僕は豚だ! その15。

b0136045_19435812.jpg
『ツヤホル煮込み』は旨かった!

一般に『豚モツの煮込み』というのはシロ…つまり『小腸』を中心にしたものだと思うが、上の写真のペリーニのバーベキューでのツヤホル煮込みは『色々な臓物が一杯入っているもの』なので更に旨い気がした!『何とも言えない旨さ』だった!

僕は2杯目で(おかわりしたから←笑)ペロ君は一杯目のそれを互いに食いながら僕はペロ君に話し掛けた。

「旨いだろうペロ君!そらそうさ!何せ『ツヤホル』(新鮮な豚ホルモン)だからな♪」

「でも…旨いからって食い過ぎにはご用心だぜペロ君…この後いろんな肉がわんさと出てくるから、アンティパストのこの時点で食い過ぎると肉までもたないぞ(笑)」

と…。

『アンティパストを食い過ぎると肉までもたない』…これは去年の6月ペリーニのバーベキューに初めて参加した時に他のお客さんが言っていた言葉の受け売り…。

その言葉を聞いた時

「オラはでえじょうぶだ!」

なんて悟空みたいに思ったんだけど(笑)アンティパストのセルフ盛り合わせをガッツリ2皿食ったら本当にキツくなった…『肉を諦める』という事にはならなかったが、東條シェフの隠し球パートIIであった『パスタパエリア』は満腹のあまり諦める事になった…アンティパスト恐るべし…。

だからこの警句?をペロ君に言った…『アンティパストの食い過ぎ注意!』といっても僕はツヤホル煮込みをおかわりしているのだが(笑)とにかくペロ君にはそう言った…。

そしたら…僕らのテーブルの左斜めに『お子さん連れのご家族』が2組いたんだけど、そのご家族のお子さんがアンティパストをワシワシ食べているのをご家族のお父さんが軽く制止し

「おいおいおまえ達…それ食い過ぎると肉までもたなくなるぞ…」

とおっしゃり、そして我々の方を向いて

「ですよね?」

とおっしゃり微笑まれたのだ!

分かるよな?『そちらの警句を引用させてもらいました』という意味での『ですよね?』…『教えてくれてありがとうございます』という意味での微笑み…。

前述した通り僕の警句?は『最初に参加した時の他のお客さんの受け売り』だった訳で『オリジナル』ではない…なのに『先達!ありがとう!!』みたいな目線を頂くとはおこがましい上に気恥ずかしい…。

だからちょっと慌てて

「あ、いや…何か知ったような事を言ってすみません…」

「最初に参加した時に他のお客さんがそう言っていて、実際にアンティパストを食い過ぎたら肉の時点でキツくなったので言っただけで…」

というような事をそのお父さんに言ったら、そのお父さんは僕に向かって

「バーベキューは今回で何回目なんですか?」

と尋ねられ、3回目である旨伝えると

「3回も!私は今回が初めてなんですよ!」

とおっしゃられる。

「自分は『お子さん連れのバーベキュー参加者』を初めて見ました。お子さん料金ってお幾らなんですか?」

と今度はこちらから質問すると、そのお父さんは苦笑して

「分からないんです子供の参加費…東條さん何も言わないんだから…」

とおっしゃる…その言葉の中の『東條さん』の言い方から、そのお父さんが『ペリーニのそれなりの常連さん』である事が分かる…俺クラスにもなると『東條さん』の言い方ひとつで『シェフとの距離感』が分かる…『人間スカウター』と呼びたければ呼ぶがいい…(笑)

ちょっと『Lien』(東十条の魚の旨い居酒屋さん…ぽまいら覚えてる?)にいてくるので今はここで筆を置く…『筆』ゆうてもiPhoneだけどな(締め笑い)



















続く…。

by shousei0000 | 2018-08-25 20:30 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/28607932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 走らないと太る病…(ここ暫くの... 僕は豚だ! その14。 >>