人気ブログランキング | 話題のタグを見る

チャンスの順番…その9。

今朝の投稿では…ちょっと間違った事を書いてしまったよ…。




チャンスの順番…その9。_b0136045_233910.jpg

いや…上の画像の一番上『さっしーのネットワークの広げ方』てなくだりで

>最初は5期→次いで6、7期→更に3、4期と広げていった。

と書いちゃったんだけど、3、4期生は『AKB初の研究生』という括りで後に5期生も含めて『チームB』を結成するのだら、この3~5期生はAKBに入った時期は違えども事実上は『同期』みたいなもので、故にさっしーがネットワークを広げた順番は

『同期の5期→準同期の3、4期→次いで後輩である6、7期』

というのが正解なんだ。

間違った事書いちゃってゴメン…。
(この訂正は実にどうでもいい訂正だなぁ…そんなの言われなければ気付かなかったから俺達!知っても知らなくても何ら人生に影響ないからそれ!そんな事より今後の展望を教えろ!あと何話位でこのシリーズは終わるんだ!?←あと8話は確実と思われます…←1月終わっちまうじゃねえか!←呆れ)



















チャンスの順番…その9。_b0136045_233104.jpg

一部間違いはあったものの、上掲画像の様な流れでさっしーが仲間を作っていったのは本当の事。

『構ってくれる仲間がいたからこそ輝けた』

というのも嘘じゃない。

そして次にさっしーが乗り出したのは

『未だ馴染めておらず、畏怖さえ感じる1期2期生とのネットワークの構築』

である。

まあこんな風に書いてしまうと、さっしーが『功利的で物凄く計算高い女』みたいに見えてきちゃうかもしれないから先に断っておくけど、上に書いた展開は『さっしーがそうと語った』という訳では決してない。

全て漏れの妄想である(笑)

あ”~でも待って!最後まで話を聞いて!!

確かにここまで書いた事は漏れの妄想なんだけど、さっしーがその様な事を思って行動したのは間違いないと思うんだ!

だってさっしーがAKBの冠番組に出て一定の評価が得られる様になった頃って、1期生2期生がまだまだ番組内で幅を利かせていた時代だよ?

まだまだ主力はその世代だった時代だよ?

そんな中で本当の意味で輝くには、その先輩方にもネットワークを広げて絡んでもらえる様にしなければ始まらないではないか!

まあそんな訳でさっしーはネットワーク構築の対象を上にも広げていったのだが、ここでタイミングが良かったのは、2009年8月下旬にAKB初の大々的なチーム改変が行われた事。

このチーム改変はそれが発表されたコンサート名を採って、俗に『組閣祭り』と呼ばれるんだけど、この事はよく覚えていた方がいい…必ずテストに出るから…(どんなテストだ!←また呆れ)

で、その『組閣祭り』で、さっしーは

『AKBの厳格な総キャプテンで皆に畏怖も畏敬もされているけど、トークは滑ってばっかでその時は大いに突っ込まれるたかみな(高橋みなみさん)』

『ぐぐたす上では【25歳児】と呼ばれる、美人のくせに悪戯すきでおちゃめな麻里子様(篠田麻里子さん)』

『よく【天然】と呼ばれるが、実は【天然】ではなくキャラを作っている→但しどこまでが『作っていて』どこからが『素』なのかは多分本人にも分からないこじはる(小島春菜さん)』

『そして真打ち登場!AKBの絶対的エースあっちゃん(前田敦子さん)』

といった強メン揃いのチームAに異動となった。

同じチームともなれば自然会話も増える…。


行動を共にする事が多ければ、その中で相手の長所も見えてくる…。

そんな恵まれた環境の中でさっしー前述4強メン達との交流を深めていき、併せてチームはKと異なるが『バラエティー向け』という括りでさっしーに近いところにいたみいちゃん(峯岸みなみさん)ともコンタクトをとる様になり、いつしかあれ程畏怖していた1期生ともフランクに話せる様になったのであった。





続く…。
by shousei0000 | 2012-01-28 23:00 | 雑記


<< 閑話休題。 チャンスの順番…その8。 >>