人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小径車への誘い…その12。

2011年3月24日13時頃、小生は夜勤明けでヨレヨレの身をBpsさんとこに現した…。

無論、前回前々回と2話をかけて説明した『ALIZE R ティアグラ化計画』を、Bpsさんに相談する為である。

ALIZE Rを購入するお金が入るのは明日25日…その待望の日を前にBpsさんに、件(くだん)の話をしておきたいと思ったのだ。

そしてBpsさんに虚栄心と取られない様細心の注意を払いながら(笑)ティアグラの件を話してみると、

「なるほど…小生さんはアクアでティアグラを使っているのだから、小径車にもそれを望んでも不思議はないでしょうね…」

「ただ、今の小生さんならお分かりでしょうけど、その改造にはお金がかかりますよ」

「STIだけで2万近くしますし、ALIZE Rはリア8速なのでティアグラ化するなら、スプロケも変えなくてはなりません」

「やはり…そう…3万位はみてもらわねばならないかなぁ~と…」

この説明は聞くまでもなく、初めから分かっていた事だった…ただ『やはりそうであったか…』と確認しただけの事だった…。

そして改めてそうと知った時、小生の中では

「まあこれはあれだ…ティアグラ化計画は『なし』だな…」

との結論がすぐに湧いた。

だってALIZE Rは68000円位の自転車なんですよ…それを3万もかけて改装するなんてもったいないじゃないですか…。

「それする位だったらいっそアクアのコンポをアルテグラ化し、それで浮いたティアグラをALIZE Rに移植すればいい」

などと考えたりもしたのだが、アルテグラともなるとSTIだけでも3万強はするもので、総取っ替えとなったら一体幾らかかる事か…。

「まあALIZE Rは、少なくともコンポはそのままで乗り始めるしかないだろうな…」

と小生は諦めの気持ちを抱いて帰宅したのだが、その夜何故か『ティアグラ 小径車』『ティアグラ ミニベロ』というキーワードで検索しまくる事になったのである(笑)



続く…。
by shousei0000 | 2011-04-05 15:22 | フェルーカ購入の軌跡


<< 俺は物語を…紡いでいたのだろう... 小径車への誘い…その11 >>