人気ブログランキング | 話題のタグを見る

休止期間中に考えた事・・・最後。

『やさぐれてしまった』のは『楽しめなかった』から・・・『楽しめなかった』のは『飽きてしまった』から・・・『飽きてしまった』のは『切れている』から・・・。6月下旬の逢魔が刻・・・ひとつの論理が完成してしまった…。(完成して欲しくはなかったんですが・・・←嘆息)



































という訳で前回からの続きですが、6月24日の走行で自身初の『やさぐれ・・・』を経験した後、小生が導き出した結論は上に書いた様なものでした。『やさぐれる』・・・本来の言葉の意味は『やさ(家)からぐれる=家出する』というもので、転じて主に若者の間で『拗ねる・投げやりになる』という使われ方もする様になったというこの言葉を、元々は小生寡聞にして知りませんでした。小生がこの言葉を知ったのは、とあるご夫妻のブログを読んでからの事。自転車好きのご主人に引き込まれる様にして自転車に乗る様になった奥様が(それで・・・よかったかなぁ・・・?)まだビギナーの頃峠とかでご主人についていけずやさぐれる・・・そんな形で出てきたと思います。『〇〇峠でやさぐれる私・・・』てな写真も添えられていました。こんな事を書いてしまうと失礼なのかもしれませんが、「可愛らしいもんだな~♪」なんて思ってしまいました(笑)←『上から目線』ではありませんよ!念の為・・・・(汗)



ただ、その一方でこうも思いました。「自転車に乗ってる時間って『最高に楽しい時』なのに、そこで『やさぐれる』ってのはちょっと不思議だ・・・」と・・・。この奥様のブログ記事を読んだのがいつ頃だったかはもう思い出せないんですが、こんな風に『楽しい自転車の時間=やさぐれる事なし!』と感じたのですから、きっと小生が『自転車に乗る事が楽しくてしょうがない♪』と思ってた頃なんでしょう。



































なのに・・・そう思ってた俺自身が今般やさぐれてしまった・・・。前回の話にもそう書いた通り、今まではそんな事絶対になかったのに・・・。もう俺の中では『自転車に乗る時間=最高に楽しい時』じゃないのか・・・『自転車から心が離れてしまっている』のか…。



































『自転車から心が離れていく』という哀しい情景・・・。それを想った時、小生はある過去のやり取りを思い出しました・・・。それは、拙ブログに初めてコメントを寄せてくれた大恩人である studio1999 さんとの、ネット上でのやり取りである。因みに・・・話が本線から逸れてしまいますが、studio1999 さんのブログは今年3月のこちらの記事を最後に更新が途絶え、夏頃にはコメント欄も閉鎖されてしまった・・・。だから小生にはかの人の近況を知る術がないのであるが、studio1999さんは今元気でいらっしゃるのだろうか・・・。こんな形でブログが中断しているのが『ブログに飽きたから』や『仕事が忙しいから』という理由であるのならそれはそれで仕方のない事なのだが、 些か不自然な中断の仕方であるのがちょっと気になる・・・。ちょっと大袈裟な考えであるのは重々承知ですが、体を壊されたり、何らかのトラブルに巻き込まれたりしたのではないかと思ってしまう・・・心配です・・・。



話を本線に戻しますが、studio1999さんがブログを更新されていた最後の時期、拙ブログコメント欄に『「自転車に乗ろう!」というモチベーションが落ち気味で・・・』『最近はミニベロオンリーで、それすらも頻度が低くって・・・』『もうロード売っちゃいそうな勢いです・・・』といった書き込みをされた事があった。まあそんな事おっしゃいながらも、ミニベロでセンチュリーライドされたりミニベロで月間1000Km走られたり、更に、驚くなかれなミニベロで1日200Km越えなんかもされてたんですねけどね(笑)ただロードの出番が圧倒的に減ったのは事実で、更にその後段々と自転車に関する記述が少なくなっていく中、小生はある時、studio1999さんのコメントに以下の様な返事を書きました。

(自ブログコメント欄を必死に探しましたが、最早どこに書いたか見つけられず・・・仕方ないので思い出しつつ記させてもらいます・・・因みに・・・それ探すのと上掲studio1999さんブログ記事捜索で1時間程潰しちゃった←笑)



















































「『自転車に対する興味が薄れていく事』・・・小生にも、いつかそんな時が来ると思います・・・」


「小生には『趣味3年周期説』という傾向があって、まあ早い話が、3年位経つと、その趣味への関心が薄れ、別の何かに鞍替えしちゃう事が多いんです・・・』


「でも・・・自転車に関してはまだ当分大丈夫そう・・・」


「只今小生、自転車に乗る事に夢中です♪」



































まあそんな偉そうな事のほほんと書いていたんだけど、今書いている今年6月末から7月上旬という時期は、小生が『四半世紀の刻を越えてサイクリストとして復活』してから丸3年以上が経過していた・・・。だから『趣味3年周期説』に沿って考えると、そろそろ『飽きがきて』も不思議はないのだ・・・。それに気付いた時、小生の中には「そんなバカな!?」という想いと「あり得る…」という想いが激しく交錯した…。



































そろそろこのシリーズ(になってしまいました・・・)にもオチを付けなきゃなりません・・・。まあ随分色々書いてしまいましたが、この時期小生が色々考え惑乱と懊悩に頭を抱えていたのは本当です・・・。で、そんな無為な時間を10日ばかり過ごした後、漸く小生はひとつの結論に至りました。「そうだ!そうだよ!!」「これでいこう♪」と思う事ができました・・・。それはこんな考えでした・・・。




















「全ては新しいタイヤが届いてからだ!それを履いて走り出せば何かが分かる筈!!」


「大体さぁ~今の妙にネガティブな状況って、走れないから(タイヤ履いてない為)から、変な方向に考えがいっちゃうだけなんじゃね?」


「スポーツ選手なんかも怪我とかで競技できない時はネガティブになるっていうし・・・」


「だからもうグダグダ考えるのはよそう!そして新しいタイヤが来たらもう一度走り出そう!」








































そう・・・・・・










そうだよ・・・・・










きっとそうなんだよ・・・・・・




































再び走り出しさえすれば、全てはきっと良い方向に動き出す・・・。新しいタイヤを履いて、もう一度全て新規まき直しだーッ!!



































この稿終わり♪但し・・・・・・
稿を改め、この手の話が次回もまだ続きます・・・。
by shousei0000 | 2010-12-24 20:27 | ロードバイクあれこれ


<< 休止期間明けに考えた事・・・(... 休止期間中に考えた事・・・続き。 >>