人気ブログランキング | 話題のタグを見る

7月奇想曲 その3

7月奇想曲 その3_b0136045_2122312.jpg

さてさて前回からの続きですが、前回の末尾に掲載したこの写真を見た皆々様方は、きっとさぞや苦々しい気持ちを抱かれ事でしょう・・・。「こいつ・・・何でこう、いつもふざけた写真を載せたがるのかねぇ・・・」と・・・。しかし誓って言わせてもらいますが、声を大にして皆々様方に申し上げますが
この写真はおふざけなんかじゃありません!小生が今般アイウェアを切に欲した理由が、この一枚の写真に凝縮されているんです!(嘘偽りは一切なし!)
それではそれは一体どういう事なのか・・・?以下その事について、綴っていこうと思います。




















7月奇想曲 その3_b0136045_2146182.jpg

まずはこちらの写真をご覧下さい。これは小生がロードバイクに乗る際の姿勢のイメージ写真です。
当然の事ながら前傾姿勢になっているのですが、この姿勢をとった状態で進行方向に目線向けると、その視界は眼鏡のレンズから上に外れてしまいます。つまり・・・な~んも見えんのです・・・。
小生視力0.01しかないんですよ・・・中学高校の頃、エロ本読み過ぎちゃってね…(なんじゃそりゃ~ッ!)




















7月奇想曲 その3_b0136045_2221770.jpg

でね、視界を確保するには、この写真の様に首を上げるしかない訳。でもこうしちゃうと・・・
首に結構負担が掛る・・・風の抵抗だって受けてしまう・・・。何の為のエアロタイプヘルメットなのか・・・・・
そこで考えたのが度付きアイウェアの購入です。レンズ面が広くて顔に密着した状態で掛けるというアイウェアならば、この『前傾姿勢をとった際の視界不良』という問題を解消してくれるに違いない!




















もう一度同じ写真を連続して載せます・・・。




















7月奇想曲 その3_b0136045_22154520.jpg

7月奇想曲 その3_b0136045_2216387.jpg

明らかに首が上がっていて、空気抵抗をもろに受けるのが分かるでしょう?小生いつもやむを得ず下写真の姿勢でロードバイクに乗っているんですが、これじゃあ何の為に基本前傾のロードバイクに乗っているのか分からない・・・。そこでそれら問題・・・つまり、視界の確保、前傾姿勢の維持、ついでに言うと、風が目に入って涙する問題を解消する為にも、アイウェアが必要だと思ったんです。



































7月奇想曲 その3_b0136045_22302265.jpg

そうした事象を端的に表したのがこの写真!先に挙げた横からの前傾姿勢写真では、小生の視線がレンズからずれているのがよく分からないでしょう?だからそれを明確にすべく正面から撮影したのですが、目がバッチリ写ってる写真をここに掲載する訳にはいかない・・・(一応プライバシーって奴がありますからね・・・ないけど・・・←どっちだ~ッ!)かといってモザイクをかけてしまうと、視線のありかがはっきりと分からない・・・。そこで苦肉の策って事で、擬似的に目を描いてみたんです。
分かる?おふざけなんかじゃないのよ!『おふざけ』とか言った奴・・・前に出ろ!歯ぁ~くいしばれッ!!いっくぞぉぉぉぉぉーーーー!!!!(殴るんかい!)



































という訳でアイウェアに本格的に興味を覚えたんですが、その購入までの道は平坦なものではありませんでした。まず・・・メンタル面での問題があった・・・。えっ?何ですか?「たかがアイウェア買うのにメンタルも糞もあるかい!」ですって?う~ん・・・そうおっしゃるあなたは、きっとお若い人なんですね・・・。小生当年とって41歳なんですが、小生の中学高校時代アイウェア・・・てよりサングラスなんですが、まあ当時は今みたいに誰もかれもがサングラスを気楽に掛けれる時代ではありませんでした・・・サングラスを掛けているのは基本外人(笑)、日本人で掛けていたのは
ヤクザか芸能人か不良少年の三種類に限られていたのでした・・・(そんな時代、本当にあったんかい!)



で、当時小生は草深い埼玉の片田舎に住んでいたもんで、ヤクザも芸能人もついぞ見る事はありませんでした。ついでに言うと、当時は外人も滅多に見る事はなかったなぁ・・・。たま~に都心(池袋か新宿限定←笑)に出た際見掛ける位で、その時は仲間と「おい!外人だぞ!」「本当だ!外人!『ハロー』って言ってみるか?」と言い合い、大騒ぎでした(またまた笑い)



つまりねぇ・・・当時小生がサングラスを掛けている人を実際に見るのは
地元でたむろする不良少年に限られていた・・・。
それでねぇ・・・まあその時の記憶がトラウマって奴になっちゃっててねぇ・・・。あ、因みに言っとくけど、小生別に不良少年に苛められたり、カツアゲくらったりした訳じゃないのよ!小生こう見えても剣道なんかやってたから結構強かったし、不良少年達からはちょっと一目置かれた存在だったのだ!
何しろ中学の番長S君とは小学校時代からの親友だったもんで、不良達には一目置かれてましたよぉ~♪
(このぉ・・・・・『虎の威を借る狐』めが~ッ!!!!)



まあそんな時代に生きてきただけに、小生の心の中には
サングラスを掛けている人=不良という、拭い難いダーティーなイメージがあったんです・・・。だから目が悪かった事もあって、その後の人生の中でもサングラスを掛ける事は殆どなかったのです・・・(一度だけ掛けた経験はある。大学時代の沖縄旅行で。チャイニーズマフィアみたいな丸眼鏡タイプサングラスでした←笑)しかしロードバイクに乗る様になってから周りのローディーさん方を見てみると・・・み~んなサングラスしてるじゃないですか!まあ若い人はそういう文化に育ってきたんだろうから許容するにしても、小生と同年輩の所謂『アラフォー世代』の人達も、恥ずかしげもなく派手なサングラスしてるじゃないですか!あれには・・・びっくりしたなぁ・・・。
「君達は不良か?恥を知れ!」と思いましたね・・・・。
(『サングラス=不良』とか思うの、あんただけ!!)



そんなサングラス(そろそろ『アイウェア』に戻そうか・・・←どうでもいい!早く終わらせてよこの話!)のネガティブなイメージが払拭されたのは、実際に現物を手に取って見てから。6月中旬位に近所の眼鏡屋でオークリーのアイウェアを見せてもらったんです。そしたら・・・・・・すんごくいい!
イチローがしてるのみたいなアイウェアが一杯~♪
(今度は『アイウェア=イチロー』かよ・・・←嘲笑)
それで惚れ込んで、その場ですぐにでも買っちゃいそうな勢いだったんだけど(笑)←笑えません! お店の人と色々話してるなかで飛び出した次の一言で、意気消沈する事となりました・・・。



































「お客様・・・大変申し訳ありません・・・。オークリーのアイウェアは、視力0.1以下の方にはお作りできないんです・・・」とか言われちゃって・・・。コンタクト併用ってのも考えたんだけど、自転車乗る度にコンタクト入れるのも面倒臭いしなぁ・・・。前にジムに通ってた時(jljlmatuさんと同じコナミでした)行く度に使い捨てコンタクト入れてたんだけど、これが中々鬱陶しくってねぇ・・・。えっ?何ですか?「そんなに鬱陶しいなら眼鏡でジム行けばいいじゃん?」ですって?ばっ、バカ言ってるんじゃありませんよあなた!眼鏡じゃプールの時外さなきゃならないじゃないですか?そうすると・・・・・・
折角の競泳水着姿イントラ女子の麗しい肢体が、拝めなくなっちゃうじゃないですか!ニへへヘヘ~♪
(いやらしい男だッ!!)



































まあそんな事があって諦めかけたのだが(『イントラ女子云々』の話は冗談ですからね!←本音だろッ!)その時思い出したのがこちらのブログで以前見掛けたカニヤさんの事。カニヤさんは自身がロードバイク乗りである三代目店主が切り盛りしている眼鏡屋さんだという。という事は・・・・・・
『自転車乗りに最適なアイウェア』という物を
じ~っくり相談できるじゃぁ~ん♪視力0.01の小生でも掛けれるアイウェアも紹介してもらえるかも~♪

しかも所在地は小生宅から程遠からぬ川越だという・・・。そこでアイウェアを購入すれば、その後のメンテナンスとか相談事とかもしやすいではないか!こりゃ~いいぞ!行くしかないッ!!!!!






























そんな訳でカニヤさんに行ったのでした。『続く』っと♪(また・・・終わらなかった・・・)
by shousei0000 | 2009-07-31 21:22 | 走行距離と短編日記


<< 7月奇想曲 その4(今回でアイ... 7月奇想曲 その2 >>