人気ブログランキング | 話題のタグを見る

川越ポタ! その4。

川越ポタ! その4。_b0136045_18494720.jpg

さてさて朝からの続きですが、7月24日の11時ちょい前頃、漏れとダチの一行?は川越の街のとば口である(でもないが…)『氷川神社』に辿り着いたのでした。

ダチは日本史に造詣が深く『城巡り』なんかも嗜む人なので

「『小江戸 川越』をポタすれば楽しいのでは?」

と思ってまずは『氷川神社』から始めたのですが、予想はしていたもののダチは『川越を訪問済み』であり、川越の名所旧跡はあらかた回った事があったのでした…。

それを知った漏れは

「じゃあ…『氷川神社』詣でて『蔵造りの街』を軽く流して、んでもってどっかのカフェでも入ってさっさと帰るか?」

と思いました。

15時にはダイビング絡みの友人でダチとも旧知の間柄である『潜友』という者が来る…彼の来訪に合わせて飯を作らなくてはならない…。

それを考えると『13時』にはアパートに帰りたいところ…となると川越にいられる時間は『あと1時間程度』…。

「ほんじゃ〜サクッと氷川神社詣でますか?」

と思ったんですが…




















































川越ポタ! その4。_b0136045_18494803.jpg

『サクッと詣でる』って感じでも…なかったんだなぁ…。

モザイク掛けたから分かりにくいと思うけど、この日の氷川神社は存外混んでいた…。

初詣の時期でも例大祭の時期でもないのに境内にはかなりの人々が列を成していた…。

「は?何で?」

「今日『ただの日曜』やろうが!?」

と漏れは訝しく思ったんですが、程なく『その理由』が分かりました。

それは…
















































川越ポタ! その4。_b0136045_19162411.jpg

『これ』だ…。

境内に無数に吊るされた色とりどりの風鈴…。

いつから始まったのかはよう知らんけど、『新手の商法』っつーか『新規のイベント』っつーか…まあうまい表現が見当たらないけど、とにかく『そうした神事』が行われるようになったらしい。

川越氷川神社は『縁結びの神社』らしい…そこで『色とりどりの風鈴を購入して良縁祈願の札を吊るす』という行事を行うようになったらしい…。

中々にぼろい商売…なんて事を言ってはいけない…それだけ人々は『良い出会い』を求めているのだ…。

良縁を求める点では他者に負けじ劣らじな漏れ(笑)だけに

「漏れも風鈴吊るしたるか?」

と思ったんですが、結構混んでいたのと『風鈴1個500円』という価格に怯んでやめてしまいましたとさ(笑)

500円位で怯むな!(呆れ)














































川越ポタ! その4。_b0136045_19232498.jpg

良縁祈願の風鈴群…。

当たり前の事ですが札に書かれていたのは全て『出会いを望む』という事ばかり…書いている人の殆どが女性だったような…。

「これだけ『出会いを望む女性』がいるというのに…何故そのうちの1人でも漏れの元に現れないのか…」

なんて事をちょっと考えちゃいましたね…。

『500円を惜しんだから』なのでは?(また呆れ)


















































川越ポタ! その4。_b0136045_19484308.jpg

『こんなもの』もありました!

『あい鯛みくじ』だそうな!

『出会いたい』と『鯛』を掛けた駄洒落ですな(笑)

『1回300円』とかで

「300円なら…やるか!?(ゴクリ)」

と一瞬思ったんですが、よく考えてみたら『48歳ハゲデブ毒男な漏れ』が300円ばっかの出費で良縁に至るとは考えにくいのでやめますた(笑)

あんた何しに氷川神社に行ったの!?(三度呆れ)





















































川越ポタ! その4。_b0136045_19484447.jpg

『何もしなかった』という訳ではない…。

『肌守り』は買ったよ!

2015年の1月に漏れは氷川神社を訪れて『この肌守り』を2個と『縁結びのお守り』を1個購入した事があったんだけど、その時は珍しくソッコー効果があって、何とさるアミューズメントパークに『女子の方』と行く機会が得られたのだ!

とは言ってもその出会い?はそれっきり何の進展もなかったんだけど(恥)それでも漏れは思ったね!

「川越氷川神社は中々に霊験あらかただ…」

と…。

それで今回も『肌守り』を購入して

「ふふっ…これでま〜た何か『出会い』が〜♪」

とほくそ笑んだんだけど、あれから早1ヶ月以上が経ったけど『何の音沙汰』もありゃしない…。

何で今回はダメなんだろう…。

『肌守りを1個しか買わなかったから』なのか…。
(前回は普段使いの財布用とサイクリング時の財布用に2個買ったけど、今回は「そこまでする必要はあるまい…」と思って1個しか買わなかった…)

それとも…『縁結びのお守りを買わなかったから』なのか…。
(今回は何か小っ恥ずかしい気がして『縁結びのお守り』には手が伸びなかった…)

どっちなんだろうなおまいら…。

まあ…要するに…『みみっちいからダメだった』のでは?(四度呆れ)





















































川越ポタ! その4。_b0136045_20144488.jpg

氷川神社に併設されている『氷川会館』の中に寄りたいところがあったのでダチを伴い館内へ…。

漏れには『名古屋の叔母さん』と通称される親戚がいる。

この方は『ママン(笑)の姉にあたる方』で毒男街道爆進中の漏れ(恥)を気遣い色々話しをしてくれるんだけど、愛知県豊橋市在住の筈なのに『名古屋の叔母さん』と通称されるのは何でなんだろうね?(笑)

それはともかく(笑)その『名古屋の叔母さん』がある時漏れにこう言ったんだ。

「ゆうちゃん(漏れの愛称←恥)…大きな神社に併設されている結婚式場には『縁結びの斡旋所』があるものなのよ…」

「そこでは無料でパートナーを紹介してくれるの…そして成就した暁には『当館で結婚式を!』という寸法なの…」

「ゆうちゃん良かったらそういうところに足を運んでみたら?」

と…。

「なるほど叔母さん!それはソッコー『行き』だね!」

などと漏れは返したんだけど、モチのロンだけど『そんなところには行かなかった』…。

『薄給の介護士』だからねえ…。

『ハゲでデブな四十路男』だからねえ…。

そんなとこ行ったって『成就する』とはとてもではないが思えないじゃないですか…だから…。

しかし…



















































川越ポタ! その4。_b0136045_20144480.jpg

見てくれ!この『むすびcafe』の文字を!

これぜってー『縁結びの斡旋所』だぞ!

2015年の1月に氷川神社に来た時この『むすびcafe』に気付いたんだけど、そん時は独りだったのでビビってしまい(恥)この『むすびcafe』に至れなかった…。

でも…今回は『ダチと一緒』…ダチと一緒なら『むすびcafe』に行けるような気がする…。

それでダチを伴って『氷川会館』に凸(突入)…。

「あのう…」

「当方『48歳独身でハゲでデブな薄給の介護士』なんですけど、こんな野郎でもパートナーを紹介して頂く事は可能ですか?」

と問う気満々で…。

ところが…













































川越ポタ! その4。_b0136045_20391313.jpg

『むすびcafe』というのは『文字通りのカフェ』だったのよ…。

『普通にコーヒーとかケーキとかを供するカフェ』…『縁結びの斡旋所』なんて影も形もない…。

落胆のあまり写真を撮る気も起きずすごすごと撤退…故に上に挙げた画面キャプチャーを載せた次第…。

名古屋の叔母さん…豊橋市に住むけど『何故か名古屋の叔母さん』な名古屋の叔母さん(笑)よ…。

漏れは今回やるだけの事はやった…。

なけなしの勇気を振り絞って『むすびcafe』に凸した…しかしそこは『ただのカフェ』だった…。

つまりは『縁がなかった』という事…漏れは今暫くの間『毒男』であり続けるようだ…許して欲しい名古屋の叔母さん…。

つか…悪いんだけど…漏れもうケコーンはマジで無理かも…_| ̄|〇

こんなんマジでブログに書くなよ鬱陶しい!!!(五度呆れ)










































川越ポタ! その4。_b0136045_20391321.jpg

<おまけ>

氷川神社で見掛けたワンワン(犬)達!

ワンワンと神社の間に何の因果関係があるのかよう分からんかったけど(笑)可愛いかったから許す♪
















































川越ポタ! その4。_b0136045_20391436.jpg

ワンワン可愛いよワンワン☆

えと…『お口直し』になりました?

ならねえよ!!!!!(締め呆れ)

















続く…。
(漏れにはもう『ケコーン願望』はありません…『狭山市のアパートで楽しく飯を作って健やかに暮らす事』が最大の望み…だらしない話である事は重々承知だけど『これが本音』…何だって『こんな48歳』になっちまったかなぁ…←締めかなり恥)
by shousei0000 | 2016-08-28 20:38 | フェルーカ 走行


<< 川越ポタ! その5。 川越ポタ! その3。 >>