『あの日の選択』を悔いる…その27。

b0136045_18381633.jpg
2018年10月7日の15時半頃…この場所から左手に見える古そうな橋に注目した俺は

「あれが…『堀切橋』なんじゃね?」

「行ってみるか…」

と呟きそちらに向かって歩き出した…。

そしてちょうどその頃、この場所から南西に100km程離れた『アグリパーク伊勢原』で行われていた『ペリーニ アダージオの秋のバーベキュー』では…







































b0136045_18433004.jpg
『こんな光景』が繰り広げられていたのであろう…即ち『シェフのお楽しみ』が準備され始めたのだ!

再三言う通り俺はそのバーベキューには参加していない…単独参加が嫌で『ぼっち回避』をした俺(恥)が『秋のバーベキューの写真』を持っている筈がない…この写真は春のバーベキューに於けるシェフのお楽しみ料理である『イカスミのパスタパエリア』である…。

秋のバーベキューで実際に出たシェフのお楽しみ料理は『東條シェフ渾身の6日間かけてコトコトと作った牛タンカレー』と『それに合わせて頂くジャンバラヤ』である…そういうものが供されたと後日知った時、それを食いそこねた事が悔しくて悔しくて全俺が泣いた…。

でも…この時点(10月7日15時半)では当然まだそれを知らず

「ペリーニの秋のバーベキューをぼっち回避(恥)したのは些か残念ではあったが…代わりにこうして『石田堤』が見れた…『豊臣秀吉の小田原攻め』について色々と知る事ができた…」

「『これはこれであり!』だったんだよきっと…」

などと思っていた…。

そう…実際『これはこれであり!』だったのだ…『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』さえ無ければ…それが供されさえしなければ…俺は『あの日の選択を悔いる』事などなかっただろう…『石田堤史跡公園を通じて豊臣秀吉の小田原攻めについて見聞を深めた自分』を寿ぎ

「『これはこれであり!』だったんだよ♪」

と思い続けられていたのだ…。

『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』さえ無ければ…『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』さえ無ければ…『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』さえ無ければ…。
しつけえよ!(呆れ)















































b0136045_19043782.jpg
『シェフのお楽しみ』を作る東條シェフの画…こちらは『去年の春のバーベキュー』での写真…。

『今年の秋のバーベキュー』でもこんな風に東條シェフは『シェフのお楽しみ』を作っていたのだろう…『渾身牛タンカレー』を温め『合わせジャンバラヤ』を作り準備を進めていたのだろう…それを想うと俺は…(しつこい?←笑)

ここでちょっと『シェフのお楽しみ』について語ろう…『ペリーニのバーベキュー』についても語る…何せ『ペリーニのターン』だからな(笑)

先にも述べた通りこの写真は『去年の春のバーベキューでのシェフのお楽しみ』である…これは『パスタパエリア』…。

そしてさきに写真を挙げた『今年の春のバーベキュー』での『シェフのお楽しみ』は『イカスミのパスタパエリア』…『イカスミを使っている事』と『具が貝中心である事』という違いがありはするが『パスタパエリア』はパスタパエリア…物凄くざっくりした言い方をすると『似たようなもの』と言える…。

今年の春のバーベキューでは『シェフのお楽しみ』として『鰹の藁焼き』も出た…因みに去年の春のバーベキューでも『鰹の藁焼き』が出た…アレンジは多少違うが、これまた物凄くざっくりした言い方をすると『同じもの』と言える…『鰹の藁焼き』は鰹の藁焼き…。

去年の春のバーベキューと今年の春のバーベキューでは参加者が違った…『僕は豚だ!』シリーズでも触れたけど『参加者ほぼほぼ総取っ替え』という感じだった…。

だから東條シェフは敢えて今年の春のバーベキューの『シェフのお楽しみ』を『似たようなもの』にしたのだろう…。

「去年と今年では参加者が違うから『去年好評だったアレ』をもう一度出すか♪」

といった具合に考えて『アレンジを変化させた鰹の藁焼き』と『イカスミベースにしたパスタパエリア』を『シェフのお楽しみ』として供したのだろう…。

俺はたまたまその『去年の春のバーベキュー』と『今年の春のバーベキュー』に共に参加した…そして『両鰹の藁焼き』『両パスタパエリア』を共に頂いた…。

その事によって『ある傲慢な考え』が俺の中に生まれてしまったのだ…。











































b0136045_19284954.jpg















b0136045_19285169.jpg













b0136045_19285345.jpg













b0136045_19285405.jpg
今年の春のバーベキューの写真より『鰹の藁焼きの作成過程』をば…何でもバシバシ写真に撮っちゃって、まるで俺『東條シェフのストーカ』みたいだネ❤︎(『まるで』ではなくて『まんま』ストーカーだ!←呆れ)

この鰹の藁焼きは凄く美味しかったんだけど、『去年も食べた』といえば去年も食べた…そしてこの後に出た『イカスミのパスタパエリア』も『去年も食べた』…味付けや具は違ったけど『パスタパエリア』はパスタパエリア…。

それで俺こんな風に思っちゃったんだよね…。

「俺…『ペリーニのバーベキューを見切った』のかな?」

と…(恥)

『シェフのお楽しみ』が似たようなものだったから『その技見切った!』みたいに思った…(恥)

去年春→去年秋→今年春と『三大会連続三度の出場』を果たしたから(W杯みたいだネ←笑)『ペリーニのバーベキュー…ある程度見切った!』みたいに思った…(恥)

その結果どう思ったかというと

「『ペリーニのバーベキュー』にはこれからも参加する…それはもう当然の事…」

「でも…こうして『シェフのお楽しみ』をある程度見切り『ペリーニのバーベキューの流れや供されるお料理』をある程度知る事ができたんだから『事情がある時は不参加もやむなし』なのではあるまいか?」

と思ってしまったのだ…何たる傲慢な考え…(大恥)

たった三回の参加で何が分かるというのだ『今年春の俺』…そんな傲慢な考えをしていたから『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』を食いそこねたのだ…(極哀)

勘の良い読者の方なら既に分かると思うけど、俺は『秋のバーベキューのシェフのお楽しみ』をまだ食べていない…去年の秋のバーベキューは雨が結構激しく降っていたので『シェフのお楽しみ』は供されなかった…多分準備はされていたんだろうけど『提供は見合わせ』になったのだろう…。

つまりは『全然見切っていない』のよ『シェフのお楽しみ』!『春がたまたま似たようなもの』だっただけで『秋はまだ知らなかった』のよ!!

それなのに俺ときたら

「ある程度見切っちゃったかなぁ〜♪」

「『事情がある時は不参加もやむなし』かもな〜♪」

なんて思っちゃってホントどうしようもないよなぁ今年春の俺ェ…しかもそれで本当に不参加にしたその理由が『ぼっち回避』…つくづくどうしようもいよなぁ今年秋の俺ェ…_| ̄|〇

秋のバーベキューに参加せず『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』を食いそこねたのは『偶然』ではない…俺の愚かさや傲慢さが招いた『必然』だったのだ…。

でもこうした事は『全てを知った今』だから思う事…『10月7日15時半頃の石田堤史跡公園に於ける俺』は自分の身に降り掛かりつつある悲劇(カレー食いそこなう事←笑)を未だ知らずにいる…。

だからあの日の俺は…『アグリパーク伊勢原』では東條シェフが『渾身牛タンカレー』を温め『合わせジャンバラヤ』を作り、参加者の皆が

「何が出てくるんだろう?」

「この匂い…『カレー』じゃね!?」

などとワクワクしながら会話していたであろう時間帯に『石田堤史跡公園』に独りでいた俺は…







































b0136045_20121213.jpg
公園を出てこの橋のところに至り…
















































b0136045_20133241.jpg
「ほう…この石造りの欄干?は中々に古シャレオツ(古くて且つシャレオツ)だのう…『名栗にある文化財の橋』を想わせるのう…」

などと呟き…








































b0136045_20155085.jpg
「あ“ーッ!やっぱ『堀切橋』ィー!!」

などと叫び…







































b0136045_20173690.jpg
「この雰囲気…この風情…悪くない♪」

などと思いニンマリとし…














































b0136045_20190305.jpg
「『説明書き』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

などと喜び…



































b0136045_20201072.jpg
そして『この説明書き』を読みふけったのでした…。

『ペリーニのターン』は終わった…『石田堤サイクリングのターン』を再開する…。

この『ターンチェンジ』は『あと1回』…あとたった1回だ…あと少しだけ(で済むのか…)付き合ってくれよなぽまいら…。

この説明書きにある『土木遺産』の文字を見て俺は

「うん!『土木遺産』!!」

「『名栗の文化財の橋』も確か『土木遺産』だった!俺の勘も満更じゃね〜♪」

などと呟きニンマリしたのでした…。

俺よ…『あの日の俺』よ…おまえの勘はスカスカだ…。

おまえがこんなところで橋見てニヤニヤしていた頃(恥)ペリーニのバーベキューでは『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『合わせジャンバラヤ』が準備されていたんだぞ…会場に漂うカレーの匂いに参加者の皆がワクワクしていたんだぞ…。

『勘が鋭い』なら何故あのバーベキューをぼっち回避(恥)したんだよあの日の俺ェ…(締め色々と思い出し哀)


















続く…(『終わり』が見えてきた♪)

by shousei0000 | 2018-11-23 20:30 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/28876397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 『あの日の選択』を悔いる…その28。 『あの日の選択』を悔いる…その26。 >>