人気ブログランキング | 話題のタグを見る

みたびの稜線…その7。

みたびの稜線…その7。_b0136045_22321265.jpg

え〜『さっき』からの続きです…。

『顔振峠を出て“グリーンライン完全制覇”を指して走行を再開したところ』からの続きです…。

グリーンラインは顔振峠以降は『稜線上』になり、アップダウンを繰り返しながら次第に高度を上げていく…。

そんな『稜線上の道』なのでポイントポイントに『峠の碑』があるんだけど、その最初の峠である『傘杉峠』で漏れはアクアを停めて写真を撮ったのでした…。

その様を見て

「『足着き無しでグリーンラインを完全制覇する!』みたいな事言っといてぇー!」

と皆さんが激されるのは分かるっちゃ〜分かるんですが、最初に言っておくと漏れは

『グリーンラインを足着き無しで走りきる』

なんて事は全く考えていなかったんよ(笑)

あくまでも『顔振から定峰まで通しで走る事』が目的…『足着き』とかどうでもいい(笑)

『足着き無し』を自らに強要したのは『顔振まで』であって

「その先は各々の峠で写真撮りながら気楽に行こう!」

「どっちにしたって『刈場坂』で小休止とかする訳やし…」

って思っていたんだ…『後付けの言い訳』じゃないよ(笑)

でも…結果として『そうしてよかった』…そのおかげで『命拾い』した…。

『あのまま刈場坂まで通しで走っていたら…』と思うとゾッとする…(思い出し汗)

で…それとは全く別の話なんだけど『立ちゴケ』した…(恥)

上の写真の『傘杉峠』で写真撮った後、道の左手にあった『この先のルート』みたいな表示を右足のクリート嵌めたまま見ていて、そして

「行くか…」

と思って走り出そうとしたらバランス崩して右にフラついた…。

それで慌てて右足のクリート外そうとしたんだけど咄嗟だったのでうまく外れず、ゆっくりとアクアが右傾していくのをストップモーションの様に感じつつ

「あ"…『立ちゴケ』する…」

って思ったんだ…。

そういう時の模様を綴ったブログを今まで何度か見てきたけど、ああいう時って本当に身体動かんのね…。

「『立ちゴケ』する!」

って確信しているのにそのまま倒れていく…。

『クリート嵌めていない左足で何とかしようともがいたところ』で尻もちついた…。

『アクアを抱きとめるような形』で右側に倒れ込んだ…んだったと思う…しっかりとは覚えていない…。

幸いにして人車共大事はなかったんだけど

「こんな山中で転倒してどうするんだよ俺…」

と不安に駆られた事は今でもはっきり覚えている…。














続く…。
(上記立ちゴケは『速度ゼロ状態でのもの』だったので大事なかった…でも焦った…これからは発進時気をつける事にします…『片足固定した状態でのよそ見』も『ご法度』ね…)
by shousei0000 | 2015-05-09 23:20 | アクア 走行


<< みたびの稜線…その8。 みたびの稜線…その6。 >>