機位を失った理由…(9月17日の走行の正伝)

昨日は久々の『フリーなサイクリング』でした♪

えっ?何ですか?

「サイクリングに『フリー』とか『フリーじゃない』とかあるの?」

ですって?

あるんだよそれが…ここ暫くの走行…特に直近の3走が『フリーじゃないサイクリング』だった…。

『目的があってそこに行く走行』…それが『都心』だったり『田舎ではない都下』だったりしたから『楽しいサイクリング』というのとはちょっと違った…有り体に言って『よく停まるサイクリング』だった…。

特に『都心』に行った時が酷い…下手したら3分に一度は『信号停止』…車の交通量も多いから気が休まらない…。

サイクリングの魅力のひとつは『無我の境地』になれる事…『ランナーズハイ』ならぬ『サイクリストハイ』とでも言うべきか…。

走っている最中に段々テンションが上がってきて、やがてそれが『テンションの高い鎮静状態』になる…『テンションの高い鎮静状態』というのは変な言葉だがサイクリングをする人にはこの言葉が分かって頂けよう…。

俺がサイクリングするエリアは基本田舎だから、ある程度走ると交通量が少なくなる…CR(サイクリングロード)なら『他者は絶無な状況』も珍しくない…。

そんな周りを注視しなくていい状況の元(注意は払っていますよ!←強調)『サイクリストハイ』な瞬間が訪れる…『無我の境地』…半ばポーッとしながらただひたすらにペダルを漕ぐ…。

まあ『無我の境地』『ポーッとしながら』ゆうても結構考え事とかしているんだけど(笑)『淡々とする時間』というのが至極気持ちいい…『無になる』とでも言うべきか…。

『都心でのサイクリング』はしょっちゅう信号停止するし車の交通量も多いので『サイクリストハイ』になれない…『無我の境地』になんかなっていたら事故っちゃう…。

そんなサイクリングをここ3走程していて、漸くその必要がなくなったのが『昨日のサイクリング』…だから俺はこれを『久々のフリーなサイクリング』と呼び楽しみにしていた…。

「よーし!今日は久々のフリーなサイクリング♪」

「『サイクリストハイ』になるゾー!『無我の境地』に陥るゾー!!」

と呟きながら俺が向かったのは…

















































b0136045_09132517.jpg
『ここ』だった!

かなり久し振りだゼ入間川CR〜♪

「『久し振りのフリーなサイクリング』とか大袈裟に言っておいて結局『CR』!?」

「『いつもんとこ』じゃねえか!」

とぽまいらは呆れるかもしれないが、『いつもんとこ』だからいいんだよ…何も考えずただひたすらにポーッと走れる…。

前述通りCRは『他者が全くいない』或いは『殆どいない』という状況になる時がある…『サイクリストハイ』『無我の境地』にはうってつけなのよCR…。

だが…誠に残念な事に昨日のCRは『サイクリストハイ』『無我の境地』とは程遠い状況だった…。

何故なら…って、ありゃ〜これからってところなのに電車が職場駅に着いちゃった…(締め無念)


















続く…。

by shousei0000 | 2018-09-18 09:21 | アヴァン 走行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/28665332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 機位を失った理由…続き。 機位を失った…(9月17日の走行) >>