走らないと太る病…終われるか!?(笑)

b0136045_20111649.jpg
『この日のメイン』をいこう!

『メイン』ゆうても『パスタ』だけどな…この日はコースで頼まず所謂『メインっぽいもの』もオーダーしなかったから『肉や魚』は無し…。

『パッケリ』ゆうパスタ…『パッケリ』なるものを俺は生まれて初めて見た…ご覧の通りのショートパスタなり…。

料理としての名前は『蛸のプッタネスカ・ビアンカ』となる…『プッタネスカ』なる名称も生まれて初めて聞く…。

『ビアンカ』は多少分かる…『ボンゴレ・ロッソ』が『あさりのパスタ料理でトマトソース系』なのに対し『ボンゴレ・ビアンコ』は『あさりのパスタ料理で白ワイン蒸し』だから『蛸のプッタネスカ・ビアンカ』は『トマトソース系ではない蛸のパスタ』になる…『ビアンコ』と『ビアンカ』は多分音(おん)が違うだけで同じ言葉…。

『プッタネスカ』を説明している時間はない…というか、今は電車ん中で『東條シェフの説明の録音』を聞ける環境ではないので『プッタネスカ』が何であるのかを語れない…(恥)ネットで検索してもいいのだがちょっと時間が無い…。

感想を一言で書く…。

「『タコの溺れ煮』に似た感じの味♪」

と思った…。

『タコの溺れ煮』はトマトソースのお料理だから『ビアンカ=ビアンコ=白』がそれに似ているとはおかしな書き方なのだが、『タコの溺れ煮』と同じく『蛸』『ケッパー』『オリーブ』が入っていてそれを煮込むので『似た感じ』になる…ケッパーやオリーブは味や香りが結構主張する食材なので

「ああ…『タコの溺れ煮』の時もこんな味や香りがしたなぁ…トマトソースの有無はともかく『タコの溺れ煮』と『蛸のプッタネスカ・ビアンカ』は何となく似た感じがするなぁ…」

と思った…。

割と味の濃いソース…でもそれが『幅広のショートパスタであるパッケリ』に合う…このソースに『細めのロングパスタ』を絡めたら多分パスタが負ける…。

塊のような巨大なパッケリ(大袈裟に書いてます←笑)を濃ゆい味のソースに絡めて具材と共に頂く…『主張する食材であるケッパーやオリーブ』『ソースの濃ゆさ』に対してパッケリは真っ向から勝負する…全然負けていない…パッケリ偉大なり…って、この説明ぽまいら意味分かる?(笑)

そして何より『蛸』が旨い!『抜群の旨さ』と言ってもいい!!

『文章』にはできない…『どう旨いのか?』をうまく説明する事もできない…。

でも『旨い』のだ…そして『分かる』のだ…このお料理を一口頂いた瞬間、俺は『あ!うま!』『この蛸やっぱうま!!』と感じた…『理屈』ではない…『分かる』のだ…。

まあ旨くて当たり前なのかもしれない…何故って…






































b0136045_20560751.jpg
このお料理に入っている蛸は拙ブログの中では『最強の蛸』『蛸の中の蛸』『蛸の王者』として名高い『佐島の真蛸』なのだから!!!



















続く…。
(これからちょっとペリーニいてきます…今赤羽橋に着いた♪←この時間からかよ!?←締め呆れ)

by shousei0000 | 2018-10-09 21:00 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/28718480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 『致命的選択』を悔いる…(10... 走らないと太る病…その17(ま... >>