現役のお家』みたいです。















b0136045_06072628.jpg
板塀?も立派…因みにここは昔アクアで札所巡りをしていた時に通ったところ…。





















b0136045_06073072.jpg
『札所15番 少林寺』の案内板キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ここはどんな札所だったかな?

う〜ん…忘れてしまったよ…(8年とか前の話なもんで…)

















b0136045_06073165.jpg
秩父神社キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

その昔札所巡りをした時期にこの神社の前は何度も通ったんですが、札所巡りに忙しくて(笑)この神社には一度も寄りませんでした…『俺は神社より寺の方が好きだ!』という謎意識もあったもんで…(笑)

今回は折角なので寄る事にしたんですが…この『秩父神社』が中々良かった!良かったけど…それについてあんま長々と書きたくない(笑)

どう書くかはまた夜に考えますね〜♪(早番いてきま〜す…)
















続く…。

# by shousei0000 | 2019-01-25 06:16 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(0)

ちちん ぶいぶい! その10。

b0136045_20310983.jpg
で…『フードコート』です!

ここでは秩父の名物料理と言われる『わらじカツ丼』『味噌豚丼』『味噌ぽてと』といったものを一箇所に居ながらにして食べる事ができます!お得です!!

でも『フードコート』はフードコート…高速道路のパーキングなんかによくあるやつ…。

家族や友達…或いは恋人同士(怨嗟…←笑)で来ているならこういうフードコートもいいでしょう…でも俺は『独り』…話す相手も話しかけてくれる相手もいない中『こういうフードコート』では間が持たない…。

ましてや…俺が秩父で食べたかったものは何だったか…。

ぽまいらはもうとっくにそんな事は忘れていると思うので補足しておくと…





















































b0136045_20410099.jpg
こうなる…俺が秩父で食べたかったものは③の『ホルモン』だった!

フードコートにも『ホルモン屋さん』はあるんです!フードコートの中で唯一独立した店舗として『秩父ホルモンのお店』があったんです!

でも…何ゆうか…折角秩父まで来てホルモン食うなら『外にあるホルモン専門店』で食いたかった…秩父市内には30軒程のホルモン店があるというから、その中の何軒かは昼間からやっているのではないか…。

「フードコート内のホルモン屋さんは『最後の砦』として、まずは『昼間からやっている外のお店』を探そう!」

と思った俺は、フードコートを離れて秩父の街中にその歩みを進めたのでした…。










































b0136045_20502135.jpg
待っとってくれー『祭の湯』!

ちょっくら外でホルモン食ったらまた戻ってくるからなー!!

って…







































b0136045_20530009.jpg
何これ?(笑)

『祭の湯』の入口にこんなん立ってましてね…『アニメキャラ』っつーか『AKBっぽいの』っつーかがこちらを見て?にこやかに微笑んでいる…所謂『イメージキャラ』『萌えキャラ』ゆうやつか…。

秩父に『イメージキャラ』がいるとは知らんかった…それが『萌えキャラ』であるのも時代の流れなのかも…それはそれで仕方なき事…。

それはそれで仕方なき事ではあるんですが…













































b0136045_21025288.jpg
『この設定』はさすがにいらんだろう!

『イメージキャラが萌えキャラである事』はいい…『それに詳細な設定がある事』も最早時代の流れなのだろう…。

だが…『祭がない時も大きい胸を隠すためにさらしをまいている』とか『バスト94』とかの設定はどう考えても不要だろう!誰得だよ?(笑)










































b0136045_21092893.jpg
秩父のイメージ萌えキャラ『秩父美祭ちゃん』の設定のアップ!

今書いた『胸がどうの』ゆうの以外も突っ込みどころ満載だからよく見てみて!

何よりまず『名前』が突っ込みどころだな!

『美祭』で『まつり』って…そんな読み方ある〜?(締め笑い)

















続く…(今日はこれで終わります♪)

# by shousei0000 | 2019-01-24 21:13 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(0)

ちちん ぶいぶい! その9。

b0136045_19075481.jpg
ほい!漸く西武秩父駅を出ました!(9話目にしてやっと←笑)

ここからが『本篇』になる…のかなぁ?(笑)

電車で西武秩父駅に来たのは多分三十数年振り…自転車で最後に来てからも多分8年位が経つでしょう…。

今回のシリーズ物のカテゴリーに使っている『秩父三十四ヶ所』…あれを最後にやったのが確か8年前とか…。

その後も自転車で秩父に行く事はあったけど、秩父市内の繁華街に行く事はなかったから『8年前が最後』になる…あの時は確か『札所18〜20番』辺りを回ったのではあるまいか…。

あの時と今の西武秩父駅に違いがあるかは分からない…変化はあったのかもしれないが正直覚えてない…。

でも…『あっち』が変わったのは一目で分かった…。

ほら…あっちだよあっち…











































b0136045_19193606.jpg
『あっち』だって!(笑)

西武秩父駅の右手に見えるあちらの建物…あそこにはその昔『仲見世』があった…。

自転車で最後にここに来た8年位前、その仲見世の奥にあった食堂で『わらじカツ丼』を食べた記憶がある…『秩父の子供達の和太鼓集団』のライブを観てそのCDを買った記憶もある…ナツカシス…。

…と思っていたけど…違ったかも…今『秩父三十四ヶ所』のカテゴリーから拙ブログの過去ログ幾つか見てみたけど『仲見世でわらじかつ丼』とか『和太鼓少年団の話』とかは出てこなかった…それは『8年位前の話』ではなくて『もっと前の話』だったかのかも…。

何にしても『すげー前の話』ですわ…(しみじみ)

































b0136045_19381586.jpg
西武秩父駅の右手の建物の入り口はこんな風になっていた…。

『祭の湯』と書かれている…ここはここで『この日の目的地』…温泉に浸かって骨折した肋骨を癒すつもりでここまで来た…。

でも…『祭の湯』に至るまでにまだ少しあるみたい…『お土産物屋さんストリート』とか『フードコート』とかがあるみたい…。

とりあえずそれらを冷やかしてみますかね?

因みに…









































b0136045_19470880.jpg
さっき挙げた写真の場所はその昔『こんなん』だった…『秩父仲見世通り』になっていた…。

上の写真今さっき検索して引いてきた…メッチャ懐かしい…確かにこんな感じになっていたわ…。

この『秩父仲見世通り』はそれなりに良い場所だったけど、『大きな決め手』がなかったから集客力は多分それ程でもなかったのだろう…それで西武鉄道が『祭の湯』を造って決め手として、併せて『旧仲見世』もリニューアルして今の姿になったのだろう…。

それでは『今の姿』をちょいと見ていきましょうかね…。







































b0136045_19551057.jpg














b0136045_19551413.jpg














b0136045_19552150.jpg


















b0136045_19552904.jpg
一気に4枚お届けしました!

『お土産屋さんストリート』の雰囲気…分かってもらえましたかね?

最後の写真(上のやつね)がちょっと違和感があるかもしれませんが、このアニメっぽいお土産品はまんまアニメのもので(笑)秩父を舞台にした『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』というアニメのキャラクターグッズ?らしいです。

このアニメは大ヒットして秩父を『聖地巡礼の場所』として観光客を誘致したそうですが、俺はこのアニメは観た事がないのでこのキャラ達が何者でどんな話なのかはさっぱり分からない…でも『秩父を有名にしてくれた存在である事』だけは知っていたのでこうして写真を撮ったと…まあそういう話…。

そんじゃ〜次いきますね…。

































b0136045_20070236.jpg
『フードコート』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

で…ここで一旦切りますね(締め笑い)



















続く…(帰りの電車ん中で続きを書きます…)

# by shousei0000 | 2019-01-24 20:07 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(0)

ちちん ぶいぶい! その8。

b0136045_07253324.jpg
昨日乗ってきた横浜港周遊レストランシップ『ロイヤルウイング』でのクルーズは凄く良かった!

想像していたより千倍位良かった!

飯は程々だったし(でも十分旨かったし何より腹一杯になった←笑)クルーズだって横浜港を出てちょい行ったところで折り返すだけなんだけど…その両者が相まると中々な破壊力になる!『優雅な気分』ゆう程の高級感はないが『ちょっと特別な2時間を過ごした』ゆう気分にはなる!!

『海を船で行く』って何であんなに楽しいんだろう…俺はスキューバダイビングやっていた頃から『海を船で行く』のが好きだった…。

ぶっちゃけ『ランチ』はいらなかったかも(笑)『クルーズ』だけでよかったかも(笑)

『クルーズ』だけなら赤レンガ倉庫の辺りから『水上バス』みたいのが湾内クルーズに出ているのを見かけたけど…あれはあれで楽しそうだったけど…『高さ』が無いからなぁあれは…。

『ロイヤルウイング』は写真や動画で観ていたよりは小さな船だったけど(上の写真で想像つきます?)それでもトップデッキに上がれば十分に『高さ』があった!クルーズに『高さ』は大事!!(昨日発見した俺理論←笑)

ダイビングの時の移動はスピードボートでいいんだけど、クルーズする時はやはり『大きくて高さがある船』がいい…クルーズはやっぱ優雅でなくては…。

てな訳で…













































b0136045_07394639.jpg
『より優雅なクルーズの旅』を夢見て昨日はこんなん貰って帰りました♪

日本が世界に誇るクルーズ船『飛鳥II』のクルーズ資料です!こんなん貰ったってすぐに乗れる訳ではないんだけど(お金も休みもない介護士なもんで…)クルーズの楽しさ(横浜港だけでしたが…)にテンションが上がって、その勢いで何となく貰っちゃいました(笑)

どのプランも目ん玉が飛び出る程高くて目眩がしたんですが(恥)ひとつふたつ『これなら何とかなるかも!?』ゆうのがなくもなかった…『ぼっちで乗ると3割増し』なのが痛いのではあるが…。

いつの日にか乗ってみたいものですね『豪華クルーズ船』に…(しみじみ)

で…









































b0136045_07490907.jpg
『秩父の話』いこか(笑)

西武秩父駅の構内に例の『ちちん ぶいぶい』のポスターをハケーン!

土屋太鳳チャソかわゆす❤︎
まだ駅から出ないのかよ!?(呆れ)
















































b0136045_07515636.jpg
同じく、西武秩父駅構内で見かけた『新型レッドアローの広告』!

今年3月にデビューなんだってさ!楽しみだね♪
いい加減駅から出ろよ!!!(締め呆れ)















続く…。

# by shousei0000 | 2019-01-24 07:52 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(0)

ちちん ぶいぶい! その7。

b0136045_09174578.jpg
只今『これ』に向かっている…横浜港を巡るレストランシップ(と言うそうだ)『ロイヤルウイング』でのランチクルーズに参加する…『ぼっち』で…(恥)

レストランシップなる代物は普通『ぼっち』では乗らないと思うが(また恥)それではその代物に何故敢えて『ぼっち』で乗るかというと『船に乗りたいから』…今俺は船に乗りたくて乗りたくて堪らない…。

前から何度も紹介している『りょんたんさん』こと『なめこの人』こと『ぼっち』の動画を通じて、俺は『クルーズ船の魅力』を知った…それまでずっと『金持ちの道楽』と思っていたクルーズ船は『うまく選べば30代の高卒リーマンでも楽しめるもの』であるとぼっちの動画を観て知った…更に『巨大クルーズ船の船内はまるで街のようである事』も知った…。

かようにして俺はクルーズ船に興味を持ったんだけど、いくら高卒リーマン(ぼっちの自称)でもカリブ海のクルーズ船を楽しめたとはいっても、ぼっちは『お金も休みも旅行に全振りする人』だから俺とは比較ができない…お金もそうだけど(哀)特に『休み』が違う…普通に暮らしていれば俺の連休は大体三連休まで…希望して取っても多分『夜勤明けの日を入れての六連休』(休みとしては五連休)までが精一杯…これでは『カリブ海の巨大クルーズ船で優雅にバカンス』はできまい…。

そんな風に思っていて、だからそのうちママン(笑)でも拉致って『横浜発3泊4日クルーズ船の旅』に行く事ができたらと思っていたんだけど(俺の奢りでね)そんな時この前紹介した『スーツさん』の動画で『1泊2日のワンナイトクルーズ』というのを知ったんだ…その舞台は日本が世界に誇るという『飛鳥II』…。

スーツさんはもう本当に変な人で、その『飛鳥IIで回るクリスマスワンナイトクルーズ』に一人で乗船された…『クリスマスなのに豪華客船にぼっち』だよ!?俺にはぜってーできねえ!それだけにその動画に強く惹かれた!

しかも…『ぼっち』なのに『21万円』!『21万のコース』!!

『超〜豪華な部屋』(上から2番目のクラス)『クリスマススペシャルディナーにルームサービスのシャレオツ朝食付き』とはいえ『1泊で21万』だよ!どうかしているぜ全く!!

でも…動画を観ているうちに『これはこれでありかも?』と思うようになった…『21万』はともかく(そこは譲れない←笑)『飛鳥IIで1泊2日で5万とか』だったら俺も乗ってみたいと思った…まあ『5万のコース』があるかどうかは知らないが…(7万ならあったよ確か)

スーツさんがそんなとんでもない部屋にぼっちで泊まったのは『金満家の悪ふざけ』ではない…『5万だか7万だかのコース』にしようと思ったものの部屋の空きがなく、それで空きがあった上位グレードのコースにしたら『21万』になったと…そういう事だそうな…。

『ぼっちで乗った』のは『企画』…スーツさんはYouTuberだから『面白い動画』を撮る必要がある…『クリスマスクルーズ船に野郎がぼっちで突撃!お値段21万也!!』なんて面白い動画になりそうじゃん?だから敢行された次第!

スーツさんクラスのYouTuberともなると『動画にかけた予算』(この場合は21万)は回収できるそうな…動画の再生数に応じて手に入る報酬?で色々かけた予算は回収できるらしい…勿論『儲け』も出る…小学生とかが将来の夢にYouTuberを挙げる訳だ(驚嘆)

話が逸れた…『YouTuberがどうの』なんて話はどうでもいい…。

大事な事は『機会を選べば1泊2日でクルーズ船に乗る事ができる』と知れた事!これは本当にスーツさんに感謝したい!!

でまあその線で色々検索していたところ…『ランチクルーズ』のプランに行きついた。これはさすがに『飛鳥II』を始めとする豪華クルーズ船でのものではない。

『レストランシップ』と呼ばれる船で東京湾や横浜港を2時間程かけて回るクルーズ…船の格式?や料理の内容で金額は異なるが、一万円以内で束の間とはいえ『クルーズ船気分』が味わえる…これは中々お得ではないか!?

かような次第で更に色々検索し(肋骨骨折でサイクリング休止中だったので時間は有り余っていたのであ〜る←笑)その結果幾つかあるレストランシップの中から本日乗る『ロイヤルウイング』を選んだ…選んだ理由は『他の船の予約が一杯だったから』という事もあるが『好んでこの船にした』という側面もある…。

その辺の事情はまた後日語るとして…













































b0136045_10094529.jpg
今日のところは『秩父の話』をいこう!

この投稿を『俺がロイヤルウイングを選んだ訳』で押し通してもよかったんだけど(笑)『ちちん ぶいぶい!』シリーズを多少は進めておきたいという気持ちがあったのと、何よりそうタイトル付けしてしまったので(俺はブログを書く時基本タイトルから書く)『ロイヤルウイングの話』はまた今度にして『秩父の話』を書くよ(笑)今『雑司が谷駅』を過ぎた…(汗)

上の写真はあんまうまいものではないんだけど…『西武秩父駅の写真』…『秩父の象徴武甲山』を入れるつもりで撮ったんだけど、何かこうイマイチで…(恥)

とりあえず『秩父に着いた』という事は分かってくれたかなぽまいら…。

















































b0136045_10190640.jpg
お疲レッドアロー!

一時間程度の行程だったけど、おまえのおかげで中々快適だったよ!お疲レッドアロー!!

お疲レッドアロー!

お疲レッドアロー!

あのう…『お疲レッドアロー』って言葉『お疲れ』の『れ』と『レッドアロー』の『れ』が掛かっているんですけど…分かります?

面白くないですかこれ♪
面白くねえ!(呆れ)
















































b0136045_10240427.jpg
あ“ーっ!俺乗りたいんだよコレー!!
まだ駅から出ないのかよ!?(また呆れ)






































b0136045_10253563.jpg
西武秩父駅の構内に西武線のレストラントレイン『52席の至福』の広告?がありました!

俺この『52席の至福』乗ってみたいんですよねー!

昔の俺だったら『電車の中でオシャレな食事』なんてのはヘドが出る想いだっただろうけど(レストランの話をしているのに『ヘド』はねえか?←笑)東麻布のイタリアン店『ペリーニ アダージオ』に通うようになって東條シェフのお料理を定期的に頂くようになって『シャレオツ飯への考え方』が変わった…『おやぢがシャレオツ飯食ってどうするよう!』なんて思っていたけど…そう思ってずっと生きてきたけど…その考え方は覆った…『シャレオツ飯はおやぢが食っても旨い』のだ!

シャレオツ飯は旨い!実際旨い!これはもう間違いない!!

シャレオツ飯はコースだから小出しに出てくる!昔はそれが乙に澄ました感じで嫌だったんだけど、食い慣れてみると小出しに出てくるからこそ食べやすい!『一皿一皿目と舌で楽しむ』ゆう感じが堪らなくイイ!

一瞬今日のレストランシップの話に戻すけど(笑)今日船で頂くランチは『中華バイキング』…定番物が多くて特に高級感はなさそうなんだけど、バイキングだから食べ放題な訳で、それで今回は今日乗る『ロイヤルウイング』を選んだ…『ランチクルーズ初だから庶民っぽい方がいいかも』と思って…。

その選択に後悔は無いんだけど…『何料理でもいいけどやっぱコースがよかったか?』という気持ちが若干ある…バイキングは『自分で取り分けなきゃならない』じゃん?それが何気にめんどい…。

「折角優雅に船で頂くんだから『自分で取り分け』ではなく『コース』にすればよかった…」

という想いが少し…コース料理をこんな風に捉えるようになるなんて俺も随分変わったもんだ…(しみじみ)

『52席の至福』に話を戻す(笑)かような次第で『コースで小分けに出てくるシャレオツ飯』今俺大好きだ(笑)

だから乗りたいんだよね〜『52席の至福』!

前に職場駅に停車中だった『52席の至福』を見かけた事があったんだけど(時間調整か何かで停まっていたみたい)そしたら車内で『ヴァイオリンとフルートのプチ演奏会』みたいのが行われていてビックリ!『電車の中で』だよ!!

この『ヴァイオリンとフルートのプチ演奏会』もポイント高し!俺豪華クルーズ船の動画でそういうの観てから、『ヴァイオリンとフルートのプチ演奏会』メッチャ好きになった!

曲は何でもいい…ヴァイオリンとフルートの編成でなくてもいい…。

『音楽が奏でられている雰囲気』がただただ良い…豪華クルーズ船ではこれを『乗船時の甲板やロビー』でやる…グッと雰囲気盛り上がるんやでー!まあ俺はその場にいた事はなく『ただ動画で観ただけ』なのだが…(恥)

またちょっと今日の話をするけど(笑)今日乗る『ロイヤルウイング』も『お出迎えのヴァイオリン&フルート演奏』があるらしい…『豪華クルーズ船を模したサービス』ってやつか…分かっとるのう『ロイヤルウイング』の運営会社さんよう〜(笑)

またまた話を戻して(笑&恥)『52席の至福』…『走るレストラン』という非日常…それを味わいたい…。

これ『ぼっち』でも乗れるのかなぁ…乗れるならぼっちでも乗りたいなぁ『52席の至福』…。

俺はかつて『でも…ぼっちじゃあ…』という考え方をする人間だった…『ぼっちではできる事が限られる』…そう思っていた…。

でも…前述の『ぼっち』(りょんたんさんor なめこの人)も『スーツさん』もぼっちで何でもやっている…どこにでも行っている…俺はこの両者の行動力に激しく感動した…。

『ぼっちだから…』なんて関係ない!やりたいように好きなようにすればいい!『お金で済む事』ならば!!

だから俺も今日『ぼっちランチクルーズ』をする!『ぼっち参加』なんて俺だけかもしれないけど気にしない(笑)

とまあ話が色々飛んだところで(笑)今日はおしまい♪(電車が『日本大通り駅』に着きました…『ランチクルーズ』楽しんできます❤︎)

















続く…。

# by shousei0000 | 2019-01-23 11:05 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(0)

ちちん ぶいぶい! その6。

b0136045_14182187.jpg
朝の投稿にも書いた通り…『予約』した!

横浜港をベースとするイベントクルーズ船『ロイヤルウイング』なるものの『ランチクルーズ』を予約した!これで俺もいよいよ『クルーズ船デビュー』だ!!(そうなのかな?←笑)

我が街狭山市からなら『東京湾クルーズ』の方が何かと都合が良いのに敢えて『横浜港クルーズ』にした理由…横浜港クルーズならサザンオールスターズの唄にも出てきたという『マリン ルージュ』なる高名な?イベントクルーズ船があるのに、そちらを蹴って?までして『ロイヤルウイング』にした理由はいずれまた述べる…とにかく楽しみで仕方がない…。

秩父の時もそうだったし今回のランチクルーズもそうなんだけど、一応のきっかけは『ついで』…朝一で職場駅そばの病院にリハビリで受診する必要があるので、それが終わってそのまま狭山市のアパートにただ帰るのももったいないから、それで『プチおでかけ』をする事にした次第…サイクリングができた頃なら『朝一の受診』はあり得なかったし『その後のプチおでかけ』もなかっただろう…『そういう機会を得た』と思って今はそれを楽しむしかあるまい…。

この境遇?に陥った時に思った『電車de秩父』『ランチクルーズ船で優雅にバカンス?』の2つを達成しようとしている…他にもう2つやりたい事があるんだけど、2月からはサイクリングを再開しようと思っているから、残り2つはどこまでやれるだろう…今後続報?を書いていくので楽しみに待ってくれよなぽまいら…。

それはともかく…





















































b0136045_14475424.jpg
『先日の秩父の話』をいこう(笑)

『レッドアローの話』をもう少し続ける…(恥)

上の写真はレッドアローの車窓からのもので『仏子〜元加治間』のもの…手前に見えるレンガ造りの橋?は確か『廃線の橋』とかで

「ふうむ…これがそうか…」

と思った…この界隈はサイクリングでもよく来ているけど(『いつものコース』なので)『電車で来ないと分からない事もある』と強く思った…。

そんなこんなしながら『普段やらない鉄道の旅』を楽しんだ後…(まあ小一時間ですが…)












































b0136045_14545244.jpg
『西武秩父駅』に到着!











































b0136045_14545497.jpg
テンキュー(サンキュー)レッドアロー(笑)















































b0136045_14545607.jpg
遂にここまで来たんやなぁ〜♪(俺自身は何もしてきない…ただレッドアローに乗っていただけ←締め笑い)



















続く…(夜勤いてきま〜す…)

# by shousei0000 | 2019-01-21 14:56 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(0)

俺氏、予約する!(1月21日の待ち遠しさ)

b0136045_09332048.jpg
『サイクリング休止中のセルフイベント 第2弾』を予約したでー!

期日は明後日の1月23日!楽しみ過ぎて今日の夜勤メッチャ行きたくねえ(笑)

遂に俺も◯◯ー◯デビューだ!!!

因みに…












































b0136045_09364013.jpg
もっち『ぼっち』だ…_| ̄|〇














それでは♪

# by shousei0000 | 2019-01-21 09:36 | 食事 | Trackback | Comments(0)