人気ブログランキング | 話題のタグを見る

意外なデビュー戦…最後?(笑)

意外なデビュー戦…最後?(笑)_b0136045_19475594.jpg
「頭から水…かぶりてえな…」

うだるような暑さの中最早フェルーカRのクランクを回すだけのマシーンと化した俺(この表現やっぱかっちょえー♪←そうでもなくね!?←呆れ)は『いつものコースの本線』を進みながら考えた…。

上の写真の位置(畑不動尊を左に出て本線に乗ったところ)は既に過ぎた…『山王峠への分岐』を越え『パンダサイドカーのところ』を過ぎ『バーディー坂への分岐』を素通り(笑)した後もひたすらに

「頭から水…かぶりてえ…」

と呟いていた…。

『頭から水をかぶる』…頭に限らず『首の後ろに冷水を浴びせる』…これなん『ローディーさん方の夏のしのぎ方』…。

人間は変温動物ではあるが、極端な暑さの中ではさすがにその体温調節も効かなくなり身体に支障をきたす…それを避ける為にローディーさん方は時として『頭から水をかぶる』…。

その為に夏場のローディーさん方はボトルを2本用意する…1本は飲用の物…もう1本は身体を冷やす為の水が入っている物…所謂『ダブルボトル』ってやつ…。

だが俺はこの『ダブルボトル制』を採ってはいない…ツールボックスにボトルケージのひとつを割かなくてはならないので『万年ワンボトル制』できている…。

ローディーさん方は山の中を何時間も走ったりするので『緊急時の冷却水』を必要として『ダブルボトル制』を敷く…俺はそんなに何時間も山の中を走らないので(恥)『緊急時』など考える必要もなく(恥)『ワンボトル制』で済んできた…(恥)

だが今日(昨日ね)は…暑い!途方もなく暑い!身体を冷やしたい!文字通り『頭を冷やしたい』!!

「みじゅをかゆえるちょころは…」
(水をかぶれるところは…)

とピノコのような口調で考えた時(笑)俺の視界前方に『みじゅをかゆえるちょころ』(笑)が現れた!

俺は矢も盾もたまらず『みじゅをかゆえるちょころ』(笑)にフェルーカRを滑り込ませた!











































意外なデビュー戦…最後?(笑)_b0136045_20105359.jpg
こちらがその『みじゅをかゆえるちょころ』…(笑)即ち『成木支所』…本来は『成木市民センター』と呼ばれるところなのだが、旧称である『成木支所』の方が何となく格好良いので、俺は今でもここを『成木支所』と呼んでいる(笑)

ここは我がアパートからちょうど20km位の地点で『山岳コース』への起点なので(ピークで標高300m程度の『山岳コース』←笑)普段の俺であればこんなところで休憩などしない…『殆ど素通り』だ…トイレを借りる為に2回位入った事がある程度…。

でも今日(昨日ね)はみじゅをかゆいたかったから(笑)ここにピットイン…トイレがあるんだからそこの洗面台でみじゅがかゆえる…(しつこい?←笑)

ヨタヨタと建物に入りトイレに直行して俺は唸り声を上げた…トイレの洗面台に『石鹸水的なものを入れるプラスチックの容器』があって、それが邪魔で頭を洗面台に突っ込めない…ダイレクトにみじゅがかゆえない…(しつこいですよね…次から戻します…)

仕方ないので『手で水を掬いそれを頭や首筋にかける』という形で対応する…そんなんでも身体は冷えたし俺は人心地ついた…。

俺は蘇ったのだ…。











































意外なデビュー戦…最後?(笑)_b0136045_20245724.jpg
これ…この『石鹸水的なものを入れるプラスチックの容器』さえなければ頭を洗面台に突っ込んでダイレクトに水をかぶれたんだけどなぁ…という写真(笑)

とにかく成木支所のトイレ洗面台の水で俺蘇りましたわ!

蘇った以上もうここには用は無い!

さぁー!サイクリングの再開です!!






































意外なデビュー戦…最後?(笑)_b0136045_20284513.jpg
あ、いや、『嘘』だ…すぐにはサイクリング再開しなかった…。

休憩した…つか『寝た』…(恥)

まあ『寝た』ゆうのは半ばネタで(笑)15分程微睡んだだけなんだけど(上の写真参照←笑)それを含めて『小一時間程の休憩』をしてしまった…つまりは『大休止』…(恥)

ここまでの走行距離はさきにも書いた通り『20km』というところ…『たった20kmで大休止』…ま〜たやっちまったぜ俺…_| ̄|〇

『たった10kmでソルティライチ』(駿河台大学の屈辱)に引き続き『たった20kmで大休止』…このサイクリングは一体どこに向かっているのか…(恥)

早く出発したかったんだけど、『あの暑さの中にまた戻っていくのか…』と思うと中々腰が上がらす(恥)『ハァ…』『ハァ…』と溜息をついて全然出発せず(恥)時間だけが過ぎていった…そしてその時俺の傍らには『2人の少女』がいた…。

『小学校上級生位の少女』が2人…成木支所ロビー?の丸いデスクに就いて2人で夏休みの宿題らしきものを一緒に解いている…。

俺はその少女達の左隣りのデスクに就き『ハァ…』『ハァ…』と溜息をついていた…(笑)そして中々出発しなかった…。

時計は見ていなかったけど体感で小一時間が過ぎつつある事を感ずる…『少女達の傍らで小一時間溜息をつきながら中々出発しないおやぢ』…その存在は成木支所のスタッフさんにはどう映るのか…。

昨日は土曜だったので『事務所的なところ』はクローズしていて『受付的なところ』におぢさんが一人…『図書室的なところ』にも誰かいたようだけど(司書さん?)俺の視界からは見えない…即ちあちらからも俺は見えない…。

『受付のおぢさん』からは俺が見える…『小一時間に渡って少女達の傍らでうずくまるおやぢ』(俺…)をそのおぢさんはどう捉えるのか…。

「何かあぶねえなあのおやぢ…」

と…そう捉えるのではないか…『ある種の少女愛好家』と…そう捉えられるのではないか…。

「あと5分経ってこのままだったら…『職質』するか…」

「いや…ああいう輩は何するか分からないから自分で注意するのはヤバいかも…警察呼ぶか…」

と思っているのではないか…因みに成木支所から歩いて5分位のところに『成木駐在所』がある…。

「これは…『タイーホの危機』!?」

と思った俺は弾かれたように立ち上がり(笑)そしてそそくさと準備をすると大慌てで成木支所を後にしたのだった…何も悪い事はしていないんだけどね…(哀)











































意外なデビュー戦…最後?(笑)_b0136045_21061839.jpg
成木支所の出がけに撮った写真…。

「何ィーッ!?成木には1700人もの人が住んでいるのかァーッ!?」

「な、何ィーッ!?男女比がほぼ同等!?ここええ村や♪」

と思いながら撮った…まあ『村』ではないんだけどね(笑)

かようにして俺は愛する成木(『よく行くエリア』程度に取って←笑)で『タイーホの危機』に陥りかけた…今更だけど『タイーホ』というのは『逮捕』のネットスラング…。

よって俺はこの件を『成木タイーホ未遂事件』と呼ぼうかと思ったんだけど…それだと何か生々しいのと(悪い事は何ひとつしてませんゼ!←大強調!)『駿河台大学の屈辱』と言葉的に関連しないので(何故関連させる必要があるのか…)その辺を勘案してこの件を『成木支所捕囚事件』と呼ぶ事にした…。

中世ヨーロッパの歴史的事件である『カノッサの屈辱』と『アヴィニョン捕囚』(またの名を『教皇のバビロン捕囚』と言う)…それとリンクして『駿河台大学の屈辱』『成木支所捕囚』と呼ぶ事にした…俺ってあったまいい〜♪(笑)

あったまいい〜かはともかく(笑)『語呂の良さと名称の格好良さ』から『駿河台大学の屈辱』『成木支所捕囚』と呼ぶ事にした(笑)別に成木支所で捕囚になった訳ではないけど(そうなる前に逃げましたゼ←笑)『囚われの身のように中々出発できなかった』というところから『成木支所捕囚』という格好良い名称を思い付いた!(自画自賛←笑)

まあ実態としては別に格好良くないんだけどね…『たった20kmで大休止』だからね…『たった10kmでソルティライチ』(駿河台大学の屈辱)と並んで『ダメダメサイクリングの総天然色の見本』…(恥)

「夏の暑い盛りに『昼近い時間発のサイクリング』はやっぱダメだなぁ…」

と思いながら成木支所を発ちました…って…これ毎年思っている事!(笑&恥)












































意外なデビュー戦…最後?(笑)_b0136045_21313362.jpg
成木支所前の成木川ではファミリーが水遊びをしていました。

「おお!そうだった!この川水遊びできるんだった!!」

「次にヤバい時があったらこの川でしのぐ事にしよう!」

と思いました。

今度ヤバい時があったら…その時はここでみじゅをかゆいまちょうね〜(笑)

でも…ファミリーがいる時に俺が独りでそれをやったら…やっぱ『タイーホされる事案』かも…(すぐそばの成木駐在所から駐在さんがやってくる…←汗)







































意外なデビュー戦…最後?(笑)_b0136045_21364409.jpg
そして…『山岳コース』へ…(ピークで標高300m位の…←笑)

ここまでのサイクリング『ダメダメ続き』でした…。

折角のフェルーカRのデビュー戦なのに『ウェアーや靴がしっくりこなかったり』『駿河台大学の屈辱』だったり(恥)『成木支所捕囚』だったりと(恥)ダメダメ続きだった…そしてまだ20km少々しか走っていない…。

「せめて…せめて『榎峠』に行こう…」

「あそこに行けばこのサイクリングが『意味のあるもの』になる筈…」

そう思った俺は『新吹上トンネル』からエスケープしたい気持ちを振り払って(笑)『山岳コース』に分け入っていったのでありました…『ピークで標高300m位』だけどネ♪(このネタしつけえ!!!←締め呆れ)
















続く…(終わらんかった…_| ̄|〇)

by shousei0000 | 2018-07-15 21:45 | フェルーカ 走行


<< 意外なデビュー戦…最後…にはな... 意外なデビュー戦…続き。 >>