人気ブログランキング |

秩父三十四ヶ所! 第五話 その5

さてさて前回からの続きですが、13番慈眼寺を楽しんだ後、14番今宮坊に向かいました。
さりげな~く『お寺を楽しんだ』などと書きましたが、本当に昨今『お寺に行く』という事自体に
喜びと安らぎを覚える様になってきています・・・(しんきくせえなッ!)
本シリーズ『秩父三十四ヶ所紀行』はあくまでも『アクアに乗る動機付け』として始めたものであり
お寺に行くのは二の次三の次のついでの様なものであった筈なのですが・・・う~ん・・・。
まっ、人間変われば変わるという事で♪
(『♪』を使う様な場面じゃねえだろ!)



もうちょっとだけお寺の話を続けさせてもらいますが(自転車のブログじゃないんかい!)
さすがに13ヶ所もお寺を回ってくると『好ましいお寺の在り方』なんて感覚も芽生えてきます。
小生にとっての『好ましいお寺』・・・それは即ち『俗世と一線を画した場所、雰囲気にある』という
点を満たしたものではないかと思います(『思います』って・・・自分の事だろ~ッ!!)

別に修験者が庵(いおり)を結ぶ様な山寺であって欲しい訳じゃない・・・。

城壁を想わせる塀を構えて、俗世との関係を拒絶する様な在り方が好きな訳でもない・・・。

ただね、折角山門をくぐる時気持ちを引き締め(本当は引き締めてなんかないけど・・・)
更に口を漱いで手を清めて境内に向かうのだから(時々それらもさぼっちゃうけど・・・)
やはりそこには、それなりの雰囲気と静けさって奴があって欲しいんです・・・。
(色々さぼっといて何を言う!)





b0136045_21444266.jpg

上の写真は前回も挙げた慈眼寺の画像。で、但し書きの方も前回と同じ事を書かせてもらいますが(何で二回も同じ写真見せたり、くだらない文章を読ませるんだ!しつこいぞ~ッ!!!)
写真右手の幼稚園バスが停まってる辺りが駐車場になっていて、そこが外界とつながってしまっているんです・・・。それでね・・・小生思うんだけど・・・こう・・・何っていうかなぁ・・・?
そっちの方に向かって、折角お寺の内に満ちている『良い気』って奴が逃げていってしまってる様な気がするんですよね・・・。お風呂の残り湯が排水溝に
ビューッって流れていくみたいな・・・。
意味・・・分かりますよね?
(全然分かんねえよッ!)



そんな感慨を抱いた後だけに、次なるお寺、つまり14番今宮坊には静けさと雰囲気のあるお寺で
あって欲しかった・・・。そういうお寺である事を熱望する想いがあった・・・。以前にもちょっと書きましたが、小生はこの秩父札所巡りをするにあたって、事前情報をとる事をしておりません。
ガイドブックも読みません・・・ネットで検索もしておりません・・・。敢えてそれらをしない理由は
『自分の目で見て感性で感じて、そのお寺を俯瞰してみたい』との想いから・・・。


上記の理由から何も知らずに今宮坊に向かったのですが、果たしてそれは吉と出るのでしょうか?
それとも凶と出るのでしょうか?ロケーションからして『人里離れた所に建つ草庵』というものでは
あり得ない事は分かっていますが(秩父市内ど真ん中ですから・・・)それでももうひとつの可能性
即ち『雑踏の中でも、あくまでも凛と佇む清貧な庵』という可能性はなくはない!
さあ・・・どっちだ・・・吉か・・・?凶か・・・?吉・・・か・・・?凶・・・か・・・?
あ~っ!もう吉なのか凶なのか、早く教えやがれ!(自分で引っ張っといて何を言う!←驚愕)



































b0136045_236289.jpg

               凶でした(笑)






























b0136045_23171854.jpg

          もう一度同じ写真を添付させてもらいますが・・・う~ん・・・。
          道路に直接面してるんですよね・・・しかも・・・山門すらない・・・。
          まあアクアが綺麗に撮れた事には
          それなりに満足したんですが・・・。





b0136045_23255379.jpg

    本殿の写真なんですが、すぐ裏に民家とか迫ってるの分かります?
    住宅地の真ん中にあるお寺なんですよ・・・。道路に直接面していて、しかも住宅地の
    ど真ん中・・・。つまり・・・『近所の公園』って感じの位置付けなんです・・・。
    こんなロケーションでは、静謐さやら雰囲気なんて望むべくもない・・・。
    因みに写っていませんが写真左手にはベンチなんかもあって(本当『公園』ですよね←笑)
    そこでは中学生男子5~6名がY談のまっ最中でした・・・。
    お寺でY談するなんて・・・何て不謹慎な・・・。うう~む・・・許せん・・・。
    


































こら~ッ!中学生達!
Y談するなら・・・・・・・

おじさんも混ぜてよぉ~♪
(何じゃそりゃ~ッ!)






























b0136045_23521640.jpg

    今宮坊の案内板。この写真からも、すぐ裏が道路で民家とか迫ってるの分かるでしょ?
    因みにこの案内板付近では、今度は女子中学生二名が恋愛談議の真っ最中(笑)
    
    「やっぱさ~ちゃんと『気持ち』がないと、男の子とは付き合えないよね~」

    などと、深遠な恋愛哲学について語られてました(女子中学生の話を盗み聞きすな!)
    まあおじさんは『気持ち』なんてなくても
  全然余裕で女の子と付き合えますけどね♪
 
    (あんたにそんな台詞は似合わないよ!
  大した恋愛経験もないくせにさ・・・←嘲笑!)
 





b0136045_0215171.jpg

        今宮坊にあった後生車。後生車とは後生(あの世)での幸せを祈って回す
        石車で、時代劇なんかによく出てくるそうですが、小生は今回初めて見ました。
        『回せば回す程ご利益がございます』との但し書きがあったので・・・・・・
        「おめでとうございま~す!」
        「いつもより多く回していま~す!」
        と絶叫しながら、グルッグル回してやりました♪
        (染之助染太郎かぁぁぁぁぁ~ッ!!!) 





















続く・・・(明日から三連休♪走るぞぉ~!←まず寝ろ!)          
by shousei0000 | 2009-01-15 20:32 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/10198927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by studio1999 at 2009-01-16 15:04
チベット(だったかな…?)の寺院にも同じようなのがありますよね。1回回せば、経を読んだのと同じ御利益があるとかなんとか…。
昔行った時に回したんですよ、それ。
って、言ってもレオマワールドという場末のテーマパークにあるミニチュアワールド的なところですけどね!
Commented by shousei0000 at 2009-01-16 22:18
studio1999さんへ。

「さっすがstudio1999さん!アーティストだけあってチベットとか行った事あるんだ~!!」

とコメント読みながら興奮してたのですが・・・テーマパークでしたか・・・ガクッ(そちらの計算通りコケました←笑)

レオマワールド・・・早速検索しましたが、一度破産して別会社でリニューアルしてるんですね~(今では『ニューレオマワールド』というんですって)
バブルとその名残の時期に林立したテーマパークは、どこも苦戦しているみたいですね。
でも・・・レオマはまだ施設として稼働していて、しかも名前も残ってるんだからいいんじゃないですかね。
先日テレビで観た『あのテーマパークは今?』という番組では、今ではパチンコ屋になって見る影もないものや、草むらと化して、そこにミニチュアのアジア遺跡が埋もれているなんてものが沢山出てきましたから・・・。
それにしても『レオマ』の名前の由来が

>同社の大西一社長の名前から「レジャーは、大西に、任せろ!で、レ・オ・マ、はどうでしょう?」と担当の社員が発言したことによる、とも言われる。

というのは本当ですかね(笑)←ウイキペディアより。


<< 1月16日の走行。 秩父三十四ヶ所! 第五話 その4 >>