人気ブログランキング | 話題のタグを見る

6月狂詩曲・・・その2



※6月2日の走行(既出)=走行距離30.05Km。


この日の走行はいつものコースをショートカットしただけのものに過ぎません。だから別に特記はないのですが、例の赤タイヤ(ヴィットリア Open Corsa Evo CX)に換装して2走目だったのでその特性(前のタイヤとの違い)を体感しようと、ちょっとワクワクしながら走ったのを覚えています。
で、その話に移る前に・・・例の放置投稿(笑)で遂に載せずに終わってしまった対比写真(旧タイヤアクアvs新タイヤアクア)を、ここに改めて掲載させて頂きます(換装&撮影したのは5月27日ね)




















6月狂詩曲・・・その2_b0136045_2255166.jpg






6月狂詩曲・・・その2_b0136045_2256173.jpg






6月狂詩曲・・・その2_b0136045_22582580.jpg






6月狂詩曲・・・その2_b0136045_22584834.jpg






6月狂詩曲・・・その2_b0136045_2259955.jpg






6月狂詩曲・・・その2_b0136045_22593371.jpg

『対比写真』という割には、アングルが異なったり距離が違ったりしてちぐはぐなもの揃いですが
旧タイヤアクアと新タイヤアクアの撮影の合間に時間が空いているので(タイヤ換装時間ね)
その点についてはご容赦下さい・・・。でも・・・・・・まあ・・・・・・しかし・・・・・・なんつーか・・・・・・
新タイヤアクア・・・超~かっこよくね?イケてね?
スタイリッシュじゃね?すんばらすぃーーーー!!!

(いや~何かボヤーっとした写真ばっかでよく分からないや・・・タイヤを強調したいのなら、もうちょっと違った撮り方あったんじゃね?←嘲笑)




















で、肝心の『使い勝手』ですが、このニュータイヤの使用を始めるにあたり
小生次に挙げる二点を気に掛け走ってみました。それは即ち

①グリップの良さ。

②転がり抵抗の少なさ。

という事。この二点はBpsさんからこのタイヤの長所と聞いていたので、密かに楽しみにしていました。『転がり抵抗が少ない=走りが軽くなる』『グリップが良い=アグレッシブな走りを堪能できる』と考え、何かもう走り出した瞬間から「これは違う!今までと全然違うッ!」とビビッと来るものがあるのではないかと思っていました。そんな期待に胸を膨らませつつ走ってみたんですが・・・・・・
う~ん・・・何かあんまり違いが体感できないなぁ・・・・



ニュータイヤ換装後初の走行となった5月27日の走行を終えてみた時の率直な感想は、上記の様なものでした。何かねえ・・・思ってたのと違うんですよねぇ・・・。自分の中の勝手なイメージではタイヤを換えた途端に走りが軽くなり、速度も2~3Kmは上がるのではないかと思っていました。しかしそんな事実は当然なく(ホイールを換えた訳じゃないですから←笑)「いつもより…気持ち走りがグニャとしたかなぁ…?」程度の印象に終わってしまった。6月2日の走行でもその印象は変わらず…。


でもね、暫く経った今だから分かるんだけど、これは当たり前の事だと思うんです。『転がり抵抗の知覚』・・・これはある程度以上の速度を平均的に出してないと分からないものではないでしょうか?小生の平均速度は多少坂がある地域で20Kmちょっと・・・平坦で停まる事の少ないCRですら23Km程度・・・。これじゃ転がり抵抗なんか分かる訳ない…。



グリップについても同じ事。つまり・・・
いつもグリップを効かせる様なアグレッッシブな走りをしてもいないのに、タイヤを換えたからいきなりそれを分かれといっても無理な相談(笑)ダウンヒルなんかアルテグラSLブレーキに頼りっぱなしやし・・・。



まあそんな訳で、2回の走行を終えても転がり抵抗やらグリップやらについてその変化を分からずにきたのですが、それでは「この買い物は失敗だった・・・違いが少しも分からん・・・」と嘆いたかというとそうでもない!この2走を終えた時、小生の中には以下の様な想いが存在していたんです。



































何かさぁ~このタイヤ
めっちゃ乗り心地よくね?超~乗り心地いいって!前のタイヤがこう・・・なんつーか・・・『コツンコツン』と安っぽく激しくバウンドしていたのに対し、ニュータイヤは柔らかくソフトにバウンドする・・・つーか、バウンドを優しく受け止めてくれるみたいな感じなんだよね~♪今まではさぁ~アクアがフルアルミバイクなもんで段差のたんびにガタガタと振動が来て、その衝撃をかわす為腕をたわませてショックアブソーバー代わりにしてきたけど、ニュータイヤになってからは道路の継ぎ目やマンホール程度の段差は明らかに気にならなくなったもんね~♪いやぁ~やっぱこのタイヤいいわ!さっすがフラッグシップモデルやね~♪

(Open Corsa Evo CXさえ出なければ、名実ともにフラッグシップモデルだったのに・・・・←怨念)



































まあそんな具合にニュータイヤの長所を見出した後、「それでは本当にこの感覚は事実なのだろうか・・・?高い買い物をしただけに(ヴィットリア Open Corsa Evo CXは自転車のタイヤとしては高いんです←笑)自分の中で『乗り心地がいい』と思い込みたいだけって事はないだろうか・・・?」との懸念が湧き上がり、それを確かめるべくある場所に行ってみたのです。その場所とは・・・・・・




































6月狂詩曲・・・その2_b0136045_141127.jpg

その場所は・・・ここだッ!久方振りの入間川CR!!
(写真がブレてて分かりにくい…申し訳ないッス…)

このCRの右岸コース(入間側から見て)がデコボコしてとても走りにくい印象があったもんで
「だったらニュータイヤ装備のアクアで行ったら、その真価が分かるってもんじゃね?」と思い
6月10日に行ってみた次第です。さあ、実際のところどうなんでしょう?ワクワクしますね~♪



































ヴィットリアOpen Corsa Evo CXの真価が問われる走行の結果は・・・走行記録の発表の後すぐ!
チャンネルは、そのまま!

(テレビ番組のCM入り前の煽り文句か~ッ!!!)



























※6月10日の走行。


★地域           入間川CR 起点終点往還

★走行距離           54.35Km

★6月走行距離         84.40Km

★年間総合距離      2024.02Km



































さあ!CMが明けますよ!入間川CRを走ってみてのOpen Corsa Evo CXの使用感は如何に!?
(無理矢理引っ張るな!)



































6月狂詩曲・・・その2_b0136045_2344454.jpg

こちらが入間川CR左岸コースの写真です。路面の舗装状態に注目して下さい。綺麗でしょう?




















6月狂詩曲・・・その2_b0136045_2373970.jpg

こちらが同右岸コースの一番酷い場所の路面・・・・・
何だかザラザラしてて、とても走りにくいんです・・・。


でも・・・この日は快適に走れました!路面状態なんか全然気にならなかったよ!やっぱ
Open Corsa Evo CXは最高ッス!小生の思い込みなんかじゃなかったんですね。以上で~す♪
(散々引っ張っといてこれだけかい!!!←嚇怒)






























続く・・・(やっぱ2話じゃ終わらないや・・・←先月の二の舞になるぞ!)
by shousei0000 | 2009-07-04 22:39 | 走行距離と短編日記


<< 6月狂詩曲・・・その3(できれ... 6月狂詩曲・・・。 >>