人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Let's 握手会! その16。

Let\'s 握手会! その16。_b0136045_21274030.jpg

さてさて朝からの続きですが、もしも『AXの順位発表はガチ』だとするなら、上掲じゃん・ぴえ~るさんからの指摘の点もクリアーしなきゃならない…。

即ち…『リハーサル』…。

AXの前にリハーサルがあるのは、漏れも何かの特典映像で眺めた事があった…(もっちYouTubeの類いでね←笑)

当然そのリハーサルの中には『ゲネプロ』だか『ランスルー』だかと呼ばれる『全体を通しで行うリハーサル』がある筈である。

AKBグループのメンバーだったら『それに参加する』か『ただ眺めるだけ』かの違いはあるにせよ、一度はその全体を俯瞰するであろう。

もうその時点で

『ランクインもしてない小林香菜が【私のくるくるぱーが1位だよ!】と言う筈がない』

のだが、更なる疑問として

『古い公演曲をぶっつけで踊れるのか?』

という問題もある。

もしも『AXの順位発表はガチ』というなら、AKBグループメンバーはいきなり

「第◯◯位におまえのユニット曲△△が入ったから、あと□分後にステージに出て!」

と言われる事になる。

しかし古い公演曲なんて、メンバー達も一々その詳細を覚えていよう筈もない…。

ある程度は体が覚えているにせよ、それを『ファンの前で披露できるレベルにする』となれば、何らかの『復習』が必要な筈…。

事実、大きなコンサートの前やリバイバル公演『見逃した君達へ』の時には、メンバー達は運営から必要な曲のDVDを借りて、本番に備えて『復習』を行うのだ…(そういう記述がブログやぐぐたすに出てきます)

つまり…つまり…





Let\'s 握手会! その16。_b0136045_21274124.jpg

この

『【自分のくるくるぱーが1位】と思っていたら【初日が1位】で思わず呆気にとられる小林香菜』

という姿は、あくまでも『舞台を盛り上げる為の演出』だったのだ!

小林香菜はただ『指示された仕事を淡々とこなした』だけで、本気で

「私の『くるくるぱー』が1位だよ!」

としゃしゃり出てきた訳ではなかったのだ!





Let\'s 握手会! その16。_b0136045_21274161.jpg

そう思うと…最初に観た時は

「何だこのバカは!」

「折角の『初日の1位』を汚しやがって!」

と憤りを持って観たこのバカ顔も、何だか

「………………」

てな想いで観てしまう…。

小林香菜はこの役割を与えられた時、一体どんな気持ちになったのだろう?

2009年といえば小林香菜が『おバカキャラ』として名を馳せていた頃だから、或いは

「はは、私に相応しい仕事だよ」

と思ったのかもしれない。

でも…彼女だってアイドルを志した身…。

できれば可愛らしくありたいだろうし、『おバカキャラ』がクローズアップされ過ぎるのには微妙な想いもあったであろう…。

事実、小林香菜は『テレビでバカな姿を披露し過ぎ!』って事で、父親に怒られたり、妹に『いない事にされた』といった憂き目をみている…。

しかしそれでもこの役割を引き受け

「私の『くるくるぱー』が1位だよ!」

を演じ続けたのは

『ファンのみんなに面白がってもらいたい!』

『イベントを盛り上げたい!!』

との想いから…(であろう…)






Let\'s 握手会! その16。_b0136045_21274228.jpg

鳴呼…何て事だろう…。

十女の香菜ちゃんは確かに『大バカで』『漢字も英語も読めません』なのかもしれないけど、『空気は読める』娘だったのだ…。

『全体の為に個を犠牲にする』とまで言うのはちょっと大袈裟かもしれないけれど、『イベントを盛り上げる為なら、ちょっと位の汚れ役は喜んで引き受けるよ!』てな気質の娘だったのだ…。

散々『おバカでお調子者』と思い込んできたけど、実は『普通に気遣いのできるあたり前の娘』…それが小林香菜の本当の姿だったのだ…。






続く…。
(今回の文章のもっていき方はかなり無理があるかもしれませんが、漏れがこの夜AXの動画を繰り返し観て「えっ?この『私のくるくるぱーが1位だよ』ってのはリアルじゃなかったの!?」→「とすると…こいつは『思っていた程のバカじゃなかった』って事になるな…」→「いや、むしろ『盛り上げ役』として頑張ったんだから、『普通に良い奴』でいいんじゃねえか?」と考えを変えていったのは本当です…その辺の想いを、あと2話程お付き合い下さい…←やっぱり『ベトナム化』してるじゃねえか!←締め呆れ)
by shousei0000 | 2012-06-27 21:27 | AKB関連


<< Let's 握手会! ... Let's 握手会! ... >>