人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『あの日の選択』を悔いる…その25。

『あの日の選択』を悔いる…その25。_b0136045_17415590.jpg
昨日の投稿に挙げた『ワープ航法のヒント』(実は答えがはっきり載っている←笑)はこの案内板の左下にあった!

この案内板覚えているかな?本シリーズの前半に何度も載せたやつ(笑)

案内板全体を載せたのは数える程だったと思うが、右手にある『小田原征伐時の関東』ゆう図はそこだけを拡大して何度も何度も載せたよな(笑)『(笑)』じゃねえよな実際…(恥)

この図の左隅にひっそりと書かれていたのが…





































『あの日の選択』を悔いる…その25。_b0136045_17491032.jpg
『これ』だった訳…昨日も載せたやつ(笑)

『ワープ航法のヒント』は分かりました!

『アミューズメントな部分に新幹線が通りかかった時にセンサーの下に立つ』と…まあそう事ですね。

俺はこのヒント(つか答え←笑)を見た時

「この公園作った人達も面倒な事考えたもんだ…『石田堤についての音声ガイダンス』なんて普通に聴かせればいいのに『高架に新幹線が通る時だけ別バージョンのが聴ける』なんて工夫誰得だよ…」

と思ったんですが、同時にこうも思いました。

「そのこだわり…嫌いじゃない…」

と…(笑)

こんな遊び心があるからあの場所を『アミューズメントな部分』と名付けた…鴻巣の大人達(この公園があるのは行政区分的には『行田』ではなく『鴻巣』なのだ)の遊び心…『同じ音声ガイダンス流すにしても一捻り欲しいよな♪』という想い…嫌いじゃない(笑)

「うし!帰りにまた寄って新幹線来るの待って『限定音声ガイダンス』聴くゾ♪」

と俺は思いフフと笑ったんですが…














































『あの日の選択』を悔いる…その25。_b0136045_18035934.jpg
>三成役は大和田伸也さんにお願いしました。

のくだりには首を傾げた…『大和田伸也さんって…誰?』と…。

後で調べて顔写真見たら『知っている俳優さん』だった…でも『名前だけ見てもピンとこない人』だった…俺の人生は大和田伸也さんとは交差してこなかったようだ…。

『大和田獏さん』なら知っているし先にも書いた通り咄嗟に名前も出たんだけど、そのお兄さんである『大和田伸也さん』の事は何故知らなかったのだろう…。

ただ…俺は『大和田獏さん』についてもそれ程知っている訳ではない…『俳優としての大和田獏さん』の事はろくに知らないと言ってもいい…『代表作』『代表役』も出てこない…。

じゃあ何で大和田獏さんの事を知っているかというと…『クイズ』なんだよね…その昔NHKでやっていた何とかってクイズ番組(名前出てこない…←恥)に大和田獏さんが定期で出演されていたんだよ…だから知っていた…。

でも…実は俺そのクイズ番組『壇ふみさん目当て』で観ていたんだよね(笑)あの頃(30年位前だったかなぁ…)の壇ふみさんはコケティッシュで最高に可愛いかった〜♪

そんなんだから大和田獏さんは言わば『おまけ』だったんだよね(笑)『壇ふみさん観るついでに大和田獏さんも観る』とでもいうか…。

そのクイズ番組の中で大和田獏さんは確か珍回答とかを連発していて(あくまでも『確か』…違ったらごめん…)

「獏ぅー!何だよその珍回答(笑)」

「獏ぅー!真面目にやれ!!」

などとテレビに突っ込み入れながら観ていた記憶が…本当にそれで合っているのかなぁ…今はちょっと時間がないので調べる事ができない…。

まあそんな過去から俺は大和田獏さんについては多少は知っていたんだけど、肝心要な『大和田伸也さん』については全然知らんかった…顔写真載せてくれていたら分かったと思うけど『名前だけ』じゃあ…。

帰りに『アミューズメントな部分』に寄って新幹線の通過を待ち『限定音声ガイダンス』を聴いた!『ドラマ仕立て』で中々楽しかった♪

楽しかったんだけど『新幹線が意外に来なくて』参った…すぐに来ると思って櫓の下に立ち

「よーし!準備完了!」

「新幹線…こい!はよう…恋♪」

なんて思っていたんだけど(笑)これがまあすぐには来なくて

「『はよう恋♪』ゆうとるやろうが新幹線!!!」

と怒った…『新幹線に怒るな!』『しかもそんなしょうもない理由で!』ゆう話ですよね?(笑)

タイミングが悪かったみたいで暫く待った…その間一度『やられた』…。

櫓の下で待つのがかったるくなってちょっと離れたらそこに『新幹線』が!

慌てて櫓に駆け込みセンサーの下に立ったんだけど、あの界隈を通る新幹線は編成が短いのかあっという間に行ってしまった…。

間に合わなかった…まあ『俺が不慣れでセンサーの位置にうまく立てなかった』ゆう要素もあったけど…(恥)

やっとこさ来た次の新幹線で見事『限定音声ガイダンス』をゲト!やったゼ(笑)

その限定音声ガイダンス…まあ『忍城水攻めのドラマ』なんだけど、それを聴いていて『新たな発見』があった!

忍城は別名『浮城』と言う…『2万の軍勢に囲まれ水攻めにされても遂に沈まなかった城』という事から『浮城』と呼ばれる事になったそうな…とここまでは既に知っていた。

知らなかったのは『寄手がそう呼んだ』って事!

水攻めがうまくいかない中、奇手の兵士だか将軍だかが

「あの城は…『水に沈まぬ浮城』だとでもいうのか…」

と呟くシーンがあった…。

俺は『浮城』ゆうアダ名みたいのは『忍城の兵士達が水攻めを防ぎ切った事を誇りそう呼んだ』或いは『忍城の奮戦振りを知った後世の人達が判官贔屓もあってそう呼んだ』のだと思い込んでいたんだけど、ドラマの中では奇手である石田軍の兵士だか将軍だかが忍城を『浮城』と呼んでいた…認めざるを得なかったんだね『忍城の奮戦振り』を…。

「そうか…敵も忍城を『浮城』と呼んだのか…」

と思った…それが事実だかどうだかは分からないけど、限定音声ガイダンスのドラマのおかげで違った視点で『浮城』を捉えられた…『鴻巣の大人達の遊び心』に改めて感謝したい…。

『所用』にいてくるので今日はこれで失礼する…嗚呼…遂に今日までに終われなかった…(締め呆れ)


















続く…。

by shousei0000 | 2018-11-22 19:00 | ペリーニ アダージオ


<< 『あの日の選択』を悔いる…その26。 『あの日の選択』を悔いる…その24。 >>