人気ブログランキング |

聖地の鉄槌! 最終回!

<前回までのあらすじ>


前回は変なところで話が切れちゃったので、ちょっと補足させてもらいます。しっかしコメント欄でならともかく、ブログ本体で『文字数が多過ぎます!〇文字減らして再送信して下さい』な~んてメッセージ出たの、初めてだぁ~(笑)そんなになるまで(文字数一杯になるまで)ブログ書き続けた奴なんて、そう滅多にいるとは思えない。何か・・・・何か小生・・・・凄い所まで来ちゃったなぁ・・・・・・




































すっごく高い山とか
登っちゃった気分だネ~★

(これのどこが『前回までのあらすじ』だ~ッ!!)




































<今度は本当の前回までのあらすじ←笑>


ローディーの聖地白石峠の下りでトラブルにみまわれた小生氏(41歳 独身 薄給 薄髪・・・)
彼はそのトラブル(デジカメ故障&不可解なパンク)を聖地の鉄槌、即ち『怒れる白石峠の神々の報復である』と定義する。神々の怒りに撃たれて、漸くに自分の所業を敬虔に反省し始めた小生氏・・・。その文章は真摯な想いで綴られ、当初は確かに慙愧の念に溢れていたのだが・・・・
何故か徐々に『〇〇だったと思うんだよねぇ・・・』
という、馴れ馴れしい口調に変貌していくのだった・・・





































はいっ!それでは本編いきます(笑)『水を汲みに白石峠を廻った』という小生の愚かな所業が
白石峠の神々を怒らせ、遂にその偉大な御力を剥き出しにし始めた・・・という所からの再開です。
まあそうなっちまうと、あちらは何しろ神様だからねぇ~何だってできちゃう訳よ!(だから!何で神々を語るのに軽々しい口調なんだよ!←いやぁ・・・重々しい口調には飽きちゃったもんで・・・)
デジカメ壊したのが最初の一撃!きっと変な写真とか撮られたくなかったんでしょ?水場とかでさ。
まあ、事実撮るつもりだったからね!『頭から水を浴びて、超~ご満悦の小生氏♪』って感じの奴をさ(笑)



その後『不可解なパンク?』にみまわれたのも、当然神々による聖地の鉄槌でしょう。
まあ・・・あれじゃないの?「最早デジカメだけでは許せん!ここで足止めして、こ奴に愚かしいブログとか書けない様にしてやる!」とか思われたんじゃねえの?(おい!その口調いい加減にしろ!今は神々について語っているんだぞ!)でもねぇ・・・神々もちょ~っと詰めが甘かったねぇ・・・・・
小生の『ブログを書きたい!』という想いは、その程度の鉄槌で潰える様なものではなかったのである!
(文字数オーバーしちゃうレベルですから←笑)




















でさ、じゃあどうやってその窮地を切り抜けたかっていうとね、それはね、う~ん・・・しかし・・・
このくだりは、こんな軽~い口調で語るつもりはなかったんだけどなぁ・・・もっと重々しくもっと荘厳に聖地の鉄槌から逃れる様子を書くつもりだったのに・・・
(『コンセプト崩壊』だな!まあこれだけ長く続けていたら、当初の構想と違ったものにもなるだろうよ…)



それはさておき、話を急ぎますが(この勢いではま~た文字オーバーしかねませんから←笑)
この窮地・・・即ち、前後輪とも不可解なパンク?で移動できず・・・・携帯は圏外でかけれない・・・・という状況下で小生がどう考えたかというと「とりあえず、携帯が圏内になる所まで降りなきゃな・・・」と思ったんだ。その為にも・・・とにかく前輪を何とかしよう!
後輪は非常にゆっくりエアが抜けてるみたいだから(30分位で空になる感じ)このままの状態でもまあ走れない事はないだろう。しかし前輪は10分程度で空になりそうな気配であるから・・・・・・
さすがにこのままでは走れない・・・危ないからね・・・



でね、じゃあどうしたかというと・・・「スペア・・・何とかするぞ!」と思ったんだ。以前のパンク修理の跡が糊でひっついちゃってる状態の使えないスペア・・・(そうしたのは、その修理をしたのはお前だろ!しかも今までそれに気付かず携帯してたとは・・・←呆れ)とにかくそれを何とかしようと、ひっついてる部分を揉んだりひねったりしてみたんだね。そしたらさぁ・・・・こう・・・・なんつーかさぁ・・・・・
スポン!って感じで、ひっついてた部分が剥がれて使用可能に!アハ…別に窮地でも何でもないじゃん♪
(今頃気付いたの~?所詮ただのパンクなんだから、直せば済むだけの話なの!窮地とかじゃないの!)




















まあそんな訳でスペアが使用可能になり、そいつを前輪に詰めてエアーを入れて嵌めて・・・
遂に走行を再開した!(よかったね~←投げやり)
トラブル発生ポイントから都幾川西平集落までの下り坂を、スピードにのらない様に調整しながらゆっくりと下る・・・。前輪は・・・すこぶる好調である♪後輪は・・・まあエアーはきっと徐々に抜けてはいるんだろうけど、体感できる程ではない。つまり・・・走行には何ら支障ない!



かくして小生は携帯圏内の地を求めて下り、そして「これだったら問題ないから、どうせだったら
ときがわホースケアガーデンまで行っちまおう!あそこまで行けば最悪『ときトラ』借りて帰る事もできるし・・・」と考え、更に下っていったのでありました・・・。



































つ~づくっと♪(最終回じゃなかったんかい!←嚇怒)
by shousei0000 | 2009-06-09 14:55 | 長編サイクリング日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/11214525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 聖地の鉄槌! 最終回の最後(笑) 聖地の鉄槌! その6 >>