人気ブログランキング |

食いだおれてしまった一日…その13。

b0136045_15010811.jpg
朝の投稿からの続きをいく…。

『憎らしい程強い横綱 北の湖』を例にとって、少なくともファンにとっては『スポーツは結果が全て』ではない事を証明する…。

まあ別に証明する必要はないのだが(どっち!?←呆れ)『憎らしい程強い』という通り名の存在が既に『スポーツは結果が全て』ではない事を端的に示している…結果が全てなのであれば『憎らしい程強い』という言葉は成立しない…『感心する程強い』とか『強いからみんな大好き』とかの言い方になっていた筈…。

だが北の湖は『憎らしい程強い』と言われた…そこには『強いけど好きじゃない』とか『こいつが強すぎて逆に相撲がつまらん』とか思うアンチの存在が垣間見える…。

俺は相撲に詳しくない…北の湖の事も全く知らない…子供の頃相撲中継に北の湖が出ていた記憶はあるが、どんな力士だったかは全く知らないし、どの位憎らしい程強かったのかとんと記憶にない…。

そんな俺が北の湖を例に挙げて何かを語るのはおこがましいのだが、『憎らしい程強い』というフレーズが今俺が思っている事を語るのに都合がいいので(笑)あえてこのまま北の湖を例に挙げて語り続けさせて頂く…何を語りたいのかが段々分からなくなってはいるのだが…(恥)














































b0136045_15160505.jpg
『憎らしい程強い横綱 北の湖』というフレーズができたのは勿論その強さが故であったんだけど、それだけではなく『北の湖に負かされる力士達のファンの怨嗟の声』がその背景にあったらしい。

この時期角界には魅力的な力士が一杯いたみたいなんだけど(俺は相撲を見ない子供だったから全く記憶にない…)北の湖が強いもんだからそれら力士達が次々に負かされてしまう…北の湖は今の白鵬みたいな常勝横綱では必ずしもなかったらしいんだけど、要所要所では勝つもんだから『常に強い横綱』という印象になる…らしい…ウィキペディアとかにそう書いてあったから多分そういう事になる筈…(調べますた←笑)

つまりは『他力士のファンにとっては堪らない存在』であり、それ故繰り返し挙げている『憎らしい程強い』というフレーズができた訳だが、『スポーツは結果が全て』ならこのフレーズ成立せんでしょう?『結果を出している北の湖』が全ての相撲ファンに愛され『結果を出せずにいる他力士』は相撲ファンに愛想を尽かされる…そういう風にならなくてはならない筈…(極論を書いているのは承知…)

でもそうはならなかった…『強すぎる北の湖』はその強さ故『憎らしい程強い』と評され、『北の湖に敗れる事が多かった他力士達』のファンは依然として存在し、そのファン達はテレビ中継などを観て

「くそう…北の湖が強すぎてつまらん!」

「北の湖さえいなかったら…」

「北の湖が全盛期のこの時代に俺のファン力士が重ならなければ…」

なんてボヤきをしていたのだろう…うほっ!『たら』『れば』言ってんじゃん(笑)

偶然にも『たられば問題』まで解決してしまった訳だが(『偶然』ではなく『わざと』です!上の文章はわざとここに持ってきました←笑)やはりスポーツに於ける『結果が全て』『たらればは禁物』というのは、少なくともファンにとっては『違う』と思う!

『結果』が出ればそれはファンとしては嬉しい限りだけど、『結果』が出なくても愛すべきチームやアスリートはいる…『いつか強くなるその日』を夢見て推し続けるファンもいる…。

『たられば』なんてむしろ言いたいよね?

自分の贔屓のチームに欠けているタイプの選手を脳内で他チームから引っ張ってきたり(笑)或いはいっそ妄想で作って(笑)贔屓チームを補強する想像…誰だって一度はした事あるだろう?無論俺だってある(笑)

「あん時◯◯だったらなぁー!」

「あの場面で◯◯してれば…」 

というのは試合が終わった後のスタジアム近所の飲み屋でファン達がよく言っている台詞だと思うよ!俺自身何度も言った事があるから間違いない(笑)

俺なんかご丁寧に

「『たらればは禁物』なのは分かるけど…あの時◯◯だったら…」

とか

「『結果が全て』なのは無論の事…でも…」

とか但し書きを付けて言ってるよん(笑)

つまりは、少なくともファンにとっては『結果が全て』ではなく『過程が大事』で、『たらればは禁物』でもなくて『たられば言わせろよ!』というのが真実!異論は認めねえ!!(豪語←笑)







































b0136045_15584188.jpg
『長い語り』になりました…(恥)

ぽまいらはもうこの語りの発端がどこにあるかとっくに分からなくなっていると思うので(笑)改めて説明するが(恥)LS北見が平昌オリンピックで銅メダルを獲得した後、インターネッツ(笑)には上の画面キャプチャーのような罵詈雑言?が溢れたのでした…因みに上の画面キャプチャーのは3月3日に拙ブログに書いた本シリーズの『その5』から引いてきたもの…。

『吉田知那美選手を戦力外にした道銀』『藤澤五月選手を放出した中電』が『結果を出せなかったチーム』として酷評され、『その両者を獲得してうまく融合させたLS北見』が『結果を出したチーム』として礼賛された…そんなインターネッツ(笑)の風潮…。

それを見て俺は違和感を覚えた…『LS北見が礼賛される事』はいい…でも『道銀や中電が酷評される事』はどうなんだろう…。

勿論ファンは何を言ってもいいんだけど(という事をここまで書いてきた!つもり…)カーリングって『狭い世界』みたいなんだ…AKBヲタ用語で言えば『村』みたいなもの…。

LS北見なんかそれこそ選手全員が北見の出身だし、フォルティウス(道銀)だって実は皆北見の出身者揃い…中電は知らん…(まだ調べてない…)

極論するとカーリング女子の世界は『北海道は北見市(主に常呂町)出身のカーラー達が離合集散して己の夢を追っている』という構図になる…その夢を叶える為の方便として古くは『チーム青森』が発足し、次いでその流れは『北海道銀行フォルティウス』や『LS北見』に引き継がれた…。

その意味でフォルティウスとLS北見は『姉妹みたいなもの』なのだ…夢を追う為に両チームの採った策は分かれ明暗も出てしまった訳だが、『より強く、より高みへ』という想いを抱いて取り組んだのは両チーム共変わらない…でもインターネッツ(笑)ではLS北見は『善』でフォルティウスは『悪』という風潮が吹き荒れた…そこまで言われなくてはならない事なのだろうか…。

そんな風潮のインターネッツ(笑)を見ていたら何かモヤモヤしてきて、そのモヤモヤを少しまとめようとしてブログを書き始めたらこんな大長篇になってしまったと…まあそんな感じで…(恥)

ここでちょい補足…。

さっき自分が中電カーリング部のメンバーをよく把握できていない事に気付いて(恥)今さっき軽く検索してみたら…中電って『長野出身のカーラーで固められたチーム』なのね!

かつて藤澤五月選手が在籍していたから

「あそこも…結局は『北見出身者がコア』なんだろうな…」

と思っていたけど全然違った!現存メンバーでは一人だけ青森出身者がいるけど、それ以外の4名は全員長野出身者だった!『地域に根ざしたクラブ』だった!!

この『一名だけ青森出身者』(石郷岡葉純選手)というメンバーに何となくピピンときて

「もしや…」

と思って検索してみたら…『やっぱり』だった!

>小学3年生の時参加したカーリング体験会に於いて、ゲストとして招かれたチーム青森に所属する小笠原歩に感銘を受け、中学進学後から本格的に競技に取り組んだ。

と書かれていた!

つまりはこの選手も『デリング (小笠原歩選手)に導かれし者』になる訳で

「カー娘の世界ってやっぱ狭いな〜♪『村』やな〜♪」

と何故かルンルンした(笑)

これでまた俺のカーレベル(カー娘にまつわる知識のレベル←笑)上がった!『中電は長野出身者のチーム』と知ってますます興味出てきた!

『平昌でスターダムになったLS北見』

『復権を虎視眈々と伺うフォルティウス』

『「カーリングは北海道だけじゃない!」と証明したい中電』

という三つ巴の構図に胸が熱くなる…これに加えて昨日まで世界選手権を戦っていた『チーム富士急』もいるのだから『平昌後のカーリング女子界の覇権』を巡る戦いは熾烈なものになるだろう…。

チーム富士急は『どんな傾向のチーム』『どこの出身者が多いか』がまだ分からない…さっき調べてみたけど(笑)よく分からなかった…。

でも…きっと近いうちに分かるようになると思う…』インターネッツの力』で分かるようになると思う(笑)

上記4チーム他で争われる次のシーズンが楽しみ…カーリングのシーズンってどんな形で開催されるかまだよく分からないけど、これもきっとそのうち分かるようになると思う…『インターネッツの力』で分かるようになると思う(笑)

LS北見フィーバーでカーリング人気が上がりはしたけど、シーズンに入っても多分地上波でのテレビ中継はあんまないと思う…でもこれはあんま心配していない…。

どこかの誰かが多分つべに動画挙げてくれるだろうからだ〜いじょ〜うぶ〜(笑)

まあ結局のところ俺の中のカーリングブーム(笑)は全て『インターネッツ頼り』なんだけど(笑)今回『フォルティウスや中電が悪し様に言われている事』を通じてインターネッツ(笑)で色々調べて詳しくなれてよかったよ!

勿論『先日まで開催されていたミックスダブルス日本選手権』も観た!

『藤澤選手とペアを組んだ山口選手の男らしさと雄叫びと、それでいて割と繊細な気遣い』に惚れた!

「抱かれたい…」

と思った(笑)

『3月21日に北見市で開催されたLS北見のパレード』も観た!

割とショボいトラック(失礼!)に乗って軒の低い街を巡るパレードで

「うん…まあ何つーか…『田舎』だな…」

と思った…良い意味で思った…(本当やでー!)

『手作りのパレード』って感じで(事実そうだったのだろう)ほっこりした…あのメンバーはああいうのが似合う…『巨大なバスタイプの車で銀座を練り進むパレード』はあのメンバーには似合わないし望みもしないだろう…。

まあこんな感じで俺の中のカーリングブーム(笑)はまだ続いているんだけど…この期間中インターネッツ(笑)で色々調べていて一番よかったなと思ったのは…








































b0136045_17302366.jpg
『これを知れた事』だったな…。
(歩と弓枝の胸熱な関係性…)



















続く…。
(『大学クラブ同期との飲み会』にいてきま〜す…『二日連続の飲み』…た、体重がァー!!!←悲鳴)

by shousei0000 | 2018-03-24 17:31 | アクア 走行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/28208693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 食いだおれてしまった一日…その14。 食いだおれてしまった一日…その12。 >>