服買うたやで! オーラス(笑)

b0136045_08425420.jpg
実はこのシリーズ物(になってしまった…←哀)はもうそれ程語る事は残っていない…。

このアウター(ジャスコにて2980円←笑)が『マントっぽい事』と『北斗の拳を始めとした漫画やアニメで昔良く出てきたファッションっぽいもの』である事を前回までに語った…基本それで終わり…。

『それで終わり』なのだが…













































b0136045_08472960.jpg
もうちっとだけ続けようかな?(笑)

俺のアニヲタ晩年期(恥)でDCブランド全盛期だった1988年位に流行っていたコートが『こんなん』!(上の画面キャプチャー参照)

こういうぞろっとした丈の長いウール地の?オーバーコート?が実に流行っていた…俺も持っていた…正規のDCブランド?のものではなかったけど結構高かった記憶…4〜5万位はしたんじゃないかな…。

俺が買ったのは『黒』で『ダブル』でそれこそ『マントっぽかった』…今で言うと『厨二病をこじらせた者が着るっぽい服』だった…(思い出し恥)

『そういう時代だった』と言うしかない…『服に着られている感がする若者』が大勢街を闊歩していた…嗚呼懐かしきバブル時代…(正確にはよく知らんのだが…)

それはともかく…










































b0136045_08582633.jpg
俺は今回こういう『マントっぽいアウター』を買った…パンツ(ズボン)を買うのが主目的だったのに、吊るしてあったこれを見てビビッときて買った…松田聖子もビックリだ…(笑)

袖があるので『マント』ではない…それは分かっている…。

だが…

















































b0136045_09011383.jpg
首元にひとつだけあるボタンでこう前をとめているのが…



































b0136045_09021032.jpg
マントっぺー!!!
(映画『北斗の拳』より…この画像ちっちゃかったのね…見にくくてスマソ…)





















































b0136045_09035300.jpg
一点で前をとめているけど実は『ブワサッ!』と開く感じが…














































b0136045_09050336.jpg
マントっぺー!!!
(フィギュアの画像でスマソ…これは…『金色のファルコ』かな?)

まあそんな具合に、俺は今回買ったアウターを『マントっぺー!』として楽しんでいる(笑)既に2980円分の元を取った感じ(笑)

このアウターは思っていたよりは厚手だったんだけど(先日の超〜変態勤務明けは暑くて参りましたわ…)最大にみても『11月中旬位』が限界…それ以降は寒さが増してもう着れないだろう…。

それまでは楽しみたいなこのアウターを…マントっぽく着こなしたいな…『ブワサッ!』って感じにしたい…。

えっ?何ですか?

「『ブワサッ!』って…どんな感じだよ!?」

ですって?

そうね…言葉で言い表すのはちょっと難しいけど…














































b0136045_09122516.jpg
画的に言い表すと『こんな感じ』かなぁ…(先程狭山市駅の便所にて激写!←笑)


















































b0136045_09141673.jpg
こんな感じでないか〜い?
(久し振りにのロコソ的に言い回し←笑)





































おしまい(笑)
突如終わってスマソだけどもうこれ以上書く話でもないもんで…終わりにさせてもらいます…ご静読?ありがとうございました!

by shousei0000 | 2018-10-08 09:15 | お気楽狭山市ライフ(笑) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/28713582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tricolore at 2018-10-09 14:09 x
 マントは大山トチロー(とわかりにくい例を挙げる、笑)が着用していたものを考えると、シーツのような一枚ものでも成り立ちます。というか、私はビンボーな生まれなので寒いときに毛布をあんな感じにかけてました。おそらく西部劇のマントもあんな感じです。着用の仕方は右利きの場合、布の右側を前から右肩にかけます。次いで身体の前面側を覆って、背中を回し、前に回してきて、残った布を左肩にかけます。もし布の長さが足りないときは、左側を優先してスタートの位置決めをし、スタートの位置の端っこを内側から(たぶん正しくはボタン等ですが)クリップなどで留めます。こうすることで右腕が出しやすくなります。
 売ってるものはコスプレ用ばかりで、赤黒ばかりですけど、おそらく西部劇のころは幌布(今でいうデニム)な地で、色はおそらくカーキ色か、藍染な色が多かったのではないかと思われます。あるいはコートになる前のモノなのでオイルドジャケットみたいな感じな質だったと想像されます。ホンモノ志向で行くなら一枚布から作成したほうが早いようにも思います。というか、そういう経験をするようなビンボー人はもうあまり多くないような気がします。
Commented by shousei0000 at 2018-10-10 09:41
>tricoloreさん。

実名晒しますやでー!三日物語猊下!!(実名ではないか?←笑)
『トチロー』が分かりにくい?
ノンノン!よう分かりますやでワオ(出た!)には〜(笑)
『銀河鉄道999』を主戦場にし?『松本零士氏の作品』にそれなりに通じている俺?にとって『トチロー』は全く難解ではない…安堵めされよ…(笑)
猊下が書いてくれた『マントに纏わる詳しい解説』は一旦置くとして(置くんかい!?←呆れ)『僕がイメーするマント像』ゆうのは『貧しいからとりあえずありあわせの布を身に纏ってマントにした』ゆうよりは『貴人が貴人文化に従ってマントを纏った』ゆうものになる…そうなると猊下が書かれた通り『山高帽』や『皮のブーツ』も必要になる…。
『山高帽』は一旦置きますが『ブーツ』はありかも…『リアルなブーツ』ではなく『カチャカチャと鳴るサイクリング用のシューズ』なら『ブーツの代わり』にはなる…『クリートが地面を叩く音』である『カチカチゆう音』は『貴人っぽさ』を醸し出す…『自転車公』やら『サイクリング男爵』なるフレーズが浮かぶ…。
そんな想いから(どんな想い?←笑)『マントっぽいアウター』を大事にしたいとは思うんですが…さぁて…どうなんでしょう?

それでは!


<< 走らないと太る病…その17(ま... おばあちゃん…(リアルタイム更... >>