フェルーカRのご紹介♪ あ“〜終わりたい(笑)

b0136045_05493377.jpg
在りし日の3400系ソラのSTIの写真…『親指シフト』と呼ばれる所以である『ポッチリと飛び出したギアを重くするスイッチ?』の存在が分かるだろうか…。

3400系ソラはこの親指シフトが故にか『タッチの違い』というものを感じなかった…フェルーカを購入した当時アクアで使っていた『4500系ティアグラのSTI』に比べてどうとか思った記憶がない…。

ブレーキに関しては硬さを感じたような気もするが、あの頃(2011年4月頃ね)のアクアのブレーキ本体は『エビちゃん』で(アルテグラSLね←笑)フェルーカに付いていたのは『元カノ』だから(デフォルトのテクトロをやめてティアグラにしてもらったのだ!)

「そら『今カノ』に比べれば『元カノ』は些か色褪せて見えるわな〜♪」

と思って(笑)『硬さの問題』を深く考えようとはしなかった…『そういうもの』位にしか考えなかった…。

それに対して、今回長々と書いている(恥)『R3000系ソラSTIの動作としての硬さ』ははっきりと感じる…親指シフトでなくなって6800系アルテグラSTIと操作が一緒になったからこそ『その違い』をまざまざと感じる…。

何度も同じ事を書くけどあくまでも『タッチの差』である…『ギアが滑らかに変速するとかしないとかの話』ではない…そこはそんなに変わらない…と思う…。

でも『タッチ』は違う…昨日アヴァンでサイクリングしたんだけど、アヴァンに装備されている6800系アルテグラSTIの『ギア操作のカリッと感』『ブレーキ操作のフニッと感』は『やはり』だった…。

「ソラとは違うのだよ!ソラとは!!」

とランバ・ラル張りに吠えた…(笑)

アヴァンの6800系アルテグラはもう3年近く使っているから『あそび』が出ていて、それで新品であるフェルーカRのR3000系ソラに比べて『カリッ』とか『フニッ』とか感じている可能性もあるけど…それゆうたら『6800系アルテグラが新品だった頃』にそうした硬さとか感じなかったもんなぁ…そういう違和感?を覚えた事は確かなかったよなぁ…。

電車が職場駅に着いたので今はこれで失礼する…。
















続く…。

by shousei0000 | 2018-08-17 06:16 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/28570590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< フェルーカRのご紹介♪ きょ、... フェルーカRのご紹介♪ 終わり... >>